すべての RoomOS リリースの完全なリストについては、以下を参照してください。


Webex 登録済みの端末では一部の機能を利用できない場合があります。 使用するデバイスでサポートされる機能を確認するには、このページを参照してください。

2024 年 2 月 14 日

カメラのレンズを手動で選択する

RoomOS 11.13.1.5 2f1a43e2808

デバイスは、会議室でのアクティビティに基づいてカメラを切り替えます。 デバイスの統合カメラを手動で選択してコントロールするオプションを追加します。 特定のレンズ用のプリセットを作成することもできます。

カメラ レンズの選択は、次のデバイスの手動カメラ コントロール メニューから利用できます:Room Bar Pro、Room Kit EQ、Room Kit Pro、Room Kit Plus、Board Pro、Room Panorama。

カメラ設定を手動で調整する の詳細を参照してください

ミーティング参加者をロビーに移動する

RoomOS 11.13.1.5 2f1a43e2808

主催者と共同主催者は、デバイスから直接誰でもロビーに移動することができます。 端末または Webex アプリのいずれかから端末をロビーに移動することもできます。

ロビーに移動できるのは Webex スイート ミーティングのみです。

詳細 主催者と共同主催者の権限をご覧ください。

共有コンテンツとしての埋め込みアプリ

RoomOS 11.13.1.5 2f1a43e2808

サードパーティのホワイトボード、Slido、タイマー アプリなどのウェブ アプリケーションの共有は、Board および Desk シリーズ デバイスでのみ利用できます。 これらの共有アプリは、他の共有コンテンツと同様に Room シリーズのデバイスでも表示されるようになりました。 Webex アプリ を使用して、共有アプリを操作できます。 画面と埋め込みアプリの両方が同時に共有される場合、最後に開始された共有が Room シリーズ デバイスに表示されます。

詳細については、 ミーティング中に埋め込みアプリを共有するをご覧ください。

2024 年 1 月 25 日

AirPlay の簡素化された設定

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.12.1.6 6c205f3b2e5

エンタープライズネットワークを扱う管理者のために、AirPlay 設定を簡素化しました。

詳細については AirPlay 設定を参照してください

任意の Webex ミーティングにメールで招待

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.12.1.6 6c205f3b2e5

すべての Webex ミーティングでメール招待オプションが利用できるようになりました。 これにより、メールを送信して進行中のミーティングにユーザを追加できます。これは、組織外のユーザを招待する場合に便利です。 進行中のミーティングで、[追加] ボタンをタップし、デバイスから直接招待メールを送信します。



詳細は ミーティングに参加者を追加するを参照してください。

ThousandEyes エージェントでの Wi-Fi 診断のサポート

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.12.1.6 6c205f3b2e5

RoomOS デバイスの ThousandEyes エージェントに、Wi-Fi 診断のサポートを追加しました。

詳細については、 RoomOS 端末での ThousandEyes の連携をご覧ください。

ミーティング ロビーのデバイスのビジュアルの更新

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.12.1.6 6c205f3b2e5

新しい RoomOS UI に合わせてデバイスのミーティング ロビーを更新しました。

近日中に提供される予定の機能リリースの詳細を共有しています。 リリース日と機能自体を変更する必要があることを覚えておいてください。 この記事を購読すると、すべての変更に関する情報を入手することができます。

2024 年 3 月

クロスビュー

テーブルを越えてディスカッションが行われている場合でも、ハイブリッド ミーティングには全員が含まれるようにしてください。 会議室に 3 台のカメラがある場合、会議室デバイスはビデオ AI と音声ピックアップに基づいて、ミーティング全体で最適なビューを選択します。

要件:Room Kit EQ、2 x 4K PTZ カメラ、最小 3 x Table Microphone Pro (会議室のサイズによる)、AV インテグレーター ライセンス。

会議室予約の更新とブランディング

会議室の予約が更新され、カスタマイズが可能なモダンでスタイリッシュなデザインになります。 公式バックグラウンドを使用した状態に応じたバックグラウンドを通じて、空室状況の視覚化が強化されます。 この更新により、ユーザはアドホック ミーティングを予約するときに、予約の名前を編集できます。

職場の会議室の予約のナビゲーターを、固有の背景、ロゴ、LED の色を使ってカスタマイズできます。

また、ハイブリッド カレンダーを必要としない予約ミーティングのサポートも追加します。 これには、TMS を通じてスケジュールされたミーティング、相乗効果スカイなどのインテグレーション、または Booking Push とのカスタム インテグレーションが含まれます。

Webex ミーティングでの Cisco コラボレーション端末の高品質なビデオ画質

Cisco デバイスは、1、2、または 3 画面での Webex ミーティングで最大 4K ピクセルのデコードと表示をサポートします。

要件: 最大ビットレートを 10-20Mbps に設定する

サポートされているデバイス: Room Bar Pro、Room Kit EQ/EQX、Room Bar、Desk Pro、Board Pro、Codec Pro、Room Panorama

デバイス上の視覚的なウォーターマーク

Control Hub で有効にすると、視覚的なすかしが組織内のすべてのミーティングで表示されるため、安心して利用できます。 共有またはパーソナル モードのデバイスまたはラップトップでミーティングに参加すると、すべてのミーティング コンテンツの詳細に視覚的なウォーターマークが表示されます。

2023 年 12 月 13 日

コントロール パネルのカスタム ボタン

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.11.1.9 282feae77e4

Board、Desk、Room シリーズのデバイスのコントロール パネルにカスタム UI 拡張機能ボタンを配置する機能を追加しました。 これにより、インテグレータはカスタムアプリケーションを作成する際により柔軟性が高まります。



詳細については、次を参照してください。 UI 拡張機能のセットアップ方法

ミーティング ID で Microsoft Teams ミーティングに参加する

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.11.1.9 282feae77e4

デバイスのカレンダーで最初にスケジュールしなくても、Microsoft Teams ミーティングに参加できます。 WebRTC ミーティング (別名: ゲストの直接参加

詳細については、次を参照してください。 Microsoft Teams ミーティングに参加する

Board Pro および Codec Pro の拡張マイク サポート

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.11.1.9 282feae77e4

Board Pro および Codec Pro で追加のマイクがサポートされるようになりました。

  • Board Pro: 最大 3 名の Cisco Table Microphone Pro。

  • Codec Pro: 最大 8 人の Cisco Table Microphone Pro。

2023 年 11 月 15 日

プレゼンタとオーディエンス会議室のセットアップ

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.10.1.8 797ea81be71

プレゼンタと聴衆者の設定により、プレゼンタは大きな会議室にいる聴衆者の関心を集め、やる気を起こさせることができ、ハイブリッド イベントのどこからでもイベントに参加できるシームレスなエクスペリエンスを提供します。



Classroom と Briefing 会議室のセットアップに新しく強化された機能を追加しました。 プレゼンタと聴衆者の設定には、室内の音声アクティビティに基づいたインテリジェントなカメラの切り替えが改善されました。これにより、ミーティングの妨げになるものが減り、プレゼンタにフォーカスできます。

また、新しい診断ページで新しい管理リソースを提供し、会議室をいつでも準備できるようにします。

詳細については、次を参照してください。 設定する および 使用する プレゼンタと聴衆室のセットアップ。

端末でチャット パネル全体を表示する

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.10.1.8 797ea81be71

デバイスにミーティング チャット通知ポップアップが表示されると、デバイスでそのチャットと完全なミーティング チャット履歴に直接アクセスできるようになりました。 画面に表示される通話コントロールまたはミーティング チャット通知から完全なチャット パネルにアクセスできます。 チャットと対話するには、モバイルまたはラップトップで Webex アプリを使用する必要があります。



詳細については、次を参照してください。 デバイスでチャットする

サードパーティのタッチスクリーンに対応

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.10.1.8 797ea81be71

Room Bar、Room Bar Pro、または互換性のあるサードパーティのタッチスクリーンで EQ を使用すると、Board Pro のエクスペリエンスを複製できます。

インタラクティブ タッチ ディスプレイを Cisco コラボレーション デバイスに簡単に接続することで、ミーティングルームをイマーシブなアイディエーション スペースに変えることができます。 コラボレーション エクスペリエンスにデジタル ホワイトボードとインタラクションを追加できるようになりました。

USB-A 経由で Samsung および Dell のインタラクティブディスプレイに対応しています。 他のディスプレイは今後テストする予定です。

他社製タッチスクリーンに対応する 詳細をご覧ください

Webex コンテンツの音声の改善

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.10.1.8 797ea81be71

Webex ミーティング用のコンテンツ音声チャネルの追加により、ミーティングでより忠実な音声を提供できるようになりました。 コンテンツの音声はコンテンツフレームの後に続き、音声付きのプレゼンテーションを聞く際に、より自然なエクスペリエンスを提供します。 コンテンツの音声チャンネルはデフォルトでオンになっています。

ThousandEyes エージェントのプロキシ サポート

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.10.1.8 797ea81be71

RoomOS デバイスにインストールされている ThousandEyes エージェントのプロキシ サポートを追加しました。 プロキシがデバイスで構成されている場合、デバイスの ThousandEyes エージェントは、構成されたプロキシを介して ThousandEyes クラウド プラットフォームにアクセスできます。

詳細については、 RoomOS 端末向けの ThousandEyes の連携をご覧ください

Cisco Room Kit EQX のサポート

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.10.1.8 797ea81be71



Cisco Room Kit EQX のサポートを追加しました。 製品の詳細については、 データシートを参照してください

ホワイトボードのフローの保存の変更

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.10.1.8 797ea81be71

[ 保存 ] ボタンを簡単に見つけられるようにホワイトボードツールバーに移動しました。

Board シリーズおよびデスクシリーズの ホワイトボードの詳細をご覧ください。

2023 年 10 月 18 日

Desk Pro で追加の画面を使用する

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.9.1.11 718c82a6f42

セカンダリ スクリーンを Desk Pro の HDMI Out コネクタに接続できます。 これにより、ミーティングでより多くの画面領域と柔軟性が得られます。

推奨されるセットアップは 4K モニタ (16:9) で、プライマリ ディスプレイは外部モニタです。 これにより、コンピュータの組み合わせやミーティングでの使用で最高のエクスペリエンスが得られます。

ミーティングでは、既定では追加のモニタはプレゼンテーションのみに使用されます (ビデオで参加者のアイラインを維持するため)。 ミラーリングまたは追加の参加者用に追加のディスプレイを設定することができます。

Desk Pro にセカンドスクリーンを接続する を参照してください。

ライブ コンテンツ共有での注釈とポインティング

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.9.1.11 718c82a6f42

ミーティングのプレゼンタと他の参加者は、共有コンテンツをポイントして注釈を付けることができます。 プレゼンテーションの流れを中断することなく、Board および Desk シリーズのデバイスから直接、共有コンテンツと対話できます。



これは、コンテンツ共有をより魅力的なものにする追加機能です。 現在のスナップショットベースの注釈はそのまま保持されます。

詳細は ライブ注釈を参照してください。

ホーム画面のアプリから Microsoft Teams ミーティングに参加する

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.9.1.11 718c82a6f42

デバイスの管理者は、事前に構成された CVI プロバイダーを使用して通話に参加する Teams ミーティング アプリの参加をホーム画面に追加できるようになりました。 このアプリでは、ユーザはビデオ会議 ID と必要なテナント情報を入力してミーティングに参加できます。 CVI プロバイダーは、デバイスでローカルに構成するか、Control Hub から一括で構成できます。 アプリは、Cisco CVI、および構文 <abc.domain.example>に従う他の CVI に使用できます。



詳細は、 Teams ミーティングアプリを有効にするTeams ミーティングに参加するを参照してください。

外部マイクを Room Bar Pro に接続する

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.9.1.11 718c82a6f42

Room Bar Pro に外部マイクを接続する際のマイクの動作が変更されました。 外部のアナログまたはデジタルイーサネットマイクを接続すると、内部マイクの発言者ゾーンが自動的にオフになります。

ペアリングされた Cisco Room Navigator で証明書を同期する

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.9.1.11 718c82a6f42

xAPI を使用して接続された Cisco デバイスを通じてセキュリティ証明書を同期および更新することで、Room Navigator のセキュリティを簡単に強化できます。

詳細は 端末の証明書をご覧ください。

Media over HTTP プロキシ

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.9.1.11 718c82a6f42

HTTP プロキシのサポートを拡張し、プロキシ経由のメディア フローを含めています。

詳細については プロキシを使用するをご覧ください。

2023 年 9 月 7 日

PIN Desk シリーズ デバイスのロック

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.8.1.7 32abe526e52

6 桁の PIN を使用すると、セキュリティとプライバシー上の理由から、個人のデバイスをロックできます。 デバイスがロックされている場合、ユーザのカレンダー、最近の通話、ホワイトボードなどの機密情報には、ロックを解除しない限りアクセスできません。 ミーティングの通知はミーティングの件名なしで表示されます。



サポート:Desk Pro、Desk、およびパーソナル モードの Desk Mini。

詳細は Desk Series 用の PIN ロックを参照してください。

Miracast® インフラストラクチャ モード

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.8.1.7 32abe526e52

現在の Miracast の実装は、送信者と RoomOS デバイス間のアドホック ネットワークを使用して、ダイレクト モードをサポートしています。

インフラストラクチャ モード (MS-MICE) の追加により、密集した企業ネットワークでの展開の柔軟性が高まります。

メディアのネットワーク インフラストラクチャを使用することで、Miracast と他の Wi-Fi トラフィック間の信号干渉のリスクが少なくなります。

詳細については、次を参照してください。 Miracast を構成する

Room Navigator の新しい展開オプション

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.8.1.7 32abe526e52

Room Navigator では以下の展開シナリオをサポートしています。

  • デスク ペアリング: ハドル スペースまたはクワイエット ルームで Room Navigator を Desk シリーズ デバイスの会議室予約デバイスとして使用します。

  • コンパニオン モード:スタンドアロンのルーム ナビゲーターを、DX、MX、SX シリーズ デバイス、または Microsoft Teams ルームでセットアップされたデバイスのいずれかを含む既存のワークスペースに追加します。 Room Navigator は、会議室の予約または永続的なウェブ アプリでセットアップできます。

  • ローカル ペアリング: 会議室の予約には直接ペアリングされた Room Navigator または永続的なウェブ アプリを使用します。

Room デバイスでの AES67 相互運用性

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.8.1.7 32abe526e52

Room Kit EQ、Room Bar Pro、Room Kit Pro、およびその他の Codec Pro ベースの製品が、AES67 標準 (音声転送 IP) をサポートするようになりました。 したがって、イーサネットを使用して、AES67 をサポートするサードパーティのマイクとスピーカーをこれらの Cisco デバイスに直接接続できます。

Room Kit EQ および Room Bar Pro の場合、AV インテグレータ ライセンスが必要です。

詳細については、次を参照してください。 AES67 相互運用性

端末からメールで Webex Meetings に招待する

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.8.1.7 32abe526e52

ユーザを招待して、デバイスからメールで直接インスタントミーティングに参加させることができます。

詳細については、次を参照してください。 インスタントミーティング

ミーティングリマインダの改善

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.8.1.7 32abe526e52

ミーティングのリマインダ通知にいくつかの改善を加えました。

  • ペアリングされたデバイスの冗長なリマインダを削除しました。 使用する構成: ブッキングの表示ミーティングリマインダー<すべて、コントローラのみ> デフォルト: ControllerOnly

  • リマインダーは、ユーザがクリックして離れたときにスヌーズします。

  • 現在の参加者のアバターを戻しています。 使用する構成: ユーザインタフェース ブッキング 表示 参加者 アバター アバター <自動、非表示> デフォルト: 自動

  • 現在のミーティングが終了したときに、スヌーズ通知を表示します。

  • PC モードのビューで通知を表示します。

  • 重ねられた複数のリマインダを区別するアニメーションを追加しました。



デバイスの静かな時間インジケーター

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.8.1.7 32abe526e52

ユーザが Webex アプリで設定している場合、デバイスに勤務時間の状態が表示されるようになりました。

詳細については、 勤務時間外を設定するを参照してください

2023 年 8 月 9 日

ミーティングゾーンのカメラフレーム

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.7.1.6 16945c93906

ミーティングゾーンにいる人のフレーミングとトラッキングのみを行うことで、オープンスペースやガラス張りの会議室で効率的で気が散ることのないミーティングを可能にします。 境界線を手動で設定するか、デバイスのインテリジェンスを活用して、関連するスペースを自動的にフレーム化します。



詳細は、 会議室にミーティングゾーンを設定するをご覧ください。

RoomOS と ThousandEyes のインテグレーション

RoomOS デバイスと統合された ThousandEyes エージェントは、ミーティングのアクティブなトラブルシューティングのためのネットワーク パスの可視性を提供し、リアルタイムで問題を特定します。

当初、インテグレーションは Webex ミーティングをサポートしています。 Microsoft Teams など、他のミーティング タイプは将来的にサポートされる予定です。

詳細については、 RoomOS 端末での ThousandEyes の連携をご覧ください。

Desk シリーズ デバイスの内部マイクとスピーカーを無効にする

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.7.1.6 16945c93906

これらの構成は、Desk シリーズ デバイスの内部マイクとスピーカーを無効にします。 無効にすると、接続されたヘッドセットが切断された場合に、音声を内蔵マイクでピックアップしたり、内蔵スピーカーで再生することができなくなります。

  • 音声入力マイク 1 モード: オン/オフ

  • 音声出力 内部スピーカー モード: オン/オフ/超音波のみ

ユーザのフォーカス レイアウト オプションがデフォルトでオン

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.7.1.6 16945c93906

ユーザ フォーカス レイアウト オプションがデフォルトでオンになりました。 ユーザのフォーカスは、不要な背景を削除することで画面の領域を最適化します。



詳細については ユーザ重視をご覧ください。

新しい Microsoft Teams WebRTC の読み込み画面

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.7.1.6 16945c93906

WebRTC を使用した Microsoft Teams ミーティングのローディング画面を現在の RoomOS UI デザインに合わせて更新しました。

2023 年 7 月 10 日

ホーム画面のウェブ ウィジェット

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.6.1.5 1058dcbc695

ホーム画面ウィジェットを使用すると、RoomOS デバイスのホーム画面に任意のウェブ コンテンツを配置できます。 ブランディング、企業メッセージ、カスタム ワークフローのために、ホーム画面ウィジェットを使用できます。



