2024年2月。

Control Hub での新しいワークスペースのエクスペリエンス

ワークスペースセクションを更新して、重要な情報をより表示できるようにしました。 割り当てられたカメラ、ディスプレイ、マイクなど、各ワークスペースの概要を一目で確認できるようになりました。 この新しい外観を体験するには、[ワークスペース] セクションの右上隅にあるトグルを使用します。

Control Hub の Workspaces UI を更新

ナビゲーション サイドバーをカスタマイズする

Webex アプリの左側のナビゲーション サイドバー をカスタマイズして、ユーザーが最も関連性の高いサービス、アプリ、Web サイトのショートカットを最大 6 つ表示したり、一部またはすべてを非表示にしたりできるようにします。 ユーザーが独自のナビゲーション メニューをカスタマイズできるようにすることもできます。

ミーティング ロビーのカスタマイズ

組織のミーティング ロビーを作成して管理するためのオプションを提供します。 ユーザーがミーティング ロビーをカスタマイズすることを許可することもできます。

詳細については、「Control Hub での Webex Meetings のコラボレーション制限」を参照してください。

Vidcast インテグレーション

Webex で Vidcasts の録画を有効にするオプションを提供します。 ユーザーは Webex 内で Vidcasts を簡単に録画して共有できます。 組織のアクセスを構成し、Webex インテグレーションを微調整し、データを管理し、ビデオ保持ポリシーを設定し、分類を定義し、字幕を翻訳する言語を選択することもできます。

現在、この機能は Windows プラットフォームでのみ利用できます。

2024年1月。

SCIM 2.0 プロビジョニング

グループ プロビジョニング API を修正し、SCIM 2.0 標準に準拠するようにしました。 これにより、サードパーティの ID プロバイダとの統合が改善されます。 これは、Webex でユーザーやグループを管理または同期するためにサードパーティのツールを使用している場合にも役立ちます。

連絡先を管理するための API

連絡先の管理に使用できるように、API を拡張しています。 連絡先を組織またはグループ レベルで管理できるほか、連絡先の作成、読み込み、更新、削除を一括で行うことができます。

この機能は、ユーザーを Webex に移行する場合に便利です。

まもなくリリースされる予定の機能に関する詳細を共有しています。 リリース日と機能自体を変更する可能性がありますのでご注意ください。 この記事を購読すると、変更が発生した場合に通知を受け取ることができます。

以下の機能の一部は、Cisco ベータ参加契約に同意し、ベータ プログラムに参加している場合に利用できます。

2024年3月。

透かしビデオと共有コンテンツ

ミーティング中に共有資料を不正に使用および配布することを防ぐために、ビデオとコンテンツを透かし表示するオプションを提供します。 認証されたユーザーには、透かしにメールのみが表示されます。 ミーティングに参加するゲストには、ユーザー名とメールの両方が表示されます。

2024年2月。

AI を使用してミーティングの概要を生成する

組織のミーティング録画の AI 生成テキスト要約を有効にするオプションを提供します。 この機能は、組織、グループ、またはユーザー レベルで有効にできます。 有効にすると、主催者はミーティングの概要を自動的に生成できます。

Control Hub でアプリ アクセスを管理する

モバイル、デスクトップ、または Web クライアントへのアクセスを許可または拒否する機能を提供します。 iOS、Android、Mac、Windows、Web クライアントなど、組織内のどのクライアントにアクセスできるかを指定できます。

ユーザーのサインインとサインアウトのアクティビティ ページ

Control Hub のセキュリティとコンプライアンスページで、ユーザーのサインインとサインアウトのアクティビティがより見やすくなります。 ユーザーが Webex アプリまたは Control Hub にサインインすると、新しいサインイン アクティビティ ページからいつでも確認できます。 最大 12 か月分のサインイン アクティビティを確認できます。 サインインとサインアウトのアクティビティを追跡するには、Pro Pack が必要です。

内部通信ブロックの改善

内部通信のブロックは、組織内に倫理の壁を作る必要があるときの機能です。 ブロックリストと許可リストを作成して、Webex を使用してチャットするグループとしないグループのコントロールを改善するオプションを提供します。

ファイルのプレビューとダウンロードをブロックするための個別のコントロール

組織のスペースでファイルのプレビューとダウンロードを個別にブロックするオプションを提供します。

廃止: Calendar Service と TelePresence Management Suite (TMS) の統合

2024年1月。

Cisco は、TMS の販売終了日とサービス終了日を発表しました。

また、クラウドベースのカレンダー サービスと TMS の統合も廃止します。 この統合のメリットは、Webex と TMS が管理するオンプレミス会議リソース間のミーティングのスケジューリングを簡素化することです。

レポート API のデフォルトのファイル形式への変更

2024年1月。

現在、Reports APIを使用してControl Hubレポートをダウンロードすると、CSVファイル形式がデフォルトになります。 2023 年 12 月 31 日から、CSV ファイルはダウンロード可能になる前に zip 圧縮されます。 2024 年 1 月 31 日までに、解凍された CSV ファイルのダウンロードはサポートされなくなります。

2024 年 1 月 31 日以前に設定することで、ZIP ファイル形式でレポートのダウンロードを開始できます。 zipEnable=true この変化に備えるために。 例:

https://reportdownload-a.webex.com/api?reportId=Y2lzY29zcGFyazovL3VzL1JFUE9SVC82YWZiZTg0MTY4OTU0MTA0OThiYTcyZGM4N2FlODE2Yg&zipEnable=true

また、 zipEnable=false 2024 年 1 月 31 日まで、CSV ファイル形式でファイルをダウンロードします。 2024年1月31日以降、 zipEnable=false フラグは無視され、すべてのレポートはZIPファイル形式でのみダウンロードされます。

2023年11月。

ビデオや共有コンテンツに音声透かしを追加して、ミーティングのセキュリティを強化する

ミーティング録画に音声透かしを追加することができ、Control Hub で音声録画を分析し、ミーティングを録画したソース クライアントまたはデバイスを確認できます。

Webex スイート ミーティングの KMS 暗号化ミーティング コンテンツとデータ レジデンシー

Webex は、Webex キー管理サービス (KMS) と Webex エンドツーエンド暗号化を使用して、ユーザーが生成したコンテンツを保護する、Webex スイート ミーティングの新しいセキュリティ アーキテクチャ を提供します。

カスタム属性が利用できるようになりました

Control Hubでカスタム属性を作成して、ユーザーを分類し、簡単にフィルタリングできる方法で情報を保存できるようになりました。

Partner Hub のリソースとヘルプセクションが利用可能になりました

[リソース&ヘルプ]セクションは、Partner Hubに関する情報や関連情報を検索できるワンストップショップです。 このセクションでは、クイックリンク、ハイライトされたリソース、およびパートナーコンテンツを簡単に検索する場所について説明します。

Partner Hub のリソースとヘルプページ
2023 年 9 月

独自のAWS KMSキーを持参

AWS Key Management Service (KMS) で独自のメイン キーを管理できるようになりました。 メインキーの代わりに AWS KMS キー ID を Webex に提供します。 これは、Webex が AWS コンソールを通じて AWS KMS キーを使用して暗号化および復号化することを許可することを意味します。 この機能により、ユーザーがメイン キーのライフサイクルを管理できるようにし、Webex がコンテンツを復号するのを防止できるようになります。

詳細については、「独自の顧客メインキーの管理」を参照してください。

ウェビナーを 30 日間無料で試す

フル管理者は、ユーザー向けの Webex Webinars の 30 日間の無料トライアルを開始および管理できます。 ユーザーは無料トライアル中に最大 5000 人の参加者に対して無制限のウェビナーを実施できます。

2023 年 7 月

コーチとしての Control Hub

新しい Webex 顧客の場合、Control Hub は組織の環境の設定、導入状況と傾向の確認、環境のセキュリティ強化をガイドします。

詳細については、「Control Hub で組織をセットアップする」を参照してください。

Control Hub でコラボレーション制限を使用してユーザーのエクスペリエンスを管理する

ビデオ メッシュ対応のミーティング プラットフォームで、ポリシーを簡単に設定できるようになりました。 これにより、外部または内部のミーティングに参加する際のユーザーのエクスペリエンスを組織、グループ、ユーザーのレベルで管理できます。

ユーザーに対して次のコラボレーション制限を設定できます。

  • 内部ユーザーの外部ミーティングへの参加、外部ユーザーの内部ミーティングへの参加をブロックする参加ポリシー。 すべてのサイトまたは特定のサイトに制限を適用できます。 また、内部設定はすべてのミーティングに適用することも、パーソナル会議室のミーティングにのみ適用することもできます。

  • デスクトップ共有、アプリ共有、カメラ共有、リモート デスクトップ コントロール、クラウド録画、ローカル録画、Webex Assistant、字幕、ホワイトボード、注釈、ファイル共有、VoIP、テレフォニー、チャット、ファイル転送、ビデオ (HQV(360P) および HDV(720P))、参加者リスト、プレゼンタの引き受けなど、コンプライアンス機能に関するミーティング中の制限。

  • ミーティング ポリシーを適用し、BYOD (私物デバイスの持ち込み) を防止する組織のデバイスのレジストリ キーまたはトークン。

  • サインインおよび仮想背景を強制する強制ポリシー。

詳細については、「設定テンプレートの設定」と「Control Hub での Webex Meetings のコラボレーション制限」を参照してください。

2023 年 6 月
ロケーションでの委任管理

フル管理者は、ロケーション内の特定のサービスの管理を委任できます。

ロケーション管理者は、Control Hub の制限されたビューを確認し、指定されたロケーションにあるサービスやデバイスの特定の機能を設定できます。

2023 年 5 月

複数の ID プロバイダによるユーザー認証

組織で複数の ID プロバイダ (IdP) を設定してユーザー認証をするオプションが提供されます。 ドメインまたはユーザーグループのルーティング ルールを作成できます。 このオプションは、合併や買収された組織、あるいは教育機関や政府機関内などの分散した組織で役に立ちます。

この機能は、SAML、Open ID Connect、Webex Identity ベースの IdP をサポートしており、Webex Extended Security Pack を使用している組織でのみ利用できます。

教育用の定義済み設定テンプレート

業種として教育を選択した場合は、学生または教師用のカスタム設定付きの定義済みのテンプレートを利用できます。

コーチとしての Control Hub

Webex を初めて使用するお客様は、Control Hub で提供される使用環境のセットアップ ガイドに従うことで、ユーザーに最高のエクスペリエンスを提供できます。 環境のセットアップを完了すると、Webex のユーザーへの導入がどの程度進んでいるかを確認できるほか、セキュリティを整える手順を確認できます。

ミーティングを録画せずに音声テキストを保存する

ミーティング参加者が、ミーティング中にミーティングを録画せずに音声テキストを保存できるようにします。

Control Hub での設定の上書き

管理者はミーティング設定の上書きを有効にし、既存の設定テンプレートを使用して特定の主催者にミーティング ポリシーを適用できます。 つまり、主催者がミーティングを開始すると、すべての参加者は自分のポリシーではなく、主催者のポリシーに従います。 この機能は、内部ミーティングにのみ適用されます。

詳細については、「設定テンプレートの設定」と「Control Hub での Webex Meetings のコラボレーション制限」を参照してください。

自分のキーを使用

自分の顧客メイン キーを管理できるようになりました。 この機能により、ユーザーがメイン キーのライフサイクルを管理できるようにし、Webex がコンテンツを復号するのを防止できるようになります。

2023 年 4 月
セキュリティのために音声透かしを追加する

「Webex Meetings Pro-End to End E VOIPOnly」セッション タイプを使用して、ミーティングの録画に透かしを追加できます。これにより、外部と録画を共有したユーザーを識別できます。ncryption_

2023 年 3 月

ミーティング後にミーティング中のチャットを保存または消去する

ミーティング中のチャットがオンになっている場合、ミーティング後にチャットを自動的に保存するか消去するかを選択できます。

ユーザーのサインイン ログとサインアウト ログ

管理者はすべての Webex アプリケーションにおいて、ユーザーのサインインおよびサインアウトのログを取得できます。 フル管理者は、API を介してこれらのログを利用できます。

更新コントロール - Windows および Mac

Webex アプリのデスクトップアプリのアップデート コントロールは、メッセージングから組織設定に移動しました。

管理者は Control Hub で、展開更新モデルを次の 2 種類から選択できるようになりました。

  • 最も遅い周期 - 既定のオプション

  • 遅い周期 - 4 か月のリリース サイクル

この選択肢により、組織全体での展開を効率的にコントロールできます。

管理者は、最大 2 週間の範囲内で、組織全体のアップデート日時を延期することもできます。

Partner Hub の更新された UI

[顧客] および [顧客の詳細] ページが更新されました。 また、フィルタとステータス アラートも追加されたため、直ちに対応が必要な顧客を簡単にフォローできます。

MS365 のグループと Webex のチームとの連携が強化されました

オンプレミスの Active Directory からユーザーを同期する場合に、この機能を使用できるようになりました。 以前は、Azure AD から直接ユーザーを同期する場合にのみ可能でした。

Azure AD と AD オンプレミスの両方を使用している場合、特に Directory Connector を使用してユーザーを AD から Webex に同期している場合、これは組織にとってメリットとなります。

Microsoft 365 のグループと Webex のチームを統合する方法、および Webex アプリのユーザーが Microsoft 365 グループをチームに紐付ける方法を参照してください。

ヘルプ デスクの更新

ヘルプ デスクの UX が改善され、パートナーが利用できるようになりました。

詳細は、「パートナー向け Webex Control Hub ヘルプ デスク」を参照してください。

2023 年 2 月

Control Hub のロケーション

ロケーションを使用することで、物理ロケーションに基づいてユーザーとルームを整理できます。 お客様は通話とルームの管理機能を 1 つのロケーションで設定できます。 詳細については、「Control Hub のロケーション」を参照してください。

新しいコンテンツ管理者のロール

管理者は、コンテンツ管理者のロールをユーザーに割り当てられるようになります。 コンテンツ管理者は、サイト管理者よりも権限が拡張されています。 コンテンツ管理者はサイトの設定を管理できるほか、録画や音声テキストなどのミーティング アーティファクト データにアクセスできます。 特定のサイトのサイト管理者とコンテンツ管理者をユーザーに割り当てることもできます。 これは、組織が複数のサイトを所有しており、各サイトに管理者を割り当てる場合に便利です。

詳細については、「Control Hub での組織アカウント ロールの割り当て」を参照してください。

仮想背景を強制

ユーザーがビデオをオンにするために、仮想背景を持つことを要求できます。 詳細については、[設定テンプレートの構成][一般テンプレートの管理] セクションを参照してください。

