この記事の内容
dropdown icon
紹介
    このガイドについて
    dropdown icon
    卸売市場へのルートの概要
      卸売市場へのルートの概要
        卸売ルートの市場利点
          パッケージのオファー
            Webex Calling機能
              Webex アプリを使用した Webex Calling
                Webex Meetings
                  ホールセール Webex Assistant
                    簡略化および集中管理
                      サービス プロバイダー スケールの API 管理
                        dropdown icon
                        アーキテクチャの概要
                          顧客のプロビジョニング
                          サポートされている言語ロケール
                          サービス プロバイダーの請求
                        サブパートナーの機能
                          ブランディング
                            機能マトリクス
                            dropdown icon
                            顧客のオンボーディングと管理
                              展開の概要
                                dropdown icon
                                Wholesale Setup Assist によるオンボーディング
                                  ホールセール セットアップ アシストによるオンボーディング フロー
                                パートナー事前プロビジョニングチェック API
                                  dropdown icon
                                  顧客組織のタスク フローのプロビジョニング (パートナー ハブ経由)
                                    オンボーディング テンプレートの設定
                                    Partner Hub 経由で顧客を作成する
                                    顧客のセットアップ
                                  dropdown icon
                                  顧客組織のタスク フローのプロビジョニング (API 経由)
                                    卸売顧客 API のプロビジョニング
                                    プロビジョニング卸売サブスクライバAPI
                                  卸売セットアップ支援リクエストフォームの送信
                                    SubPartner を設定する
                                      dropdown icon
                                      Partner Hub 経由の管理
                                        ユーザーを手動で追加
                                        ユーザーパッケージの変更
                                      dropdown icon
                                      顧客管理 API
                                        卸売顧客を更新する
                                        卸売顧客を取得する
                                        卸売業者の顧客をリストする
                                        卸売顧客を削除する
                                      デバイスのオンボーディングと管理
                                        dropdown icon
                                        請求の照合
                                          卸売請求レポートを作成する
                                          卸売請求レポートを取得する
                                          卸売請求レポートを一覧表示する
                                          卸売請求レポートの削除
                                          請求レポートフィールド
                                        パートナー SSO - SAML
                                          dropdown icon
                                          パートナー モードによる制限
                                            顧客管理者アクセス
                                            制限
                                          dropdown icon
                                          テクニカルサポート
                                            Webex Calling パートナー ヘルプ デスク (CHD) の使用方法
                                        dropdown icon
                                        BroadWorks から Wholesale RTM への移行のための移行ツール
                                          概要
                                            マニュアルの改訂履歴
                                            この記事の内容
                                            cross icon
                                            dropdown icon
                                            紹介
                                              このガイドについて
                                              dropdown icon
                                              卸売市場へのルートの概要
                                                卸売市場へのルートの概要
                                                  卸売ルートの市場利点
                                                    パッケージのオファー
                                                      Webex Calling機能
                                                        Webex アプリを使用した Webex Calling
                                                          Webex Meetings
                                                            ホールセール Webex Assistant
                                                              簡略化および集中管理
                                                                サービス プロバイダー スケールの API 管理
                                                                  dropdown icon
                                                                  アーキテクチャの概要
                                                                    顧客のプロビジョニング
                                                                    サポートされている言語ロケール
                                                                    サービス プロバイダーの請求
                                                                  サブパートナーの機能
                                                                    ブランディング
                                                                      機能マトリクス
                                                                      dropdown icon
                                                                      顧客のオンボーディングと管理
                                                                        展開の概要
                                                                          dropdown icon
                                                                          Wholesale Setup Assist によるオンボーディング
                                                                            ホールセール セットアップ アシストによるオンボーディング フロー
                                                                          パートナー事前プロビジョニングチェック API
                                                                            dropdown icon
                                                                            顧客組織のタスク フローのプロビジョニング (パートナー ハブ経由)
                                                                              オンボーディング テンプレートの設定
                                                                              Partner Hub 経由で顧客を作成する
                                                                              顧客のセットアップ
                                                                            dropdown icon
                                                                            顧客組織のタスク フローのプロビジョニング (API 経由)
                                                                              卸売顧客 API のプロビジョニング
                                                                              プロビジョニング卸売サブスクライバAPI
                                                                            卸売セットアップ支援リクエストフォームの送信
                                                                              SubPartner を設定する
                                                                                dropdown icon
                                                                                Partner Hub 経由の管理
                                                                                  ユーザーを手動で追加
                                                                                  ユーザーパッケージの変更
                                                                                dropdown icon
                                                                                顧客管理 API
                                                                                  卸売顧客を更新する
                                                                                  卸売顧客を取得する
                                                                                  卸売業者の顧客をリストする
                                                                                  卸売顧客を削除する
                                                                                デバイスのオンボーディングと管理
                                                                                  dropdown icon
                                                                                  請求の照合
                                                                                    卸売請求レポートを作成する
                                                                                    卸売請求レポートを取得する
                                                                                    卸売請求レポートを一覧表示する
                                                                                    卸売請求レポートの削除
                                                                                    請求レポートフィールド
                                                                                  パートナー SSO - SAML
                                                                                    dropdown icon
                                                                                    パートナー モードによる制限
                                                                                      顧客管理者アクセス
                                                                                      制限
                                                                                    dropdown icon
                                                                                    テクニカルサポート
                                                                                      Webex Calling パートナー ヘルプ デスク (CHD) の使用方法
                                                                                  dropdown icon
                                                                                  BroadWorks から Wholesale RTM への移行のための移行ツール
                                                                                    概要
                                                                                      マニュアルの改訂履歴
                                                                                      Wholesale Route-to-Market ソリューション ガイド
                                                                                      list-menuこの記事の内容

                                                                                      このドキュメントには、WBS (RTM) ソリューション向けのWebexが提供する概要が記載されています。このドキュメントは、 Webexサービスを販売するサービス プロバイダー内のパートナー管理者を対象にしています。

                                                                                      紹介

                                                                                      このガイドについて

                                                                                      Wholesale Route-to-Market (RTM) は、グローバルサービスプロバイダーを通じて Webex を SMB に戦略的に提供します。 シスコの技術とコラボレーションの専門知識に支えられ、新しいオペレーションモデル、コマーシャル、パートナープログラムを備えています。

                                                                                      Wholesaleは、効率的な大量取引のためのオペレーションAPIとパートナーポータルのイノベーションを提供します。 商用戦略により、BroadWorks ユーザーは固定された 1 ユーザーあたりの月次パッケージングと簡素化された課金で Webex に移行できます。

                                                                                      卸売パートナープログラムは、技術オンボーディングと市場投入に焦点を当てた、シスコの管理型オンボーディングプログラムを使用して、サービスプロバイダーの技術およびビジネス目標に対応します。 このオファーには 5 つの Webex パッケージが含まれています。 共通エリア通話、Webex 音声パッケージ、Webex Calling、Webex Suite、Webex Meetings。

                                                                                      ドキュメントのバージョン履歴

                                                                                      卸売市場へのルートの概要

                                                                                      卸売市場へのルートの概要

                                                                                      ホールセール RTM (Route-to-Market: 流通戦略) は、世界のサービス プロバイダーの市場における影響力を活用して Webex を SMB セグメントに提供するための、戦略的チャネル ソリューションです。 シスコの革新的な技術とコラボレーションに関する深い専門知識に裏付けられ、 新しいオペレーション モデル、新しい取引方法、新しいパートナー プログラムから構成されています。

                                                                                      ホールセール プラットフォームは、オペレーション API とパートナー ポータルにイノベーションをもたらして、多くの高速処理を可能にします。これによりパートナーは、共同ブランドとして差別化された、自社製品によるオファーを創出しやすくなります。

                                                                                      新たなホールセール向け商業戦略により、35M BroadWorks のユーザーは、予測可能な月ごと・ユーザーごとの固定パッケージ制で月額の後払いが可能な Webex クラウドに移行できます。 各サービス プロバイダーと単一の取引関係を構築することにより、すべてのエンド ユーザーをしっかりと繋ぎとめ、ワークフローを大幅に簡素化できます。

                                                                                      ホールセール パートナー プログラムは、サービス プロバイダーの技術目標と事業目標の両方を対象としています。 Cisco の Managed Onboarding Program では、2 つの作業が同時進行されます。 技術面のオンボーディングと GTM (市場進出) です。 専任の Cisco エキスパートと、包括的なオンライン パートナー トレーニング、強力な移行・マーケティング ツールキットの組み合わせで、期待以上のオンボーディング実施をお約束します。

                                                                                      ホールセールのオファーは Webex を対象とし、4 種類のパッケージを提供します。 共通領域通話、Webex Calling、Webex スイート、Webex Meetings です。

                                                                                      卸売ルートの市場利点

                                                                                      Wholesale Route to Market(RTM)ソリューションは、マネージドサービスプロバイダに高速で取引可能な販売モーションを提供するために最適化されています。 以下を提供します。

                                                                                      • 固定された予測可能な転送価格

                                                                                      • パッケージの簡素化

                                                                                      • 高速プロビジョニングUXとAPI

                                                                                      • ネットアクティブユーザーに基づく月次請求

                                                                                      • 簡略化された自己管理インターフェイス

                                                                                      ホールセールRTMは完全なネットワークソリューションをもたらします

                                                                                      Wholesale RTMは、既存のワークフローにシームレスに統合します。 これにより、すべての顧客を Cisco Commerce Workplace(CCW)に登録しなくても、販売サイクルのエンドツーエンドを管理できます。

                                                                                      Wholesale RTM は、Webex Calling に関する次の機能強化を提供し、SMB セールス モーションとの統合を強化します。

                                                                                      • Wholesale RTM では、各パッケージに Cisco との固定転送価格があります。 これらの転送価格は、CCW に一度送信される PO で取得されます。 その後、パートナーは販売取引にCCWを使用する必要がなくなりました。

                                                                                      • すべての卸売RTMの販売は、同じ固定された、予測可能な転送価格に基づいています。 これにより、販売プロセスが大幅に簡素化され、加速されます。

                                                                                      • Wholesale RTMは、顧客をプロビジョニングおよび管理するための2つの簡単なインターフェイスを提供します。

                                                                                        • Partner Hub は、顧客とユーザーをプロビジョニング、管理、削除するためのシンプルな UX を提供します。

                                                                                        • Control Hub は、Cisco の Web ベースのエンタープライズ管理ポータルで、企業の Webex サービスを包括的に表示します。

                                                                                      • Wholesale RTM APIは、サービスプロバイダのバックオフィスシステムに統合されたシンプルでマシンツーマシンインターフェイスを提供します。 これにより、顧客とユーザーをプロビジョニング、管理、および削除できます。

                                                                                      • ホールセールRTMは、アクティブライセンスの純数、延期、および各顧客のアクティベーション日にプロ定格のために毎月請求します。 これにより、サービス プロバイダー パートナーは上下に柔軟になり、システムでアクティブにプロビジョニングされたライセンスに対してのみ課金されます。

                                                                                      • 卸売RTMは、中小企業セグメントに適したシンプルなパッケージを使用しています。

                                                                                      パッケージのオファー

                                                                                      Wholesale RTM ソリューションは、エンドユーザー向けに 4 つの通話およびコラボレーションパッケージを提供します。

                                                                                      • [共通エリア(Common Area)]:共通エリアパッケージは、基本的な通話機能をサポートします。 これは、廊下電話、ドア電話、および単純な小売駅のような単純なエンドポイントを対象としています。 Common Area パッケージには、コール転送、BLF、転送、コール待機、T.38 Fax などの機能が含まれています。 より高度な通話機能、および Webex クライアント、メッセージング、ミーティングは、より価値の高いパッケージの一部です。

                                                                                      • 強化された通話—この通話専用パッケージには、Webex Calling に関連付けられている通話機能のサブセットと、Webex アプリのソフトフォンまたはデバイスの選択が含まれています。 ミーティングとメッセージングの機能は含まれておらず、シンプルな音声ソリューションをお探しのお客様向けに、通話に焦点を当てたパッケージを提供しています。

                                                                                      • Webex Calling—Webex Calling パッケージには、高度な通話機能、Webex クライアント、Webex メッセージング、および「基本的な」ミーティング機能が含まれています。 このパッケージは、プラットフォームのすべてのプロフェッショナルユーザーを対象としています。 共通エリアの機能に加えて、通話機能には、ハンティング、ボイスメール、ビジュアル ボイスメール、共有コール アピアランス、プライバシー、N-way Calling、エグゼクティブ/エグゼクティブ アシスタントなどが含まれますが、これらに限定されません。 Webex Calling には、デスクトップおよびモバイル OS 用のすべての Webex クライアント、スペースおよびファイル共有を含む Webex メッセージング機能の使用も含まれます。

                                                                                      • Webexスイート— Webexスイートは最も機能が豊富なパッケージで、 Webex Callingパッケージ、すべてのユーザーとグループのサービス、 Webexメッセージング、最大 1,000 名が参加Webex Meetingsのフル製品の機能が含まれています。 このパッケージは、電話回線が重く、大規模なミーティングが必要な社内の上級職/専門職レベルに適しています。

                                                                                      • Webex MeetingsWebex Meetingsパッケージは、 Webex Messaging と最大 1000 名が参加Webex Meetingsを含むスタンドアロン会議パッケージです。 このパッケージには、コーリング シートは含まれていません。 これは、発信動作には関連付けられていないミーティングとメッセージング機能のみを必要とするユーザーを対象としています。

                                                                                      卸売RTM用パッケージ

                                                                                      Wholesale RTM ソリューションを使用した Webex Calling Flex オファーとは異なり、シスコはエンドカスタマーに特定の価格と条件を課すことはありません。これらは、各サービス プロバイダーが独自のビジネスモデルに基づいて適合していると見なすように実装する責任があります。

                                                                                      Webex Calling機能

                                                                                      Webex Calling には、サービス プロバイダーが必要とするエンタープライズ ビジネス コール機能があり、これらはすべて 1 人のユーザー ライセンス料金に含まれています。

                                                                                      表 1. サブスクライバ機能
                                                                                      特殊呼び出し音を伴う代替番号

                                                                                      匿名通話の拒否

                                                                                      割り込み免除

                                                                                      事業継続性(CFNR)

                                                                                      ビジー ランプの監視

                                                                                      コール転送: いつも/忙しい/回答なし/選択的

                                                                                      履歴

                                                                                      通話の保留と再開

                                                                                      クリックしてダイヤルする通話ログ

                                                                                      コール通知

                                                                                      コール キュー エージェント

                                                                                      通話録音

                                                                                      コールリダイヤル

                                                                                      コールリターン

                                                                                      通話転送(出席者およびブラインド)

                                                                                      コール待機(最大 4 コール)

                                                                                      コール待機 ID

                                                                                      接続された回線 ID の制限

                                                                                      ダイレクト コール ピックアップ

                                                                                      割り込みを使用したダイレクト コール ピックアップ

                                                                                      取り込み中

                                                                                      エンタープライズ電話ディレクトリ

                                                                                      エグゼクティブ / エグゼクティブ アシスタント

                                                                                      内線ダイヤル、可変長

                                                                                      機能アクセスコード

                                                                                      ホテリング: 主催者およびゲスト

                                                                                      着信発信者 ID (名前と番号)

                                                                                      インバウンドFAXからメール

                                                                                      携帯性

                                                                                      複数のライン アピアランス

                                                                                      N-way コール (6)

                                                                                      どこでもオフィス

                                                                                      発信者 ID ブロッキング

                                                                                      パーソナル電話ディレクトリ

                                                                                      優先アラート

                                                                                      プライバシー

                                                                                      プッシュツートーク

                                                                                      リモート オフィス

                                                                                      選択的な通話の承諾

                                                                                      選択的な通話拒否

                                                                                      シーケンシャル リング

                                                                                      共有コール アピアランス

                                                                                      同時呼び出し

                                                                                      スピードダイヤル 100

                                                                                      T.38 ファックスサポート

                                                                                      三方通話

                                                                                      Unified メッセージング

                                                                                      ユーザーインターセプト

                                                                                      ユーザー ウェブ ポータル

                                                                                      ビデオ(ポイント ツー ポイント)

                                                                                      ビジュアル ボイスメール

                                                                                      ボイスメール

                                                                                      表 2. サイトの機能

                                                                                      自動音声応答

                                                                                      コールパーク認証

                                                                                      コールパーク グループ

                                                                                      コールピックアップ

                                                                                      通話キュー

                                                                                      外部コール回線 ID の配信

                                                                                      グループページング

                                                                                      ハント グループ

                                                                                      インターセプト群

                                                                                      インターセプト ユーザー

                                                                                      内部通話回線 ID の配信

                                                                                      保留中の音楽

                                                                                      レセプショニスト クライアント

                                                                                      Microsoft Teams インテグレーション

                                                                                      音声ポータル

                                                                                      Webex アプリを使用した Webex Calling

                                                                                      Webex アプリは、通話、ミーティング、メッセージングをエンドユーザーに提供する、当社のシングルエンドユーザーエクスペリエンスです。 Webex Calling と Webex アプリを一緒に使用すると、次のことができます。

                                                                                      • 卓上電話またはスマートフォン、PC、ラップトップ、またはタブレットの Webex アプリで通話を発信、受信、または拒否します。

                                                                                      • Cisco Intelligent Proximity および/または卓上電話制御を使用して Webex デバイスとペアリングして、音声とビデオでこれらのデバイスを使用しながら、アプリで共通の連絡先と通話履歴にアクセスします。

                                                                                      • 画面共有、ホワイトボード、AI 文字起こし、リアルタイム文字起こし、メモやアクション項目、録画などを活用するために、すべてのコールをフル機能のミーティングに昇格させます。

                                                                                      Webex アプリを使用した Webex Calling

                                                                                      Webex アプリは、次のような日常的なエンタープライズ ミーティングとコラボレーションのニーズを満たすチーム コラボレーション機能を提供します。

                                                                                      • 1:1 およびグループ メッセージング:メッセージ、GIF、絵文字、アニメーション リアクションを使用して、個別またはグループでチャットします。 メッセージを簡単に削除または編集したり、会話スレッドを開始したり、会話にユーザーを追加したり、受信確認を確認したりできます。

                                                                                      • ファイルとコンテンツの共有 - チャットのすぐそばにきちんと整理され、検索可能で保存されている安全なスペースで、最大規模のファイルでも共有できるため、必要なものを簡単に見つけることができます。

                                                                                      • 双方向のホワイトボード - チームと一緒にホワイトボードまたは描画し、チャットでインタラクティブな描画を共有します。 ライブミーティングに参加しているかどうかを繰り返します。

                                                                                      • 他の Webex ユーザーに直接電話をかける - アプリを通じて他の Webex アプリユーザーにビデオ通話を無料で発信または受信します。

                                                                                      • 好きなツールで作業する - アプリの切り替えや中断されたワークフローを忘れましょう。 Webex を毎日使用するツールと統合して、最も生産性の高い作業を実現します。 Microsoft、Google、ServiceNowなどのキーと深い統合を組み込むことができます。

                                                                                      • スペースをパーソナライズする - 色のテーマを変更し、カバー写真を追加し、カスタムステータスを設定し、エクスペリエンスをパーソナライズします。

                                                                                      • 詳細については、Webex アプリ ソリューションの概要を参照してください。

                                                                                      Webex Meetings

                                                                                      Webex Suite では、Calling、Meetings、Messaging、Polling、Events で Webex を 1 つのオファーで購入する際に、優れたエクスペリエンスと価格設定を利用できます。 Webex Meetings は、参加者とプレゼンタの両方にさまざまなアクセス方法と機能を要求する大規模なミーティングに最適化されています。 Webex Meetings は、Webex クラウドから高度にセキュアな統合型音声、ビデオ、コンテンツ共有を提供する、企業にとって世界で最も人気のあるビデオ会議サービスです。

                                                                                      Webex Meetings スイートは、コラボレーションミーティング、トレーニング、大規模なイベント、およびリモートサポート用のモジュールを含む機能豊富なソリューションです。 Webex Meetings は、iPhone、iPad、Apple Watch、Android および Android ウェアラブルを含む複数のモバイルデバイスをサポートしています。 Windows、Mac、Linux を含むすべての一般的な OS プラットフォームで誰とでもミーティングできます。 Webex Meetings は Internet Explorer (IE)、Safari、Firefox、Chrome、および Edge ブラウザをサポートしています。

                                                                                      • Webex Meetings は HD (720p) ビデオをサポートし、Cisco Webex Rooms およびサードパーティの標準ベースのビデオ システムと相互運用できます。 他のユーザーを招待して、モバイル デバイスまたはデスク デバイスや会議室デバイスなどの独自のビデオ システムからミーティングに参加させることができます。 このビデオ機能は、ビデオ ブリッジングと Web 会議を 1 つの常時オンミーティングに統合します。 事前にスケジュールするか、すぐにミーティングしてください。誰でも歓迎です。

                                                                                      • 顧客は Webex Meetings を使用して強力な競争上の優位性を獲得できます。これには以下が含まれます。

                                                                                        • ロバストビデオ - モバイルデバイスでも、作業方法やミーティングでの表示者にカスタマイズ可能なマルチストリーム HD ビデオ。 Cisco の受賞歴のあるビデオ会議室とデスクデバイスを Webex ミーティングに追加して、人生のようなエクスペリエンスを実現します。

                                                                                        • 強力なモバイル エクスペリエンス - カスタマイズ可能な 720p ビデオ ビュー、ネイティブの画面共有、ハンズフリー参加、簡単なミーティング スケジューリングでモバイル ユーザーだけに最適化され、騒々しい環境に適応します。

                                                                                        • ポケットから会議室まで好きなデバイスから参加 - 電話、ブラウザ、モバイル、会議室デバイス、サードパーティの標準ベースの会議室デバイス、さらには Skype for Business。 また、参加方法に関係なく、一貫したミーティング エクスペリエンスが得られます。

                                                                                        • 働き方と学習方法に統合 - Microsoft Teams、Slack、Workplace by Facebook、Microsoft Office 365、Google カレンダー、Skype for Business など、すでに使用しているサードパーティのツールを使用してミーティングをスケジュール、参加、開始します。 Webex Meetings は一般的な Learning Management Systems (LMS) と緊密に統合されているため、リモート学習はクラスと同じくらい効果的です。

                                                                                        • 1 つのミーティング エクスペリエンス - 参加者が一緒でも、別々でも、組織内でも外部でも、モバイル デバイスまたはビデオ デバイス全体で 1 つのミーティング エクスペリエンスを提供します。

                                                                                        • プロフェッショナルで効果的なミーティング - Webex Meetings アプリケーションを使用したグローバルなオンライン会議によって実現される、統合された音声、ビデオ、コンテンツ共有機能により、内部および外部の参加者を維持します。 また、他のアプリケーション、デスクトップ、ビデオファイルを共有して、より生産的でインパクトのあるコラボレーションミーティング、トレーニング、イベントを開催することもできます。

                                                                                        • 対面式の仮想ミーティング - Web ブラウザ、携帯電話、デスクトップ、または会議室内のビデオ デバイスを使用してミーティングを開始または参加します。 オンラインミーティングをさらに魅力的にしましょう。ビデオを使って直接会っていたように、発言している人を自動的に表示するように切り替わり、直感的なミーティング体験を作り出します。 パーソナライズされた、いつでも利用可能な会議室で、全員を集めてください。 独自の標準ベースのビデオ デバイスを使用できます。これにより、必要に応じてミーティングを数から数百に拡大できます。

                                                                                        • セキュリティとコンプライアンスの強化 - Cisco の専門知識で構築された多層セキュリティにより、ユーザーエクスペリエンスを損なうことなくミーティングの心配を解消できます。

                                                                                        • グローバル ミーティング アーキテクチャ—Cisco Webex® には、スピードとパフォーマンスを確保するために、ミーティング用に構築されたグローバル アーキテクチャとネットワークがあります。 世界各地にデータセンターがある場合、ユーザーは最寄りの Webex データセンターを使用して参加します。 メリットは? 参加者がどこにいても、高品質のビデオ会議を遅延なく開催できます。 これは、SaaS機能を安全かつ確実に提供するエンタープライズ構造によって可能になります。

                                                                                        • 管理の改善—コラボレーション ポートフォリオをより適切に管理するために、Cisco Webex Control Hub を使用すると、管理ユーザーは 1 つのペインで Webex Meetings 設定とレポートにアクセスできます。

                                                                                        • 導入のスピードが向上しました。セキュアな Webex プラットフォームでソリューションを迅速に展開できるため、総所有コストを低く抑えながら、短期間で価値を実現できます。 Webex Meetings は、Cisco のテクノロジーと専門知識とともに、革新的なビデオとウェブ コラボレーションのベストプラクティスを最大限に活用して、数か月以上かかるのではなく、すばやく展開できます。

                                                                                      Webex Meetings はテクノロジーを忘れるのに役立ち、計画的なイベントと生産的なミーティングに集中できます。 Webex Meetings への参加は、コンピューター、スマートフォン、タブレットのアプリから接続する場合でも、Webex Room シリーズデバイスを使用して同僚のグループに参加する場合でも、誰にとっても簡単です。

                                                                                      ホールセール Webex Assistant

                                                                                      Meeting 向け Webex Assistant は、ミーティングを検索可能にし、実用的で生産性の高い、インテリジェントでインタラクティブな仮想ミーティング アシスタントです。 Webex Assistant にミーティングまたはイベント中にアクション アイテムをフォローアップし、重要な決定事項を記録し、重要な瞬間をハイライトさせることができます。

                                                                                      Webex Assistant for Meetings は、Webex Meetings、Webex Suite パッケージ ミーティング サイト、パーソナル会議室では無料で利用できます。 新規と既存のサイトの両方でサポートされています。

                                                                                      Webex Meetings および Webex スイート パッケージの Webex Assistant Meetings を有効にする

                                                                                      Webex Assistant は、Webex Meetings および Webex Suite パッケージの卸売顧客に対してデフォルトで有効になっています。 パートナー管理者および顧客組織管理者は、Control Hub を通じて顧客組織の機能を無効にできます。

                                                                                      制限事項

                                                                                      Cisco Wholesale 版 Webex には次の制限があります。

                                                                                      • サポートは、Webex Meetings および Webex Suite パッケージのミーティング サイトとパーソナル会議室のみに制限されています。

                                                                                      • 字幕の文字起こしは、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語でのみサポートされています。

                                                                                      • メールによるコンテンツ共有は、組織内のユーザーのみアクセスできます。

                                                                                      • ミーティングコンテンツは、組織外のユーザーにはアクセスできません。 同じ組織内の異なるパッケージのユーザー間で共有されている場合、ミーティング コンテンツにもアクセスできません。

                                                                                      • Webex Meetings と Webex Suite パッケージでは、Webex Assistant が有効か無効かを問わず、ミーティング録画の議事録を利用できます。 ただし、ローカル録画が選択されている場合、ミーティング後の議事録やハイライトはキャプチャされません。

                                                                                      Webex Assistant に関する追加情報 この機能の使用方法に関するユーザー情報については、「Webex Meetings および Webex Webinars で Webex Assistant を使用する」を参照してください。

                                                                                      簡略化および集中管理

                                                                                      Wholesale RTMソリューションは、顧客をプロビジョニングおよび管理するための2つの簡単なインターフェイスを提供します。

                                                                                      • パートナー ハブ

                                                                                      • Control Hub

                                                                                      パートナーハブ: オファーの管理

                                                                                      Partner Hub は、Wholesale RTM ソリューションを管理するための Cisco の Web ベースのポータルです。 Partner Hub は、エンタープライズにまたがるオファーの属性を設定するために使用する管理インターフェイスです。 Partner Hub の機能:

                                                                                      • [オファー管理(Offer Management)]:オファーの下で管理されるすべての企業に適用されるデフォルト設定、テンプレート、ポリシーを確立します。

                                                                                      • コブランディング:サービス プロバイダーと Cisco の両方の値を再実行する共同ブランドのエンド ユーザー エクスペリエンスのために、クライアント ブランドの色、ロゴ、およびその他のクライアント属性を設定します。

                                                                                      • エンタープライズオンボーディング - 新しいビジネスをオファーに追加し、エンタープライズレベルの機能を割り当てます。 ダイヤルインおよびコールバック サービスを含むミーティング サイトの属性を設定します。

                                                                                      • Enterprise Management and Reporting: 管理する企業内の管理者に役割と責任を割り当てます。 導入状況、使用状況、品質メトリクスを監視するには、すべての企業にわたる分析を参照してください。

                                                                                      Partner Hub には複数のレベルのロールベースのアクセス制御があり、サービスプロバイダーはセキュリティのベストプラクティスを維持しながらアクセスレベルを割り当てることができます。


                                                                                       
                                                                                      Partner Hub の [概要] 画面に [トライアルの開始] ボタンが表示されます。 ただし、試用オプションはWholesale RTMパートナーには利用できません。 これらのトライアルを卸売顧客に変換できないため、パートナーはこのオプションを使用しようとしないでください。

                                                                                      Control Hub: エンタープライズに代わって管理する

                                                                                      Webex Control Hub は、Cisco の Web ベースのエンタープライズ管理ポータルです。 エンタープライズの Webex サービスを包括的に表示します。 すべての企業、ユーザー、デバイス、セキュリティ設定を 1 か所で管理できます。 Wholesale RTM ソリューションのコンテキストでは、Control Hub のプライマリユーザーは、エンドエンタープライズに代わって設定を更新するサービスプロバイダー管理者です。 また、エンタープライズ管理者がこれらの機能を実行することも可能です。 これにより、サービスプロバイダーは、必要に応じて、企業が自己管理できるようにすることができます。 サービス プロバイダーが顧客に Control Hub へのさまざまなレベルのアクセスを許可するために割り当てることができる複数のロールがあります。 これにより、柔軟性とカスタマイズ性が向上します。

                                                                                      Control Hub は、詳細な分析とレポートを使用して、すべての管理機能に 1 つの中央クラウド アプリを提供します。 また、管理者は、データを安全に保ち、規制上のニーズを満たすために、セキュリティおよびコンプライアンスポリシーを設定できます。

                                                                                      Control Hub

                                                                                      Control Hub の機能:

                                                                                      • ユーザー作成とサービス割り当て—企業のユーザーのすべての移動、追加、変更、削除(MACD)を管理します。 Control Hub を使用すると、ユーザごとに特定のパッケージタイプを設定して、共通エリアまたはスイートパッケージに関連付けることができます。

                                                                                      • Actionable Insights—すべての企業、および企業内の導入状況を確認できます。 ユーザーがどのように通話、メッセージング、ミーティングへの参加、ミーティングの継続時間、ビデオを使用しているかを理解します。 これにより、導入を測定し、オファー全体にサービスを使用するのに役立ちます。

                                                                                      • ユーザーエクスペリエンスの問題の根本原因について掘り下げる—エンタープライズレベルでは、音声品質やページロードのパフォーマンスなどの問題を特定して、影響を受ける前にトラブルシューティングできます。

                                                                                      • 柔軟なポリシー定義:ロールテンプレートと詳細なポリシーコントロールを使用して、管理者とユーザーのサービス設定を簡単に構成できます。

                                                                                      • ユーザーとデバイスの管理—デバイスをすばやくアクティベートし、ユーザーを管理し、Microsoft Active Directory との同期を有効にし、すべての企業、または管理する企業のサブセットに対して統合されたシングル サインオンを有効にします。

                                                                                      Control Hub の管理と分析の詳細については、「Control Hub 管理と分析データシート」を参照してください。

                                                                                      サービス プロバイダー スケールの API 管理

                                                                                      ホールセールRTMソリューションは、サービスプロバイダの規模に合わせて構築されています。 これを実現するために、パートナーレベルおよびエンタープライズ (Control Hub) レベルの管理のすべての機能が API 経由で有効になります。

                                                                                      Wholesale RTMソリューションには、大規模に顧客やユーザーのオンボーディングを支援するサービスプロバイダー向けに特別に構築されたAPIが含まれています。 理想的な状態では、Webex で顧客エンティティを作成するための API コールと、ユーザー向けのサービスを作成および設定するための API コールがすべて必要です。 Cisco は、API の注文やその他の手動操作を廃止する非同期 API に投資しています。 これらの API は developer.webex.com で利用できるものを拡張し、サービス プロバイダーがサービス プロバイダーから顧客、ユーザーへの統合を容易に拡張できるようにします。 これらのAPIの設計ガイドラインは、使いやすく、サービスプロバイダーが大規模に動作できるようにし、オンボーディングテンプレートを通じて柔軟性を提供し、エンド顧客へのオファーをターゲットにすることです。


                                                                                       

                                                                                      Broadworks 版 Webex の顧客は、これらの API によって拒否されます。

                                                                                      アーキテクチャの概要

                                                                                      下の図は、Wholesale Route to Marketソリューションの全体的なアーキテクチャを示しています。 強調表示されている領域は2つあります。

                                                                                      • 顧客のプロビジョニング/管理

                                                                                      • サービス プロバイダーの請求

                                                                                      これらの分野は、その後のトピックでより詳細に議論されています。

                                                                                      Wholesale RTMのアーキテクチャの概要

                                                                                      顧客のプロビジョニング

                                                                                      すでに述べたように、Wholesale Route to Marketは、顧客ごとの発注書をCCWに配置する必要性を削除します。 代わりに、サービス プロバイダーは、パブリック API またはパートナー ハブ (未来) を使用して、Webex に対して直接顧客をオンボードできます。 上の図は、高レベルの相互作用を示しています。

                                                                                      1. サービスプロバイダは、顧客関係を所有します。 顧客にサービスを販売する場合、サービスプロバイダは独自のシステムでその関係(見積もり、注文、請求、支払いを含む)を管理します。 したがって、顧客管理のステップ1は、独自のシステムで顧客をプロビジョニングすることです。

                                                                                      2. サービス プロバイダーは、パブリック API を顧客のプロビジョニング ワークフローに統合して、顧客とユーザーを Webex に自動的にオンボードし、サービスを割り当てることができます。 将来的には、このソリューションは Partner Hub 経由のオンボーディング機能もサポートします。

                                                                                      3. 顧客がオンボードされると、サービス プロバイダーは Partner Hub、Control Hub、および Public API を使用して、顧客のソリューションをさらに管理できます。


                                                                                       

                                                                                      管理者は、顧客組織が作成したのと同じレベルのパッケージでプロビジョニングする必要があります。 顧客管理者 (フル管理者) では、パッケージのダウングレードはサポートされていません。

                                                                                      パッケージ/アドオン

                                                                                      Wholesale Route to Marketのサービス割り当ての基本単位は、パッケージとAddOnsです。

                                                                                      • パッケージ は基本サービスの割り当てです。 すべてのユーザーには 1 つのパッケージ (および 1 つのみ) が割り当てられ、Webex メッセージング、ミーティング、通話サービスのセットに権限が与えられます。 パッケージの一覧については、「パッケージの提供」を参照してください。

                                                                                      • AddOns は、基本パッケージにデフォルトでは含まれていない追加の課金可能な機能です。 Wholesale RTMの最初のリリースにはAddOnsは含まれていませんが、パイプラインにはAddOnsの可能性のリストがあります。

                                                                                      制限対象および拒否対象者の確認

                                                                                      コンプライアンス上の理由から、ホールセールRTMプロビジョニングは、顧客が制限対象者リストまたは拒否対象者リストに表示されているかどうかを自動的にチェックします。 顧客の表示がいずれかのリストにある場合、プロビジョニングは保留状態になり、その間に API が定期的なステータス チェックを完了して、問題がクリアされているかどうかを確認します。 72時間経過しても顧客が保留状態のままの場合、オンボーディングは終了し、Cisco Ops チームがコンプライアンス チェックを引き継ぎ、顧客がプロビジョニングできるかどうかを判断します。

                                                                                      Cisco コンプライアンス ポリシーについては、「全般的なエクスポート コンプライアンス」を参照してください。

                                                                                      米国商務省の情報については、拒否者リストを参照してください。

                                                                                      アドレス

                                                                                      顧客を作成するときは、請求先住所の国を選択する必要があります。 この国は、Common Identityの組織国として自動的に割り当てられます。 さらに、組織国は、Cisco が有効な PSTN 通話オプションを持つ Webex ミーティング サイトのデフォルトのグローバル コールイン番号を決定します。

                                                                                      サイトのデフォルトのグローバル コールイン番号は、組織の国に基づいてテレフォニー ドメインで定義された最初の利用可能なダイヤルイン番号に設定されます。 テレフォニー ドメインで定義されたダイヤルイン番号に組織の国が見つからない場合、そのロケーションのデフォルト番号が使用されます。

                                                                                      表 3. 次の表に、各ロケーションに基づくデフォルトのコールイン国コードを示します。

                                                                                      いいえ。

                                                                                      場所

                                                                                      国番号

                                                                                      国名

                                                                                      1

                                                                                      アメリカ

                                                                                      +1

                                                                                      私達のCA

                                                                                      2

                                                                                      アジアパシフィック

                                                                                      +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65

                                                                                      シンガポール

                                                                                      3

                                                                                      オーストラリア、ニュージーランド

                                                                                      +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61)

                                                                                      オーストラリア

                                                                                      4

                                                                                      欧州、中東、アフリカ

                                                                                      +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44)

                                                                                      イギリス

                                                                                      5

                                                                                      ユーロ

                                                                                      +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49)

                                                                                      ドイツ

                                                                                      サポートされている言語ロケール

                                                                                      プロビジョニング中、言語フィールドを使用すると、管理者は特定の言語で Wholesale 顧客組織をプロビジョニングできます。 この言語は、その顧客組織と Webex Meeting サイトのデフォルト ロケールとして自動的に割り当てられます。

                                                                                      (ISO-639-1)_(ISO-3166)形式の5文字言語ロケールがサポートされています。 たとえば、en_USはnglish_E UnitedStatesに相当します。 2 文字の言語のみを要求する場合(ISO-639-1 形式を使用)、サービスは、要求された言語とテンプレートの国コード(「requestedLanguage_CountryCode」)を組み合わせて 5 文字の言語ロケールを生成します。有効なロケールを取得できない場合、必要な言語コードに基づいて使用されるデフォルトの賢明なロケールです。

                                                                                      次の表に、サポートされているロケールと、2 文字の言語コードを 5 文字のロケールに変換するマッピングを示します。

                                                                                      表 4. サポートされている言語ロケールコード

                                                                                      サポートされている言語ロケール

                                                                                      (ISO-639-1)_(ISO-3166)

                                                                                      2文字の言語コードしか使用できない場合...

                                                                                      言語コード (ISO-639-1) **

                                                                                      代わりにデフォルトの Sensible Locale を使用する (ISO-639-1)_(ISO-3166)

                                                                                      en_米国

                                                                                      en_AU

                                                                                      en_ GB

                                                                                      en_CA

                                                                                      はあ?

                                                                                      en_米国

                                                                                      fr_FR

                                                                                      fr_CA

                                                                                      FR

                                                                                      fr_FR

                                                                                      cs_CZシリーズ

                                                                                      CSについて

                                                                                      cs_CZシリーズ

                                                                                      da_デンマーク

                                                                                      ああ...

