RedSky を使用した E911 緊急コール

このインテグレーションを使用すると、Cisco BroadWorks ユーザーが Webex の E911 緊急サービスを利用できるようになります。 ユーザーが E911 緊急通話を発信すると、RedSky がユーザーのロケーションを検索し、通話を適切な Public Safety Answering Point (PSAP) にルーティングします。 手配者は必要に応じて、緊急サービスをユーザー ロケーションに送り、支援を提供することができます。

このインテグレーションは、レイバウム法フェーズ 2 に準拠しています。 タブレットなどのモバイル デバイスを含むすべての端末のコンプライアンスは 2022 年 1 月に提供される予定です。

展開方法

RedSky サービスは、ユーザー ロケーション サービスと、米国、その準州、およびカナダを中心に、緊急通報センター (PSAP) への緊急通話をルーティングするネットワークを提供します。 サービスはロケーション単位で有効になっています。 ロケーションが有効になると、そのロケーションに割り当てられたすべての電話とクライアントから発信された緊急通話 (緊急通話の場合は 911、テスト コールの場合は 933) で RedSky のサービスが使用されるようになります。 RedSky サービスは以下を実行します。

  • 検索 - RedSky はユーザーのロケーションを検索します。 Webex アプリとデスクフォンの両方から MAC またはネットワーク情報が RedSky サービスに送信され、会社のワイヤーマップを使用してロケーションが特定されます。 Webex アプリのユーザーの場合、ロケーションを判断できないときは、ロケーション情報の入力を求めるメッセージが表示され、その後 Redsky に送信されます。

  • ルーティング - 911 と 933 の通話の場合、ロケーション情報 が SIP ヘッダーに追加されます。これにより、ユーザーが Redsky ユーザーであると識別されます。 通話は RedSky によってそのロケーションの適切な PSAP にルーティングされます。

  • 通知 - RedSky は適切なスタッフに通知を送信します (例: セキュリティまたは緊急サービス)。

RedSky は以下のタスクを処理します。

  • 配信可能なロケーションに緊急通話をマッピングする、パートナー/顧客が設定したデータベースを管理します

  • 発信デバイスの派遣可能なロケーションに基づいて、RedSky は緊急通話を適切な PSAP に転送します。 PSAP で緊急スタッフの派遣先とコールバック番号を把握できるように、この通話にはロケーション情報が含まれます。

  • オプションの通知をエンタープライズ担当者に生成します。

  • 強化されたライセンスを含むサブスクリプションについては、エンタープライズ ユーザーによる緊急通話に組織のスタッフをブリッジし、ポップ通知を提供します。

ロケーションの検出

RedSky は、 HELD と HELD 以外の 2 種類の主要なロケーション検出をサポートします。

  • HELD 対応デバイス (Webex アプリまたはマルチプラットフォーム ファームウェア (MPP) デバイス) では、ロケーションの検出はネットワーク探索に基づいています。 HTTP Enabled Location Delivery (HELD) プロトコルはネットワーク環境情報を RedSky HELD サービスに報告します。 この情報には、アップストリーム スイッチ、ワイヤレス アクセス ポイント (FID) BSSID、IP アドレス、MAC アドレスが含まれます。 HELD 情報の送信方法は、以下のように MPP デバイスと Webex アプリで異なります。

    • MPP デバイスは HELD を使用します。 電話が登録されると、デバイスのネットワーク情報を含む HTTP リクエストを RedSky に送信します。 HELD サーバーは、この情報を使用してロケーションを決定します。

    • Webex アプリは HELD+ を使用します。 標準的な HELD 情報に加えて、ユーザー ID が Webex アプリから RedSky に送信されます。 RedSky はこの情報を使用して、ユーザーとデバイスのロケーションを決定します。 ロケーションが不明の場合、Webex アプリではユーザーにアドレスの入力を求めるメッセージが表示されます。