2023 年 1 月

Cisco Room Navigator の永続ウェブ アプリ

Control Hub から Room Navigator の永続ウェブ アプリを設定できるようになりました。 Room Navigator でサードパーティ Webアプリケーションを実行すると、会社のカスタム ソリューションを統合して部屋の予約を管理したり、ワークスペースのガイドラインや情報を伝えたりできます。 選択したアプリは、RoomOS ユーザーインターフェイスに代わって画面全体に表示され、エンド ユーザーがアプリを消すことはできません。

詳細については、「Room Navigator の永続ウェブ アプリを設定する」を参照してください。

埋め込みアプリを推奨する

Control Hub 管理者は、最大 3 つの埋め込みアプリに推奨のタグを設定できます。 推奨されるアプリは、Webex の [あなたへの提案] セクションに表示されます。 詳細については、「Webex の埋め込みアプリ」を参照してください。

グループ管理

Active Directory または Azure からグループを同期することなく、Control Hub でグループを作成し、メンバーを追加できるようになりました。 詳細については、「グループ管理」を参照してください。

Active Directory から同期された Webex ユーザーを完全に削除する

Active Directory のユーザーを削除したら、Control Hub でそのユーザーをただちに削除できます。 つまり、7 日間の安全期間が終了するのを待つことなく、未使用のライセンスを解放できます。 「Control Hub で組織からユーザーを削除する」を参照してください。

2022 年 12 月

Webex アプリでユーザーに表示されるカスタム ショートカットにカスタム アイコンを追加する

Webex アプリのナビゲーション メニューで、定義済みのアイコンを追加するか、カスタム ショートカットのカスタム アイコンをアップロードできます。 詳細については、「Webex アプリでユーザーに表示するカスタム ショートカットを管理する」を参照してください。

ハイブリッド カレンダーは現在、Google カレンダー ルームのみにアクセス可能

Webex Room デバイスを使用するお客様は、ハイブリッド カレンダーを承認して、Google カレンダーのルームにのみアクセスできるようになりました。 これにより、Webex は会議室のカレンダーにのみアクセスでき、ユーザーのカレンダーにはアクセスできなくなります。 詳細については、「ハイブリッド カレンダーの導入ガイド」を参照してください。

監査ログ フィルター

Control Hub で表示される管理アクティビティのログにフィルターが追加されました。 新しいフィルターを使用すると、検索結果を特定のイベント カテゴリに絞り込むことができます。

詳細については、「Control Hub の管理者アクティビティ ログを確認する」を参照してください。

主催者アカウントのセルフ サインアップ

Control Hub の管理サイトで主催者アカウントをセルフ サインアップできるようになりました。 Control Hub アラート センターの下の [リクエスト] タブで、セルフ サインアップのリクエストを承認または却下できます。

2022 年 11 月 29 日

Control Hub での Board、Desk、Room シリーズのマクロ管理

マクロを使用すると、デバイスに新しいワークフローと機能をプログラムすることで、カスタマイズされた革新的なルーム内エクスペリエンスを作り出すことができます。

トラブルシューティングと管理のためのインターフェイスが改善され、Control Hub からマクロを一度に 1 つのデバイスにプロビジョニングできるようになりました。 これは機能の最初のフェーズであり、今後のフェーズではデバイス グループへの一括プロビジョニングがサポートされる予定です。

マクロとユーザ インターフェイス拡張機能の設定」をご覧ください。

ルームから Control Hub ワークスペースへのディレクトリ同期

ディレクトリのルームをインポートし、Control Hub 内ですべてのワークスペースを大規模に自動作成できるようになりました。

Control Hub のワークスペースからのディレクトリ同期」をご覧ください。

アラート センターのデバイス アラート

アラート センターでデバイス アラートを作成することで、デバイス管理ワークフローが改善されます。 複数のアラート配信チャネルから選択できます。

Control Hub のデバイス アラート」をご覧ください。

2022 年 11 月 25 日

パーソナル会議室ミーティングの新しいロビー操作

[サイトの管理] のパーソナル会議室のセキュリティ設定でセキュリティが強化されました。 ゲスト ユーザーが未確認ユーザー確認済み外部ユーザーに分類されるようになりました。 ユーザー グループごとに個別のロビー コントロールが可能になりました。 次のオプションがあります。 [ミーティングに参加できる][主催者が許可するまでロビーで待機する][ミーティングに参加できない]

未確認ユーザーと確認済み外部ユーザーを区別することで、管理者は未確認ユーザーに対してより厳格なミーティング参加操作を適用し、ミーティングのセキュリティを強化できます。 たとえば、未確認ユーザーはミーティングに参加できないが、確認済み外部ユーザーはロビーに配置される、または未確認ユーザーはロビーに配置されるが、確認済み外部ユーザーは直接ミーティングに参加できるなどのように設定できます。

詳細については、「Webex で安全なミーティングを行うためのベスト プラクティス: サイトの管理」を参照してください。

2022 年 11 月 22 日

外部通信のブロックリスト コントロール

ブロックリストを追加することで、外部通信制限を強化しました。 これにより、ブロックリストに登録されていないドメインとのユーザーの通信が暗黙的に許可されるため、より許容性を高めることができます。

新しいブロックリストでどのグループを対象にするか、または除外するかを設定することもできます。 「Webex アプリ スペースで外部のユーザーとのメッセージ送信を制御する」を参照してください。

外部通信を制限するための新しい Control Hub インターフェイス

上に示したように、この機能の柔軟性に新しく対応するために Control Hub ページを変更する必要がありました。 お客様の設定を維持したまま新しいインターフェイスに合わせて調整したため、以前の動作に満足していた場合は何も変更する必要はありません。

外部通信を制限するための古い Control Hub インターフェイス
2022 年 11 月 15 日

Personal Insights のアクセス制御が一般設定テンプレートでサポートされるようになりました

一般設定テンプレートを使用して Personal Insights のアクセス制御を管理できるようになりました。 詳細については、「設定テンプレートの構成」を参照してください。

2022 年 10 月 31 日

Azure Active Directory ウィザード アプリの強化

Azure Active Directory ウィザード アプリを更新して、お客様が Azure Active Directory からグループを簡単に同期できるようにします。 Azure AD の同期とは別に、オンデマンドでユーザープロビジョニングを行い、結果を即座に確認することもできるようになります。 これは、セットアップ中の問題をトラブルシューティングする場合に役立ちます。

「Control Hub で Azure AD ウィザード アプリをセットアップする」を参照してください。

Control Hub で管理されるミーティング サイトで Webex Meetings のライセンスを持つ外部ユーザー

組織外のユーザーに対して、主催者または出席者の Webex Meetings ライセンスを付与できるようになります。

ライセンスを付与すると、ライセンスの受け取りに関する招待メールが外部ユーザーに送信されます。 ユーザーが 15 日以内にライセンスを受け取ると、そのユーザーは Control Hub が管理するサイトでミーティングを主催したり、ミーティングに参加したりできます。 また、[ユーザー] ページの新しいタブには外部ユーザーが表示されます。

詳細については、ユーザーの管理に関する記事を参照してください。

この機能は、Webex 管理での Webex Meetings サイトの管理に慣れている Control Hub 管理者を支援するものです。これは、2 つの管理ポータルでライセンス方法と認証が異なるためです。 「Webex Meetings サイト管理をサイトの管理から Control Hub に更新する」を参照してください。

外部ユーザーへのライセンス付与をブロックする

自社組織のユーザーに他の組織が Webex Meetings ライセンスを割り当て、外部ユーザーとして Webex サイトに追加できます。 これをブロックできる設定を追加して、自社組織のユーザーが組織内でのみミーティングを行えるようにしました。

この設定は、サイト管理から管理される Webex Meeting サイトのユーザーによるライセンスの取得を妨げるものではありません。

Control Hub で外部組織によるライセンスの付与を無効にする」を参照してください。

2022 年 10 月 25 日

新しい Webex Meetings のサイトは、Control Hub からのみプロビジョニングできるようになりました。

新しい Webex Meetings サイトをプロビジョニングするときに、管理者がサイト管理のユーザー管理を選択できなくなりました。

ビデオ メッシュ モニタリング ツールのテスト強化

ビデオ メッシュ モニタリング ツールでは、オンデマンドのテストを実行するノードやクラスタを指定できます。 詳細については、『ビデオ メッシュの監視ツール』を参照してください。

2022/10/4

新しいサイトは Control Hub でのみプロビジョニング可能

新しいサイトをプロビジョニングするときに、管理者がサイト管理のユーザー管理を選択できなくなりました。

2022 年 9 月 12 日月曜日

Control Hub の Vidcast テンプレート

ユーザーとグループの両方のレベルで Vidcast のアクセス制御を管理できるようになりました。 これらのコントロールは各ユーザーの詳細ページに表示されます。新しい [サービス] > [Vidcast] ページでグループのテンプレートを作成することもできます。

これらのアクセス コントロールにより、Vidcast にアクセスできるユーザー、Vidcast を記録できるユーザー、Webex Meeting 録画を Vidcast にアップロードできるユーザーを決定できます。

Vidcast の概要をご覧ください。

2022 年 9 月 6 日火曜日

有料の Webex のお客様に、Basic Meetings を利用いただけるようになりました

サブスクリプションのタイプにかかわらず、すべての組織が無料の Basic Meetings を利用して、すべてのユーザーが簡単にコラボレーションできるようになりました。 有料の Webex のお客様は、Control Hub でユーザーに Basic Meetings のライセンスを付与し、管理者がユーザーを管理できます。

[新しいオファー] ページの Basic Meetings

Basic Meetings の詳細についてはこちらを参照してください。

2022 年 8 月 2 日火曜日

Control Hub でのグローバル検索

Control Hub インターフェイスの上部に検索フィールドが追加されます。 3 文字以上入力してボタンを押すだけで検索を実行できます。 これにより、特定のユーザー、グループ、デバイス、ワークスペースを探す時間が短縮されます。 これを使えば、日常的には操作しない設定を見つけることもできます。

詳細については、「Control Hub のグローバル検索」を参照してください。

ユーザーとそのトラッキング コードの追加

Control Hub に手動でユーザーを追加する操作が強化されます。 ユーザーを手動で追加する際にユーザーにトラッキングコードを割り当てるオプションも提供され、ユーザーの詳細ページにトラッキングコードが表示されるようになります。 これらの機能強化により、ユーザーの追加とユーザーのトラッキングコードを簡単に管理できるようになります。

詳細については、Control Hub にユーザーを追加する方法トラッキングコードに関する記事を参照してください。

2022 年 7 月 11 日月曜日

内部ユーザーによる外部ユーザーとのファイル共有を防止

内部ユーザーが、外部ユーザーおよび外部組織の所有するグループ スペースとの 1 対 1 のダイレクト メッセージでファイルを共有することを禁止できるようになりました。 これをするには、内部ユーザーのファイルのアップロード権限とダウンロード (プレビュー) 権限を個別にブロックします。 デフォルトでは、内部ユーザーは外部ユーザーとの 1 対 1 のダイレクト メッセージでも、外部組織が所有するグループ スペースでもファイルを共有できます。 この機能は組織レベルでのみサポートされています。

詳細については、ユーザーによるファイル共有の防止に関する記事を参照してください。

2022 年 7 月 6 日

内部コミュニケーションをブロック

この機能は、組織内のユーザー間でのチャットを防ぐことが要求される規制を順守するのに役立ちます。 組織は通常、従業員間の会話で発生する可能性がある利益相反や法律違反 (インサイダー取引など) を防ぐために、Ethical Wall を利用します。

これは、Cisco のメッセージング プラットフォームで規制ポリシー要件 (FINRA 2241 など) を満たすための機能です。

また、使用するタイミングでポリシーを適用できるため (発生する前に違反を特定してブロック)、コンプライアンス違反のリスクを減らすことができます。

組織内のグループ間のコミュニケーションを制限する最大 5 つのポリシーを使用することでこれを実現しています。 各ポリシーで、1 つのグループを「壁の内側」に配置し、最大 4 つのグループを「壁の外側」に配置します。

適用されると、ポリシーによって管理されているグループ内のユーザーは、お互いをスペースに招待したり、「壁を超えて」会話を開始したりすることはできません。 制限されていないグループのユーザーとは引き続きやり取りできます。


 
この機能は、Active Directory からのグループの同期に基づいています。

詳細については、「組織の Webex アプリ スペースでの内部コミュニケーションをブロックする」を参照してください。

グループ用設定テンプレート

設定テンプレートを使用して、グループを介してサービス設定を一括管理できるようになりました。 設定テンプレートを使用することで、メッセージング、ミーティング、通話などのサービスごとに管理者がポリシーを作成し、それをユーザーのグループに適用できます。 設定テンプレートによりユーザー エクスペリエンスが簡素化され、管理者がユーザーを臨機応変に管理できます。

ミーティング テンプレートの作成方法に関する UI が表示されている画像

詳細については、「設定テンプレートの構成」を参照してください。

2011 年 7 月 1 日

CCUC を通じてユーザーと組織の連絡先を Webex に同期

UCM または LDAP から同期するユーザーおよび組織の連絡先が、直接 Webex に同期されるようになります。

これにより、ユーザー検索や連絡先の検索がシームレスになり、既存のツールでは提供されなかった、ディレクトリから連絡先を同期する際のギャップを埋めることができます。

詳細については、「ユーザーと組織の連絡先を同期する」を参照してください。

2022 年 6 月 30 日

パートナー ハブのパートナー読み取り専用ロール

パートナー ハブでユーザーをパートナー読み取り専用管理者として割り当てることができるようになりました。 パートナー読み取り専用管理者は、パートナーが管理するすべての顧客を表示できますが、顧客の組織で編集アクセス権をもつことはありません。

また、販売フル管理者と販売管理者は、パートナー フル管理者とパートナー管理者にそれぞれ名前が変更されました。

詳細については、パートナー ハブでの管理者ロールの割り当てに関する記事を参照してください。

2022 年 5 月 19 日

ユーザーごとのライセンスを編集する際の UI、および自動ライセンス割り当てテンプレートの UI を更新

自動ライセンス割り当てテンプレートとユーザーのライセンス割り当てのライセンス編集ウィンドウの UI が更新されました。 ライセンスはサービスごとに分類され、レイアウトがよりシンプルになりました。

個々のユーザーの古いライセンス編集画面から更新された UX への変更を示した画像 自動ライセンス割り当てテンプレートの古いライセンス編集画面から更新された UX への変更を示した画像
2022 年 5 月 4 日