                                                                                      da_デンマーク

                                                                                      de_DE

                                                                                      DE

                                                                                      de_DE

                                                                                      hu_ハンガリー

                                                                                      フン

                                                                                      hu_ハンガリー

                                                                                      id_ID

                                                                                      id

                                                                                      id_ID

                                                                                      it_IT

                                                                                      それ

                                                                                      it_IT

                                                                                      ja_JP

                                                                                      「JA」

                                                                                      ja_JP

                                                                                      ko_KR

                                                                                      KO

                                                                                      ko_KR

                                                                                      es_ES

                                                                                      es_コラボレーション

                                                                                      es_MXについて

                                                                                      ES

                                                                                      es_ES

                                                                                      nl_NL

                                                                                      NL

                                                                                      nl_NL

                                                                                      nb_いいえ

                                                                                      メモ

                                                                                      nb_いいえ

                                                                                      pl_PLについて

                                                                                      PLについて

                                                                                      pl_PLについて

                                                                                      pt_PT

                                                                                      pt_BR

                                                                                      pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/

                                                                                      pt_PT

                                                                                      ru_RU

                                                                                      RU

                                                                                      ru_RU

                                                                                      ro_RO

                                                                                      ロロ

                                                                                      ro_RO

                                                                                      zh_CN

                                                                                      zh_台湾

                                                                                      ズー

                                                                                      zh_CN

                                                                                      sv_南アメリカ

                                                                                      sv

                                                                                      sv_南アメリカ

                                                                                      ar_南アフリカ

                                                                                      アール

                                                                                      ar_南アフリカ

                                                                                      tr_TR

                                                                                      トライ

                                                                                      tr_TR


                                                                                       

                                                                                      ロケール es_CO、id_ID、nb_NO、pt_PT は Webex ミーティングサイトではサポートされていません。 これらのロケールでは、Webex Meetings サイトは英語のみになります。 サイトに no/invalid/unsupported ロケールが必要な場合、英語がサイトのデフォルト ロケールです。 この言語フィールドは、組織と Webex Meetings サイトの作成時に適用されます。 投稿またはサブスクライバの API に言語が記載されていない場合、テンプレートからの言語がデフォルトの言語として使用されます。

                                                                                      サービス プロバイダーの請求

                                                                                      Wholesale Route To Market(RTM)ソリューションの主な目標は、オンボーディング顧客におけるサービスプロバイダーのパートナー組織の負担を大幅に軽減することです。

                                                                                      • 通常、Webex 顧客ごとにサブスクリプションを確立するには、個別の発注書が必要です。 これは、オンボーディングプロセスを遅くし、通常、非常に小さなSMBの顧客数千人を扱う卸売SPにあまりにも多くの負担です(大部分のケースでは、顧客あたり20ユーザー)。

                                                                                      • これを回避するために、ホールセールRTMは、サービスプロバイダレベルで1つの「ブランク」発注書/サブスクリプションのみを必要とします。これに対して、SPは顧客ベース全体でのすべての使用に対して請求されます。 これにより、サービス プロバイダーは Webex プラットフォームへの顧客のオンボーディングに集中できるようになります。

                                                                                      図 5: アーキテクチャの概要 は、Wholesale Service Provider がサブスクリプションを確立し、最終的にすべての使用に対して請求される方法の基本的な手順を示します。

                                                                                      1. サービスプロバイダは、卸売サービスのCCWに1つの空白の発注書を配置します。 この発注書には、サービスプロバイダが顧客ベースに販売する権利を有する卸売サービス(パッケージまたはAddOns)の項目別リストが含まれています。

                                                                                      2. 顧客がプロビジョニングされ、Webex サービスが使用されると、Webex はすべてのパッケージと AddOn の使用量を追跡および記録します。

                                                                                      3. サービス プロバイダーの請求期間の終了時に、Webex は毎日の使用量の合計を比例配分し、使用量ごとに合意された価格に基づいてサービス プロバイダーに請求書を作成します。

                                                                                      4. サービス プロバイダーは、Wholesale Billing パブリック API を使用して、顧客ごと、またはユーザーごとに使用状況を分類するカスタム請求レポートを生成およびダウンロードします。 サービス プロバイダーは、これらの請求レポートのデータを使用して、顧客の使用状況に応じて顧客に請求できます。

                                                                                        Webex は、すべての使用状況の履歴記録を保持します。 これらの API の使用方法の詳細については、「請求照合」を参照してください。

                                                                                      サブパートナーの機能

                                                                                      卸売RTMサービスプロバイダのパートナーは、リセラーチャネルを持っている可能性があります。 これらのリセラーチャネルには、通常、1つまたは複数のリセラーとの契約が含まれます(この機能については、リセラーを「サブパートナー」と呼びます)。 これらのSubPartnersは通常、顧客ベースにオファーを延長し、成功に不可欠な顧客のライフサイクルを管理します。 この機能により、パートナーは SubPartners から Cisco との課金統合を抽象化できます。

                                                                                      詳細については、「卸売ルートを市場に展開」の「サブパートナーのセットアップ」セクションを参照してください。

                                                                                      セットアップ後、顧客を正常にオンボードするには、SubPartner は Partner Hub へのアクセスを使用して、通話統合と Wholesale RTM オンボーディング テンプレートを設定する必要があります (親パートナーの共有サブスクリプション ID は、テンプレートの作成中に自動的に表示されます)。 テンプレートが配置されると、SubPartner は Partner Hub または API の顧客作成ウィザードを使用して顧客をオンボードできます。 いくつかの洞察を提供するために、Webex アーキテクチャは SubPartners をパートナーとしてモデル化します。これにより、SubPartners はパートナーと同様の機能の恩恵を受けることができます。 SubPartners は、管理ユーザー、レポート、ブランディング、オンボーディングテンプレートを持ち、顧客を完全に管理できます。

                                                                                      現在、このモデルは1レベル(パートナー - ゼロ以上のSubPartners)のみをサポートしており、パートナーごとのSubPartnersの数には厳しい制限はありません。 SubPartnerは、親パートナーのインスタンスおよび親パートナーの下に存在する他のSubPartnersにアクセスできず、SubPartnerはオンボードしている顧客のみを管理できます。 パートナーは、個々のサブパートナーの請求レポートを作成、表示、および削除できます。 詳細については、サブパートナーに関連するレポートの機能強化に関する請求照会を参照してください。

                                                                                      卸売サブパートナー一覧

                                                                                      この API を使用して、パートナー組織の SubPartners のリストを取得します。 すべてのSubPartnersを一覧表示するか、プロビジョニング状態(一時停止、アクティブ)などの指定されたパラメータを満たすサブパートナーにリストを制限できます。


                                                                                       

                                                                                      オプションのパラメータを入力すると、API は入力したパラメータに正確に一致する SubPartners のみを返します。 たとえば、プロビジョニング状態を入力すると、その特定のプロビジョニング状態を持つ SubPartners のみが返されます。

                                                                                      1. List Wholesale SubPartners API に移動します。

                                                                                      2. [クエリーパラメータ] で、使用する検索パラメータ(たとえば、provisioningState、offset、max)を入力します。 これらのパラメータの詳細については、API の Developer ヘルプを参照してください。

                                                                                      3. [実行] をクリックします。

                                                                                        API は、一意の orgId と provisioningState とともに subPartners のリストを出力します。

                                                                                      ブランディング

                                                                                      パートナー管理者は高度なブランディングのカスタマイズを使用して、 Webexアプリがパートナーが管理する顧客組織を検索する方法をカスタマイズます。 パートナーの管理者は次の設定をカスタマイズして、 Webexアプリに会社のブランドとアイデンティティを反映させることができます。

                                                                                      • 企業ロゴ

                                                                                      • ライト モードまたはダーク モードに対応する独自のカラー スキーム

                                                                                      • カスタマイズされたサポート URL

                                                                                      ブランディングのカスタマイズ方法の詳細については、「高度なブランディングのカスタマイズの設定」を参照してください。


                                                                                       
                                                                                      • 基本的なブランディングのカスタマイズは廃止される予定です。 幅広いカスタマイズを提供する Advanced Branding を展開することをお勧めします。

                                                                                      • 既存の顧客組織に添付する際のブランディングの適用方法の詳細については、「BroadWorks 版 Webex を既存の組織に添付する」セクションの「組織添付の条件」を参照してください。

                                                                                      機能マトリクス

                                                                                      Wholesale Route-to-Market ソリューションのサポートされている機能の詳細については、Webex Wholesale RTM 機能マトリクスを参照してください。

                                                                                      顧客のオンボーディングと管理

                                                                                      展開の概要

                                                                                      Wholesale RTM ソリューションは、プロビジョニング、管理、請求の簡素化を含む合理化された展開プロセスを提供します。 次の章では、以下の手順を説明します。

                                                                                      • 新しい顧客組織と加入者をプロビジョニングする方法。

                                                                                      • 既存の顧客とサブスクライバを維持および更新する方法。

                                                                                      • 請求照会レポートを作成して、顧客に請求できるようにする方法。

                                                                                      開始する前に

                                                                                      顧客とユーザーの管理方法を決定する必要があります。 顧客のプロビジョニングと管理には、2 つのインターフェイス オプションがあります。 この章では、両方のインターフェイスの手順について説明します。

                                                                                      • Partner Hub インターフェイスを介して顧客を手動で管理する

                                                                                      • パブリック API を使用して顧客を管理する

                                                                                      また、パートナー組織内で管理ロールをまだ割り当てていない場合は、「BroadWorks 版 Webex およびホールセール RTM のパートナー管理者ロール」を参照してください。

                                                                                      Wholesale Setup Assist によるオンボーディング

                                                                                      Wholesale Setup Assist は、Cisco が Wholesale RTM パートナーに提供するオプションの顧客オンボーディングサービスで、顧客のオンボーディングを支援します。 このサービスは、Cisco Commerce Workspace (CCW) で A-Wholesale SKU を注文するパートナーであれば誰でも利用できます。 パートナーは、ExpressまたはStandard Wholesale SKUを使用して、特定の顧客ロケーションのサービスを注文できます。skuは、顧客ロケーションのユーザー数に基づいて自動的に割り当てられます。

                                                                                      追加の利点として、サービスはパートナーの請求照会レポートを自動的に更新し、パートナーが顧客に適切に請求できるようにします。

                                                                                      以下は、2つのWholesale Setup Assist SKUとそれぞれの価格モデルです。 これらはパートナーへの純転送価格であることに注意してください。 表示価格は、ホールセール パートナーの割引によって異なります。

                                                                                      表 1. 卸売セットアップアシストSKU

                                                                                      SKU

                                                                                      SKU は次の目的で使用されます...

                                                                                      卸売セットアップアシストエクスプレス使用

                                                                                      最大5席の設置場所を設定するためのフラットチャージ

                                                                                      卸売セットアップアシスト標準使用量

                                                                                      5席以上の場所を設定するためのユーザーあたりの料金

                                                                                      ホールセール セットアップ アシストによるオンボーディング フロー

                                                                                      このセクションでは、ホールセール セットアップ アシストを使用するときのオンボーディング フローについて説明します。

                                                                                      前提条件

                                                                                      • パートナーは、Wholesale Route-to-Marketソリューションに完全にオンボーディングする必要があります。 これには、PSTN 接続性、完了したサードパーティのホスティング要件、OSS/BSS 設定などの項目が含まれます。

                                                                                      • Wholesale Setup Assistのすべてのリクエストは、オンボーディング完了の6営業日前までに提出する必要があります。

                                                                                      • お客様は cscan.webex.com でネットワーク接続を確認することをお勧めします

                                                                                      オンボーディングフロー

                                                                                      表 2. ホールセール セットアップ アシストを使用したオンボーディング プロセス

                                                                                      アクション

                                                                                      説明

                                                                                      1

                                                                                      数量1A-Wholesale SKUについては、Cisco Commerce Workspace (CCW) で1回限りの発注書を発行します。

                                                                                      注文の詳細については、『Webex - Wholesale Ordering Guide』を参照してください。


                                                                                       
                                                                                      これは、パートナーごとに1回のみ完了する必要があります。 プロビジョニングする新規顧客ごとにこれを繰り返す必要はありません。

                                                                                      2

                                                                                      次のいずれかのフローを使用して、顧客のプロビジョニング タスクを完了します。

                                                                                      Partner Hub で顧客組織を手動でプロビジョニングするか、API を使用してプロビジョニングを完了することができます。

                                                                                      3

                                                                                      卸売セットアップ支援リクエストフォームの送信

                                                                                      プロビジョニング後、Wholesale Setup Assist Request Form でサブスクリプションリクエストを送信します。


                                                                                       

                                                                                      また、コール経由でCallingヘルプデスクにリクエストを送信することもできます。

                                                                                      4

                                                                                      セットアップ アシスト チームは、次のいずれかのフローを使用して顧客をオンボードするのに役立ちます。

                                                                                      オンボーディングしている顧客のロケーションに適用されるフローを参照してください。 このフローでは、プロセスの各段階における Cisco とパートナーの責任の両方が説明されています。

                                                                                      セットアップアシスタンス (Express Flow)

                                                                                      次の表は、Cisco Wholesale Setup Assist チームがオンボーディングを引き継いだときに、Express オプションのプロジェクト フローを分解します。 以下のプロジェクトフェーズは、プロビジョニングを完了し、サポートリクエストを送信した後に発生します (Wholesale Setup Assist Request フォーム経由)。

                                                                                      この表では、プロジェクトの各段階における Cisco の責任とパートナーの責任が分かれています。

                                                                                      表 3. 卸売セットアップアシスト - エクスプレスプロジェクトフェーズ

                                                                                      プロジェクトフェーズ

                                                                                      この段階における Cisco の責任

                                                                                      この段階におけるパートナーの責任

                                                                                      1

                                                                                      発見と評価

                                                                                      • ホールセール セットアップ アシスト リクエスト フォーム (または電話) から顧客情報を送信します。

                                                                                      • 提供された顧客の連絡先に、コール フローに精通した人物が含まれていることを確認します。

                                                                                      • コールフロー戦略に対する顧客の承認を取得します。

                                                                                      • オンライントレーニング、管理ガイド、ユーザーガイドの詳細を提供します。

                                                                                      2

                                                                                      ソリューション設計

                                                                                      • 顧客のロケーションに連絡します (最大 1 時間の顧客通話)。

                                                                                      • ユーザーと機能の構成を完了します。

                                                                                      • 割り当てられた番号をテストします。

                                                                                      • Control Hub のログインが機能することを確認します。

                                                                                      • 機能やユーザーポータルを調べます。

                                                                                      必要に応じて顧客とフォローアップします。

                                                                                      セットアップアシスタンス(標準フロー)

                                                                                      次の表は、Cisco Wholesale Setup Assist チームがオンボーディングを引き継いだときに、Express オプションのプロジェクト フローを分解します。 以下のプロジェクトフェーズは、プロビジョニングを完了し、サポートリクエストを送信した後に発生します (Wholesale Setup Assist Request フォーム経由)。

                                                                                      この表では、プロジェクトの各段階における Cisco の責任とパートナーの責任が分かれています。

                                                                                      表 4. 卸売セットアップアシスト - 標準プロジェクトフェーズ

                                                                                      プロジェクトフェーズ

                                                                                      この段階における Cisco の責任

                                                                                      この段階におけるパートナーの責任

                                                                                      1

                                                                                      プロジェクト管理

                                                                                      • パートナーと顧客に、主要な人員と責任のリストを提供します。

                                                                                      • プロジェクトのスケジュール、成果物、レポート頻度、マイルストーン、イベントを提供します。

                                                                                      • リスクとポテンシャル上の問題を特定します。

                                                                                      • プロジェクト完了時に引き継ぎを提供します。

                                                                                      • パートナー/顧客の役割と責任のリストを提供する

                                                                                      • ID プライマリおよびバックアップ サイトの連絡先。 主要な担当者が割り当てられ、利用可能であることを確認してください。

                                                                                      • 必要に応じて、外部の第三者との調整を行います。

                                                                                      • 情報がシスコの要求から 2 営業日以内に提供されていることを確認してください。

                                                                                      2

                                                                                      発見と評価

                                                                                      • 顧客とのプロジェクト計画のオリエンテーション。

                                                                                      • 移行するサイトを計画します。

                                                                                      • ステークホルダーへのインタビューを実施。

                                                                                      • データ収集文書の草案。

                                                                                      • パートナーと顧客を支援します。

                                                                                      • 評価報告書に推奨事項と除外事項を記載する。

                                                                                      • 既存の通話プラットフォーム情報を入力します。

                                                                                      • ユーザとデバイスのロケーション設定情報を入力します。

                                                                                      • ミーティングに出席し、関連情報を提供してください。

                                                                                      3

                                                                                      ソリューション設計

                                                                                      • パートナーからのデータ収集ドキュメントを確認します。

                                                                                      • 構成に必要な情報を含む Webex Calling 構成ワークブックの草案。

                                                                                      • 技術要件と既存の文書を確認します。

                                                                                      • ユーザーとロケーションのデータ収集用のテンプレートを提供します。

                                                                                      • 構成ワークブックを開発します。

                                                                                      • 更新された顧客アンケート、構成ワークブック、ビルドドキュメントをパートナーに提供します。

                                                                                      • キーパーソンが利用可能であることを確認してください。

                                                                                      • 文書(顧客アンケート、データ収集ワークブック)をレビューする。

                                                                                      4

                                                                                      オンボーディング (テスト) プランニング段階

                                                                                      • テストプランワークショップを開催します。

                                                                                      • テストプランを作成し、顧客に提供します。

                                                                                      • テストプランワークショップに参加します。

                                                                                      • 顧客の要件を調整します。

                                                                                      • 移行計画をレビューします。

                                                                                      5

                                                                                      実装

                                                                                      • ワークブックに構成をインストールします。

                                                                                      • 更新された構成ワークブックを提供します。

                                                                                      • CPE をオンサイトおよび通話クライアントに展開します。

                                                                                      • ディレクトリ、SSO、ハイブリッド サービスを設定します。

                                                                                      • Control Hub 設定。

                                                                                      • ユーザーとロケーションデータを RedSky ポータルに収集します。

                                                                                      • 証明書と CSR を取得します。

                                                                                      • 設定に必要な変更のためのネットワーク設定(ファイアウォールポート、DHCP、TFTP、Qos)。

                                                                                      6

                                                                                      オンボーディングの実行

                                                                                      • パートナーソリューションを本番環境に移行します。

                                                                                      • ユーザーを Webex Calling に移行します。

                                                                                      • 顧客との移行を調整します。

                                                                                      • オンサイトのリソースを提供します。

                                                                                      • 座標 (番号の移植、サードパーティの要素)。

                                                                                      • 移行をサポートするために、オンプレミス装置にダイヤル プランの変更を設定します。

                                                                                      7

                                                                                      導入後の登録

                                                                                      • 移行後、最大 5 営業日の移行後のサポート。

                                                                                      • トラブルシューティングのサポート

                                                                                      • 最初のレベルの連絡先とサポート。

                                                                                      • トラブルシューティングのためのオンサイト リソースを提供します。

                                                                                      8

                                                                                      オペレーションの引き継ぎ

                                                                                      • 更新された構成ワークブックを提供します。

                                                                                      • 移行終了通知を送信します。

                                                                                      • 移行は終了します。

                                                                                      パートナー事前プロビジョニングチェック API

                                                                                      事前プロビジョニングチェック API は、顧客またはサブスクライバにパッケージをプロビジョニングする前にエラーをチェックすることで、管理者とセールスチームを支援します。 パートナーフル管理者ロールを持つユーザーが許可したユーザーまたはインテグレーションは、この API を使用して、特定の顧客またはサブスクライバのパッケージプロビジョニングに競合やエラーがないことを確認できます。

                                                                                      API は、この顧客/サブスクライバと Webex の既存の顧客/サブスクライバとの間に競合があるかどうかを確認します。 たとえば、サブスクライバがすでに別の顧客またはパートナーにプロビジョニングされている場合、別のサブスクライバにメール アドレスがすでに存在している場合、またはプロビジョニング パラメータと Webex にすでに存在するものとの間に競合がある場合、API はエラーをスローする可能性があります。 これにより、プロビジョニングの前にこれらのエラーを修正する機会が与えられ、プロビジョニングが成功する可能性が高まります。

                                                                                      API の詳細については、次を参照してください。 Webex for Wholesale 開発者ガイド

                                                                                      API を使用するには、次のページに移動します。 Wholesale サブスクライバ プロビジョニングの事前確認


                                                                                       

                                                                                      Wholesale Subscriber Provisioning ドキュメントの事前チェックにアクセスするには、https://developer.webex.com/ ポータルにログインする必要があります。

                                                                                      顧客組織のタスク フローのプロビジョニング (パートナー ハブ経由)

                                                                                      次のタスクを完了して、Partner Hub を使用して新しい顧客組織を手動でプロビジョニングします。

                                                                                       
                                                                                      また、API を使用して顧客組織をプロビジョニングすることもできます。 「顧客組織のタスクフローのプロビジョニング (API 経由)」を参照してください。
                                                                                      1

                                                                                      オンボーディング テンプレートの設定

                                                                                      顧客をプロビジョニングする前に、オンボーディング テンプレートを設定する必要があります。 既存のテンプレートを使用するか、新しいテンプレートを作成できます。

                                                                                      2

                                                                                      Partner Hub 経由で顧客を作成する

                                                                                      Partner Hub で新しい顧客組織を手動で作成します。

                                                                                      3

                                                                                      顧客のセットアップ

                                                                                      ユーザーとロケーションを追加して、新しく作成した顧客を設定します。

                                                                                      オンボーディング テンプレートの設定

                                                                                      顧客組織またはユーザーをプロビジョニングするには、オンボーディング テンプレートが必要です。 この手順を使用して、テンプレートを使用する顧客組織に適用する共通設定を持つオンボーディング テンプレートを作成します。 次の条件が適用されます。

                                                                                      • 1 つのオンボーディング テンプレートを複数の顧客に適用できます。

                                                                                      • さまざまな顧客セットをターゲットにした設定を使用して、複数のオンボーディング テンプレートを作成できます。

                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインし、[顧客] を選択します。

                                                                                      2

                                                                                      既存のテンプレートを表示するには、[テンプレート]ボタンをクリックします。

                                                                                      3

                                                                                      クリックテンプレートを作成を選択します。

                                                                                      4

                                                                                      [卸売業向け Webex] を選択し、[次へ] をクリックします。

                                                                                      5

                                                                                      主な設定をセットアップします。

                                                                                      • [テンプレート名(Template Name)]:テンプレートの説明的な名前を入力します。
                                                                                      • 国または地域—ドロップダウンから、国または地域を選択します。
                                                                                      • サービス プロバイダー管理者—ドロップダウンから管理者を選択します。
                                                                                      6

                                                                                      [Wholesaleサブスクリプション] ドロップダウンから、サブスクリプションを選択します。

                                                                                      7

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      8

                                                                                      次の認証方法のいずれかを選択します。

                                                                                      • Webex 認証—このオプションを選択して、Webex Common Identity を ID プロバイダーとして使用します (これはデフォルトです)。
                                                                                      • パートナー認証—独自の ID プロバイダーがある場合は、このオプションを選択します。 IDP Entity IDの場合、ID プロバイダーの SAML メタデータ XML から EntityID を入力します。

                                                                                       
                                                                                      パートナー認証を使用する場合は、まず ID プロバイダを設定する必要があります。 詳細については、「パートナー SSO - SAML」を参照してください。
                                                                                      9

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      10

                                                                                      [Wholesale calling] から [Cloud Connected PSTN プロバイダ] を選択し、[次へ] をクリックします。 このフィールドは Webex Meetings パッケージではオプションですが、他のパッケージでは必須であることに注意してください。

                                                                                      11

                                                                                      共通設定コール設定のオプションを設定します。

                                                                                      • 既存の組織に添付するときに、admin-invite メールを制限する—デフォルトでは、このトグルは無効になっています。
                                                                                      • ブランド名—ブランド名を入力します。 このフィールドは、オンボーディング中に自動生成された電子メールでサービス プロバイダーのオファーを識別するために使用されます。
                                                                                      • Webex の通話を無効にする (1 対 1、非 PSTN)—デフォルトでは、このトグルは無効になっています。 Webex 通話を無効にする場合にのみ、このトグルを有効にします。
                                                                                      12

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      13

                                                                                      設定の概要を確認し、[編集] をクリックして必要な設定を変更します。 設定が正しい場合は、[送信]をクリックします。

                                                                                      新しく作成したテンプレートがテンプレート ビューに追加されます。
                                                                                      14

                                                                                      作成したテンプレートを開き、[プロビジョニングID] 値をコピーします。 顧客組織をプロビジョニングする場合、この値が必要です。

                                                                                      Partner Hub 経由で顧客を作成する

                                                                                      この手順を使用して、Partner Hub で新しい顧客組織を手動で作成します。
                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインします。

                                                                                      2

                                                                                      既存の顧客の一覧を表示するには、[顧客]をクリックします。 任意の顧客を選択して、その組織に関する情報を表示できます。

                                                                                      3

                                                                                      新しい顧客組織を作成するには、[顧客の作成] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      [顧客情報] 画面で、会社名、管理者のメール、適用するテンプレートなどの詳細を入力します。

                                                                                      5

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      6

                                                                                      [パッケージ] 画面で、この顧客に適用するパッケージを選択し、[次へ] をクリックします。

                                                                                      7

                                                                                      本社の所在地画面で、顧客の本社の所在地情報を入力します。

                                                                                      8

                                                                                      本社が Webex でサポートされているロケーションにある場合は、[この顧客が Cisco Webex でサポートされているロケーションにいることを確認する] チェックボックスをクリックします。

                                                                                      9

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      10

                                                                                      顧客の概要を確認します。 情報が正しい場合は、「顧客の作成」をクリックします。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      顧客組織が作成されます。 ユーザーを追加して顧客を設定できるようになりました。

                                                                                      顧客のセットアップ

                                                                                      この手順を使用して、Partner Hub にユーザーとロケーションを追加して、新しく作成された顧客組織をセットアップします。
                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインします。

                                                                                      2

                                                                                      [顧客] をクリックし、適切な顧客を選択します。 顧客の設定が画面の右側に表示されます。

                                                                                      3

                                                                                      [顧客の設定] をクリックします。 ユーザーのセットアップウィザードが起動します。

                                                                                      4

                                                                                      [ロケーションの追加と確認]画面で、支店などの追加のロケーションを入力します。

                                                                                      5

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      6

                                                                                      [ユーザーの追加] 画面で、名、姓、メール、パッケージ、ロケーションなどのユーザーの詳細を入力します。

                                                                                      7

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      8

                                                                                      通話パッケージを持つユーザーに電話番号を割り当てます。

                                                                                      9

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      10

                                                                                      入力した情報を確認します。

                                                                                      11

                                                                                      [ユーザーの作成] をクリックします。


                                                                                       
                                                                                      顧客組織に Control Hub アクセシビリティを提供している場合、顧客管理者にロールを割り当てることもできます。 参照先Control Hub で組織アカウントのロールを割り当てるを選択します。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      オプションです。 Wholesale Setup Assistサービスを使用している場合は、「Submit Wholesale Setup Assist Request Form」を参照してください。

                                                                                       

                                                                                      管理者は、顧客組織が作成したのと同じレベルのパッケージでプロビジョニングする必要があります。 顧客管理者 (フル管理者) では、パッケージのダウングレードはサポートされていません。

                                                                                      顧客組織のタスク フローのプロビジョニング (API 経由)

                                                                                      これらのタスクを完了して、新しい顧客組織をプロビジョニングし、それらの組織にユーザーを追加します。

                                                                                       
                                                                                      Partner Hub を使用して顧客組織をプロビジョニングすることもできます。 「顧客組織のタスクフローのプロビジョニング (Partner Hub 経由)」を参照してください。
                                                                                      1

                                                                                      オンボーディング テンプレートの設定

                                                                                      顧客をプロビジョニングする前に、Partner Hub でオンボーディング テンプレートを設定している必要があります。 既存のテンプレートを使用するか、新しいテンプレートを作成できます。

                                                                                      2

                                                                                      卸売顧客 API のプロビジョニング

                                                                                      API を使用して顧客組織をプロビジョニングします。 新規顧客組織にオンボーディング テンプレートの設定を適用します。

                                                                                      3

                                                                                      プロビジョニング卸売サブスクライバAPI

                                                                                      API を使用してサブスクライバ (ユーザー) を顧客組織に追加します。

                                                                                      卸売顧客 API のプロビジョニング

                                                                                      プロビジョニング API を使用して新しい Wholesale 顧客組織をプロビジョニングするには、次の手順を使用します。

                                                                                      始める前に

                                                                                      オンボーディング テンプレートは、Partner Hub にすでに存在している必要があります。 顧客をプロビジョニングするときは、使用するテンプレートから provisioningID フィールドの値を入力する必要があります。 詳細については、「オンボーディング テンプレートの設定」を参照してください。

                                                                                       

                                                                                      サポートされている言語の詳細については、次を参照してください。 サポートされている言語ロケール

                                                                                      1

                                                                                      Wholesale Customer API のプロビジョニングを開きます。

                                                                                      2

                                                                                      右側の設定領域で、顧客組織の必須フィールドを入力します。 次の例の形式に従ってください。

                                                                                      • provisioningID:使用するオンボーディング テンプレートに関連付けられている ID を入力します。
                                                                                      • パッケージ—プロビジョニングするパッケージを入力します(common_area_calling、webex_calling、webex_suite、webex_meetingsなど)。
                                                                                      • orgID:この組織を既存の組織に添付する場合は、orgID を入力します。
                                                                                      • externalID:新しい組織の場合は、外部 ID の任意のテキストを入力します。
                                                                                      • [アドレス(Address)]:要求された形式でアドレスを入力します。 組織国は、Cisco が有効な PSTN 通話オプションを持つ Webex ミーティング サイトのデフォルトのグローバル コールイン番号を決定します。 詳細については、ヘルプページの「住所」セクションを参照してください。
                                                                                      • customerInfo – この顧客に必要な情報 (名前とプライマリ メールなど) を入力します。
                                                                                      • provisioningParameters:オプション。 設定するプロビジョニング パラメータを入力します。 入力できるパラメータのリストについては、開発者サイトを参照してください。
                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      結果が [応答(Response)] ウィンドウに表示されます。 応答には、[ロケーション(Location)] ヘッダーに表示され、組織を指す URL も含まれます。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      プロビジョニング Wholesale サブスクライバを顧客組織に提供します。

                                                                                      プロビジョニング卸売サブスクライバAPI

                                                                                      プロビジョニング API を使用してサブスクライバ(ユーザ)を顧客組織に追加するには、次の手順を使用します。

                                                                                       
                                                                                      新しい顧客組織に最初にプロビジョニングされたユーザーには、自動的に管理者権限が割り当てられます。
                                                                                      1

                                                                                      Wholesale サブスクライバ API のプロビジョニングを開きます。

                                                                                      2

                                                                                      次の必須フィールドに入力します。 フィールドの詳細については、API のフィールドの説明を参照してください。

                                                                                      • customerID—サブスクライバがプロビジョニングされる顧客の customerID を入力します。
                                                                                      • email:サブスクライバのメールを入力します。 組織にプロビジョニングされた fiirst ユーザーは管理者ユーザーであることに注意してください。
                                                                                      • パッケージ:パッケージを入力します(common_area_calling、webex_calling、webex_suite、webex_meetingsなど)。
                                                                                      • provisioningParameters:firstname パラメータと lastName パラメータは必須です。 パッケージを呼び出すには、内線番号または primaryPhoneNumber のいずれかをプロビジョニングすることも必須です。

                                                                                       
                                                                                      LocationId プロビジョニング パラメータは、コーリング パッケージにのみ適用されます。 このサブスクライバを複数のロケーションを持つ既存の顧客組織に接続する場合に、このフィールドを使用できます。 このフィールドでは、適切なロケーションを指定できます。
                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      これらの手順を繰り返して、追加のサブスクライバをプロビジョニングします。


                                                                                       
                                                                                      顧客組織に Control Hub アクセシビリティを提供している場合、顧客管理者にロールを割り当てることもできます。 参照先Control Hub で組織アカウントのロールを割り当てるを選択します。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      オプションです。 Wholesale Setup Assistサービスを使用している場合は、「Submit Wholesale Setup Assist Request Form」を参照してください。

                                                                                      卸売セットアップ支援リクエストフォームの送信

                                                                                      ホールセール セットアップ アシスト サービスを使用している場合は、Partner Hub と Control Hub で顧客とユーザーをプロビジョニングしてサブスクリプション リクエストを送信した後、このフォームに入力します。

                                                                                      1

                                                                                      Wholesale Setup Assist Request Formを開きます。

                                                                                      2

                                                                                      リクエストフォームで次のフィールドに入力します。

                                                                                      ほとんどの値は、Partner Hub と Control Hub の設定から取得できます。 次の表では、いくつかの目立つ設定に適切な値を見つける方法について説明します。

                                                                                      表 5. 卸売セットアップアシストリクエストフォームに必要な設定

                                                                                      フィールド

                                                                                      この Partner Hub / Control Hub 設定を使用する...

                                                                                      パートナー/エージェント組織 ID

                                                                                      Partner Hub の左側のナビゲーションバーで、パートナー名をクリックします。 設定ウィンドウで、パートナーの組織IDをコピーします。

                                                                                      顧客の組織 ID

                                                                                      Partner Hub から、[顧客] をクリックし、適切な顧客を選択します。 その顧客の組織IDをコピーする

                                                                                      Wholesaleのサブスクリプションは有効ですか?

                                                                                      YESを選択します。

                                                                                      サブスクリプション ID

                                                                                      Partner Hub から、[顧客] をクリックし、適切な顧客を選択します。 [サブスクリプション] で、サブスクリプション ID をコピーします。

                                                                                      ロケーションの合計数

                                                                                      この設定に基づいて、顧客の Control Hub に入力されたロケーションの数をオフにします。

                                                                                      その顧客の Control Hub インスタンスを起動します。 [通話] を選択し、場所 (本社所在地など) に関する情報については、[場所] ボタンをクリックします。

                                                                                      ロケーション ID

                                                                                      Control Hub から、顧客のロケーション設定を開きます (前の説明を参照)。 適切なロケーションにロケーションIDをコピーします。

                                                                                      3

                                                                                      SmartSheetの追加のフィールドに入力します。 * ですべてのフィールドに入力してください。

                                                                                      4

                                                                                      リクエストのコピーを電子メールで受け取るには、[回答のコピーを送信]チェックボックスをオンにします。

                                                                                      5

                                                                                      [送信] をクリックします。


                                                                                       
                                                                                      問題が発生した場合は、Calling ヘルプデスクからセットアップアシストヘルプをリクエストできます。 チームは「ハウツー」通話の質問を支援し、セットアップ アシスト チームとのエンゲージメントを開始します。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      Cisco の Wholesale Setup Assist チームがオンボーディング プロセスを引き継ぎ、あなたと協力してオンボーディング プロセスを完了します。 プロジェクトのフロー、およびこのプロセス中の Cisco の責任とパートナーの責任の詳細については、次の 2 つのフローのいずれかを参照してください。

                                                                                      • Express Flowについては、「リファレンス」セクションの「卸売セットアップアシストによるオンボーディングフローのセットアップアシスタンス(Express Flow)」を参照してください。

                                                                                      • 標準フローについては、「リファレンス」セクションの「卸売セットアップアシストによるオンボーディングフローのセットアップアシスタンス(標準フロー)」を参照してください。

                                                                                      SubPartner を設定する

                                                                                      このモデルでのセットアップを要求する一方で、テクニカルオンボーディング、セットアップ、サポートの各フェーズで SubPartner をサポートするために、パートナーは SubPartner ごとに管理者アカウントを維持することを推奨します。 これは、パートナーにとって追加の運用上の課題(SubPartnerごとに新しい電子メールと資格情報を維持する)をもたらし、将来の段階でこれを修正することを求める可能性があることを認識しています。 ただし、以下の詳細をPSMチームにご連絡ください。

                                                                                      • あなたの組織 ID

                                                                                      • 組織名

                                                                                      • サブパートナー組織名

                                                                                      • 最初のサブパートナー管理者ユーザーとして割り当てるメールアドレス

                                                                                      • 最初のSubPartner管理者ユーザーの名と姓

                                                                                      • サブスクリプション ID はサブパートナー組織と共有されます

                                                                                      Partner Hub 経由の管理

                                                                                      Partner Hub ユーザー インターフェイスには、Partner Hub インターフェイスを介して多くの管理タスクを手動で管理できるオプションが含まれています。 たとえば、folloiwng タスクを実行できます。

                                                                                      • 新しい顧客組織とユーザーのプロビジョニング

                                                                                      • 既存の組織のユーザーを追加または更新する

                                                                                      • 既存の設定を更新

                                                                                      ユーザーを手動で追加

                                                                                      この手順を使用して、Control Hub から手動で既存の顧客組織に最大 25 人のユーザーを追加します。
                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインし、[顧客] をクリックします。

                                                                                      2

                                                                                      該当する顧客の顧客ビューを起動します。

                                                                                      Control Hub で顧客ビューが開きます。
                                                                                      3

                                                                                      [ユーザー] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      [ユーザーの管理] をクリックします。

                                                                                      5

                                                                                      [手動でユーザーを追加]をクリックします。


                                                                                       

                                                                                      ユーザーを追加または変更するための追加オプションもあります。

                                                                                      • CSV ファイルでユーザーを追加または変更する

                                                                                      • ユーザーを要求

                                                                                      • ディレクトリ同期

                                                                                      6

                                                                                      そのユーザーの基本情報(名前、メールアドレス、パッケージなど)を入力し、[次へ]をクリックします。

                                                                                      7

                                                                                      ユーザーを追加します。 最大で 25 人のユーザーを追加できます。

                                                                                      8

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      9

                                                                                      [閉じる] をクリックします。

                                                                                      ユーザーパッケージの変更

                                                                                      Control Hub でこの手順を使用して、ユーザーのパッケージを変更します。
                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインし、[顧客] をクリックします。

                                                                                      2

                                                                                      ユーザが属している顧客の顧客ビューを起動します。

                                                                                      3

                                                                                      Control Hub で、[ユーザー] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      パッケージを変更するユーザーを選択します。

                                                                                      5

                                                                                      パッケージセクションで、矢印 (>) をクリックします。

                                                                                      6

                                                                                      新しいパッケージを選択してください。

                                                                                      7

                                                                                      パッケージを Webex Calling または Webex Suite に変更した場合は、発信番号情報を更新します。

                                                                                      8

                                                                                      [変更] をクリックします。

                                                                                      顧客管理 API

                                                                                      次のパブリック API では、Wholesale パートナーが既存の顧客組織の設定を管理できます。

                                                                                      API

                                                                                      説明

                                                                                      卸売顧客を更新

                                                                                      この API を使用して、既存の顧客組織のいずれかの設定を更新します。

                                                                                      卸売顧客を取得する

                                                                                      この API を使用して、orgID、アドレス、プロビジョニング ステータス、パッケージなど、既存の顧客の設定の概要を表示します。

                                                                                      卸売業者の顧客をリストする

                                                                                      この API を使用して、主な設定の概要とともに、顧客組織を一覧表示します。 オプションのパラメータを入力して、検索条件を満たす組織のみに検索を制限できます。

                                                                                      卸売顧客を削除する

                                                                                      この API を使用して、既存の顧客組織を削除します。

                                                                                      卸売顧客を更新する

                                                                                      公開 API を使用して、卸売顧客の顧客詳細を更新します。
                                                                                      1