  • HELD 非対応のデバイス (セルラー アクセスが行われていないモバイル デバイス、ソフトフォンクライアント、Cisco ATA、cisco DECT システム、および Cisco 製以外の顧客の機器) については、テストまたは緊急通話でアサートされた発信者 ID に基づいて場所が決定されます。

PSTN と RedSky のロケーション対応ルーティング

BroadWorks は緊急通話を RedSky サービスにルーティングし、PSTN ではなく、適切な PSAP に通話を送信します。 このルートは、RedSky 対応ロケーションから緊急通話を行うすべてのエンドポイントに使用されます。 これには、ハード フォンとポータブル エンドポイント (携帯電話、タブレット、ラップトップなど) が含まれます。

ただし、セルラー ベースの電話クライアントは例外となります。 このようなクライアントは、電話機の内蔵型ダイヤラーを使用して、公共の固定モバイルネットワーク (PLMN、PSTN と同等のモバイル) に直接緊急通話を送信します。

図 1. PSTN と RedSky のロケーション対応ルーティング

RedSky E911 インテグレーションの要件

コンポーネント

要件

RedSky

パートナーは RedSky と契約を結び、Webex アプリ デスクトップ/タブレット クライアントおよび MPP 電話 (HELD) に Cisco 提供の実装を使用して緊急電話をルーティングする必要があります。

RedSky の設定

パートナーは RedSky ポータルを設定して、以下のタイプのデバイスにロケーション サービスを提供する必要があります。

  • ロケーションの判別のためにワイヤーマップ情報を使用する、HELD デバイスからのコール (MPP 電話と Webex アプリ)

  • ロケーションの判別のために発信者 ID を使用する HELD に対応していないデバイスからのコール (DECT、ATA、および Room/Desk/Board デバイス)

詳細については、以下の RedSky 文書を参照してください。

  • RedSky Horizon Mobility 管理ガイド - サービス プロバイダーの責務について記載されています。

  • RedSky Horizon Mobility ユーザー ガイド - エンタープライズ管理者向け。 このガイドでは、ワイヤーマップを設定する方法が記載されています。

  • EON (緊急オンサイト通知) クライアント インストーラー - 緊急通知を設定する方法が記載されています。

BroadWorks

この機能を使用するには、次の BroadWorks パッチをインストールしておく必要があります。 使用している BroadWorks のリリースに適用されるパッチのみをインストールしてください。

  • R22 の場合:

    • AP.as.23.0.1075.ap381498

    • AP.xsp.22.0.1123.ap381498

    • AP.platform.22.0.1123.ap381498

  • R23 の場合:

    • AP.as.22.0.1123.ap381498

    • AP.xsp.23.0.1075.ap381498

    • AP.platform.23.0.1075.ap381498

    • ADP RI アプリ: CommPilot-23_2021.11_1.160.bwar

  • R24 の場合:

    • AP.as.24.0.944.ap381498

    • ADP RI アプリ: CommPilot-24_2021.11_1.160.bwar

電話

MPP 電話は、RedSky ロケーション情報サーバー (LIS) にアクセスするために、ダウンロードされた構成パラメータを使用します。 RedSky 対応ユーザーが 911 または 933 にダイヤルしたときに、RedSky へのピアリング接続を通じて渡されるトークンを受け取ります。

デバイス

HELD 対応デバイス: ロケーションが RedSky サービスに対して有効になると、Cisco BroadWorks デバイス管理システムは、更新されたデバイス構成を生成して、HELD 機能を有効にします。 ロケーション サービスの HELD をデバイスで使用するには、それぞれの HELD デバイスで新しい構成を選択するために、あらかじめ再同期するか、再初期化する必要があります。

Webex アプリ

Webex デスクトップとタブレット アプリは、RedSky ロケーション情報サーバー (LIS) にアクセスするために、ダウンロードされた構成パラメータを使用します。 ユーザーはロケーション情報キーを、ロケーションごとに 1 回入力する必要があります。 各ロケーションの録画は RedSky によって管理されます。 ユーザーが新しいロケーションからログインすると、ロケーション情報の入力を求めるメッセージが表示されます。この情報は、データベースに追加されます。