詳細は、 ホーム画面のウェブウィジェットを参照してください。

Board Pro で追加の画面を使用する

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.6.1.5 1058dcbc695

セカンダリ スクリーンを Board Pro シリーズの HDMI Out コネクタに接続できます。

ビヘイビアは次のように設定できます:

  • ミーティングを両方のスクリーンに拡張する

  • プレゼンテーションのみをセカンダリースクリーンまで延長する

  • ミラーリング

Cisco Room Bar Pro のサポート

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.6.1.5 1058dcbc695



Cisco Room Bar Pro のサポートを追加しました。 製品の詳細については、 データシートを参照してください

2023 年 6 月 12 日

内部 IP アドレス範囲の強制

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.5.1.5 c85aed30d22

2023 年 6 月のリリース以降、デバイスは文書化されている範囲外の IP の内部アドレス範囲にアクセスできません。 カメラ、タッチ コントローラーなどの周辺機器をデバイスの他のイーサネット ポートに接続している場合、使用中の IP アドレスが記載されている範囲内であることを確認してください。

「API ガイド」の最新版 イーサネットポート セクションで許可されている IP アドレス範囲を読む

プロキシ自動設定(PAC)の変更

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.5.1.5 c85aed30d22

RoomOS ソフトウェアの pacmanager でプロキシ自動設定(PAC)のマッチングの動作方法が変更されています。 これまで、pacmanager は通常の正規表現を使用してマッチングを行っていました。 ブラウザと同様のマッチングを使用するため、shExpMatch 関数を変更しています。 RoomOS 専用に作成された PAC ファイルは、意図した動作を維持するために更新が必要な可能性があります。

RoomOS の PAC 変更についての詳細 をご覧ください。

Room Navigator の待機時間

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.5.1.5 c85aed30d22

Room Navigator の待機時間は、サイン、ブッキング、モーション検知でのモーニングが有効になっている Room Navigator の画面を保護し、省エネルギーに役立ちます。 既定のアクティブ時間は午前 7 時から午後 7 時ですが、これは職場のニーズに合わせて構成することができます。

詳細については スタンドアロン端末としての [Room ナビゲータ] を参照してください。

プレゼンスの精度の向上

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.5.1.5 c85aed30d22

新しい精度の改善により、プレゼンスの誤検出と誤検出が減少しました。 ユーザのプレゼンスは、たとえば、Control Hub のワークスペースや会議室予約モードの会議室ナビゲーターの占有メトリクスに使用されます。 この精度の向上により、ミーティングルームの使用に関するより信頼性の高い情報を入手できます。

共有モードのデバイスで利用できます。

チャット通知設定

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.5.1.5 c85aed30d22

自分の基本設定に合わせて、デバイスのチャット通知のデフォルトを調整できます。 次のいずれかを選択します。

  • サイレント モードにフォーカス

  • プレビューしてすべてのメッセージとテキストを確認する

  • 完全にオフにする



パーソナル モードのデバイスで利用できます。

詳細については、次を参照してください。 チャットの通知

Webex Meetings 内の録画と Webex Assistant の音声通知

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.5.1.5 c85aed30d22

管理者は、誰かが録画を開始したとき、または Webex ミーティングで Webex Assistant をオンにしたときに、Cisco Collaboration デバイスで音声プロンプトを再生できます。

音声プロンプトは、現時点では英語でのみ利用可能であり、この理由により、デフォルトで無効になっています。

管理者は次のものを使って音声通知を設定できます。 xConfiguration Webex Meetings 音声通知<False/True>

新しいセットアップ ウィザード

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.5.1.5 c85aed30d22



新しい RoomOS UI に合わせてデバイスのセットアップ ウィザードを更新しました。 新しいウィザードには、Microsoft Teams に登録されている RoomOS、オンプレミス、Cisco デバイスのオプションが含まれています。

WPA3 サポートで Wi-Fi セキュリティの強化

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.5.1.5 c85aed30d22

セキュリティを強化するために、WPA3 Wi-Fi のサポートを追加しました。

デフォルト レイアウトの変更

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.5.1.5 c85aed30d22

1 年以上前に、単一画面のデフォルトのユーザのレイアウトをグリッドに変更しました。 顧客の要望により、デュアル スクリーン システムのデフォルトのユーザ レイアウトをグリッド レイアウトに変更しました。

デバイス UI からミーティング スタイルに合うように、いつでもレイアウトを変更できます。

ホワイトボードの改善

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.5.1.5 c85aed30d22

自由形式テキスト エリアと同様の書式設定オプションを使用して、図形内にテキストを追加する機能を追加します。 図形ライブラリのより多くの図形から選択することもできます。

2023 年 5 月 2 日

ウェブ プロキシ自動検出サポートの変更

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.4.1.8 c2c0e269f17

RoomOS デバイスはウェブ プロキシ自動検出 (WPAD) という、URL を入力することなく構成ファイルを検索するためにクライアントが使用する方法をサポートしています。 RoomOS デバイスでの WPAD サポートの動作方法を変更しました。 デバイスに影響を与える可能性があります。

ドメインの上位検索を削除し、端末が 1 つの場所 http://wpad/wpad.dat からダウンロードを試みるようになりました。 この動作は、Netscape や Firefox などのウェブブラウザの WPAD サポートの仕組みと一致しています。

詳細については、 ウェブプロキシ自動検出サポートの変更を参照してください

ホットデスク: Webex Calling の付いた個人用ビジネスライン

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.4.1.8 c2c0e269f17

ミーティングだけでなく、ホットデスク中の通話でも、完全にパーソナライズされたエクスペリエンスを得ることができるようになりました。 ログインすると、デバイスはユーザに割り当てられた Webex Calling ディレクトリ番号で自動的に登録されます。 このデバイスは、通話用に完全にパーソナライズされています。 発信者 ID で通話の受発信ができます。また、パーソナル端末のように、 最近の で通話履歴を確認できます。



Webex Calling サービスを使用している間、すべての Desk シリーズの端末で利用できます。

詳細は ホットデスクをご覧ください。

Webex ミーティングでの端末での音声のすかし

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.4.1.8 c2c0e269f17

Webex は、すべての端末での禁止されている録画のソースを追跡するための音声のすかしを提供するようになりました。 主催者が暗号化されたミーティングで音声のすかしを有効にすると、一意の識別子が受信した音声に埋め込まれ、漏れのデバイスを識別します。

Board および Desk シリーズの zoom 通話コントロール

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.4.1.8 c2c0e269f17

Board シリーズと Desk シリーズに zoom ミーティングをコントロールする通話コントロールが追加されました。 ズーム ミーティングに参加するときに、DTMF コードを覚えておく必要はなくなりました。 システム管理者は、ユーザに通話コントロールを提供するために、マクロを作成および管理する必要はありません。

詳細は、 ズーム ミーティングに参加する を参照してください。

Webex ウェビナーに出席者として参加

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.4.1.8 c2c0e269f17

デバイスで、出席者とパネリストの両方として Webex ウェビナーがサポートされるようになりました。 出席者として参加する場合、デバイスはウェビナーに参加しますが、インタラクション機能やパネリストに昇格する機能はありません。 パネリスト ユーザとして参加すると、デバイス上ですべてのインタラクションを利用できます。

2 つの参加方法:

  • スケジュールされたミーティングルームから One Button To Push (OBTP) を使用できます。

  • ホーム画面の Webex ボタンをタップしてミーティング ID とパスワードを入力します。

詳細については、 端末から Webex ウェビナーに参加するをご覧ください。

ケーブル共有のポップアップ

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.4.1.8 c2c0e269f17

新しいフローがコンテンツ共有の開始を支援します。 コンピューターをデバイスにケーブルで接続すると、小さなポップアップが表示され、次の手順に進みます。

詳細は 共有をご覧ください。

ビジュアルの更新

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.4.1.8 c2c0e269f17

より良いミーティング エクスペリエンスを提供するために、UI にいくつかの視覚的な変更を加えました。

  • 共有メニューは、異なる入力とボタンをより明確に示します。



  • 名前ラベルが左揃えになりました。



  • 通話中の 2 画面端末の一方がアイドル状態のときに、アイドル状態の画面に暗い色の目立たない壁紙が表示されるようになりました。



2023 年 3 月 27 日

Microsoft Teams ルームを含む Cisco Board Pro 55 および 75

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.3.1.16 f56233da7d5

Cisco Board Pro 55 インチおよび 75 インチモデルは、Microsoft Teams 会議室アプリケーションで展開できます。 ユーザは既定で Teams の会議室と完全なエクスペリエンスを共有します。 Cisco Board Pro では、Teams ユーザは、ミーティングをより包括的で生産的なものにするためのインテリジェントなデバイス機能を利用できます。

すべての認証済みデバイスは、Teams 管理センターと新しい Teams Rooms Pro 管理ポータルで管理されます。

認定済みのデバイスは、Control Hub に登録して管理することもできます。 Board Pro が Control Hub にも登録されている場合、ユーザは Teams ミーティングとフル機能の Webex ミーティングに、Teams ルームのホーム画面から連続して参加できます。デバイスを再起動したり、設定を変更したりする必要はありません。

詳細 Microsoft Teams 会議室での Cisco コラボレーション端末の詳細をご覧ください。

ビデオなしの参加者を非表示にする

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.3.1.10 1e761f985a1

新しいレイアウト オプションでは、ビデオ以外の参加者を画面から隠すことができます。 ミーティングに参加した日時に関係なく、より多くのビデオ参加者を表示できるようになりました。

詳細は、 ビデオなしの参加者を非表示にする方法をご覧ください。

インスタントミーティング

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.3.1.10 1e761f985a1

Webex アカウントがなくても、カレンダーからスケジュールする必要なく、ミーティングを作成できます。 インスタントミーティングでは、共有デバイスで会議室に入室し、ボタンをタップしてミーティングを作成できます。 他の参加者と共有するミーティング情報を取得します。



詳細については、 インスタントミーティングをご覧ください。

スタンドアロン デバイスとしての Room Navigator

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.3.1.10 1e761f985a1

Room Navigators は、ビデオ会議デバイスを搭載していないルームで、スタンドアロンデバイスとして使用できます。 これにより、デバイスの使用の有無に関係なくすべてのルームで一貫性のあるエクスペリエンスを提供します。

Room Navigator を制御ハブに直接登録し、スタンドアロンデバイスとして管理できます。 スタンドアロンデバイスとして管理されている Room Navigator は、サードパーティ製 Web アプリケーション、会議室の予約、およびサードパーティ統合用の xAPIs をサポートしています。

詳細については スタンドアロン端末としての Room ナビゲータをご覧ください。

開催予定のカレンダーミーティングに早く参加する

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.3.1.10 1e761f985a1

デバイスの今後のミーティング リストに表示されているすべてのミーティングには、[参加] ボタンが表示されます。 これにより、ミーティングの準備に追加の時間が必要なユーザが、その日のいつでも参加できるようになります。 早期参加は現在の OBTP 動作に影響を与えません。



詳細情報 カレンダーミーティングへの早期参加を有効にする方法

デバイスにチャット通知を表示する

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.3.1.10 1e761f985a1

ミーティング内メッセージが送信されるたびに、チャット通知を表示できます。 通知は、デバイスの画面の右上に表示されます。 ミーティング状況インジケーターからの通知をミュートできます。



Webex Meetings で登録されたデバイスと、Webex のエクスペリエンス最適化済みデバイスが有効になっているデバイス用の Edge とリンクされているデバイスの Webex で利用できます。

詳細については、次を参照してください。 チャットの通知 および 無効にする方法

低帯域幅の通知

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.3.1.10 1e761f985a1

ネットワークの状態が理想的ではない場合に通知が届くようになりました。Webex はビデオの送信を停止し、帯域幅を節約するためにプロファイル画像に置き換えます。

2023 年 2 月 9 日

Room USB は RoomOS 11 でサポートされています。

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.2.1.5 dd101dc1279

Cisco Room USB は、他のコラボレーション デバイスと同様に新しいユーザ インターフェイス スタイルを採用しています。

スタイルの変更された UI 拡張機能

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.2.1.5 dd101dc1279

UI 拡張機能パネルのビジュアル スタイルを更新し、現在のユーザ インターフェイス スタイルに合わせて調整しました。



一部の Board、Desk、Room シリーズ デバイスの帯域幅が増加しました

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.2.1.5 dd101dc1279

一部のデバイスでより多くの帯域幅を使用できるようになり、幅広いユースケースでビデオ品質が向上しました。 このような使用例は、2 つの画面を持つデバイス、コンテンツ共有、3 人以上の参加者がいるミーティングなど、あらゆるシナリオです。 帯域幅の増加により、フォーカス使用時のエクスペリエンスが著しく向上します。 帯域幅のしきい値が増加したデバイスでは、ネットワーク接続に関連する問題の影響が少なくなります。

管理者は、次の構成を新しいビットレートに設定することで、これを有効にする必要があります。

  • 電話会議 MaxReceiveCallRate

  • 電話会議 MaxTransmitCallRate

  • 電話会議のデフォルト通話 Webex レート (Webex ベースの通話とミーティングにのみ適用)

利用可能なデバイス: Codec Pro、Board Pro、Webex Desk、Desk Mini、Desk Pro、Room 70 Single G2、Room 70 Dual G2、Room Bar、Room Kit EQ。

詳細については、次を参照してください。 帯域幅の管理

2023 年 1 月 16 日

ミーティングのデフォルト レイアウト

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.1.1.6 ab49a15fe2f

RoomOS デバイスは、Control Hub の Webex サイトのミーティングのデフォルト レイアウト セットに従うようになりました。 デフォルトのレイアウトを使用すると、ユーザに一貫したミーティング エクスペリエンスを提供できます。 この設定は People-layouts に適用されます。 コンテンツが共有されている場合、デフォルトのレイアウトは「重ねて表示」です。

Cisco Room Kit EQ のサポート

ソフトウェアバージョン: RoomOS 11.1.1.6 ab49a15fe2f

Cisco Room Kit EQ コラボレーション バンドルのサポートを追加しました。 製品の詳細 データシートを参照してください



2022 年 11 月 30 日

RoomOS 11 エクスペリエンスがデフォルトのユーザ エクスペリエンスに

リリース ID: RoomOS 11.0.1.7 a5cbbd68f31

RoomOS 11 は、Board、Desk、Room シリーズ デバイスで新しいユーザ エクスペリエンスを提供します。 新しく更新されたユーザ インターフェイスにより、新機能とスワイプ ジェスチャーによる直感的なナビゲーションが可能になります。



RoomOS 11 では、以下の機能にアクセスできます。

RoomOS 11 エクスペリエンスは、Webex 登録済みデバイスと、クラウド管理ソフトウェア アップグレードが有効になっている Device for Devices にリンクされているデバイスでサポートされています。

RoomOS 11 ユーザ インターフェイスの基本的な使用方法については、 RoomOS 11 でのエクスペリエンス の記事をご覧ください。

ズーム ミーティングに参加する

リリース ID: RoomOS 11.0.1.7 a5cbbd68f31

Cisco デバイスでの ズーム ミーティングへの参加がより簡単になりました。 ホーム画面の ズーム ブランドのボタンを使用すると、ダイヤル ズーム ミーティングにできます。

ズームをテーマにした、改善された ズーム ミーティング インターフェイスを体験してください。 DTMF コマンドとして以前使用可能だったミーティング コントロールは、通常のミーティング コントロールとして簡単に検出できるようになりました。

詳細については、記事を参照してください。 ズーム ミーティングを有効にする および ズーム ミーティングに参加する 記事を参照してください。

Apple AirPlay サポート

リリース ID: RoomOS 11.0.1.7 a5cbbd68f31

Apple AirPlay のシンプルな共有機能が Webex 端末でご利用いただけます。 iPhone、iPad、または Mac をワイヤレス接続して、ローカルおよびミーティングで画面共有、コラボレーション、音声やビデオ コンテンツの再生を行います。



詳細については、 AirPlay を設定するAirPlay によるワイヤレス共有 の記事を参照してください。

会議室予約モードの会議室ナビゲータの更新

リリース ID: RoomOS 11.0.1.7 a5cbbd68f31

ユーザが次のミーティングに適した会議室を見つけることができるように、リアルタイムの状況と会議室外のセンサー データを Webex 会議室ナビゲータ ブッキング パネルに表示します。

利用者数と気温の情報を追加して、ユーザがより良い会議室を探す必要があるかどうかを判断できるようになりました。

詳細については、 会議室予約デバイスのセットアップ の記事を参照してください。

クアッド カメラで利用可能なフレーム

リリース ID: RoomOS 11.0.1.7 a5cbbd68f31

ミーティングルームでフレームカメラ機能が有効になっている場合、カメラは個人またはグループの人々を表示します。 フレームはすべての Board Pro および Room Bar デバイスで利用できますが、Quad Camera の Room シリーズ デバイスに追加されました。

詳細は フレームの 記事を参照してください。

2022 年 10 月 25 日

ポルトガル語に対応可能な端末: Webex Assistant

リリース ID: RoomOS 10.20.1.6 d8b09bf5f7b

ポルトガル語を話すユーザは、ポルトガル語 (ポルトガル-ポルトガルおよびポルトガル語-ブラジル) で Webex Assistant と通信できるようになりました。 Webex Assistant 言語は、デバイスの言語設定に従います。 そのため、デバイスの言語としてポルトガル語を選択している場合、Webex Assistant はポルトガル語を聞き取ります。

詳細については、 Webex Assistant デバイス用の 記事を参照してください。

ウェブ表示用の常時カメラとマイク アクセス

リリース ID: RoomOS 10.20.1.6 d8b09bf5f7b

定義されたウェブサイトのカメラとマイクへの永続的なアクセスを許可するようにデバイスを構成できるようになりました。 これは、キオスク モードやウェブ アプリなどのカスタム セットアップで便利で、ユーザは発信するたびにダイアログからアクセスを許可する必要がありません。

