ミーティングをスケジュールすると、システムから招待したユーザーにメールが自動的に送信され、ユーザーは通知を受けることができます。 招待を変更するか、キャンセルすると、システムはすべてのユーザーに新しいメールを自動的に送信し、彼らを常に最新の状態に保ちます。

1

Webex サイトにサインインし、[ミーティングをスケジュールする] を選択します。

2

(任意)[ミーティングテンプレート] を保存している場合は、[ミーティングテンプレート] から 1 つ選択できます。

3

次の情報を入力して基本情報を追加します。

  • ミーティングタイプ:ミーティングタイプはサイトで利用できるミーティング機能のデフォルトまたはカスタマイズされたセットです。 アカウントには、1 つ以上のミーティングタイプを関連付けることができます。

  • ミーティングトピック:出席者にわかりやすく、楽しみに思えるようなトピックを選択します。

  • ミーティングパスワード:提供されたパスワードを使用するか、自分のパスワードを入力します。 出席者がミーティングに参加する際に、このパスワードの入力が求められます。

  • 日時 - ミーティングの開催日時を示します。 異なるタイム ゾーンのユーザーを招待する場合は、[タイム ゾーンのプランナー] をクリックすると、全員にとっての最適な時間を見つけられます。

    [繰り返し] チェックボックスをオンにして、毎日、毎週、毎月など、ミーティングを繰り返し設定することもできます。

  • 出席者:ミーティングに招待する出席者のメール アドレスを入力します。 ユーザーがこのサイトでアカウントを持っている場合、名前の隣のを選択して共同主催者にすることもできます。

4

サイト管理者がトラッキングコードを有効にしていた場合は、[トラッキングコードの編集] をクリックして、必要な情報を入力します。

5

ユーザーがミーティングにコールする方法や、アジェンダを追加する方法などをカスタマイズするには、[高度なオプションの表示] をクリックします。

6

これらの設定を保存して今後のテンプレートとして使用するには、[テンプレートとして保存] をクリックします。

7

すぐにミーティングを開始する場合は、[開始] をクリックします。後でミーティングを行う場合は [スケジュール] をクリックします。

スケジュールされたミーティングについては、[ミーティング] > [マイ カレンダーに追加]自分のカレンダーに追加する を選択することにより、カレンダーにミーティングを追加できます。 このオプションは、このミーティングの名前の隣に表示されます。

iCalender (.ics) ファイルのダウンロード。 .ics ファイルを選択して、ミーティングを受け付けます。 ミーティングに他の人を招待するために、.ics ファイルをメールの添付ファイルとして含めます。