管理者が実施されなくなったミーティングを検索して削除できるようになりました

主催者はミーティングをスケジュールできますが、何らかの理由で、自分でミーティングを削除できない場合があります。 たとえば、主催者が退職した場合は、管理者がミーティングを探し出して削除する必要があります。

Control Hub で、管理者が主催者ユーザー名またはミーティング番号でスケジュールされたミーティングを検索し、削除できるようになりました。

詳細については、「Control Hub を使用してミーティングやウェビナーを検索し、削除する」を参照してください。

2022 年 4 月 26 日

グループ プロビジョニング API

パブリック Webex Identity API にグループが追加されます。 これにより、プログラムによってグループを作成、更新、削除したり、グループのメンバーシップを変更したりできます。

この機能により、以前は Active Directory 同期でのみ可能だったグループの機能を利用できるようになります。たとえば、Control Hub で テンプレートを使ってグループにライセンスを割り当てることができます。 グループ API は https://webexapis.com/v1/groups です。

新しい API コールの詳細は https://developer.webex.com/docs/api/v1/groups で確認できます。


 
この API では、AD と同期されたグループを変更することはできません。 また、AD の同期では、API により作成されたグループを変更することはできません。
2022 年 4 月 21 日

自動ライセンス割り当ての改善

ライセンス割り当てが改善され、ユーザーへのライセンスの付与をよりきめ細かく管理できるようになりました。

  • 組織またはグループにすでに存在しているユーザーにライセンス割り当ての変更を適用できます。

    以前は、ライセンス割り当ての変更がグループまたは組織の将来のメンバーにのみ影響していました。

    割り当てが以前と同様に将来のユーザーにのみ影響するか、将来と既存のユーザーの両方に影響するかを選択できるようになりました。

  • グループ メンバーシップを変更した場合、ユーザーのライセンスへの処理方法を選択できます。

    以前は、ユーザーがグループを変更すると、常にそのライセンスも引き継がれていました。

    現在は、古いグループによって割り当てられたライセンスをユーザーが失うか、新しいグループに移動するときにそれらのライセンスを保持するかを選択できます。 どちらの場合も、新しいグループのメンバーシップによって割り当てられたライセンスを取得します。

詳細については、「Control Hub で自動ライセンス割り当てをセットアップする」を参照してください。

Control Hub からデバイス コマンドを実行

単一のデバイスに対して xAPI コマンドを Control Hub から直接実行できます。 コマンドは、スタンバイ モードへの移行や、新しいユーザー パスフレーズの設定などのアクションを実行するようにデバイスに指示します。 アクセス権限、セキュリティ、またはプライバシーによる制限がない場合、Control Hub はこれらのコマンドを実行するためのユーザー インターフェイスを提供します。

詳細については、「Control Hub からコマンドを起動する」を参照してください。

通話動作設定

Control Hub の通話動作設定が更新され、通話サービス ライセンスの割り当てとの連携が強化されました。 この機能により、ユーザーを Control Hub にオンボードするための、API を通じた発信動作が合理化されます。

詳細については、「通話動作と発信エンタイトルメントの割り当て」を参照してください。

2022 年 4 月 6 日

エンタープライズ コンテンツ管理によるファイル共有のデフォルト権限

Webex for Government ではこの機能を利用できません。

リンクされたエンタープライズ コンテンツ管理プラットフォームでユーザーがコンテンツを共有するデフォルトの方法をコントロールできるようになりました。

コンテンツ管理設定が一元化されたため、Webex、Google ドライブ、Microsoft、Box のストレージ設定を 1 か所で管理できます。

[設定の編集] オプションが表示されている Control Hub のコンテンツ管理設定

サードパーティのコンテンツ管理オプションでは、デフォルトの権限を選択できます。

たとえば、Box と統合している場合、共有するユーザーのデフォルトの権限を以下のように設定できます: 全員組織内のユーザー既存のアクセス権を持つユーザー

ユーザーによるファイルの編集を許可したり、編集できないようにしたりする、選択された権限のコントロールもあります。

詳細については、Control Hub でのエンタープライズ コンテンツ管理に関する記事を参照してください。

スクリーンキャプチャ ストレージのオーバーライド

他のファイルに対し Webex ストレージを無効にする場合に備えて、スクリーンショットのフォールバック オプションが追加されました。

ユーザーがスクリーンショットをまとめて共有できないようにすることができます。 スクリーンショットを有効にすると、スクリーンショットの保存場所を選択するオプションが表示されます。

  • 選択したコンテンツ プラットフォームのために Webex ストレージを無効にした場合でも、Webex ストレージにスクリーンショットを保存できます。

    これは、スクリーンショットが共有されているスペースがコンテンツ システム内のフォルダーにリンクされていない場合のフォールバック オプションです。 その場合、スクリーンショットは Webex に保存されます。

  • このオプションをブロックすることもできます。ブロックすると、スペースがコンテンツ システムにリンクされていない場合、スクリーンショットは保存されません。

詳細については、Control Hub でのエンタープライズ コンテンツ管理に関する記事を参照してください。

2022 年 4 月 5 日

特定のタイプのファイル共有をコントロールする

ユーザーが共有できるファイル タイプをコントロールできるようにすることで、ファイル共有の制限を強化しました。 このコントロールを組織レベル (グループではなく) に適用できます。

ファイル タイプをコントロールしない場合、デフォルトでは、すべてのタイプのファイルをユーザーがアップロードおよびダウンロードできます。

この新機能の詳細については、「ユーザーによるファイル共有を防ぐ」を参照してください。

Giphy インテグレーションのコンテンツ レーティング

Giphy コンテンツに対するポリシー コントロールを追加しました。 以下の Giphy コンテンツの 2 つのレベルから選択できます。

  • G (一般的に受け入れられている) がデフォルトで、PG (またはそれ以上) のコンテンツ レーティングのすべてのコンテンツが制限されます。

  • PG (保護者の指導) には、一般的に受け入れられているコンテンツと PG コンテンツが含まれますが、Giphy レーティングが高いコンテンツは制限されます。

Webex アプリの GIPHY インテグレーション」と「GIPHY コンテンツ レーティング」(GIPHY サポート サイト内) を参照してください。

2022 年 3 月 31 日 - Webex for Government の更新

Webex アプリのミーティングカレンダーからミーティングをスケジュールする

この機能は「Webex アプリ スケジューラ」とも呼ばれています。 Webex アプリ内からミーティングを簡単にスケジュールできます。 「Webex アプリ | ミーティングカレンダーからミーティングをスケジュールする」を参照してください

ウェビナーでの従来の投票

Webex for Government のミーティング サイトで主催者するウェビナーで投票を使用できるようになりました。 投票を使用して情報を収集し、ウェビナーをよりインタラクティブなものにすることができます。 ウェブキャスト ビューのウェビナーでの投票の管理に関する記事を参照してください。


 
これは「従来の」Webex 投票です。 Webex for Government では Slido インテグレーションがサポートされていません。
2022 年 3 月 28 日

Control Hub にデバイス ステータスを表示する

Control Hub で、特定のデバイスから直接、ステータス値を検索、リスト、表示できるようになりました。 ステータス値は、接続通話、接続入力、出力ソースなど、デバイスの現在の状態を示します。

詳細については、「Control Hub のデバイス ステータスを表示する」を参照してください。

2022 年 3 月 24 日

Control Hub が管理するミーティング サイトの仮想背景を管理する

Control Hub ミーティング サイトの仮想背景が一元化されました。 これにより、すべてのサイトで以下を選択できます。

  • 背景のぼかしを有効にする。

  • ユーザーが Webex のデフォルト背景を適用できるようにする。

  • 「公式」背景からの選択をユーザーに強制する (最大で 10 個までアップロード可能)。

  • ユーザーが自分で選択した背景をアップロードすることを許可する。

特定のサイトの一元ポリシーをオーバーライドできます。

詳細については、「Webex アプリ ユーザー向けに仮想背景を設定する」を参照してください。

2022 年 3 月 11 日

Webex for Government で字幕と音声テキストの使用が可能に

字幕

要望の多かったこの機能により、ミーティング中に字幕がリアルタイムで表示されるようになります。 Webex for Government 環境の字幕には以下のスコープが適用されます。

  • Webex のミーティングとウェビナーで利用できます。 「Webex のミーティングまたはウェビナー中に自動字幕を表示または非表示にする」を参照してください。
  • ミーティングサイトは 41.7 以降である必要があります。
  • デバイスの OS は Room OS 10.11.1 以降である必要があります。
  • すべてのミーティング出席者 (ゲストを含む) がワンクリックで字幕を有効化できます。
  • ユーザーは字幕をミーティングに重ねて表示するか、サイドパネルに表示するかを選択できます。
  • 英語の音声から英語のテキストのみが対象です。

文字起こし

録画したミーティングに完全な音声テキストを添付するかどうかをコントロールできます。 「Webex Meetings、Webex Webinars、Webex Events (クラシック) で録画の音声テキストを有効にする」を参照してください。

録画に関連付けられた音声テキストがある場合、ユーザーには音声テキスト ビューアーが表示されます。 文字起こしされたテキストをクリックすると、録画されたミーティングの対応する音声セグメントに移動できます。 録画とは別に、完全な音声テキストだけをダウンロードすることもできます。

2022 年 3 月 7 日

名前とアバターの変更を制限する

規制またはポリシー上の理由により、ユーザーが ID を隠すことを防ぐため、この機能を追加しました。 ユーザーが不適切な名前とアバターを使用して意図的にミーティングを妨げる可能性もあります。 以前、このレベルの制限は、Active Directory からユーザーを同期した場合にのみ可能でした。

ユーザーが各自のプロファイルでこれらの属性を変更できないようにできます。

  • プロファイル画像 (アバター)

  • 表示名

詳細については、「ユーザーがミーティングのプロファイル フィールドを変更することを許可する」を参照してください。

2022 年 3 月 3 日

Webex for Government のドキュメントの改善

Webex for Government の記事を収集するため、ヘルプ センターに専用ページの開発を開始しています。 このページには Webex for Government に固有の記事が掲載されますが、Webex の「商用」インスタンスと共通の機能に関する記事も掲載されます。

新しいページの名前は「Webex for Government ヘルプ コレクション」です。「Webex の管理」と「Webex の使用」という 2 つのセクションに分類し、記事を見つけやすくします。

2022 年 3 月 1 日

外部ユーザーによるファイルの共有を防止

自社組織のスペースで、外部ユーザーによるファイル共有を禁止できるようになりました。 ファイルのアップロード権限とダウンロード (プレビュー) 権限を個別にブロックできます。 デフォルトでは、外部ユーザーによるグループ スペースでのファイル共有が許可されています。

この設定は、組織全体に対して 1 か所で構成します。 グループ レベルまたはユーザー レベルでの個別またはオーバーライドのコントロールはありません。

詳細については、「ユーザーによるファイル共有を防ぐ」を参照してください。

2022 年 2 月 23 日

Webex for Government のアラート センター

アラート センターは、Webex 組織のアラートを管理する Control Hub 内のページです。 メールまたは Webex アプリ スペースでアラートを送信するように設定することも、Control Hub ですべてのアラートを表示することもできます。 「Control Hub のアラート センター」と「高度な診断とトラブルシューティングのアラートを管理する」を参照してください。

Webex for Government で外部ミーティングをブロックする

Webex サイトで開催される組織外のミーティングにユーザーが参加するのをブロックできるようになりました。 この制限を有効にするには、自分のドメインを要求する必要があります。 「ドメインを管理」を参照してください。

特定の Webex サイトの制限をオーバーライドすることもできます。 詳細については、「Webex Meetings のコラボレーション制限」を参照してください。

2022 年 2 月 10 日

Webex デバイス用の設定テンプレート

設定テンプレートを使用すると、CSV ファイルとして作成、保存、エクスポートし、デバイス単位または複数のデバイスにテンプレートを適用できます。 設定テンプレートを使用することで、デバイスを設定する時間を節約できます。 作成したテンプレートはすべて Control Hub で利用でき、後で適用、編集、コピーできます。

詳細については、「Webex デバイス用の設定テンプレート」を参照してください。

2022 年 2 月 7 日

ユーザー アクティベーション メールの手動管理

組織で SSO を設定することなく、アクティベーション メールを自動または手動で送信できるようになりました。 ユーザーが追加されたり、ライセンスが割り当てられたりするたびにアクティベーション メールが自動送信されないようにする場合は、設定をオフにして、準備ができてからメールを手動で送信できます。

詳細については、Control Hub でのアクティベーション メールのコントロールに関する記事を参照してください。

2022 年 2 月 2 日

ファイル共有コントロールの改善

ユーザーとグループのファイル共有についてより細かくコントロールできるようにするために、Control Hub のコラボレーション制限機能が改善されました。

  • ファイルのアップロードとプレビュー/ダウンロードのコントロールが別々になりました。 以前は、特定のクライアントによるファイルのダウンロード/プレビューを禁止していた場合、そのクライアントのユーザーはファイルのアップロードもできませんでした。
  • 現在は、ユーザーがファイルをアップロードする際に使用するクライアントや、ファイルをプレビューまたはダウンロードする際に使用するクライアントを、個別に決定できるようになりました。
  • 組織全体に対して設定を適用するか、グループを同期する場合は選択した AD グループに適用します。 方法については「ユーザーによるファイルの共有を防ぐ」を参照してください。
[ボット] が選択されているファイル アップロード制限コントロール
2022 年 1 月 30 日
政府版 Webex: ハイブリッド メッセージで Webex アプリ と Jabber 間の相互運用が可能

ハイブリッド メッセージは、Jabber ユーザーと Webex アブリ ユーザー間の相互運用を可能にするサービスです。 このサービスでは、オンプレミスで IM & Presence に接続されている Jabber から、ユーザーを Webex アプリに移行するためのオプションを提供します。

このサービスを有効にしているユーザーは、Webex アプリを使用して、Jabber ユーザーからのメッセージを読んだり応答したりできます。 詳細については、「ハイブリッド メッセージ導入ガイド」を参照してください。

政府版 Webex: Webex Meetings の新しい API エンドポイント

次のミーティング API エンドポイントを Webex for Government 環境で利用できるようになりました。

  • ミーティング
  • ミーティングの基本設定
  • ミーティング出席者
  • 参加者
  • 録画

Webex for Government のお客様は、お使いのシステムを直接 Webex Meetings と統合できます。 詳細については「Meetings の概要」を参照してください。