                                                                                      Wholesale Customer API の更新を開きます。

                                                                                      2

                                                                                      [PUT] フィールドで、[customerID] をクリックし、更新する顧客組織の customerID を入力します。

                                                                                      3

                                                                                      本文に任意のパラメータを入力します。

                                                                                      • externalID(外部ID)

                                                                                      • packages—このフィールドには、API の実行後に顧客に必要なパッケージの完全なリストが含まれている必要があります。 たとえば、顧客に 1 つのパッケージがあり、2 番目のパッケージを追加する場合は、両方のパッケージを入力します。

                                                                                      • 住所

                                                                                      • provisioningParameters:パラメータオプションの詳細については、API 開発者向けドキュメントを参照してください。

                                                                                      4

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      卸売顧客を取得する

                                                                                      パブリック API を使用して特定の顧客組織の顧客詳細を取得するには、次の手順を使用します。
                                                                                      1

                                                                                      Get a Wholesale Customer API を開きます。

                                                                                      2

                                                                                      GET行でidをクリックし、顧客IDを入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      出力には、その顧客組織の詳細が表示されます。

                                                                                       
                                                                                      ロケーション URL を使用して顧客を検索することもできます。

                                                                                      卸売業者の顧客をリストする

                                                                                      API を使用して、既存の顧客組織のリストと、それらの顧客組織の詳細を取得するには、この手順を使用します。

                                                                                      • 検索パラメータなしで API を実行すると、出力にはパートナーが管理するすべての顧客が表示されます。

                                                                                      • 検索パラメータで API を実行すると、出力には条件に一致する顧客のみが表示されます。 たとえば、externalIdを入力すると、そのIdを使用する顧客組織のみが出力されます。
                                                                                      1

                                                                                      List Wholesale Customers API を開きます。

                                                                                      2

                                                                                      オプションです。 任意の検索パラメータを入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      出力には、検索条件を満たす顧客の顧客詳細が表示されます。

                                                                                      卸売顧客を削除する

                                                                                      この手順を使用して、既存の顧客組織から卸売サービスを削除します。


                                                                                       
                                                                                      この API は、既存の Webex 顧客組織から卸売サービスを削除しますが、組織を完全に削除することはありません。 Webex から組織を削除するには、組織 API を使用します。

                                                                                      始める前に

                                                                                      Get a Wholesale Customer APIを実行して、削除する顧客組織のcustomerIDを取得します。
                                                                                      1

                                                                                      [Delete a Wholesale Customer API] を開きます。

                                                                                      2

                                                                                      削除する顧客組織の顧客IDを入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      デバイスのオンボーディングと管理

                                                                                      Wholesale RTM は、Webex プラットフォームで利用可能なさまざまなデバイス管理 (DM) オプションを使用して、すべての Cisco デバイスと幅広いサードパーティデバイスをサポートします。 DMオプションは以下のように詳細です。

                                                                                      1. Cisco 管理対象 Cisco デバイス: Cisco Webex プラットフォームは、この DM オプションを使用して、すべての Cisco デバイス (MPP および RoomOS) をネイティブにサポートします。 これらのデバイスは、CH または API を介して直接追加およびプロビジョニングでき、パートナーと顧客に Cisco Experience で最高の Cisco を提供できます。 Cisco デバイスは Webex 認識機能も有効になっており、ユーザーは Cisco MPP 電話から Webex サービス (強化されたサービスアビリティ、統合通話履歴、ディレクトリ同期、Webex プレゼンス、参加ボタン 1 つ、ホット デスキングなど) にアクセスできます。 リストされている Webex サービスに加えて、RoomOS デバイスから PSTN 通話を行うこともできます。

                                                                                        新しい MPP デバイスのオンボード手順については、「Webex Calling デバイスの構成と管理」を参照してください。

                                                                                        Cisco デバイスの機能の詳細については、「Cisco MPP デバイスで利用可能な Webex 機能」を参照してください。

                                                                                      2. Cisco が管理するサードパーティ デバイス: Cisco Webex プラットフォームは、広く展開されているいくつかのサードパーティ製デバイス (Poly、Yealink、その他) をネイティブにサポートしています。 Wholesale の新しい顧客組織は、Cisco またはアカウントマネージャに連絡して有効化できる新しい電話を追加するときに、これらのサードパーティの電話にアクセスできません。 これらのデバイスの詳細については、「Webex Calling でサポートされるデバイス」を参照してください。
                                                                                      3. 外部管理デバイス: シスコはさらに、パートナーと顧客が汎用 SIP デバイスとしてデバイスをプロビジョニングし、必要な DM 機能のレベルに基づいて外部 DM ツールを使用するか、使用せずに SIP 認証資格情報/設定ファイルをダウンロードして管理できる、外部管理された DM オプションを使用して、幅広いサードパーティデバイスのサポートを可能にします。 これらの DM オプションは次のとおりです。
                                                                                        1. 顧客管理型デバイス: この DM オプションを使用すると、パートナーと顧客は、カスタマイズ要件が非常に低いポケットベル、ドアフォンなどの汎用 SIP デバイスをサポートできます。 顧客管理デバイスを追加する方法の詳細については、「顧客管理デバイスを追加」を参照してください。
                                                                                        2. パートナー管理デバイス: これは、パートナーと顧客が外部 DM ツールを使用して、完全なカスタマイズと大規模でさまざまなサードパーティ SIP 電話とゲートウェイをサポートできる新しい DM オプションです。 パートナー管理対象デバイスの詳細については、「Webex のパートナー管理対象デバイス」を参照してください。

                                                                                      請求の照合

                                                                                      パートナー管理者は、Wholesale Billing API を使用して、パートナーごと、顧客ごと、またはユーザーレベルごとの使用量を示すカスタム請求レポートを生成できます。 パートナーは、この情報を使用して毎月の請求書を照合し、使用量に応じて顧客とユーザーに請求することができます。

                                                                                      パートナーは、subPartnerOrgId パラメータを使用して、サブパートナーのカスタム請求レポートを生成することもできます。

                                                                                      最小アクセス要件を満たすパートナー管理者が利用できる 4 つの API があります。

                                                                                      課金 API

                                                                                      APIの目的

                                                                                      パートナー管理者アクセス要件

                                                                                      卸売請求レポートを作成する

                                                                                      請求レポートを生成するために使用。

                                                                                      読み取り/書き込み

                                                                                      卸売請求レポートを取得する

                                                                                      生成された請求レポートをダウンロードするために使用。

                                                                                      読む

                                                                                      卸売請求レポートを一覧表示する

                                                                                      そのパートナーに存在する請求レポートを一覧表示するために使用。

                                                                                      読む

                                                                                      卸売請求レポートの削除

                                                                                      既存の請求レポートを削除するために使用。

                                                                                      読み取り/書き込み

                                                                                      データ ソース

                                                                                      請求レポートのデータは、Webex が各パートナーを追跡する使用量データから取得されます。 毎日、Webex はすべてのパートナー、顧客、ユーザーの前日の使用量を追跡し、データを集約して、パートナーの月次請求書を生成するために使用できます。 課金APIはこのデータを活用し、パートナー管理者がカスタムレポートを生成することで、パートナーは、パートナー、顧客、ユーザーレベルで毎月の請求書から使用量の調整を行うことができます。

                                                                                      Webex がパートナーに請求する方法の詳細については、「サービスプロバイダーの請求」を参照してください。

                                                                                      卸売請求レポートを作成する

                                                                                      この手順を使用して、請求を調整するために使用できるカスタム請求レポートを生成します。
                                                                                      1

                                                                                      [卸売請求レポート API の作成] に移動します。

                                                                                      2

                                                                                      API が指定する形式で billingStartDatebillingEndDate の値を入力して、請求期間を入力します。 過去5年間の日付は入力できますが、現在の日付は入力できません。

                                                                                      3

                                                                                      レポートのタイプを入力します。

                                                                                      • [パートナー(PARTNER)(これがデフォルト)]:使用量の消費をパートナー レベルで示します。
                                                                                      • [顧客(CUSTOMER)]:パートナーの顧客組織のレベルに分割された合計使用量を表示します。
                                                                                      • [ユーザー(USER)]:パートナーの下の顧客組織とサブスリバーのレベルに分割された総使用量が表示されます。
                                                                                      4

                                                                                      [実行] をクリックしてレポートを生成します。

                                                                                      5

                                                                                      API 出力からレポート ID をコピーします。 生成された請求レポートを取得するために、この値を Get API で使用できます。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      レポートのコピーをダウンロードするには、[卸売請求レポートを入手]に移動します。

                                                                                      卸売請求レポートを取得する

                                                                                      請求レポートが生成されたら、この API を使用して特定の請求レポートを取得します。 レポートは URL に出力され、GET リクエストの完了後 30 分間ダウンロードできます。
                                                                                      1

                                                                                      [Get a Wholesale Billing Report API] に移動します。

                                                                                      2

                                                                                      GET行でidボタンをクリックし、レポートの一意のID値を入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      API はレポートのステータスを出力します。 出力には、レポートをダウンロードするためのURLを提供するtempDownloadURLパラメータが含まれます。

                                                                                      5

                                                                                      レポートにアクセスしてダウンロードするには、tempDownloadURLをブラウザにコピーします。

                                                                                      卸売請求レポートを一覧表示する

                                                                                      この API を使用して、パートナー組織に対して生成された請求レポートのリストを取得します。 既存のすべてのレポートを一覧表示するか、請求期間や請求タイプ (パートナー、顧客、ユーザー) などの指定されたパラメータを満たすレポートにリストを制限できます。


                                                                                       
                                                                                      オプションのパラメータを入力すると、API は入力したパラメータに完全に一致するレポートのみを返します。 たとえば、請求期間を入力すると、その特定の請求期間を使用するレポートのみが返されます。その期間内であるが、日付と完全に一致しないレポートは返されません。
                                                                                      1

                                                                                      List Wholesale Billing Report API に移動

                                                                                      2

                                                                                      [クエリーパラメータ] で、使用する検索パラメータ(たとえば、startDate、endDate、Type、sortBy on)を入力します。 これらのパラメータの詳細については、API の Developer ヘルプを参照してください。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      APIは、レポートのリストを一意のレポートIDおよびステータス(COMPLETED、IN_PROGRESS)とともに出力します。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      ダウンロードするレポートには、IDを記録します。 レポートをダウンロードするには、[卸売請求レポートを入手]に移動します。

                                                                                      卸売請求レポートの削除

                                                                                      レポート ID に基づいて生成された請求レポートを削除するには、次の手順を使用します。 レポートを削除する場合の例には、次のものがあります。

                                                                                      • 既存の請求レポートを再生成する場合は、まず既存のレポートを削除する必要があります。 既存のレポートを削除したら、その期間の新しいレポートを作成できます。 レポートが失敗または進行中の場合、削除要件は存在しないことに注意してください。

                                                                                      • レポートが生成され、URL を間違った人に送信した場合、レポートを削除でき、レポートにアクセスできなくなります。

                                                                                      1

                                                                                      Wholesale Billing Report API の削除に移動します。

                                                                                      2

                                                                                      レポートIDを入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      請求レポートフィールド

                                                                                      請求レポートには、次のフィールドが含まれます。

                                                                                      フィールド

                                                                                      その他の情報

                                                                                      このタイプのレポートに表示されます

                                                                                      パートナー_名

                                                                                      パートナーの氏名

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      パートナー_組織_ID

                                                                                      一意のパートナー識別子

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      サブスクリプション_ID

                                                                                      一意のサブスクリプション ID

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      サービス_名

                                                                                      サービス名

                                                                                      (例:COMMON_AREA_CALLING、WEBEX_CALLING、WEBEX_SUITE、WEBEX_MEETINGS)

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      SKU

                                                                                      サービスのためのSku

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      説明

                                                                                      サービスの説明

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      消費_開始_日

                                                                                      サービス消費の開始。 この値は、以下のフィールドとともに、使用期間を定義します。

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      消費_終了_日

                                                                                      サービス消費の終了。 この値は、上記のフィールドとともに、使用量消費期間を定義します。

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      数値

                                                                                      パートナーごと、顧客ごと、またはユーザーごとに集計されたユーザー使用量を表します (データを表示しているレポートとレベルによって異なります)。

                                                                                      計算:

                                                                                      各ユーザーについて、1日あたりの数量は、その日の比例配分に基づいて計算されます。 例:

                                                                                      1日の使用量 = 1

                                                                                      半日の使用量 = 0.5

                                                                                      請求期間内のすべての日の 1 日あたりの合計は、請求期間内のそのユーザーの合計数を提供するために合計されます。

                                                                                      顧客およびパートナーレベルのレポートでは、すべてのユーザーの合計が集計され、その顧客またはパートナーの合計数量が提供されます。

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      顧客_組織_ID

                                                                                      内部顧客の一意の識別子

                                                                                      顧客、ユーザー

                                                                                      顧客_外部_ID

                                                                                      パートナーが提供する顧客の一意の識別子

                                                                                      顧客、ユーザー

                                                                                      サブスクライバ_ID

                                                                                      サブスクライバの一意の識別子

                                                                                      USER

                                                                                      USER_ID

                                                                                      サブスクライバの Webex ユーザー ID

                                                                                      USER

                                                                                      ワークスペース_ID

                                                                                      固有のワークスペース ID

                                                                                      USER


                                                                                       

                                                                                      Webex Wholesale の請求は、ユーザーにパッケージをプロビジョニングすることによってトリガーされるか、パッケージの割り当てを削除することによって停止されます。

                                                                                      パートナー SSO - SAML

                                                                                      パートナー管理者は、新しく作成された顧客組織に対して SAML SSO を設定できます。 パートナーは、単一の事前に定義された SSO の関係を構成し、その構成を管理する顧客組織および自社従業員に適用することができます。


                                                                                       
                                                                                      以下のパートナー SSO 手順は、新しく作成される顧客組織にのみ適用されます。 パートナー管理者が既存の顧客組織にパートナー SSO を追加しようとする場合、既存のユーザーがアクセス権を失うことのないよう、既存の認証方法が保持されます。 パートナー SSO を既存組織に追加するには、Cisco TAC でチケットを開く必要があります。
                                                                                      1. サードパーティの ID プロバイダーが、Control Hub でのシングル サインオン統合の ID プロバイダーの要件セクションにリストされている要件を満たしていることを確認してください。

                                                                                      2. Cisco TAC で [サービス リクエスト] を開きます。 TAC はサードパーティの ID プロバイダーと Cisco Common Identity サービスの間に信頼関係を確立する必要があります。 です。


                                                                                         
                                                                                        IdP で passEmailInRequest 有効にするには、この要件をサービス要求に含める必要があります。 この機能が必要かどうか不明な場合は、IdP に確認してください。
                                                                                      3. TAC がユーザーの ID プロバイダーに提供した CI メタデータファイルをアップロードします。

                                                                                      4. オンボーディング テンプレートを設定します。 [認証モード] 設定で、[パートナー認証] を選択します。 [IDP エンティティ ID] については、サードパーティ ID プロバイダーの SAML メタデータ XML から EntityID を入力します。

                                                                                      5. テンプレートを使用する新しい顧客組織に新しいユーザーを作成します。

                                                                                      6. ユーザーがログインできることを確認します。

                                                                                      パートナー モードによる制限

                                                                                      パートナー モードによる制限は、パートナー管理者が特定の顧客組織に割り当てることができる Partner Hub の設定で、顧客管理者が Control Hub で更新できる組織設定を制限します。 特定の顧客組織でこの設定が有効になっている場合、その組織のすべての顧客管理者は、ロールの権限に関係なく、Control Hub で制限されたコントロールにアクセスできません。 制限付き設定を更新できるのはパートナー管理者だけです。


                                                                                       
                                                                                      パートナー モードによる制限は、ロールではなく組織レベルの設定です。 ただし、この設定は、設定が適用される組織内の顧客管理者の特定のロールのエンタイトルメントを制限します。

                                                                                      顧客管理者アクセス

                                                                                      パートナーによる制限モードが適用されると、顧客管理者は通知を受け取ります。 ログインすると、画面上部の Control Hub ヘッダーのすぐ下に通知バナーが表示されます。 バナーにより、顧客管理者に制限モードが有効になっており、一部のコール設定を更新できない可能性があることが通知されます。

                                                                                      パートナー モードによる制限が有効になっている組織の顧客管理者の場合、Control Hub のアクセスレベルは次の式で決定されます。

                                                                                      (Control Hub のアクセス) = (組織のロールのエンタイトルメント) - (パートナー モードの制限による制限)

                                                                                      制限

                                                                                      顧客組織でパートナーによる制限モードが有効になっている場合、その組織の顧客管理者は、次の Control Hub 設定へのアクセスが制限されます。

                                                                                      • [ユーザー] ビューでは、以下の設定は利用できません。

                                                                                        • [ユーザー管理] ボタンがグレー表示されます。

                                                                                        • 手動によるユーザーの追加/変更 - 手動または CSV 経由でユーザーを追加/変更するオプションはありません。

                                                                                        • ユーザーのクレーム—利用できません

                                                                                        • ライセンスの自動指定—利用できません

                                                                                        • ディレクトリ同期—ディレクトリ同期設定を編集できません (この設定はパートナーレベルの管理者にのみ適用されます)。

                                                                                        • ユーザーの詳細:名、姓、表示名、プライマリ メール* などのユーザー設定は編集可能です。

                                                                                        • パッケージのリセット - パッケージ タイプをリセットするオプションはありません。

                                                                                        • サービスの編集—ユーザーに対して有効にしたサービスを編集するオプションがありません (メッセージ、ミーティング、通話など)

                                                                                        • サービス ステータスの表示-ハイブリッド サービスまたはソフトウェア アップグレード チャネルの全ステータスを表示できません

                                                                                        • プライマリ職場電話番号 - このフィールドは読み取り専用です。

                                                                                      • [アカウント] ビューでは、以下の設定は利用できません。

                                                                                        • [会社名] は読み取り専用です。

                                                                                      • [組織設定] ビューでは、以下の設定は利用できません。

                                                                                        • ドメイン - アクセス権は読み取り専用です。

                                                                                        • メール - [管理者招待メールの抑制] および [メールロケールの選択] 設定は読み取り専用です。

                                                                                        • 認証 - [認証] および [SSO 設定] を編集するオプションはありません

                                                                                      • [Calling] メニューでは、以下の設定は利用できません。

                                                                                        • 通話設定 - [アプリ オプション通話の優先順位] の設定は読み取り専用です。

                                                                                        • 発信動作 - 設定は読み取り専用です。

                                                                                        • [ロケーション] > [PSTN] - [ローカル ゲートウェイ] および [Cisco PSTN] オプションは非表示になります。

                                                                                      • [サービス] では、[移行] および [接続済みの UC] サービス オプションが抑制されます。

                                                                                      パートナー モードによる制限を有効化する

                                                                                      パートナー管理者は、以下の手順に従い、パートナー モードによる制限(デフォルト設定では有効になっています)。

                                                                                      1. Partner Hub (https://admin.webex.com) にサインインし、[顧客] を選択します。

                                                                                      2. 適用する顧客組織を選択します。

                                                                                      3. 右側の設定ビューで、[パートナーモードによる制限] トグルを有効にして設定をオンにします。

                                                                                        [パートナー モードによる制限] をオフにしたい場合は、無効を選択してください。


                                                                                       

                                                                                      パートナーが顧客管理者の制限付き管理者モードを削除すると、顧客管理者は次の操作を実行できます。

                                                                                      • Wholesale ユーザーに Webex を追加する (ボタン付き)

                                                                                      • ユーザーのパッケージを変更する

                                                                                      テクニカルサポート

                                                                                      以下の図は、このオファーのサポートモデルを強調しています。

                                                                                      画像プレースホルダー - サポートチャネルの高レベル画像
                                                                                      卸売RTMテクニカルサポート

                                                                                      パートナーは、顧客からの問い合わせに対応することが期待されます。 ただし、パートナーがヘルプを必要とする場合は、次の表に、パートナー管理者が利用できるサポートチャネルをまとめています。 サポートが必要な場合は、

                                                                                      サポート チャネル

                                                                                      説明

                                                                                      Webex Calling ヘルプデスク

                                                                                      「方法」を提供し、Webex Calling の機能と構成に関する問い合わせを支援します

                                                                                      • 電話/電子メール/チャット - CHDは上記のクエリを受信し、パートナー/顧客と協議してクエリに回答します

                                                                                      • 必要に応じて TAC を含む他のチームにクエリーをルーティングできる

                                                                                      TAC

                                                                                      • Webex Calling TAC

                                                                                      • Cloud Collab TAC (デバイス、ミーティング)

                                                                                      パートナーは、以下によりTACに直接連絡することができます。

                                                                                      • SCM でケースを作成する

                                                                                      • 電話 (TAC Front Line - TFL は、パートナーに代わって SCM でケースを作成します)

                                                                                      • メール (TAC Front Line - TFL は、パートナーに代わって SCM でケースを作成します)

                                                                                      • チャット (TAC Front Line - TFL は、パートナーに代わって SCM でケースを作成します)

                                                                                      Cisco エクスペリエンス サービス

                                                                                      お客様は、CCW内からCESに直接連絡することができます。

                                                                                      • 注文支援の終了間隔

                                                                                      • 請求

                                                                                      • セールスクレジット

                                                                                      Webex Calling パートナー ヘルプ デスク (CHD) の使用方法

                                                                                      カスタマー エクスペリエンス

                                                                                      Wholesale オファーに関するパートナー/顧客のハウツーおよび/またはドキュメントに関するお問い合わせは、Webex Calling Calling ヘルプデスク (CHD) にお問い合わせください。 CHDに連絡するには、以下の情報を使用します。


                                                                                       
                                                                                      CHDは24時間365日ではありません。 ただし、EMEAR、APCJ、NorAMにリソースがあります。 CHDがオフラインの場合、webexcalling-CHD@cisco.comまでお問い合わせいただければ、オンラインに戻り次第(通常24時間以内)に対応いたします。 エスカレーションは迅速に対処されます。

                                                                                      CHDエスカレーション:

                                                                                      • 職務上の指導: James Moss – 918-872-0707 (webexcalling-CHD@cisco.com)

                                                                                      • 職務上の指導: マット・ハンナ – 918-877-0329 (webexcalling-CHD@cisco.com)

                                                                                      • シニア マネージャー: Hamid Tiouti – 918-236-1570 (webexcalling-CHD@cisco.com)

                                                                                      Webex Calling パートナー ヘルプ デスク SLO:

                                                                                      CHDは、24~48時間以内に適切なチームに回答、指導、または紹介を提供します。 ほとんどのハウツーお問い合わせは、より迅速に(2営業時間以内)解決されます。

                                                                                      BroadWorks から Wholesale RTM への移行のための移行ツール

                                                                                      概要

                                                                                      このドキュメントでは、既存の BroadWorks 顧客を Wholesale Route-to-Market ソリューションに移行するのに役立つ一連の移行ツールについて説明します。 移行ツールは、アクセスが簡単なコマンド ライン ツールで、移行タスクを自動化することで顧客、場所、番号、ユーザー、サービス、電話、ソフト クライアントを移行できます。 移行ツールには次の利点があります。

                                                                                      • 最小限の事前構成で移行を実行します。

                                                                                      • コマンドの実行が簡単になります。

                                                                                      • 管理者は、プロビジョニング後にデータを確認し、移行直後に電話をかけたり受けたりすることができます。

                                                                                      • UC-One クライアントの Webex アプリへの自動アップグレードをサポートしています。

                                                                                      ドキュメント

                                                                                      マニュアルの改訂履歴

                                                                                      日付

                                                                                      バージョン

                                                                                      説明

                                                                                      2024年2月6日。

                                                                                      一、二四

                                                                                      • [パートナー事前プロビジョニングチェック API] セクションのリンクを更新しました。

                                                                                      2024年1月23日。

                                                                                      一、二三

                                                                                      • BroadWorks 版 Migration Tools for Wholesale RTM Solutions Guide V1.8 を更新

                                                                                      2023年12月12日。

                                                                                      一、二二

                                                                                      • 顧客テンプレートが「オンボーディングテンプレート」に変更され、ソリューションガイドが更新されました。

                                                                                      2023年8月23日。

                                                                                      一・二一

                                                                                      • パートナーモードによる制限」セクションにメモを追加。

                                                                                      2023年7月31日。

                                                                                      一、二〇

                                                                                      • [パートナーモードによる制限] セクションを更新し、[名]、[姓]、[表示名]、[プライマリメール] の編集に関する制限が削除されました。

                                                                                      2023年6月9日。

                                                                                      1.19。

                                                                                      • 卸売ルートを市場に展開」の「ワークスペースのセットアップ」セクションを追加しました。

                                                                                      • BroadWorks 版 Migration Tools for Wholesale RTM Solutions Guide V1.5.0 を更新

                                                                                      2023 年 5 月 26 日

                                                                                      一・一八

                                                                                      • 卸売市場へのルートの展開」の「請求レポートフィールド」セクションにメモを追加しました。

                                                                                      2023 年 5 月 19 日

                                                                                      一、一七

                                                                                      • BroadWorks 版 Migration Tools for Wholesale RTM Solutions Guide V1.2.1 を更新

                                                                                      2023 年 5 月 9 日

                                                                                      一・一六

                                                                                      • BroadWorks 版 Migration Tools から Wholesale RTM Solutions Guide V1.2.0 に更新

                                                                                      2023 年 4 月 28 日

                                                                                      一・一五

                                                                                      • アドレスセクションを追加 卸売市場へのルートの概要

                                                                                      2023 年 4 月 17 日

                                                                                      1.14

                                                                                      • の「サブパートナー機能」セクションを更新 卸売市場へのルートの概要および請求照会セクション 卸売市場へのルートの展開

                                                                                      2023年1月26日。

                                                                                      一、十三

                                                                                      • サブパートナーセクションを追加 卸売市場へのルートの概要およびのSubPartnerセクションを設定する Wholesale Route to Marketを展開します。

                                                                                      2022 年 12 月 07 日。

                                                                                      1.12

                                                                                          • 字幕の Webex 音声パッケージ拡張通話 に変更し、図 2 を更新しました。 卸売RTMのためのパッケージ。

                                                                                      2022 年 12 月 05 日

                                                                                      一・一一

                                                                                      • Deploy Wholesale Route to MarketのDevice Onboarding and ManagementセクションでサポートされているCiscoデバイスを追加しました。

                                                                                      2022 年 11 月 30 日

                                                                                      1.10

                                                                                      • Wholesale Route to Market の概要で Wholesale Webex Assistant セクションを追加しました。

                                                                                      2022 年 11 月 02 日

                                                                                      1.9

                                                                                      • BroadWorks の新しい移行ツールをホールセール RTM ソリューションガイドに追加する

                                                                                      2022 年 8 月 31 日

                                                                                      1.8

                                                                                      • サポートされている言語ロケールの追加

                                                                                      2022 年 8 月 18 日木曜日

                                                                                      1.7

                                                                                      • Webex 音声パッケージの追加

                                                                                      2022 年 7 月 29 日

                                                                                      1.6

                                                                                      • 機能マトリックスへのリンクを追加

                                                                                      2022 年 6 月 10 日

                                                                                      1.5

                                                                                      • 序文の章を追加。 入門トピックとバージョン履歴を序文に移動しました。

                                                                                      • トライアルの開始制限に関する情報で簡略化および中央管理を更新しました。

                                                                                      2022 年 6 月 03 日

                                                                                      1.4

                                                                                      • Webex Calling 機能の通話記録情報を更新し、サードパーティのライセンス要件を削除しました。

                                                                                      • MPPデバイスのサポート情報を含むデバイス管理を追加

                                                                                      2022 年 5 月 02 日

                                                                                      1.3

                                                                                      • 新リリースパッケージのパッケージオファーを更新: Webex Suite および Webex Meetings。

                                                                                      • トピックのセクションを追加しました Partner Hub 経由でカスタムをプロビジョニングおよび管理するための新しい手順で、顧客組織を (Partner Hub で) プロビジョニングします。

                                                                                      2022年4月11日。

                                                                                      1.2

                                                                                      • List Wholesale Billing Reportsのステータスリストを修正

                                                                                      2022 年 3 月 02 日

                                                                                      1.1

                                                                                      • Webex Meetingsを編集し、ホールセール オファーを販売するサービス プロバイダーを対象としていないいくつかのポイントを削除しました。

                                                                                      • Edited Simplified and Centralized Administrationにより、Wholesaleサービスを販売するサービスプロバイダを対象としていない点がいくつか削除されました。

                                                                                      紹介

                                                                                      このガイドについて

                                                                                      Wholesale Route-to-Market (RTM) は、グローバルサービスプロバイダーを通じて Webex を SMB に戦略的に提供します。 シスコの技術とコラボレーションの専門知識に支えられ、新しいオペレーションモデル、コマーシャル、パートナープログラムを備えています。

                                                                                      Wholesaleは、効率的な大量取引のためのオペレーションAPIとパートナーポータルのイノベーションを提供します。 商用戦略により、BroadWorks ユーザーは固定された 1 ユーザーあたりの月次パッケージングと簡素化された課金で Webex に移行できます。

                                                                                      卸売パートナープログラムは、技術オンボーディングと市場投入に焦点を当てた、シスコの管理型オンボーディングプログラムを使用して、サービスプロバイダーの技術およびビジネス目標に対応します。 このオファーには 5 つの Webex パッケージが含まれています。 共通エリア通話、Webex 音声パッケージ、Webex Calling、Webex Suite、Webex Meetings。

                                                                                      ドキュメントのバージョン履歴

                                                                                      卸売市場へのルートの概要

                                                                                      卸売市場へのルートの概要

                                                                                      ホールセール RTM (Route-to-Market: 流通戦略) は、世界のサービス プロバイダーの市場における影響力を活用して Webex を SMB セグメントに提供するための、戦略的チャネル ソリューションです。 シスコの革新的な技術とコラボレーションに関する深い専門知識に裏付けられ、 新しいオペレーション モデル、新しい取引方法、新しいパートナー プログラムから構成されています。

                                                                                      ホールセール プラットフォームは、オペレーション API とパートナー ポータルにイノベーションをもたらして、多くの高速処理を可能にします。これによりパートナーは、共同ブランドとして差別化された、自社製品によるオファーを創出しやすくなります。

                                                                                      新たなホールセール向け商業戦略により、35M BroadWorks のユーザーは、予測可能な月ごと・ユーザーごとの固定パッケージ制で月額の後払いが可能な Webex クラウドに移行できます。 各サービス プロバイダーと単一の取引関係を構築することにより、すべてのエンド ユーザーをしっかりと繋ぎとめ、ワークフローを大幅に簡素化できます。

                                                                                      ホールセール パートナー プログラムは、サービス プロバイダーの技術目標と事業目標の両方を対象としています。 Cisco の Managed Onboarding Program では、2 つの作業が同時進行されます。 技術面のオンボーディングと GTM (市場進出) です。 専任の Cisco エキスパートと、包括的なオンライン パートナー トレーニング、強力な移行・マーケティング ツールキットの組み合わせで、期待以上のオンボーディング実施をお約束します。

                                                                                      ホールセールのオファーは Webex を対象とし、4 種類のパッケージを提供します。 共通領域通話、Webex Calling、Webex スイート、Webex Meetings です。

                                                                                      卸売ルートの市場利点

                                                                                      Wholesale Route to Market(RTM)ソリューションは、マネージドサービスプロバイダに高速で取引可能な販売モーションを提供するために最適化されています。 以下を提供します。

                                                                                      • 固定された予測可能な転送価格

                                                                                      • パッケージの簡素化

                                                                                      • 高速プロビジョニングUXとAPI

                                                                                      • ネットアクティブユーザーに基づく月次請求

                                                                                      • 簡略化された自己管理インターフェイス

                                                                                      ホールセールRTMは完全なネットワークソリューションをもたらします

                                                                                      Wholesale RTMは、既存のワークフローにシームレスに統合します。 これにより、すべての顧客を Cisco Commerce Workplace(CCW)に登録しなくても、販売サイクルのエンドツーエンドを管理できます。

                                                                                      Wholesale RTM は、Webex Calling に関する次の機能強化を提供し、SMB セールス モーションとの統合を強化します。

                                                                                      • Wholesale RTM では、各パッケージに Cisco との固定転送価格があります。 これらの転送価格は、CCW に一度送信される PO で取得されます。 その後、パートナーは販売取引にCCWを使用する必要がなくなりました。

                                                                                      • すべての卸売RTMの販売は、同じ固定された、予測可能な転送価格に基づいています。 これにより、販売プロセスが大幅に簡素化され、加速されます。

                                                                                      • Wholesale RTMは、顧客をプロビジョニングおよび管理するための2つの簡単なインターフェイスを提供します。

                                                                                        • Partner Hub は、顧客とユーザーをプロビジョニング、管理、削除するためのシンプルな UX を提供します。

                                                                                        • Control Hub は、Cisco の Web ベースのエンタープライズ管理ポータルで、企業の Webex サービスを包括的に表示します。

                                                                                      • Wholesale RTM APIは、サービスプロバイダのバックオフィスシステムに統合されたシンプルでマシンツーマシンインターフェイスを提供します。 これにより、顧客とユーザーをプロビジョニング、管理、および削除できます。

                                                                                      • ホールセールRTMは、アクティブライセンスの純数、延期、および各顧客のアクティベーション日にプロ定格のために毎月請求します。 これにより、サービス プロバイダー パートナーは上下に柔軟になり、システムでアクティブにプロビジョニングされたライセンスに対してのみ課金されます。

                                                                                      • 卸売RTMは、中小企業セグメントに適したシンプルなパッケージを使用しています。

                                                                                      パッケージのオファー

                                                                                      Wholesale RTM ソリューションは、エンドユーザー向けに 4 つの通話およびコラボレーションパッケージを提供します。

                                                                                      • [共通エリア(Common Area)]:共通エリアパッケージは、基本的な通話機能をサポートします。 これは、廊下電話、ドア電話、および単純な小売駅のような単純なエンドポイントを対象としています。 Common Area パッケージには、コール転送、BLF、転送、コール待機、T.38 Fax などの機能が含まれています。 より高度な通話機能、および Webex クライアント、メッセージング、ミーティングは、より価値の高いパッケージの一部です。

                                                                                      • 強化された通話—この通話専用パッケージには、Webex Calling に関連付けられている通話機能のサブセットと、Webex アプリのソフトフォンまたはデバイスの選択が含まれています。 ミーティングとメッセージングの機能は含まれておらず、シンプルな音声ソリューションをお探しのお客様向けに、通話に焦点を当てたパッケージを提供しています。

                                                                                      • Webex Calling—Webex Calling パッケージには、高度な通話機能、Webex クライアント、Webex メッセージング、および「基本的な」ミーティング機能が含まれています。 このパッケージは、プラットフォームのすべてのプロフェッショナルユーザーを対象としています。 共通エリアの機能に加えて、通話機能には、ハンティング、ボイスメール、ビジュアル ボイスメール、共有コール アピアランス、プライバシー、N-way Calling、エグゼクティブ/エグゼクティブ アシスタントなどが含まれますが、これらに限定されません。 Webex Calling には、デスクトップおよびモバイル OS 用のすべての Webex クライアント、スペースおよびファイル共有を含む Webex メッセージング機能の使用も含まれます。

                                                                                      • Webexスイート— Webexスイートは最も機能が豊富なパッケージで、 Webex Callingパッケージ、すべてのユーザーとグループのサービス、 Webexメッセージング、最大 1,000 名が参加Webex Meetingsのフル製品の機能が含まれています。 このパッケージは、電話回線が重く、大規模なミーティングが必要な社内の上級職/専門職レベルに適しています。

                                                                                      • Webex MeetingsWebex Meetingsパッケージは、 Webex Messaging と最大 1000 名が参加Webex Meetingsを含むスタンドアロン会議パッケージです。 このパッケージには、コーリング シートは含まれていません。 これは、発信動作には関連付けられていないミーティングとメッセージング機能のみを必要とするユーザーを対象としています。

                                                                                      卸売RTM用パッケージ

                                                                                      Wholesale RTM ソリューションを使用した Webex Calling Flex オファーとは異なり、シスコはエンドカスタマーに特定の価格と条件を課すことはありません。これらは、各サービス プロバイダーが独自のビジネスモデルに基づいて適合していると見なすように実装する責任があります。

                                                                                      Webex Calling機能

                                                                                      Webex Calling には、サービス プロバイダーが必要とするエンタープライズ ビジネス コール機能があり、これらはすべて 1 人のユーザー ライセンス料金に含まれています。

                                                                                      表 1. サブスクライバ機能
                                                                                      特殊呼び出し音を伴う代替番号

                                                                                      匿名通話の拒否

                                                                                      割り込み免除

                                                                                      事業継続性(CFNR)

                                                                                      ビジー ランプの監視

                                                                                      コール転送: いつも/忙しい/回答なし/選択的

                                                                                      履歴

                                                                                      通話の保留と再開

                                                                                      クリックしてダイヤルする通話ログ

                                                                                      コール通知

                                                                                      コール キュー エージェント

                                                                                      通話録音

                                                                                      コールリダイヤル

                                                                                      コールリターン

                                                                                      通話転送(出席者およびブラインド)

                                                                                      コール待機(最大 4 コール)

                                                                                      コール待機 ID

                                                                                      接続された回線 ID の制限

                                                                                      ダイレクト コール ピックアップ

                                                                                      割り込みを使用したダイレクト コール ピックアップ

                                                                                      取り込み中

                                                                                      エンタープライズ電話ディレクトリ

                                                                                      エグゼクティブ / エグゼクティブ アシスタント

                                                                                      内線ダイヤル、可変長

                                                                                      機能アクセスコード

                                                                                      ホテリング: 主催者およびゲスト

                                                                                      着信発信者 ID (名前と番号)

                                                                                      インバウンドFAXからメール

                                                                                      携帯性

                                                                                      複数のライン アピアランス

                                                                                      N-way コール (6)

                                                                                      どこでもオフィス

                                                                                      発信者 ID ブロッキング

                                                                                      パーソナル電話ディレクトリ

                                                                                      優先アラート

                                                                                      プライバシー

                                                                                      プッシュツートーク

                                                                                      リモート オフィス

                                                                                      選択的な通話の承諾

                                                                                      選択的な通話拒否

                                                                                      シーケンシャル リング

                                                                                      共有コール アピアランス

                                                                                      同時呼び出し

                                                                                      スピードダイヤル 100

                                                                                      T.38 ファックスサポート

                                                                                      三方通話

                                                                                      Unified メッセージング

                                                                                      ユーザーインターセプト

                                                                                      ユーザー ウェブ ポータル

                                                                                      ビデオ(ポイント ツー ポイント)

                                                                                      ビジュアル ボイスメール

                                                                                      ボイスメール

                                                                                      表 2. サイトの機能

                                                                                      自動音声応答

                                                                                      コールパーク認証

                                                                                      コールパーク グループ

                                                                                      コールピックアップ

                                                                                      通話キュー

                                                                                      外部コール回線 ID の配信

                                                                                      グループページング

                                                                                      ハント グループ

                                                                                      インターセプト群

                                                                                      インターセプト ユーザー

                                                                                      内部通話回線 ID の配信

                                                                                      保留中の音楽

                                                                                      レセプショニスト クライアント

                                                                                      Microsoft Teams インテグレーション

                                                                                      音声ポータル

                                                                                      Webex アプリを使用した Webex Calling

                                                                                      Webex アプリは、通話、ミーティング、メッセージングをエンドユーザーに提供する、当社のシングルエンドユーザーエクスペリエンスです。 Webex Calling と Webex アプリを一緒に使用すると、次のことができます。