ユーザーが 911 または 933 通話を行うと、地理情報が SIP ヘッダーで渡されます。

図 2. E911 住所を追加

RedSky E911 構成タスク フロー

RedSky による E911 緊急コール用に Cisco BroadWorks の Webex を設定するには、BroadWorks で以下のタスクを実行します。 BroadWorks では、サードパーティ緊急通話機能を使用して E911 を設定します。

  コマンドまたはアクション 目的
1

機能を有効にする

CLI を使用して、機能 101792 を有効にします。

2

サードパーティ通話 URL を設定する

CLI を使用して、RedSky が使用する URL などの設定を構成します。

3

緊急ダイヤル文字列を確認する

BroadWorks が緊急コールに使用するダイヤル文字列を確認します。

4

SIP ヘッダー プロキシ ルールを設定する

アプリケーション サーバーで SIP ヘッダー プロキシ ルールを設定します。

5

サードパーティ緊急通話を設定する (エンタープライズ/サービス プロバイダー サービス)

CommPilot で、サードパーティ緊急コールのためのエンタープライズ サービスを設定します。

6

サードパーティ緊急通話を設定する (グループ サービス)

CommPilot で、サードパーティ緊急コールのグループ サービスを設定します。

機能を有効にする

アプリケーション サーバーで次の CLI コマンドを実行し、機能 101792 を有効にします。

AS_CLI/System/ActivatableFeature> activate 101792

サードパーティ通話 URL を設定する

CLI を使用して、RedSky URL などのサードパーティ緊急コール パラメータで AS を設定します。

1

以下の CLI コマンドを実行して、現在のパラメータ設定を表示します:

AS_CLI/Service/ThirdPartyEmergencyCalling> get
primaryHELDServerURL= 
secondaryHELDServerURL=
emergencyRouteHost=
emergencyRoutePort=
emergencyRouteTransport=
2

次の CLI コマンドを実行して、パラメータを設定します。 フィールドの情報については次の表を参照してください。

Set
    <attribute>, Multiple Choice = {primaryHELDServerURL, secondaryHELDServerURL, emergencyRouteHost, emergencyRoutePort, emergencyRouteTransport}
    <primaryHELDServerURL>, String {1 to 256 characters}
    <secondaryHELDServerURL>, String {1 to 256 characters} 
    <emergencyRouteHost>, IP address | host | domain (1 to 80 chars)
    <emergencyRoutePort>, Integer {1025 to 65355}
    <emergencyRouteTransport>, Choice = {udp, tcp, tls, unspecified}

パラメータの詳細については、次の表を参照してください。

設定

説明

primaryHELDServerURL

このパラメータは、HELD サーバーのプライマリ URL を定義します。 システム内でサードパーティ緊急コールのアクティベーションを許可する企業がある場合、このパラメータは消去できません。 このパラメータの有効な値は、1 ~ 256 文字の長さの文字列です。 有効な http または https URL である必要があります。 デフォルト値はありません。

secondaryHELDServerURL

このパラメータは、HELD サーバーのセカンダリ URL を定義します。 このフィールドをプライマリ HELD サーバー URL と同じ値にすることはできません。 このパラメータの有効な値は、1 ~ 256 文字の長さの文字列です。 有効な http または https URL である必要があります。 デフォルト値はありません。

emergencyRouteHost

このパラメータは緊急ルート ホスト アドレスを定義します。 このパラメータ値は有効な FQDN、IPv4、IPv6 アドレスである必要があります。 システム内でサードパーティ緊急コールのアクティベーションを許可する企業がある場合、このパラメータは消去できません。 デフォルト値はありません。

emergencyRoutePort

このパラメータは、緊急ルート ポートを定義します。 パラメータの有効な値は 1025 ~ 65355 の整数です。 デフォルト値はありません。

emergencyRouteTransport

このパラメータは、緊急ルート転送プロトコルを定義します。 このパラメータの値には、以下のいずれかを使用できます。

  • UDP

  • TCP

  • TLS

  • 未指定 - デフォルト値です

緊急ダイヤル文字列を確認する

1

AS で、次の CLI コマンドを実行して、緊急コールに使用されるダイヤル文字列を確認します。 911 に加えて 933 も含める必要があります。 933 プレフィックスは、テスト コールに使用されます。

