ミーティングをスケジュールすると、システムから招待したユーザーにメールが自動的に送信され、ユーザーは通知を受けることができます。 招待を変更するか、キャンセルすると、システムはすべてのユーザーに新しいメールを自動的に送信し、彼らを最新の状態に保ちます。

1

Webex サイトにサインインし、[ミーティングをスケジュールする] を選択します。

2

(任意)[ミーティングテンプレート] を保存している場合は、[ミーティングテンプレート] から 1 つ選択できます。

3

次の情報を入力して基本情報を追加します。

  • ミーティングタイプ:ミーティングタイプはサイトで利用できるミーティング機能のデフォルトまたはカスタマイズされたセットです。 アカウントには、1 つ以上のミーティングタイプを関連付けることができます。
  • ミーティングトピック:出席者にわかりやすく、楽しみに思えるようなトピックを選択します。
  • 日時 - ミーティングの開催日時を示します。 異なるタイムゾーンにいるユーザーを招待する場合は [参加]ボタンをタイムゾーンのプランナー全員にとって最適な時間を見つけることができます

    [繰り返し] チェックボックスをオンにして、毎日、毎週、毎月など、ミーティングを繰り返し設定することもできます。

  • 招待ユーザー—ミーティングに招待するユーザーのメールアドレスを入力します 。 彼らがこのサイトのアカウントを持っている場合は、を選択し共同主催者。
  • 議題—今後のミーティングに関して出席者に伝えたいコンテキストまたは詳細を追加します。
4

サイト管理者がトラッキングコードを有効にしていた場合は、[トラッキングコードの編集] をクリックして、必要な情報を入力します。

5

[セキュリティ] セクションで、以下の情報を追加します。

  • ミーティングパスワード:提供されたパスワードを使用するか、自分のパスワードを入力します。 出席者がミーティングに参加する際に、このパスワードの入力が求められます。
  • パスワードを含めない—招待メールにミーティングパスワードを記載したくない場合は、このチェック ボックスをオンにします。
  • 自動ロック—ミーティング開始後にロックするには、このチェックボックスをオンにします。
  • ロック解除されたミーティング—ミーティング招待に含まれていないユーザーのためのオプションを選択します。
    • ゲストはミーティングに参加できる

    • ゲストは主催者が許可するまでロビーで待機する

    • ゲストはミーティングに参加できません

  • 主催者より早く参加-パネリストと出席者がミーティングに参加し、パネリストがミーティングが開始する前に音声に接続することを許可します。
6

[音声接続オプションセクションで、次の情報を追加します。

  • 音声接続タイプ
    • Webex音声 — コールイン、コールバック、コンピューター音声のオプションをサポートするかどうかを選択します。 また、無料通話や国際コールイン番号を追加したり、誰かがウェビナーに参加または退席した際に聞こえる音を設定したりすることもできます。

       
      Webex音声を名前をアナウンス機能、音声にコンピューターを使用オプションが自分の名前を録音することもアナウンスすることもできない
    • VoIPのみを使用—すべてのパネリストがコンピューターの音声を使用することを制限します。
    • 他の電話会議サービス—サードパーティの電話会議情報を入力できます。
    • なし—音声はありません。
  • パネリストをミュート
    • 主催者と共同主催者が参加者をミュート解除(モデリングされたミュート解除モード)を許可する:主催者と共同主催者は、ミュート解除要求を送信することなく、参加者および SIP ベースのビデオ デバイスを直接ミュート解除できます。
    • ミーティングミーティングにミュート解除することができます。

       
      主催者または共同主催者のみが出席者の共同主催者を解除できるようにする場合は、このオプションを選択しないでください。
    • 出席者がミーティングに参加する時は常にミュートに設定する - 出席者がミーティングに参加する時に、出席者を自動的にミュートします。 出席者が挙手をできるようにするには、次を参照してください。 Webex Meetings、 Webex Webinars、 Webex Events (クラシック) で挙手するを選択します。
7

クリックアドバンスト オプションを参照してください。共同主催者、ブレイクアウト セッション、登録などの追加オプションがあります。

8

これらの設定を保存して今後のテンプレートとして使用するには、[テンプレートとして保存] をクリックします。

9

すぐにミーティングを開始する場合は、[開始] をクリックします。後でミーティングを行う場合は [スケジュール] をクリックします。

スケジュールされたミーティングについては、次のリンク先からミーティングを開くことで、ミーティングをカレンダーに追加できます。ミーティング次のページにアクセスしてください:自分のカレンダーに追加する自分のカレンダーに追加するを選択します。 このオプションは、このミーティングの名前の隣に表示されます。

iCalender (.ics) ファイルのダウンロード。 .ics ファイルを選択して、ミーティングを受け付けます。 ミーティングに他の人を招待するために、.ics ファイルをメールの添付ファイルとして含めます。