                                                                                      • 卓上電話またはスマートフォン、PC、ラップトップ、またはタブレットの Webex アプリで通話を発信、受信、または拒否します。

                                                                                      • Cisco Intelligent Proximity および/または卓上電話制御を使用して Webex デバイスとペアリングして、音声とビデオでこれらのデバイスを使用しながら、アプリで共通の連絡先と通話履歴にアクセスします。

                                                                                      • 画面共有、ホワイトボード、AI 文字起こし、リアルタイム文字起こし、メモやアクション項目、録画などを活用するために、すべてのコールをフル機能のミーティングに昇格させます。

                                                                                      Webex アプリを使用した Webex Calling

                                                                                      Webex アプリは、次のような日常的なエンタープライズ ミーティングとコラボレーションのニーズを満たすチーム コラボレーション機能を提供します。

                                                                                      • 1:1 およびグループ メッセージング:メッセージ、GIF、絵文字、アニメーション リアクションを使用して、個別またはグループでチャットします。 メッセージを簡単に削除または編集したり、会話スレッドを開始したり、会話にユーザーを追加したり、受信確認を確認したりできます。

                                                                                      • ファイルとコンテンツの共有 - チャットのすぐそばにきちんと整理され、検索可能で保存されている安全なスペースで、最大規模のファイルでも共有できるため、必要なものを簡単に見つけることができます。

                                                                                      • 双方向のホワイトボード - チームと一緒にホワイトボードまたは描画し、チャットでインタラクティブな描画を共有します。 ライブミーティングに参加しているかどうかを繰り返します。

                                                                                      • 他の Webex ユーザーに直接電話をかける - アプリを通じて他の Webex アプリユーザーにビデオ通話を無料で発信または受信します。

                                                                                      • 好きなツールで作業する - アプリの切り替えや中断されたワークフローを忘れましょう。 Webex を毎日使用するツールと統合して、最も生産性の高い作業を実現します。 Microsoft、Google、ServiceNowなどのキーと深い統合を組み込むことができます。

                                                                                      • スペースをパーソナライズする - 色のテーマを変更し、カバー写真を追加し、カスタムステータスを設定し、エクスペリエンスをパーソナライズします。

                                                                                      • 詳細については、Webex アプリ ソリューションの概要を参照してください。

                                                                                      Webex Meetings

                                                                                      Webex Suite では、Calling、Meetings、Messaging、Polling、Events で Webex を 1 つのオファーで購入する際に、優れたエクスペリエンスと価格設定を利用できます。 Webex Meetings は、参加者とプレゼンタの両方にさまざまなアクセス方法と機能を要求する大規模なミーティングに最適化されています。 Webex Meetings は、Webex クラウドから高度にセキュアな統合型音声、ビデオ、コンテンツ共有を提供する、企業にとって世界で最も人気のあるビデオ会議サービスです。

                                                                                      Webex Meetings スイートは、コラボレーションミーティング、トレーニング、大規模なイベント、およびリモートサポート用のモジュールを含む機能豊富なソリューションです。 Webex Meetings は、iPhone、iPad、Apple Watch、Android および Android ウェアラブルを含む複数のモバイルデバイスをサポートしています。 Windows、Mac、Linux を含むすべての一般的な OS プラットフォームで誰とでもミーティングできます。 Webex Meetings は Internet Explorer (IE)、Safari、Firefox、Chrome、および Edge ブラウザをサポートしています。

                                                                                      • Webex Meetings は HD (720p) ビデオをサポートし、Cisco Webex Rooms およびサードパーティの標準ベースのビデオ システムと相互運用できます。 他のユーザーを招待して、モバイル デバイスまたはデスク デバイスや会議室デバイスなどの独自のビデオ システムからミーティングに参加させることができます。 このビデオ機能は、ビデオ ブリッジングと Web 会議を 1 つの常時オンミーティングに統合します。 事前にスケジュールするか、すぐにミーティングしてください。誰でも歓迎です。

                                                                                      • 顧客は Webex Meetings を使用して強力な競争上の優位性を獲得できます。これには以下が含まれます。

                                                                                        • ロバストビデオ - モバイルデバイスでも、作業方法やミーティングでの表示者にカスタマイズ可能なマルチストリーム HD ビデオ。 Cisco の受賞歴のあるビデオ会議室とデスクデバイスを Webex ミーティングに追加して、人生のようなエクスペリエンスを実現します。

                                                                                        • 強力なモバイル エクスペリエンス - カスタマイズ可能な 720p ビデオ ビュー、ネイティブの画面共有、ハンズフリー参加、簡単なミーティング スケジューリングでモバイル ユーザーだけに最適化され、騒々しい環境に適応します。

                                                                                        • ポケットから会議室まで好きなデバイスから参加 - 電話、ブラウザ、モバイル、会議室デバイス、サードパーティの標準ベースの会議室デバイス、さらには Skype for Business。 また、参加方法に関係なく、一貫したミーティング エクスペリエンスが得られます。

                                                                                        • 働き方と学習方法に統合 - Microsoft Teams、Slack、Workplace by Facebook、Microsoft Office 365、Google カレンダー、Skype for Business など、すでに使用しているサードパーティのツールを使用してミーティングをスケジュール、参加、開始します。 Webex Meetings は一般的な Learning Management Systems (LMS) と緊密に統合されているため、リモート学習はクラスと同じくらい効果的です。

                                                                                        • 1 つのミーティング エクスペリエンス - 参加者が一緒でも、別々でも、組織内でも外部でも、モバイル デバイスまたはビデオ デバイス全体で 1 つのミーティング エクスペリエンスを提供します。

                                                                                        • プロフェッショナルで効果的なミーティング - Webex Meetings アプリケーションを使用したグローバルなオンライン会議によって実現される、統合された音声、ビデオ、コンテンツ共有機能により、内部および外部の参加者を維持します。 また、他のアプリケーション、デスクトップ、ビデオファイルを共有して、より生産的でインパクトのあるコラボレーションミーティング、トレーニング、イベントを開催することもできます。

                                                                                        • 対面式の仮想ミーティング - Web ブラウザ、携帯電話、デスクトップ、または会議室内のビデオ デバイスを使用してミーティングを開始または参加します。 オンラインミーティングをさらに魅力的にしましょう。ビデオを使って直接会っていたように、発言している人を自動的に表示するように切り替わり、直感的なミーティング体験を作り出します。 パーソナライズされた、いつでも利用可能な会議室で、全員を集めてください。 独自の標準ベースのビデオ デバイスを使用できます。これにより、必要に応じてミーティングを数から数百に拡大できます。

                                                                                        • セキュリティとコンプライアンスの強化 - Cisco の専門知識で構築された多層セキュリティにより、ユーザーエクスペリエンスを損なうことなくミーティングの心配を解消できます。

                                                                                        • グローバル ミーティング アーキテクチャ—Cisco Webex® には、スピードとパフォーマンスを確保するために、ミーティング用に構築されたグローバル アーキテクチャとネットワークがあります。 世界各地にデータセンターがある場合、ユーザーは最寄りの Webex データセンターを使用して参加します。 メリットは? 参加者がどこにいても、高品質のビデオ会議を遅延なく開催できます。 これは、SaaS機能を安全かつ確実に提供するエンタープライズ構造によって可能になります。

                                                                                        • 管理の改善—コラボレーション ポートフォリオをより適切に管理するために、Cisco Webex Control Hub を使用すると、管理ユーザーは 1 つのペインで Webex Meetings 設定とレポートにアクセスできます。

                                                                                        • 導入のスピードが向上しました。セキュアな Webex プラットフォームでソリューションを迅速に展開できるため、総所有コストを低く抑えながら、短期間で価値を実現できます。 Webex Meetings は、Cisco のテクノロジーと専門知識とともに、革新的なビデオとウェブ コラボレーションのベストプラクティスを最大限に活用して、数か月以上かかるのではなく、すばやく展開できます。

                                                                                      Webex Meetings はテクノロジーを忘れるのに役立ち、計画的なイベントと生産的なミーティングに集中できます。 Webex Meetings への参加は、コンピューター、スマートフォン、タブレットのアプリから接続する場合でも、Webex Room シリーズデバイスを使用して同僚のグループに参加する場合でも、誰にとっても簡単です。

                                                                                      ホールセール Webex Assistant

                                                                                      Meeting 向け Webex Assistant は、ミーティングを検索可能にし、実用的で生産性の高い、インテリジェントでインタラクティブな仮想ミーティング アシスタントです。 Webex Assistant にミーティングまたはイベント中にアクション アイテムをフォローアップし、重要な決定事項を記録し、重要な瞬間をハイライトさせることができます。

                                                                                      Webex Assistant for Meetings は、Webex Meetings、Webex Suite パッケージ ミーティング サイト、パーソナル会議室では無料で利用できます。 新規と既存のサイトの両方でサポートされています。

                                                                                      Webex Meetings および Webex スイート パッケージの Webex Assistant Meetings を有効にする

                                                                                      Webex Assistant は、Webex Meetings および Webex Suite パッケージの卸売顧客に対してデフォルトで有効になっています。 パートナー管理者および顧客組織管理者は、Control Hub を通じて顧客組織の機能を無効にできます。

                                                                                      制限事項

                                                                                      Cisco Wholesale 版 Webex には次の制限があります。

                                                                                      • サポートは、Webex Meetings および Webex Suite パッケージのミーティング サイトとパーソナル会議室のみに制限されています。

                                                                                      • 字幕の文字起こしは、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語でのみサポートされています。

                                                                                      • メールによるコンテンツ共有は、組織内のユーザーのみアクセスできます。

                                                                                      • ミーティングコンテンツは、組織外のユーザーにはアクセスできません。 同じ組織内の異なるパッケージのユーザー間で共有されている場合、ミーティング コンテンツにもアクセスできません。

                                                                                      • Webex Meetings と Webex Suite パッケージでは、Webex Assistant が有効か無効かを問わず、ミーティング録画の議事録を利用できます。 ただし、ローカル録画が選択されている場合、ミーティング後の議事録やハイライトはキャプチャされません。

                                                                                      Webex Assistant に関する追加情報 この機能の使用方法に関するユーザー情報については、「Webex Meetings および Webex Webinars で Webex Assistant を使用する」を参照してください。

                                                                                      簡略化および集中管理

                                                                                      Wholesale RTMソリューションは、顧客をプロビジョニングおよび管理するための2つの簡単なインターフェイスを提供します。

                                                                                      • パートナー ハブ

                                                                                      • Control Hub

                                                                                      パートナーハブ: オファーの管理

                                                                                      Partner Hub は、Wholesale RTM ソリューションを管理するための Cisco の Web ベースのポータルです。 Partner Hub は、エンタープライズにまたがるオファーの属性を設定するために使用する管理インターフェイスです。 Partner Hub の機能:

                                                                                      • [オファー管理(Offer Management)]:オファーの下で管理されるすべての企業に適用されるデフォルト設定、テンプレート、ポリシーを確立します。

                                                                                      • コブランディング:サービス プロバイダーと Cisco の両方の値を再実行する共同ブランドのエンド ユーザー エクスペリエンスのために、クライアント ブランドの色、ロゴ、およびその他のクライアント属性を設定します。

                                                                                      • エンタープライズオンボーディング - 新しいビジネスをオファーに追加し、エンタープライズレベルの機能を割り当てます。 ダイヤルインおよびコールバック サービスを含むミーティング サイトの属性を設定します。

                                                                                      • Enterprise Management and Reporting: 管理する企業内の管理者に役割と責任を割り当てます。 導入状況、使用状況、品質メトリクスを監視するには、すべての企業にわたる分析を参照してください。

                                                                                      Partner Hub には複数のレベルのロールベースのアクセス制御があり、サービスプロバイダーはセキュリティのベストプラクティスを維持しながらアクセスレベルを割り当てることができます。


                                                                                       
                                                                                      Partner Hub の [概要] 画面に [トライアルの開始] ボタンが表示されます。 ただし、試用オプションはWholesale RTMパートナーには利用できません。 これらのトライアルを卸売顧客に変換できないため、パートナーはこのオプションを使用しようとしないでください。

                                                                                      Control Hub: エンタープライズに代わって管理する

                                                                                      Webex Control Hub は、Cisco の Web ベースのエンタープライズ管理ポータルです。 エンタープライズの Webex サービスを包括的に表示します。 すべての企業、ユーザー、デバイス、セキュリティ設定を 1 か所で管理できます。 Wholesale RTM ソリューションのコンテキストでは、Control Hub のプライマリユーザーは、エンドエンタープライズに代わって設定を更新するサービスプロバイダー管理者です。 また、エンタープライズ管理者がこれらの機能を実行することも可能です。 これにより、サービスプロバイダーは、必要に応じて、企業が自己管理できるようにすることができます。 サービス プロバイダーが顧客に Control Hub へのさまざまなレベルのアクセスを許可するために割り当てることができる複数のロールがあります。 これにより、柔軟性とカスタマイズ性が向上します。

                                                                                      Control Hub は、詳細な分析とレポートを使用して、すべての管理機能に 1 つの中央クラウド アプリを提供します。 また、管理者は、データを安全に保ち、規制上のニーズを満たすために、セキュリティおよびコンプライアンスポリシーを設定できます。

                                                                                      Control Hub

                                                                                      Control Hub の機能:

                                                                                      • ユーザー作成とサービス割り当て—企業のユーザーのすべての移動、追加、変更、削除(MACD)を管理します。 Control Hub を使用すると、ユーザごとに特定のパッケージタイプを設定して、共通エリアまたはスイートパッケージに関連付けることができます。

                                                                                      • Actionable Insights—すべての企業、および企業内の導入状況を確認できます。 ユーザーがどのように通話、メッセージング、ミーティングへの参加、ミーティングの継続時間、ビデオを使用しているかを理解します。 これにより、導入を測定し、オファー全体にサービスを使用するのに役立ちます。

                                                                                      • ユーザーエクスペリエンスの問題の根本原因について掘り下げる—エンタープライズレベルでは、音声品質やページロードのパフォーマンスなどの問題を特定して、影響を受ける前にトラブルシューティングできます。

                                                                                      • 柔軟なポリシー定義:ロールテンプレートと詳細なポリシーコントロールを使用して、管理者とユーザーのサービス設定を簡単に構成できます。

                                                                                      • ユーザーとデバイスの管理—デバイスをすばやくアクティベートし、ユーザーを管理し、Microsoft Active Directory との同期を有効にし、すべての企業、または管理する企業のサブセットに対して統合されたシングル サインオンを有効にします。

                                                                                      Control Hub の管理と分析の詳細については、「Control Hub 管理と分析データシート」を参照してください。

                                                                                      サービス プロバイダー スケールの API 管理

                                                                                      ホールセールRTMソリューションは、サービスプロバイダの規模に合わせて構築されています。 これを実現するために、パートナーレベルおよびエンタープライズ (Control Hub) レベルの管理のすべての機能が API 経由で有効になります。

                                                                                      Wholesale RTMソリューションには、大規模に顧客やユーザーのオンボーディングを支援するサービスプロバイダー向けに特別に構築されたAPIが含まれています。 理想的な状態では、Webex で顧客エンティティを作成するための API コールと、ユーザー向けのサービスを作成および設定するための API コールがすべて必要です。 Cisco は、API の注文やその他の手動操作を廃止する非同期 API に投資しています。 これらの API は developer.webex.com で利用できるものを拡張し、サービス プロバイダーがサービス プロバイダーから顧客、ユーザーへの統合を容易に拡張できるようにします。 これらのAPIの設計ガイドラインは、使いやすく、サービスプロバイダーが大規模に動作できるようにし、オンボーディングテンプレートを通じて柔軟性を提供し、エンド顧客へのオファーをターゲットにすることです。


                                                                                       

                                                                                      Broadworks 版 Webex の顧客は、これらの API によって拒否されます。

                                                                                      アーキテクチャの概要

                                                                                      下の図は、Wholesale Route to Marketソリューションの全体的なアーキテクチャを示しています。 強調表示されている領域は2つあります。

                                                                                      • 顧客のプロビジョニング/管理

                                                                                      • サービス プロバイダーの請求

                                                                                      これらの分野は、その後のトピックでより詳細に議論されています。

                                                                                      Wholesale RTMのアーキテクチャの概要

                                                                                      顧客のプロビジョニング

                                                                                      すでに述べたように、Wholesale Route to Marketは、顧客ごとの発注書をCCWに配置する必要性を削除します。 代わりに、サービス プロバイダーは、パブリック API またはパートナー ハブ (未来) を使用して、Webex に対して直接顧客をオンボードできます。 上の図は、高レベルの相互作用を示しています。

                                                                                      1. サービスプロバイダは、顧客関係を所有します。 顧客にサービスを販売する場合、サービスプロバイダは独自のシステムでその関係(見積もり、注文、請求、支払いを含む)を管理します。 したがって、顧客管理のステップ1は、独自のシステムで顧客をプロビジョニングすることです。

                                                                                      2. サービス プロバイダーは、パブリック API を顧客のプロビジョニング ワークフローに統合して、顧客とユーザーを Webex に自動的にオンボードし、サービスを割り当てることができます。 将来的には、このソリューションは Partner Hub 経由のオンボーディング機能もサポートします。

                                                                                      3. 顧客がオンボードされると、サービス プロバイダーは Partner Hub、Control Hub、および Public API を使用して、顧客のソリューションをさらに管理できます。


                                                                                       

                                                                                      管理者は、顧客組織が作成したのと同じレベルのパッケージでプロビジョニングする必要があります。 顧客管理者 (フル管理者) では、パッケージのダウングレードはサポートされていません。

                                                                                      パッケージ/アドオン

                                                                                      Wholesale Route to Marketのサービス割り当ての基本単位は、パッケージとAddOnsです。

                                                                                      • パッケージ は基本サービスの割り当てです。 すべてのユーザーには 1 つのパッケージ (および 1 つのみ) が割り当てられ、Webex メッセージング、ミーティング、通話サービスのセットに権限が与えられます。 パッケージの一覧については、「パッケージの提供」を参照してください。

                                                                                      • AddOns は、基本パッケージにデフォルトでは含まれていない追加の課金可能な機能です。 Wholesale RTMの最初のリリースにはAddOnsは含まれていませんが、パイプラインにはAddOnsの可能性のリストがあります。

                                                                                      制限対象および拒否対象者の確認

                                                                                      コンプライアンス上の理由から、ホールセールRTMプロビジョニングは、顧客が制限対象者リストまたは拒否対象者リストに表示されているかどうかを自動的にチェックします。 顧客の表示がいずれかのリストにある場合、プロビジョニングは保留状態になり、その間に API が定期的なステータス チェックを完了して、問題がクリアされているかどうかを確認します。 72時間経過しても顧客が保留状態のままの場合、オンボーディングは終了し、Cisco Ops チームがコンプライアンス チェックを引き継ぎ、顧客がプロビジョニングできるかどうかを判断します。

                                                                                      Cisco コンプライアンス ポリシーについては、「全般的なエクスポート コンプライアンス」を参照してください。

                                                                                      米国商務省の情報については、拒否者リストを参照してください。

                                                                                      アドレス

                                                                                      顧客を作成するときは、請求先住所の国を選択する必要があります。 この国は、Common Identityの組織国として自動的に割り当てられます。 さらに、組織国は、Cisco が有効な PSTN 通話オプションを持つ Webex ミーティング サイトのデフォルトのグローバル コールイン番号を決定します。

                                                                                      サイトのデフォルトのグローバル コールイン番号は、組織の国に基づいてテレフォニー ドメインで定義された最初の利用可能なダイヤルイン番号に設定されます。 テレフォニー ドメインで定義されたダイヤルイン番号に組織の国が見つからない場合、そのロケーションのデフォルト番号が使用されます。

                                                                                      表 3. 次の表に、各ロケーションに基づくデフォルトのコールイン国コードを示します。

                                                                                      いいえ。

                                                                                      場所

                                                                                      国番号

                                                                                      国名

                                                                                      1

                                                                                      アメリカ

                                                                                      +1

                                                                                      私達のCA

                                                                                      2

                                                                                      アジアパシフィック

                                                                                      +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65

                                                                                      シンガポール

                                                                                      3

                                                                                      オーストラリア、ニュージーランド

                                                                                      +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61)

                                                                                      オーストラリア

                                                                                      4

                                                                                      欧州、中東、アフリカ

                                                                                      +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44)

                                                                                      イギリス

                                                                                      5

                                                                                      ユーロ

                                                                                      +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49)

                                                                                      ドイツ

                                                                                      サポートされている言語ロケール

                                                                                      プロビジョニング中、言語フィールドを使用すると、管理者は特定の言語で Wholesale 顧客組織をプロビジョニングできます。 この言語は、その顧客組織と Webex Meeting サイトのデフォルト ロケールとして自動的に割り当てられます。

                                                                                      (ISO-639-1)_(ISO-3166)形式の5文字言語ロケールがサポートされています。 たとえば、en_USはnglish_E UnitedStatesに相当します。 2 文字の言語のみを要求する場合(ISO-639-1 形式を使用)、サービスは、要求された言語とテンプレートの国コード(「requestedLanguage_CountryCode」)を組み合わせて 5 文字の言語ロケールを生成します。有効なロケールを取得できない場合、必要な言語コードに基づいて使用されるデフォルトの賢明なロケールです。

                                                                                      次の表に、サポートされているロケールと、2 文字の言語コードを 5 文字のロケールに変換するマッピングを示します。

                                                                                      表 4. サポートされている言語ロケールコード

                                                                                      サポートされている言語ロケール

                                                                                      (ISO-639-1)_(ISO-3166)

                                                                                      2文字の言語コードしか使用できない場合...

                                                                                      言語コード (ISO-639-1) **

                                                                                      代わりにデフォルトの Sensible Locale を使用する (ISO-639-1)_(ISO-3166)

                                                                                      en_米国

                                                                                      en_AU

                                                                                      en_ GB

                                                                                      en_CA

                                                                                      はあ?

                                                                                      en_米国

                                                                                      fr_FR

                                                                                      fr_CA

                                                                                      FR

                                                                                      fr_FR

                                                                                      cs_CZシリーズ

                                                                                      CSについて

                                                                                      cs_CZシリーズ

                                                                                      da_デンマーク

                                                                                      ああ...

                                                                                      da_デンマーク

                                                                                      de_DE

                                                                                      DE

                                                                                      de_DE

                                                                                      hu_ハンガリー

                                                                                      フン

                                                                                      hu_ハンガリー

                                                                                      id_ID

                                                                                      id

                                                                                      id_ID

                                                                                      it_IT

                                                                                      それ

                                                                                      it_IT

                                                                                      ja_JP

                                                                                      「JA」

                                                                                      ja_JP

                                                                                      ko_KR

                                                                                      KO

                                                                                      ko_KR

                                                                                      es_ES

                                                                                      es_コラボレーション

                                                                                      es_MXについて

                                                                                      ES

                                                                                      es_ES

                                                                                      nl_NL

                                                                                      NL

                                                                                      nl_NL

                                                                                      nb_いいえ

                                                                                      メモ

                                                                                      nb_いいえ

                                                                                      pl_PLについて

                                                                                      PLについて

                                                                                      pl_PLについて

                                                                                      pt_PT

                                                                                      pt_BR

                                                                                      pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/

                                                                                      pt_PT

                                                                                      ru_RU

                                                                                      RU

                                                                                      ru_RU

                                                                                      ro_RO

                                                                                      ロロ

                                                                                      ro_RO

                                                                                      zh_CN

                                                                                      zh_台湾

                                                                                      ズー

                                                                                      zh_CN

                                                                                      sv_南アメリカ

                                                                                      sv

                                                                                      sv_南アメリカ

                                                                                      ar_南アフリカ

                                                                                      アール

                                                                                      ar_南アフリカ

                                                                                      tr_TR

                                                                                      トライ

                                                                                      tr_TR


                                                                                       

                                                                                      ロケール es_CO、id_ID、nb_NO、pt_PT は Webex ミーティングサイトではサポートされていません。 これらのロケールでは、Webex Meetings サイトは英語のみになります。 サイトに no/invalid/unsupported ロケールが必要な場合、英語がサイトのデフォルト ロケールです。 この言語フィールドは、組織と Webex Meetings サイトの作成時に適用されます。 投稿またはサブスクライバの API に言語が記載されていない場合、テンプレートからの言語がデフォルトの言語として使用されます。

                                                                                      サービス プロバイダーの請求

                                                                                      Wholesale Route To Market(RTM)ソリューションの主な目標は、オンボーディング顧客におけるサービスプロバイダーのパートナー組織の負担を大幅に軽減することです。

                                                                                      • 通常、Webex 顧客ごとにサブスクリプションを確立するには、個別の発注書が必要です。 これは、オンボーディングプロセスを遅くし、通常、非常に小さなSMBの顧客数千人を扱う卸売SPにあまりにも多くの負担です(大部分のケースでは、顧客あたり20ユーザー)。

                                                                                      • これを回避するために、ホールセールRTMは、サービスプロバイダレベルで1つの「ブランク」発注書/サブスクリプションのみを必要とします。これに対して、SPは顧客ベース全体でのすべての使用に対して請求されます。 これにより、サービス プロバイダーは Webex プラットフォームへの顧客のオンボーディングに集中できるようになります。

                                                                                      図 5: アーキテクチャの概要 は、Wholesale Service Provider がサブスクリプションを確立し、最終的にすべての使用に対して請求される方法の基本的な手順を示します。

                                                                                      1. サービスプロバイダは、卸売サービスのCCWに1つの空白の発注書を配置します。 この発注書には、サービスプロバイダが顧客ベースに販売する権利を有する卸売サービス(パッケージまたはAddOns)の項目別リストが含まれています。

                                                                                      2. 顧客がプロビジョニングされ、Webex サービスが使用されると、Webex はすべてのパッケージと AddOn の使用量を追跡および記録します。

                                                                                      3. サービス プロバイダーの請求期間の終了時に、Webex は毎日の使用量の合計を比例配分し、使用量ごとに合意された価格に基づいてサービス プロバイダーに請求書を作成します。

                                                                                      4. サービス プロバイダーは、Wholesale Billing パブリック API を使用して、顧客ごと、またはユーザーごとに使用状況を分類するカスタム請求レポートを生成およびダウンロードします。 サービス プロバイダーは、これらの請求レポートのデータを使用して、顧客の使用状況に応じて顧客に請求できます。

                                                                                        Webex は、すべての使用状況の履歴記録を保持します。 これらの API の使用方法の詳細については、「請求照合」を参照してください。

                                                                                      サブパートナーの機能

                                                                                      卸売RTMサービスプロバイダのパートナーは、リセラーチャネルを持っている可能性があります。 これらのリセラーチャネルには、通常、1つまたは複数のリセラーとの契約が含まれます(この機能については、リセラーを「サブパートナー」と呼びます)。 これらのSubPartnersは通常、顧客ベースにオファーを延長し、成功に不可欠な顧客のライフサイクルを管理します。 この機能により、パートナーは SubPartners から Cisco との課金統合を抽象化できます。

                                                                                      詳細については、「卸売ルートを市場に展開」の「サブパートナーのセットアップ」セクションを参照してください。

                                                                                      セットアップ後、顧客を正常にオンボードするには、SubPartner は Partner Hub へのアクセスを使用して、通話統合と Wholesale RTM オンボーディング テンプレートを設定する必要があります (親パートナーの共有サブスクリプション ID は、テンプレートの作成中に自動的に表示されます)。 テンプレートが配置されると、SubPartner は Partner Hub または API の顧客作成ウィザードを使用して顧客をオンボードできます。 いくつかの洞察を提供するために、Webex アーキテクチャは SubPartners をパートナーとしてモデル化します。これにより、SubPartners はパートナーと同様の機能の恩恵を受けることができます。 SubPartners は、管理ユーザー、レポート、ブランディング、オンボーディングテンプレートを持ち、顧客を完全に管理できます。

                                                                                      現在、このモデルは1レベル(パートナー - ゼロ以上のSubPartners)のみをサポートしており、パートナーごとのSubPartnersの数には厳しい制限はありません。 SubPartnerは、親パートナーのインスタンスおよび親パートナーの下に存在する他のSubPartnersにアクセスできず、SubPartnerはオンボードしている顧客のみを管理できます。 パートナーは、個々のサブパートナーの請求レポートを作成、表示、および削除できます。 詳細については、サブパートナーに関連するレポートの機能強化に関する請求照会を参照してください。


                                                                                       
                                                                                      • 親パートナーは、SubPartner のパートナー ハブでテンプレートを作成できます。
                                                                                      • 親パートナーは、SubPartnerに代わって卸売顧客のオンボーディングを支援することもできます。

                                                                                      SubPartner(UIの間接プロバイダーとしても知られる)

                                                                                      この段階でのSubPartnerモデルの強化により、親パートナーはPartner HubとAPIを介して可視性とアクションを改善し、間接プロバイダーとその顧客を管理することができます。

                                                                                      親パートナーは、間接プロバイダーとその顧客の両方とマネージドバイ関係を確立し、SubPartnerモデル内の可視性と制御を改善します。

                                                                                      親パートナーとサブパートナー間のマネージドバイ関係は、サブパートナーのセットアップ段階で確立されます。

                                                                                      一方、親パートナーとサブパートナーの顧客との間の管理別関係は、卸売顧客作成または卸売組織添付中に確立されます。

                                                                                      さらに、SubPartnersが独立して操作を実行できるようにするだけでなく、この機能により、親パートナーはUIとAPIの両方を通じてSubPartnersとその顧客の両方を監視できます。

                                                                                      卸売プロビジョニング API の変更

                                                                                      Wholesale API は、パートナーに代わって追加のサポートパラメータ「onBehalfOfSubPartnerOrgId」を提供し、親パートナーが SubPartners の卸売操作を実行できるようにします。

                                                                                      パートナー ハブ

                                                                                      親パートナー - 間接プロバイダービュー

                                                                                      「パートナーフル管理者」と「卸売管理者」の両方のロールを持つ親パートナー管理者としてパートナーハブにサインインしている場合は、「間接プロバイダー」タブにアクセスできます。 このセクションには、「管理者」関係を通じてパートナー組織にリンクされたすべての間接プロバイダーが表示されます。 右側には、クロスローンチボタンがあります。 これをクリックすると、間接プロバイダーの Partner Hub アカウントに移動し、親パートナー管理者ユーザーとしてログインします。

                                                                                      親パートナー - 顧客リストビュー

                                                                                      「パートナーフル管理者」ロールと「卸売管理者」ロールの両方を持つ親パートナー管理者として Partner Hub にログインすると、親パートナーの顧客リストにアクセスできます。 ただし、サブパートナー機能の一部として、親パートナーの間接プロバイダーに属する顧客を明示的に検索できるようになりました。 これらの顧客はデフォルトでは顧客リストにロードされませんが、明示的に検索することで、親パートナー管理者はそれらを表示できます。 さらに、親パートナー管理者は、ここから間接プロバイダーの顧客の Control Hub にクロスローンチすることができます。

                                                                                      制限

                                                                                      • ヘルプデスクの相互起動は、SubPartnersでは動作しません。
                                                                                      • Partner Hub 間接プロバイダー リストの UI は、現在、100 人の間接プロバイダーしか対応していません。
                                                                                      • SubPartner Partner Hub にクロス起動すると、次の機能は利用できなくなります。
                                                                                        • 分析画面

                                                                                        • サービス画面

                                                                                        • レポート画面

                                                                                        • Webex リリース管理

                                                                                        • Flexトライアルの作成

                                                                                      卸売サブパートナー一覧

                                                                                      この API を使用して、パートナー組織の SubPartners のリストを取得します。 すべてのSubPartnersを一覧表示するか、プロビジョニング状態(一時停止、アクティブ)などの指定されたパラメータを満たすサブパートナーにリストを制限できます。


                                                                                       

                                                                                      オプションのパラメータを入力すると、API は入力したパラメータに正確に一致する SubPartners のみを返します。 たとえば、プロビジョニング状態を入力すると、その特定のプロビジョニング状態を持つ SubPartners のみが返されます。

                                                                                      1. List Wholesale SubPartners API に移動します。

                                                                                      2. [クエリーパラメータ] で、使用する検索パラメータ(たとえば、provisioningState、offset、max)を入力します。 これらのパラメータの詳細については、API の Developer ヘルプを参照してください。

                                                                                      3. [実行] をクリックします。

                                                                                        API は、一意の orgId と provisioningState とともに SubPartners のリストを出力します。

                                                                                      ブランディング

                                                                                      パートナー管理者は高度なブランディングのカスタマイズを使用して、 Webexアプリがパートナーが管理する顧客組織を検索する方法をカスタマイズます。 パートナーの管理者は次の設定をカスタマイズして、 Webexアプリに会社のブランドとアイデンティティを反映させることができます。

                                                                                      • 企業ロゴ

                                                                                      • ライト モードまたはダーク モードに対応する独自のカラー スキーム

                                                                                      • カスタマイズされたサポート URL

                                                                                      ブランディングのカスタマイズ方法の詳細については、「高度なブランディングのカスタマイズの設定」を参照してください。


                                                                                       
                                                                                      • 基本的なブランディングのカスタマイズは廃止される予定です。 幅広いカスタマイズを提供する Advanced Branding を展開することをお勧めします。

                                                                                      • 既存の顧客組織に添付する際のブランディングの適用方法の詳細については、「BroadWorks 版 Webex を既存の組織に添付する」セクションの「組織添付の条件」を参照してください。

                                                                                      顧客のオンボーディングと管理

                                                                                      展開の概要

                                                                                      Wholesale RTM ソリューションは、プロビジョニング、管理、請求の簡素化を含む合理化された展開プロセスを提供します。 次の章では、以下の手順を説明します。

                                                                                      • 新しい顧客組織と加入者をプロビジョニングする方法。

                                                                                      • 既存の顧客とサブスクライバを維持および更新する方法。

                                                                                      • 請求照会レポートを作成して、顧客に請求できるようにする方法。

                                                                                      開始する前に

                                                                                      顧客とユーザーの管理方法を決定する必要があります。 顧客のプロビジョニングと管理には、2 つのインターフェイス オプションがあります。 この章では、両方のインターフェイスの手順について説明します。

                                                                                      • Partner Hub インターフェイスを介して顧客を手動で管理する

                                                                                      • パブリック API を使用して顧客を管理する

                                                                                      また、パートナー組織内で管理ロールをまだ割り当てていない場合は、「BroadWorks 版 Webex およびホールセール RTM のパートナー管理者ロール」を参照してください。

                                                                                      Wholesale Setup Assist によるオンボーディング

                                                                                      Wholesale Setup Assist は、Cisco が Wholesale RTM パートナーに提供するオプションの顧客オンボーディングサービスで、顧客のオンボーディングを支援します。 このサービスは、Cisco Commerce Workspace (CCW) で A-Wholesale SKU を注文するパートナーであれば誰でも利用できます。 パートナーは、ExpressまたはStandard Wholesale SKUを使用して、特定の顧客ロケーションのサービスを注文できます。skuは、顧客ロケーションのユーザー数に基づいて自動的に割り当てられます。

                                                                                      追加の利点として、サービスはパートナーの請求照会レポートを自動的に更新し、パートナーが顧客に適切に請求できるようにします。

                                                                                      以下は、2つのWholesale Setup Assist SKUとそれぞれの価格モデルです。 これらはパートナーへの純転送価格であることに注意してください。 表示価格は、ホールセール パートナーの割引によって異なります。

                                                                                      表 1. 卸売セットアップアシストSKU

                                                                                      SKU

                                                                                      SKU は次の目的で使用されます...

