Cisco Webex Teams と Jabber の相互運用性


この記事では、お使いのクラウドベースの Jabber 展開と Webex Teams の相互運用性を説明しています。 これは、オンプレミス jabber 展開とWebex Teamsユーザー間の相互運用性とは異なります (展開の詳細については、https://www.cisco.com/go/hybrid-services-message を参照してください)。

Cisco Webex Teams/ Jabber Interop 設定の有効化:

  • Webex Teams および Jabber アプリ間でメッセージの送受信が可能です。

  • 連絡が を使用して行われている場合、Jabber ユーザーには、Cisco Webex TeamsオンWebex Teams のステータスが表示されます。

配置要件

Cisco Jabber クラウドの配置のみサポートしています。

この設定を有効にする前に、以下をチェックします。

  • Cisco プラットフォーム ID サービスにあなたの組織が追加されている必要があります。 Cisco Webex Control Hub を確認して、組織が追加されているか確認できます。 組織が追加されていない場合は、Cisco Customer Support チームまたは Cisco Customer Success Manager に連絡し、Cisco プラットフォーム ID サービスにあなたの組織を追加するように要求できます。 ID サービスにユーザーを追加するプロセスは、完了までに少しお時間を頂きます。

    Cisco カスタマサポートまたは Cisco カスタマーサクセスマネージャーの要求処理の詳細については、このサポート記事を参照してください。

    Cisco Jabber (Webex Messenger) および Webex Teams ドメインは、Cisco プラットフォーム ID サービスに同期される Webex Messenger Org に対して固有である必要があります。

    Cisco ディレクトリコネクタは Control Hub で無効にしておく必要があります。ユーザー管理の方法は、Jabber クラウド展開でのユーザーの管理方法とは互換性がありません。

既知の制限

  • ユーザーは Jabber と Webex Teams の間でのみテキストを送信できます。他のコンテンツを送信することはサポートされていません。

  • スペースでは 1 人にだけメッセージを送信することができます。グループスペースにメッセージを送信することはできません。

  • エンドツーエンド AES 暗号化はサポートされていません。

  • すべてのユーザーは、 Cisco Webex Teams/jabber Interop 設定が有効になっている必要があります。

    相互運用が有効になっていない Jabber ユーザーが、Jabber にサインインしていない相互運用可能なユーザーにメッセージを送信しようとすると、 「このユーザーは現在 jabber でオフラインになっており、メッセージを配信できません」というメッセージが表示されます。

Jabber 要件

Cisco Jabber client 11.9 もしくはそれ以上。

以下のパラメーターが、jabber-config.xml file:[False] で [False]<Persistent_Chat_Enabled> に設定されていることを確認します。</Persistent_Chat_Enabled>

AES 暗号化は、Cisco Webex Messenger 管理ツール (Org 管理者) で無効にする必要があります。 [ポリシー エディタ] タブで、 [IM 設定のエンドツーエンド暗号化のサポート]を無効にします。

Cisco Webex Control Hub [設定]

組織全体または特定のユーザーに、Cisco Webex Teams/ Jabber InteropControl Hub 設定を有効にできます。 CSV ファイル ユーザー設定で選択するサービスの 1 つとして、設定も使用可能です。

ユーザー向けに Cisco Webex Teams および Jabber 間のメッセージ送信を設定する

ユーザーが Webex Teams および Cisco Jabber を使用している場合、この設定を使用して、両方のアプリユーザーがお互いに通信可能にできます。

1

https://admin.webex.com のカスタマー ビューから [サービス] に移動して、[メッセージ] > Webex Messengerに進みます。

このオプションが表示されない場合、Cisco Customer Support チームまたは Cisco カスタマー サクセス マネージャーに連絡し、Cisco プラットフォーム ID サービスにあなたの組織を追加するように要求します。 ID サービスにユーザーを追加するプロセスは、完了までに少しお時間を頂きます。

2

[オプション] までスクロールして、を選択し、Cisco Webex Teams / Jabber Interop をクリックして [保存] をクリックします。

ユーザー向けに Cisco Webex Teams および Jabber 間のメッセージ送信を設定する

ユーザーが Webex Teams で、Jabber を使用している場合、この設定を使用して、Webex Teams および Cisco Jabber 両方のアプリユーザーがお互いに通信可能にできます。

始める前に

ユーザー向けのこの設定を確認する前に、組織向けに Webex Teams および Jabber 間のメッセージ送信を設定する必要があります。

1

https://admin.webex.com のカスタマー ビューから [ユーザー] に移動します。

2

ユーザーをクリックして、[メッセージ無料] または [メッセージ有料] をクリックします。

3

Cisco Webex Teams / Jabber Interop をクリックして [保存] をクリックします。

ユーザー向けに Cisco Webex Teams および Jabber 間のメッセージ送信を設定する

1

https://admin.webex.com のカスタマー ビューから [ユーザー] に移動し[ユーザー管理] をクリックします。

2

[CSV テンプレートでユーザーをインポートおよびエクスポートする] を選択し、[次へ] をクリックし、[エクスポート] をクリックします。

3

ダウンロードした CSV ファイルを編集し、Cisco Webex Teams / Jabber Interop 列を TRUE として更新して、ファイルを保存します。

4

[インポート] をクリックし、自分のファイルを選択して [開く] をクリックします。

5

[サービスのみ追加のみ] または [サービスの追加および削除] のいずれかを選択し、[提出] をクリックします。