AS_CLI/System/CallP/CallTypes> get

  Country Code  Digit Map  Call Type  
  ==================================
   	1       1911 	Emergency  
   	1        911 	Emergency  
   	1        933 	Emergency  
2

ダイヤル文字列を追加する場合は、次のコマンドを使用します。

AS_CLI/System/CallP/CallTypes> add <countryCode> <publicDigitMap> <callType>

 
これらの CLI コマンドの詳細については、「Cisco BroadWorks アプリケーション サーバー コマンド ライン管理ガイド」を参照してください。

SIP ヘッダー プロキシ ルールを設定する

アプリケーション サーバーで、RedSky HELD サーバーと連動する SIP ヘッダーのルールを設定します。 これは、アプリケーション サーバー が RedSky SIP サーバーへの地理情報および地理情報ルーティング SIP ヘッダーをプロキシするために必要です。

1

以下の CLI コマンドを実行して、 keepOnEgressNetworkOffNet フラグを true に設定します。

AS_CLI/Interface/SIP/ProxyPolicy/Rule> add redsky911 false false false true false false false false

AS_CLI/Interface/SIP/ProxyPolicy/Rule> add redsky911 false false false true false false false false

2

以下の CLI コマンドを実行して、そのルールに SIP ヘッダーを追加します。

AS_CLI/Interface/SIP/ProxyPolicy/HeaderPolicy> add geolocation redsky911

AS_CLI/Interface/SIP/ProxyPolicy/HeaderPolicy> add geolocation-routing redsky911

サードパーティ緊急通話を設定する (エンタープライズ/サービス プロバイダー サービス)

エンタープライズ レベルのサードパーティ緊急コール設定を構成します。

始める前に

顧客 ID および秘密キー設定はモデルによって異なるため、使用するプロビジョニング モデルを確認します。

  • エンタープライズ プロビジョニング モデル - 顧客組織はエンタープライズです。 エンタープライズには、種々のサイトなどのさまざまなグループが含まれます。

  • サービス プロバイダーモデル - グループは顧客組織です。 サービス プロバイダーの下のそれぞれのグループは、お互いに関連性を持ちません。

1

Comm Pilot の [Services (サービス)] ウィンドウで [Third-Party Emergency Calling (サードパーティ緊急コール)] を選択します。

2

[Allow Activation (アクティベーションを許可)] チェックボックスをオンにします。

3

実行するプロビジョニング モデルに応じて、[Customer ID (顧客 ID)] および [Secret Key (秘密キー)] フィールドの値を入力します。

  • エンタープライズ プロビジョニング モデル - RedSky から提供された値を入力します。

  • サービス プロバイダープロビジョニング モデル - ダミー値を入力します (次のタスクのグループ設定でこれらの値を上書きします)。

4

[OK] をクリックします。


 
また、以下のコマンドを使用すると、バックオフィス システムによって自動的にこれらの設定を構成することもできます。 ServiceProviderThirdPartyEmergencyCallingModify.