詳細については、 ウェブアプリを追加する 記事を参照してください。

2022 年 9 月 12 日

Webex アプリからデバイスへのイマーシブ共有のサポート

リリース ID:RoomOS 10.19.1.1 cbd8b1e5d9e

デバイスは、クライアントから送信された受信側のイマーシブ共有を使用し、正しくレンダリングできます。

Webex アプリからイマーシブ共有が開始されると、RoomOS 11 エクスペリエンスが有効になっている Webex 端末でも表示されるようになりました。 デバイスから開始されたイマーシブ共有は、受信するすべてのデバイスで引き続き表示される

詳細については、 Desk シリーズでのイマーシブ共有 の記事をお読みください。

イタリア語に対応可能なデバイス : Webex Assistant

リリース ID:RoomOS 10.19.1.1 cbd8b1e5d9e

イタリア語を話すユーザは、Webex Assistant とイタリア語で通信できるようになりました。 Webex Assistant 言語は、デバイスの言語設定に従います。 そのため、デバイスの言語としてイタリア語を選択している場合、Webex Assistant はイタリア語をリッスンします。

詳細については、 Webex Assistant (端末用) にアクセスしてください。

2022 年 8 月 15 日

QR コードによるホットデスキング

リリース ID: RoomOS 10.18.1.3 f60d4725939

携帯電話を使用して QR コードをスキャンすることで、ホットデスク用に構成された Desk シリーズデバイスにログインすることができます。 RoomOS 11 がデバイスで有効になっている場合に使用できます。

詳細については、次の操作に関する記事を参照してください。 ログインして、ホットデスク付きの Webex デバイスを予約してください

2022 年 7 月 11 日

Room シリーズでの RoomOS 11 ユーザ エクスペリエンス

リリース ID: RoomOS 10.17.1.1 ab490d5db06

新しい RoomOS 11 UI エクスペリエンスは、アプリ中心のナビゲーションパラダイムを備えた最新のエクスペリエンスをデバイスに提供します。 デバイスの機能を拡張して、作業時間のすべてのニーズに対応できるマルチアクティブ デバイスにしたく実現しました。 この点を念頭に置いて、ユーザーエクスペリエンスを更新することが重要です。 中核的な変更の 1 つは、オペレーティングシステムが複数のアプリケーションを同時に実行する機能です。

今年の初めに、Board and Desk シリーズで RoomOS 11 エクスペリエンスをオプトインできるようにしました。 Room シリーズ用にリリースする準備ができました。 Control Hub で、組織の新しいユーザ エクスペリエンスをトグルでオンにできます。

2022 年にリリースされた多くの機能 (Miracast®、ユーザ フォーカス、リアルタイム翻訳など) では RoomOS 11 が必要です。

Webex 登録済みデバイス、およびクラウド管理ソフトウェア アップグレードが有効なデバイスの Webex Edge でリンクされているデバイスの Board、Desk、および Room シリーズでサポートされています。

詳細については、RoomOS 11 エクスペリエンスの項目を参照してください。

デバイスでのユーザのプレゼンス

リリース ID: RoomOS 10.17.1.1 ab490d5db06

[ディレクトリ]、[お気に入り]、[最近] の 3 つのすべてのリストで、デバイス自体からその人のアベイラビリティを確認できるようになりました。 ユーザ プレゼンスは、Webex アプリ およびユーザの他の Cisco Webex 端末や電話間で一貫して空き状況を表示します。

デバイスから [応答不可] またはカスタム ステータスを設定でき、そのステータスは他のデバイスや電話間で同期されます。



Desk シリーズで RoomOS 11 が有効になっている場合にのみ利用できます。

フレーム

リリース ID: RoomOS 10.17.1.1 ab490d5db06

1 つのミーティングルームに複数の人が集う場合、カメラモードを [フレーム] に変更すると、全員が表示されやすくなります。 フレーム モードでは、参加者の周囲の不必要なスペースをトリミングして、最大 4 フレームで、複数の参加者が近くに表示され、同じサイズで、同じ目の高さで表示されるビューを作成します。

Webex 登録済み Room Kit、Room Kit Mini、および Room 55 で RoomOS 11 が有効になっている場合にのみ利用できます。

詳細は フレームの 記事を参照してください。

4K コンテンツ共有

リリース ID: RoomOS 10.17.1.1 ab490d5db06

Webex 端末は Webex ミーティングで 4K コンテンツを共有できるようになりました。 この機能により、患者からの MR 観察など、高解像度画像が必要なユースケースが可能になります。

最低限必要な帯域幅: 2.8 Mbps

  • Desk Pro、Codec Pro、Board Pro:受信: 4Kp15、送信: 4Kp15

  • Room Kit Mini、Room Kit、Room 55: 受信: 4Kp7.5、送信: 4Kp7.5

  • Webex Desk、Desk Mini: 受信: 4Kp15、送信: 1080p30

Webex 登録済みの端末と、端末用の Webex Edge でリンクされている端末でサポートされています。

新しいリアクション エクスペリエンス

リリース ID: RoomOS 10.17.1.1 ab490d5db06

デバイス上のリアクションに、リアクションを送信した人の名前が表示されるようになりました。 リアクションが画面の右上から左下に移動しました。 これらの変更は、アプリとデバイス間で一貫したエクスペリエンスを提供するために行われます。 主催者がリアクションで名前を無効にすると、デバイスはリアクションのみをレンダリングします。

詳細については、 リアクションの 記事を参照してください。

埋め込みアプリ

リリース ID: RoomOS 10.17.1.1 ab490d5db06

Webex ミーティング内でウェブ アプリとシームレスに対話できます。ログインしたり、別のツールにコンテキストを切り替えたりする必要はありません。

埋め込みアプリのサポートにより、Webex デバイスの参加者は、通話で開かれたアプリを表示して対話できます。 参加者が Webex アプリ でアプリを開始すると、端末が自動的に開き、ユーザはアプリケーションにログインします。 Slido、Miro、Mural など、いくつかの埋め込みアプリはデフォルトで使用できます。

Desk および Board シリーズで RoomOS 11 が有効になっている場合にのみ利用できます。 Desk Hub ではサポートされていません。 パーソナル モードのデバイスでのみ利用できます。

詳細については、 埋め込みアプリ の記事を参照してください。

Webex デバイスをウェブ カメラとして使用してラップトップから発信する

リリース ID: RoomOS 10.17.1.1 ab490d5db06

ラップトップから発信する場合、Room シリーズのデバイスをウェブ カメラ (スピーカーとマイク付き) として使用するためのサポートを追加しました。 セットアップには、In Origini HDMI-USB コンバータが必要です。 デバイスの UI から、カメラのコントロール、音量の調整、バックグラウンド ノイズの除去、音声品質の最適化を行うことができます。

RoomOS 11 が有効な場合にのみ利用できます。

詳細については、記事 ノートパソコンからの発信 の記事を参照してください。

Webex デバイスにオフィス アワーを設定する

リリース ID: RoomOS 10.17.1.1 ab490d5db06

デバイスのオフィス アワーを設定すると、通常のオフィス アワー以外は、サイネージなどの常時オン機能をオフにすることができます。 また、室内で動きを検出したという理由だけでデバイスが復帰しないようにすることもできます。 管理者はこの機能のオンオフ、時間を設定し、スタンバイとウェイクアップの動作を設定することができます。

詳細については、 「オフィス アワーを設定する」 の記事をお読みください。

2022 年 6 月 16 日

Miracast® によるワイヤレス コンテンツ共有

リリース ID: RoomOS 10.16.1.6 1d075d92585

クライアントを必要とせずに Windows コンピュータからワイヤレスコンテンツを共有できるソリューション。 これにより、拡張デスクトップの共有が可能で、プレゼンタービューを表示できます。

Wi-Fi Direct を使用して、コンピュータから Webex デバイスに直接ネットワーク接続を確立します。 この接続機能を使用すると、ゲストネットワークや企業の Wi-Fi に接続することなくコンテンツを共有できます。

Board および Desk シリーズで RoomOS 11 が有効になっている場合にのみ利用できます。 Webex 端末がケーブル ネットワーク上にある必要があります。

詳細については、 Miracast を設定するMiracast によるワイヤレス共有 の記事を参照してください。

ノイズ除去の更新

リリース ID: RoomOS 10.16.1.6 1d075d92585

ノイズ除去は、共有デバイスと個人登録デバイスの両方でデフォルトとしてオンになりました。 以前は「デフォルト」と呼ばれていたオプションの名前が変更され、現在は「ニュートラル」と呼ばれています。

詳細については、 ノイズ除去 にアクセスしてください。

2022 年 5 月 11 日

マイクのテストとノイズ除去のプレビュー

リリース ID: RoomOS 10.15.1.6 10270456893

マイクのテストを使用して、自分の声がデバイスに適切にピックアップされているかどうかを確認できます。 また、現在の環境でのノイズ除去設定の有効性をテストすることもできます。

Desk および Board シリーズで RoomOS 11 が有効になっている場合にのみ利用できます。

詳細については、 マイクのテスト にアクセスしてください。

同時通訳

リリース ID: RoomOS 10.15.1.6 10270456893

同時通訳により、ミーティングの出席者は、プレゼンテーションを好みの言語で聞くことができます。 Webex デバイスを使用すると、出席者は言語と、元の音声と翻訳された音声の音声バランスを選択できます。

通訳者と主催者は Webex クライアントを使用する必要があります。

デバイスの同時通訳サポートは、Webex サイトで有効にする必要があります。 これは独立したスケジュールで展開されます。 チェック status.webex.com お使いのクラスターでいつ有効になるか確認してください。

Desk および Board シリーズで RoomOS 11 が有効になっている場合にのみ利用できます。

詳細については、 デバイスでの同時通訳 にアクセスしてください。

他の言語からの翻訳

リリース ID: RoomOS 10.15.1.6 10270456893

翻訳機能により、英語から 100 か国語以上の翻訳に対応しています。 英語に加えて 12 言語の翻訳に対応しました。 これにより、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)、オランダ語、英語、フランス語、ドイツ語、ヒンディー語、イタリア語、日本語、韓国語、ポーランド語、ポルトガル語、およびスペイン語に対応するミーティングの翻訳が可能になります。。

リアルタイム翻訳は Webex Meetings の有料アドオン サービスとしてサポートされています

Desk および Board シリーズで RoomOS 11 が有効になっている場合にのみ利用できます。

詳細については、 字幕 にアクセスしてください。

2022 年 4 月 11 日

キオスクモード

リリース ID:RoomOS 10.14.1.8 caa98bba5fb

キオスクモードでは、Webex デバイスを仮想レセプションやヘルプデスクに変換します。キオスクモードでは、ホーム画面をカスタマイズしたウェブ アプリで置き換えることができます。 このように、レセプショニストに連絡するなど、ウェブ アプリのボタンを使用して発信できます。 ユーザ インターフェイスの残りの部分はロックされたままになり、デバイスが本来の目的にのみ使用されるようになります。



Desk および Board シリーズで RoomOS 11 が有効になっている場合にのみ利用できます。 Desk Hub ではサポートされていません。

詳細については、 キオスクモード にアクセスしてください。

日本語で利用可能なデバイスの Webex Assistant

リリース ID: RoomOS 10.14.1.8 caa98bba5fb

日本語を話すユーザは Webex Assistant を使って日本語でコミュニケーションできるようになりました。 Webex Assistant 言語は、デバイスの言語設定に従います。 そのため、デバイスの言語として日本語を選択している場合、Webex Assistant は日本語を聞き取ります。

詳細については、「デバイス用 Webex Assistant の使用を開始する」の項目を参照してください。

イマーシブ共有時に画像のサイズを変更する

リリース ID: RoomOS 10.14.1.8 caa98bba5fb

イマーシブ共有を使用して、共有しているプレゼンテーションに合わせて画像のサイズを変更したり移動したりできるようになりました。



Desk シリーズで RoomOS 11 が有効になっている場合にのみ利用できます。 Desk Hub ではサポートされていません。

詳細については、 イマーシブ共有の 記事を参照してください。

Webex Board、Desk、および Room デバイスでのアラーム検出

リリース ID: RoomOS 10.14.1.8 caa98bba5fb

マクロとサードパーティのインテグレーションを使用して、Webex Board、Desk、または Room デバイスは、外部アラームを検出し、xAPI でイベントをトリガーできます。

重要: アラーム検出機能は、米国の業界標準のアラームパターンである T3 アラームのみをサポートしています。 デバイスがアラームを検出することは保証されません。 参考例: マイクのレベルが低いと検出がブロックされます。 このため、警告に対する認識を高めるためにこの機能に依存すべきではありません。この機能は、他の安全およびセキュリティ対策および文書に取って代わるものではありません。

詳細については、 アラーム検出 の記事を参照してください。

2022 年 3 月 10 日

参加者フォーカス レイアウト オプション

リリース ID: RoomOS 10.13.1.3 dd7ec0ed589

ユーザフォーカスは、どのレイアウトファミリーにも適用できるレイアウトオプションです。 ユーザのフォーカスは、不要な背景を削除することで画面の領域を最適化します。



Desk および Board シリーズで RoomOS 11 が有効になっている場合にのみ利用できます。

ユーザ フォーカスは、すべてのユーザがベータ機能として利用できるようになりました。つまり、エクスペリエンスの継続的な改善が期待できます。

詳細については、 ユーザにフォーカスする 記事を参照してください。

リアクション セットとサポート スキン トーンの拡張

リリース ID: RoomOS 10.13.1.3 dd7ec0ed589

Webex デバイスは、ミーティングで利用できるリアクションの数を拡張し、スキン トーンのサポートを追加します。

Desk および Board シリーズで RoomOS 11 が有効になっている場合にのみ利用できます。

詳細については、 Webex 会議室でのリアクション の記事を参照してください。

Desk シリーズのホットデスク

リリース ID: RoomOS 10.13.1.3 dd7ec0ed589

ホットデスキングを使用すると、Webex 任意の共有卓上デバイスに Webex アイデンティティでログインして予約し、それをパーソナライズされたコラボレーション デバイスに変換できます。 ログインした後、カレンダー ミーティングに簡単なミーティング参加 (1 つのボタンを押す) したり、あなたのホワイトボードと最近の通話にアクセスしたりできます。

Desk シリーズで RoomOS 11 が有効になっている場合にのみ利用できます。

詳細については、 ホットデスキングで Webex デバイスにログインして予約する方法ユーザがログインして予約できるようにする方法の記事をお読みください。共有デバイス

デバイスにリンクされたデバイスでの Webex Edge の RoomOS 11 ユーザ エクスペリエンス

リリース ID: RoomOS 10.13.1.3 dd7ec0ed589

RoomOS 11 エクスペリエンスは、デバイスの Webex Edge でリンクされたデバイスで利用できるようになりました。 RoomOS 11 エクスペリエンスのコア変更の 1 つは、オペレーティング システムで複数のアプリを同時に実行できることです。 Web アプリ、ホワイトボード、および進行中のミーティングを簡単に切り替えます。

管理者は、次のデバイスの新しいユーザーエクスペリエンスをオンに切り替えることができるようになりました。

  • Webex Desk および Desk Pro

  • Board 55/55S, Board 70/70S, および Board 85S

RoomOS 11 エクスペリエンスは、Board Pro 55、Board Pro 75、Desk Hub、および Desk Mini のデフォルトのユーザ エクスペリエンスです。

詳細については、RoomOS 11 エクスペリエンスの項目を参照してください。

2022 年 2 月 14 日

Webex Meetings でのリアルタイム翻訳

リリース ID:RoomOS 10.12.1.4 3cf63babf2a

この言語を話すことはできませんか? 英語から RoomOS デバイスでサポートされている 100 を超える言語のいずれかに翻訳できるようになりました。 リアルタイム翻訳はアドオンであり、この機能の購入には Webex Assistant サブスクリプションが含まれます。



この機能は RoomOS 11 エクスペリエンスが有効な場合にのみ利用できます。

詳細については、 クローズドキャプションの 記事を参照してください。

字幕の更新

リリース ID:RoomOS 10.12.1.4 3cf63babf2a

通話コントロールの別のボタンとして、字幕が利用できるようになりました。 つまり、すべてのユーザは、Webex Assistant をオンにしなくても、ミーティング中に字幕を受け取ることができます。 自動字幕機能を有効にすると、耳の不自由な方でもミーティングやウェビナーに参加しやすくなります。

この機能は RoomOS 11 エクスペリエンスが有効な場合にのみ利用できます。

詳細については、 クローズドキャプションの 記事を参照してください。

Webex Room Panorama および Room 70 パノラマのサポート

リリース ID:RoomOS 10.12.1.4 3cf63babf2a

Webex Room Panorama 製品で、1 対 1 の通話時にパノラマ ビデオが利用できるようになりました。遠端の Panorama 会議室は 2 つの 82 インチスクリーンにまたがって表示され、2 つの会議室を連結します。 強力なスピーカー システム上の指向性音声と専用のプレゼンテーション スクリーンにより、Panorama は 1 対 1 の通話および複数拠点での通話の両方で Cisco ミーティング ソリューションの性能を発揮します。



Webex Desk and Board Pro で Microsoft OneDrive ホワイトボードを開く

リリース ID:RoomOS 10.12.1.4 3cf63babf2a

デバイスの [ファイル] ボタンから直接、Microsoft OneDrive ホワイトボードを開くことができるようになりました。

この機能は RoomOS 11 エクスペリエンスが有効な場合にのみ利用できます。

詳細については、 Microsoft OneDrive ホワイトボードを開く にアクセスしてください。

Webex ルーム ナビゲーター での永続的なウェブ アプリ

リリース ID:RoomOS 10.12.1.4 3cf63babf2a

Cisco Webex Room Navigator 上でサードパーティ製の Web アプリケーションを実行すると、会議室予約を管理し、職場のガイドラインと情報を通信するための企業のカスタムソリューションを統合できます。 選択したアプリが Room Navigator の画面全体に表示され、RoomOS ユーザ インターフェイスに置き換わります。 この機能は、ネットワークを使ってクラウドに登録済みの Room Series デバイスにリモートでペアリングされている Room Navigators でサポートされています。

詳細については、 永続ウェブ アプリ にアクセスしてください。

USB-C 経由で Webex アプリで接続する

リリース ID:RoomOS 10.12.1.4 3cf63babf2a

USB-C ケーブルで任意の Webex Desk シリーズ デバイスに接続すると、Webex アプリで常に接続を維持できます。 ラップトップのカバーを閉じているとき、または複数のデバイスがあるエリアにいるときなど、超音波ペアリングが機能しないユースケースで役立ちます。 USB-C 接続により、Webex アプリからのメッセージングから、Desk シリーズ デバイスとペアリングされた通話およびミーティングへのシームレスな移行が可能になります。