                                                                                      卸売セットアップアシストエクスプレス使用

                                                                                      最大5席の設置場所を設定するためのフラットチャージ

                                                                                      卸売セットアップアシスト標準使用量

                                                                                      5席以上の場所を設定するためのユーザーあたりの料金

                                                                                      ホールセール セットアップ アシストによるオンボーディング フロー

                                                                                      このセクションでは、ホールセール セットアップ アシストを使用するときのオンボーディング フローについて説明します。

                                                                                      前提条件

                                                                                      • パートナーは、Wholesale Route-to-Marketソリューションに完全にオンボーディングする必要があります。 これには、PSTN 接続性、完了したサードパーティのホスティング要件、OSS/BSS 設定などの項目が含まれます。

                                                                                      • Wholesale Setup Assistのすべてのリクエストは、オンボーディング完了の6営業日前までに提出する必要があります。

                                                                                      • お客様は cscan.webex.com でネットワーク接続を確認することをお勧めします

                                                                                      オンボーディングフロー

                                                                                      表 2. ホールセール セットアップ アシストを使用したオンボーディング プロセス

                                                                                      アクション

                                                                                      説明

                                                                                      1

                                                                                      数量1A-Wholesale SKUについては、Cisco Commerce Workspace (CCW) で1回限りの発注書を発行します。

                                                                                      注文の詳細については、『Webex - Wholesale Ordering Guide』を参照してください。


                                                                                       
                                                                                      これは、パートナーごとに1回のみ完了する必要があります。 プロビジョニングする新規顧客ごとにこれを繰り返す必要はありません。

                                                                                      2

                                                                                      次のいずれかのフローを使用して、顧客のプロビジョニング タスクを完了します。

                                                                                      Partner Hub で顧客組織を手動でプロビジョニングするか、API を使用してプロビジョニングを完了することができます。

                                                                                      3

                                                                                      卸売セットアップ支援リクエストフォームの送信

                                                                                      プロビジョニング後、Wholesale Setup Assist Request Form でサブスクリプションリクエストを送信します。


                                                                                       

                                                                                      また、コール経由でCallingヘルプデスクにリクエストを送信することもできます。

                                                                                      4

                                                                                      セットアップ アシスト チームは、次のいずれかのフローを使用して顧客をオンボードするのに役立ちます。

                                                                                      オンボーディングしている顧客のロケーションに適用されるフローを参照してください。 このフローでは、プロセスの各段階における Cisco とパートナーの責任の両方が説明されています。

                                                                                      セットアップアシスタンス (Express Flow)

                                                                                      次の表は、Cisco Wholesale Setup Assist チームがオンボーディングを引き継いだときに、Express オプションのプロジェクト フローを分解します。 以下のプロジェクトフェーズは、プロビジョニングを完了し、サポートリクエストを送信した後に発生します (Wholesale Setup Assist Request フォーム経由)。

                                                                                      この表では、プロジェクトの各段階における Cisco の責任とパートナーの責任が分かれています。

                                                                                      表 3. 卸売セットアップアシスト - エクスプレスプロジェクトフェーズ

                                                                                      プロジェクトフェーズ

                                                                                      この段階における Cisco の責任

                                                                                      この段階におけるパートナーの責任

                                                                                      1

                                                                                      発見と評価

                                                                                      • ホールセール セットアップ アシスト リクエスト フォーム (または電話) から顧客情報を送信します。

                                                                                      • 提供された顧客の連絡先に、コール フローに精通した人物が含まれていることを確認します。

                                                                                      • コールフロー戦略に対する顧客の承認を取得します。

                                                                                      • オンライントレーニング、管理ガイド、ユーザーガイドの詳細を提供します。

                                                                                      2

                                                                                      ソリューション設計

                                                                                      • 顧客のロケーションに連絡します (最大 1 時間の顧客通話)。

                                                                                      • ユーザーと機能の構成を完了します。

                                                                                      • 割り当てられた番号をテストします。

                                                                                      • Control Hub のログインが機能することを確認します。

                                                                                      • 機能やユーザーポータルを調べます。

                                                                                      必要に応じて顧客とフォローアップします。

                                                                                      セットアップアシスタンス(標準フロー)

                                                                                      次の表は、Cisco Wholesale Setup Assist チームがオンボーディングを引き継いだときに、Express オプションのプロジェクト フローを分解します。 以下のプロジェクトフェーズは、プロビジョニングを完了し、サポートリクエストを送信した後に発生します (Wholesale Setup Assist Request フォーム経由)。

                                                                                      この表では、プロジェクトの各段階における Cisco の責任とパートナーの責任が分かれています。

                                                                                      表 4. 卸売セットアップアシスト - 標準プロジェクトフェーズ

                                                                                      プロジェクトフェーズ

                                                                                      この段階における Cisco の責任

                                                                                      この段階におけるパートナーの責任

                                                                                      1

                                                                                      プロジェクト管理

                                                                                      • パートナーと顧客に、主要な人員と責任のリストを提供します。

                                                                                      • プロジェクトのスケジュール、成果物、レポート頻度、マイルストーン、イベントを提供します。

                                                                                      • リスクとポテンシャル上の問題を特定します。

                                                                                      • プロジェクト完了時に引き継ぎを提供します。

                                                                                      • パートナー/顧客の役割と責任のリストを提供する

                                                                                      • ID プライマリおよびバックアップ サイトの連絡先。 主要な担当者が割り当てられ、利用可能であることを確認してください。

                                                                                      • 必要に応じて、外部の第三者との調整を行います。

                                                                                      • 情報がシスコの要求から 2 営業日以内に提供されていることを確認してください。

                                                                                      2

                                                                                      発見と評価

                                                                                      • 顧客とのプロジェクト計画のオリエンテーション。

                                                                                      • 移行するサイトを計画します。

                                                                                      • ステークホルダーへのインタビューを実施。

                                                                                      • データ収集文書の草案。

                                                                                      • パートナーと顧客を支援します。

                                                                                      • 評価報告書に推奨事項と除外事項を記載する。

                                                                                      • 既存の通話プラットフォーム情報を入力します。

                                                                                      • ユーザとデバイスのロケーション設定情報を入力します。

                                                                                      • ミーティングに出席し、関連情報を提供してください。

                                                                                      3

                                                                                      ソリューション設計

                                                                                      • パートナーからのデータ収集ドキュメントを確認します。

                                                                                      • 構成に必要な情報を含む Webex Calling 構成ワークブックの草案。

                                                                                      • 技術要件と既存の文書を確認します。

                                                                                      • ユーザーとロケーションのデータ収集用のテンプレートを提供します。

                                                                                      • 構成ワークブックを開発します。

                                                                                      • 更新された顧客アンケート、構成ワークブック、ビルドドキュメントをパートナーに提供します。

                                                                                      • キーパーソンが利用可能であることを確認してください。

                                                                                      • 文書(顧客アンケート、データ収集ワークブック)をレビューする。

                                                                                      4

                                                                                      オンボーディング (テスト) プランニング段階

                                                                                      • テストプランワークショップを開催します。

                                                                                      • テストプランを作成し、顧客に提供します。

                                                                                      • テストプランワークショップに参加します。

                                                                                      • 顧客の要件を調整します。

                                                                                      • 移行計画をレビューします。

                                                                                      5

                                                                                      実装

                                                                                      • ワークブックに構成をインストールします。

                                                                                      • 更新された構成ワークブックを提供します。

                                                                                      • CPE をオンサイトおよび通話クライアントに展開します。

                                                                                      • ディレクトリ、SSO、ハイブリッド サービスを設定します。

                                                                                      • Control Hub 設定。

                                                                                      • ユーザーとロケーションデータを RedSky ポータルに収集します。

                                                                                      • 証明書と CSR を取得します。

                                                                                      • 設定に必要な変更のためのネットワーク設定(ファイアウォールポート、DHCP、TFTP、Qos)。

                                                                                      6

                                                                                      オンボーディングの実行

                                                                                      • パートナーソリューションを本番環境に移行します。

                                                                                      • ユーザーを Webex Calling に移行します。

                                                                                      • 顧客との移行を調整します。

                                                                                      • オンサイトのリソースを提供します。

                                                                                      • 座標 (番号の移植、サードパーティの要素)。

                                                                                      • 移行をサポートするために、オンプレミス装置にダイヤル プランの変更を設定します。

                                                                                      7

                                                                                      導入後の登録

                                                                                      • 移行後、最大 5 営業日の移行後のサポート。

                                                                                      • トラブルシューティングのサポート

                                                                                      • 最初のレベルの連絡先とサポート。

                                                                                      • トラブルシューティングのためのオンサイト リソースを提供します。

                                                                                      8

                                                                                      オペレーションの引き継ぎ

                                                                                      • 更新された構成ワークブックを提供します。

                                                                                      • 移行終了通知を送信します。

                                                                                      • 移行は終了します。

                                                                                      パートナー事前プロビジョニングチェック API

                                                                                      事前プロビジョニングチェック API は、顧客またはサブスクライバにパッケージをプロビジョニングする前にエラーをチェックすることで、管理者とセールスチームを支援します。 パートナーフル管理者ロールを持つユーザーが許可したユーザーまたはインテグレーションは、この API を使用して、特定の顧客またはサブスクライバのパッケージプロビジョニングに競合やエラーがないことを確認できます。

                                                                                      API は、この顧客/サブスクライバと Webex の既存の顧客/サブスクライバとの間に競合があるかどうかを確認します。 たとえば、サブスクライバがすでに別の顧客またはパートナーにプロビジョニングされている場合、別のサブスクライバにメール アドレスがすでに存在している場合、またはプロビジョニング パラメータと Webex にすでに存在するものとの間に競合がある場合、API はエラーをスローする可能性があります。 これにより、プロビジョニングの前にこれらのエラーを修正する機会が与えられ、プロビジョニングが成功する可能性が高まります。

                                                                                      API の詳細については、次を参照してください。 Webex for Wholesale 開発者ガイド

                                                                                      API を使用するには、次のページに移動します。 Wholesale サブスクライバ プロビジョニングの事前確認


                                                                                       

                                                                                      Wholesale Subscriber Provisioning ドキュメントの事前チェックにアクセスするには、https://developer.webex.com/ ポータルにログインする必要があります。

                                                                                      顧客組織のタスク フローのプロビジョニング (パートナー ハブ経由)

                                                                                      次のタスクを完了して、Partner Hub を使用して新しい顧客組織を手動でプロビジョニングします。

                                                                                       
                                                                                      また、API を使用して顧客組織をプロビジョニングすることもできます。 「顧客組織のタスクフローのプロビジョニング (API 経由)」を参照してください。
                                                                                      1

                                                                                      オンボーディング テンプレートの設定

                                                                                      顧客をプロビジョニングする前に、オンボーディング テンプレートを設定する必要があります。 既存のテンプレートを使用するか、新しいテンプレートを作成できます。

                                                                                      2

                                                                                      Partner Hub 経由で顧客を作成する

                                                                                      Partner Hub で新しい顧客組織を手動で作成します。

                                                                                      3

                                                                                      顧客のセットアップ

                                                                                      ユーザーとロケーションを追加して、新しく作成した顧客を設定します。

                                                                                      オンボーディング テンプレートの設定

                                                                                      顧客組織またはユーザーをプロビジョニングするには、オンボーディング テンプレートが必要です。 この手順を使用して、テンプレートを使用する顧客組織に適用する共通設定を持つオンボーディング テンプレートを作成します。 次の条件が適用されます。

                                                                                      • 1 つのオンボーディング テンプレートを複数の顧客に適用できます。

                                                                                      • さまざまな顧客セットをターゲットにした設定を使用して、複数のオンボーディング テンプレートを作成できます。

                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインし、[顧客] を選択します。

                                                                                      2

                                                                                      既存のテンプレートを表示するには、[テンプレート]ボタンをクリックします。

                                                                                      3

                                                                                      クリックテンプレートを作成を選択します。

                                                                                      4

                                                                                      [卸売業向け Webex] を選択し、[次へ] をクリックします。

                                                                                      5

                                                                                      主な設定をセットアップします。

                                                                                      • [テンプレート名(Template Name)]:テンプレートの説明的な名前を入力します。
                                                                                      • 国または地域—ドロップダウンから、国または地域を選択します。
                                                                                      • サービス プロバイダー管理者—ドロップダウンから管理者を選択します。
                                                                                      6

                                                                                      [Wholesaleサブスクリプション] ドロップダウンから、サブスクリプションを選択します。

                                                                                      7

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      8

                                                                                      次の認証方法のいずれかを選択します。

                                                                                      • Webex 認証—このオプションを選択して、Webex Common Identity を ID プロバイダーとして使用します (これはデフォルトです)。
                                                                                      • パートナー認証—独自の ID プロバイダーがある場合は、このオプションを選択します。 IDP Entity IDの場合、ID プロバイダーの SAML メタデータ XML から EntityID を入力します。

                                                                                       
                                                                                      パートナー認証を使用する場合は、まず ID プロバイダを設定する必要があります。 詳細については、「パートナー SSO - SAML」を参照してください。
                                                                                      9

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      10

                                                                                      [Wholesale calling] から [Cloud Connected PSTN プロバイダ] を選択し、[次へ] をクリックします。 このフィールドは Webex Meetings パッケージではオプションですが、他のパッケージでは必須であることに注意してください。

                                                                                      11

                                                                                      共通設定コール設定のオプションを設定します。

                                                                                      • 既存の組織に添付するときに、admin-invite メールを制限する—デフォルトでは、このトグルは無効になっています。
                                                                                      • ブランド名—ブランド名を入力します。 このフィールドは、オンボーディング中に自動生成された電子メールでサービス プロバイダーのオファーを識別するために使用されます。
                                                                                      • Webex の通話を無効にする (1 対 1、非 PSTN)—デフォルトでは、このトグルは無効になっています。 Webex 通話を無効にする場合にのみ、このトグルを有効にします。
                                                                                      12

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      13

                                                                                      設定の概要を確認し、[編集] をクリックして必要な設定を変更します。 設定が正しい場合は、[送信]をクリックします。

                                                                                      新しく作成したテンプレートがテンプレート ビューに追加されます。
                                                                                      14

                                                                                      作成したテンプレートを開き、[プロビジョニングID] 値をコピーします。 顧客組織をプロビジョニングする場合、この値が必要です。

                                                                                      Partner Hub 経由で顧客を作成する

                                                                                      この手順を使用して、Partner Hub で新しい顧客組織を手動で作成します。
                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインします。

                                                                                      2

                                                                                      既存の顧客の一覧を表示するには、[顧客]をクリックします。 任意の顧客を選択して、その組織に関する情報を表示できます。

                                                                                      3

                                                                                      新しい顧客組織を作成するには、[顧客の作成] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      [顧客情報] 画面で、会社名、管理者のメール、適用するテンプレートなどの詳細を入力します。

                                                                                      5

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      6

                                                                                      [パッケージ] 画面で、この顧客に適用するパッケージを選択し、[次へ] をクリックします。

                                                                                      7

                                                                                      本社の所在地画面で、顧客の本社の所在地情報を入力します。

                                                                                      8

                                                                                      本社が Webex でサポートされているロケーションにある場合は、[この顧客が Cisco Webex でサポートされているロケーションにいることを確認する] チェックボックスをクリックします。

                                                                                      9

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      10

                                                                                      顧客の概要を確認します。 情報が正しい場合は、「顧客の作成」をクリックします。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      顧客組織が作成されます。 ユーザーを追加して顧客を設定できるようになりました。

                                                                                      顧客のセットアップ

                                                                                      この手順を使用して、Partner Hub にユーザーとロケーションを追加して、新しく作成された顧客組織をセットアップします。
                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインします。

                                                                                      2

                                                                                      [顧客] をクリックし、適切な顧客を選択します。 顧客の設定が画面の右側に表示されます。

                                                                                      3

                                                                                      [顧客の設定] をクリックします。 ユーザーのセットアップウィザードが起動します。

                                                                                      4

                                                                                      [ロケーションの追加と確認]画面で、支店などの追加のロケーションを入力します。

                                                                                      5

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      6

                                                                                      [ユーザーの追加] 画面で、名、姓、メール、パッケージ、ロケーションなどのユーザーの詳細を入力します。

                                                                                      7

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      8

                                                                                      通話パッケージを持つユーザーに電話番号を割り当てます。

                                                                                      9

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      10

                                                                                      入力した情報を確認します。

                                                                                      11

                                                                                      [ユーザーの作成] をクリックします。


                                                                                       
                                                                                      顧客組織に Control Hub アクセシビリティを提供している場合、顧客管理者にロールを割り当てることもできます。 参照先Control Hub で組織アカウントのロールを割り当てるを選択します。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      オプションです。 Wholesale Setup Assistサービスを使用している場合は、「Submit Wholesale Setup Assist Request Form」を参照してください。

                                                                                       

                                                                                      管理者は、顧客組織が作成したのと同じレベルのパッケージでプロビジョニングする必要があります。 顧客管理者 (フル管理者) では、パッケージのダウングレードはサポートされていません。

                                                                                      顧客組織のタスク フローのプロビジョニング (API 経由)

                                                                                      これらのタスクを完了して、新しい顧客組織をプロビジョニングし、それらの組織にユーザーを追加します。

                                                                                       
                                                                                      Partner Hub を使用して顧客組織をプロビジョニングすることもできます。 「顧客組織のタスクフローのプロビジョニング (Partner Hub 経由)」を参照してください。
                                                                                      1

                                                                                      オンボーディング テンプレートの設定

                                                                                      顧客をプロビジョニングする前に、Partner Hub でオンボーディング テンプレートを設定している必要があります。 既存のテンプレートを使用するか、新しいテンプレートを作成できます。

                                                                                      2

                                                                                      卸売顧客 API のプロビジョニング

                                                                                      API を使用して顧客組織をプロビジョニングします。 新規顧客組織にオンボーディング テンプレートの設定を適用します。

                                                                                      3

                                                                                      プロビジョニング卸売サブスクライバAPI

                                                                                      API を使用してサブスクライバ (ユーザー) を顧客組織に追加します。

                                                                                      卸売顧客 API のプロビジョニング

                                                                                      プロビジョニング API を使用して新しい Wholesale 顧客組織をプロビジョニングするには、次の手順を使用します。

                                                                                      始める前に

                                                                                      オンボーディング テンプレートは、Partner Hub にすでに存在している必要があります。 顧客をプロビジョニングするときは、使用するテンプレートから provisioningID フィールドの値を入力する必要があります。 詳細については、「オンボーディング テンプレートの設定」を参照してください。

                                                                                       

                                                                                      サポートされている言語の詳細については、次を参照してください。 サポートされている言語ロケール

                                                                                      1

                                                                                      Wholesale Customer API のプロビジョニングを開きます。

                                                                                      2

                                                                                      右側の設定領域で、顧客組織の必須フィールドを入力します。 次の例の形式に従ってください。

                                                                                      • provisioningID:使用するオンボーディング テンプレートに関連付けられている ID を入力します。
                                                                                      • パッケージ—プロビジョニングするパッケージを入力します(common_area_calling、webex_calling、webex_suite、webex_meetingsなど)。
                                                                                      • orgID:この組織を既存の組織に添付する場合は、orgID を入力します。
                                                                                      • externalID:新しい組織の場合は、外部 ID の任意のテキストを入力します。
                                                                                      • [アドレス(Address)]:要求された形式でアドレスを入力します。 組織国は、Cisco が有効な PSTN 通話オプションを持つ Webex ミーティング サイトのデフォルトのグローバル コールイン番号を決定します。 詳細については、ヘルプページの「住所」セクションを参照してください。
                                                                                      • customerInfo – この顧客に必要な情報 (名前とプライマリ メールなど) を入力します。
                                                                                      • provisioningParameters:オプション。 設定するプロビジョニング パラメータを入力します。 入力できるパラメータのリストについては、開発者サイトを参照してください。
                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      結果が [応答(Response)] ウィンドウに表示されます。 応答には、[ロケーション(Location)] ヘッダーに表示され、組織を指す URL も含まれます。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      プロビジョニング Wholesale サブスクライバを顧客組織に提供します。

                                                                                      プロビジョニング卸売サブスクライバAPI

                                                                                      プロビジョニング API を使用してサブスクライバ(ユーザ)を顧客組織に追加するには、次の手順を使用します。

                                                                                       
                                                                                      新しい顧客組織に最初にプロビジョニングされたユーザーには、自動的に管理者権限が割り当てられます。
                                                                                      1

                                                                                      Wholesale サブスクライバ API のプロビジョニングを開きます。

                                                                                      2

                                                                                      次の必須フィールドに入力します。 フィールドの詳細については、API のフィールドの説明を参照してください。

                                                                                      • customerID—サブスクライバがプロビジョニングされる顧客の customerID を入力します。
                                                                                      • email:サブスクライバのメールを入力します。 組織にプロビジョニングされた fiirst ユーザーは管理者ユーザーであることに注意してください。
                                                                                      • パッケージ:パッケージを入力します(common_area_calling、webex_calling、webex_suite、webex_meetingsなど)。
                                                                                      • provisioningParameters:firstname パラメータと lastName パラメータは必須です。 パッケージを呼び出すには、内線番号または primaryPhoneNumber のいずれかをプロビジョニングすることも必須です。

                                                                                       
                                                                                      LocationId プロビジョニング パラメータは、コーリング パッケージにのみ適用されます。 このサブスクライバを複数のロケーションを持つ既存の顧客組織に接続する場合に、このフィールドを使用できます。 このフィールドでは、適切なロケーションを指定できます。
                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      これらの手順を繰り返して、追加のサブスクライバをプロビジョニングします。


                                                                                       
                                                                                      顧客組織に Control Hub アクセシビリティを提供している場合、顧客管理者にロールを割り当てることもできます。 参照先Control Hub で組織アカウントのロールを割り当てるを選択します。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      オプションです。 Wholesale Setup Assistサービスを使用している場合は、「Submit Wholesale Setup Assist Request Form」を参照してください。

                                                                                      卸売セットアップ支援リクエストフォームの送信

                                                                                      ホールセール セットアップ アシスト サービスを使用している場合は、Partner Hub と Control Hub で顧客とユーザーをプロビジョニングしてサブスクリプション リクエストを送信した後、このフォームに入力します。

                                                                                      1

                                                                                      Wholesale Setup Assist Request Formを開きます。

                                                                                      2

                                                                                      リクエストフォームで次のフィールドに入力します。

                                                                                      ほとんどの値は、Partner Hub と Control Hub の設定から取得できます。 次の表では、いくつかの目立つ設定に適切な値を見つける方法について説明します。

                                                                                      表 5. 卸売セットアップアシストリクエストフォームに必要な設定

                                                                                      フィールド

                                                                                      この Partner Hub / Control Hub 設定を使用する...

                                                                                      パートナー/エージェント組織 ID

                                                                                      Partner Hub の左側のナビゲーションバーで、パートナー名をクリックします。 設定ウィンドウで、パートナーの組織IDをコピーします。

                                                                                      顧客の組織 ID

                                                                                      Partner Hub から、[顧客] をクリックし、適切な顧客を選択します。 その顧客の組織IDをコピーする

                                                                                      Wholesaleのサブスクリプションは有効ですか?

                                                                                      YESを選択します。

                                                                                      サブスクリプション ID

                                                                                      Partner Hub から、[顧客] をクリックし、適切な顧客を選択します。 [サブスクリプション] で、サブスクリプション ID をコピーします。

                                                                                      ロケーションの合計数

                                                                                      この設定に基づいて、顧客の Control Hub に入力されたロケーションの数をオフにします。

                                                                                      その顧客の Control Hub インスタンスを起動します。 [通話] を選択し、場所 (本社所在地など) に関する情報については、[場所] ボタンをクリックします。

                                                                                      ロケーション ID

                                                                                      Control Hub から、顧客のロケーション設定を開きます (前の説明を参照)。 適切なロケーションにロケーションIDをコピーします。

                                                                                      3

                                                                                      SmartSheetの追加のフィールドに入力します。 * ですべてのフィールドに入力してください。

                                                                                      4

                                                                                      リクエストのコピーを電子メールで受け取るには、[回答のコピーを送信]チェックボックスをオンにします。

                                                                                      5

                                                                                      [送信] をクリックします。


                                                                                       
                                                                                      問題が発生した場合は、Calling ヘルプデスクからセットアップアシストヘルプをリクエストできます。 チームは「ハウツー」通話の質問を支援し、セットアップ アシスト チームとのエンゲージメントを開始します。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      Cisco の Wholesale Setup Assist チームがオンボーディング プロセスを引き継ぎ、あなたと協力してオンボーディング プロセスを完了します。 プロジェクトのフロー、およびこのプロセス中の Cisco の責任とパートナーの責任の詳細については、次の 2 つのフローのいずれかを参照してください。

                                                                                      • Express Flowについては、「リファレンス」セクションの「卸売セットアップアシストによるオンボーディングフローのセットアップアシスタンス(Express Flow)」を参照してください。

                                                                                      • 標準フローについては、「リファレンス」セクションの「卸売セットアップアシストによるオンボーディングフローのセットアップアシスタンス(標準フロー)」を参照してください。

                                                                                      SubPartner を設定する

                                                                                      このモデルでのセットアップを要求する一方で、テクニカルオンボーディング、セットアップ、サポートの各フェーズで SubPartner をサポートするために、パートナーは SubPartner ごとに管理者アカウントを維持することを推奨します。 これは、パートナーにとって追加の運用上の課題(SubPartnerごとに新しい電子メールと資格情報を維持する)をもたらし、将来の段階でこれを修正することを求める可能性があることを認識しています。 ただし、以下の詳細をPSMチームにご連絡ください。

                                                                                      • あなたの組織 ID

                                                                                      • 組織名

                                                                                      • サブパートナー組織名

                                                                                      • 最初のサブパートナー管理者ユーザーとして割り当てるメールアドレス

                                                                                      • 最初のSubPartner管理者ユーザーの名と姓

                                                                                      • サブスクリプション ID はサブパートナー組織と共有されます

                                                                                      Partner Hub 経由の管理

                                                                                      Partner Hub ユーザー インターフェイスには、Partner Hub インターフェイスを介して多くの管理タスクを手動で管理できるオプションが含まれています。 たとえば、folloiwng タスクを実行できます。

                                                                                      • 新しい顧客組織とユーザーのプロビジョニング

                                                                                      • 既存の組織のユーザーを追加または更新する

                                                                                      • 既存の設定を更新

                                                                                      ユーザーを手動で追加

                                                                                      この手順を使用して、Control Hub から手動で既存の顧客組織に最大 25 人のユーザーを追加します。
                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインし、[顧客] をクリックします。

                                                                                      2

                                                                                      該当する顧客の顧客ビューを起動します。

                                                                                      Control Hub で顧客ビューが開きます。
                                                                                      3

                                                                                      [ユーザー] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      [ユーザーの管理] をクリックします。

                                                                                      5

                                                                                      [手動でユーザーを追加]をクリックします。


                                                                                       

                                                                                      ユーザーを追加または変更するための追加オプションもあります。

                                                                                      • CSV ファイルでユーザーを追加または変更する

                                                                                      • ユーザーを要求

                                                                                      • ディレクトリ同期

                                                                                      6

                                                                                      そのユーザーの基本情報(名前、メールアドレス、パッケージなど)を入力し、[次へ]をクリックします。

                                                                                      7

                                                                                      ユーザーを追加します。 最大で 25 人のユーザーを追加できます。

                                                                                      8

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      9

                                                                                      [閉じる] をクリックします。

                                                                                      ユーザーパッケージの変更

                                                                                      Control Hub でこの手順を使用して、ユーザーのパッケージを変更します。
                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインし、[顧客] をクリックします。

                                                                                      2

                                                                                      ユーザが属している顧客の顧客ビューを起動します。

                                                                                      3

                                                                                      Control Hub で、[ユーザー] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      パッケージを変更するユーザーを選択します。

                                                                                      5

                                                                                      パッケージセクションで、矢印 (>) をクリックします。

                                                                                      6

                                                                                      新しいパッケージを選択してください。

                                                                                      7

                                                                                      パッケージを Webex Calling または Webex Suite に変更した場合は、発信番号情報を更新します。

                                                                                      8

                                                                                      [変更] をクリックします。

                                                                                      顧客管理 API

                                                                                      次のパブリック API では、Wholesale パートナーが既存の顧客組織の設定を管理できます。

                                                                                      API

                                                                                      説明

                                                                                      卸売顧客を更新

                                                                                      この API を使用して、既存の顧客組織のいずれかの設定を更新します。

                                                                                      卸売顧客を取得する

                                                                                      この API を使用して、orgID、アドレス、プロビジョニング ステータス、パッケージなど、既存の顧客の設定の概要を表示します。

                                                                                      卸売業者の顧客をリストする

                                                                                      この API を使用して、主な設定の概要とともに、顧客組織を一覧表示します。 オプションのパラメータを入力して、検索条件を満たす組織のみに検索を制限できます。

                                                                                      卸売顧客を削除する

                                                                                      この API を使用して、既存の顧客組織を削除します。

                                                                                      卸売顧客を更新する

                                                                                      公開 API を使用して、卸売顧客の顧客詳細を更新します。
                                                                                      1

                                                                                      Wholesale Customer API の更新を開きます。

                                                                                      2

                                                                                      [PUT] フィールドで、[customerID] をクリックし、更新する顧客組織の customerID を入力します。

                                                                                      3

                                                                                      本文に任意のパラメータを入力します。

                                                                                      • externalID(外部ID)

                                                                                      • packages—このフィールドには、API の実行後に顧客に必要なパッケージの完全なリストが含まれている必要があります。 たとえば、顧客に 1 つのパッケージがあり、2 番目のパッケージを追加する場合は、両方のパッケージを入力します。

                                                                                      • 住所

                                                                                      • provisioningParameters:パラメータオプションの詳細については、API 開発者向けドキュメントを参照してください。

                                                                                      4

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      卸売顧客を取得する

                                                                                      パブリック API を使用して特定の顧客組織の顧客詳細を取得するには、次の手順を使用します。
                                                                                      1

                                                                                      Get a Wholesale Customer API を開きます。

                                                                                      2

                                                                                      GET行でidをクリックし、顧客IDを入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      出力には、その顧客組織の詳細が表示されます。

                                                                                       
                                                                                      ロケーション URL を使用して顧客を検索することもできます。

                                                                                      卸売業者の顧客をリストする

                                                                                      API を使用して、既存の顧客組織のリストと、それらの顧客組織の詳細を取得するには、この手順を使用します。

                                                                                      • 検索パラメータなしで API を実行すると、出力にはパートナーが管理するすべての顧客が表示されます。

                                                                                      • 検索パラメータで API を実行すると、出力には条件に一致する顧客のみが表示されます。 たとえば、externalIdを入力すると、そのIdを使用する顧客組織のみが出力されます。
                                                                                      1

                                                                                      List Wholesale Customers API を開きます。

                                                                                      2

                                                                                      オプションです。 任意の検索パラメータを入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      出力には、検索条件を満たす顧客の顧客詳細が表示されます。

                                                                                      卸売顧客を削除する

                                                                                      この手順を使用して、既存の顧客組織から卸売サービスを削除します。


                                                                                       
                                                                                      この API は、既存の Webex 顧客組織から卸売サービスを削除しますが、組織を完全に削除することはありません。 Webex から組織を削除するには、組織 API を使用します。

                                                                                      始める前に

                                                                                      Get a Wholesale Customer APIを実行して、削除する顧客組織のcustomerIDを取得します。
                                                                                      1

                                                                                      [Delete a Wholesale Customer API] を開きます。

                                                                                      2

                                                                                      削除する顧客組織の顧客IDを入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      デバイスのオンボーディングと管理

                                                                                      Wholesale RTM は、Webex プラットフォームで利用可能なさまざまなデバイス管理 (DM) オプションを使用して、すべての Cisco デバイスと幅広いサードパーティデバイスをサポートします。 DMオプションは以下のように詳細です。

                                                                                      1. Cisco 管理対象 Cisco デバイス: Cisco Webex プラットフォームは、この DM オプションを使用して、すべての Cisco デバイス (MPP および RoomOS) をネイティブにサポートします。 これらのデバイスは、CH または API を介して直接追加およびプロビジョニングでき、パートナーと顧客に Cisco Experience で最高の Cisco を提供できます。 Cisco デバイスは Webex 認識機能も有効になっており、ユーザーは Cisco MPP 電話から Webex サービス (強化されたサービスアビリティ、統合通話履歴、ディレクトリ同期、Webex プレゼンス、参加ボタン 1 つ、ホット デスキングなど) にアクセスできます。 リストされている Webex サービスに加えて、RoomOS デバイスから PSTN 通話を行うこともできます。

                                                                                        新しい MPP デバイスのオンボード手順については、「Webex Calling デバイスの構成と管理」を参照してください。

                                                                                        Cisco デバイスの機能の詳細については、「Cisco MPP デバイスで利用可能な Webex 機能」を参照してください。

                                                                                      2. Cisco が管理するサードパーティ デバイス: Cisco Webex プラットフォームは、広く展開されているいくつかのサードパーティ製デバイス (Poly、Yealink、その他) をネイティブにサポートしています。 Wholesale の新しい顧客組織は、Cisco またはアカウントマネージャに連絡して有効化できる新しい電話を追加するときに、これらのサードパーティの電話にアクセスできません。 これらのデバイスの詳細については、「Webex Calling でサポートされるデバイス」を参照してください。
                                                                                      3. 外部管理デバイス: シスコはさらに、パートナーと顧客が汎用 SIP デバイスとしてデバイスをプロビジョニングし、必要な DM 機能のレベルに基づいて外部 DM ツールを使用するか、使用せずに SIP 認証資格情報/設定ファイルをダウンロードして管理できる、外部管理された DM オプションを使用して、幅広いサードパーティデバイスのサポートを可能にします。 これらの DM オプションは次のとおりです。
                                                                                        1. 顧客管理型デバイス: この DM オプションを使用すると、パートナーと顧客は、カスタマイズ要件が非常に低いポケットベル、ドアフォンなどの汎用 SIP デバイスをサポートできます。 顧客管理デバイスを追加する方法の詳細については、「顧客管理デバイスを追加」を参照してください。
                                                                                        2. パートナー管理デバイス: これは、パートナーと顧客が外部 DM ツールを使用して、完全なカスタマイズと大規模でさまざまなサードパーティ SIP 電話とゲートウェイをサポートできる新しい DM オプションです。 パートナー管理対象デバイスの詳細については、「Webex のパートナー管理対象デバイス」を参照してください。

                                                                                      請求の照合

                                                                                      パートナー管理者は、Wholesale Billing API を使用して、パートナーごと、顧客ごと、またはユーザーレベルごとの使用量を示すカスタム請求レポートを生成できます。 パートナーは、この情報を使用して毎月の請求書を照合し、使用量に応じて顧客とユーザーに請求することができます。

                                                                                      パートナーは、subPartnerOrgId パラメータを使用して、サブパートナーのカスタム請求レポートを生成することもできます。

                                                                                      最小アクセス要件を満たすパートナー管理者が利用できる 4 つの API があります。

                                                                                      課金 API

                                                                                      APIの目的

                                                                                      パートナー管理者アクセス要件

                                                                                      卸売請求レポートを作成する

                                                                                      請求レポートを生成するために使用。

                                                                                      読み取り/書き込み

                                                                                      卸売請求レポートを取得する

                                                                                      生成された請求レポートをダウンロードするために使用。

                                                                                      読む

                                                                                      卸売請求レポートを一覧表示する

                                                                                      そのパートナーに存在する請求レポートを一覧表示するために使用。

                                                                                      読む

                                                                                      卸売請求レポートの削除

                                                                                      既存の請求レポートを削除するために使用。

                                                                                      読み取り/書き込み

                                                                                      データ ソース

                                                                                      請求レポートのデータは、Webex が各パートナーを追跡する使用量データから取得されます。 毎日、Webex はすべてのパートナー、顧客、ユーザーの前日の使用量を追跡し、データを集約して、パートナーの月次請求書を生成するために使用できます。 課金APIはこのデータを活用し、パートナー管理者がカスタムレポートを生成することで、パートナーは、パートナー、顧客、ユーザーレベルで毎月の請求書から使用量の調整を行うことができます。

                                                                                      Webex がパートナーに請求する方法の詳細については、「サービスプロバイダーの請求」を参照してください。

                                                                                      卸売請求レポートを作成する

                                                                                      この手順を使用して、請求を調整するために使用できるカスタム請求レポートを生成します。
                                                                                      1

                                                                                      [卸売請求レポート API の作成] に移動します。

                                                                                      2

                                                                                      API が指定する形式で billingStartDatebillingEndDate の値を入力して、請求期間を入力します。 過去5年間の日付は入力できますが、現在の日付は入力できません。

                                                                                      3

                                                                                      レポートのタイプを入力します。

                                                                                      • [パートナー(PARTNER)(これがデフォルト)]:使用量の消費をパートナー レベルで示します。
                                                                                      • [顧客(CUSTOMER)]:パートナーの顧客組織のレベルに分割された合計使用量を表示します。
                                                                                      • [ユーザー(USER)]:パートナーの下の顧客組織とサブスリバーのレベルに分割された総使用量が表示されます。
                                                                                      4

                                                                                      [実行] をクリックしてレポートを生成します。

                                                                                      5

                                                                                      API 出力からレポート ID をコピーします。 生成された請求レポートを取得するために、この値を Get API で使用できます。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      レポートのコピーをダウンロードするには、[卸売請求レポートを入手]に移動します。

                                                                                      卸売請求レポートを取得する

                                                                                      請求レポートが生成されたら、この API を使用して特定の請求レポートを取得します。 レポートは URL に出力され、GET リクエストの完了後 30 分間ダウンロードできます。
                                                                                      1

                                                                                      [Get a Wholesale Billing Report API] に移動します。

                                                                                      2

                                                                                      GET行でidボタンをクリックし、レポートの一意のID値を入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      API はレポートのステータスを出力します。 出力には、レポートをダウンロードするためのURLを提供するtempDownloadURLパラメータが含まれます。

                                                                                      5

                                                                                      レポートにアクセスしてダウンロードするには、tempDownloadURLをブラウザにコピーします。

                                                                                      卸売請求レポートを一覧表示する

                                                                                      この API を使用して、パートナー組織に対して生成された請求レポートのリストを取得します。 既存のすべてのレポートを一覧表示するか、請求期間や請求タイプ (パートナー、顧客、ユーザー) などの指定されたパラメータを満たすレポートにリストを制限できます。


                                                                                       
                                                                                      オプションのパラメータを入力すると、API は入力したパラメータに完全に一致するレポートのみを返します。 たとえば、請求期間を入力すると、その特定の請求期間を使用するレポートのみが返されます。その期間内であるが、日付と完全に一致しないレポートは返されません。
                                                                                      1

                                                                                      List Wholesale Billing Report API に移動

                                                                                      2

                                                                                      [クエリーパラメータ] で、使用する検索パラメータ(たとえば、startDate、endDate、Type、sortBy on)を入力します。 これらのパラメータの詳細については、API の Developer ヘルプを参照してください。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      APIは、レポートのリストを一意のレポートIDおよびステータス(COMPLETED、IN_PROGRESS)とともに出力します。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      ダウンロードするレポートには、IDを記録します。 レポートをダウンロードするには、[卸売請求レポートを入手]に移動します。

                                                                                      卸売請求レポートの削除

                                                                                      レポート ID に基づいて生成された請求レポートを削除するには、次の手順を使用します。 レポートを削除する場合の例には、次のものがあります。

                                                                                      • 既存の請求レポートを再生成する場合は、まず既存のレポートを削除する必要があります。 既存のレポートを削除したら、その期間の新しいレポートを作成できます。 レポートが失敗または進行中の場合、削除要件は存在しないことに注意してください。

                                                                                      • レポートが生成され、URL を間違った人に送信した場合、レポートを削除でき、レポートにアクセスできなくなります。

                                                                                      1

                                                                                      Wholesale Billing Report API の削除に移動します。

                                                                                      2

                                                                                      レポートIDを入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      請求レポートフィールド

                                                                                      請求レポートには、次のフィールドが含まれます。

                                                                                      フィールド

                                                                                      その他の情報

                                                                                      このタイプのレポートに表示されます

                                                                                      パートナー_名

                                                                                      パートナーの氏名

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      パートナー_組織_ID

                                                                                      一意のパートナー識別子

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      サブスクリプション_ID

                                                                                      一意のサブスクリプション ID

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      サービス_名

                                                                                      サービス名

                                                                                      (例:COMMON_AREA_CALLING、WEBEX_CALLING、WEBEX_SUITE、WEBEX_MEETINGS)

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      SKU

                                                                                      サービスのためのSku

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      説明

                                                                                      サービスの説明

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      消費_開始_日

                                                                                      サービス消費の開始。 この値は、以下のフィールドとともに、使用期間を定義します。

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      消費_終了_日

                                                                                      サービス消費の終了。 この値は、上記のフィールドとともに、使用量消費期間を定義します。

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      数値

                                                                                      パートナーごと、顧客ごと、またはユーザーごとに集計されたユーザー使用量を表します (データを表示しているレポートとレベルによって異なります)。

                                                                                      計算:

                                                                                      各ユーザーについて、1日あたりの数量は、その日の比例配分に基づいて計算されます。 例:

                                                                                      1日の使用量 = 1

                                                                                      半日の使用量 = 0.5

                                                                                      請求期間内のすべての日の 1 日あたりの合計は、請求期間内のそのユーザーの合計数を提供するために合計されます。

                                                                                      顧客およびパートナーレベルのレポートでは、すべてのユーザーの合計が集計され、その顧客またはパートナーの合計数量が提供されます。

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      顧客_組織_ID

                                                                                      内部顧客の一意の識別子

                                                                                      顧客、ユーザー

                                                                                      顧客_外部_ID

                                                                                      パートナーが提供する顧客の一意の識別子

                                                                                      顧客、ユーザー

                                                                                      サブスクライバ_ID

                                                                                      サブスクライバの一意の識別子

                                                                                      USER

                                                                                      USER_ID

                                                                                      サブスクライバの Webex ユーザー ID

                                                                                      USER

                                                                                      ワークスペース_ID

                                                                                      固有のワークスペース ID

                                                                                      USER


                                                                                       

                                                                                      Webex Wholesale の請求は、ユーザーにパッケージをプロビジョニングすることによってトリガーされるか、パッケージの割り当てを削除することによって停止されます。

                                                                                      パートナー SSO - SAML

                                                                                      パートナー管理者は、新しく作成された顧客組織に対して SAML SSO を設定できます。 パートナーは、単一の事前に定義された SSO の関係を構成し、その構成を管理する顧客組織および自社従業員に適用することができます。


