証明書の問題のため、ミーティング/音声に参加できない

複数の地域のミーティングで、ユーザーがミーティング/コンピューター音声に参加/開始できない

複数の地域で、ユーザーがデスクトップからミーティング/音声に参加できません。

以下の問題があります。
  • US クラスタの開始または参加ができない。
  • 画面共有ができない。
  • Control Hub からサインインできない。

Firefox から Control Hub にサインインできないユーザーは、Chrome を使用してみてください。

デスクトップで新しい HydrantID 証明書を信頼できないというエラーが発生した場合は、以下の手順に従ってください。

  1. 次の証明書がお使いのコンピューター上に存在することを確認してください。 QuoVadis Root CA2、ダウンロード リンク: https://www.quovadisglobal.com/QVRepository/DownloadRootsAndCRL/QuoVadisRootCA2-PEM/)
  2. 証明書がない場合は、証明書を追加するために IT ヘルプデスクに連絡してください。
  3. 上記の証明書が存在する場合、ネットワーク管理者は、次を許可する必要があります。 *.quovadisglobal.com
会議端末および Expressway からミーティングに参加する際の証明書の問題については、「2021 年 3 月からの Cisco Webex サービスの新しいルート証明機関」を参照してください。

この投稿記事は役に立ちましたか?