クラウド接続とクラウド近接通信を有効にする必要があります。

詳細については、 USB-C ケーブルで接続する にアクセスしてください。

2022 年 1 月 13 日

RoomOS 11 のユーザ エクスペリエンス

リリース ID:RoomOS 10.11.1.1 28d904d97dc

デバイスの機能を拡張して、作業時間のすべてのニーズに対応できるマルチアクティブデバイスにしたく実現しました。 この点を念頭に置いて、ユーザーエクスペリエンスを更新することが重要です。 中核的な変更の 1 つは、オペレーティングシステムが複数のアプリケーションを同時に実行する機能です。 Web アプリ、ホワイトボード、および進行中のミーティングを簡単に切り替えます。

管理者は、次のデバイスの新しいユーザーエクスペリエンスをオンに切り替えることができるようになりました。

  • Webex Desk および Desk Pro

  • Board 55/55S, Board 70/70S, および Board 85S



RoomOS 11 エクスペリエンスは、Board Pro 55、Board Pro 75、Desk Hub、および Desk Mini のデフォルトのユーザ エクスペリエンスです。

RoomOS 11 のエクスペリエンスは、Webex クラウドに登録されたデバイスでサポートされています。

詳細については、RoomOS 11 エクスペリエンスの項目を参照してください。

音声の最適化

リリース ID:RoomOS 10.11.1.1 28d904d97dc

Board および Desk シリーズ デバイスに新しいスマート音声オプションを追加しました。 自分の声に最適化 音声オプションは、あなたの声のみをピックアップし、開いた横向きのオフィスなど、混雑した環境で話している他の人の声を抑制します。 また、ノイズ除去オプションと同様に、キーボードのクリック音など、他のバックグラウンド ノイズも除去されます。

この機能は RoomOS 11 エクスペリエンスが有効な場合にのみ利用できます。

詳細については、 Webex デバイスのノイズ除去 にアクセスしてください。

2021 年 12 月 17 日

高度なソフトウェア制御

デフォルトでは、RoomOS Webex を実行しているデバイスは自動的にアップグレードされ、最新のソフトウェアになります。 また、必要に応じて、導入環境と更新する時間に最も適した最新の 3 つの RoomOS 10 バージョンを選択できます。 これにより、実稼働環境に導入する前に、環境内の特定の検証チャネルで機能をテストする時間を与えます。

詳細については、RoomOS ソフトウェアアップグレードの項目を参照してください。

Webex Edge for Devices にリンクされたデバイスをユーザーに関連付ける

クラウド API を使用して、Webex Edge for Devices にリンクされたデバイスをユーザーに関連付けることができるようになりました。

詳細については、「Webex Edge for Devices の使用を開始する」の項目を参照してください。

2021 年 12 月 15 日

Webex デバイスで Google Meet のミーティングに参加する

リリース ID:RoomOS 10.9.1.1 fb66b80147e

Webex デバイスを使用すると、Web エンジンおよび WebRTC 技術を使用して Google Meet ミーティングに参加できます。 コールに参加する主な方法として OBTP を提供するハイブリッドカレンダーとの統合があります。 Webex ボタンと同様に、専用ボタンを使用して Google Meet ミーティングに参加することもできます。 Google の招待で生成されたミーティングコードを入力し、オンデマンドでミーティングに参加してください。



詳細については、「WebRTC を有効にして Google Meet ミーティングに参加する」および「Google Meet ミーティングに参加する」の項目を参照してください。

タッチコントローラのペアリングが改善されました。

リリース ID:RoomOS 10.10.1.1 aa47f0c7e61

タッチコントローラとデバイスの接続を容易にする PIN を作成できるようになりました。 これは、管理者が Control Hub からリモートで PIN コードを作成する場合に、タッチコントローラを大規模に導入する場合に特に役立ちます。

詳細については、タッチコントローラの接続の項目を参照してください。

Board Pro 55、Board Pro 75、Desk Hub、および Desk Mini のサポート

リリース ID:RoomOS 10.10.1.1 aa47f0c7e61

Cisco Webex Board Pro 55、Cisco Webex Board Pro 75、Cisco Webex Desk Hub、Cisco Webex Desk Mini の 4 つの新しい製品のサポートが追加されました。



詳細については、Board Pro 55 および 75Desk Mini および Desk Hub の開始に関する項目を参照してください。

2021 年 11 月 8 日

ネットワーク品質の低下通知

リリース ID:RoomOS 10.9.1.1 fb66b80147e

会議でメディアの品質が低下する場合がありますが、ネットワークやリモート参加者のネットワークで何かが起こっているかわかりません。 ネットワークに問題があるというフィードバックを提供する通知を追加しました。現在の通話でメディア品質が低下すると予想されます。

通知は損失の方向によって異なります。 問題が送信側または受信側にある場合、次のメッセージが表示されます。

  • 発信ネットワークの問題:音声とビデオの受信が低下している可能性があります。

  • ネットワーク接続の問題:他の参加者の音声とビデオの品質が低下する可能性があります。



通話中に 1 回だけ通知が表示されます。

管理者がユーザーインターフェイスの診断通知設定を [非表示] に設定している場合、通知は表示されません。

これらの通知は, クラウドに登録されているデバイスおよび Webex Edge for Devices にリンクされたデバイスで使用できます。

2021 年 10 月 11 日

Webex Meetings のブレイクアウトセッション

リリース ID:RoomOS 10.8.1.7 e60514b8abc

ホストまたは共有ホストは、大規模なミーティングをグループに分割して、出席者がコラボレーションを行い、アイデアを共有できます。 締めくくりの時間になると、全員がメインセッションに戻るように求められます。 デバイスからセッション中のセッションに参加する権利が追加されました。 主催者と共同主催者は、Webex Meetings アプリ からブレイクアウトを管理できます。

クラウドに登録されたデバイスおよびデバイス用の Webex Optimized Experience for Webex Edge では、ブレイクアウトセッションを利用できます。

詳細については、「Webex デバイスのブレイクアウト セッション」の項目を参照してください。

ドイツ語 Webex Assistant

リリース ID:RoomOS 10.8.1.7 e60514b8abc

ドイツ語を話すユーザは、ドイツ語で Webex Assistant と通信する機能を備える必要があります。 Webex Assistant 言語は、デバイスの言語設定に従います。 そのため、デバイスの言語としてドイツ語を選択している場合、Webex Assistant はドイツ語に反応します。

詳細については、「デバイス用 Webex Assistant の使用を開始する」の項目を参照してください。

2021 年 9 月 9 日

親指を上または下に向けるジェスチャの認識

リリース ID:RoomOS 10.7.1.2 05b751884cf

これで、ジェスチャを使用して Desk Pro を操作できます。 以前から、ジェスチャを使って手を上げるなどできます。 これで、ジェスチャを使用して親指でのグッド・バッドのリアクションをすることもできます。 拍手は後でサポートされます。

詳細については、「動作認識」の項目を参照してください。

独自の Web アプリケーションの追加

リリース ID:RoomOS 10.7.1.2 05b751884cf

Webex Boards と Desk Pro の設定メニューから直接 Web アプリケーションの追加と削除が可能になりました。 また、IT 管理者が Control Hub から追加した外部のマネージドウェブアプリについても通知されますが、それらを編集することはできません。

直接共有は、クラウドに登録されたデバイス、およびクラウド管理ソフトウェアのアップグレードが有効になっている Webex Edge for Devices にリンクされたデバイスで使用できます。

詳細については、「Web アプリの管理の有効化Web アプリケーションの管理」の項目を参照してください。

Webex からの直接共有

リリース ID:RoomOS 10.7.1.2 05b751884cf

コンテンツ共有の品質を向上させるために、Webex アプリはローカルネットワークを介して Webex デバイスとコンテンツを直接共有することを好みます。 直接共有できないセットアップでは、アプリはクラウド経由でコンテンツ共有メディアをルーティングします。

クラウドに登録されたデバイスおよびデバイス用の Webex Optimized Experience for Webex Edge では、直接共有を利用できます。 この変更により、クラウドに登録されたデバイスの CVI コールでワイヤレスコンテンツを共有することもできます。

デバイス用 Webex Edge のクラウドのペアリング

リリース ID:RoomOS 10.7.1.2 05b751884cf

Webex Edge for Devices では、オンプレミスのデバイスがすべての Webex クラウドのペアリングオプションを使用して、ユーザビリティとセキュリティを向上させることができるようになりました。 音声 (超音波)、Wi-Fi 検出、または手動で会議室名を検索することで、近くの Webex 会議室に接続できます。ビジターは、ゲスト コードを使用して devices.webex.com 経由でブラウザーから接続し、コンテンツを直接共有することもできます。アプリは必要ありません。

この機能を使用できるのは、Webex Optimized Experience が有効になっている場合のみです。

デバイスのユーザーインターフェイスからのネットワークテスト

リリース ID:RoomOS 10.7.1.2 05b751884cf

ネットワークテストは、ビデオ会議デバイスがネットワークに接続されていることを確認する簡単な ping テストです。 ネットワークテストは、pre-onboarding と post-onboarding の両方で使用できます。

詳細については、この項目のネットワークテストを参照してください。

802.1x の Room Navigator のサポート

リリース ID:RoomOS 10.7.1.2 05b751884cf

このセキュリティ機能は、Room Navigator でサポートされます。 802.1x をサポートすることで、お客様がネットワーク上でデバイスを認証するためのセキュアな接続が可能になります。 セキュリティを意識している企業は、ネットワークでデバイスを認証する方法を利用できます。

詳細については、「802.1x 認証の設定」の項目を参照してください。

2021 年 8 月 9 日

再ブランド化されたユーザ インターフェイス

リリース ID:RoomOS 10.6.1.1 20a28080ecd

Cisco Webex のブランドが変更され、新しいアイコン、新しい色が追加されました。 リプロファイルされたユーザーインターフェイスは、Webex Boards、Desk Pro、および Room シリーズで利用できます。

Control Hub から選択できる「ライト」と「ナイト」の 2 つのテーマをリリースします。 「ライト」のテーマはデフォルトのオプションです。

デスクおよびルームデバイス用 USB マイクのサポート

リリース ID:RoomOS 10.6.1.1 20a28080ecd

Desk Pro、Room Kit、Room Kit Mini、および Room 55 デバイスで、USB マイクまたは USB オーディオインターフェイスを使用できます。 一般に、外部マイクには Cisco Webex Table Microphone または Cisco Microphone の使用をお勧めします。 ただし、次のようなシナリオでは、外部 USB マイクまたは USB オーディオインターフェイスの 使用が必要または利用されています。

詳細については、「USB マイクサポート」の項目を参照してください。

エンドツーエンドメディア暗号化

リリース ID:RoomOS 10.6.1.1 20a28080ecd

シスコは、エンタープライズセキュリティに取り組んでいることで知られています。 セキュリティを念頭に置いて機能を常に設計しています。

E2EE プロジェクトは、顧客が暗号化されたミーティングを開催でき、顧客のみが暗号化キーを制御して、誰もミーティングにアクセスできないようにすることを目標としています。

詳細については、「エンドツーエンドの暗号化」の項目を参照してください。

大規模なミーティングでの通知

リリース ID:RoomOS 10.6.1.1 20a28080ecd

大規模な会議では、参加および離脱の通知が邪魔になる可能性があります。 会議のエクスペリエンスをより快適にするために、大規模な会議ではデフォルトで通知を停止します。 新しいデフォルトでは、会議の参加者が 25 名になるまで通知が表示されます。 以降、会議の最後まで、通知は抑止されます。

管理者は、xConfiguration Conference JoinLeaveNotificationsを使用して参加/退室通知を表示するように構成できます。

コールで利用可能なゲスト共有

リリース ID:RoomOS 10.6.1.1 20a28080ecd

ケーブル、アダプタ、またはクライアントのインストールは必要ありません。 WebRTC クライアント share.webex.com ブラウザから直接コンテンツを簡単に共有できます。 この更新では、Webex Room デバイスが Webex ミーティング中の場合にゲストの共有を利用することもできます。

クラウド登録共有端末で、 Webex 最適化されたエクスペリエンス のデバイスで利用できます。

詳細については、「ワイヤレスゲスト共有」の項目を参照してください。

2021 年 7 月 1 日

クラウドに登録されたデバイス向け Cisco Proximity

リリース ID:RoomOS 10.5.1.1 e8cbc758d40

Webex アプリは、オンプレミスとクラウドに登録された両方のデバイスと機能し、ワイヤレス共有、デバイス制御、および簡単なミーティング 参加を可能にします。 Cisco Proximity は、オンプレミスとクラウドに登録された両方のデバイスに接続できます。 可能な場合は、Webex アプリの展開をお勧めします。 可能ではない場合、Cisco Proximity は、インフラストラクチャに依存することなく軽量でデバイスを中心とした代替案を提供します。



詳細については、「Cisco Proximity 4.0:クラウドのペアリング」の項目および https://proximity.cisco.com/ をお読みください。

フランス語とスペイン語で利用可能なデバイス用の Webex Assistant

リリース ID:RoomOS 10.5.1.1 e8cbc758d40

デバイス用 Webex Assistant は、英語の他にフランス語とスペイン語でご利用可能です。 デバイス用 Webex Assistant を使用すると、Cisco Webex board、デスク Pro、および会議室シリーズ デバイスをハンズ フリーで使用することができます。

詳細については、「デバイス用 Webex Assistant の使用を開始する」の項目を参照してください。

Webex Boards 上のカスタム通知の追加

リリース ID:RoomOS 10.5.1.1 e8cbc758d40

Webex Board の画面の左下隅に短いテキスト文字列を追加できるようになりました。 これは、たとえば、カスタマイズされた通話に関する指示や、地域のサポート担当者に関する情報などです。

詳細については、「カスタム通知の追加 」の項目を参照してください。

2021 年 6 月 1 日

既存のスペースをパーソナルモードで開く Webex Boards and Desk Pro

リリース ID:RoomOS 10.4.1.1 85ff0a04877

パーソナル モードのユーザーは、アプリから Webex Spaces を開いて自分のコンテンツにアクセスできるようになりました。 これにより、たとえば、パーソナルスペースにホワイトボードを保存できます。

詳細については、「デバイスでスペースを開く」の項目をお読みください。

手を上げる場合の動作認識

リリース ID:RoomOS 10.4.1.1 85ff0a04877

これで、ジェスチャを使用して Desk Pro を操作できるようになりました。 デバイスの正面で手を物理的に上げると、上がった手のインジケータがミーティングに表示されます。 カメラが手を検出すると確認の円の画面が表示されます。 手を上げるには、円が完了するまで手を上げておきます。 丸が塗りつぶされる前に手を下げた場合、操作はキャンセルされます。

詳細については、「動作認識」の項目を参照してください。

形状認識

リリース ID:RoomOS 10.4.1.1 85ff0a04877

形状認識で矢印と曲線を理解できるようになったため、ホワイトボードセッションがより美しく、摩擦がなく、理解しやすくなりました。 図形を描画する前に形状認識がオンにされていない場合は、形状認識を長押しすると認識されます。

Webex Boards およびデスクデバイスで、ホワイトボードの使用の詳細をご確認ください。

ミーティングでのリアクション

リリース ID:RoomOS 10.4.1.1 85ff0a04877

リアクションによって、プレゼンテーションに焦点を外すことなくミーティングに参加する簡単な方法を示できます。 プレゼンターに対して、リアクションによって視聴者からライブフィードバックが行なえ、プレゼンターはインタラクティブな感じを受けます。 コールコントロールのリアクションボタンからリアクションを送信できます。ここで手を挙げるオプションも表示されます。 リアクションの集合的な流れは、デバイスの右上隅に表示されます。



詳細については、「ミーティングでのリアクション 」の項目を参照してください。

Room Navigator を使用した室外の予約

リリース ID:RoomOS 10.4.1.1 85ff0a04877

Cisco Webex Room Navigator を使用した会議室予約は室外でも利用可能になります。 壁面取り付けには色分けされたライトストリップが付き、ユーザーは遠くから部屋の状況を鮮明に確認できます。 ユーザーは、部屋を自発的に予約し、その日の会議室カレンダーを見るこもできます。



詳細については、「会議室の予約デバイスとしての室外予約Room Navigator のセットアップ」の項目を参照してください。

2021 年 5 月 19 日

主催者がビデオをオフに制御

リリース ID:RoomOS 10.4.1.1 85ff0a04877 and RoomOS 9.15.4.12 67a93d56abf

Webex ミーティングのホストは、参加者をオンデマンドでオフにできます。 これは、リモート エンドが知らないうちにミーティングの邪魔をしている場合、またはリモート エンドが自分でビデオをオフにすることができない場合に役立ちます。

詳細については、「ビデオをオフにする」の項目を参照してください。

2021 年 4 月 15 日

新しいレイアウトメニュー

リリース ID: RoomOS 10.3.1.2 a911d5664c8 および RoomOS 9.15.3.13 e8923dc6f18

Webex デバイスと Webex アプリのどちらのアプリケーションを使用している場合でも、同じレイアウト名とアイコンを表示できるようになりました。 この変更は 2 月の Webex Board で導入され、現在はすべての Room および Desk デバイスで利用できます。

詳細については、「通話中の画面レイアウトの変更」の項目を参照してください。

キーボードの言語

リリース ID: RoomOS 10.3.1.2 a911d5664c8 および RoomOS 9.15.3.13 e8923dc6f18

Touch 10、Room Navigator、および統合タッチインターフェイスのキーボードは、より多くの言語をサポートしています。 キーボード言語は、ユーザーインターフェイスの言語設定に従います。 ユーザーインターフェイスの言語は、デバイスの [設定(Settings)] メニューから選択できます。

詳細については、「ルームまたはデスクデバイスでの言語の変更」の項目を参照してください。

デスク Pro からの没入型共有

リリース ID: RoomOS 10.3.1.2 a911d5664c8

没入型共有を使用すると、コンピュータ上の任意のコンテンツの上に自分自身を配置することによって、プレゼンテーションに集中できます。 プレゼンテーションとビデオはコンテンツストリームに送信されます。そのため、共有を停止するまで集中できます。 Desk Pro の仮想背景メニューからイマーシブ共有が利用できます。

