Salesforce から Webex にサインインする

1

Salesforce のホームページから Webex を選択します。

2

[サインイン] を選択します。

3

メールアドレスを入力して、[次へ] を選択します。

オブジェクトに基づいた Webex スペースを Salesforce で作成できます。 オブジェクトは、Salesforce が Salesforce の組織に固有のデータを保存できるようにするデータベース テーブルです。

自分がメンバーになっているスペースは、Salesforce で見ることができます。 Salesforce オブジェクトに基づくスペースを作成すると、作成したスペースにそのオブジェクトの所有者が自動的に追加されます。

1

Salesforce のホームページから商談を作成するか、すでに作成した商談を選択します。

2

[スペースを作成する] を選択します。

3

スペース名を入力し、スペースにユーザーを追加し、[作成] を選択します。

Salesforce の Webex スペース ウィジェット

既存の Webex スペースを Salesforce の商談にリンクして、どの商談が議論されているかを全員が認識できるようにします。

1

Salesforce のホームページから、オブジェクトを選択します。

2

[既存のスペースをリンクする] フィールドで、リンクするスペースの名前を検索します。

3

リンクするスペースの横にある [リンク] を選択します。


 

複数の Webex スペースを同じオブジェクトにリンクできます。

オブジェクトからスペースへのリンク解除、スペース名の変更、スペースへのユーザーの追加または削除を、すべて Salesforce から行うことができます。

1

Salesforce のホームページから、管理するスペースがリンクされているオブジェクトを選択します。

2

情報 i を選択します。

3

選択:

  • [スペースのリンクを解除] を選択すると、オブジェクトからスペースのリンクを解除できます。

  • [このスペースを編集] を選択すると、スペース名の更新やユーザーの追加、削除ができます。

4

[保存] を選択します。

商談に関連した Webex Meeting をスケジュールできます。

1

Salesforce のホームページから、ミーティングをスケジュールするオブジェクトを選択します。

2

[ミーティングのスケジュール] を選択します。

3

ミーティングの議題を入力します。

4

ミーティングの日付時間を選択します。

5

出席者 をミーティングに追加し、[スケジュール] を選択します。


 

[スペースから追加] を選択すると、このオブジェクトにリンクされているスペースの 1 つからすべてのユーザーを追加します。

Salesforce の商談ページで、Webex ミーティング ウィンドウをスケジュールします。

Salesforce のホームページから、次のいずれかを選択します。

  • [参加][開催予定のミーティング] リストから選択します。

  • ミーティングを開始するオブジェクトを選択し、[参加] をクリックします。

  • オブジェクトを選択して、[マイ パーソナル会議室] をクリックします。 パーソナル会議室が開始され、パーソナル会議室のリンクを持っているユーザーなら誰でも参加できます。

1

Salesforce のホームページから、ミーティングを記録したオブジェクトを選択します。

2

[過去] を選択し、記録された議事録を選択します。

グローバル ダイヤラーを使用すると、電話番号を知っている相手なら誰にでも Salesforce から直接電話をかけることができます。

1

Salesforce の任意のページから、Webex を選択します。

2

[通話] をクリックし、電話番号を入力して、[音声通話] を選択します。

Salesforce の商談ページの左下にあるダイヤルパッド。
3

Webex で電話をかけることを確認します。

Salesforce オブジェクトに関連付けられている連絡先を呼び出すことができます。

1

Salesforce のホームページから、呼び出したい連絡先が関連付けられているオブジェクトを選択します。

2

[発信する] を選択します。

商談の連絡先リストが Salesforce の商談ページに表示されます。