 
サービス プロバイダーが管理する顧客組織ではなく、サービス プロバイダー自身の組織に緊急コールを設定する場合は、エンタープライズ プロビジョニング モデルを使用して、サービス プロバイダー自身の組織に固有の 顧客 ID秘密キー を追加します。

フィールド

説明

Allow Activation (アクティベーションを許可)

このパラメータは、サードパーティ緊急コールをエンタープライズ内のグループに対してアクティベートできるかどうかを定義します。 このパラメータの有効な値は truefalse です。 デフォルト値は false です。

システム レベルの HELD サーバー URL が指定されていないか、緊急ルート情報が設定されていない場合、エンタープライズ レベルでのアクティベーションは許可されません。

Customer ID (顧客 ID)

このパラメータは、サードパーティ緊急コール サービスで使用される RedSky 顧客 ID を定義します。 この値は、サービス プロバイダーが管理する特定の顧客組織に固有です。 このパラメータの最大長は 36 文字です。 [Allow Activation (アクティベーションを許可)] が true の場合、[Customer ID (顧客 ID)] を空にすることはできません。

実行するプロビジョニング モデルに対応する値を割り当てます。

  • エンタープライズ モデル - RedSky から提供された値を入力します。

  • サービス プロバイダー モデル - ダミー値を入力します (グループ サービス設定によって値が上書きされます)。

Secret Key (秘密鍵)

このパラメータは、サードパーティ緊急コールでエンタープライズによって使用される固有の RedSky 秘密キー (顧客 ID として定義) を定義します。 秘密キーの形式は UTF-8 の英数字です。 [Customer ID (顧客 ID)] が定義されている場合、このフィールドは必須です。

実行するプロビジョニング モデルに対応する値を割り当てます。

  • エンタープライズ モデル - RedSky から提供された値を入力します。

  • サービス プロバイダー モデル - ダミー値を入力します (グループ サービス設定によって値が上書きされます)。

サードパーティ緊急通話を設定する (グループ サービス)

サービス プロバイダーのプロビジョニング モデルを使用する場合は、[Group Services (グループ サービス)] の [Third-Party Emergency Calling (サードパーティ緊急コール)] を設定します。

始める前に

顧客 ID および秘密キー設定はモデルによって異なるため、使用するプロビジョニング モデルを確認します。

  • エンタープライズ プロビジョニング モデル - 顧客組織はエンタープライズです。 エンタープライズには、種々のサイトなどのさまざまなグループが含まれます。

  • サービス プロバイダーモデル - グループは顧客組織です。 サービス プロバイダーの下のそれぞれのグループは、お互いに関連性を持ちません。

1

Comm Pilot の [Group Services (グループ サービス)] ウィンドウで [Third-Party Emergency Calling (サードパーティ緊急コール)] を選択します。

2

次の両方のチェックボックスをオンにします。

  • Enable Third-Party Emergency Calling Device Management (サードパーティ緊急コールのデバイス管理を有効にする)

  • Enable Third-Party Emergency Calling Routing (サードパーティ緊急コールのルーティングを有効にする)

3

プロビジョニング モデルに合わせて、このグループの [Customer ID (顧客 ID)][Secret Key (秘密キー)] に適切な値を入力します。

  • エンタープライズ プロビジョニング モデル - フィールドを空白のままにします。 前に入力したエンタープライズ サービス手順の値が適用されます。

  • サービス プロバイダー プロビジョニング モデル - RedSky から提供された値を入力します。

4

[OK] をクリックします。

フィールドの詳細については、次の表を参照してください。

フィールド

説明

Enable Third-Party Emergency Calling Device Management (サードパーティ緊急コールのデバイス管理を有効にする)

このパラメータは、グループでサードパーティ緊急コールのデバイス管理を有効にするかどうかを指定します。 エンタープライズ レベルでアクティベーションが許可されていない場合は、このパラメータを有効にすることはできません。 グループのサードパーティ緊急ルーティングが有効になっている場合は、このパラメータを無効にできません。 このパラメータの有効な値は true (オン) と false (オフ) です。 デフォルト値は false です。

Enable Third-Party Emergency Calling Routing (サードパーティ緊急コールのルーティングを有効にする)

このパラメータは、グループでサードパーティ緊急ルーティングを有効にするかどうかを指定します。 エンタープライズ レベルでアクティベーションが許可されていない場合は、ルーティングを有効にすることはできません。 サードパーティ緊急コールのデバイス管理が有効になっていない場合は、ルーティングを有効にできません。