                                                                                       
                                                                                      以下のパートナー SSO 手順は、新しく作成される顧客組織にのみ適用されます。 パートナー管理者が既存の顧客組織にパートナー SSO を追加しようとする場合、既存のユーザーがアクセス権を失うことのないよう、既存の認証方法が保持されます。 パートナー SSO を既存組織に追加するには、Cisco TAC でチケットを開く必要があります。
                                                                                      1. サードパーティの ID プロバイダーが、Control Hub でのシングル サインオン統合の ID プロバイダーの要件セクションにリストされている要件を満たしていることを確認してください。

                                                                                      2. Cisco TAC で [サービス リクエスト] を開きます。 TAC はサードパーティの ID プロバイダーと Cisco Common Identity サービスの間に信頼関係を確立する必要があります。 です。


                                                                                         
                                                                                        IdP で passEmailInRequest 有効にするには、この要件をサービス要求に含める必要があります。 この機能が必要かどうか不明な場合は、IdP に確認してください。
                                                                                      3. TAC がユーザーの ID プロバイダーに提供した CI メタデータファイルをアップロードします。

                                                                                      4. オンボーディング テンプレートを設定します。 [認証モード] 設定で、[パートナー認証] を選択します。 [IDP エンティティ ID] については、サードパーティ ID プロバイダーの SAML メタデータ XML から EntityID を入力します。

                                                                                      5. テンプレートを使用する新しい顧客組織に新しいユーザーを作成します。

                                                                                      6. ユーザーがログインできることを確認します。

                                                                                      パートナー モードによる制限

                                                                                      パートナー モードによる制限は、パートナー管理者が特定の顧客組織に割り当てることができる Partner Hub の設定で、顧客管理者が Control Hub で更新できる組織設定を制限します。 特定の顧客組織でこの設定が有効になっている場合、その組織のすべての顧客管理者は、ロールの権限に関係なく、Control Hub で制限されたコントロールにアクセスできません。 制限付き設定を更新できるのはパートナー管理者だけです。


                                                                                       
                                                                                      パートナー モードによる制限は、ロールではなく組織レベルの設定です。 ただし、この設定は、設定が適用される組織内の顧客管理者の特定のロールのエンタイトルメントを制限します。

                                                                                      顧客管理者アクセス

                                                                                      パートナーによる制限モードが適用されると、顧客管理者は通知を受け取ります。 ログインすると、画面上部の Control Hub ヘッダーのすぐ下に通知バナーが表示されます。 バナーにより、顧客管理者に制限モードが有効になっており、一部のコール設定を更新できない可能性があることが通知されます。

                                                                                      パートナー モードによる制限が有効になっている組織の顧客管理者の場合、Control Hub のアクセスレベルは次の式で決定されます。

                                                                                      (Control Hub のアクセス) = (組織のロールのエンタイトルメント) - (パートナー モードの制限による制限)

                                                                                      制限

                                                                                      顧客組織でパートナーによる制限モードが有効になっている場合、その組織の顧客管理者は、次の Control Hub 設定へのアクセスが制限されます。

                                                                                      • [ユーザー] ビューでは、以下の設定は利用できません。

                                                                                        • [ユーザー管理] ボタンがグレー表示されます。

                                                                                        • 手動によるユーザーの追加/変更 - 手動または CSV 経由でユーザーを追加/変更するオプションはありません。

                                                                                        • ユーザーのクレーム—利用できません

                                                                                        • ライセンスの自動指定—利用できません

                                                                                        • ディレクトリ同期—ディレクトリ同期設定を編集できません (この設定はパートナーレベルの管理者にのみ適用されます)。

                                                                                        • ユーザーの詳細:名、姓、表示名、プライマリ メール* などのユーザー設定は編集可能です。

                                                                                        • パッケージのリセット - パッケージ タイプをリセットするオプションはありません。

                                                                                        • サービスの編集—ユーザーに対して有効にしたサービスを編集するオプションがありません (メッセージ、ミーティング、通話など)

                                                                                        • サービス ステータスの表示-ハイブリッド サービスまたはソフトウェア アップグレード チャネルの全ステータスを表示できません

                                                                                        • プライマリ職場電話番号 - このフィールドは読み取り専用です。

                                                                                      • [アカウント] ビューでは、以下の設定は利用できません。

                                                                                        • [会社名] は読み取り専用です。

                                                                                      • [組織設定] ビューでは、以下の設定は利用できません。

                                                                                        • ドメイン - アクセス権は読み取り専用です。

                                                                                        • メール - [管理者招待メールの抑制] および [メールロケールの選択] 設定は読み取り専用です。

                                                                                        • 認証 - [認証] および [SSO 設定] を編集するオプションはありません

                                                                                      • [Calling] メニューでは、以下の設定は利用できません。

                                                                                        • 通話設定 - [アプリ オプション通話の優先順位] の設定は読み取り専用です。

                                                                                        • 発信動作 - 設定は読み取り専用です。

                                                                                        • [ロケーション] > [PSTN] - [ローカル ゲートウェイ] および [Cisco PSTN] オプションは非表示になります。

                                                                                      • [サービス] では、[移行] および [接続済みの UC] サービス オプションが抑制されます。

                                                                                      パートナー モードによる制限を有効化する

                                                                                      パートナー管理者は、以下の手順に従い、パートナー モードによる制限(デフォルト設定では有効になっています)。

                                                                                      1. Partner Hub (https://admin.webex.com) にサインインし、[顧客] を選択します。

                                                                                      2. 適用する顧客組織を選択します。

                                                                                      3. 右側の設定ビューで、[パートナーモードによる制限] トグルを有効にして設定をオンにします。

                                                                                        [パートナー モードによる制限] をオフにしたい場合は、無効を選択してください。


                                                                                       

                                                                                      パートナーが顧客管理者の制限付き管理者モードを削除すると、顧客管理者は次の操作を実行できます。

                                                                                      • Wholesale ユーザーに Webex を追加する (ボタン付き)

                                                                                      • ユーザーのパッケージを変更する

                                                                                      テクニカルサポート

                                                                                      以下の図は、このオファーのサポートモデルを強調しています。

                                                                                      Image placeholder - high level image of the support channels
                                                                                      卸売RTMテクニカルサポート

                                                                                      パートナーは、顧客からの問い合わせに対応することが期待されます。 ただし、パートナーがヘルプを必要とする場合は、次の表に、パートナー管理者が利用できるサポートチャネルをまとめています。 サポートが必要な場合は、

                                                                                      サポート チャネル

                                                                                      説明

                                                                                      Webex Calling ヘルプデスク

                                                                                      「方法」を提供し、Webex Calling の機能と構成に関する問い合わせを支援します

                                                                                      • 電話/電子メール/チャット - CHDは上記のクエリを受信し、パートナー/顧客と協議してクエリに回答します

                                                                                      • 必要に応じて TAC を含む他のチームにクエリーをルーティングできる

                                                                                      TAC

                                                                                      • Webex Calling TAC

                                                                                      • Cloud Collab TAC (デバイス、ミーティング)

                                                                                      パートナーは、以下によりTACに直接連絡することができます。

                                                                                      • SCM でケースを作成する

                                                                                      • 電話 (TAC Front Line - TFL は、パートナーに代わって SCM でケースを作成します)

                                                                                      • メール (TAC Front Line - TFL は、パートナーに代わって SCM でケースを作成します)

                                                                                      • チャット (TAC Front Line - TFL は、パートナーに代わって SCM でケースを作成します)

                                                                                      Cisco エクスペリエンス サービス

                                                                                      お客様は、CCW内からCESに直接連絡することができます。

                                                                                      • 注文支援の終了間隔

                                                                                      • 請求

                                                                                      • セールスクレジット

                                                                                      Webex Calling パートナー ヘルプ デスク (CHD) の使用方法

                                                                                      カスタマー エクスペリエンス

                                                                                      Wholesale オファーに関するパートナー/顧客のハウツーおよび/またはドキュメントに関するお問い合わせは、Webex Calling Calling ヘルプデスク (CHD) にお問い合わせください。 CHDに連絡するには、以下の情報を使用します。


                                                                                       
                                                                                      CHDは24時間365日ではありません。 ただし、EMEAR、APCJ、NorAMにリソースがあります。 CHDがオフラインの場合、webexcalling-CHD@cisco.comまでお問い合わせいただければ、オンラインに戻り次第(通常24時間以内)に対応いたします。 エスカレーションは迅速に対処されます。

                                                                                      CHDエスカレーション:

                                                                                      • 職務上の指導: James Moss – 918-872-0707 (webexcalling-CHD@cisco.com)

                                                                                      • 職務上の指導: マット・ハンナ – 918-877-0329 (webexcalling-CHD@cisco.com)

                                                                                      • シニア マネージャー: Hamid Tiouti – 918-236-1570 (webexcalling-CHD@cisco.com)

                                                                                      Webex Calling パートナー ヘルプ デスク SLO:

                                                                                      CHDは、24~48時間以内に適切なチームに回答、指導、または紹介を提供します。 ほとんどのハウツーお問い合わせは、より迅速に(2営業時間以内)解決されます。

                                                                                      BroadWorks から Wholesale RTM への移行のための移行ツール

                                                                                      概要

                                                                                      このドキュメントでは、既存の BroadWorks 顧客を Wholesale Route-to-Market ソリューションに移行するのに役立つ一連の移行ツールについて説明します。 移行ツールは、アクセスが簡単なコマンド ライン ツールで、移行タスクを自動化することで顧客、場所、番号、ユーザー、サービス、電話、ソフト クライアントを移行できます。 移行ツールには次の利点があります。

                                                                                      • 最小限の事前構成で移行を実行します。

                                                                                      • コマンドの実行が簡単になります。

                                                                                      • 管理者は、プロビジョニング後にデータを確認し、移行直後に電話をかけたり受けたりすることができます。

                                                                                      • UC-One クライアントの Webex アプリへの自動アップグレードをサポートしています。

                                                                                      ドキュメント

                                                                                      マニュアルの改訂履歴

                                                                                      日付

                                                                                      バージョン

                                                                                      説明

                                                                                      2024年2月6日。

                                                                                      一、二四

                                                                                      • [パートナー事前プロビジョニングチェック API] セクションのリンクを更新しました。

                                                                                      2024年1月23日。

                                                                                      一、二三

                                                                                      • BroadWorks 版 Migration Tools for Wholesale RTM Solutions Guide V1.8 を更新

                                                                                      2023年12月12日。

                                                                                      一、二二

                                                                                      • 顧客テンプレートが「オンボーディングテンプレート」に変更され、ソリューションガイドが更新されました。

                                                                                      2023年8月23日。

                                                                                      一・二一

                                                                                      • パートナーモードによる制限」セクションにメモを追加。

                                                                                      2023年7月31日。

                                                                                      一、二〇

                                                                                      • [パートナーモードによる制限] セクションを更新し、[名]、[姓]、[表示名]、[プライマリメール] の編集に関する制限が削除されました。

                                                                                      2023年6月9日。

                                                                                      1.19。

                                                                                      • 卸売ルートを市場に展開」の「ワークスペースのセットアップ」セクションを追加しました。

                                                                                      • BroadWorks 版 Migration Tools for Wholesale RTM Solutions Guide V1.5.0 を更新

                                                                                      2023 年 5 月 26 日

                                                                                      一・一八

                                                                                      • 卸売市場へのルートの展開」の「請求レポートフィールド」セクションにメモを追加しました。

                                                                                      2023 年 5 月 19 日

                                                                                      一、一七

                                                                                      • BroadWorks 版 Migration Tools for Wholesale RTM Solutions Guide V1.2.1 を更新

                                                                                      2023 年 5 月 9 日

                                                                                      一・一六

                                                                                      • BroadWorks 版 Migration Tools から Wholesale RTM Solutions Guide V1.2.0 に更新

                                                                                      2023 年 4 月 28 日

                                                                                      一・一五

                                                                                      • アドレスセクションを追加 卸売市場へのルートの概要

                                                                                      2023 年 4 月 17 日

                                                                                      1.14

                                                                                      • の「サブパートナー機能」セクションを更新 卸売市場へのルートの概要および請求照会セクション 卸売市場へのルートの展開

                                                                                      2023年1月26日。

                                                                                      一、十三

                                                                                      • サブパートナーセクションを追加 卸売市場へのルートの概要およびのSubPartnerセクションを設定する Wholesale Route to Marketを展開します。

                                                                                      2022 年 12 月 07 日。

                                                                                      1.12

                                                                                          • 字幕の Webex 音声パッケージ拡張通話 に変更し、図 2 を更新しました。 卸売RTMのためのパッケージ。

                                                                                      2022 年 12 月 05 日

                                                                                      一・一一

                                                                                      • Deploy Wholesale Route to MarketのDevice Onboarding and ManagementセクションでサポートされているCiscoデバイスを追加しました。

                                                                                      2022 年 11 月 30 日

                                                                                      1.10

                                                                                      • Wholesale Route to Market の概要で Wholesale Webex Assistant セクションを追加しました。

                                                                                      2022 年 11 月 02 日

                                                                                      1.9

                                                                                      • BroadWorks の新しい移行ツールをホールセール RTM ソリューションガイドに追加する

                                                                                      2022 年 8 月 31 日

                                                                                      1.8

                                                                                      • サポートされている言語ロケールの追加

                                                                                      2022 年 8 月 18 日木曜日

                                                                                      1.7

                                                                                      • Webex 音声パッケージの追加

                                                                                      2022 年 7 月 29 日

                                                                                      1.6

                                                                                      • 機能マトリックスへのリンクを追加

                                                                                      2022 年 6 月 10 日

                                                                                      1.5

                                                                                      • 序文の章を追加。 入門トピックとバージョン履歴を序文に移動しました。

                                                                                      • トライアルの開始制限に関する情報で簡略化および中央管理を更新しました。

                                                                                      2022 年 6 月 03 日

                                                                                      1.4

                                                                                      • Webex Calling 機能の通話記録情報を更新し、サードパーティのライセンス要件を削除しました。

                                                                                      • MPPデバイスのサポート情報を含むデバイス管理を追加

                                                                                      2022 年 5 月 02 日

                                                                                      1.3

                                                                                      • 新リリースパッケージのパッケージオファーを更新: Webex Suite および Webex Meetings。

                                                                                      • トピックのセクションを追加しました Partner Hub 経由でカスタムをプロビジョニングおよび管理するための新しい手順で、顧客組織を (Partner Hub で) プロビジョニングします。

                                                                                      2022年4月11日。

                                                                                      1.2

                                                                                      • List Wholesale Billing Reportsのステータスリストを修正

                                                                                      2022 年 3 月 02 日

                                                                                      1.1

                                                                                      • Webex Meetingsを編集し、ホールセール オファーを販売するサービス プロバイダーを対象としていないいくつかのポイントを削除しました。

                                                                                      • Edited Simplified and Centralized Administrationにより、Wholesaleサービスを販売するサービスプロバイダを対象としていない点がいくつか削除されました。

                                                                                      紹介

                                                                                      このガイドについて

                                                                                      Wholesale Route-to-Market (RTM) は、グローバルサービスプロバイダーを通じて Webex を SMB に戦略的に提供します。 シスコの技術とコラボレーションの専門知識に支えられ、新しいオペレーションモデル、コマーシャル、パートナープログラムを備えています。

                                                                                      Wholesaleは、効率的な大量取引のためのオペレーションAPIとパートナーポータルのイノベーションを提供します。 商用戦略により、BroadWorks ユーザーは固定された 1 ユーザーあたりの月次パッケージングと簡素化された課金で Webex に移行できます。

                                                                                      卸売パートナープログラムは、技術オンボーディングと市場投入に焦点を当てた、シスコの管理型オンボーディングプログラムを使用して、サービスプロバイダーの技術およびビジネス目標に対応します。 このオファーには 5 つの Webex パッケージが含まれています。 共通エリア通話、Webex 音声パッケージ、Webex Calling、Webex Suite、Webex Meetings。

                                                                                      ドキュメントのバージョン履歴

                                                                                      卸売市場へのルートの概要

                                                                                      卸売市場へのルートの概要

                                                                                      ホールセール RTM (Route-to-Market: 流通戦略) は、世界のサービス プロバイダーの市場における影響力を活用して Webex を SMB セグメントに提供するための、戦略的チャネル ソリューションです。 シスコの革新的な技術とコラボレーションに関する深い専門知識に裏付けられ、 新しいオペレーション モデル、新しい取引方法、新しいパートナー プログラムから構成されています。

                                                                                      ホールセール プラットフォームは、オペレーション API とパートナー ポータルにイノベーションをもたらして、多くの高速処理を可能にします。これによりパートナーは、共同ブランドとして差別化された、自社製品によるオファーを創出しやすくなります。

                                                                                      新たなホールセール向け商業戦略により、35M BroadWorks のユーザーは、予測可能な月ごと・ユーザーごとの固定パッケージ制で月額の後払いが可能な Webex クラウドに移行できます。 各サービス プロバイダーと単一の取引関係を構築することにより、すべてのエンド ユーザーをしっかりと繋ぎとめ、ワークフローを大幅に簡素化できます。

                                                                                      ホールセール パートナー プログラムは、サービス プロバイダーの技術目標と事業目標の両方を対象としています。 Cisco の Managed Onboarding Program では、2 つの作業が同時進行されます。 技術面のオンボーディングと GTM (市場進出) です。 専任の Cisco エキスパートと、包括的なオンライン パートナー トレーニング、強力な移行・マーケティング ツールキットの組み合わせで、期待以上のオンボーディング実施をお約束します。

                                                                                      ホールセールのオファーは Webex を対象とし、4 種類のパッケージを提供します。 共通領域通話、Webex Calling、Webex スイート、Webex Meetings です。

                                                                                      卸売ルートの市場利点

                                                                                      Wholesale Route to Market(RTM)ソリューションは、マネージドサービスプロバイダに高速で取引可能な販売モーションを提供するために最適化されています。 以下を提供します。

                                                                                      • 固定された予測可能な転送価格

                                                                                      • パッケージの簡素化

                                                                                      • 高速プロビジョニングUXとAPI

                                                                                      • ネットアクティブユーザーに基づく月次請求

                                                                                      • 簡略化された自己管理インターフェイス

                                                                                      ホールセールRTMは完全なネットワークソリューションをもたらします

                                                                                      Wholesale RTMは、既存のワークフローにシームレスに統合します。 これにより、すべての顧客を Cisco Commerce Workplace(CCW)に登録しなくても、販売サイクルのエンドツーエンドを管理できます。

                                                                                      Wholesale RTM は、Webex Calling に関する次の機能強化を提供し、SMB セールス モーションとの統合を強化します。

                                                                                      • Wholesale RTM では、各パッケージに Cisco との固定転送価格があります。 これらの転送価格は、CCW に一度送信される PO で取得されます。 その後、パートナーは販売取引にCCWを使用する必要がなくなりました。

                                                                                      • すべての卸売RTMの販売は、同じ固定された、予測可能な転送価格に基づいています。 これにより、販売プロセスが大幅に簡素化され、加速されます。

                                                                                      • Wholesale RTMは、顧客をプロビジョニングおよび管理するための2つの簡単なインターフェイスを提供します。

                                                                                        • Partner Hub は、顧客とユーザーをプロビジョニング、管理、削除するためのシンプルな UX を提供します。

                                                                                        • Control Hub は、Cisco の Web ベースのエンタープライズ管理ポータルで、企業の Webex サービスを包括的に表示します。

                                                                                      • Wholesale RTM APIは、サービスプロバイダのバックオフィスシステムに統合されたシンプルでマシンツーマシンインターフェイスを提供します。 これにより、顧客とユーザーをプロビジョニング、管理、および削除できます。

                                                                                      • ホールセールRTMは、アクティブライセンスの純数、延期、および各顧客のアクティベーション日にプロ定格のために毎月請求します。 これにより、サービス プロバイダー パートナーは上下に柔軟になり、システムでアクティブにプロビジョニングされたライセンスに対してのみ課金されます。

                                                                                      • 卸売RTMは、中小企業セグメントに適したシンプルなパッケージを使用しています。

                                                                                      パッケージのオファー

                                                                                      Wholesale RTM ソリューションは、エンドユーザー向けに 4 つの通話およびコラボレーションパッケージを提供します。

                                                                                      • [共通エリア(Common Area)]:共通エリアパッケージは、基本的な通話機能をサポートします。 これは、廊下電話、ドア電話、および単純な小売駅のような単純なエンドポイントを対象としています。 Common Area パッケージには、コール転送、BLF、転送、コール待機、T.38 Fax などの機能が含まれています。 より高度な通話機能、および Webex クライアント、メッセージング、ミーティングは、より価値の高いパッケージの一部です。

                                                                                      • 強化された通話—この通話専用パッケージには、Webex Calling に関連付けられている通話機能のサブセットと、Webex アプリのソフトフォンまたはデバイスの選択が含まれています。 ミーティングとメッセージングの機能は含まれておらず、シンプルな音声ソリューションをお探しのお客様向けに、通話に焦点を当てたパッケージを提供しています。

                                                                                      • Webex Calling—Webex Calling パッケージには、高度な通話機能、Webex クライアント、Webex メッセージング、および「基本的な」ミーティング機能が含まれています。 このパッケージは、プラットフォームのすべてのプロフェッショナルユーザーを対象としています。 共通エリアの機能に加えて、通話機能には、ハンティング、ボイスメール、ビジュアル ボイスメール、共有コール アピアランス、プライバシー、N-way Calling、エグゼクティブ/エグゼクティブ アシスタントなどが含まれますが、これらに限定されません。 Webex Calling には、デスクトップおよびモバイル OS 用のすべての Webex クライアント、スペースおよびファイル共有を含む Webex メッセージング機能の使用も含まれます。

                                                                                      • Webexスイート— Webexスイートは最も機能が豊富なパッケージで、 Webex Callingパッケージ、すべてのユーザーとグループのサービス、 Webexメッセージング、最大 1,000 名が参加Webex Meetingsのフル製品の機能が含まれています。 このパッケージは、電話回線が重く、大規模なミーティングが必要な社内の上級職/専門職レベルに適しています。

                                                                                      • Webex MeetingsWebex Meetingsパッケージは、 Webex Messaging と最大 1000 名が参加Webex Meetingsを含むスタンドアロン会議パッケージです。 このパッケージには、コーリング シートは含まれていません。 これは、発信動作には関連付けられていないミーティングとメッセージング機能のみを必要とするユーザーを対象としています。

                                                                                      卸売RTM用パッケージ

                                                                                      Wholesale RTM ソリューションを使用した Webex Calling Flex オファーとは異なり、シスコはエンドカスタマーに特定の価格と条件を課すことはありません。これらは、各サービス プロバイダーが独自のビジネスモデルに基づいて適合していると見なすように実装する責任があります。

                                                                                      Webex Calling機能

                                                                                      Webex Calling には、サービス プロバイダーが必要とするエンタープライズ ビジネス コール機能があり、これらはすべて 1 人のユーザー ライセンス料金に含まれています。

                                                                                      表 1. サブスクライバ機能
                                                                                      特殊呼び出し音を伴う代替番号

                                                                                      匿名通話の拒否

                                                                                      割り込み免除

                                                                                      事業継続性(CFNR)

                                                                                      ビジー ランプの監視

                                                                                      コール転送: いつも/忙しい/回答なし/選択的

                                                                                      履歴

                                                                                      通話の保留と再開

                                                                                      クリックしてダイヤルする通話ログ

                                                                                      コール通知

                                                                                      コール キュー エージェント

                                                                                      通話録音

                                                                                      コールリダイヤル

                                                                                      コールリターン

                                                                                      通話転送(出席者およびブラインド)

                                                                                      コール待機(最大 4 コール)

                                                                                      コール待機 ID

                                                                                      接続された回線 ID の制限

                                                                                      ダイレクト コール ピックアップ

                                                                                      割り込みを使用したダイレクト コール ピックアップ

                                                                                      取り込み中

                                                                                      エンタープライズ電話ディレクトリ

                                                                                      エグゼクティブ / エグゼクティブ アシスタント

                                                                                      内線ダイヤル、可変長

                                                                                      機能アクセスコード

                                                                                      ホテリング: 主催者およびゲスト

                                                                                      着信発信者 ID (名前と番号)

                                                                                      インバウンドFAXからメール

                                                                                      携帯性

                                                                                      複数のライン アピアランス

                                                                                      N-way コール (6)

                                                                                      どこでもオフィス

                                                                                      発信者 ID ブロッキング

                                                                                      パーソナル電話ディレクトリ

                                                                                      優先アラート

                                                                                      プライバシー

                                                                                      プッシュツートーク

                                                                                      リモート オフィス

                                                                                      選択的な通話の承諾

                                                                                      選択的な通話拒否

                                                                                      シーケンシャル リング

                                                                                      共有コールアピアランス

                                                                                      同時呼び出し

                                                                                      スピードダイヤル 100

                                                                                      T.38 ファックスサポート

                                                                                      三方通話

                                                                                      Unified メッセージング

                                                                                      ユーザーインターセプト

                                                                                      ユーザー ウェブ ポータル

                                                                                      ビデオ(ポイント ツー ポイント)

                                                                                      ビジュアル ボイスメール

                                                                                      ボイスメール

                                                                                      表 2. サイトの機能

                                                                                      自動音声応答

                                                                                      コールパーク認証

                                                                                      コールパーク グループ

                                                                                      コールピックアップ

                                                                                      通話キュー

                                                                                      外部コール回線 ID の配信

                                                                                      グループページング

                                                                                      ハント グループ

                                                                                      インターセプト群

                                                                                      インターセプト ユーザー

                                                                                      内部通話回線 ID の配信

                                                                                      保留中の音楽

                                                                                      レセプショニスト クライアント

                                                                                      Microsoft Teams インテグレーション

                                                                                      音声ポータル

                                                                                      Webex アプリを使用した Webex Calling

                                                                                      Webex アプリは、通話、ミーティング、メッセージングをエンドユーザーに提供する、当社のシングルエンドユーザーエクスペリエンスです。 Webex Calling と Webex アプリを一緒に使用すると、次のことができます。

                                                                                      • 卓上電話またはスマートフォン、PC、ラップトップ、またはタブレットの Webex アプリで通話を発信、受信、または拒否します。

                                                                                      • Cisco Intelligent Proximity および/または卓上電話制御を使用して Webex デバイスとペアリングして、音声とビデオでこれらのデバイスを使用しながら、アプリで共通の連絡先と通話履歴にアクセスします。

                                                                                      • 画面共有、ホワイトボード、AI 文字起こし、リアルタイム文字起こし、メモやアクション項目、録画などを活用するために、すべてのコールをフル機能のミーティングに昇格させます。

                                                                                      Webex アプリを使用した Webex Calling

                                                                                      Webex アプリは、次のような日常的なエンタープライズ ミーティングとコラボレーションのニーズを満たすチーム コラボレーション機能を提供します。

                                                                                      • 1:1 およびグループ メッセージング:メッセージ、GIF、絵文字、アニメーション リアクションを使用して、個別またはグループでチャットします。 メッセージを簡単に削除または編集したり、会話スレッドを開始したり、会話にユーザーを追加したり、受信確認を確認したりできます。

                                                                                      • ファイルとコンテンツの共有 - チャットのすぐそばにきちんと整理され、検索可能で保存されている安全なスペースで、最大規模のファイルでも共有できるため、必要なものを簡単に見つけることができます。

                                                                                      • 双方向のホワイトボード - チームと一緒にホワイトボードまたは描画し、チャットでインタラクティブな描画を共有します。 ライブミーティングに参加しているかどうかを繰り返します。

                                                                                      • 他の Webex ユーザーに直接電話をかける - アプリを通じて他の Webex アプリユーザーにビデオ通話を無料で発信または受信します。

                                                                                      • 好きなツールで作業する - アプリの切り替えや中断されたワークフローを忘れましょう。 Webex を毎日使用するツールと統合して、最も生産性の高い作業を実現します。 Microsoft、Google、ServiceNowなどのキーと深い統合を組み込むことができます。

                                                                                      • スペースをパーソナライズする - 色のテーマを変更し、カバー写真を追加し、カスタムステータスを設定し、エクスペリエンスをパーソナライズします。

                                                                                      • 詳細については、Webex アプリ ソリューションの概要を参照してください。

                                                                                      Webex Meetings

                                                                                      Webex Suite では、Calling、Meetings、Messaging、Polling、Events で Webex を 1 つのオファーで購入する際に、優れたエクスペリエンスと価格設定を利用できます。 Webex Meetings は、参加者とプレゼンタの両方にさまざまなアクセス方法と機能を要求する大規模なミーティングに最適化されています。 Webex Meetings は、Webex クラウドから高度にセキュアな統合型音声、ビデオ、コンテンツ共有を提供する、企業にとって世界で最も人気のあるビデオ会議サービスです。

                                                                                      Webex Meetings スイートは、コラボレーションミーティング、トレーニング、大規模なイベント、およびリモートサポート用のモジュールを含む機能豊富なソリューションです。 Webex Meetings は、iPhone、iPad、Apple Watch、Android および Android ウェアラブルを含む複数のモバイルデバイスをサポートしています。 Windows、Mac、Linux を含むすべての一般的な OS プラットフォームで誰とでもミーティングできます。 Webex Meetings は Internet Explorer (IE)、Safari、Firefox、Chrome、および Edge ブラウザをサポートしています。

                                                                                      • Webex Meetings は HD (720p) ビデオをサポートし、Cisco Webex Rooms およびサードパーティの標準ベースのビデオ システムと相互運用できます。 他のユーザーを招待して、モバイル デバイスまたはデスク デバイスや会議室デバイスなどの独自のビデオ システムからミーティングに参加させることができます。 このビデオ機能は、ビデオ ブリッジングと Web 会議を 1 つの常時オンミーティングに統合します。 事前にスケジュールするか、すぐにミーティングしてください。誰でも歓迎です。

                                                                                      • 顧客は Webex Meetings を使用して強力な競争上の優位性を獲得できます。これには以下が含まれます。

                                                                                        • ロバストビデオ - モバイルデバイスでも、作業方法やミーティングでの表示者にカスタマイズ可能なマルチストリーム HD ビデオ。 Cisco の受賞歴のあるビデオ会議室とデスクデバイスを Webex ミーティングに追加して、人生のようなエクスペリエンスを実現します。

                                                                                        • 強力なモバイル エクスペリエンス - カスタマイズ可能な 720p ビデオ ビュー、ネイティブの画面共有、ハンズフリー参加、簡単なミーティング スケジューリングでモバイル ユーザーだけに最適化され、騒々しい環境に適応します。

                                                                                        • ポケットから会議室まで好きなデバイスから参加 - 電話、ブラウザ、モバイル、会議室デバイス、サードパーティの標準ベースの会議室デバイス、さらには Skype for Business。 また、参加方法に関係なく、一貫したミーティング エクスペリエンスが得られます。

                                                                                        • 働き方と学習方法に統合 - Microsoft Teams、Slack、Workplace by Facebook、Microsoft Office 365、Google カレンダー、Skype for Business など、すでに使用しているサードパーティのツールを使用してミーティングをスケジュール、参加、開始します。 Webex Meetings は一般的な Learning Management Systems (LMS) と緊密に統合されているため、リモート学習はクラスと同じくらい効果的です。

                                                                                        • 1 つのミーティング エクスペリエンス - 参加者が一緒でも、別々でも、組織内でも外部でも、モバイル デバイスまたはビデオ デバイス全体で 1 つのミーティング エクスペリエンスを提供します。

                                                                                        • プロフェッショナルで効果的なミーティング - Webex Meetings アプリケーションを使用したグローバルなオンライン会議によって実現される、統合された音声、ビデオ、コンテンツ共有機能により、内部および外部の参加者を維持します。 また、他のアプリケーション、デスクトップ、ビデオファイルを共有して、より生産的でインパクトのあるコラボレーションミーティング、トレーニング、イベントを開催することもできます。

                                                                                        • 対面式の仮想ミーティング - Web ブラウザ、携帯電話、デスクトップ、または会議室内のビデオ デバイスを使用してミーティングを開始または参加します。 オンラインミーティングをさらに魅力的にしましょう。ビデオを使って直接会っていたように、発言している人を自動的に表示するように切り替わり、直感的なミーティング体験を作り出します。 パーソナライズされた、いつでも利用可能な会議室で、全員を集めてください。 独自の標準ベースのビデオ デバイスを使用できます。これにより、必要に応じてミーティングを数から数百に拡大できます。

                                                                                        • セキュリティとコンプライアンスの強化 - Cisco の専門知識で構築された多層セキュリティにより、ユーザーエクスペリエンスを損なうことなくミーティングの心配を解消できます。

                                                                                        • グローバル ミーティング アーキテクチャ—Cisco Webex® には、スピードとパフォーマンスを確保するために、ミーティング用に構築されたグローバル アーキテクチャとネットワークがあります。 世界各地にデータセンターがある場合、ユーザーは最寄りの Webex データセンターを使用して参加します。 メリットは? 参加者がどこにいても、高品質のビデオ会議を遅延なく開催できます。 これは、SaaS機能を安全かつ確実に提供するエンタープライズ構造によって可能になります。

                                                                                        • 管理の改善—コラボレーション ポートフォリオをより適切に管理するために、Cisco Webex Control Hub を使用すると、管理ユーザーは 1 つのペインで Webex Meetings 設定とレポートにアクセスできます。

                                                                                        • 導入のスピードが向上しました。セキュアな Webex プラットフォームでソリューションを迅速に展開できるため、総所有コストを低く抑えながら、短期間で価値を実現できます。 Webex Meetings は、Cisco のテクノロジーと専門知識とともに、革新的なビデオとウェブ コラボレーションのベストプラクティスを最大限に活用して、数か月以上かかるのではなく、すばやく展開できます。

                                                                                      Webex Meetings はテクノロジーを忘れるのに役立ち、計画的なイベントと生産的なミーティングに集中できます。 Webex Meetings への参加は、コンピューター、スマートフォン、タブレットのアプリから接続する場合でも、Webex Room シリーズデバイスを使用して同僚のグループに参加する場合でも、誰にとっても簡単です。

                                                                                      ホールセール Webex Assistant

                                                                                      Meeting 向け Webex Assistant は、ミーティングを検索可能にし、実用的で生産性の高い、インテリジェントでインタラクティブな仮想ミーティング アシスタントです。 Webex Assistant にミーティングまたはイベント中にアクション アイテムをフォローアップし、重要な決定事項を記録し、重要な瞬間をハイライトさせることができます。

                                                                                      Webex Assistant for Meetings は、Webex Meetings、Webex Suite パッケージ ミーティング サイト、パーソナル会議室では無料で利用できます。 新規と既存のサイトの両方でサポートされています。

                                                                                      Webex Meetings および Webex スイート パッケージの Webex Assistant Meetings を有効にする

                                                                                      Webex Assistant は、Webex Meetings および Webex Suite パッケージの卸売顧客に対してデフォルトで有効になっています。 パートナー管理者および顧客組織管理者は、Control Hub を通じて顧客組織の機能を無効にできます。

                                                                                      制限事項

                                                                                      Cisco Wholesale 版 Webex には次の制限があります。

                                                                                      • サポートは、Webex Meetings および Webex Suite パッケージのミーティング サイトとパーソナル会議室のみに制限されています。

                                                                                      • 字幕の文字起こしは、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語でのみサポートされています。

                                                                                      • メールによるコンテンツ共有は、組織内のユーザーのみアクセスできます。

                                                                                      • ミーティングコンテンツは、組織外のユーザーにはアクセスできません。 同じ組織内の異なるパッケージのユーザー間で共有されている場合、ミーティング コンテンツにもアクセスできません。

                                                                                      • Webex Meetings と Webex Suite パッケージでは、Webex Assistant が有効か無効かを問わず、ミーティング録画の議事録を利用できます。 ただし、ローカル録画が選択されている場合、ミーティング後の議事録やハイライトはキャプチャされません。

                                                                                      Webex Assistant に関する追加情報 この機能の使用方法に関するユーザー情報については、「Webex Meetings および Webex Webinars で Webex Assistant を使用する」を参照してください。

                                                                                      簡略化および集中管理

                                                                                      Wholesale RTMソリューションは、顧客をプロビジョニングおよび管理するための2つの簡単なインターフェイスを提供します。

                                                                                      • パートナー ハブ

                                                                                      • Control Hub

                                                                                      パートナーハブ: オファーの管理

                                                                                      Partner Hub は、Wholesale RTM ソリューションを管理するための Cisco の Web ベースのポータルです。 Partner Hub は、エンタープライズにまたがるオファーの属性を設定するために使用する管理インターフェイスです。 Partner Hub の機能:

                                                                                      • [オファー管理(Offer Management)]:オファーの下で管理されるすべての企業に適用されるデフォルト設定、テンプレート、ポリシーを確立します。

                                                                                      • コブランディング:サービス プロバイダーと Cisco の両方の値を再実行する共同ブランドのエンド ユーザー エクスペリエンスのために、クライアント ブランドの色、ロゴ、およびその他のクライアント属性を設定します。

                                                                                      • エンタープライズオンボーディング - 新しいビジネスをオファーに追加し、エンタープライズレベルの機能を割り当てます。 ダイヤルインおよびコールバック サービスを含むミーティング サイトの属性を設定します。

                                                                                      • Enterprise Management and Reporting: 管理する企業内の管理者に役割と責任を割り当てます。 導入状況、使用状況、品質メトリクスを監視するには、すべての企業にわたる分析を参照してください。

                                                                                      Partner Hub には複数のレベルのロールベースのアクセス制御があり、サービスプロバイダーはセキュリティのベストプラクティスを維持しながらアクセスレベルを割り当てることができます。


                                                                                       
                                                                                      Partner Hub の [概要] 画面に [トライアルの開始] ボタンが表示されます。 ただし、試用オプションはWholesale RTMパートナーには利用できません。 これらのトライアルを卸売顧客に変換できないため、パートナーはこのオプションを使用しようとしないでください。

                                                                                      Control Hub: エンタープライズに代わって管理する

                                                                                      Webex Control Hub は、Cisco の Web ベースのエンタープライズ管理ポータルです。 エンタープライズの Webex サービスを包括的に表示します。 すべての企業、ユーザー、デバイス、セキュリティ設定を 1 か所で管理できます。 Wholesale RTM ソリューションのコンテキストでは、Control Hub のプライマリユーザーは、エンドエンタープライズに代わって設定を更新するサービスプロバイダー管理者です。 また、エンタープライズ管理者がこれらの機能を実行することも可能です。 これにより、サービスプロバイダーは、必要に応じて、企業が自己管理できるようにすることができます。 サービス プロバイダーが顧客に Control Hub へのさまざまなレベルのアクセスを許可するために割り当てることができる複数のロールがあります。 これにより、柔軟性とカスタマイズ性が向上します。

                                                                                      Control Hub は、詳細な分析とレポートを使用して、すべての管理機能に 1 つの中央クラウド アプリを提供します。 また、管理者は、データを安全に保ち、規制上のニーズを満たすために、セキュリティおよびコンプライアンスポリシーを設定できます。

                                                                                      Control Hub

                                                                                      Control Hub の機能:

                                                                                      • ユーザー作成とサービス割り当て—企業のユーザーのすべての移動、追加、変更、削除(MACD)を管理します。 Control Hub を使用すると、ユーザごとに特定のパッケージタイプを設定して、共通エリアまたはスイートパッケージに関連付けることができます。