詳細については、「投入型共有」の項目を参照してください。

5x5 のレイアウト

リリース ID: RoomOS 10.3.1.2 a911d5664c8

より大きいグリッドのレイアウトを使用すると、さらに多くの同僚や職場の連絡先と対面できます。 トランスコーディングされたミーティングで、5x5のグリッドが 1 月に利用可能になりました。 Room シリーズ、Board シリーズ、およびデスク Pro で、グリッドのレイアウトに切り替えると、最大5x5 のレイアウトを利用できます。

詳細については、「ビデオストリームのレイアウト」の項目を参照してください。

デュアル画面デバイスのレイアウト

リリース ID: RoomOS 10.3.1.2 a911d5664c8 および RoomOS 9.15.3.13 e8923dc6f18

デュアル画面デバイスで使用可能なビデオレイアウトが改善されました。 拡大表示には大型のアクティブなスピーカーが 1 画面に表示され、2 番目の画面には 5x5 のグリッドが表示されます。 グリッドのレイアウトでは、すべての参加者が均等なサイズで表示され、最大 3x4 と 3x4 の参加者が表示されます。 この変更は現在、切り替えられたミーティングのみを対象としています。 表示されるビデオストリームの上限は 25 です。

詳細については、「ビデオストリームのレイアウト」の項目を参照してください。

挙手における主催者管理

リリース ID: RoomOS 10.3.1.2 a911d5664c8 および RoomOS 9.15.3.13 e8923dc6f18

質問をした後で、参加者が手を下げるのを忘れる場合があります。 これにより、主催者が挙手経過を追うのが難しくなります。 主催者と共同主催者は、参加者の挙げた手を下げたり、全員の手を下げることができます。

詳細については、「Raise Hand のホスト制御」の項目を参照してください。

Room USB のカメラ制御

リリース ID: RoomOS 10.3.1.2 a911d5664c8

Webex デバイスは、デバイスの正面で人物を自動的にフレーム設定しますが、時には部屋の物体や特定の領域に焦点を合てたい場合があります。 TRC6 リモート コントロールを使用して Room USB デバイスでカメラを手動で制御できるようになりました。 リモコンを使ってカメラをパン、チルト、ズームすることができます。

Room USB の詳細については、「はじめに」の項目を参照してください。

2021 年 3 月 15 日

Webex デバイス: 最小ソフトウェア バージョン要件の変更

デバイス用 Webex エッジでは、Webex の接続を維持するために最新のソフトウェアが必要です。 2021 年 3 月以降、Cisco Webex は IdenTrust 商用ルート CA 1 である Certificate Authority に移動されます。この変更により、デバイス ソフトウェア アップグレードを手動で管理している顧客は、デバイスを最低 CE 9.14.5、できれば CE 9.15 にアップグレードする必要があります。が Webex Edge for Devices でサポートされているのが最も早い時間です。

詳細については、「デバイス用 Webex エッジ向けのクラウド管理ソフトウェアのアップグレード要件」の項目を参照してください。 デバイス用 Webex エッジの詳細については、デバイス用 Webex エッジを参照してください。

会議室内の予約

リリース ID: RoomOS 10.2.1.3 886f017f09c and RoomOS 9.15.2.12 c379560982f

会議室内の予約では、予約を拡張したり、自発的なミーティング向けに会議室を予約したりできます。 会議室が利用可能な場合は、タッチコントローラ、Touch 10、または Room Navigator を使用して会議室を予約できます。 Webex Assistant が有効な場合、音声コマンドを使用して会議室を予約できます。

詳細については、Touch 10 および Room Navigator および Webex Assistant の会議室内予約に関する項目を参照してください。 会議室内の予約方法については、共有モード Webex 会議室の会議室内予約の有効化を参照してください。

DX70 および DX80 のノイズ除去

リリース ID: RoomOS 9.15.2.12 c379560982f

DX70 および DX80 では、キーボードのクリック音、自動車、近隣のリフォームなど、バックグラウンド雑音が大きい自宅や他の環境からミーティングを行う場合は、ノイズ除去を使用できます。 BabbleLabs の高度な AI を使用して、音声からノイズを区別してフィルタリングし、コミュニケーションを向上させます。

詳細については、Webex Room でのノイズ除去の項目を参照してください。

新しい主催者と共同主催者の機能

リリース ID: RoomOS 10.2.1.3 886f017f09c and RoomOS 9.15.2.12 c379560982f

主催者と共同主催者は、ロビーで待機しているすべての人を 1 つのボタンをタップして受け入れできます。

詳細については、「ミーティングへのすべての参加者を承認する」の項目を参照してください。

2021 年 2 月 15 日

ホワイトボードの図形認識

リリース ID: RoomOS 10.1.1.2 bd0d2b72f94 および RoomOS 9.15.1.11 9c47f567d66

Webex Board とデスクデバイスで描画を整理する。 Webex Board および Desk デバイスの図形認識により、フリーハンドの波線が、一般的な図形に自動的に変換されるようになりました。

Webex Boards およびデスクデバイスで、ホワイトボードの使用の詳細をご確認ください。

デバイス用 Webex Edge の Webex 最適化エクスペリエンス

リリース ID: RoomOS 10.1.1.2 bd0d2b72f94 および RoomOS 9.15.1.11 9c47f567d66

デバイス用 Webex Edge にリンクされたデバイスは、Webex ミーティングに接続するときに最適化 Webex Meetings の完全なエクスペリエンスを利用できます。 デバイスは、内部ダイヤルや外部サービスへの接続に引き続き SIP を使用します。

詳細については、 Webex Edge の Webex Edge デバイスでのエクスペリエンスの最適化 の記事を参照してください。

Webex Board のレイアウトの選択

リリース ID: RoomOS 10.1.1.2 bd0d2b72f94

Webex ボードの新機能 – 他の Webex 会議室デバイスと同じエクスペリエンスを享受し、グリッド ビュー、アクティブなスピーカーなど、ミーティングに適したレイアウトを選択します。

詳細については、ビデオストリームのレイアウトを参照してください。

ミュート/ミュート解除をリクエスト

リリース ID: RoomOS 10.1.1.2 bd0d2b72f94 および RoomOS 9.15.1.11 9c47f567d66

ミーティングと家事を効率化しましょう。 会議主催者は、参加者全員の前で断る必要なく、ミュート中の参加者にミュートを解除するリクエストを送信できます。

詳細については、「ミーティング中にすべての参加者をミュートする」の項目を参照してください。

デバイスからのミーティング中のロールを変更する

リリース ID: RoomOS 10.1.1.2 bd0d2b72f94 および RoomOS 9.15.1.11 9c47f567d66

次回のミーティングに遅れているもののチームがまだ深い議論をしている場合は、 Webex デバイスからミーティング中のロールを変更できます。 この機能を使用すると、Webex Room デバイスから直接他のユーザをミーティングのホストにできます。 これにより、他のユーザがホストとしてのロールを引き継ぐので、ミーティングを終わらせずに会議から去ることができます。

詳細については、「Webex Room およびデスクデバイスでのミーティング中のロールの変更」の項目を参照してください。

ミーティング中のクローズドキャプション

リリース ID: RoomOS 10.1.1.2 bd0d2b72f94

Webex Meetings でクローズドキャプションをオンにすれば、発言を逃さなくなります。 クローズドキャプションは、ミーティングに Webex Assistant for Meetings が追加された場合に使用できます。

詳細については、Webex Room でのクローズドキャプションの項目を参照してください。

通話での WebApps

リリース ID: RoomOS 10.1.1.2 bd0d2b72f94

ローカルのミーティングで使用している WebApp を通話で利用できるようになりました。 リモートチームが通話中にかんばんボードで直接作業し、タスク間を移動し、Webex Board または Desk Pro からテキストを編集することができます。 ミーティングが終了したら、写真を撮ってラップトップに移動してすべての作業をやり直する必要はありません。

詳細については、「Webex Boards とデスク Pro の Web アプリの共有」の項目を参照してください。

デスク Pro での共有の改善

リリース ID: RoomOS 10.1.1.2 bd0d2b72f94

コンピュータモニタとしてデスク Pro を使用している場合、表示される情報の操作が簡単になりました。 通話中にデスク Pro の画面をタップすると、コンピュータ画面のピクチャインピクチャのプレビューが表示されます。 最大化してコンピュータをフルスクリーン表示にするか、または [ 通話の共有 ] をタップして共有します。

2021 年 1 月 18 日

ソフトウェア バージョンの変更

2021 年 1 月以降、RoomOS 9.15 以降は DX、MX、および SX シリーズ製品のみをサポートしています。 ボード、デスク、および Room シリーズの製品は、RoomOS 10.0 以降のみを使用しています。 この変更は、2021 年 1 月のソフトウェア アップデートで自動的に行われます。 新しいソフトウェアリリースの詳細については、次の記事を参照してください。

RoomOS10 の既知および解決済みの問題

RoomOS9 の既知および解決済みの問題

デバイス用 Webex エッジ向けのクラウド管理ソフトウェアのアップグレード

クラウド管理ソフトウェアのアップグレードでは、新しい RoomOS ソフトウェアバージョンが利用可能な場合、デバイス用 Webex エッジにリンクされたデバイスが自動的にアップグレードされます。 詳細については 、「デバイス用 Webex エッジ向けのクラウド管理ソフトウェアのアップグレード」の項目を参照してください。

ミーティングで挙手する

リリース ID: RoomOS 10.0.1.2 e54a985715f および RoomOS 9.15.0.8 b47fa2eaf80

ミーティングで [挙手] ボタンを使用すると、他の人に質問をしたりミーティングにコメントしたりしたいことを知らせることができます。 詳細については、Webex 会議室でミーティングで挙手する 記事をお読みください。

遠端カメラ制御

リリース ID: RoomOS 10.0.1.2 e54a985715f および RoomOS 9.15.0.8 b47fa2eaf80

1 台以上の他のデバイスにリモート制御可能なカメラがあるミーティングでは、相手先のカメラを制御できます。 詳細については、「Webex Rooms デバイスからの相手先カメラ制御」の項目を参照してください。

DX、MX、および SX シリーズ デバイスのトランスコーディングされたレイアウト

リリース ID: RoomOS 9.15.0.8 b47fa2eaf80

Webex Meetings に発信する、クラウドに登録された DX、MX、および SX シリーズのデバイス通話に、5x5 のグリッド表示を含むトランスコーディングされたミーティングのエクスペリエンスとレイアウトが 表示されるようになりました。

詳細については、ビデオストリームのレイアウトを参照してください。

Wi-Fi セットアップのユーザ インターフェイスの改善

リリース ID: RoomOS 2020-11-27 d43c34aee86

Wi-Fi 接続をサポートしているすべてのデバイスで、Wi-Fi セットアップ インターフェイスが改善され、設定が簡単になります。 通話中でも、Wi-Fi 設定にアクセスしてネットワークのステータスに関する詳細情報を表示できるようになりました。

Wi-Fi セットアップの設定とネットワーク ステータスの表示の詳細については、こちらを参照してください。

発言者インジケータを表示

リリース ID: RoomOS 2020-11-27 d43c34aee86

アクティブなスピーカーのビデオ フレームまたはサイト ラベルの周りに青の枠が表示され、ミーティング中に実際に誰が話しているのか簡単に識別できます。 これは特に、より大きな枠のビューや、音声専用として参加した参加者とのミーティングで役立ちます。

ブロードキャスト モード

リリース ID: RoomOS 2020-11-27 d43c34aee86

クリーンなビデオ ストリームを出力するデバイスを設定できます。 このモードでは、インジケータ、通知、および制御が削除されます。 後で名前ラベルを削除する別の設定があります。 このモードは、視聴者にビデオを配信するためだけのブロードキャストおよびレコーディングサービスを目的としています。

UI 拡張機能のカスタム アイコンをアップロードする

リリース ID: RoomOS 2020-11-27 d43c34aee86

Web ポータルのユーザ インターフェイス拡張機能エディタから、パネルまたはアクション ボタンのカスタム アイコンをアップロードできるようになりました。

ウェブポータルのユーザインタフェースの変更

リリース ID: RoomOS 2020-11-11 40a133064c6

Web ポータルが更新され、コントロール ハブのビジュアル スタイルに合わせて調整されました。 タブ付き縦型メニューが導入され、移動した設定を検索するための検索ボックスがあります。 マクロ エディタ、UI 拡張機能エディタ、およびオーディオ コンソールでビジュアルが改善されています。

名前ラベルにタイトルを追加する

リリース ID: RoomOS 2020-11-11 40a133064c6

顔認識のサインアップ時に名前ラベルの下にタイトルを追加すめることができます。 すでに署名している場合は、タイトル を追加できます。 名前ラベルとタイトルの追加と名前の追加の方法については、こちらを参照してください 。

Webex ボードおよび卓上デバイスのフローティング コンテンツ コントロール

リリース ID: RoomOS 2020-11-11 40a133064c6

共有オプション、注釈、およびタッチ リダイレクトにすばやくアクセスできる新しい浮動ツールバーを利用できます。

ブラック キャンバス

リリース ID: RoomOS 2020-11-11 40a133064c6

ホワイトボードを使用している場合は、黒白のキャンバスを変更することができます。 詳細については、この項目を参照してください。

グリッドビューレイアウトで表示された 4x4 の参加者

リリース ID: RoomOS 2020-11-11 40a133064c6

最大 4 名のミーティング参加者が、枠ビュー レイアウトに表示されます。 ユーザーがクラウドに登録された会議室またはデスクシリーズのデバイスから Webex ミーティングに参加するときに表示されるデフォルトのレイアウトです。

4x4 グリッドビューには、2M ビットの最小通話速度が必要です。

ペアリングされたデバイスでの追加の主催者および共同主催者機能

リリース ID: RoomOS 2020-11-11 40a133064c6

ミーティングをホストまたは共有する際に、チームクライアントまたは Webex 40.11 のデバイスとペアリングすると、デバイスも共同ホストになります。 つまり、デバイスはそれ以外の場合にはサポートされない追加オプションをサポートします。 たとえば、共同ホストとして、一部またはすべての参加者をミュートし、ミーティングをロックおよびロック解除し、ミーティングをすべての人に対して、または自分だけで終了できます。 共同主催の機能の詳細は、 こちらを参照してください。

USB 転送

リリース ID: Room OS 2020-10-26 d97b604b745

USB マウスまたはキーボードをデスク Pro に接続し、ノートパソコンに使用できます。 詳細については、こちらを参照してください。

ノイズ除去

リリース ID: Room OS 2020-10-26 d97b604b745

新しいノイズ除去を使用して、ミーティング中に煩雑なノイズを排除することができます。 詳細については、 Webex Board、Desk Pro、および Room シリーズのノイズ除去を参照してください。

Webex ボードとデスク デバイスのホワイトボードの概要

リリース ID: RoomOS 2020-10-05 c1b06c8ee79

ホワイトボード全体の概要を把握するため、最大 10 倍まで縮小することができます。

ミーティング中にすべての参加者をミュートする

リリース ID: RoomOS 2020-10-05 c1b06c8ee79

ホストは、お使いの Webex デバイスから、ミーティング中にすべての参加者をミュートできます。 この機能の詳細については、こちらを参照してください。

Webex Edge デバイスの更新

リリース ID: RoomOS 2020-10-05 c1b06c8ee79

CE 9.14.2 以降を実行しているデバイス用に、Webex Edge でリンクされたデバイスに対して、次の機能が追加されています。

  • コントロール ハブからのログ管理のサポート

  • ビデオインテグレーションと WebRTC を使用した Microsoft Teams ミーティングのサポート

デバイスの Webex Edge の詳細については、デバイスの Webex Edge の項目を参照してください。

Webex Edge Microsoft Teams 用ビデオインテグレーションを使用して Microsoft Teams ミーティングに参加する

リリース ID: RoomOS 2020-10-05 c1b06c8ee79

Webex デバイスおよび参加者のパーソナルモードでは、デバイスが Microsoft Teams ミーティングに招待されている場合、そのデバイスからボタン 1 つで (OBTP) またはミーティングにダイヤルして、直接ミーティングに参加することができます。 Microsoft Teams ミーティングへの参加の詳細は、 ここを参照してください。

Webex デバイス、会議室、デスクデバイスで、ホストを転送し、ミーティングから退室する

リリース ID: RoomOS 2020-10-05 c1b06c8ee79

ホストを転送することによってミーティングから離れることができます。また、他の参加者が自分の操作を行わずに操作を続けることもできます。

パーソナル モード デバイスのペアリング

リリース ID: RoomOS 2020-10-05 c1b06c8ee79

パーソナルモードで、Webex Teams アプリから Webex デバイスにワイヤレスで電話をかけたりコンテンツを共有したりできます。 詳細については、「Webex デバイスとワイヤレスにコンテンツを共有する」および「Webex Teams アプリで Webex デバイスから通話する」を参照してください。

ミュージック モード

リリース ID: RoomOS 2020-08-31 a4fd41aa839

幅広いライブ音楽を聞く事が重要な場合に、通話中に音楽モードをオンにすることが可能になりました。 これは、リモート 音楽の学習、音楽用の器具のテスト、その他の同様のシナリオで使用できます。 音楽モードの詳細については、この項目を参照してください。

Desk Pro および Webex Boards の手動カメラ コントロール

リリース ID: RoomOS 2020-08-31 a4fd41aa839

自動ベスト概要に加え、デスク Pro および Webex Boards のカメラ表示を手動で変更できるようになりました。 これらの端末で手動カメラ制御を使用する方法については、 この記事 を参照してください。

ミーティング中に他の参加者をミュートする

リリース ID: RoomOS 2020-08-31 a4fd41aa839

ホストは、お使いの Webex デバイスから直接、会議中に誰でもミュートできます。 この機能はデスクデバイスおよびタッチコントローラ付きのデバイスで使用できます。 その方法については、この項目を参照してください。

最近の通話の通話情報

リリース ID: RoomOS 2020-08-31 a4fd41aa839

[通話] メニューで、最近の通話の通話情報を簡単に見つけることができるようになりました。 詳細については、この項目を参照してください。

Webex Boards およびデスクデバイスのクリーンアップタイマーの設定

リリース ID: RoomOS 2020-08-06 118dbf07142

デバイスに保存されているホワイトボードと Web サイトデータをいつ削除するかを決定できます。 この項目では、タイマーの設定方法について説明し、この項目では、すべてのホワイトボードとブラウジングデータを削除することによってセッションを終了する方法について説明します。