このパラメータの有効な値は true (オン) と false (オフ) です。 デフォルト値は false です。

Customer ID (顧客 ID)

このパラメータは、サードパーティ緊急コール サービスで使用される RedSky 顧客 ID を定義します。 この値は、サービス プロバイダーが管理する特定の顧客組織に固有です。 このパラメータの最大長は 36 文字です。 グループサービスの 顧客 ID が定義されていない場合は、エンタープライズ/サービス プロバイダー レベルの 顧客 ID が使用されます。

使用するプロビジョニング モデルに対応する値を割り当てます。

  • エンタープライズ モデル - このフィールドは空白のままにします。 エンタープライズ サービスの手順の値が適用されます。

  • サービス プロバイダー - RedSky から提供された値を入力します。

Secret Key (秘密鍵)

このパラメータは、サードパーティ緊急コール サービスで使用される RedSky 秘密キーを定義します。 このキーはグループに固有であり (顧客 ID により定義)、英数字 UTF-8 形式を使用します。 顧客 ID が定義されている場合、このフィールドは必須です。 有効な秘密キーが定義されていない場合は、エンタープライズ/サービス プロバイダー レベルの秘密キーが使用されます。

使用するプロビジョニング モデルに対応する値を割り当てます。

  • エンタープライズ モデル - このフィールドは空白のままにします。 エンタープライズ サービスの手順の値が適用されます。

  • サービス プロバイダー - RedSky から提供された値を入力します。

緊急通話のための Webex クライアント設定タグ

ダイナミック タグ

次の表には、Webex クライアント構成ファイル (config.wxt-xml) に表示される動的な Webex DMS タグと、BroadWorks 構成から動的に取得する方法がまとめられています。


これらは「組み込みの動的」タグであり、管理者によって直接作成したり入力したりできるカスタム タグではありません。

タグ

データ ソース

%BWE911-PRIMARY-HELDURL%

AS_CLI/Service/ThirdPartyEmergencyCalling> primaryHELDServerURL

%BWE911-SECONDARY-HELDURL%

AS_CLI/Service/ThirdPartyEmergencyCalling> secondaryHELDServerURL

%BWE911-EMERGENCY-NUMBER-LIST%

AS_CLI/System/CallP/CallTypes> 「緊急」とマークされる番号マップ値

%BWE911-CUSTOMERID%

設定済みのグループ顧客 ID (空でない場合)、空の場合は SP/エンタープライズ設定済み ID

%BWE911-SECRETKEY%

設定済みのグループ秘密キー (空でない場合)、空の場合は SP/エンタープライズ秘密キー

カスタムタグ

以下は、緊急コール用の Webex アプリ デスクトップおよびタブレットのカスタム タグのリストです。 詳細については、「Cisco BroadWorks 版 Webex 設定ガイド」を参照してください:

%ENABLE_EMERGENCY_DIALING_WXT%

  • 説明: 緊急コールの検出を有効にする。

  • : [true|false]

  • デフォルト値: false

%EMERGENCY_DIALING_ENABLE_REDSKY_WXT%

  • 説明: Redsky 緊急ロケーション プラットフォームを有効にする

  • : [true|false]

  • デフォルト値: false

%EMERGENCY_REDSKY_USER_REMINDER_TIMEOUT_WXT%

  • 説明: 緊急ロケーションが入力されていなかったり、無効だったりした場合に、ユーザーに緊急ロケーションの更新を促すまでのタイムアウト値 (分単位)。 0 が設定されていると、リマインダは表示されません。

  • : [0 - 43200]

  • デフォルト値: 0

%EMERGENCY_REDSKY_USER_MANDATORY_LOCATION_WXT%

  • 説明: ロケーションが必須になる前に、ユーザーが位置情報ダイアログを閉じることができる回数。 値に -1 を指定すると、ユーザーはダイアログを無期限に閉じたままにできます。

  • : [-1 - 100]

  • デフォルト値: -1