Cisco Webex ハイブリッド サービス コネクタ トラブルシューティング

Cisco Webex ハイブリッド サービス展開でいくつか問題が発生する可能性があります。 Expressway で、トラブルシューティング ツール、キャプチャ ログ、コネクタの再起動、コネクタの前バージョンへロール バックを使用できます。

Expressway-C コネクタ ホストの診断ツール

これらの診断ツールを使用することで、Cisco Webex ハイブリッド サービス にインストールされている Expressway-C コネクタの問題を調査します。

  • サポートに指示された場合、Hybrid Services ログ レベルにアクセスし、デバッグモードを有効にします。 [メンテナンス] > [診断] > [ハイブリッド サービス ログ レベル] の順にアクセスします。

  • Event Log でエラーと警告を確認します。 [ステータス] > [ログ] > [イベント ログ] の順に選択します。

  • [ステータス] > [アラーム] で関連するアラームを確認してください。 Cisco Webex ハイブリッド サービス に関連するアラームには [ハイブリッドサービス] というタグが付けられ、60000 ~ 69999 の範囲の ID が付与されます。 Cisco Webex Control Hub でもこれらのアラームを確認できます(https:/​/​admin.webex.com)。

  • 問題が解決するまで、診断ログを実行し、その間 tcpdump を実行します。 [メンテナンス] > [診断] > [診断ログ] の順に選択し、詳細についてオンラインヘルプを読みます。

  • 診断のためにサポートに提供するシステムのスナップショットを撮影します。 [メンテナンス] > [診断] > [システムのスナップショット] の順に選択します。

  • リモート ロギング サーバーがある場合、syslog を構成します。 [メンテナンス] > [ロギング] を構成します。

  • インシデント レポートを構成し、Expressway で障害が発生した場合に自動的に Cisco へ通知されるようにします。 [メンテナンス] > [診断] > [インシデント レポート] > [構成] の順に選択します。

詳細については、Cisco Expressway Serviceability Guide をお読みいただくか、Expressway のヘルプを検索してください。

Expressway-C

[Cisco Webex ハイブリッド サービス] に問題がある場合、コネクタの状態を確認し、停止したコネクタを再起動します。

はじめる前に

コネクタが停止した場合、サポートでチケットを開き、コネクタを再起動する前に最初にログを送信することを推奨します。

    1Expressway-C で、[アプリケーション] > ハイブリッド サービス > [コネクタ管理] に進み、コネクタのステータスをチェックします。

    [コネクタ管理] セクションはインストールされたコネクタ、バージョン番号、ステータスをすべて表示します。

    2コネクタが [停止] 状態である場合、そのコネクタの名前をクリックしてください。

    [再起動] ボタンで詳細なステータスページを確認できます。

    3[再起動] をクリックします。
    次の作業

    再起動でアラームが発生した場合、または、コネクタが再度停止した場合、以下の手順を試してください。

    • アラームのガイダンスに従います。 Cisco Webex Control Hub でもこれらのアラームを確認できます(https:/​/​admin.webex.com)。

    • https:/​/​admin.webex.com の顧客ビューから、ユーザー名をクリックし、[フィードバック] をクリックして、チケットを開きログを送信します。

    • 診断ツールを使用して、問題のシグネチャを探します。

    • コネクタの過去バージョンへロールバックします (コネクタのアップグレード後に問題が開始した場合はこれを試してください)。

    旧バージョンのコネクタにロールバックする

    通常の状態では、Expressway-C でアップグレードするか、アップグレード時間のスケジュール設定を選択した後、Cisco Webex Control Hub が自動的にコネクタをアップグレードします。 アップグレードしたコネクタに問題がある場合、旧バージョンのコネクタにロールバックできます。

      1Expressway-C で、[アプリケーション] > ハイブリッド サービス > [コネクタ管理] に進み、コネクタの正常性ステータスをチェックします。

      [コネクタ管理] セクションはインストールされたコネクタ、バージョン番号、ステータスをすべて表示します。

      2コネクタ名を入力します。

      より詳細なステータスページには現在インストールされているバージョンと、ロールバックできるバージョンが表示されます。 また、このページには、過去に拒否したバージョン (ロールバックによって) も表示されます。

      3[ロールバック] をクリックして、現在インストールされているバージョンを拒否し、ターゲットバージョン に置き換えます。

      このページの [却下されたバージョン] フィールドには、過去にインストールされたバージョンが表示されます。つまり、管理コネクタ はそのバージョンを将来インストールすることを禁止します。

      [コネクタ リストに戻る] をクリックすると、旧バージョンが現在稼働していることが分かります。 アップグレードを拒否したため、アラームが発生します。 選択によって、そのアラームを安全に無視できます。この選択により、新しいバージョンがインストールされたときに低下します。

      Cisco Webex で新しいバージョンが利用可能になると、自動アップグレードが予定されます。

      4決定を撤回し、却下されたバージョンを承認し、[このアップグレードを許可する] をクリックします。

      この投稿記事は役に立ちましたか?

      関連の投稿記事
      arrow up