2022 年 1 月 26 日
プロビジョニング ウィザードの更新

プロビジョニング ウィザードが更新された結果、フローが改善されて統一感が生まれました。そのため、管理者は組織を簡単に識別し、ライセンスを簡単に提供できます。

2021 年 12 月 17 日
高度なソフトウェア制御

デフォルトでは、RoomOS ソフトウェアを実行している Webex デバイスは自動的にアップグレードされ、最新のソフトウェアになります。 あるいは、必要に応じて最新の RoomOS 10 バージョン 3 つの中から展開に最も適したバージョンを選択し、いつ更新するかを決めることもできます。 これにより、実稼働環境に展開する前に、現在の環境のまま、特定の検証チャネルで機能をテストする時間が与えられます。

詳細については、RoomOS ソフトウェア アップグレードに関する記事を参照してください。

2021 年 12 月 14 日

ユーザー詳細の操作性の改善

ユーザーの詳細ページが更新され、ユーザビリティが向上しました。 ユーザー データの配置が変更され、ユーザー固有の情報と資格に関するナビゲーションと可視性が向上しました。

これにより、特定のユーザーを管理する労力が減り、ユーザーのサービスと機能が把握しやすくなりました。

2021 年 12 月 9 日

Pro Pack 顧客 ウェブ、モバイル、デスクトップ クライアントのトークンを管理する

Pro Pack 顧客として、Web、モバイル、またはデスクトップ クライアントのカスタム ポリシーを作成して、以下をコントロールできます。

  • 更新トークンの自動延長をオンまたはオフにする

  • JSON ウェブ トークン (JWT) の Time to Live (TTL) を指定する

  • 更新トークンの TTL を指定する

この機能により、ユーザーがサインインする必要がある頻度をコントロールできます。 ユーザーが最新のセキュリティ ポリシーを使用していることを確認するには、より頻繁にチェックインしてもらう必要があります。

詳細については、「Control Hub のトークン ポリシーの設定」を参照してください。

2021 年 12 月 2 月

サイト管理で管理されていたサイトを Control Hub の管理対象に更新

サイトの管理に、ミーティング サイトの更新をサポートする新しいウィザードが追加されました。これにより、ミーティングサイトを Control Hub で管理できます。

この機能は Webex サイトを今後も継続して使用するために役立ちます。将来的には、Control Hub の 1 か所ですべての Webex サービスを管理できるようになる予定です。

詳しくは、https://help.webex.com/dowv6t を参照してください。

2021 年 11 月 29 日

新しいシングル サインオン (SSO) 設定ウィザード

初回ウィザードと更新ウィザードを組み合わせた新しい SSO ウィザードを使用して、証明書のメンテナンスができます。 このウィザードには、Webex が新しく発行する 5 年間の署名入り証明書が付属しており、運用コストの削減、証明書のローテーションの削減、セキュリティの保持に役立ちます。

詳細については、「Control Hub のシングル サインオン インテグレーションを管理する」を参照してください。 SSO インテグレーションに関するすべての記事は、新しいウィザードを反映するために更新されます。

2021 年 10 月 29 日

政府版 Webex: Webex アプリの自動アップデートの管理

Webex アプリが自動アップデートする頻度を、月次または四半期ごとから選択できます。 これらのアップデートの展開を保留して、最初に所属組織が変更を検証するように設定できます。 月次アップデートは最大 4 週間、四半期アップデートは最大 2 週間保留できます。

詳細については、「Webex の製品アップデート コントロール」をお読みください。

2021 年 10 月 25 日

政府版 Webex: ユーザーに組織の会話へのゲストの招待を許可する

政府版 Webex のユーザーは、ゲストを Webex アプリに招待して会話のセキュリティを高めることができます。 許可リストにドメインを追加した後、ユーザーは商業組織 (政府版 Webex クラウドの外部) からゲストをスペースに招待できます。

政府版 Webex のユーザーは、他の組織のユーザーと 1 対 1 のスペースで通話することもできます (Webex で通話)。

詳細については、「政府版 Webex 組織での Webex スペースの外部ユーザーの許可」をお読みください。

2021 年 10 月 19 日

外部管理者ロールの強化

外部管理者ロールが更新され、次の機能強化が行われました。

  • 外部管理者に対して Webex サイト管理者ロールを割り当てることができ、コントロールの範囲をミーティング サイトに制限できます。

  • 無料の Webex アカウントを使用しているユーザーに対して外部管理者ロールを付与できるようになりました。 ただし、コンシューマー組織のユーザーには適用されません。

Webex ヘルプセンターで、「外部管理者を追加、管理する」方法をお読みください。

2021 年 10 月 12 日

シングル サインオンの構成と SAML 証明書の更新のための新しいウィザード

このベータ版は、政府版 Webex を利用している組織では利用できません。

Webex 組織のシングル サインオンの構成と維持に関するユーザビリティを向上させました。 以下のとおりコントロールを改善しました。

  • SSO の設定と SAML 証明書の更新機能を同じユーザー操作に統合しました。

  • 証明書とその目的に関する詳細を表示し、更新通知を改善しました。証明書をいつ更新するか決めるのに役立ちます。

  • Cisco から新しい 5 年間の証明書を導入するか、選択した外部 CA から 1 年間の証明書を使用するか選択できます。

Webex ヘルプセンターで、Control Hub のシングル サインオンを管理する方法をお読みください。

2021 年 10 月 7 日

このベータ版は、政府版 Webex を利用している組織では利用できません。

優先 Webex サイトを一括編集する

CSV エクスポート/インポートを使用して、複数のユーザーの優先 Webex サイトを変更する機能を導入しました。 これは、ミーティング サイトを統合する場合に役立ちます。

以前は、デフォルトのミーティング サイトを設定するためにユーザーの介入が必要でした。

2021 年 9 月 28 日

パスワード ポリシー コントロール

ユーザー用にカスタム パスワード ポリシーを作成できるコントロールを導入しました。 パスワードの最小文字数、有効期間、文字クラスを指定できます。 また、パスワードの繰り返しを防いだり、特定の単語を除外したりすることもできます。

詳細は、「Control Hub のパスワード管理」をお読みください。

この機能は、サイトの管理から移行して Control Hub で Webex Meetings サイトを管理するようになった組織や外部ディレクトリでユーザーを管理していないその他の組織にとってメリットがあります。

2021 年 9 月 14 日

ユーザーとグループのリスト ページのビジュアル アップデート

Control Hub ページのビジュアル レイアウトの更新を [ユーザー] リストと [グループ] リストから開始しました。

この更新では、読みやすさや応答性が改善され、新しい機能の可能性が広がりました。

Control Hub のユーザー リスト

ビジュアル コンポーネントとカラー スキームを更新し、表示名の列をユーザーの詳細セクションに移動しました。 引き続き、リストを検索、並べ替え、フィルタリングできます。

たとえば、外部管理者を追加または管理する必要がある場合、[すべての外部管理者] のリストをフィルタリングできます。

[ユーザー] リストのフィルタリング

フィルターのスタイルを変更して使いやすさを向上し、クイック フィルタリングや詳細フィルタリング (ロール別) が処理しやすくなりました。

[グループ] リストのビジュアル アップデート

[グループ] リストでも、[ユーザー] リストと同様にビジュアルが更新されていますが、動作は変更されていません。

2021 年 9 月 8 日

Webex Cloud-Connected UC の新機能

Webex Cloud-Connected UC の新機能の 1 つ、オペレーション ダッシュボードがリリースされました。 詳細については、「Cisco Webex Cloud-Connected UC の新機能」を参照してください。
2021 年 9 月 1 日

デバイスの詳細ページの刷新

管理者向け情報を包括的で直感的な方法で提供する RoomOS デバイス エクスペリエンスを更新しました。 この刷新により、Workspaces と同様に、単一ページ ビューを通してデバイスの優れた管理が可能になります。

外部通信に関するグループ ベースのコントロール

ユーザー管理に Active Directory を使用している場合、外部メッセージングをより詳細にコントロールできます。

許可リストからドメインを選択して、Active Directory から同期したグループに適用できます。 これにより、一部のユーザーを社内での通信のみに制限し、他のユーザーが外部通信に使用できるドメインをコントロールできます。 この方法については、「組織の Webex スペースで外部ユーザーをブロックする」を参照してください。

制限付きのユーザーは、自分のグループにリンクされていない許可されたドメインからゲストを追加できません。

許可リストの一括管理

CSV ファイルからドメインのリストをインポートして、外部メッセージングの許可リストを作成できます。 この方法については、「組織の Webex スペースで外部ユーザーをブロックする」を参照してください。

2021 年 8 月 30 日

新しい通知センターの公開ベータ版

このベータ版は、政府版 Webex を利用している組織では利用できません。

Cisco からの通知やアップデートが、1 か所で管理および表示できるようになりました。 トラブルシューティング アラート通知センターに移動しました。センターではそうしたアラートやしきい値に基づくその他の通知のルールを管理できます。

2021 年 8 月 27 日

Webex アプリのサイド メニューでカスタム ショートカットを管理する

デスクトップで Webex アプリを使用するユーザーは、サイド メニューで一般的なショートカットを表示できます。 Control Hub では最大 6 つの URL ショートカットを作成および管理できます。これらのショートカットは選択された順番に、Webex アプリのサイド メニューで表示されます。


 
この機能の変更により、ファビコン機能は削除されます。 「Webex アプリのサイド メニューでカスタム ショートカットを管理する」を参照してください。
ショートカット編集のためのコントロールを表示する Control Hub UI のスクリーンショット
2021 年 8 月 12 日

ゼロトラスト セキュリティ: 検証済みアイデンティティによるエンドツーエンド暗号化ミーティング

このベータ版は、政府版 Webex を利用している組織では利用できません。

Cisco では、業界トップクラスのミーティング セキュリティに以下を導入して、さらに改善します。

  • 標準ベース、正式な検証済みの暗号

  • エンドツーエンドで検証されたアイデンティティ

  • パーソナル会議室におけるエンドツーエンドの暗号化

Webex Meetings と Webex デバイスで使用可能なこのセキュリティにより、あらゆる種類の潜在的な攻撃からミーティングを安全に守ることができます。

Webex ヘルプセンターに移動して、詳細については「Webex Meetings のアイデンティティ確認でのエンドツーエンド暗号化」、展開方法については「ゼロトラストの ミーティングの展開」を参照してください。

2021 年 7 月 26 日

政府版 Webex: 自動更新

政府版 Webex のユーザーは、Webex アプリと Webex デバイスの自動アップグレードを受信できるようになりました。

2021 年 7 月 1 日

言語設定: ローカライズされたユーザー オンボーディング メール

ユーザーが Webex に招待されたときに送信されるウェルカム メールのデフォルト言語を設定できるようになりました。

組織のデフォルトのメール言語を設定することも、特定のユーザーの設定を上書きして、そのユーザーの言語でメールを送信することもできます。

Webex は、受信者がローカライズ版を理解できない場合に備えて、ローカライズされたテキストの後に、デフォルトの (米国) 英語のメール本文も必ず記載します。


 
また、Webex Calling のユーザーについては、ユーザーのロケーションを利用してメールで使用する言語を判断します。
2021 年 6 月

Webex Events (新) のライセンス管理

新しい Webex Events の提供を開始し、参加者数を増やします。 それに伴い、さまざまな定員のイベントのライセンスをユーザーやサイトにプロビジョニングするためのコントロールを追加しています。

2021 年 6 月 30 日

ハイブリッド通話サービスのサポート終了

PSTN アクセス (Expressway Call Connector アーキテクチャ ) を必要とするユーザーおよびパーソナル モード デバイス向けのハイブリッド通話サービスのサポートは終了しました。

詳細については、https://help.webex.com/n2q9085 を参照してください。

2021 年 6 月 25 日

組織に Slido 投票と QA を追加する

Slido のエンゲージメント機能を Webex Meetings に統合しています。 この機能はControl Hubから有効にできます。[管理] > [アプリ] をご覧ください。 これは 41.6 のアップグレードで取得できます。 Webex Meetings の最新チャネルの新機能を参照してください

2021 年 6 月 18 日

管理者を CSV ファイルにエクスポートする

管理者のリストを CSV ファイルにエクスポートできるようになりました。 [ユーザー] ページのロール フィルター コントロールを使って、特定の管理者セットを選択し、そのセットだけを CSV ファイルにエクスポートすることができます。

Webex Cloud-Connected UC の新機能

Webex Cloud-Connected UC Analytics の新機能として、「トラフィック解析」と「キャパシティ解析」の 2 つの機能がリリースされました。 詳細については、「Cisco Webex Cloud-Connected UC の新機能」を参照してください。
2021 年 6 月 11 日

組織の健全性をミーティング サイトで絞り込む

今回の組織の健全性の向上により、特定または複数のミーティング サイトの健全性を評価できるようになります。

また、実用的なインサイトをフィルタリングすることで、特定のサイトの課題に焦点を当てることができます。

2021 年 6 月 8 日

更新されたライセンス名

新しい Webex のブランド変更に伴い、Control Hub のライセンス名を新しい名前付けガイドラインに合わせて更新しました。 変更点は以下のとおりです:

旧ライセンス名

新しいライセンス名

無償版の Webex Teams メッセージング

Basic メッセージ

Webex Teams (有料メッセージング)

Advanced メッセージング

無償版のWebex Teams Meetings

Basic スペース ミーティング

Webex Teams Meetings

Advanced スペース ミーティング

1:1 通話 (無料)

Webex 通話 (非 PSTN)

影響する分野

これらのライセンス名の変更は、サブスクリプション、ライセンス割り当て、プロビジョニング、ユーザーの CSV ファイルの UI で更新されます。 今回のアップデートの前にユーザーの CSV ファイルをダウンロードしていた場合は、再度 CSV ファイルをエクスポートして一括変更を続行してください。

2021 年 6 月 4 日

Webex アプリのスペイン国内セキュリティ証明書の取得

Webex はスペイン政府組織である AENOR (Asociación Española de Normalización y Certificación) により Esquema Nacional de Seguridad (ENS) 高レベルセキュリティ対策に準拠するとして認定されました。

これにより、スペインでのビジネス活動の能力がさらに向上し、「社内および外部の脅威やインシデントに対して情報システムを適切に保護する管理およびコントロールされたシステム」として Webex アプリが承認されました。

2021 年 5 月 27 日

ユーザーの要求を取り消す

ユーザーの要求プロセスには取り消しのオプションが用意されています。 組織に対し、誤ってユーザーを要求した場合は、要求してから 14 日以内にそのクレームを取り消すことができます。 ユーザーがログインする前または猶予期限を迎える前に要求の取り消しをしない場合は、サポートに連絡する必要があります。