Web アプリを制御ハブから直接追加

リリース ID: RoomOS 2020-08-06 118dbf07142

制御ハブで Web アプリをセットアップして、Webex Board または Desk Pro のホーム画面から起動することができます。 詳細については、この項目を参照してください。

WebRTC を使用して、Webex board、ルームデバイス、デスクプロフェッショナルからの Microsoft Teams 会議に参加します。

リリース ID: RoomOS 2020-08-06 118dbf07142

Webex デバイスおよび参加者のパーソナルモードでは、デバイスが Microsoft Teams ミーティングに招待されている場合、そのデバイスからボタン 1 つで (OBTP)、直接ミーティングに参加することができます。 この項目では、ミーティングに参加する方法と、この項目を参照してWebRTC をセットアップする方法について説明しています。

パーソナルルームの検索

リリース ID: RoomOS 2020-06-25 44 a 3904313a

デバイスからパーソナル会議室を検索できるようになりました。 [Webex に参加] をタップして、名前またはメールアドレスを含むパーソナルルームを検索します。

パーソナル ミーティング ルームのロック

リリース ID: RoomOS 2020-06-25 44 a 3904313a

ホストとして、パーソナル会議室をロックおよびロック解除するには、ロックボタンを選択します。 この機能はデスクデバイスおよびタッチコントローラ付きのデバイスで使用できます。

パーソナルモードでのデバイスの通話履歴の更新

リリース ID: RoomOS 2020-06-25 44 a 3904313a

デバイス上の通話履歴は、Webex Teams の通話履歴と同じになりました。 パーソナルモードのデバイスで使用できます。

パーソナルモードでデスクデバイスのホワイトボードを使用

リリース ID: RoomOS 2020-06-25 44 a 3904313a

複数のホワイトボードを作成して編集してから、Webex Teams スペースに保存するか、またはメールで送信することができるようになりました。 パーソナルモードでデスクデバイスの更新されたホワイトボード記事を確認してください。

デバイス用 Webex Edge の新機能

リリース ID: RoomOS 2020-05-06 cf2befca38d

CE 9.13 以降を実行しているデバイス用に、Webex Edge でリンクされたデバイスに対して、次の機能が追加されています。

  • Cisco Webex Control Hub の設定管理のサポート

  • ユーザー検索によるパーソナル会議室への参加が容易になります。

  • Webex コールに参加する場合のリアルタイム メディアメトリック

デバイスの Webex Edge の詳細については、デバイスの Webex Edge の項目を参照してください。

ホワイトボードおよびデジタルサイネージのスクリーンショットの撮影に必要なリモート監視オプションキー

リリース ID: RoomOS 2020-05-06 cf2befca38d

ホワイトボードとデジタルサイネージのスクリーンショットを取得するには、次にローカル Web インターフェイスからリモートモニタリングオプションキーを追加する必要があります。 リモートモニタリングオプションキーを使用しない場合、ホワイトボードやデジタルサイネージが画面に表示されている場合、スクリーンショットは灰色になります。

リモートモニタリングオプションキーをインストールすると、次のスクリーンショットを実行できます。

  • Touch ユーザーインターフェイス

  • オンスクリーンメニュー、ボタン、および通知

  • ホワイトボード

  • デジタル サイネージ

リモートモニタリングオプションキーをインストールしない場合は、次のスクリーンショットを実行できます。

  • Touch ユーザーインターフェイス

  • オンスクリーンメニュー、ボタン、および通知

HTTP クライアントのデフォルトモードが HTTPS に変更されます。

リリース ID: RoomOS 2020-05-06 cf2befca38d

HTTP クライアントのデフォルトモードが "HTTP + HTTPS" から "HTTPS" に変更されています。 これは、デバイスの web ポータルを起動するときの操作が変更される可能性があることを意味します。 デバイスには、信頼された CA によって署名された、ブラウザによって信頼されていない証明書が付属しています。 デバイスに信頼された証明書をインストールして、コンピュータとデバイスの間の通信を保護します。

証明書の追加の詳細については、[証明書の追加] 項目を参照してください。

アクティビティ インジケータ

リリース ID: RoomOS 2020-04-06 dbcdd81ba03

ホワイトボードを使用して参加者のアバターを表示したり、デバイスのイニシャルを表示したりして、描画やコメントをしているユーザーをフォローすることができます。 詳細については、この項目を参照してください。

Webex Room USB が利用可能になりました

リリース ID: RoomOS 2020-04-06 dbcdd81ba03

Webex Room USB がサポートされました。 Webex Room USB は huddle スペース向けのスマートなビデオ会議ソリューションであり、あらゆる会議サービスベンダーと互換性があります。 詳細については、Webex Room USB の項目を参照してください。

フリップで Webex を使用できるようになりました

リリース ID: RoomOS 2020-03-20 8a845789ad6

フリップに Webex のサポートが追加されました。 フリップの Webex では、Cisco Webex Room Kit Mini のビデオ会議機能と Samsung のフリップデジタルホワイトボードの協同作成機能が組み合わされています。 詳細については、フリップの Webex の項目を参照してください。

パーソナルデバイスからへの参加

リリース ID: RoomOS 2020-02-24 4fe8516fb6e

いくつかの手順を実行するだけで、パーソナルモードのデバイスからパーソナル会議室ミーティングに参加できるようになりました。 詳細については、「パーソナルモードデバイスからパーソナル会議室ミーティングを開始」を参照してください。

WebGL は、Webex Boards および会議室デバイスでサポートされています

リリース ID: RoomOS 2020-02-24 4fe8516fb6e

WebGL は試験的な機能であり、将来変更される可能性があります。 この機能はデフォルトでは無効になっていますが、デバイスの Web インターフェイスで有効にできます。 詳細については、Web エンジンの使用に関するベストプラクティスを参照してください。

デバイスのミーティングの詳細を非表示にする

リリース ID: RoomOS 2020-02-24 4fe8516fb6e

Webex Boards、会議室、デスクデバイスのミーティングのスケジュールタイトルを非表示にすることができます。 『Webex Board でのミーティングの詳細を非表示にする』に記載されている設定に従って設定します。

ワイヤレスゲスト共有

リリース ID: RoomOS 2020-01-31 85237a267b4

devices.webex.com からのワイヤレスゲスト共有では、ケーブルを使用する必要はありません。また、ローカルで共有するために Webex アプリをダウンロードする必要もありません。

ゲスト共有の詳細については、Wireless ゲスト共有の項目を参照してください。

パーソナルモードデバイスへの通話中のワイヤレス共有

リリース ID: RoomOS 2020-01-31 85237a267b4

Cisco Webex Teams アプリからパーソナルモードのデバイスに、通話中にワイヤレス共有できるようになりました。

ワイヤレス共有の詳細については、パーソナルモードデバイスでのワイヤレス共有の項目を参照してください。

Control Hub で RoomOS ソフトウェアを管理する

リリース ID: RoomOS 2019-12-16 285a 8edd1

Control Hub の [RoomOS ソフトウェアの管理 (Manage Software)] ページでは、現在および次のソフトウェアリリースに関する情報を検索できます。 リリースのサイクルを確認したり、リリースノートへのリンクから参照することもできます。 admin.webex.com の顧客ビューから、[デバイス] > [ソフトウェア] に移動します。

デバイスの Webex Edge

リリース ID: RoomOS 2019-12-16 285a 8edd1

デバイスの Webex Edge を使用して、オンプレミスのデバイスを Cisco Webex クラウドサービスにリンクすることができます。 これにより、登録、デバイス管理、通話、メディアサービスがオンプレミスのままである場合でも、クラウド機能を選択することができるようになります。 Webex Control Hub でクラウドサービスを管理したり、サービスからデバイスの診断を受けたりできます。

デバイスの Webex Edge の詳細については、デバイスの Webex Edge の項目を参照してください。

すべての場所で注釈を付ける

リリース ID: RoomOS 2019-12-16 285a 8edd1

Webex Board で共有しているウェブページとファイルに注釈を付けることができるようになりました。 これはプレゼンテーションに注釈を付ける場合と同じように機能します。 注釈を保存して、後で Webex Teams スペースを参照したり、電子メールで送信したりすることができます。

注釈については、Cisco Webex Boards での注釈および通話中に Cisco Webex DX70 および DX80 から画面共有に注釈を付けるを参照してください。

DX70 および DX80 での作業の保存

リリース ID: RoomOS 2019-12-16 285a 8edd1

ホワイトボードと注釈を Webex Teams スペースまたは電子メールで保存することができます。これは、Webex board で従来実行したのと同じです。 共有された DX70 および DX80 の作業を保存できます。

「作業の保存」については、デスクデバイスから Cisco Webex Teams にホワイトボードを保存する方法およびデスクデバイスからホワイトボードを電子メールで送信する方法の項目で確認してください。

新しいホワイトボードワークフロー

リリース ID: RoomOS 2019-12-16 285a 8edd1

コンテンツの操作が容易になるように、ホワイトボードメニューのアイコンを更新しました。 [保存 (save)] オプションがより可視的に表示され、既存のスペースに作業内容を保存できます。

コンパニオンモード

リリース ID: RoomOS 2019-11-04 464775546f8

コンパニオンモードでは、1 つの会議室シリーズデバイスと 1 つの Webex Board を組み合わせたシステムとしてセットアップして動作させることができます。 会議室デバイスを使用してコールを発信し、ホワイトボードのボードを作成します。 共有コンテンツが両方のデバイスに表示され、通話中にホワイトボードが会議室デバイスに自動的に共有されます。

コンパニオンモードの詳細については、こちらを参照してください。

コンパニオンモードのセットアップの詳細はこちらを参照してください。

タッチリダイレクト

リリース ID: RoomOS 2019-11-04 464775546f8

タッチリダイレクトを使用すると、ラップトップが HDMI と USB ケーブルに接続しているとき、Webex Board の画面からラップトップを制御することができます。 タッチ リダイレクトは、Windows 10 を実行しているラップトップで利用できます。オペレーティング システムがタッチ コマンドをサポートしている場合、他のオペレーティング システムでも機能します。

タッチリダイレクトは、コール外でのみ動作します。

Touch リダイレクトは、Webex Board 55S、Webex Board 70S、および Webex Board 80S でサポートされています。

詳細については、Webex Boards から「有線タッチ」リダイレクトを参照してください。

継続ちゅうの通話または会議への参加者の追加

リリース ID: RoomOS 2019-11-04 464775546f8

その他のデバイスまたは Webex Teams のユーザーを、継続中の通話またはミーティングに追加することができます。 詳細については、ルームまたはデスクデバイスから継続中の通話またはミーティングへの参加者の追加を確認してください。

Webex Boards ボード上のレイアウトの更新

リリース ID: RoomOS 2019-10-19 97e3752c67a

Webex Boards は、コールエクスペリエンスを向上させるためにレイアウトを更新しています。 アクティブなスピーカーと Pip が画面上に分離された場所になります。 Pip はアクティブなスピーカー領域をオーバーレイしなくなります。 これにより、アクティブスピーカーは常に完全なビューになり、画面の階層が向上します。

名前ラベル

リリース ID: RoomOS 2019-09-26 14326fc8c9f

名前ラベルは、組織内のユーザが相互に理解を深められるようにするのに役立ちます。 ミーティングに顔認識と名前ラベルを追加すると、ユーザが名前を顔に関連付ける機会が得られます。 顔認識は、ミーティングの開始時に登録されたすべての参加者の名前ラベルを作成するために使用します。 名前ラベルは、アクティブなスピーカーに対して表示されます。

会議室シリーズのデバイスまたは Webex に登録されている Webex Board で通話中または会議中に、受信側の名前ラベルが表示されます。 電話機が DX、SX、MX、または会議室シリーズまたは Webex に登録されている Webex Board から電話をかける場合は、そのユーザの名前ラベルを表示できます。

顔認識にサインアップする方法については「顔の認識」および「名前ラベルのサインアップ」項目を確認してください。

顔文字認識および名前ラベルの有効化に関する項目で、組織の名前ラベルを有効にする方法についての説明があります。

ホワイトボードの [やり直し] オプション

リリース ID: RoomOS 2019-09-12 ee4956daae7

これで、Webex Boards およびデスクデバイスで [やり直し] ボタンを使用して、ホワイトボードから削除された内容を元に戻すことができるようになりました。 [やり直し] ボタンを押すと、[やり直し] ボタンが表示されます。 詳細については、Cisco Webex Board でホワイトボードを使用するおよび Cisco DX70 および DX80 でホワイトボードを使用するを参照してください。

OneDrive または SharePoint に保存されているファイルアクティビティからファイルを開く

リリース ID: RoomOS 2019-09-12 ee4956daae7

Webex Teams スペースで共有している Microsoft OneDrive または SharePoint Online のファイルは、Webex Boards で表示できます。 ボード上の Webex Teams のスペースを開いて、ファイルアクティビティからそのドキュメントにアクセスし、Webex Board のその場所で引き続き作業することができます。 この機能を使用するためには、Web エンジンが有効になっている必要があります。 設定方法については、Webex Boards の Web エンジンの有効化を参照してください。 設定後、Onedrive または Sharepoint の Online ファイルを Webex Boards で開く方法については、この項目を参照してください。

ホワイトボード機能

リリース ID: RoomOS 2019-09-12 ee4956daae7

Webex Meetings のミーティングで、別の Webex Boards から 1 つのホワイトボードを共同で使用することができます。

コントロールハブで使用可能な詳細設定

リリース ID: RoomOS 2019-09-12 ee4956daae7

管理者は、個々の会議室およびデスクデバイスおよび Webex Boards の高度な設定に直接制御ハブからアクセスできるようになりました。 その使用方法の詳細については、詳細設定の記事を参照してください。

Webex Boards 上の Stickies

リリース ID:RoomOS 2019 - 08 - 28 7980d1cd53c

Webex Boards ではホワイトボードとコメントの stickies を作成、編集、および移動できます。

Webex Boards の stickies の詳細については、この項目を参照してください。

Webex Boards から Web アプリを開く

リリース ID:RoomOS 2019 - 08 - 28 7980d1cd53c

Webex Boards で web アプリを開くマクロを作成できるようになりました。 この方法では、Jira、Miro、Office 365、Google の各マニュアルなどのアプリに直接ボードからアクセスできます。 マクロの使用方法の詳細については、マクロの使用法を参照してください。

タッチ 10 コントローラ付きの Webex Board を使用している場合、Web アプリはタッチ 10 でのみ表示されます。

ネットワーク設定メニューの変更

リリース ID: RoomOS 2019 - 08 - 16 3dac3cfa60c

ネットワーク設定と情報が、デバイスのユーザーインターフェイスの同じメニューに表示されるようになりました。 使用可能な設定は変更されていません。

ホワイトボードおよびコメント用の新しいペンのサイズ

リリース ID: RoomOS 2019 - 07 - 02 a37dc2ce640

Webex Boards とデスクデバイスのホワイトボードでコメントするときに 3 つの異なるサイズの中からペンを選べるようになりました。

デバイスから Webex ミーティングに参加する

リリース ID: RoomOS 2019 - 07 - 02 a37dc2ce640

デバイスから Webex Meetings に直接参加できるようになりました。 詳細については、Cisco Webex Board、会議室、またはデスクデバイスからの Webex Meetings の参加をお読みください。

ホワイトボードと注釈のコピーの作成

リリース ID:RoomOS 2019-06-19 002b5fa2be2

Cisco Webex Boards で、ホワイトボードと注釈のコピーを作成できるようになりました。 ホワイトボード メニューには、プレゼンテーションのホワイトボードまたは注釈付きのスナップショットが保存されています。 他のホワイトボードやスナップショットの場合と同じように、このコピーに戻って作業を続けることができます。

Cisco Webex board および Room シリーズ デバイスでのデジタル サイネージ

リリース ID:RoomOS 2019-06-19 002b5fa2be2

デジタル サイネージでは、サイネージ アプリ、内部通信、社内ニュースなどのカスタム コンテンツを表示することができます。 この機能は、Cisco Webex Boards および Room シリーズ デバイスで利用可能です。

Cisco Webex Control Hub を使用して URL を設定するだけで、デジタル サイネージが、デバイスが半起動状態時に任意の Web ページを表示します。

Cisco Webex Control Hub またはデバイスの Web インターフェイスからデジタル サイネージをセットアップする方法の詳細は、この項目を参照してください。

Cisco Webex Boards でホワイトボードと注釈を電子メールで送信する

リリース ID:RoomOS 2019-06-19 002b5fa2be2

Webex Teams スペース内にいるかどうかに関わらず、ホワイトボードと注釈を電子メールで送信することができます。 組織内外のユーザとホワイトボードや注釈を共有する上で、電子メールで成果物を送信できるのは、非常に便利です。 電子メールで成果物を送信するオプションは、Web インターフェイスを使用して設定します。 この機能をセットアップするには、SMTP 設定の構成のステップに従ってください。 設定が完了したら、ホワイトボードまたは注釈を電子メールで送信する方法について、ホワイトボードの使用および共有プレゼンテーションへの注釈の項目を参照してください。

会議中または通話中にビデオをオフにする

リリース ID:RoomOS 2019-06-19 002b5fa2be2

Board、Room デバイス、またはデスク デバイスでのミーティングあるいは通話に参加した後、ビデオを非表示にすることができます。 詳細については、ビデオをオフにする の項目を参照してください。

Room Kit、Room Kit Mini、および Room 55 の USB ヘッドセット サポート

リリース ID:RoomOS 2019-06-19 002b5fa2be2

USB ヘッドセット、ハンドセット、または USB Bluetooth ドングルをデバイスの USB-A 入力に接続することができます。 これは、DX シリーズと類似しています。

注釈はホワイトボード メニューに保存されます

リリース ID:RoomOS 2019-06-19 002b5fa2be2

注釈が付けられたプレゼンテーションは、作業を完了すると、Cisco Webex Board のホワイトボード メニューに保存されるようになりました。 注釈付き画像のスナップショットは、Webex Teams スペースのホワイトボード メニューに .pdf ファイル形式で保存されます。 詳細については、プレゼンテーションへの注釈 を参照してください。

