ドメインは直ちに変更されないため、営業時間後またはメンテナンス期間中に Webex SIP のサブドメインの変更の実施を推奨します。

始める前に

Webex デバイスのハイブリッド通話の展開の場合、既存の SIP アドレスを ciscospark.com アドレスに移行する際には、「Cisco Webex Hybrid Call Service の Cisco Webex ドメインへの移行」ガイドを使用します。

サブドメインを編集するオプションが表示されない場合、組織の Hybrid Call Service Connect を最初にアクティブ化解除する必要があります。 [サービス] > [ハイブリッド] の順に移動し、ハイブリッド通話カードの [設定の編集] を選択し、Call Service Connect までスクロールして、[非アクティブ化] をクリックします。 この手順を実行すると、一時的にクラウド通話組織に変換されます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [管理] > [組織設定] に進み、[Cisco Webex 通話の SIP アドレス] までスクロールします。

2

[サブドメインの編集] をクリックし、次のいずれかを選択します。

  • 新しい Webex サブドメインを追加 - 新しいサブドメイン値を入力し、[利用可能状況を確認] をクリックします。 webex.com アドレスが表示されます。

  • ciscospark.com アドレスで既存の SIP アドレスを移行する-[利用可能時間を確認する] をクリックして、現在の ciscospark.com アドレスと webex.com アドレスの両方を表示します。 このオプションは、新しい Cisco Webex ブランド アドレスに移行する際に、後方互換性を保持します。

  • 既存の Webex サブドメインを変更 - 新しいサブドメイン値を入力し、[利用可能状況を確認] をクリックします。 webex.com アドレスのみが表示されます。 以前の ciscospark.com アドレスは保持されません。

3

[保存] をクリックします。

  • 既存の SIP アドレスを移行した場合は、[OK] をクリックし、これが Webex SIP アドレスを追加する移行プロセスをトリガーします。 [更新履歴の表示 (タスク)] をクリックすると、SIP アドレス変更の状態が表示されます。 問題がある場合は、エラーを確認してから、[タスクを再実行] をクリックします。


     

    移行が完了したら、ワークスペースまたはパーソナル モードにある Webex 登録デバイス (会議室、卓上、Board) には、ciscospark.com アドレスがプライマリとして表示される場合があります。 この処理には最大 24 時間かかる場合がありますが、この間は通話には影響ありません。

  • Webex SIP アドレスは各ユーザーに自動的に作成されます。 お客様のユーザーまたはワークスペース向けにアドレスが作成されない場合、サポートに連絡してください

次に行うこと

既存の SIP アドレスを移行している場合は、SIP アドレスの変更が完了したかどうかを確認することができます。

Control Hub で検証する場所

期待される結果

ユーザー

[管理] > [ユーザー] に移動し、任意のユーザーをクリックして、[通話] をクリックすると、プライマリとバックアップの SIP アドレスのエントリが表示されます。

場所

[管理] > [ワークスペース] に移動し、任意のワークスペースをクリックして概要ペインを開き、[通話] までスクロールすると、プライマリとバックアップの SIP アドレスのエントリが表示されます。

ハイブリッド通話展開で、サブドメインと Webex SIP アドレスが更新された後、組織の Hybrid Call Service Connect を再度有効化します。 [サービス] > [ハイブリッド] の順に移動し、ハイブリッド通話カードの [設定の編集] を選択し、Call Service Connect までスクロールして、[アクティブ化] をクリックします。