2021 年 5 月 11 日

Webex アプリのデフォルトのランディング画面を構成する

ユーザーが Webex アプリを開いたときに Webex アプリが表示する画面を選択できます。また、ユーザーがそのデフォルト画面を自分で変更できるかどうかを選択することもできます。

この機能の構成について詳しくは、「https://help.webex.com/n4xz8e4」をご覧ください。

ユーザーがデフォルトの画面を選択できるように、記事「 https://help.webex.com/67fcc1です。

2021 年 5 月 4 日

Cisco Webex Cloud-Connected UC の新機能

Cisco Webex Cloud-Connected UC アナリティクス の 2 つの新機能がリリースされました。組織の Cisco Webex Cloud-Connected UC のアクティベートと CCUC モジュール のアップグレードです。 詳細については、「Cisco Webex Cloud-Connected UC の新機能」を参照してください。

2021 年 4 月 30 日

ミーティング コンテンツの保持、法的保持、eDiscovery、Events API のサポート

この機能は、商業組織が使用できます。 政府版 Webex ではまだ使用できません。

Cisco Webex Control Hub を使用して、訴訟や調査に関連するレコーディング、議事録、ハイライトなどの Webex Meetings のコンテンツを維持、検索、抽出できます。

詳細については、「保持法的保持eDiscoveryEvents API」を参照してください。

ユーザー行動分析にはファイル アクティビティが含まれます

Cloudlock 管理者は、ポリシーを構成してアクティビティを監視する場合に、Webex ファイルのアップロード、プレビュー、ダウンロードを含めることができるようになりました。

2021/04/29

Control Hub のサイト管理者のコントロール

サイト管理者のロールを Control Hub に導入しています。そのため、ミーティングのサイト管理活動を組織内の他のユーザーに安全に委任することができます。

Control Hub を使用して、読み取り/書き込み可能な管理者、読み取り専用管理者、およびユーザー管理管理者を特定のミーティング サイトに割り当てすることができます。

これらのユーザーは Control Hub 組織にアクセスできますが、選択したミーティング サイトを管理する必要がある場合にのみ必要です。

承認済みサイトでのみで外部ミーティングを許可する

承認済みドメインの一覧にミーティングが記載されていない場合に、Webex 組織はユーザーが外部ミーティングに参加しないようにするための設定を行うことができるようにしています。

2021 年 4 月 23 日

Jabber 移行を計画する

移行のインサイトを使用して、オンプレミス展開からクラウド展開への Jabber 移行を計画します。 これにより、ユーザーの既存のオンプレミス展開サービスに関する必須情報を収集し、移行後に Webex アプリに移行するときに直接マップされる場合とないインスタント メッセージングとプレゼンスと Jabber 機能のリストを表示できます。 これらのインサイトは、クラウドに効果的に移動するためのタイムラインを計画し、構築するのに役立ちます。

詳細については、「Jabber 移行を計画する」を参照してください。

Jabber から Webex アプリに移行する

Control Hub の移行ウィザードを使用して、Unified CM 通話サービスを持つ Cisco Jabber ユーザーを Webex アプリに移行します。移行後も、Webex アプリで既存の Cisco Jabber 通話コントロール オプションを使用できます。Webex アプリを使うと、ユーザーは通話を発信し、メッセージを送信し、ファイルを共有し、ミーティングをスケジュールし、可用性ステータスを表示するなど、使いやすいエクスペリエンスをユーザーに提供します。

詳細については 、「Cisco Webex Cloud-Connected UC から Webex アプリに Jabber ユーザーを移行する」を参照してください。

オンボーディングのタブの削除

[アカウント][オンボーディング] タブが削除されました。 新しいオンボーディング ユーザーのアクティベーションとライセンスの詳細レポートは、 [アナリティクス] > [レポート] で入手できます。

2021/04/12

組織の健全性のパブリックプレビュー

Control Hub に組織の健全性のベータバージョンが追加されたことをお知らせします。また、本機能に関するフィードバックもお待ちしております。

この機能を使用すると、組織構成、購入したサービスの導入状況、パフォーマンスのボトルネックなどを詳細に把握できます。 この 3 つのカテゴリにおける異常、つまりベストプラクティスからの逸脱を特定し、その理由と解決策を提案します。 組織の健全性には、これらの分析情報の緊急性と影響を理解するのに役立つシンプルなスコアが用意されています。

https://help.webex.com/nh5rlbi で組織の健全性に関する詳細を参照してください。

2021/04/08

組織内のユーザーによる大型ファイルのアップロードを防ぐ

Pro Pack for Cisco Webex Control Hub では、Webexユーザーが Webex スペースにアップロードできる最大ファイル サイズを施行できます。

詳細については、「ユーザーのファイルの共有を防ぐ」を参照してください。

2021 年 3 月 25 日

ワークスペースのエアの品質

「エアの品質」と呼ばれる新しい環境メトリックがワークスペースで利用可能になりました。 Volatile Organic Compound (TVOC) センサーは、スプレー、溶液、化粧品などにより排出されるガスの存在と数量に基づいた室内エアの品質を測定します。 VOC は人間の口の中にも存在し、センサーは非常に飽和状態のエアにも反応します。 航空品質メトリックスは、ワークスペースの換気が十分であるかどうかを判断するのに役立ちます。

詳細については、Webex Rooms Workspaces の履歴データを参照してください。

最低スペース保持期間は 1 日に減らされる

Control Hub を使用して、Webex スペース保持ポリシーを 1 日まで低く設定することができます。 詳細については、「保持ポリシー」を参照してください。

2021 年 3 月 9 日

Active Directory からグループにライセンスを割り当てる

組織内の特定のグループに対して、ライセンス テンプレートを設定することができるようになりました。 つまり、Webex サービスがユーザーに割り当てられる方法をより細かく管理できます。 この機能を使用するには、Cisco Directory Connector を使用して Active Directory からユーザーとグループを同期している必要があります。

ライセンスは、サイト管理からのリンクで Control Hub に入るユーザーなど、Control Hub 組織に移行する新規ユーザーに割り当てられます。 ライセンス割り当てテンプレートを作成、変更、または削除しても、既存のユーザーのライセンスは変更されません。 ライセンス割り当てテンプレートの機能の詳細については、「https://help.webex.com/n3ijtao」を参照してください。

Control Hub には、グループ ベースのライセンス割り当てをサポートする、新しいオプションがあります。

  • 組織ベースの管理またはグループベースの管理のどちらかを選択します([ユーザー] > [ライセンス] ページ)。

    ライセンス割り当てモードを選択するオプションを表示する Control Hub の [ライセンス] ページのスクリーンショット。

  • [ライセンス割り当て] セクション([ユーザー] > [グループ] > <group_name> > [情報とグループメンバーシップ] ページ)。 このコントロールを使用して、このグループのユーザーにサービスを割り当てるテンプレートを作成、変更、または削除します。

2021 年 2 月 10 日

管理対象外のアプリをユーザーが使用することを防止する

ユーザーに対し、社内管理バージョンの Webex を使用するよう求め、ユーザーが Apple App Store または Google Play Store からダウンロードされた管理されていない Webex アプリを使用することを防ぐことができます。

詳細については、「Webex モバイルアプリのセキュリティ設定を有効にする」を参照してください。

2021/01/05

ユーザーがパスワードを変更する場合に認証を強制する

ユーザーがパスワードを変更した後で、ユーザーが再び Webex アプリにサインインするようにを強制できます。 この設定では、組織はディレクトリ同期を行い、(シングル サインオン) SSO をセットアップする必要があります。

詳細については、「Control Hub で Directory Connector を使用して Webex の認証を強制する」を参照してください。

2020/12/18

Cisco Webex Cloud-Connected UC (CCUC) Analytics の新機能がリリースされました。 詳細については、「Cisco Webex Cloud-Connected UC の新機能」を参照してください。

2020/12/17

ポリシーを特定の Active Directory グループとメンバーに適用する

Cisco Active Directory を使ってユーザーとグループを Webex ディレクトリ コネクタを Cisco Directory Connector と同期する場合、以下のポリシーを適用することができます。

2020/12/15

Webex Rooms Workspaces の履歴データ

Workspaces の履歴データは、Workspaces に利用可能なリアルタイムデータに対して、温度や湿度を追加します。 Workspaces 履歴データは、データの分析に基づくインサイトを持つ Workspaces のすべてのセンサーの履歴データのグラフを表示する新しいページも追加します。

詳細については、Webex Rooms Workspaces の履歴データを参照してください。

2020/12/10

既存の Webex 顧客のために Webex トライアルを開始する

パートナーは現在販売関係を持ってない顧客に対して、Webex サービスのトライアルを開始することができるようになりました。

詳細については、「Webex Partner Hub で Webex エンタープライズ トライアルを開始して管理する」を参照してください。

2020/11/23

RoomOS を実行する Webex デバイスの一括構成

RoomOS を実行しているデバイスのデバイス設定を一括構成できます。 CE9.13 以降を実行しているデバイスの Webex Edge にリンクされているデバイスを一括構成することもできます。

詳細については、「Control Hub での一括デバイスこう構成」を参照してください。

2020/11/05

Active Directory グループとメンバーを表示する

Cisco Directory Connector が展開され、ユーザーの Active Directory を同期するとき、これらのグループとメンバーが Control Hub に表示されます。

詳細については、「Webex Control Hub で Webex サイトを追加する」を参照してください。

2020/10/14

社内ネットワーク外のユーザーによるファイルの共有を防ぐ

Pro Pack for Cisco Webex Control Hub を使用して、組織のネットワークに IP 範囲を含め、ユーザーが会社のネットワークにいない場合、Webex Teams でユーザーがファイルを共有できないのを確認できます。

詳細については、「社内ネットワーク外のユーザーによるファイルの共有を防ぐ」を参照してください。

2020/10/09

招待メールの一括再送信

アカウントをアクティベートしていない組織内のすべてのユーザーに、招待メールを一括で再送信できます。

詳細については、「Webex Control Hub で招待メールを一括送信する」を参照してください。

2020/10/08

ユーザーの電子メール アドレスを変更する

[ユーザー] タブでユーザーのメールアドレスを変更できます。

詳細については、「Webex Control Hub でユーザーのメール アドレスを変更する」を参照してください。

2020年10月2日水曜日

左のナビゲーションの更新

左のナビゲーションが 3 つのセクションに分割されたので、探している情報を簡単に見つけることができます。 監視、管理、サービス。

サブスクリプション情報と組織 ID が [アカウント] に追加され、 [アプリ] でアプリのインテグレーションとボットを管理できます。


 

Control Hub の以前のブックマークは、新しいナビゲーションでは正しく機能しません。 これらのブックマークを新しいリンクで更新してください。

2020/09/21

ユーザーを記憶する

[記憶する] 設定を有効にすることで、Webex へのサインインが少し速くなりました。 この設定によって、Webex サイトはユーザーのメール アドレスを記憶することができます。

詳細については、「Webex Control Hub のユーザーに対して自分の情報の記憶を有効にする」を参照にしてください。

多要素認証

あなたの組織をより安全にしたいですか? 多要素認証 (MFA) を有効にできるようになりました。 MFA では、ユーザーは Duo のような認証アプリで Webex にサインインすることができます。

詳細については、「Webex Control Hub のユーザーに対して多要素認証のインテグレーションを有効にする」を参照にしてください。

2020/09/15

Cisco Webex Cloud-Connected UC (CCUC)

組織に CCUC をセットアップすると、オンプレミスのビデオと電話デバイスの使用状況データを表示できるようになりました。

CCUC の詳細は、次を参照してください。

2020/09/04

ユーザーの最後のメール ステータス

Webex サービスから Control Hub のユーザーに最後に送信されたメールのステータスを確認できます。 このステータスは、一部のユーザーがこれらのメールを受信していない理由をトラブルシューティングするのに役立ちます。

詳細については、「Control Hub の Webex からメールを受信しないユーザーのトラブルシューティング」を参照してください。

2020 年 8 月 13 日

フル販売管理者ロール

パートナーは、パートナー ハブのユーザーにフル販売管理者ロールを割り当てることができるようになりました。 フル販売管理者ロールにより、ユーザーは顧客組織の管理に焦点を当てることができるようになります。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub で組織のアカウント ロールを割り当てる」の「パートナー」セクションを参照してください。

2020 年 7 月 23 日

Webex Meetings の出席者アカウント

CSV ファイルを使用して出席者のアカウントをユーザーに割り当てることができるようになりました。 出席者のアカウントにより、ユーザーは主催者ライセンスを使用しなくても Webex サイトからミーティングに出席することができます。

詳細については、「Control Hub で管理されている Webex サイトのロールを割り当てる」を参照してください。

2020 年 6 月 15 日

プレースが Workspace に置き換えられました

Workspace には、追加の情報と新しい外観が用意されています。 引き続き同じオプションを使用して、サービスを編集して追加することができます。

変更内容:

  • 検索が改善され、定義済みのフィルターを使用することもできます。

  • Workspace リストが設定されている場合、カレンダーとコーリング サービスを表示します。

  • ワークスペース タイプを追加して、組織内のワークスペースを簡単にフィルタリングすることができます。

  • 新しいカード ビューには、リアルタイムの使用状況と環境メトリックが表示されます。 環境メトリックは、Room シリーズ デバイス、Webex Boards、および Desk Pro で利用できます。

  • ワークスペースでカレンダーのオプションが設定されている場合、24 時間以内に予約を確認することができます。

2020 年 5 月 4 日

サービス ドメインの自動検出

デスクトップおよびモバイルの Webex Teams で、電話サービスの設定に自動的にサービスドメインを追加することで、ユーザーにとってより簡単に作業を行うことができます。 こうすることで、手動でドメインを入力しなくても、すぐにサインインして、Webex Teams (Unified CM) の Calling で利用できる機能を使用することができます。

ユーザーが設定を行うために使用できる一部の記事を次に示します。

Cisco Webex Control Hub の UC マネージャーのプロファイル

Cisco Webex Teams の発信動作のセットアップ

CSV テンプレートを使って Cisco Webex Control Hub でユーザーを修正する

2020/03/02

お客様と会社の多くは、COVID-19 による困難な状況の結果として、リモートワークへの対応をすばやく進めていることと思います。 Cisco のリーダーシップは今朝、Cisco Webex が顧客やそれ以外のユーザーをサポートするために何をしているかをお伝えするブログをリリースしました。

この移行に関するヒントについては、IT 管理者エンドユーザー向けのリソースも収集しました。

最後に、Webex.com で利用できる無料オファーリングを拡張しました。 「Cisco Webex を無料でご利用になれる国々(COVID-19 対応)」を参照してください。