Room Kit Mini の USB-C エクスペリエンスが改善されました。

リリース ID:RoomOS 2019-06-19 002b5fa2be2

USB-C ポートを介してコンピュータにメディアをストリーミングする場合にのみ、Room Kit Mini は USB カメラ モードとなります。 以前のリリースでは、コンピュータが USB-C ポートに接続されただけでこのモードになりました。

API またはローカル Web インターフェイスを使用した Cisco Webex へのデバイスの登録

リリース ID:RoomOS 2019-06-19 002b5fa2be2

デバイスは、Cisco Webex にリモートで登録することができます。その際、デバイスと同じ室内にいる必要はありません。 この操作は、API からプログラムによって実行するか、ローカル Web インターフェイス経由で行います。 以前のリリースでは、画面上のセットアップ アシスタントを使用する必要がありました。

詳細については、API またはローカル Web インターフェイスを使用した Cisco Webex へのデバイスの登録 の項目を参照してください。

Webex Boards のアップデート

リリース ID:RoomOS 2019-06-19 002b5fa2be2

  • Touch 10 コントローラのサポート

    • 通話

    • お気に入りの編集および追加

    • 着信通話の点滅画面

  • マクロおよび室内制御

  • ブランディング

  • ユーザ インターフェイスからのボタンの削除

HTTP リクエストの拡張サポート

リリース ID:RoomOS 2019-06-03 ccc122100bb

以前は、デバイスが任意の HTTP(S) Post および Put リクエストを HTTP(S) サーバに送信することができました。 この機能が、さらに多くの要求タイプ(Get、Patch、および Delete)をサポートすることになり、サーバから返されるデータ(応答ヘッダおよび本文)の処理機能が拡張されています。

詳細については、Board、Room デバイス、またはデスク デバイスからの HTTP リクエストの送信 を参照してください。

Webex Boards 向け Cisco Webex アシスタント

リリース ID:RoomOS 2019-06-03 ccc122100bb

音声駆動型の Webex Assistant が Webex Boards で利用できるようになりました。 Webex アシスタントをアクティブにすると、会議室を利用する誰であっても Webex Board を音声操作することができます。 音声操作は、組織内のユーザの呼び出し、同僚のパーソナル ミーティング ルームへの参加、ボリュームおよびビデオの表示オプションの制御など、多くのタスクを支援します。

Webex Assistant は英語に対応しています。

Webex Assistant の詳細については、Cisco Webex Assistantの有効化 および Webex Assistant の はじめに を参照してください。

Cisco Webex Board およびデスク デバイス上の無制限ホワイトボード

リリース ID:RoomOS 2019-05-13 e9e48cc1aba

ホワイトボードには、無制限のカンバスが提供されています。スペースを使い切ることなく、あらゆる方向に描画したり、書き込むことができます。 詳細については、Cisco Webex Board でホワイトボードを使用するおよび Cisco DX70 および DX80 でホワイトボードを使用するを参照してください。

グラフィカル サウンドミキサー(オーディオ コンソールで利用可能)

リリース ID: RoomOS 2019-04-23 fbcc553c56a

オーディオ コンソールにグラフィカル サウンドミキサーが追加されました。 ミキサーには、パラメータでユーザーが定義できるイコライザ設定が 8 種類提供されています。 設定は最大 6 つのセクションで構成され、それぞれに独自のフィルタ タイプ、ゲイン、中心周波数 /クロスオーバー周波数、Q 値を設定することができます。 各セクションは、独自の色で表示され、パラメータのいずれかを変更した場合の効果がすぐにグラフで確認することができます。 詳細については、音声の高度なカスタマイズを参照してください。

オーディオ コンソール対応製品:Codec Pro、MX700、MX800、Room 70 G2、Room 70D G2、および SX80。

WebSocket 経由の xAPI への接続

リリース ID:RoomOS 2019-03-19 218e6106b05

WebSocket を介して xAPI に接続できるようになりました。 WebSocket を経由する通信チャネルは、明示的に閉じられるまで、両方向にオープンとなります。 つまり、新しいデータが利用可能になると、サーバは即座にクライアントにデータを送信することができます。要求毎に再認証を行う必要はありません。 これにより、HTTP と比較して、大幅に速度が向上します。 各メッセージには、完全な JSON ドキュメントのみが含まれます。 多くのプログラミング言語には、WebSocket と JSON RPC に関する多くの優れたライブラリ サポートがあります。

WebSocket はデフォルトでは有効ではありません。 Websocket は HTTP に関連付けられており、WebSocket を使用する前に HTTP または HTTPS を有効にする必要があることに注意してください。

詳細は、WebSocket 経由でボード、ルーム、またはデスクデバイスの API を操作する を参照してください。

最近の更新

リリース ID:RoomOS 2019-03-19 218e6106b05

  • Room Kit Mini は、USB カメラとして使用する場合、1080p ビデオをサポートします。

  • Room シリーズのデバイスは、室内の環境雑音レベルを報告するように設定することができます。 報告される値は、人間の耳の応答を反映した A 加重デシベル値 (dBA) です。 報告されるノイズに基づき、施設管理者またはビル管理者を交えて問題点のトラブルシューティングを行うことができます。 この機能に関する信号はすべてローカル処理され、送信されるデータは計測されるノイズレベルのみとなります。

  • HDMI とイーサネット スイッチを使用して、最大 3 台の SRG-120DH/PTZ-12 カメラを Codec Plus に接続できるようになりました。

Cisco Webex Board でサポートされないファイルを表示しない

リリース ID:RoomOS 2019-03-19 218e6106b05

Webex Teams スペースで共有されているファイルをボード上で表示する際、サポート対象外のファイルを非表示にすることができます。

詳細は、ボード上でファイルを表示する を参照してください。

Webex Events パネリスト サポート

リリース ID:RoomOS 2019-03-19 218e6106b05

Webex Events パネリストは、Webex に登録されたボード、デスク、および会議室のデバイスを使用して、イベントに参加することができ、ユーザー体験をカスタマイズすることが可能です。 パネリストは、電子メールの招待状に記載されているパスワードをデバイスに入力するだけで、直接イベントにダイヤルすることができます。 主催者が練習セッションを開始すると、パネリストのデバイスにバナーが表示されます。

詳細は、Webex Events パネリスト サポート を参照してください。

会議室とデスクデバイスでお気に入りに連絡先を編集する

リリース ID:RoomOS 2019-03-19 218e6106b05

ルーム デバイスやデスク デバイスでお気に入りの連絡先を編集して、より簡単に連絡先を検索できるようになりました。 ディレクトリから連絡先をお気に入りとしてマークしている場合、その連絡先の名前を編集できます。ビデオ アドレスをお気に入りとしてマークしている場合、そのアドレスを編集し、連絡先を見つけやすくするために名前を追加できます。

お気に入りの編集の詳細は、ルーム デバイスおよびデスク デバイスでお気に入りの連絡先を編集する を参照してください。

Cisco Webex アシスタント

リリース ID:RoomOS 2019-02-22 a9172dc1ab7

Webex Assistant は、Cisco Webex Room シリーズのデバイス向けの音声駆動型の仮想アシスタントです。 Webex アシスタントをアクティブにすると、会議室を利用する誰であってもデバイスを音声操作することができます。 音声操作は、組織内のユーザの呼び出し、同僚のパーソナル ミーティング ルームへの参加、ボリュームおよびビデオの表示オプションの制御など、多くのタスクを支援します。

Webex Assistant は英語に対応しています。

Webex Assistant の詳細については、Cisco Webex Assistantの有効化 および Webex Assistant の はじめに を参照してください。

ルーム デバイスやデスク デバイスにカスタム ブランディングやカスタム 通知を追加する

リリース ID:RoomOS 2019-02-22 a9172dc1ab7

全体的なユーザエクスペリエンスを損なうことなく、ロゴとブランドイメージを使用してデバイス画面と Touch 10 コントローラーをカスタマイズできます。 ハーフ アウェイク状態になると、画面にカスタム イメージとロゴが表示されます。 アウェイク状態では、画面の右下隅にロゴが小さく表示されます。

画面の左下隅に短いテキスト文字列を追加することもできます。 これは、たとえば、カスタマイズされた通話に関する指示や、地域のサポート担当者に関する情報などです。

カスタム ブランディングは次のデバイスではサポートされていません。

  • Cisco TelePresence SX10

  • Webex Boards

詳細は、カスタム ブランディングの追加 および カスタム通知の追加 を参照してください。

Webex Boards と Webex Teams で共有されるホワイトボード(すべてのデバイスで表示可能)

リリース ID:RoomOS 2019-02-22 a9172dc1ab7

参加するのに使用したデバイスの種類にかかわらず、すべての会議において、Webex Boards や Webex Teams アプリで共有されるホワイトボードが表示できるようになりました。 共有されたホワイトボードは、他の共有コンテンツと同様、表示はされますが、作画作業に参加することはできません。 Webex Teams アプリ経由のホワイトボードは、Webex Teams のスペースミーティングでのみ表示されます。

韓国語キーボードのサポート

リリース ID: RoomOS 2019-02-04 f7e76335e87

ユーザーインターフェイス言語を韓国語に設定すると、韓国語キーボードでの入力が Touch 10 コントローラでサポートされます。 韓国語のキーボードは、Cisco Webex Board ではまだ使用できません。

高帯域幅デジタル コンテンツ保護(HDCP)のサポート

リリース ID:RoomOS 2019-01-22 5008063821d

HDCP(高帯域デジタルコンテンツ保護)で保護されたコンテンツをサポートするように、ルームデバイスの HDMI 入力の 1 つを設定できます。 その後、ルームデバイスの画面を再利用して、HDCP コンテンツを配信するデバイスからのコンテンツを表示することもできます。 このようなデバイスの例としては、Google ChromeCast、AppleTV、または HDTV デコーダがあります。 HDCP コンテンツの表示はローカルのみとなります。通話中は共有できません。

利用可能なデバイス:

  • (会議室キットPlus および 会議室キット Plus Precision 60)を含むコーデック Plus

  • (会議室キット Pro および 会議室キット Pro Precision 60)を含むコーデック Pro

  • Room 55 および Room 55 Dual

  • Room 70 および Room 70 G2

詳細は、ルーム デバイスで HDCP コンテンツを有効にするを参照してください。

オーディオ コンソール ユーティリティを使用したオーディオの高度なカスタマイズ

リリース ID:RoomOS 2019-01-22 5008063821d

ルームデバイスのウェブインターフェースに埋め込まれたオーディオ コンソールユーティリティは、高度にカスタマイズ可能なオーディオ機能へのグラフィカル インターフェイスを提供します。 オーディオ コンソールユーティリティを使用すると、簡単なドラッグ アンド ドロップを使用して、オーディオの入力と出力をどのように接続するかを定義できます。

主な特徴:

  • コーデックの音声システムを設定する。

  • デフォルトのミキシング、ルーティング、イコライザを変更する。

  • さまざまな入出力コネクタのプロパティを設定する。

  • ローカル補強などの高度な機能を設定する。

利用可能なデバイス:

  • SX80

  • MX700 および MX800

  • (会議室キット Pro および 会議室キット Pro Precision 60)を含むコーデック Pro

  • Room 70G2

詳細は、ルームデバイスの音声の高度なカスタマイズ および最新の カスタマイズガイド を参照してください。

ルーム デバイスおよびデスク デバイスでのマクロの使用

リリース ID:会議室 OS 2018-12-19 54ac0f80a97

マクロは、ルームやデスクデバイスの動作をカスタマイズできます。 マクロは、デバイス上でネイティブに実行される JavaScript/ECMAScript 2017 で書かれた小規模のプログラムです。 ユーザーインターフェイスからマクロを起動できます。 また、マクロは、デバイスの API に公開されている他のシステムイベント、構成の変更、またはステータスの変更にも対応できます。 マクロは、デバイスからのイベント、設定変更、およびデバイスのステータス変更からのフィードバックを登録できます。 マクロはこれらのイベントや変更を監視し、デバイスの API を使用してさらにコマンドや設定の変更を呼び出すことができます。

SX10 を除くすべてのルーム デバイスおよびデスク デバイスで利用できます。

詳細は、ルーム デバイスおよびデスク デバイスでのマクロの使用 を参照してください。

Cisco Webex Room Kit Mini の USB カメラとしての使用

リリース ID:会議室 OS 2018-12-19 54ac0f80a97

Cisco Webex Room Kit Mini は、コンピュータに接続すると、USB カメラとして使用することができます。 この設定では Room Kit Mini のマイクとスピーカーを使用して素晴らしいサウンド体験を実現します。

使用する Room Kit Mini が Webex に登録済みの場合、着信との競合を避けるために、システムは「応答不可」モードに切り替わります。 Room Kit Mini を登録していない場合は、他の USB カメラとして使用できます。

詳細は、Cisco Webex Room Kit Mini を USB カメラとして使用する を参照してください。

ルーム デバイスやデスク デバイスで Webex ミーティングおよび Webex Teams ミーティングを録画する

リリース ID:会議室 OS 2018-12-19 54ac0f80a97

ルーム デバイスやデスク デバイスで Cisco Webex ミーティングおよび Cisco Webex Teams ミーティングを録画することができます。録画は後で他の人が閲覧することもできます。

以下が録画可能です。

  • 会議主催者は、共有デバイスまたはパーソナル デバイスで Webex Meetings のミーティングを録画することができます。

  • 使用するデバイスがパーソナル モードの場合、そのデバイスで Webex Teams ミーティングを録画することができます。 共有デバイスでの Webex Teams ミーティングの録画は、そのデバイスが会議の招待状に記載されている場合にのみ可能です。

ミーティングの相手が 1 人の場合には、レコーディング機能はサポートされません。

詳細は、ルーム デバイスやデスク デバイスでミーティングを録画するを参照してください。

Webex Teams でオンプレミスの登録デバイスにローカルで共有する

リリース ID:会議室 OS 2018-12-06 7513bae968a

Cisco Webex Teams アプリを使用して、オンプレミスの登録済みの会議室またはデスク デバイスとローカルでコンテンツが共有できるようになりました。 Cisco Webex Control Hub でこの機能のアクティブまたは非アクティブの切り替えができます。 Webex Teams アプリがクラウド登録デバイスとオンプレミス デバイスに接続する方法には違いがあり、オンプレミス デバイスへの接続の安全性が劣ります。

詳細は、オンプレミスの登録済みのデバイスへのローカル共有を有効にするを参照してください。

サードパーティ製 USB コントローラのサポート

リリース ID:会議室 OS 2018-12-06 7513bae968a

サードパーティ製の USB 入力デバイスを使用して、ルーム デバイスまたはデスク デバイスの特定の機能を制御することができます。 USBキーボードおよびUSBドングルを備えたブルートゥースリモコンは、そのような入力装置の例です。 マクロを使用して目的のフィーチャをセットアップできます。

利用可能なデバイス:

  • Codec Plus

  • Codec Pro

  • DX70 および DX80

  • Room 55 および 55 Dual

  • Room 70 および Room 70 G2

  • Room Kit

この機能は、Touch 10 または DX のユーザーインターフェイスの機能を補完するものです。 Touch 10 および DX のユーザインターフェイスを置換するものではありません。

詳細は、ルームまたはデスクデバイスでのサードパーティ製の USB 入力デバイスの使用 を参照してください。

HTTP ポストおよびプットリクエスト

リリース ID:会議室 OS 2018-12-06 7513bae968a

この機能は任意の HTTP(S) ポストおよびプットリクエストをあるデバイスから HTTP(S) サーバに送信することができます。

マクロを使用すると、必要なときにいつでも HTTPS サーバにデータを送信できます。 送信するデータを選択し、好きなように構造化することができます。 こうすることで、すでに確立されているサービスにデータを適合させることができます。

セキュリティ対策:

  • HTTP(S)Post and Put機能はデフォルトで無効になっています。

  • システム管理者は、デバイスがデータの送信を許可されているHTTP(S) サーバのリストを指定することができます。

  • 同時投稿および書き込みリクエストの数は制限されています。

詳細は、ルーム デバイスまたはデスク デバイスからの HTTP Post 陸恵右sとおよびプットリクエストの送信 を参照してください。

Touch 10 のユーザインターフェイスからデフォルトのボタンを削除する

リリース ID:会議室 OS 2018-12-06 7513bae968a

Touch 10 のユーザ インターフェイスで既定で提示されるボタンで、必要ないものを削除することができます。 これにより、ユーザ インターフェイスを完全にカスタマイズすることができます。 この構成ではボタンのみが削除され、機能自体は削除されません。カスタム ルーム内コントロール パネルは引き続き表示されます。

詳細は、ユーザ インターフェイスからデフォルト ボタンを削除するを参照してください。

Cisco Webex Boardsボードは徐々にRoomOSに移行しています

リリース ID:会議室 OS 2018-11-26 3046ffc45f4

Cisco Webex Boards は BoardOS の代わりに RoomOS を実行できるようになりました。 能力と経験は、2つとも実質的に同じです。 移行は、シスコが管理する自動プロセスです。

他のCisco Webex会議室デバイスと共有ソフトウェアを使用することで、Webex Boardsは今後の他の会議室デバイスと同じ機能の多くにアクセスできるようになります。 この変更により、すべての部屋のデバイスで機能をより早く、より高品質に開発できるようになると期待しています。

以前のソフトウェアといくつかの違いがあります:

  • Boardを設定するためにControl HubからAdvanced Settingsを起動できます。

  • 802.1xは有線イーサネットで利用できます。

  • 会議室の使用に関する情報を人数とともに入手できます。

  • 掲示板からの通話への参加者の追加は現在サポートされていません。

  • 次のWi-Fi認証方法には対応していません:EAP PAP、EAP MSCHAP、EAP TTLS PAP。

  • 診断パネルの変更点:

    • [メディア]タブには、アクティブな発言者に関する情報のみが表示されます。

    • [サービス]タブにはより詳細な情報が表示されます。

    • ショータッチとマイクは現在利用できません。

  • ミーティングの追加参加者のインジケータは現在利用できません。

  • USB のアップグレードはサポートされていません。

  • ピンホールの工場出荷時設定にリセットすると、10秒後に工場出荷時設定に直接戻ることができます。

お気に入りの連絡先の編集

リリース ID:会議室 OS 2018-11-06 c753a195165

Touch 10 コントローラを使用し、お気に入りの連絡先を編集して、より簡単に連絡先を見つけることができます。 ディレクトリから連絡先をお気に入りとしてマークしている場合、その連絡先の名前を編集できます。ビデオ アドレスを [最近] リストからお気に入りとしてマークしている場合、連絡先を見つけやすくするために、そのアドレスを編集し、名前を追加することができます。

お気に入りの編集の詳細は、このページを参照してください。

クラスルーム シナリオ

リリース ID:会議室 OS 2018-11-06 c753a195165

Classroom モードではマクロを使用してルーム セットアップを調整し、シナリオのプレゼンテーションと指導に最適なものにします。 テンプレートを使用すると、ルームを簡単にセットアップ、保守、使用できます。 教室のセットアップは会議室のセットアップと同じように機能しますが、教室のセットアップの場合、3 つの画面は必要ありません。

利用できる製品:

  • Cisco Webex Codec Plus

  • Cisco Webex Codec Pro

  • Cisco Webex Room 55 Dual

  • Cisco Webex Room 70 G2

  • Cisco TelePresence SX80

詳細は、クラスルームの設定を管理する および 教室セットアップの使用 を参照してください。

パーソナル モードでデバイスを登録する

リリース ID:会議室 OS 2018-10-10 01dee0d1189

Cisco Webex 設定 を使用して、Cisco Webex Room デバイスまたはデスク デバイスのアクティベーションコードを作成して、パーソナル モードで登録することができるようになりました。 これで、使用するデバイスで通話や会議が直接利用できます。

パーソナル モードのデバイスは、Cisco Webex Teams アプリでは使用できません。 パーソナル モードの詳細については、このページを参照してください。

管理者および API アクセスの増加

リリース ID:会議室 OS 2018-10-10 01dee0d1189

デバイスの詳細設定で、管理者 ユーザーを作成できるようになりました。 管理者ユーザは、デバイスのローカル Web インターフェイスにログインして、SSH または HTTPS 経由で xAPI にアクセスすることができます。 デバイスのローカル Web インターフェイスに完全な管理者権限でログインすると、さらに多くの機能にアクセスすることができます。 デバイスの全機能の API が利用できるようになりました。 これにより、Webex 登録済みデバイスがオンプレミスの登録済みデバイスとほぼ同等となります。

Webex に登録されたデバイスに関連しない設定および xAPI コマンドもあります。将来的には、こういった設定およびコマンドは除外されます。 詳細は、詳細設定のページを参照してください。

現在利用可能な新機能:

  • コール制御(Call Control)

  • セットアップ

    • 設定: 管理者ロールを使用して、Webex 登録済みデバイスに関するすべての設定を構成できるようになりました。

    • ステータス: 管理者ロールを使用すると、Webex 登録済みデバイスに関するすべてのステータスを表示できるようになりました。

    • Peripherals

    • パーソナライゼーション: カスタム壁紙

    • お気に入り

  • セキュリティ

    • ローカルユーザ: 管理者ユーザを作成することができます。

    • サインイン バナー

  • メンテナンス

    • 診断

    • システム ログ

    • 通話記録

    • ユーザーインターフェイスのスクリーンショット

    • オプション キー

    • バックアップと復元

    • システム リカバリ:工場出荷時状態へのリセット

  • インテグレーション

    • マクロ エディタ: 機能プレビュー

    • 開発者 API(Developer API)

画面ステータスのリモート モニタリング(SX20、SX80)

リリース ID:会議室 OS 2018-09-24 54d650be5e9

Webex Room シリーズと SX10 で利用可能だった画面ステータスのリモートモニタリングは、SX20 と SX80 で利用可能になりました。 コーデックは、スタンバイモードの場合は画面を起動でき、コーデックがスタンバイ状態になったときに画面をスタンバイ状態にできます。 コール受信時に、入力ソースを自動的に変更することもできます。

CEC は、Codec ではデフォルトで無効となっており、詳細設定の Web インターフェイスでアクティブにしなければなりません(ビデオ出力コネクタ [1] CEC モード設定)。 スクリーンが CEC をサポートしている必要があります。またリモート モニタリングが機能するためには、画面で CEC が有効になっている必要があります。

ホワイトボードとマークアップ用の新しいツールバー

リリース ID:RoomOS 2018-07-12 9f2c038ae60

ホワイトボードとプレゼンテーションのマークアップ用のツールバーは更新され、より多くの色と、最後の手順を削除する「バック ボタン」が追加されました。

Cisco Webex Teams アプリからの接続および共有

リリース ID:RoomOS 2018/06/01 608dcdbb6e

Cisco Webex Teams の同じメニューで接続と共有のオプションを確認できるようになりました。 Webex ルームまたはデスク デバイスにアプリを接続するときに、画面を共有し、アプリを使用してデバイスを制御できます。 接続共有の詳細をご確認ください。

ルーム デバイスのホワイトボードおよび注釈の表示

リリース ID: RoomOS 2018-05-07 42d2ca18159

Webex Teams の会議に接続されている Room Kit, Room Kit Plus, Room 55 および Room 70 デバイスで, プレゼンテーションにホワイトボードおよび注釈を表示できるようになりました。 その他の Webex Room デバイスは, Webex Teams のアプリからそれらを表示するよう指示されます。

Cisco Spark の Cisco Webex への移行

リリース ID: RoomOS 2018-05-07 42d2ca18159

Cisco Spark は Cisco Webex と名前を変更し、Webex ルームおよびデスク デバイス上のソフトウェアは RoomOS(以前の Spark Room OS)と呼ばれるようになりました。

以下の製品は、新たな名称を得ます。

  • Cisco Spark Room Kit は Cisco Webex Room Kit

  • Cisco Spark Room Kit Plus は Cisco Webex Room Kit Plus

  • Cisco Spark Codec Plus は Cisco Webex Codec Plus

  • Cisco Spark Quad Cam は Cisco Webex クアッド カメラ

  • Cisco Spark Room 55 および 70 は Cisco Webex Room 55 および 70

  • Cisco DX80 は Cisco Webex DX80

DX70 および DX80 でのホワイトボード

リリース ID: RoomOS 2018-05-07 42d2ca18159

プレゼンテーションでホワイトボードおよび注釈を付けられるようになりました。

言語およびタイム ゾーンのメニューの更新

使用可能な言語とタイムゾーンをリストとして表示できるようになりました。

DX70 および DX80 でのセルフビューのミラー

DX70 および DX80 でセルフビュー イメージがミラーされるようになりました。

デバイスでの予定されている会議リスト

予約可能ルーム デバイスのスリープからの復帰画面に、予定されているミーティングリストが表示されるようになりました。

この機能は, ハイブリッド 予定表で有効になっているデバイスでのみ動作します。

通話中のノイズ抑制

この機能は, 誰も話していないときを認識する機械学習を使用して, 通話中の不要なノイズを減らします。 デバイスは, 音声ではないノイズがあることを検知すると, 音量を下げますが, 完全にオフにはしません。 ノイズがある状態で会議出席者が話し始めると, ゲインは戻り, 音声は通常どおり伝わります。 Cisco Webex Room シリーズの製品でノイズの抑制機能が使用できます。

着信コールの点滅画面

Cisco Spark ルームまたはデスク デバイスへの着信に聴覚障害者が気付きやすいように, コールが着信したときにデバイスの画面を点滅するように設定できます。

送信元の構成

送信元の構成を使用して, 1 つのイメージに最大 4 つの入力ソースを作成できます。 このイメージは, 通話中, 相手先にメイン ビデオ ストリームで送信されます。 送信元の構成は xAPI を介してのみ有効化できるので, 室内制御 UI を作成して, オンデマンドで構成を制御することをお勧めします。 作成できる入力ソースの数は, コーデックで使用可能な物理入力ソースによって異なります。

構成にサイドバイサイドとピクチャ イン ピクチャ(PiP)の 2 つのレイアウトがあります。 サイド バイ サイド レイアウトではメイン ビデオに最大 4 つのソースを利用することができますが, PiP では 2 つのソースに制限されます。 どのフレームにどのソースが表示されるかを決定することはできますが, フレーム位置やサイズを変更することはできません。 これらは作成するソースの数と選択したレイアウトに基づいています。

次の製品には適用されません:Cisco TelePresence SX10, Cisco DX70 および Cisco DX80。

Cisco Spark Room Kit、Room Kit Plus および Room 55 での USB からシリアル ポートのサポート

USB(タイプ A)からシリアル(D-SUB 9)へのアダプタを使用して、Cisco Spark Room Kit、Room Kit Plus および Room 55 をサードパーティのコントロール パネルに接続できます。 たとえば、Crestron パネルとのインテグレーションに使用できます。 ほとんどの USB からシリアルへのアダプタをこの目的で使用できますが、テスト済みで安定したシリアル接続の、UC232R-10 USB-RS232(FTDI)アダプタをお勧めします。

ユーザ インターフェイスへのカスタム プロンプトの設定

ユーザ インターフェイスには、カスタム テキスト、またはテキスト入力フィールドと送信ボタンを備えたプロンプトを追加できます。 たとえば、コールが終了した後でフィードバックを送信するかどうかをユーザにたずねることができます。 ユーザに求める入力のタイプ(1 行のテキスト、数値、パスワード、または PIN コード)を指定できます。 次のコマンドを使用して、API を使用したプロンプトをセットアップすることができます:xCommand UserInterface Message TextInput * API へのアクセスを取得するには、Integrator または RoomControl ユーザロールを設定する必要があります。 ユーザ ロールの詳細をご確認ください。

ルーム シリーズのホワイトボードへのスナップ

すべてのルーム デバイスで、ホワイトボードへのスナップ機能が使用できるようになりました。 ホワイトボードへのスナップ拡張機能を使用すると、ホワイトボードの横にいる人物が話しているときに、カメラがその人物とホワイトボードの両方を自動的にフレーム設定できます。 これにより、ルーム デバイスと同じ部屋に物理的なホワイトボードが存在する場合、相手先のエクスペリエンスが向上します。

この機能は、次のデバイスで動作します。

  • SpeakerTrack 搭載の MX700 および MX800

  • QuadCam または SpeakerTrack 60 搭載の SX80

  • Room Kit

  • QuadCam 搭載の Room Kit Plus

  • Room 55

  • Room 70

プロキシ サーバとルーム デバイスの接続

プロキシ経由で接続すると、Cisco Spark デバイスをインターネットに接続するときに、エンタープライズ セキュリティの標準を保持することができます。 CE9.2.1 以降のデバイスで、初回セットアップ時に HTTP プロキシを設定することができます。

Room 70 および Room 70 デュアルのサポート

Cisco Webex Room 70 は Spark Room OS でサポートされるようになりました。 Room 70 は、強力なコーデック, クワッド カメラ、および内蔵スピーカーとマイクを搭載した 70 インチのシングルまたはデュアル 4K ディスプレイを組み合わせたオールインワン型のデバイスで、最大 14 名まで収容可能な会議室に最適です。 中規模から大規模の会議室に、スピーカー トラッキングおよび自動フレーミング機能をもたらすカメラ テクノロジーを提供します。

ワンボタン機能(OBTP)でのミーティングへの参加

参加する時間に表示される大きな緑色のボタンを選択するだけで、ルーム デバイスからスケジュールされたミーティングに参加します。 押すことができる 1 つのボタンは、@spark 会議に使用します。 Microsoft Exchange、Office 365(または混在)および Google 予定表から会議のスケジュールを設定できます。 Cisco Control Hub 上の場所の OBTP を有効にして、ミーティングのスケジュールに使用します。

Room 55 HDCP サポート

ブルーレイ ビデオやセットトップ ボックスからのコンテンツなどの保護されたコンテンツを、ローカルのミーティングで Room 55 に表示できるようになりました。

キリル文字キーボード

リリース ID:Spark Room OS 2017/08/29 21aa5a9

キリル文字キーボードは、すべての Cisco Spark Room デバイス ユーザ インターフェイスで使用可能になりました。

Cisco Spark Room 55 のサポート

リリース ID:Spark Room OS 2017-08-17 7864f12

Cisco Webex Room 55 は Spark Room OS でサポートされるようになりました。 Room 55 は、4K 画面、低音スピーカー、そして音声専用のセンター スピーカーを内蔵したオールインワン型のルーム デバイスです。 ベスト オーバービュー、スピーカー トラッキング、Wi-Fi、向上したスリープ解除機能などにより、他の Cisco Spark Room シリーズに精通しているユーザに多彩なコラボレーション体験を提供します。

DX70/DX80 における画質の向上

リリース ID:Spark Room OS 2017-08-17 7864f12

DX70 および DX80 では画像アルゴリズムを修正し、品質を向上させました。 新しい自動露出および自動ホワイト バランス調整アルゴリズムを追加し、自動焦点アルゴリズムを高速化しました。

ワイヤレス ネットワークの WPA-EAP 認証フレームワークのサポート

リリース ID:Spark Room OS 2017-06-20 c142da8

DX70、DX80、Room Kit、および Codec Plus では、WPA-PSK と WPA2-PSK に加えて、Wi-Fi 接続用に WPA-EAP 認証フレームワークをサポートするようになりました。

次の方式がサポートされています。

  • Open

  • WPA-PSK(AES)

  • WPA2-PSK (AES)

  • WPA-EAP-PEAP

  • EAP-TLS

  • EAP-TTLS

  • [EAP-FAST]

  • PEAP

  • EAP-MSCHAPv2

  • EAP-GTC

Cisco Spark Room Kit Plus のサポート

リリース ID:Spark Room OS 2017-04-24 c9a2a7f

Cisco Spark Room Kit Plus は Spark Room OS でサポートされるようになりました。

Cisco Spark Room Kit のサポート

リリース ID:Spark Room OS 2017-03-21 625811a

Cisco Spark Room Kit は Spark Room OS でサポートされるようになりました。

詳細設定およびルーム内制御

リリース ID:Spark Room OS 2017-03-21 625811a

Cisco Spark Control Hub を使用して、次のような Cisco Spark Room デバイスの機能を設定します。

  • PresenterTrack 機能を使用すると、プレゼンタがステージ上を移動している間, カメラがプレゼンタを追跡します。 プレゼンタがステージを離れると、追跡は停止します。

  • ホワイトボードへのスナップ拡張機能を使用すると、ホワイトボードの横にいる人物が話しているときに、カメラがその人物とホワイトボードの両方をキャプチャできます。

  • ブリーフィング ルームのセットアップは、セットアップと管理を容易にし、教育、トレーニング、または同様の目的で部屋を使用できるように設計されています。

  • Touch 10 ユーザ インターフェイスをカスタマイズすれば、会議室の周辺機器(照明やブラインドなど)を制御できます。 これにより、制御システムの機能と Touch 10 の使いやすいユーザ インターフェイスの強力な組み合わせが利用できます。

  • AV 関連の構成の選択は、Cisco Spark に登録済みのルーム デバイスで使用可能になりました。

これらの設定の詳細については、以下の記事を参照してください。

更新されたユーザ インターフェイス

リリース ID:Spark Room OS 2017-03-21 625811a

Cisco Spark クライアントおよびデバイス間でより快適で連携されたエクスペリエンスを提供するために, ルーム デバイスのユーザ インターフェイスを更新しました。 主なアクティビティは、ホーム画面上でより目立つようになっています。

ルーム デバイスで PSTN 通話が使用可能

リリース ID:Spark Room OS 2017-01-24 9b5b594

ルーム デバイスで PSTN 通話の発信と受信ができます。 ルーム デバイスに拡張機能を割り当てることもできます。 PSTN 通話および拡張機能を使用するためには、Cisco Spark コール サービスが使用可能である必要があります。

詳細については、既存の場所への PSTN の追加 を参照してください。

アプリからのペアリング済みルーム デバイスの音量コントロール

リリース ID:Spark Room OS 2017-01-24 9b5b594

Cisco Spark アプリがルーム デバイスにペアリングされている場合、通話の音量をコントロールしたり、ルーム デバイスのマイクをミュートしたりできます。

Windows、Mac、iOS、Android で使用できます。

ルーム デバイスからの詳細レポート

リリース ID:Spark Room OS 2017-01-24 9b5b594

ルーム デバイスから、向上した詳細なレポートを入手できるようになりました。 レポートには、以下に関する情報が含まれます。

  • 最も使用されている

  • 最も使用されていない

  • デバイスの使用と利用

  • 合計通話時間

  • コール数

ルーム デバイスに関する詳細なレポートについては、管理ポータルから CSV ファイルをエクスポートできます。

デスク デバイス用のワイヤレス ネットワーク サポート

リリース ID:Spark Room OS 2016-12-07 ed1b9a5

DX70 および DX80 ルーム デバイスをホーム ワイヤレス ネットワークに接続できるようになりました。

ワイヤレス ネットワークへの接続の詳細については、「DX70 および DX80 でのワイヤレス ネットワークの使用」の項目を参照してください。

ネットワークを介した Touch 10 のペアリングのサポート

リリース ID:Spark Room OS 2016-12-07 ed1b9a5

Touch 10 は、ローカル ネットワーク経由でルーム デバイスに接続してから、Cisco Collaboration Cloud に登録されます。 これにより、Cisco Spark に登録済みの SX10 および SX20 ルーム デバイスで Touch コントローラを使用できるようになります。 これまでは、SX80、MX200 G2、MX300 G2、MX700 および MX800 ルーム デバイスの直接ペアリングでのみ Touch コントローラを使用できました。 Touch コントローラは、ルーム デバイスを Cisco Spark に登録する前にペアリングします。

ルーム デバイスへの Touch コントローラの接続方法の詳細については、Touch 10 のネットワーク(LAN)経由での接続 を参照してください。

Cisco Spark Media Service のサポート

リリース ID:Spark Room OS 2016-11-16 e93a35e

Cisco Spark Media Service は、使用可能なキャパシティがある場合、オンプレミスの参加者のために、ローカル メディア ノード内で Cisco Spark コールのメディアを保持します。 キャパシティの上限に達した場合、オーバーフロー分は自動的にクラウドに移行されます。 Media Service は、1 ロケーション内、および Cisco Spark コールのロケーション間の帯域幅内でメディアの品質を最適化するのに役立ちます。