                                                                                      • Actionable Insights—すべての企業、および企業内の導入状況を確認できます。 ユーザーがどのように通話、メッセージング、ミーティングへの参加、ミーティングの継続時間、ビデオを使用しているかを理解します。 これにより、導入を測定し、オファー全体にサービスを使用するのに役立ちます。

                                                                                      • ユーザーエクスペリエンスの問題の根本原因について掘り下げる—エンタープライズレベルでは、音声品質やページロードのパフォーマンスなどの問題を特定して、影響を受ける前にトラブルシューティングできます。

                                                                                      • 柔軟なポリシー定義:ロールテンプレートと詳細なポリシーコントロールを使用して、管理者とユーザーのサービス設定を簡単に構成できます。

                                                                                      • ユーザーとデバイスの管理—デバイスをすばやくアクティベートし、ユーザーを管理し、Microsoft Active Directory との同期を有効にし、すべての企業、または管理する企業のサブセットに対して統合されたシングル サインオンを有効にします。

                                                                                      Control Hub の管理と分析の詳細については、「Control Hub 管理と分析データシート」を参照してください。

                                                                                      サービス プロバイダー スケールの API 管理

                                                                                      ホールセールRTMソリューションは、サービスプロバイダの規模に合わせて構築されています。 これを実現するために、パートナーレベルおよびエンタープライズ (Control Hub) レベルの管理のすべての機能が API 経由で有効になります。

                                                                                      Wholesale RTMソリューションには、大規模に顧客やユーザーのオンボーディングを支援するサービスプロバイダー向けに特別に構築されたAPIが含まれています。 理想的な状態では、Webex で顧客エンティティを作成するための API コールと、ユーザー向けのサービスを作成および設定するための API コールがすべて必要です。 Cisco は、API の注文やその他の手動操作を廃止する非同期 API に投資しています。 これらの API は developer.webex.com で利用できるものを拡張し、サービス プロバイダーがサービス プロバイダーから顧客、ユーザーへの統合を容易に拡張できるようにします。 これらのAPIの設計ガイドラインは、使いやすく、サービスプロバイダーが大規模に動作できるようにし、オンボーディングテンプレートを通じて柔軟性を提供し、エンド顧客へのオファーをターゲットにすることです。


                                                                                       

                                                                                      Broadworks 版 Webex の顧客は、これらの API によって拒否されます。

                                                                                      アーキテクチャの概要

                                                                                      下の図は、Wholesale Route to Marketソリューションの全体的なアーキテクチャを示しています。 強調表示されている領域は2つあります。

                                                                                      • 顧客のプロビジョニング/管理

                                                                                      • サービス プロバイダーの請求

                                                                                      これらの分野は、その後のトピックでより詳細に議論されています。

                                                                                      Wholesale RTMのアーキテクチャの概要

                                                                                      顧客のプロビジョニング

                                                                                      すでに述べたように、Wholesale Route to Marketは、顧客ごとの発注書をCCWに配置する必要性を削除します。 代わりに、サービス プロバイダーは、パブリック API またはパートナー ハブ (未来) を使用して、Webex に対して直接顧客をオンボードできます。 上の図は、高レベルの相互作用を示しています。

                                                                                      1. サービスプロバイダは、顧客関係を所有します。 顧客にサービスを販売する場合、サービスプロバイダは独自のシステムでその関係(見積もり、注文、請求、支払いを含む)を管理します。 したがって、顧客管理のステップ1は、独自のシステムで顧客をプロビジョニングすることです。

                                                                                      2. サービス プロバイダーは、パブリック API を顧客のプロビジョニング ワークフローに統合して、顧客とユーザーを Webex に自動的にオンボードし、サービスを割り当てることができます。 将来的には、このソリューションは Partner Hub 経由のオンボーディング機能もサポートします。

                                                                                      3. 顧客がオンボードされると、サービス プロバイダーは Partner Hub、Control Hub、および Public API を使用して、顧客のソリューションをさらに管理できます。


                                                                                       

                                                                                      管理者は、顧客組織が作成したのと同じレベルのパッケージでプロビジョニングする必要があります。 顧客管理者 (フル管理者) では、パッケージのダウングレードはサポートされていません。

                                                                                      パッケージ/アドオン

                                                                                      Wholesale Route to Marketのサービス割り当ての基本単位は、パッケージとAddOnsです。

                                                                                      • パッケージ は基本サービスの割り当てです。 すべてのユーザーには 1 つのパッケージ (および 1 つのみ) が割り当てられ、Webex メッセージング、ミーティング、通話サービスのセットに権限が与えられます。 パッケージの一覧については、「パッケージの提供」を参照してください。

                                                                                      • AddOns は、基本パッケージにデフォルトでは含まれていない追加の課金可能な機能です。 Wholesale RTMの最初のリリースにはAddOnsは含まれていませんが、パイプラインにはAddOnsの可能性のリストがあります。

                                                                                      制限対象および拒否対象者の確認

                                                                                      コンプライアンス上の理由から、ホールセールRTMプロビジョニングは、顧客が制限対象者リストまたは拒否対象者リストに表示されているかどうかを自動的にチェックします。 顧客の表示がいずれかのリストにある場合、プロビジョニングは保留状態になり、その間に API が定期的なステータス チェックを完了して、問題がクリアされているかどうかを確認します。 72時間経過しても顧客が保留状態のままの場合、オンボーディングは終了し、Cisco Ops チームがコンプライアンス チェックを引き継ぎ、顧客がプロビジョニングできるかどうかを判断します。

                                                                                      Cisco コンプライアンス ポリシーについては、「全般的なエクスポート コンプライアンス」を参照してください。

                                                                                      米国商務省の情報については、拒否者リストを参照してください。

                                                                                      アドレス

                                                                                      顧客を作成するときは、請求先住所の国を選択する必要があります。 この国は、Common Identityの組織国として自動的に割り当てられます。 さらに、組織国は、Cisco が有効な PSTN 通話オプションを持つ Webex ミーティング サイトのデフォルトのグローバル コールイン番号を決定します。

                                                                                      サイトのデフォルトのグローバル コールイン番号は、組織の国に基づいてテレフォニー ドメインで定義された最初の利用可能なダイヤルイン番号に設定されます。 テレフォニー ドメインで定義されたダイヤルイン番号に組織の国が見つからない場合、そのロケーションのデフォルト番号が使用されます。

                                                                                      表 3. 次の表に、各ロケーションに基づくデフォルトのコールイン国コードを示します。

                                                                                      いいえ。

                                                                                      場所

                                                                                      国番号

                                                                                      国名

                                                                                      1

                                                                                      アメリカ

                                                                                      +1

                                                                                      私達のCA

                                                                                      2

                                                                                      アジアパシフィック

                                                                                      +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65

                                                                                      シンガポール

                                                                                      3

                                                                                      オーストラリア、ニュージーランド

                                                                                      +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61)

                                                                                      オーストラリア

                                                                                      4

                                                                                      欧州、中東、アフリカ

                                                                                      +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44)

                                                                                      イギリス

                                                                                      5

                                                                                      ユーロ

                                                                                      +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49)

                                                                                      ドイツ

                                                                                      サポートされている言語ロケール

                                                                                      プロビジョニング中、言語フィールドを使用すると、管理者は特定の言語で Wholesale 顧客組織をプロビジョニングできます。 この言語は、その顧客組織と Webex Meeting サイトのデフォルト ロケールとして自動的に割り当てられます。

                                                                                      (ISO-639-1)_(ISO-3166)形式の5文字言語ロケールがサポートされています。 たとえば、en_USはnglish_E UnitedStatesに相当します。 2 文字の言語のみを要求する場合(ISO-639-1 形式を使用)、サービスは、要求された言語とテンプレートの国コード(「requestedLanguage_CountryCode」)を組み合わせて 5 文字の言語ロケールを生成します。有効なロケールを取得できない場合、必要な言語コードに基づいて使用されるデフォルトの賢明なロケールです。

                                                                                      次の表に、サポートされているロケールと、2 文字の言語コードを 5 文字のロケールに変換するマッピングを示します。

                                                                                      表 4. サポートされている言語ロケールコード

                                                                                      サポートされている言語ロケール

                                                                                      (ISO-639-1)_(ISO-3166)

                                                                                      2文字の言語コードしか使用できない場合...

                                                                                      言語コード (ISO-639-1) **

                                                                                      代わりにデフォルトの Sensible Locale を使用する (ISO-639-1)_(ISO-3166)

                                                                                      en_米国

                                                                                      en_AU

                                                                                      en_ GB

                                                                                      en_CA

                                                                                      はあ?

                                                                                      en_米国

                                                                                      fr_FR

                                                                                      fr_CA

                                                                                      FR

                                                                                      fr_FR

                                                                                      cs_CZシリーズ

                                                                                      CSについて

                                                                                      cs_CZシリーズ

                                                                                      da_デンマーク

                                                                                      ああ...

                                                                                      da_デンマーク

                                                                                      de_DE

                                                                                      DE

                                                                                      de_DE

                                                                                      hu_ハンガリー

                                                                                      フン

                                                                                      hu_ハンガリー

                                                                                      id_ID

                                                                                      id

                                                                                      id_ID

                                                                                      it_IT

                                                                                      それ

                                                                                      it_IT

                                                                                      ja_JP

                                                                                      「JA」

                                                                                      ja_JP

                                                                                      ko_KR

                                                                                      KO

                                                                                      ko_KR

                                                                                      es_ES

                                                                                      es_コラボレーション

                                                                                      es_MXについて

                                                                                      ES

                                                                                      es_ES

                                                                                      nl_NL

                                                                                      NL

                                                                                      nl_NL

                                                                                      nb_いいえ

                                                                                      メモ

                                                                                      nb_いいえ

                                                                                      pl_PLについて

                                                                                      PLについて

                                                                                      pl_PLについて

                                                                                      pt_PT

                                                                                      pt_BR

                                                                                      pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/

                                                                                      pt_PT

                                                                                      ru_RU

                                                                                      RU

                                                                                      ru_RU

                                                                                      ro_RO

                                                                                      ロロ

                                                                                      ro_RO

                                                                                      zh_CN

                                                                                      zh_台湾

                                                                                      ズー

                                                                                      zh_CN

                                                                                      sv_南アメリカ

                                                                                      sv

                                                                                      sv_南アメリカ

                                                                                      ar_南アフリカ

                                                                                      アール

                                                                                      ar_南アフリカ

                                                                                      tr_TR

                                                                                      トライ

                                                                                      tr_TR


                                                                                       

                                                                                      ロケール es_CO、id_ID、nb_NO、pt_PT は Webex ミーティングサイトではサポートされていません。 これらのロケールでは、Webex Meetings サイトは英語のみになります。 サイトに no/invalid/unsupported ロケールが必要な場合、英語がサイトのデフォルト ロケールです。 この言語フィールドは、組織と Webex Meetings サイトの作成時に適用されます。 投稿またはサブスクライバの API に言語が記載されていない場合、テンプレートからの言語がデフォルトの言語として使用されます。

                                                                                      サービス プロバイダーの請求

                                                                                      Wholesale Route To Market(RTM)ソリューションの主な目標は、オンボーディング顧客におけるサービスプロバイダーのパートナー組織の負担を大幅に軽減することです。

                                                                                      • 通常、Webex 顧客ごとにサブスクリプションを確立するには、個別の発注書が必要です。 これは、オンボーディングプロセスを遅くし、通常、非常に小さなSMBの顧客数千人を扱う卸売SPにあまりにも多くの負担です(大部分のケースでは、顧客あたり20ユーザー)。

                                                                                      • これを回避するために、ホールセールRTMは、サービスプロバイダレベルで1つの「ブランク」発注書/サブスクリプションのみを必要とします。これに対して、SPは顧客ベース全体でのすべての使用に対して請求されます。 これにより、サービス プロバイダーは Webex プラットフォームへの顧客のオンボーディングに集中できるようになります。

                                                                                      図 5: アーキテクチャの概要 は、Wholesale Service Provider がサブスクリプションを確立し、最終的にすべての使用に対して請求される方法の基本的な手順を示します。

                                                                                      1. サービスプロバイダは、卸売サービスのCCWに1つの空白の発注書を配置します。 この発注書には、サービスプロバイダが顧客ベースに販売する権利を有する卸売サービス(パッケージまたはAddOns)の項目別リストが含まれています。

                                                                                      2. 顧客がプロビジョニングされ、Webex サービスが使用されると、Webex はすべてのパッケージと AddOn の使用量を追跡および記録します。

                                                                                      3. サービス プロバイダーの請求期間の終了時に、Webex は毎日の使用量の合計を比例配分し、使用量ごとに合意された価格に基づいてサービス プロバイダーに請求書を作成します。

                                                                                      4. サービス プロバイダーは、Wholesale Billing パブリック API を使用して、顧客ごと、またはユーザーごとに使用状況を分類するカスタム請求レポートを生成およびダウンロードします。 サービス プロバイダーは、これらの請求レポートのデータを使用して、顧客の使用状況に応じて顧客に請求できます。

                                                                                        Webex は、すべての使用状況の履歴記録を保持します。 これらの API の使用方法の詳細については、「請求照合」を参照してください。

                                                                                      サブパートナーの機能

                                                                                      卸売RTMサービスプロバイダのパートナーは、リセラーチャネルを持っている可能性があります。 これらのリセラーチャネルには、通常、1つまたは複数のリセラーとの契約が含まれます(この機能については、リセラーを「サブパートナー」と呼びます)。 これらのSubPartnersは通常、顧客ベースにオファーを延長し、成功に不可欠な顧客のライフサイクルを管理します。 この機能により、パートナーは SubPartners から Cisco との課金統合を抽象化できます。

                                                                                      詳細については、「卸売ルートを市場に展開」の「サブパートナーのセットアップ」セクションを参照してください。

                                                                                      セットアップ後、顧客を正常にオンボードするには、SubPartner は Partner Hub へのアクセスを使用して、通話統合と Wholesale RTM オンボーディング テンプレートを設定する必要があります (親パートナーの共有サブスクリプション ID は、テンプレートの作成中に自動的に表示されます)。 テンプレートが配置されると、SubPartner は Partner Hub または API の顧客作成ウィザードを使用して顧客をオンボードできます。 いくつかの洞察を提供するために、Webex アーキテクチャは SubPartners をパートナーとしてモデル化します。これにより、SubPartners はパートナーと同様の機能の恩恵を受けることができます。 SubPartners は、管理ユーザー、レポート、ブランディング、オンボーディングテンプレートを持ち、顧客を完全に管理できます。

                                                                                      現在、このモデルは1レベル(パートナー - ゼロ以上のSubPartners)のみをサポートしており、パートナーごとのSubPartnersの数には厳しい制限はありません。 SubPartnerは、親パートナーのインスタンスおよび親パートナーの下に存在する他のSubPartnersにアクセスできず、SubPartnerはオンボードしている顧客のみを管理できます。 パートナーは、個々のサブパートナーの請求レポートを作成、表示、および削除できます。 詳細については、サブパートナーに関連するレポートの機能強化に関する請求照会を参照してください。


                                                                                       
                                                                                      • 親パートナーは、SubPartner のパートナー ハブでテンプレートを作成できます。
                                                                                      • 親パートナーは、SubPartnerに代わって卸売顧客のオンボーディングを支援することもできます。

                                                                                      SubPartner(UIの間接プロバイダーとしても知られる)

                                                                                      この段階でのSubPartnerモデルの強化により、親パートナーはPartner HubとAPIを介して可視性とアクションを改善し、間接プロバイダーとその顧客を管理することができます。

                                                                                      親パートナーは、間接プロバイダーとその顧客の両方とマネージドバイ関係を確立し、SubPartnerモデル内の可視性と制御を改善します。

                                                                                      親パートナーとサブパートナー間のマネージドバイ関係は、サブパートナーのセットアップ段階で確立されます。

                                                                                      一方、親パートナーとサブパートナーの顧客との間の管理別関係は、卸売顧客作成または卸売組織添付中に確立されます。

                                                                                      さらに、SubPartnersが独立して操作を実行できるようにするだけでなく、この機能により、親パートナーはUIとAPIの両方を通じてSubPartnersとその顧客の両方を監視できます。

                                                                                      卸売プロビジョニング API の変更

                                                                                      Wholesale API は、パートナーに代わって追加のサポートパラメータ「onBehalfOfSubPartnerOrgId」を提供し、親パートナーが SubPartners の卸売操作を実行できるようにします。

                                                                                      パートナー ハブ

                                                                                      親パートナー - 間接プロバイダービュー

                                                                                      「パートナーフル管理者」と「卸売管理者」の両方のロールを持つ親パートナー管理者としてパートナーハブにサインインしている場合は、「間接プロバイダー」タブにアクセスできます。 このセクションには、「管理者」関係を通じてパートナー組織にリンクされたすべての間接プロバイダーが表示されます。 右側には、クロスローンチボタンがあります。 これをクリックすると、間接プロバイダーの Partner Hub アカウントに移動し、親パートナー管理者ユーザーとしてログインします。

                                                                                      親パートナー - 顧客リストビュー

                                                                                      「パートナーフル管理者」ロールと「卸売管理者」ロールの両方を持つ親パートナー管理者として Partner Hub にログインすると、親パートナーの顧客リストにアクセスできます。 ただし、サブパートナー機能の一部として、親パートナーの間接プロバイダーに属する顧客を明示的に検索できるようになりました。 これらの顧客はデフォルトでは顧客リストにロードされませんが、明示的に検索することで、親パートナー管理者はそれらを表示できます。 さらに、親パートナー管理者は、ここから間接プロバイダーの顧客の Control Hub にクロスローンチすることができます。

                                                                                      制限

                                                                                      • ヘルプデスクの相互起動は、SubPartnersでは動作しません。
                                                                                      • Partner Hub 間接プロバイダー リストの UI は、現在、100 人の間接プロバイダーしか対応していません。
                                                                                      • SubPartner Partner Hub にクロス起動すると、次の機能は利用できなくなります。
                                                                                        • 分析画面

                                                                                        • サービス画面

                                                                                        • レポート画面

                                                                                        • Webex リリース管理

                                                                                        • Flexトライアルの作成

                                                                                      卸売サブパートナー一覧

                                                                                      この API を使用して、パートナー組織の SubPartners のリストを取得します。 すべてのSubPartnersを一覧表示するか、プロビジョニング状態(一時停止、アクティブ)などの指定されたパラメータを満たすサブパートナーにリストを制限できます。


                                                                                       

                                                                                      オプションのパラメータを入力すると、API は入力したパラメータに正確に一致する SubPartners のみを返します。 たとえば、プロビジョニング状態を入力すると、その特定のプロビジョニング状態を持つ SubPartners のみが返されます。

                                                                                      1. List Wholesale SubPartners API に移動します。

                                                                                      2. [クエリーパラメータ] で、使用する検索パラメータ(たとえば、provisioningState、offset、max)を入力します。 これらのパラメータの詳細については、API の Developer ヘルプを参照してください。

                                                                                      3. [実行] をクリックします。

                                                                                        API は、一意の orgId と provisioningState とともに SubPartners のリストを出力します。

                                                                                      ブランディング

                                                                                      パートナー管理者は高度なブランディングのカスタマイズを使用して、 Webexアプリがパートナーが管理する顧客組織を検索する方法をカスタマイズます。 パートナーの管理者は次の設定をカスタマイズして、 Webexアプリに会社のブランドとアイデンティティを反映させることができます。

                                                                                      • 企業ロゴ

                                                                                      • ライト モードまたはダーク モードに対応する独自のカラー スキーム

                                                                                      • カスタマイズされたサポート URL

                                                                                      ブランディングのカスタマイズ方法の詳細については、「高度なブランディングのカスタマイズの設定」を参照してください。


                                                                                       
                                                                                      • 基本的なブランディングのカスタマイズは廃止される予定です。 幅広いカスタマイズを提供する Advanced Branding を展開することをお勧めします。

                                                                                      • 既存の顧客組織に添付する際のブランディングの適用方法の詳細については、「BroadWorks 版 Webex を既存の組織に添付する」セクションの「組織添付の条件」を参照してください。

                                                                                      顧客のオンボーディングと管理

                                                                                      展開の概要

                                                                                      Wholesale RTM ソリューションは、プロビジョニング、管理、請求の簡素化を含む合理化された展開プロセスを提供します。 次の章では、以下の手順を説明します。

                                                                                      • 新しい顧客組織と加入者をプロビジョニングする方法。

                                                                                      • 既存の顧客とサブスクライバを維持および更新する方法。

                                                                                      • 請求照会レポートを作成して、顧客に請求できるようにする方法。

                                                                                      開始する前に

                                                                                      顧客とユーザーの管理方法を決定する必要があります。 顧客のプロビジョニングと管理には、2 つのインターフェイス オプションがあります。 この章では、両方のインターフェイスの手順について説明します。

                                                                                      • Partner Hub インターフェイスを介して顧客を手動で管理する

                                                                                      • パブリック API を使用して顧客を管理する

                                                                                      また、パートナー組織内で管理ロールをまだ割り当てていない場合は、「BroadWorks 版 Webex およびホールセール RTM のパートナー管理者ロール」を参照してください。

                                                                                      Wholesale Setup Assist によるオンボーディング

                                                                                      Wholesale Setup Assist は、Cisco が Wholesale RTM パートナーに提供するオプションの顧客オンボーディングサービスで、顧客のオンボーディングを支援します。 このサービスは、Cisco Commerce Workspace (CCW) で A-Wholesale SKU を注文するパートナーであれば誰でも利用できます。 パートナーは、ExpressまたはStandard Wholesale SKUを使用して、特定の顧客ロケーションのサービスを注文できます。skuは、顧客ロケーションのユーザー数に基づいて自動的に割り当てられます。

                                                                                      追加の利点として、サービスはパートナーの請求照会レポートを自動的に更新し、パートナーが顧客に適切に請求できるようにします。

                                                                                      以下は、2つのWholesale Setup Assist SKUとそれぞれの価格モデルです。 これらはパートナーへの純転送価格であることに注意してください。 表示価格は、ホールセール パートナーの割引によって異なります。

                                                                                      表 1. 卸売セットアップアシストSKU

                                                                                      SKU

                                                                                      SKU は次の目的で使用されます...

                                                                                      卸売セットアップアシストエクスプレス使用

                                                                                      最大5席の設置場所を設定するためのフラットチャージ

                                                                                      卸売セットアップアシスト標準使用量

                                                                                      5席以上の場所を設定するためのユーザーあたりの料金

                                                                                      ホールセール セットアップ アシストによるオンボーディング フロー

                                                                                      このセクションでは、ホールセール セットアップ アシストを使用するときのオンボーディング フローについて説明します。

                                                                                      前提条件

                                                                                      • パートナーは、Wholesale Route-to-Marketソリューションに完全にオンボーディングする必要があります。 これには、PSTN 接続性、完了したサードパーティのホスティング要件、OSS/BSS 設定などの項目が含まれます。

                                                                                      • Wholesale Setup Assistのすべてのリクエストは、オンボーディング完了の6営業日前までに提出する必要があります。

                                                                                      • お客様は cscan.webex.com でネットワーク接続を確認することをお勧めします

                                                                                      オンボーディングフロー

                                                                                      表 2. ホールセール セットアップ アシストを使用したオンボーディング プロセス

                                                                                      アクション

                                                                                      説明

                                                                                      1

                                                                                      数量1A-Wholesale SKUについては、Cisco Commerce Workspace (CCW) で1回限りの発注書を発行します。

                                                                                      注文の詳細については、『Webex - Wholesale Ordering Guide』を参照してください。


                                                                                       
                                                                                      これは、パートナーごとに1回のみ完了する必要があります。 プロビジョニングする新規顧客ごとにこれを繰り返す必要はありません。

                                                                                      2

                                                                                      次のいずれかのフローを使用して、顧客のプロビジョニング タスクを完了します。

                                                                                      Partner Hub で顧客組織を手動でプロビジョニングするか、API を使用してプロビジョニングを完了することができます。

                                                                                      3

                                                                                      卸売セットアップ支援リクエストフォームの送信

                                                                                      プロビジョニング後、Wholesale Setup Assist Request Form でサブスクリプションリクエストを送信します。


                                                                                       

                                                                                      また、コール経由でCallingヘルプデスクにリクエストを送信することもできます。

                                                                                      4

                                                                                      セットアップ アシスト チームは、次のいずれかのフローを使用して顧客をオンボードするのに役立ちます。

                                                                                      オンボーディングしている顧客のロケーションに適用されるフローを参照してください。 このフローでは、プロセスの各段階における Cisco とパートナーの責任の両方が説明されています。

                                                                                      セットアップアシスタンス (Express Flow)

                                                                                      次の表は、Cisco Wholesale Setup Assist チームがオンボーディングを引き継いだときに、Express オプションのプロジェクト フローを分解します。 以下のプロジェクトフェーズは、プロビジョニングを完了し、サポートリクエストを送信した後に発生します (Wholesale Setup Assist Request フォーム経由)。

                                                                                      この表では、プロジェクトの各段階における Cisco の責任とパートナーの責任が分かれています。

                                                                                      表 3. 卸売セットアップアシスト - エクスプレスプロジェクトフェーズ

                                                                                      プロジェクトフェーズ

                                                                                      この段階における Cisco の責任

                                                                                      この段階におけるパートナーの責任

                                                                                      1

                                                                                      発見と評価

                                                                                      • ホールセール セットアップ アシスト リクエスト フォーム (または電話) から顧客情報を送信します。

                                                                                      • 提供された顧客の連絡先に、コール フローに精通した人物が含まれていることを確認します。

                                                                                      • コールフロー戦略に対する顧客の承認を取得します。

                                                                                      • オンライントレーニング、管理ガイド、ユーザーガイドの詳細を提供します。

                                                                                      2

                                                                                      ソリューション設計

                                                                                      • 顧客のロケーションに連絡します (最大 1 時間の顧客通話)。

                                                                                      • ユーザーと機能の構成を完了します。

                                                                                      • 割り当てられた番号をテストします。

                                                                                      • Control Hub のログインが機能することを確認します。

                                                                                      • 機能やユーザーポータルを調べます。

                                                                                      必要に応じて顧客とフォローアップします。

                                                                                      セットアップアシスタンス(標準フロー)

                                                                                      次の表は、Cisco Wholesale Setup Assist チームがオンボーディングを引き継いだときに、Express オプションのプロジェクト フローを分解します。 以下のプロジェクトフェーズは、プロビジョニングを完了し、サポートリクエストを送信した後に発生します (Wholesale Setup Assist Request フォーム経由)。

                                                                                      この表では、プロジェクトの各段階における Cisco の責任とパートナーの責任が分かれています。

                                                                                      表 4. 卸売セットアップアシスト - 標準プロジェクトフェーズ

                                                                                      プロジェクトフェーズ

                                                                                      この段階における Cisco の責任

                                                                                      この段階におけるパートナーの責任

                                                                                      1

                                                                                      プロジェクト管理

                                                                                      • パートナーと顧客に、主要な人員と責任のリストを提供します。

                                                                                      • プロジェクトのスケジュール、成果物、レポート頻度、マイルストーン、イベントを提供します。

                                                                                      • リスクとポテンシャル上の問題を特定します。

                                                                                      • プロジェクト完了時に引き継ぎを提供します。

                                                                                      • パートナー/顧客の役割と責任のリストを提供する

                                                                                      • ID プライマリおよびバックアップ サイトの連絡先。 主要な担当者が割り当てられ、利用可能であることを確認してください。

                                                                                      • 必要に応じて、外部の第三者との調整を行います。

                                                                                      • 情報がシスコの要求から 2 営業日以内に提供されていることを確認してください。

                                                                                      2

                                                                                      発見と評価

                                                                                      • 顧客とのプロジェクト計画のオリエンテーション。

                                                                                      • 移行するサイトを計画します。

                                                                                      • ステークホルダーへのインタビューを実施。

                                                                                      • データ収集文書の草案。

                                                                                      • パートナーと顧客を支援します。

                                                                                      • 評価報告書に推奨事項と除外事項を記載する。

                                                                                      • 既存の通話プラットフォーム情報を入力します。

                                                                                      • ユーザとデバイスのロケーション設定情報を入力します。

                                                                                      • ミーティングに出席し、関連情報を提供してください。

                                                                                      3

                                                                                      ソリューション設計

                                                                                      • パートナーからのデータ収集ドキュメントを確認します。

                                                                                      • 構成に必要な情報を含む Webex Calling 構成ワークブックの草案。

                                                                                      • 技術要件と既存の文書を確認します。

                                                                                      • ユーザーとロケーションのデータ収集用のテンプレートを提供します。

                                                                                      • 構成ワークブックを開発します。

                                                                                      • 更新された顧客アンケート、構成ワークブック、ビルドドキュメントをパートナーに提供します。

                                                                                      • キーパーソンが利用可能であることを確認してください。

                                                                                      • 文書(顧客アンケート、データ収集ワークブック)をレビューする。

                                                                                      4

                                                                                      オンボーディング (テスト) プランニング段階

                                                                                      • テストプランワークショップを開催します。

                                                                                      • テストプランを作成し、顧客に提供します。

                                                                                      • テストプランワークショップに参加します。

                                                                                      • 顧客の要件を調整します。

                                                                                      • 移行計画をレビューします。

                                                                                      5

                                                                                      実装

                                                                                      • ワークブックに構成をインストールします。

                                                                                      • 更新された構成ワークブックを提供します。

                                                                                      • CPE をオンサイトおよび通話クライアントに展開します。

                                                                                      • ディレクトリ、SSO、ハイブリッド サービスを設定します。

                                                                                      • Control Hub 設定。

                                                                                      • ユーザーとロケーションデータを RedSky ポータルに収集します。

                                                                                      • 証明書と CSR を取得します。

                                                                                      • 設定に必要な変更のためのネットワーク設定(ファイアウォールポート、DHCP、TFTP、Qos)。

                                                                                      6

                                                                                      オンボーディングの実行

                                                                                      • パートナーソリューションを本番環境に移行します。

                                                                                      • ユーザーを Webex Calling に移行します。

                                                                                      • 顧客との移行を調整します。

                                                                                      • オンサイトのリソースを提供します。

                                                                                      • 座標 (番号の移植、サードパーティの要素)。

                                                                                      • 移行をサポートするために、オンプレミス装置にダイヤル プランの変更を設定します。

                                                                                      7

                                                                                      導入後の登録

                                                                                      • 移行後、最大 5 営業日の移行後のサポート。

                                                                                      • トラブルシューティングのサポート

                                                                                      • 最初のレベルの連絡先とサポート。

                                                                                      • トラブルシューティングのためのオンサイト リソースを提供します。

                                                                                      8

                                                                                      オペレーションの引き継ぎ

                                                                                      • 更新された構成ワークブックを提供します。

                                                                                      • 移行終了通知を送信します。

                                                                                      • 移行は終了します。

                                                                                      パートナー事前プロビジョニングチェック API

                                                                                      事前プロビジョニングチェック API は、顧客またはサブスクライバにパッケージをプロビジョニングする前にエラーをチェックすることで、管理者とセールスチームを支援します。 パートナーフル管理者ロールを持つユーザーが許可したユーザーまたはインテグレーションは、この API を使用して、特定の顧客またはサブスクライバのパッケージプロビジョニングに競合やエラーがないことを確認できます。

                                                                                      API は、この顧客/サブスクライバと Webex の既存の顧客/サブスクライバとの間に競合があるかどうかを確認します。 たとえば、サブスクライバがすでに別の顧客またはパートナーにプロビジョニングされている場合、別のサブスクライバにメール アドレスがすでに存在している場合、またはプロビジョニング パラメータと Webex にすでに存在するものとの間に競合がある場合、API はエラーをスローする可能性があります。 これにより、プロビジョニングの前にこれらのエラーを修正する機会が与えられ、プロビジョニングが成功する可能性が高まります。

                                                                                      API の詳細については、次を参照してください。 Webex for Wholesale 開発者ガイド

                                                                                      API を使用するには、次のページに移動します。 Wholesale サブスクライバ プロビジョニングの事前確認


                                                                                       

                                                                                      Wholesale Subscriber Provisioning ドキュメントの事前チェックにアクセスするには、https://developer.webex.com/ ポータルにログインする必要があります。

                                                                                      顧客組織のタスク フローのプロビジョニング (パートナー ハブ経由)

                                                                                      次のタスクを完了して、Partner Hub を使用して新しい顧客組織を手動でプロビジョニングします。

                                                                                       
                                                                                      また、API を使用して顧客組織をプロビジョニングすることもできます。 「顧客組織のタスクフローのプロビジョニング (API 経由)」を参照してください。
                                                                                      1

                                                                                      オンボーディング テンプレートの設定

                                                                                      顧客をプロビジョニングする前に、オンボーディング テンプレートを設定する必要があります。 既存のテンプレートを使用するか、新しいテンプレートを作成できます。

                                                                                      2

                                                                                      Partner Hub 経由で顧客を作成する

                                                                                      Partner Hub で新しい顧客組織を手動で作成します。

                                                                                      3

                                                                                      顧客のセットアップ

                                                                                      ユーザーとロケーションを追加して、新しく作成した顧客を設定します。

                                                                                      オンボーディング テンプレートの設定

                                                                                      顧客組織またはユーザーをプロビジョニングするには、オンボーディング テンプレートが必要です。 この手順を使用して、テンプレートを使用する顧客組織に適用する共通設定を持つオンボーディング テンプレートを作成します。 次の条件が適用されます。

                                                                                      • 1 つのオンボーディング テンプレートを複数の顧客に適用できます。

                                                                                      • さまざまな顧客セットをターゲットにした設定を使用して、複数のオンボーディング テンプレートを作成できます。

                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインし、[顧客] を選択します。

                                                                                      2

                                                                                      既存のテンプレートを表示するには、[テンプレート]ボタンをクリックします。

                                                                                      3

                                                                                      クリックテンプレートを作成を選択します。

                                                                                      4

                                                                                      [卸売業向け Webex] を選択し、[次へ] をクリックします。

                                                                                      5

                                                                                      主な設定をセットアップします。

                                                                                      • [テンプレート名(Template Name)]:テンプレートの説明的な名前を入力します。
                                                                                      • 国または地域—ドロップダウンから、国または地域を選択します。
                                                                                      • サービス プロバイダー管理者—ドロップダウンから管理者を選択します。
                                                                                      6

                                                                                      [Wholesaleサブスクリプション] ドロップダウンから、サブスクリプションを選択します。

                                                                                      7

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      8

                                                                                      次の認証方法のいずれかを選択します。

                                                                                      • Webex 認証—このオプションを選択して、Webex Common Identity を ID プロバイダーとして使用します (これはデフォルトです)。
                                                                                      • パートナー認証—独自の ID プロバイダーがある場合は、このオプションを選択します。 IDP Entity IDの場合、ID プロバイダーの SAML メタデータ XML から EntityID を入力します。

                                                                                       
                                                                                      パートナー認証を使用する場合は、まず ID プロバイダを設定する必要があります。 詳細については、「パートナー SSO - SAML」を参照してください。
                                                                                      9

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      10

                                                                                      [Wholesale calling] から [Cloud Connected PSTN プロバイダ] を選択し、[次へ] をクリックします。 このフィールドは Webex Meetings パッケージではオプションですが、他のパッケージでは必須であることに注意してください。

                                                                                      11

                                                                                      共通設定コール設定のオプションを設定します。

                                                                                      • 既存の組織に添付するときに、admin-invite メールを制限する—デフォルトでは、このトグルは無効になっています。
                                                                                      • ブランド名—ブランド名を入力します。 このフィールドは、オンボーディング中に自動生成された電子メールでサービス プロバイダーのオファーを識別するために使用されます。
                                                                                      • Webex の通話を無効にする (1 対 1、非 PSTN)—デフォルトでは、このトグルは無効になっています。 Webex 通話を無効にする場合にのみ、このトグルを有効にします。
                                                                                      12

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      13

                                                                                      設定の概要を確認し、[編集] をクリックして必要な設定を変更します。 設定が正しい場合は、[送信]をクリックします。

                                                                                      新しく作成したテンプレートがテンプレート ビューに追加されます。
                                                                                      14

                                                                                      作成したテンプレートを開き、[プロビジョニングID] 値をコピーします。 顧客組織をプロビジョニングする場合、この値が必要です。

                                                                                      Partner Hub 経由で顧客を作成する

                                                                                      この手順を使用して、Partner Hub で新しい顧客組織を手動で作成します。
                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインします。

                                                                                      2

                                                                                      既存の顧客の一覧を表示するには、[顧客]をクリックします。 任意の顧客を選択して、その組織に関する情報を表示できます。

                                                                                      3

                                                                                      新しい顧客組織を作成するには、[顧客の作成] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      [顧客情報] 画面で、会社名、管理者のメール、適用するテンプレートなどの詳細を入力します。

                                                                                      5

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      6

                                                                                      [パッケージ] 画面で、この顧客に適用するパッケージを選択し、[次へ] をクリックします。

                                                                                      7

                                                                                      本社の所在地画面で、顧客の本社の所在地情報を入力します。

                                                                                      8

                                                                                      本社が Webex でサポートされているロケーションにある場合は、[この顧客が Cisco Webex でサポートされているロケーションにいることを確認する] チェックボックスをクリックします。

                                                                                      9

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      10

                                                                                      顧客の概要を確認します。 情報が正しい場合は、「顧客の作成」をクリックします。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      顧客組織が作成されます。 ユーザーを追加して顧客を設定できるようになりました。

                                                                                       
                                                                                      1 つの地域のWebexパートナーは、サービスを提供する任意の地域で顧客組織を作成できます。 ヘルプについては次を参照してください: Webex のデータ レジデンシー

                                                                                      顧客のセットアップ

                                                                                      この手順を使用して、Partner Hub にユーザーとロケーションを追加して、新しく作成された顧客組織をセットアップします。
                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインします。

                                                                                      2

                                                                                      [顧客] をクリックし、適切な顧客を選択します。 顧客の設定が画面の右側に表示されます。

                                                                                      3

                                                                                      [顧客の設定] をクリックします。 ユーザーのセットアップウィザードが起動します。

                                                                                      4

                                                                                      [ロケーションの追加と確認]画面で、支店などの追加のロケーションを入力します。

                                                                                      5

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      6

                                                                                      [ユーザーの追加] 画面で、名、姓、メール、パッケージ、ロケーションなどのユーザーの詳細を入力します。

                                                                                      7

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      8

                                                                                      通話パッケージを持つユーザーに電話番号を割り当てます。

                                                                                      9

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      10

                                                                                      入力した情報を確認します。

                                                                                      11

                                                                                      [ユーザーの作成] をクリックします。


                                                                                       
                                                                                      顧客組織に Control Hub アクセシビリティを提供している場合、顧客管理者にロールを割り当てることもできます。 参照先Control Hub で組織アカウントのロールを割り当てるを選択します。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      オプションです。 Wholesale Setup Assistサービスを使用している場合は、「Submit Wholesale Setup Assist Request Form」を参照してください。

                                                                                       

                                                                                      管理者は、顧客組織が作成したのと同じレベルのパッケージでプロビジョニングする必要があります。 顧客管理者 (フル管理者) では、パッケージのダウングレードはサポートされていません。

                                                                                      顧客組織のタスク フローのプロビジョニング (API 経由)

                                                                                      これらのタスクを完了して、新しい顧客組織をプロビジョニングし、それらの組織にユーザーを追加します。

                                                                                       
                                                                                      Partner Hub を使用して顧客組織をプロビジョニングすることもできます。 「顧客組織のタスクフローのプロビジョニング (Partner Hub 経由)」を参照してください。
                                                                                      1

                                                                                      オンボーディング テンプレートの設定

                                                                                      顧客をプロビジョニングする前に、Partner Hub でオンボーディング テンプレートを設定している必要があります。 既存のテンプレートを使用するか、新しいテンプレートを作成できます。

                                                                                      2

                                                                                      卸売顧客 API のプロビジョニング

                                                                                      API を使用して顧客組織をプロビジョニングします。 新規顧客組織にオンボーディング テンプレートの設定を適用します。

                                                                                      3

                                                                                      プロビジョニング卸売サブスクライバAPI

                                                                                      API を使用してサブスクライバ (ユーザー) を顧客組織に追加します。

                                                                                      卸売顧客 API のプロビジョニング

                                                                                      プロビジョニング API を使用して新しい Wholesale 顧客組織をプロビジョニングするには、次の手順を使用します。

                                                                                      始める前に

                                                                                      オンボーディング テンプレートは、Partner Hub にすでに存在している必要があります。 顧客をプロビジョニングするときは、使用するテンプレートから provisioningID フィールドの値を入力する必要があります。 詳細については、「オンボーディング テンプレートの設定」を参照してください。

                                                                                       

                                                                                      サポートされている言語の詳細については、次を参照してください。 サポートされている言語ロケール

                                                                                      1

                                                                                      Wholesale Customer API のプロビジョニングを開きます。

                                                                                      2

                                                                                      右側の設定領域で、顧客組織の必須フィールドを入力します。 次の例の形式に従ってください。

                                                                                      • provisioningID:使用するオンボーディング テンプレートに関連付けられている ID を入力します。
                                                                                      • パッケージ—プロビジョニングするパッケージを入力します(common_area_calling、webex_calling、webex_suite、webex_meetingsなど)。
                                                                                      • orgID:この組織を既存の組織に添付する場合は、orgID を入力します。
                                                                                      • externalID:新しい組織の場合は、外部 ID の任意のテキストを入力します。
                                                                                      • [アドレス(Address)]:要求された形式でアドレスを入力します。 組織国は、Cisco が有効な PSTN 通話オプションを持つ Webex ミーティング サイトのデフォルトのグローバル コールイン番号を決定します。 詳細については、ヘルプページの「住所」セクションを参照してください。
                                                                                      • customerInfo – この顧客に必要な情報 (名前とプライマリ メールなど) を入力します。
                                                                                      • provisioningParameters:オプション。 設定するプロビジョニング パラメータを入力します。 入力できるパラメータのリストについては、開発者サイトを参照してください。
                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      結果が [応答(Response)] ウィンドウに表示されます。 応答には、[ロケーション(Location)] ヘッダーに表示され、組織を指す URL も含まれます。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      プロビジョニング Wholesale サブスクライバを顧客組織に提供します。

                                                                                      プロビジョニング卸売サブスクライバAPI

                                                                                      プロビジョニング API を使用してサブスクライバ(ユーザ)を顧客組織に追加するには、次の手順を使用します。

                                                                                       
                                                                                      新しい顧客組織に最初にプロビジョニングされたユーザーには、自動的に管理者権限が割り当てられます。
                                                                                      1

                                                                                      Wholesale サブスクライバ API のプロビジョニングを開きます。

                                                                                      2

                                                                                      次の必須フィールドに入力します。 フィールドの詳細については、API のフィールドの説明を参照してください。

                                                                                      • customerID—サブスクライバがプロビジョニングされる顧客の customerID を入力します。
                                                                                      • email:サブスクライバのメールを入力します。 組織にプロビジョニングされた fiirst ユーザーは管理者ユーザーであることに注意してください。
                                                                                      • パッケージ:パッケージを入力します(common_area_calling、webex_calling、webex_suite、webex_meetingsなど)。
                                                                                      • provisioningParameters:firstname パラメータと lastName パラメータは必須です。 パッケージを呼び出すには、内線番号または primaryPhoneNumber のいずれかをプロビジョニングすることも必須です。

                                                                                       
                                                                                      LocationId プロビジョニング パラメータは、コーリング パッケージにのみ適用されます。 このサブスクライバを複数のロケーションを持つ既存の顧客組織に接続する場合に、このフィールドを使用できます。 このフィールドでは、適切なロケーションを指定できます。
                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      これらの手順を繰り返して、追加のサブスクライバをプロビジョニングします。


                                                                                       
                                                                                      顧客組織に Control Hub アクセシビリティを提供している場合、顧客管理者にロールを割り当てることもできます。 参照先Control Hub で組織アカウントのロールを割り当てるを選択します。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      オプションです。 Wholesale Setup Assistサービスを使用している場合は、「Submit Wholesale Setup Assist Request Form」を参照してください。

                                                                                      卸売セットアップ支援リクエストフォームの送信

                                                                                      ホールセール セットアップ アシスト サービスを使用している場合は、Partner Hub と Control Hub で顧客とユーザーをプロビジョニングしてサブスクリプション リクエストを送信した後、このフォームに入力します。

                                                                                      1

                                                                                      Wholesale Setup Assist Request Formを開きます。

                                                                                      2

                                                                                      リクエストフォームで次のフィールドに入力します。

                                                                                      ほとんどの値は、Partner Hub と Control Hub の設定から取得できます。 次の表では、いくつかの目立つ設定に適切な値を見つける方法について説明します。

                                                                                      表 5. 卸売セットアップアシストリクエストフォームに必要な設定

                                                                                      フィールド

                                                                                      この Partner Hub / Control Hub 設定を使用する...