2020/02/29

Cisco Webex Teams のデータのレジデンシー (以前のデータの近傍性) フェーズ 2

データの近傍性のフェーズ 2 をリリースしました。これはデータのレジデンシーとして知られています。

このリリースでは、ヨーロッパの Webex Teams 専用のデータセンターで新しいヨーロッパ組織のために暗号化されたコンテンツを保存しています。 このユーザーによって生成されるコンテンツには、メッセージ、ホワイトボード、ファイル、および関連するメタデータが含まれます。 フェーズ 1 と同様に、組織のユーザー ID と暗号化キーも地域に保存します。 ユーザーは、地域のコラボレーション サービスにアクセスする際の遅延を減らすことで、エンドユーザーの操作性を向上させることができます。

フェーズ 1およびフェーズ 2 のヨーロッパの組織では、以下のサービスのサポートも追加されました。

  • ハイブリッド データ セキュリティ

  • Webex Devices のハイブリッド通話

プロビジョニングプロセスがフェーズ 1 から変更されていません - 国セレクターは、新しい組織のデータが保存される領域を決定します。 この時点から作成するすべての新しい組織には、EMEAR 国を選択すると、欧州でフェーズ 2 のデータストレージがあります。 フェーズ 1 で作成された組織のデータストレージに変更はありません。これらの組織は、この時点でフェーズ 2 に移行することはできません。

詳細については、「Cisco Webex Teams のデータ レジデンシー」を参照してください。

2020 年 2 月 24 日

Webex Calling のコール待機

Calling 管理者ポータルに移動して、ユーザーによるコール待機を有効にする必要がなくなりました。 まさに Control Hub で設定を完了することができます。

コール待機により、ユーザーは同時に複数のコールを受けることができます。 着信待ち受けを使用すると、ユーザーはコールを保留にして別のコールに応答できます。

詳細については、「Cisco Webex Calling のコールの録音を有効にする」を参照してください。

Webex Calling のプッシュツートーク

Calling 管理者ポータルに移動して、ユーザーのためのプッシュツートークを有効にする必要がなくなりました。 まさに Control Hub で設定を完了することができます。

プッシュツートークは、組織の別の部分でユーザーを接続します。 例えば、電話でのプッシュツートークを使用して、倉庫の Jim とチャットできる顧客サービス担当者のリストを作成することができます。

詳細については、「Webex Calling ユーザーのプッシュツートークを設定する」を参照してください。

2020/02/18

外部の通信をブロックするための更新

ユーザーが通信できる組織のドメインのリストを作成できるようになりました。 また、組織が所有するグループスペースにのみ参加するようユーザーを制限することもできます。

詳細は、「組織のために、Cisco Webex Teams のスペースで外部ユーザーをブロックする」をご覧ください

2020 年 2 月 14 日

Webex サイトの先行リリースがセットアップされました

パートナーは、Webex サイトを設定して、通常の展開サイクルを行う前に、新しいリリースと新機能の先行アクセスを受け取ることができるようになりました。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub で Webex サイトを追加する」を参照してください。

2020/02/10

eDiscovery の強化

当社の eDiscovery 検索と抽出ツールの拡張性、パフォーマンス、有用性を改善しました。

詳細については、「Cisco Webex チームのコンテンツの規制コンプライアンスを確実にする」を参照してください。

2020/01/27

会議室デバイスのリモート再起動

Control Hub からリモートで会議室デバイスを再起動できるようになりました。

詳細は [リモートでのデバイスの再起動] を参照してください。

複数のデバイスでデジタルの看板とタグを管理する

Control Hub の複数のデバイスを選択して、同時に複数のデバイスでデジタル看板とタグを管理することができます。

詳細については、「Cisco Webex board および Room シリーズデバイスでデジタル署名を有効にする」 および「 タグでデバイスをグループ化する」を参照してください。

2020/01/10

Cisco Jabber の分析

分析データが Jabber に対応しました。 送信されたメッセージの合計数、通話の合計数、使用された Jabber クライアント バージョンのブレークダウンなどを表示することができます。

詳細については、「クラウド コラボレーション ポートフォリオのためのアナリティクス」を参照してください。

2019/12/19

Webex アプリでのファイルのマルウェア対策スキャン

アップロードされるすべてのファイルをスキャンすることで、トロイの木馬、ウイルス、マルウェア、およびその他の悪質な脅威からユーザーを保護します。 Control Hub の拡張セキュリティ パックを使用すれば、Webex アプリにアップロードされるファイルのマルウェア対策スキャンを有効にできます。 Webex のマルウェア対策では、Cisco Talos ClamAV の機能を利用しています。

詳細については、「Webex Teams でのファイルのマルウェア対策スキャン」を参照してください。

2019年12月16日

ホテリングと割り込みの設定

Webex の通話管理者は、これらの機能を通話管理者ポータルではなく Control Hub で設定できるようになりました。

詳細については、それぞれ次の記事を参照してください。

2019/12/10

セルフサービス Webex サイトの名前変更

Control Hub で Webex サイトの名前を変更できるようになりました。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub で Cisco Webex サイトの名前を変更する」を参照してください。

2019/12/09

ユーザーを組織に要求する

組織のメール ドメインを使用して Webex サービスにサインアップしたユーザーを組織に対して要求することができるようになりました。

詳細については、「組織にユーザーを要求する」を参照してください。

2019年12月6日水曜日

参加者の構成の変更とビデオ メッシュ ノードの情報

参加者がネットワーク接続、マイク、カメラを変更した場合、またはミーティング中にカメラを変更した場合、デバイスがビデオ メッシュを通して接続されているかどうかを確認できるようになりました。

詳細については、「Control Hub での高度な診断とトラブルシューティング」を参照してください。

2019年11月21日

Webex Calling 組織からロケーションを削除する

すでに使用されていないか、構成が適切でないロケーションがある場合は、削除することができます。ただしその前に、そのロケーションに関連付けられているユーザーと場所を削除する必要があります。 ロケーションを削除すると、そのロケーションに割り当てられているすべてのサービスと番号が削除されます。 デフォルトのロケーション (通常は最初に作成したロケーション) 以外であれば、削除することができます。

詳細については、「ロケーションの削除」を参照してください。

2019 年 11 月 15 日

ミーティング分析

ミーティング分析ページは完全にオーバーホールされました。 より優れた情報が提供されるので、重要なレポートの採用が簡単になり、少ない作業で十分に活用できます。

詳細については、「クラウド コラボレーション ポートフォリオのためのアナリティクス」を参照してください。

2019/10/31

バッチ サイトのアップグレード

パートナーは、顧客のため、バッチ内の複数の Webex サイトをアップグレードすることができるようになりました。

詳細については、「Control Hub でバッチ サイトのアップグレードを行う顧客向けに複数の Webex サイトをアップグレードする」を参照してください。

通話の録画、顧客組織を管理するパートナー向け:

パートナーは、顧客組織のために通話記録機能を有効にすることができるようになりました。 組織内のどのユーザーに対して通話(発信と着信の両方)を自動的に記録するかは、顧客が決定する必要があります。 録画は Dubber で保存され、管理されます。

詳細については、「組織で通話の録音を有効にする」を参照してください。

通話の録画、顧客組織を向け:

特定のユーザーに対して通話録画を有効にすることで、着信および発信通話 (卓上電話、アナログ電話アダプタ、および Webex 通話アプリ) のすべてが自動的に録画されるようになりました。 これらのユーザーに録画を一時停止または再開することを許可するかどうかも選択することができます。 録画は Dubber で保存され、管理されます。

詳細については、「Webex Calling ユーザーの通話の録音を有効にする」を参照してください。

サイト リンク 2.0

既存の Webex サイト管理で管理されているサイトを Control Hub にリンクする新しいプロセスがあります。

詳細については、「Cisco Webex サイトを Control Hub 2.0 にリンクする」を参照してください。

2019/10/15

Analytics 用の CSV 形式のレポート

Pro Pack の顧客は、webex サイトでの Webex サービスの使用状況を示す CSV 形式のレポートを生成することができます。 3つの Webex Meetings レポートが利用できます。Webex Meetingsの詳細、出席者の詳細、アクティブな主催者レポートです。

詳細については、「クラウド コラボレーション ポートフォリオのためのアナリティクス」を参照してください。

2019/10/01

通話動作をユーザーに一括で割り当てる

コントロールハブの CSV テンプレートを使用して、ユーザーの通話動作の選択肢 (組織全体の設定またはユーザーレベルでのオーバーライド) を一括で指定することができます。

詳細は、「CSV テンプレートを使用して Cisco Webex Control Hub のユーザーを変更する」を参照してください。

2019 年 9 月

アイドル セッション タイムアウト

Cisco Webex Control Hub セッションをアイドル状態にしておく時間を指定することができます。

詳細については、「アイドル セッション タイムアウトの構成」を参照してください。

Cisco Webex Share で設定を管理する

Webex Share の表示言語、タイムゾーン、超音波の出力、デバイスウェイクアップの検出は変更することができます。

詳細については、「Cisco Webex Share の設定を変更する」を参照してください。

2019 年 8 月

顧客による Webex サイトの管理を許可する

パートナーはすべての顧客または個々の顧客に対して Webex サイト管理を有効にすることができます。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub でカスタマーの Cisco Webex サイト管理を有効にする」を参照してください。

組織 ID の検索

パートナーは組織 ID を表示できるようになりました。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub で組織 ID を検索する」を参照してください。

新しい顧客リスト

顧客リストをより詳細に更新しましたので、顧客の管理を改善することができます。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub ステータスでのプロビジョニングとサブスクリプションのステータス」を参照してください。

トラブルシューティングの高度な診断

高度な診断機能を使ってミーティングのトラブルシューティングを行う方法を改善しました。

詳細については、「Control Hub での高度な診断とトラブルシューティング」を参照してください。

2019/07/30

Webex Teams Web ユーザー タイムアウト

Web ユーザーのセッション用 Webex Teams がサインアウトされるまでの待ち時間を指定することができます。

詳細については、 「Web 版 Webex Teams のアイドル タイムアウトを有効にする」を参照してください。

2019 年 7 月 23 日

インテグレーションへのユーザー アクセス

Cisco Webex Control Hub の Pro Pack を使用して組織のユーザーに対してインテグレーションへのアクセスを構成することができます。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub でのインテグレーションへのユーザー アクセスを構成する」を参照してください。

2019/07/05

Analytics のフォールバック

Analytics の音声使用レポートを更新し、PSTN 接続に接続する、失敗した Edge 音声通話のデータを含めました。

詳細については、「クラウド コラボレーション ポートフォリオのためのアナリティクス」を参照してください。

2019 年 7 月 2 日

Webex Teams スペースでのハイブリッド サービス通知

ハイブリッド サービスを展開した後、あなたと組織内、組織外のその他の人がサービス ステータス、警告、ソフトウェア アップグレードなどに関する通知を受け取ることを希望することがあります。 以前は、メールを通してのみ通知を受け取ることができました。 これで、Webex Teams ボット通知を受け取るように、ユーザーをサブスクライブすることができます。

詳細については、『Cisco Webex Hybrid Services の通知を構成する』を参照してください。

2019/06/19

カスタマーの Webex サービス トライアル サブスクリプションを取り消す

パートナーは、カスタマーの Webex サービス トライアル サブスクリプションをキャンセルできるようになりました。

詳細については、確立した Cisco Webex Cisco Webex Service トライアルの管理を参照してください。

セルフサービス トライアルのキャンセル

Webex サービス トライアル サブスクリプションを終了する前にキャンセルできるようになりました。

詳細については、「Control Hub での Cisco Webex Meeting のトラブルキャンセル」を参照してください。

2019/06/18

Webex Share デバイスと Analytics のデジタル署名

Analytics のデバイス レポートを更新し、Webex Share デバイスとデジタル署名のデータが含まれるようにしました。

詳細については、「クラウド コラボレーション ポートフォリオのためのアナリティクス」を参照してください。

トラブルシューティングのためのアップデート

診断のために Webex Teams クライアントを通して Webex Meetingsに参加するユーザーのデータを表示することができるようになりました。 ミーティング終了 20 分後にデータを利用できます。

参加者のメール アドレスを使用してミーティングを検索できるようになりました。 検索機能も更新されているため、検索する基準が自動的に検出されます。 今すぐに必要なのは、メール アドレス、ミーティング ID、またはミーティング ID を入力することで、検索結果に関連するミーティングが見つかります。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub での Cisco Webex Meeting のトラブルシューティング」を参照してください。

2019/05/30

新しい欧州データセンターに保存されたユーザー アイデンティティとキーを使用して、カスタマー組織を作成します。

パートナーは現在、世界中のカスタマー向けにトライアルおよびカスタマー組織を作成し、組織のユーザー アイデンティティと暗号化キーを英国および欧州連合の「geo ベース」のデータセンターに保存します。 データの近傍性の第一段階では、ユーザーが生成したコンテンツ (暗号化されたメッセージ、掲示板、ファイル、および関連するメタデータ) はすべての組織に共通のグローバル ストレージに保存されます。

パートナー管理者は、新しい国の選択ドロップダウンリストを使用して、プロビジョニング中に組織のデータの近傍性を設定します。 国がどのストレージ地域にマッピングされるかを決定するには、「国にマッピングされているデータの近傍性地域を確認する」を参照してください。

これらのデータの局所性については、https://www.cisco.com/go/webex-teams-locality を参照してください。

2019 年 5 月 24 日

新しいユーザーのステータスとアクション

[ユーザー] ページが新しいユーザーのステータスとアクションで更新されました。 ユーザーステータスは、どのようなアクションを取るべきかを示します。 たとえば、ユーザーが検証されていない場合、確認メールを再送信することができます。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub でのユーザー ステータスとアクション」を参照してください。

ライセンスの概要

組織に複数のサブスクリプションがある場合、[サブスクリプション] ページに [ライセンス概要] タブを追加しました。 ライセンスの概要は、すべてのサービス サブスクリプションにわたっているすべてのライセンスを表示します。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub でのサブスクリプション」を参照してください。

2019/04/19

カスタマー管理者向け Messaging Insights

メッセージング分析に 2 つの新しいチャートを追加しました。 1 つはメッセージの送信チャートで、組織内で送信されたメッセージの合計数を時間ごとに示しています。 これらの表は、Webex Teams がモバイルまたはデスクトップとのコラボレーションを支援しているかどうかを示します。 詳細については、「クラウド コラボレーション ポートフォリオのためのアナリティクス」を参照してください。

