ウォーター マーク
2020年6月12日 | 回表示 | 人がこの投稿が役に立ったと考えています

Webex デスクトップ アプリを更新できません

Webex デスクトップ アプリを更新できません。

エラー: 「Webex サイトのセキュリティ証明書が信頼された証明機関から発行されたものではないため、Cisco Webex Meetings を更新することができません。 このエラーの原因は、電子署名証明書を使用している、お使いのファイアウォールが失効サーバーへの外部アクセスをブロックしている、またはネットワークへの接続に問題があることが考えられます。 アシスタンスについては管理者まで問い合わせてください。

この記事の原文は英語で書かれており、機械翻訳されています。 英語から多言語への機械翻訳の精度、正確性、または信頼性に関しては、明示的にも、暗黙にも、いかなるタイプの保証も行いません。 Cisco はこの内容の不適切な翻訳または情報の使用により生じた, 不正確な情報, 誤り, 損害に対して責任を負いません。

問題の説明: 青の更新ボタン経由で WDA を更新しようとすると、顧客には次のエラー メッセージが表示されます。「Webex サイトのセキュリティ証明書が信頼された証明機関から発行されたものではないため、Cisco Webex Meetings を更新することができません。 このエラーの原因は、電子署名証明書を使用している、お使いのファイアウォールが失効サーバーへの外部アクセスをブロックしている、またはネットワークへの接続に問題があることが考えられます。 アシスタンスについては管理者まで問い合わせてください。」

原因: 一部のロックダウン環境では、証明書が期限切れになった後で、証明書をインストールするためのユーザー アクセスがない可能性があります。

次の中間証明書をインストールします。

  1. 中間証明書は次のアドレスからダウンロードします。http://cacerts.digicert.com/DigiCertSHA2AssuredIDCodeSigningCA.crt
  2. ダウンロードした証明書ファイルをダブルクリックして開きます。
  3. [証明書のインストール...] ボタンをクリックして、[証明書インポート ウィザード] ウィンドウを開きます。
  4. ストア ロケ―^ションとして [ローカル マシン] を選択し、[次へ] をクリックします。 [UAC] ダイアログがポップアップしたら、承認します。
  5. [証明書をすべて次のストアに配置する] を選択し、[中間証明機関] を証明書ストアとして使用して、[OK] をクリックします。
  6. [次へ] ボタンをクリックします。
  7. [終了] ボタンをクリックします。

次のルート証明書をインストールします。
  1. ルート証明書は次のアドレスからダウンロードします。http://cacerts.digicert.com/DigiCertAssuredIDRootCA.crt
  2. ダウンロードした証明書ファイルをダブルクリックして開きます。
  3. [証明書のインストール...。。 ボタンをクリックして、[証明書インポート ウィザード] ウィンドウを開きます。
  4. ストア ロケ―ションとして [ローカル マシン] を選択し、[次へ] をクリックします。 [UAC] ダイアログがポップアップしたら、承認します。
  5. [証明書をすべて次のストアに配置する] を選択し、[信頼されたルート証明機関] を証明書ストアとして使用して、[OK] をクリックします。
  6. [次へ] ボタンをクリックします。
  7. [終了] ボタンをクリックします。

この投稿は役に立ちましたか?

関連の投稿記事

最近閲覧した投稿記事