ウォーター マーク
2021年3月4日 | 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

BSoD (Blue Screen of Death) が Webex Meetings を使用している間に表示される

BSoD (Blue Screen of Death) が Webex Meetings を使用している間に表示されます。

どのログがWebex の使用中に BSoD のケースをキャプチャしますか?

BSoD が表示されると、Windows は Webex Meetings を使用している間に完全に無反応になります。

原因:
BSoD(Blue Screen of Death)は、デバイスドライバやハードウェアの誤作動が原因で発生している可能性があり、互換性のない DLL やオペレーティングシステムカーネルのバグも BSoD の原因となります。

解決方法:
ミーティング中にウェブカメラのビデオを開始したり、VoIP を使用して音声に接続したりすると、BSoD が表示される場合があります。

ユーザーにより追加されたイメージ

Webex Meetings の使用中に BSoD が表示された場合は、以下のログを用意してテクニカルサポートに連絡してください。

  • イベント ビューア ログ:
  1. [Windows] キー + [R] を押して、[実行] ボックスを開きます。
  2. [開く:] フィールドに「C:\Windows\System32\winevt\」(C: がシステムドライブの場合)と入力し、[OK] をクリックします。
  3. Logs フォルダーを右クリックして、[送信先] > Compressed (zipped) フォルダー にアクセスします。
  4. プロンプトで Yes を選択して、デスクトップに zip されたフォルダーを保存します。
  • Windows メモリー ダンプ:
  1. [Windows] キー + [R] を押して、[実行] ボックスを開きます。
  2. [開く:] フィールドに「C:\Windows\」(C: がシステムドライブの場合)と入力し、[OK] をクリックします。
  3. MEMORY.DMP という名前のファイルをコピーします
メモ: Windows は、占有するスペースが少ない小さなメモリダンプをキャプチャすることもできます。 これらのダンプは、C:\Windows\Minidump に作成されます(C: がシステムドライブの場合)。
  • システム情報:
  1. [Windows] キー + [R] を押して、[実行] ボックスを開きます。
  2. [開く:] フィールドに「msinfo32」と入力し、[OK] をクリックします。
  3. [ファイル] > [保存] にアクセスし、このファイルの名前を指定し、希望の場所に保存します。

これらのログを Webex サポート担当者に提供すると、問題の調査がスピードアップされます。

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事

最近閲覧した投稿記事

×