終了理由コードのトラブルシューティング

参加者の詳細ページに終了理由コードを追加しました。 終了理由コードは、ミーティングが終了したかどうかを示します。 詳細については、「Cisco Webex Control Hub での Cisco Webex Meeting のトラブルシューティング」を参照してください。

2019/04/13

カスタマーの国情報を表示する

パートナーは、カスタマーの組織が属している国を表示できるようになりました。 https://admin.webex.com のパートナー ビューから、[顧客] を選択します。 表示するカスタマーを含む行を選択します。 国は概要ペインの上部、組織名の下に表示されます。

カスタマー管理者は、[会社情報] ページの Control Hub で自分の組織の国を見ることができます。 Control Hub の左下にある会社名をクリックします。 [情報] をクリックして、[会社情報] ページを表示します。

カスタマーのデータを保存する場所については、今後の機能強化の準備として国情報を追加しました。 これらの機能強化を段階的にリリースし、新しいカスタマー組織に対して、最初に個人 ID 情報 (PII) と暗号化キーを保存する新しいヨーロッパ地域から開始します。 これらの今後の変更の詳細については、https://www.cisco.com/go/webex-teams-locality を参照してください。

2019 年 4 月 5 日

SIP アドレスを Webex.com SIP アドレスに移行する

組織を ciscospark.com から webex.com SIP アドレスに移行することができるようになりました。

クラウド組織の詳細については、「Cisco Webex SIP アドレスを変更する」を参照してください。

ハイブリッド通話組織の詳細については、「Cisco Webex Hybrid Call Service 組織を Cisco Webex ドメインに移行する」を参照してください。

2019 年 3 月 26 日

ハイブリッド サービスのイベント履歴

ハイブリッド サービスの展開を管理するのに役立つ、新しい機能を追加しました。 イベント履歴では、Control Hub を使用して、イベントの記録と組織のハイブリッド サービス リソースに加えられた変更の履歴にアクセスできます。 イベント履歴内には、問題を特定し、デバッグし、トラブルシューティングを行うのに役立つステータス、設定、およびアラームに関する情報が保持されており、監査の目的でも使用できます。 この記録は最大 30 日までさかのぼることができ、関連あるデータだけが表示されるようにいくつかの方法でフィルタリングすることができます。

この機能の詳細と、使用方法については、「ハイブリッド サービスのイベント履歴へのアクセス」を参照してください。

2019/03/20

Cisco Webex Assistant

Webex Assistant は、Cisco Webex Room シリーズのデバイス向けの音声対応仮想アシスタントです。 Webex Assistant を有効にすると、誰でも会議室に入り、音声でこれらのデバイスと対話できます。 これにより、組織のメンバーに通話すること、同僚のパーソナル会議室に参加すること、ボリュームとビデオ表示オプションをコントロールすることやその他のタスクが容易になります。

Webex Assistant は英語で利用できます。

詳細については、「Cisco Webex Assistant の紹介」「Cisco Webex Assistant を有効にする」を参照してください。

2019/03/19

カスタマー組織の削除

カスタマー組織は、トライアル中に、またはその有効期限が切れた後に削除できます。 組織の削除は元に戻せないこと、そしてデータが失われることに注意してください。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub のカスタマー組織の削除」を参照してください。

サブスクリプションの更新のプロビジョニング

Webex Meetings と Webex Teams サブスクリプションに加えられた更新をプロビジョニングすることができるようになりました。

詳細については、「Cisco Webex Team および Cisco Webex Meetings の注文プロビジョニング」を参照してください。

2019/03/11

Analytics と Diagnostics

Cisco Webex Room デバイスと Webex Board シリーズの品質サービスインジケータが、Control Hub の Diagnostics に追加されました。 詳細については、「 https://help.webex.com/article/ni3wlvwです。

デバイスの分析ページは完全に再編成され、以下のものを含むようになりました。

  • ホワイト ボードの機能と会議室内共有を含む、新しいデバイス利用率の傾向情報。

  • 特定のデータ範囲またはデバイス タイプにドリルインできる、対話的なチャート。

  • インベントリ リストには、最も使用された上位 30 のデバイスだけでなく、すべてのデバイスが表示されるようになりました。

詳細については、「 https://help.webex.com/article/n0rlwxeです。

2019/03/08

カスタマーが Webex サイトをアップグレードできるようにする

パートナーは、カスタマーが Control Hub のパートナー ビューから Webex サイトをアップグレードするのを許可できます。 パートナーがこの点をカスタマーに許可していた場合には、カスタマーは Control Hub のパートナー ビューから自分の Webex サイトをアップグレードできます。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub でカスタマーの Cisco Webex サイトをアップグレードする」を参照してください。

2019 年 2 月 26 日

ハイブリッド データ セキュリティ: PostgreSQL データベース接続の TLS 暗号化とログの TLS 暗号化

ハイブリッド データ セキュリティ ノードは、2 つの新しい暗号化機能をサポートするようになりました。 PostgreSQL データベース サーバーへの暗号化接続と、TLS 対応の syslog サーバーへの暗号化ロギング接続です。

詳細については、「Cisco Webex ハイブリッド サービスの新機能」または https://www.cisco.com/go/hybrid-data-security を参照してください。

2019/02/22

管理者のアクティビティ ログ

フル管理者は、Control Hub で異なる管理者アクティビティについて記録されたイベントをレビューすることができるようになりました。 詳細については、「Cisco Webex Control Hub で管理者アクティビティをレビューする」「Cisco Webex Control Hub の監査イベント」を参照してください。

2019/02/12

法的保持

訴訟に備えて情報を保持する必要がある場合には、保存ポリシーの一部として法的保持事項を作成し、データが削除されないようにすることができます。 Pro Pack for Cisco Webex Control Hub では、コンテンツを保存するために、法的保護事項を使用することができます。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub における法的保持のためのコンプライアンス データの管理」を参照してください。

2019 年 2 月 6 日

トラブルシューティングのためのアップデート

レポートをさらにきめ細かいものにすることにより、ミーティング中に遭遇する問題のトラブルシューティングを行いやすくしました。 詳細については、「Cisco Webex Control Hub での Cisco Webex Meeting のトラブルシューティング」を参照してください。

2019/01/31

エンタープライズ コンテンツ管理のためのアップデート

エンタープライズ コンテンツ管理のためのアップデートを追加しました。 ユーザーが特定の Azure Active Directory (AD) のテナント名にアクセスするのを制限し、この Azure AD テナントからの職場または学校アカウントを持つユーザーだけが、Webex Teams アプリでサインインしてこのエンタープライズ コンテンツ管理を使用できるようにすることができるようになりました。

Pro Pack for Cisco Webex Control Hub では、以下の事柄を行えます。

  • Cisco Webex Teams のローカル ストレージを無効にします。ユーザーはローカルのファイルを Webex Teams にアップロードすることはできなくなります。 ユーザーは、エンタープライズ コンテンツ管理にのみファイルを保存できます。

  • スクリーン キャプチャを無効にします。ユーザーは Webex Teams でスクリーン キャプチャのオプションを使用できなくなります。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub でのエンタープライズ コンテンツ管理」「Cisco Webex Control Hub でのエンタープライズ コンテンツ管理の設定の構成」、および「Cisco Webex Teams でのエンタープライズ コンテンツ管理の制限」を参照してください。

2019/01/29

すべてのサブスクリプションを表示するための新しい方法

サブスクリプション ビューでは、 Webex サブスクリプションを更新し、表示できます。 新しい表示方法により、サブスクリプションの期限が近づいていないか、または限度を超えてライセンスを割り当てていないかを確認できます。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub でのサブスクリプション」を参照してください。

2019 年 1 月 25 日

ハイブリッド データ セキュリティ: MS SQL Server Enterprise のサポート

ハイブリッド データ セキュリティは、主要なデータ ストアとして Microsoft SQL Server Enterprise をサポートするようになりました。 「Cisco Webex ハイブリッド データ セキュリティ展開ガイド」は更新されており、https://www.cisco.com/go/hybrid-data-security でアクセスできます。

Microsoft SQL Server のサポートは、ハイブリッド データ セキュリティの新規展開のみを対象としています。 現在のところ、既存の展開における、PostgreSQL から Microsoft SQL Server への移行はサポートしていません。

リリース時点での要件は次のとおりです。

  • Service Pack 2 および累積アップデート 2 以降が適用された SQL Server 2016 Enterprise がインストールされ、実行されていること。

  • セットアップ時に混合モード認証が選択されていること。 Windows 認証モードはサポートされていません。

  • 最小で 8 つの vCPU、16 GB のメイン メモリ、十分なハード ディスク スペースがあり、超過しないように監視されていること (ストレージを増やさずに長期間データベースを実行する場合、2 TB を推奨します)。

ハイブリッド データ セキュリティが使用する JDBC ドライバが SQL Server Always On (Always On Failover Clusters および Always On アベイラビリティ グループ) をサポートしていること。

2019 年 1 月 3 日

オンプレミス デバイスへの接続

オンプレミス デバイスがある場合、Cisco Webex Teams のユーザーがそれらに接続できるようにするかどうかを選択できます。 ユーザーは超音波を使用して、Webex Teams でオンプレミス デバイスに接続し、ローカルのミーティングにおいてワイヤレス方式でコンテンツを共有できます。 詳細については、「ユーザーがオンプレミス デバイスに接続することを許可する」を参照してください。

2018/12/21

エンタープライズ コンテンツ管理

Control Hub では、エンタープライズ コンテンツ管理プラットフォームへのアクセスを構成して、Cisco Webex Teams でエンタープライズ コンテンツ管理プラットフォームを使用するための権限をユーザーに与えることができます。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub でのエンタープライズ コンテンツ管理」「Cisco Webex Control Hub でのエンタープライズ コンテンツ管理の設定の構成」、および「Cisco Webex Teams でのエンタープライズ コンテンツ管理の制限」を参照してください。

2018/12/12

Cisco BroadCloud 通話のアップデート

Cisco BroadCloud 通話はさらに多くの国でサポートされるようになりました。

詳細については、「Cisco BroadCloud 通話」を参照してください。

2018/12/05

販売管理者のロール

販売管理者の権限を有しているパートナーは、Webex のオーダーをプロビジョニングし、カスタマーの組織のためのトライアルを開始し、管理することができます。 販売管理者は、カスタマーの組織のフル管理者またはプロビジョニング管理者となることができます。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub での販売管理者ロール」を参照してください。

カスタマーの組織へのパートナー ロールでのアクセス

パートナーは、カスタマーの組織をよりよく管理できるように、カスタマーの組織のフル管理者またはプロビジョニング管理者となることができます。

詳細については、「カスタマーの組織へのパートナー ロールでのアクセス」を参照してください。

2018 年 12 月 4 日

Analytics のアップデート

Analytics のページを更新し、再構成して、保証と品質についてさらに多くの情報が得られるようにしました。

詳細については、「クラウド コラボレーション ポートフォリオのためのアナリティクス」を参照してください。

2018/11/14

録画の管理

Webex サイトの録画を管理して、組織で利用可能なストレージを最適化することができます。 たとえば、録画を検索して削除するための特定の基準を使用できます。 録画の所有者が組織を離れた場合には、別のユーザーにその録画を再割り当てすることができます。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub での録画の管理」を参照してください。

2018/10/18

ファイル共有コントロールのアップデート

ファイル共有の制約が注釈やホワイトボードに適用されるかどうかを選択できるようになりました。 たとえば、ユーザーにファイルのダウンロード、プレビュー、およびアップロードは許可しない一方で、ホワイトボードの使用と注釈の作成は許可することができます。

詳細については、「ユーザーのファイル共有を防ぐ」を参照してください。

2018/10/09

デバイスからミーティング番号のみで Webex Meeting に参加する

ユーザーがミーティング番号のみを使用して、クラウドで登録したデバイスからミーティングに参加できるようにできます。 ミーティング番号と共にダイヤルする必要があるプレフィックスおよび/またはサフィックスを設定するだけで、完了です! これが有効になると、ユーザーがクラウドで登録したデバイスから参加する任意のサイトで開催されるすべてのミーティングに適用されます。

詳細については、「Cisco Webex Cloud 登録されたデバイスで Cisco Webex Meetings への参加を容易にする」 を参照してください。

2018/09/30

ミーティング番号のプレフィックスとサフィックスの設定

ミーティング番号のプレフィックスとサフィックスを設定し、ユーザーが Webex Teams または Webex デバイスからプレフィックス、ミーティング番号とサフィックスを使用して簡単に参加できるようにすることができます。 追加するプレフィックスとサフィックスが、Cisco United CM、Telepresence Video Communication Server、Expressway またはサードパーティの通話コントローラーなど、エンタープライズ通話コントロールシステムで設定されたものと一致していなければなりません。

2018/09/20

Cisco Webex Teams でのウェブサイトのプレビューのリンク

Pro Pack を使用して、Webex Teams がユーザーにより共有されたウェブサイト リンクを表示できないようにすることができるようになりました。 この機がデフォルトで有効になっている場合、Android、iPhone、または iPad のユーザーはアプリでプレビューを見るかどうかを選択できます。

詳細については、「Cisco Webex Teams のウェブサイトのプレビュー リンクを削除する」を参照してください。

2018 年 9 月 6 日

Cisco Webex Teams の GIPHY インテグレーション

Pro Pack では、Webex Teams アプリで GIF オプションを使用して GIPHY インテグレーションを行うことができるかどうかをコントロールできます。ユーザーは他のアプリケーションからアニメーション GIF をコピーし、これらのアニメーション GIF を Webex Teams アプリに貼り付けることができます。 詳細については、「Cisco Webex Teams の GIPHY インテグレーションを削除する」を参照してください。

2018 年 8 月 15 日

Cisco Webex デバイスの Wi-Fi 探索

超音波 Proximity 検出機能を補足するために、Wi-Fi ベースのデバイス探索を有効にできます。 このようにして、超音波接続が機能しない場合、ユーザーには引き続きミーティングのためまたは画面を共有するために接続できる近くの Room デバイスのリストを引き続き提供されます。

詳細については、「Cisco Webex デバイスの Wi-Fi 探索を有効にする」を参照してください。

2018 年 7 月 19 日

CSV 経由のユーザー インポートの強化

Cisco Webex Control Hub のユーザーを一括追加または変更するために、CSV ファイルを使用する方法を変更しました。 フル管理者またはユーザーとデバイス管理者として、CSV ファイルをダウンロードして、ユーザーを追加または変更できます。

CSV ファイルをアップロードすると、ユーザー情報を処理するためのタスクが作成されます。 このタスクはバックグラウンドでサーバーを実行し、他のアクティビティに対して Control Hub の使用を続けるか、ブラウザを完全に閉じることができます。

詳細については、「CSV テンプレートを使用した Cisco Webex Control Hub の複数のユーザーの追加」 または 「CSV テンプレートを使用した Cisco Webex Control Hub のユーザーの変更」を参照してください。

任意の時点で、すべてのタスクを確認し、インポート ステータスを見直すために戻るか、アクティブなタスクを停止するか、エラー リストを見直すことができます。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub のタスクの管理」を参照してください。

  • 最大 20,000 人のユーザーを追加または変更できます。

  • このタスクは、自動ライセンス割り当てテンプレートをサポートしています。 CSV ファイルのライセンス オプションを空白のまま残し、ライセンス割り当てテンプレートが有効化されているとき、ライセンスは自動的に新しいユーザーに割り当てられます。

  • 組織に複数の CSV ファイルがある場合、1 つのファイルをアップロードし、タスクが完了したら、次のファイルをアップロードできます。

2018/06/28

ユーザーとデバイス管理者およびデバイス管理者の役割

デバイス管理者ロールおよびユーザーとデバイス管理者ロールの 2 つの新しい管理者ロールを導入しました。 これらの役割は、カスタマーまたはパートナーの組織の管理者に割り当てられる機能の詳細を提供します。

役割

Control Hub のタブ

機能

ユーザーとデバイス管理者

  • ユーザーの管理

  • エンド ユーザー デバイスの管理

  • 共有デバイスの管理

  • 場所の管理

デバイス管理者

  • エンド ユーザー デバイスの管理

  • 共有デバイスの管理

  • 場所の管理

2018/05/29

会社ネットワークでドメインのリストを許可する

Cisco Webex Control Hub Pro Pack で、Cisco Webex Teams にアクセスするために、会社ネットワーク上でユーザーが使用可能なドメインを管理できます。 これは以下のバージョンのデスクトップ アプリでサポートされています。

  • Windows 3.0.8479.0 もしくはそれ以降

  • MAC 3.0.8485.0 もしくはそれ以降

詳細については、以下を参照してください。

2018 年 5 月 24 日

欧州連合 (EU) 一般データ保護規制 (GDPR) のサポート

Cisco Webex Teams は、個人データを保護し、尊重することで GDPR をサポートします。 既存のセキュリティおよびコンプライアンス ポリシーに加えて、以下のデータとプライバシーの改善を導入しています。

  • コンシューマー組織から組織に変換するユーザーを選択すると、これらのユーザーには通知が行われ、既存のアカウントを移動するか、新しいアカウントを作成するかのオプションが与えられます。

    ユーザーがコンシューマー組織から組織に移動すると、コンテンツの所有権が転送され、保持ポリシーが適用されます。

    詳細については、「ライセンスされていない Cisco Webex Teams のユーザーの変換」を参照してください。

  • 組織を削除すると、ユーザーが生成したすべてのコンテンツも削除されます。

    詳細については、「カスタマー組織を削除する」を参照してください。

  • ユーザーが生成したコンテンツが削除され、privacy@cisco.com に情報が送信されるように要求できます。

  • Cisco Webex サイトでは、Cisco Webex サイト管理でユーザーを無効にすると、ユーザーは Cisco Webex Teams で非アクティブとしてマークされます。 30 日間アクションがない場合、ユーザーは削除されます。

詳細については、Cisco と GDPR および GDPR の Cisco Webex サポートを参照してください。

2018/05/22

外部通信をブロック

Pro Pack for Cisco Webex Control Hub を使用すると、組織のデータを保護し、組織外でのデータ共有を防止できます。 組織内のユーザーは、組織内のユーザーとのみ通信できます。

詳細は、「組織のために、Cisco Webex Teams のスペースで外部ユーザーをブロックする」をご覧ください

2018/05/21

Cisco Spark の再ブランド化

Cisco Spark は Cisco Webex Teams になりました。 詳細については、https://www.webex.com/ をご覧ください。

2018/05/17

カスタマー組織を削除する

https://www.ciscospark.com から Cisco Spark トライアルまたは https://www.webex.com から Cisco Webex トライアルを購入した場合は、Cisco Identity Service から自分のアカウントを削除できます。

詳細については、「カスタマー組織を削除する」を参照してください。

2018 年 4 月 24 日

自動ライセンス割り当て, オンボーディング レポート, および Cisco Directory Connector 3.0

自動ライセンス割り当てとオンボーディングレポート

ライセンスのテンプレートを作成できるようになりました。また、任意の方法を使用して新しいユーザーを Cisco Spark Control Hub に追加する際には、このテンプレートによって自動的にユーザーにライセンスが割り当てられます。 ディレクトリ同期を使用する前に、テンプレートが有効になっていることを確認してください。 テンプレートは、ユーザーが組織に変換されたときにも割り当てられます。 既存のユーザーのライセンスは影響を受けません。

複数のサブスクリプションがサポートされるため、テンプレートを設定するときに、サブスクリプションを選択してください。 複数のサブスクリプションから同じタイプのライセンスを選択することができ、次のサブスクリプションに移動する前に、テンプレートは、最初のサブスクリプションからすべてのライセンスを割り当てます。

詳細については、「自動ライセンスの割り当ての設定」を参照してください。

オンボードレポートには、次のものが含まれます。

  • オンボーディングユーザーの明細 - 利用可能なさまざまな方法を使用しているオンボード済みのユーザーの数を示すグラフ。

  • オンボーディング ステータス - ユーザーのオンボードの成否の数のグラフ。

  • 最近オンボードのユーザー - オンボードのユーザーの詳しいリスト

詳細については、「オンボーディング レポートを表示する」を参照してください。

Cisco Directory Connector 3.0

Cisco Directory Connector バージョン3.0 をリリースしました。 既存のインストールの場合は、アップグレード プロンプトが表示されます。新規のインストールの場合は、https://admin.webex.com の [顧客ビュー] へ移動し、[ユーザー] をクリックし、 [ユーザーの管理] > [ディレクトリ同期を有効にする] を選択します。

このリリースには、次の機能の更新と拡張機能が含まれています。

  • 単一のフォレストまたは複数のフォレストに複数のドメインを持つ Active Directory の展開をサポートします (AD LDS を必要としません)

  • Proxy NTLM をサポートします

  • userPrincipalName (Active Directory 属性) を uid (クラウド属性) にマッピングできます

  • TLS 1.2 をサポートします

これらの機能と文書類の更新に関するさらに詳しい情報は、「Cisco Directory Connector の展開ガイド」 (https://www.cisco.com/go/hybrid-services-directoryにあります) の「新規および変更セクション」をご覧ください。

2018 年 4 月 20 日

Expressway リソース容量

Cisco Spark Control Hub を使用して、Hybrid Services Expressway リソースのそれぞれの現在のユーザー容量の割合 (パーセント値) を表示できます。 また、容量が許容範囲内であるかどうかを確認するためのカラーバーも表示されます。 この表示により、ハイブリッドサービスの展開の正常性を評価し、より多くの Expressways が必要な時の指針となります。

この機能に関する詳細とカレンダーと通話の最新の容量の数値を確認するには、「Expressway ベースの Cisco Spark ハイブリッド サービスに関するユーザー容量制限」を参照してください。

2018 年 4 月 9 日

Cisco Spark デバイス用のハイブリッド通話サービス

ハイブリッド通話サービスを組織に設定している場合は、Cisco Spark Control Hub の Cisco Spark プレースに追加される Cisco Spark デバイス (Room、Desk、および Cisco Spark Board のデバイス) にハイブリッド通話サービス機能を提供できます。 Cisco Spark デバイスはクラウドに登録されており、ハイブリッド通話サービス接続で有効になっているとき、エンタープライズで可視化されます。

たとえば、場所のデバイスがクラウドに登録されていても、Unified CM 展開を通して提供される回線と PSTN サービスを提供できます。 ユーザーはこれらのデバイスに通話し、ミーティングに参加できます。また、ユーザーはこれらのデバイスを使用して、他の内線や番号にダイヤルできます。

組織とプレースの Cisco Spark デバイスに対するハイブリッド通話サービスを設定することについての詳細は、「Cisco Spark ハイブリッド通話サービスの展開ガイド」を参照してください。 新しいプレースを設定し、サービスを追加する場合は、「プレースに共有デバイスを追加する」を参照してください。既存のプレースについては、「Cisco Spark Room デバイスを使用して既存のプレースにサービスを追加する」を参照してください。

2018 年 2 月 12 日

Webex Teams および Cisco Webex Meetings のすべての参加者に対するマルチストリーミング サポート

所属組織が Cisco WebEx ビデオ プラットフォーム バージョン 2.0 にアップグレードすると、Cisco WebEx、Cisco Spark アプリ、Cisco Spark Board、会議室またはデスク デバイス、もしくは IX5000 などのその他のビデオ デバイスのいずれから参加しているかにかかわらず、ミーティング エクスペリエンスを改善するマルチストリーミング機能から恩恵を受けます。

詳細については、「Cisco Spark および Cisco Webex Meetingsのすべての参加者に対するマルチストリーミング サポート」を参照してください。

2017/12/15

ファイル共有コントロール

Cisco Spark Control Hub 用の Pro Pack を使用すれば、Webex のファイル共有方法をコントロールすることができます。 データの損失を防ぐ場合、マルウェアの懸念を排除する場合、特定の Webex アプリでポリシー コントロールを適用する場合には、ユーザーが Webex アプリからファイルをダウンロード、プレビュー、アップロードすることを制限できます。

詳細については、「ユーザーのファイル共有を防ぐ」を参照してください。

2017/12/12

Cisco Spark Message でボイスメールが利用可能に

ボイスメールのメッセージ確認がより簡単になりました! 組織内の人物がボイスメールをいつでも受け取り、録音されたメッセージが添付され、Cisco Spark スペースで速記されるように、ボイスメール設定を構成します。

詳細については、「Cisco Spark 組織にボイスメール設定を選択する」を参照してください。

2017 年 11 月 28 日

Cisco Spark ハイブリッド通話サービス向けハイブリッド接続性テスト ツール

ハイブリッド接続性テスト ツールを追加して、ハイブリッド通話展開設定がより円滑になるようにサポートします。 Expressway-E にアドレスを入力するとき、ツールにより TLS 接続が開始され、Expressway-E が到達可能で安全であるかどうか判断します。 何かが間違っている場合、いくつかの役立つトラブルシューティング ヒントを入手できます。

詳細については、Cisco Spark ハイブリッド通話サービス展開ガイドを参照してください。

2017/11/13

ユーザーと場所に割り当てられた卓上電話の電話ボタン レイアウト

組織内のユーザーが卓上電話のボタンの順番を変更したり、プライマリ回線とスピード ダイヤル間に空のスペースを設けたりしたい場合があります。 プライマリ回線の下の電話ディスプレイの右上に、新しい通話機機能が表示されていることを確認できます。

詳細については、「ユーザーおよび場所の電話ボタン レイアウトを変更する」を参照してください。

2017/10/12

ミーティング リスト、ミーティング スケジュール通知、その他の参加方法

Cisco Spark for Windows および Mac にミーティングのリストを追加したため、ユーザーは今後 4 週間の会ミーティング スケジュールを確認できます。 ユーザーのミーティング リストには [参加] ボタンが表示され、ミーティング開始の 5 分前には、スケジュールされたミーティングのあることが通知されます。

ミーティング リストと [参加] ボタンを確認するには、Microsoft Exchange または Microsoft Outlook 365 および Hybrid Calendar Service が必要です。 [参加] ボタンは Cisco Spark Room または Desk デバイスにも表示されます。これは、[ロケーション] フィールドでミーティング スケジューラが @spark を使用していて、会議室としてミーティングにデバイスを追加するとき、Calendar Service に有効です。(この機能は One Button to Push として知られており、Cisco Unified Communications Manager に登録されているデバイスでも利用可能で、Cisco TelePresence Management Suite によって管理されています。)

Cisco Spark ハイブリッド カレンダー サービス展開ガイドを参照して、最初にサービスを設定し、これらの機能を有効にします。 Calendar Service をすでに持っている場合、Cisco Spark Room または Desk デバイス向けに OBTP を設定するには、「ビデオ デバイスでミーティングに参加しやすくする」を参照してください。 (既存の Calendar Service 展開に対して、ミーティング リストと Cisco Spark アプリ [参加] ボタンを追加するために、他に設定することはありません。)

2017/08/23

Cisco Spark と Jabber の相互運用性

ユーザーが Cisco Spark と Cisco Jabber の両方にサイン インしている場合、両方の機能が使えるようになるため、いずれのアプリでも他方のアプリと相互に通信することができるようになります。

詳細については、「Cisco Spark と Jabber のための相互運用性のセットアップ」を参照してください。

2017/08/21

Cisco Spark Control Hub の導入

Cisco Cloud Collaboration Management は Cisco Spark Control Hub に名前が変更されました。

Cisco Spark Control Hub の標準製品には、新しいコンプライアンスとアナリティクス機能が含まれています。

Pro Pack for Cisco Spark Control Hub は、高度なセキュリティ、コンプライアンス、アナリティクスを備えています。

詳細については、「Cisco Spark Control Hub の Pro Pack」 を参照してください。

スタンダードPro Pack
セキュリティ
Hybrid Data Security オンプレミス キー管理はい
カスタム セキュリティの設定はい
コンプライアンス
eDiscovery 検出・抽出ツール90 日間のデータが利用可能無制限のデータが利用可能
Events API90 日間のデータが利用可能無制限のデータが利用可能
分析
基本レポート90 日間のデータが利用可能365 日間のデータが利用可能
長期履歴レポーティング365 日間のデータが利用可能
ドリルダウンおよび検出機能が付属するカスタム レポートはい

リアルタイム ミーティング診断

7 日間のデータが利用可能

2017/06/28

Cisco Spark 通話ダイヤル プランの構成

Cisco Spark 通話を使用すると、ルーティング プレックスと内線番号の長さを指定することができるようになりました。 ダイヤル プランはカスタマイズ機能が拡充されました。

詳細については、「Cisco Spark 通話ダイヤル プランの構成」を参照してください。

2017/06/23

コール ピックアップを使ってユーザーのスピード ダイヤルを実現

コール ピックアップを使ってスピード ダイヤル (内線番号と URI のみ) を構成することができるようになりました。 この機能を構成したユーザーは、対応するスピード ダイヤル ボタンを押すだけで、同僚の電話に応答することができます。

この機能に関する詳細は、 https://help.webex.com/nqufguf の Webex Calling (旧Webex Call) のドキュメントを参照してください。