                                                                                      パートナー/エージェント組織 ID

                                                                                      Partner Hub の左側のナビゲーションバーで、パートナー名をクリックします。 設定ウィンドウで、パートナーの組織IDをコピーします。

                                                                                      顧客の組織 ID

                                                                                      Partner Hub から、[顧客] をクリックし、適切な顧客を選択します。 その顧客の組織IDをコピーする

                                                                                      Wholesaleのサブスクリプションは有効ですか?

                                                                                      YESを選択します。

                                                                                      サブスクリプション ID

                                                                                      Partner Hub から、[顧客] をクリックし、適切な顧客を選択します。 [サブスクリプション] で、サブスクリプション ID をコピーします。

                                                                                      ロケーションの合計数

                                                                                      この設定に基づいて、顧客の Control Hub に入力されたロケーションの数をオフにします。

                                                                                      その顧客の Control Hub インスタンスを起動します。 [通話] を選択し、場所 (本社所在地など) に関する情報については、[場所] ボタンをクリックします。

                                                                                      ロケーション ID

                                                                                      Control Hub から、顧客のロケーション設定を開きます (前の説明を参照)。 適切なロケーションにロケーションIDをコピーします。

                                                                                      3

                                                                                      SmartSheetの追加のフィールドに入力します。 * ですべてのフィールドに入力してください。

                                                                                      4

                                                                                      リクエストのコピーを電子メールで受け取るには、[回答のコピーを送信]チェックボックスをオンにします。

                                                                                      5

                                                                                      [送信] をクリックします。


                                                                                       
                                                                                      問題が発生した場合は、Calling ヘルプデスクからセットアップアシストヘルプをリクエストできます。 チームは「ハウツー」通話の質問を支援し、セットアップ アシスト チームとのエンゲージメントを開始します。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      Cisco の Wholesale Setup Assist チームがオンボーディング プロセスを引き継ぎ、あなたと協力してオンボーディング プロセスを完了します。 プロジェクトのフロー、およびこのプロセス中の Cisco の責任とパートナーの責任の詳細については、次の 2 つのフローのいずれかを参照してください。

                                                                                      • Express Flowについては、「リファレンス」セクションの「卸売セットアップアシストによるオンボーディングフローのセットアップアシスタンス(Express Flow)」を参照してください。

                                                                                      • 標準フローについては、「リファレンス」セクションの「卸売セットアップアシストによるオンボーディングフローのセットアップアシスタンス(標準フロー)」を参照してください。

                                                                                      SubPartner を設定する

                                                                                      このモデルでのセットアップを要求する一方で、テクニカルオンボーディング、セットアップ、サポートの各フェーズで SubPartner をサポートするために、パートナーは SubPartner ごとに管理者アカウントを維持することを推奨します。 これは、パートナーにとって追加の運用上の課題(SubPartnerごとに新しい電子メールと資格情報を維持する)をもたらし、将来の段階でこれを修正することを求める可能性があることを認識しています。 ただし、以下の詳細をPSMチームにご連絡ください。

                                                                                      • あなたの組織 ID

                                                                                      • 組織名

                                                                                      • サブパートナー組織名

                                                                                      • 最初のサブパートナー管理者ユーザーとして割り当てるメールアドレス

                                                                                      • 最初のSubPartner管理者ユーザーの名と姓

                                                                                      • サブスクリプション ID はサブパートナー組織と共有されます

                                                                                      Partner Hub 経由の管理

                                                                                      Partner Hub ユーザー インターフェイスには、Partner Hub インターフェイスを介して多くの管理タスクを手動で管理できるオプションが含まれています。 たとえば、folloiwng タスクを実行できます。

                                                                                      • 新しい顧客組織とユーザーのプロビジョニング

                                                                                      • 既存の組織のユーザーを追加または更新する

                                                                                      • 既存の設定を更新

                                                                                      ユーザーを手動で追加

                                                                                      この手順を使用して、Control Hub から手動で既存の顧客組織に最大 25 人のユーザーを追加します。
                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインし、[顧客] をクリックします。

                                                                                      2

                                                                                      該当する顧客の顧客ビューを起動します。

                                                                                      Control Hub で顧客ビューが開きます。
                                                                                      3

                                                                                      [ユーザー] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      [ユーザーの管理] をクリックします。

                                                                                      5

                                                                                      [手動でユーザーを追加]をクリックします。


                                                                                       

                                                                                      ユーザーを追加または変更するための追加オプションもあります。

                                                                                      • CSV ファイルでユーザーを追加または変更する

                                                                                      • ユーザーを要求

                                                                                      • ディレクトリ同期

                                                                                      6

                                                                                      そのユーザーの基本情報(名前、メールアドレス、パッケージなど)を入力し、[次へ]をクリックします。

                                                                                      7

                                                                                      ユーザーを追加します。 最大で 25 人のユーザーを追加できます。

                                                                                      8

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      9

                                                                                      [閉じる] をクリックします。

                                                                                      ユーザーパッケージの変更

                                                                                      Control Hub でこの手順を使用して、ユーザーのパッケージを変更します。
                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインし、[顧客] をクリックします。

                                                                                      2

                                                                                      ユーザが属している顧客の顧客ビューを起動します。

                                                                                      3

                                                                                      Control Hub で、[ユーザー] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      パッケージを変更するユーザーを選択します。

                                                                                      5

                                                                                      パッケージセクションで、矢印 (>) をクリックします。

                                                                                      6

                                                                                      新しいパッケージを選択してください。

                                                                                      7

                                                                                      パッケージを Webex Calling または Webex Suite に変更した場合は、発信番号情報を更新します。

                                                                                      8

                                                                                      [変更] をクリックします。

                                                                                      顧客管理 API

                                                                                      次のパブリック API では、Wholesale パートナーが既存の顧客組織の設定を管理できます。

                                                                                      API

                                                                                      説明

                                                                                      卸売顧客を更新

                                                                                      この API を使用して、既存の顧客組織のいずれかの設定を更新します。

                                                                                      卸売顧客を取得する

                                                                                      この API を使用して、orgID、アドレス、プロビジョニング ステータス、パッケージなど、既存の顧客の設定の概要を表示します。

                                                                                      卸売業者の顧客をリストする

                                                                                      この API を使用して、主な設定の概要とともに、顧客組織を一覧表示します。 オプションのパラメータを入力して、検索条件を満たす組織のみに検索を制限できます。

                                                                                      卸売顧客を削除する

                                                                                      この API を使用して、既存の顧客組織を削除します。

                                                                                      卸売顧客を更新する

                                                                                      公開 API を使用して、卸売顧客の顧客詳細を更新します。
                                                                                      1

                                                                                      Wholesale Customer API の更新を開きます。

                                                                                      2

                                                                                      [PUT] フィールドで、[customerID] をクリックし、更新する顧客組織の customerID を入力します。

                                                                                      3

                                                                                      本文に任意のパラメータを入力します。

                                                                                      • externalID(外部ID)

                                                                                      • packages—このフィールドには、API の実行後に顧客に必要なパッケージの完全なリストが含まれている必要があります。 たとえば、顧客に 1 つのパッケージがあり、2 番目のパッケージを追加する場合は、両方のパッケージを入力します。

                                                                                      • 住所

                                                                                      • provisioningParameters:パラメータオプションの詳細については、API 開発者向けドキュメントを参照してください。

                                                                                      4

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      卸売顧客を取得する

                                                                                      パブリック API を使用して特定の顧客組織の顧客詳細を取得するには、次の手順を使用します。
                                                                                      1

                                                                                      Get a Wholesale Customer API を開きます。

                                                                                      2

                                                                                      GET行でidをクリックし、顧客IDを入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      出力には、その顧客組織の詳細が表示されます。

                                                                                       
                                                                                      ロケーション URL を使用して顧客を検索することもできます。

                                                                                      卸売業者の顧客をリストする

                                                                                      API を使用して、既存の顧客組織のリストと、それらの顧客組織の詳細を取得するには、この手順を使用します。

                                                                                      • 検索パラメータなしで API を実行すると、出力にはパートナーが管理するすべての顧客が表示されます。

                                                                                      • 検索パラメータで API を実行すると、出力には条件に一致する顧客のみが表示されます。 たとえば、externalIdを入力すると、そのIdを使用する顧客組織のみが出力されます。
                                                                                      1

                                                                                      List Wholesale Customers API を開きます。

                                                                                      2

                                                                                      オプションです。 任意の検索パラメータを入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      出力には、検索条件を満たす顧客の顧客詳細が表示されます。

                                                                                      卸売顧客を削除する

                                                                                      この手順を使用して、既存の顧客組織から卸売サービスを削除します。


                                                                                       
                                                                                      この API は、既存の Webex 顧客組織から卸売サービスを削除しますが、組織を完全に削除することはありません。 Webex から組織を削除するには、組織 API を使用します。

                                                                                      始める前に

                                                                                      Get a Wholesale Customer APIを実行して、削除する顧客組織のcustomerIDを取得します。
                                                                                      1

                                                                                      [Delete a Wholesale Customer API] を開きます。

                                                                                      2

                                                                                      削除する顧客組織の顧客IDを入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      デバイスのオンボーディングと管理

                                                                                      Wholesale RTM は、Webex プラットフォームで利用可能なさまざまなデバイス管理 (DM) オプションを使用して、すべての Cisco デバイスと幅広いサードパーティデバイスをサポートします。 DMオプションは以下のように詳細です。

                                                                                      1. Cisco 管理対象 Cisco デバイス: Cisco Webex プラットフォームは、この DM オプションを使用して、すべての Cisco デバイス (MPP および RoomOS) をネイティブにサポートします。 これらのデバイスは、CH または API を介して直接追加およびプロビジョニングでき、パートナーと顧客に Cisco Experience で最高の Cisco を提供できます。 Cisco デバイスは Webex 認識機能も有効になっており、ユーザーは Cisco MPP 電話から Webex サービス (強化されたサービスアビリティ、統合通話履歴、ディレクトリ同期、Webex プレゼンス、参加ボタン 1 つ、ホット デスキングなど) にアクセスできます。 リストされている Webex サービスに加えて、RoomOS デバイスから PSTN 通話を行うこともできます。

                                                                                        新しい MPP デバイスのオンボード手順については、「Webex Calling デバイスの構成と管理」を参照してください。

                                                                                        Cisco デバイスの機能の詳細については、「Cisco MPP デバイスで利用可能な Webex 機能」を参照してください。

                                                                                      2. Cisco が管理するサードパーティ デバイス: Cisco Webex プラットフォームは、広く展開されているいくつかのサードパーティ製デバイス (Poly、Yealink、その他) をネイティブにサポートしています。 Wholesale の新しい顧客組織は、Cisco またはアカウントマネージャに連絡して有効化できる新しい電話を追加するときに、これらのサードパーティの電話にアクセスできません。 これらのデバイスの詳細については、「Webex Calling でサポートされるデバイス」を参照してください。
                                                                                      3. 外部管理デバイス: シスコはさらに、パートナーと顧客が汎用 SIP デバイスとしてデバイスをプロビジョニングし、必要な DM 機能のレベルに基づいて外部 DM ツールを使用するか、使用せずに SIP 認証資格情報/設定ファイルをダウンロードして管理できる、外部管理された DM オプションを使用して、幅広いサードパーティデバイスのサポートを可能にします。 これらの DM オプションは次のとおりです。
                                                                                        1. 顧客管理型デバイス: この DM オプションを使用すると、パートナーと顧客は、カスタマイズ要件が非常に低いポケットベル、ドアフォンなどの汎用 SIP デバイスをサポートできます。 顧客管理デバイスを追加する方法の詳細については、「顧客管理デバイスを追加」を参照してください。
                                                                                        2. パートナー管理デバイス: これは、パートナーと顧客が外部 DM ツールを使用して、完全なカスタマイズと大規模でさまざまなサードパーティ SIP 電話とゲートウェイをサポートできる新しい DM オプションです。 パートナー管理対象デバイスの詳細については、「Webex のパートナー管理対象デバイス」を参照してください。

                                                                                      請求の照合

                                                                                      パートナー管理者は、Wholesale Billing API を使用して、パートナーごと、顧客ごと、またはユーザーレベルごとの使用量を示すカスタム請求レポートを生成できます。 パートナーは、この情報を使用して毎月の請求書を照合し、使用量に応じて顧客とユーザーに請求することができます。

                                                                                      パートナーは、subPartnerOrgId パラメータを使用して、サブパートナーのカスタム請求レポートを生成することもできます。

                                                                                      最小アクセス要件を満たすパートナー管理者が利用できる 4 つの API があります。

                                                                                      課金 API

                                                                                      APIの目的

                                                                                      パートナー管理者アクセス要件

                                                                                      卸売請求レポートを作成する

                                                                                      請求レポートを生成するために使用。

                                                                                      読み取り/書き込み

                                                                                      卸売請求レポートを取得する

                                                                                      生成された請求レポートをダウンロードするために使用。

                                                                                      読む

                                                                                      卸売請求レポートを一覧表示する

                                                                                      そのパートナーに存在する請求レポートを一覧表示するために使用。

                                                                                      読む

                                                                                      卸売請求レポートの削除

                                                                                      既存の請求レポートを削除するために使用。

                                                                                      読み取り/書き込み

                                                                                      データ ソース

                                                                                      請求レポートのデータは、Webex が各パートナーを追跡する使用量データから取得されます。 毎日、Webex はすべてのパートナー、顧客、ユーザーの前日の使用量を追跡し、データを集約して、パートナーの月次請求書を生成するために使用できます。 課金APIはこのデータを活用し、パートナー管理者がカスタムレポートを生成することで、パートナーは、パートナー、顧客、ユーザーレベルで毎月の請求書から使用量の調整を行うことができます。

                                                                                      Webex がパートナーに請求する方法の詳細については、「サービスプロバイダーの請求」を参照してください。

                                                                                      卸売請求レポートを作成する

                                                                                      この手順を使用して、請求を調整するために使用できるカスタム請求レポートを生成します。
                                                                                      1

                                                                                      [卸売請求レポート API の作成] に移動します。

                                                                                      2

                                                                                      API が指定する形式で billingStartDatebillingEndDate の値を入力して、請求期間を入力します。 過去5年間の日付は入力できますが、現在の日付は入力できません。

                                                                                      3

                                                                                      レポートのタイプを入力します。

                                                                                      • [パートナー(PARTNER)(これがデフォルト)]:使用量の消費をパートナー レベルで示します。
                                                                                      • [顧客(CUSTOMER)]:パートナーの顧客組織のレベルに分割された合計使用量を表示します。
                                                                                      • [ユーザー(USER)]:パートナーの下の顧客組織とサブスリバーのレベルに分割された総使用量が表示されます。
                                                                                      4

                                                                                      [実行] をクリックしてレポートを生成します。

                                                                                      5

                                                                                      API 出力からレポート ID をコピーします。 生成された請求レポートを取得するために、この値を Get API で使用できます。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      レポートのコピーをダウンロードするには、[卸売請求レポートを入手]に移動します。

                                                                                      卸売請求レポートを取得する

                                                                                      請求レポートが生成されたら、この API を使用して特定の請求レポートを取得します。 レポートは URL に出力され、GET リクエストの完了後 30 分間ダウンロードできます。
                                                                                      1

                                                                                      [Get a Wholesale Billing Report API] に移動します。

                                                                                      2

                                                                                      GET行でidボタンをクリックし、レポートの一意のID値を入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      API はレポートのステータスを出力します。 出力には、レポートをダウンロードするためのURLを提供するtempDownloadURLパラメータが含まれます。

                                                                                      5

                                                                                      レポートにアクセスしてダウンロードするには、tempDownloadURLをブラウザにコピーします。

                                                                                      卸売請求レポートを一覧表示する

                                                                                      この API を使用して、パートナー組織に対して生成された請求レポートのリストを取得します。 既存のすべてのレポートを一覧表示するか、請求期間や請求タイプ (パートナー、顧客、ユーザー) などの指定されたパラメータを満たすレポートにリストを制限できます。


                                                                                       
                                                                                      オプションのパラメータを入力すると、API は入力したパラメータに完全に一致するレポートのみを返します。 たとえば、請求期間を入力すると、その特定の請求期間を使用するレポートのみが返されます。その期間内であるが、日付と完全に一致しないレポートは返されません。
                                                                                      1

                                                                                      List Wholesale Billing Report API に移動

                                                                                      2

                                                                                      [クエリーパラメータ] で、使用する検索パラメータ(たとえば、startDate、endDate、Type、sortBy on)を入力します。 これらのパラメータの詳細については、API の Developer ヘルプを参照してください。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      APIは、レポートのリストを一意のレポートIDおよびステータス(COMPLETED、IN_PROGRESS)とともに出力します。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      ダウンロードするレポートには、IDを記録します。 レポートをダウンロードするには、[卸売請求レポートを入手]に移動します。

                                                                                      卸売請求レポートの削除

                                                                                      レポート ID に基づいて生成された請求レポートを削除するには、次の手順を使用します。 レポートを削除する場合の例には、次のものがあります。

                                                                                      • 既存の請求レポートを再生成する場合は、まず既存のレポートを削除する必要があります。 既存のレポートを削除したら、その期間の新しいレポートを作成できます。 レポートが失敗または進行中の場合、削除要件は存在しないことに注意してください。

                                                                                      • レポートが生成され、URL を間違った人に送信した場合、レポートを削除でき、レポートにアクセスできなくなります。

                                                                                      1

                                                                                      Wholesale Billing Report API の削除に移動します。

                                                                                      2

                                                                                      レポートIDを入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      請求レポートフィールド

                                                                                      請求レポートには、次のフィールドが含まれます。

                                                                                      フィールド

                                                                                      その他の情報

                                                                                      このタイプのレポートに表示されます

                                                                                      パートナー_名

                                                                                      パートナーの氏名

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      パートナー_組織_ID

                                                                                      一意のパートナー識別子

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      サブスクリプション_ID

                                                                                      一意のサブスクリプション ID

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      サービス_名

                                                                                      サービス名

                                                                                      (例:COMMON_AREA_CALLING、WEBEX_CALLING、WEBEX_SUITE、WEBEX_MEETINGS)

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      SKU

                                                                                      サービスのためのSku

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      説明

                                                                                      サービスの説明

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      消費_開始_日

                                                                                      サービス消費の開始。 この値は、以下のフィールドとともに、使用期間を定義します。

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      消費_終了_日

                                                                                      サービス消費の終了。 この値は、上記のフィールドとともに、使用量消費期間を定義します。

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      数値

                                                                                      パートナーごと、顧客ごと、またはユーザーごとに集計されたユーザー使用量を表します (データを表示しているレポートとレベルによって異なります)。

                                                                                      計算:

                                                                                      各ユーザーについて、1日あたりの数量は、その日の比例配分に基づいて計算されます。 例:

                                                                                      1日の使用量 = 1

                                                                                      半日の使用量 = 0.5

                                                                                      請求期間内のすべての日の 1 日あたりの合計は、請求期間内のそのユーザーの合計数を提供するために合計されます。

                                                                                      顧客およびパートナーレベルのレポートでは、すべてのユーザーの合計が集計され、その顧客またはパートナーの合計数量が提供されます。

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      顧客_組織_ID

                                                                                      内部顧客の一意の識別子

                                                                                      顧客、ユーザー

                                                                                      顧客_外部_ID

                                                                                      パートナーが提供する顧客の一意の識別子

                                                                                      顧客、ユーザー

                                                                                      サブスクライバ_ID

                                                                                      サブスクライバの一意の識別子

                                                                                      USER

                                                                                      USER_ID

                                                                                      サブスクライバの Webex ユーザー ID

                                                                                      USER

                                                                                      ワークスペース_ID

                                                                                      固有のワークスペース ID

                                                                                      USER


                                                                                       

                                                                                      Webex Wholesale の請求は、ユーザーにパッケージをプロビジョニングすることによってトリガーされるか、パッケージの割り当てを削除することによって停止されます。

                                                                                      パートナー SSO - SAML

                                                                                      パートナー管理者は、新しく作成された顧客組織に対して SAML SSO を設定できます。 パートナーは、単一の事前に定義された SSO の関係を構成し、その構成を管理する顧客組織および自社従業員に適用することができます。


                                                                                       
                                                                                      以下のパートナー SSO 手順は、新しく作成される顧客組織にのみ適用されます。 パートナー管理者が既存の顧客組織にパートナー SSO を追加しようとする場合、既存のユーザーがアクセス権を失うことのないよう、既存の認証方法が保持されます。 パートナー SSO を既存組織に追加するには、Cisco TAC でチケットを開く必要があります。
                                                                                      1. サードパーティの ID プロバイダーが、Control Hub でのシングル サインオン統合の ID プロバイダーの要件セクションにリストされている要件を満たしていることを確認してください。

                                                                                      2. Cisco TAC で [サービス リクエスト] を開きます。 TAC はサードパーティの ID プロバイダーと Cisco Common Identity サービスの間に信頼関係を確立する必要があります。 です。


                                                                                         
                                                                                        IdP で passEmailInRequest 有効にするには、この要件をサービス要求に含める必要があります。 この機能が必要かどうか不明な場合は、IdP に確認してください。
                                                                                      3. TAC がユーザーの ID プロバイダーに提供した CI メタデータファイルをアップロードします。

                                                                                      4. オンボーディング テンプレートを設定します。 [認証モード] 設定で、[パートナー認証] を選択します。 [IDP エンティティ ID] については、サードパーティ ID プロバイダーの SAML メタデータ XML から EntityID を入力します。

                                                                                      5. テンプレートを使用する新しい顧客組織に新しいユーザーを作成します。

                                                                                      6. ユーザーがログインできることを確認します。

                                                                                      パートナー モードによる制限

                                                                                      パートナー モードによる制限は、パートナー管理者が特定の顧客組織に割り当てることができる Partner Hub の設定で、顧客管理者が Control Hub で更新できる組織設定を制限します。 特定の顧客組織でこの設定が有効になっている場合、その組織のすべての顧客管理者は、ロールの権限に関係なく、Control Hub で制限されたコントロールにアクセスできません。 制限付き設定を更新できるのはパートナー管理者だけです。


                                                                                       
                                                                                      パートナー モードによる制限は、ロールではなく組織レベルの設定です。 ただし、この設定は、設定が適用される組織内の顧客管理者の特定のロールのエンタイトルメントを制限します。

                                                                                      顧客管理者アクセス

                                                                                      パートナーによる制限モードが適用されると、顧客管理者は通知を受け取ります。 ログインすると、画面上部の Control Hub ヘッダーのすぐ下に通知バナーが表示されます。 バナーにより、顧客管理者に制限モードが有効になっており、一部のコール設定を更新できない可能性があることが通知されます。

                                                                                      パートナー モードによる制限が有効になっている組織の顧客管理者の場合、Control Hub のアクセスレベルは次の式で決定されます。

                                                                                      (Control Hub のアクセス) = (組織のロールのエンタイトルメント) - (パートナー モードの制限による制限)

                                                                                      制限

                                                                                      顧客組織でパートナーによる制限モードが有効になっている場合、その組織の顧客管理者は、次の Control Hub 設定へのアクセスが制限されます。

                                                                                      • [ユーザー] ビューでは、以下の設定は利用できません。

                                                                                        • [ユーザー管理] ボタンがグレー表示されます。

                                                                                        • 手動によるユーザーの追加/変更 - 手動または CSV 経由でユーザーを追加/変更するオプションはありません。

                                                                                        • ユーザーのクレーム—利用できません

                                                                                        • ライセンスの自動指定—利用できません

                                                                                        • ディレクトリ同期—ディレクトリ同期設定を編集できません (この設定はパートナーレベルの管理者にのみ適用されます)。

                                                                                        • ユーザーの詳細:名、姓、表示名、プライマリ メール* などのユーザー設定は編集可能です。

                                                                                        • パッケージのリセット - パッケージ タイプをリセットするオプションはありません。

                                                                                        • サービスの編集—ユーザーに対して有効にしたサービスを編集するオプションがありません (メッセージ、ミーティング、通話など)

                                                                                        • サービス ステータスの表示-ハイブリッド サービスまたはソフトウェア アップグレード チャネルの全ステータスを表示できません

                                                                                        • プライマリ職場電話番号 - このフィールドは読み取り専用です。

                                                                                      • [アカウント] ビューでは、以下の設定は利用できません。

                                                                                        • [会社名] は読み取り専用です。

                                                                                      • [組織設定] ビューでは、以下の設定は利用できません。

                                                                                        • ドメイン - アクセス権は読み取り専用です。

                                                                                        • メール - [管理者招待メールの抑制] および [メールロケールの選択] 設定は読み取り専用です。

                                                                                        • 認証 - [認証] および [SSO 設定] を編集するオプションはありません

                                                                                      • [Calling] メニューでは、以下の設定は利用できません。

                                                                                        • 通話設定 - [アプリ オプション通話の優先順位] の設定は読み取り専用です。

                                                                                        • 発信動作 - 設定は読み取り専用です。

                                                                                        • [ロケーション] > [PSTN] - [ローカル ゲートウェイ] および [Cisco PSTN] オプションは非表示になります。

                                                                                      • [サービス] では、[移行] および [接続済みの UC] サービス オプションが抑制されます。

                                                                                      パートナー モードによる制限を有効化する

                                                                                      パートナー管理者は、以下の手順に従い、パートナー モードによる制限(デフォルト設定では有効になっています)。

                                                                                      1. Partner Hub (https://admin.webex.com) にサインインし、[顧客] を選択します。

                                                                                      2. 適用する顧客組織を選択します。

                                                                                      3. 右側の設定ビューで、[パートナーモードによる制限] トグルを有効にして設定をオンにします。

                                                                                        [パートナー モードによる制限] をオフにしたい場合は、無効を選択してください。


                                                                                       

                                                                                      パートナーが顧客管理者の制限付き管理者モードを削除すると、顧客管理者は次の操作を実行できます。

                                                                                      • Wholesale ユーザーに Webex を追加する (ボタン付き)

                                                                                      • ユーザーのパッケージを変更する

                                                                                      テクニカルサポート

                                                                                      以下の図は、このオファーのサポートモデルを強調しています。

                                                                                      Image placeholder - high level image of the support channels
                                                                                      卸売RTMテクニカルサポート

                                                                                      パートナーは、顧客からの問い合わせに対応することが期待されます。 ただし、パートナーがヘルプを必要とする場合は、次の表に、パートナー管理者が利用できるサポートチャネルをまとめています。 サポートが必要な場合は、

                                                                                      サポート チャネル

                                                                                      説明

                                                                                      Webex Calling ヘルプデスク

                                                                                      「方法」を提供し、Webex Calling の機能と構成に関する問い合わせを支援します

                                                                                      • 電話/電子メール/チャット - CHDは上記のクエリを受信し、パートナー/顧客と協議してクエリに回答します

                                                                                      • 必要に応じて TAC を含む他のチームにクエリーをルーティングできる

                                                                                      TAC

                                                                                      • Webex Calling TAC

                                                                                      • Cloud Collab TAC (デバイス、ミーティング)

                                                                                      パートナーは、以下によりTACに直接連絡することができます。

                                                                                      • SCM でケースを作成する

                                                                                      • 電話 (TAC Front Line - TFL は、パートナーに代わって SCM でケースを作成します)

                                                                                      • メール (TAC Front Line - TFL は、パートナーに代わって SCM でケースを作成します)

                                                                                      • チャット (TAC Front Line - TFL は、パートナーに代わって SCM でケースを作成します)

                                                                                      Cisco エクスペリエンス サービス

                                                                                      お客様は、CCW内からCESに直接連絡することができます。

                                                                                      • 注文支援の終了間隔

                                                                                      • 請求

                                                                                      • セールスクレジット

                                                                                      Webex Calling パートナー ヘルプ デスク (CHD) の使用方法

                                                                                      カスタマー エクスペリエンス

                                                                                      Wholesale オファーに関するパートナー/顧客のハウツーおよび/またはドキュメントに関するお問い合わせは、Webex Calling Calling ヘルプデスク (CHD) にお問い合わせください。 CHDに連絡するには、以下の情報を使用します。


                                                                                       
                                                                                      CHDは24時間365日ではありません。 ただし、EMEAR、APCJ、NorAMにリソースがあります。 CHDがオフラインの場合、webexcalling-CHD@cisco.comまでお問い合わせいただければ、オンラインに戻り次第(通常24時間以内)に対応いたします。 エスカレーションは迅速に対処されます。

                                                                                      CHDエスカレーション:

                                                                                      • 職務上の指導: James Moss – 918-872-0707 (webexcalling-CHD@cisco.com)

                                                                                      • 職務上の指導: マット・ハンナ – 918-877-0329 (webexcalling-CHD@cisco.com)

                                                                                      • シニア マネージャー: Hamid Tiouti – 918-236-1570 (webexcalling-CHD@cisco.com)

                                                                                      Webex Calling パートナー ヘルプ デスク SLO:

                                                                                      CHDは、24~48時間以内に適切なチームに回答、指導、または紹介を提供します。 ほとんどのハウツーお問い合わせは、より迅速に(2営業時間以内)解決されます。

                                                                                      BroadWorks から Wholesale RTM への移行のための移行ツール

                                                                                      概要

                                                                                      このドキュメントでは、既存の BroadWorks 顧客を Wholesale Route-to-Market ソリューションに移行するのに役立つ一連の移行ツールについて説明します。 移行ツールは、アクセスが簡単なコマンド ライン ツールで、移行タスクを自動化することで顧客、場所、番号、ユーザー、サービス、電話、ソフト クライアントを移行できます。 移行ツールには次の利点があります。

                                                                                      • 最小限の事前構成で移行を実行します。

                                                                                      • コマンドの実行が簡単になります。

                                                                                      • 管理者は、プロビジョニング後にデータを確認し、移行直後に電話をかけたり受けたりすることができます。

                                                                                      • UC-One クライアントの Webex アプリへの自動アップグレードをサポートしています。

                                                                                      ドキュメント

                                                                                      マニュアルの改訂履歴

                                                                                      日付

                                                                                      バージョン

                                                                                      説明

                                                                                      2024年3月22日。

                                                                                      一、二五

                                                                                      • Partner Hub セクションを介して顧客の作成を更新しました。

                                                                                      2024年2月6日。

                                                                                      一、二四

                                                                                      • [パートナー事前プロビジョニングチェック API] セクションのリンクを更新しました。

                                                                                      2024年1月23日。

                                                                                      一、二三

                                                                                      • BroadWorks 版 Migration Tools for Wholesale RTM Solutions Guide V1.8 を更新

                                                                                      2023年12月12日。

                                                                                      一、二二

                                                                                      • 顧客テンプレートが「オンボーディングテンプレート」に変更され、ソリューションガイドが更新されました。

                                                                                      2023年8月23日。

                                                                                      一・二一

                                                                                      • パートナーモードによる制限」セクションにメモを追加。

                                                                                      2023年7月31日。

                                                                                      一、二〇

                                                                                      • [パートナーモードによる制限] セクションを更新し、[名]、[姓]、[表示名]、[プライマリメール] の編集に関する制限が削除されました。

                                                                                      2023年6月9日。

                                                                                      1.19。

                                                                                      • 卸売ルートを市場に展開」の「ワークスペースのセットアップ」セクションを追加しました。

                                                                                      • BroadWorks 版 Migration Tools for Wholesale RTM Solutions Guide V1.5.0 を更新

                                                                                      2023 年 5 月 26 日

                                                                                      一・一八

                                                                                      • 卸売市場へのルートの展開」の「請求レポートフィールド」セクションにメモを追加しました。

                                                                                      2023 年 5 月 19 日

                                                                                      一、一七

                                                                                      • BroadWorks 版 Migration Tools for Wholesale RTM Solutions Guide V1.2.1 を更新

                                                                                      2023 年 5 月 9 日

                                                                                      一・一六

                                                                                      • BroadWorks 版 Migration Tools から Wholesale RTM Solutions Guide V1.2.0 に更新

                                                                                      2023 年 4 月 28 日

                                                                                      一・一五

                                                                                      • アドレスセクションを追加 卸売市場へのルートの概要

                                                                                      2023 年 4 月 17 日

                                                                                      1.14

                                                                                      • の「サブパートナー機能」セクションを更新 卸売市場へのルートの概要および請求照会セクション 卸売市場へのルートの展開

                                                                                      2023年1月26日。

                                                                                      一、十三

                                                                                      • サブパートナーセクションを追加 卸売市場へのルートの概要およびのSubPartnerセクションを設定する Wholesale Route to Marketを展開します。

                                                                                      2022 年 12 月 07 日。

                                                                                      1.12

                                                                                          • 字幕の Webex 音声パッケージ拡張通話 に変更し、図 2 を更新しました。 卸売RTMのためのパッケージ。

                                                                                      2022 年 12 月 05 日

                                                                                      一・一一

                                                                                      • Deploy Wholesale Route to MarketのDevice Onboarding and ManagementセクションでサポートされているCiscoデバイスを追加しました。

                                                                                      2022 年 11 月 30 日

                                                                                      1.10

                                                                                      • Wholesale Route to Market の概要で Wholesale Webex Assistant セクションを追加しました。

                                                                                      2022 年 11 月 02 日

                                                                                      1.9

                                                                                      • BroadWorks の新しい移行ツールをホールセール RTM ソリューションガイドに追加する

                                                                                      2022 年 8 月 31 日

                                                                                      1.8

                                                                                      • サポートされている言語ロケールの追加

                                                                                      2022 年 8 月 18 日木曜日

                                                                                      1.7

                                                                                      • Webex 音声パッケージの追加

                                                                                      2022 年 7 月 29 日

                                                                                      1.6

                                                                                      • 機能マトリックスへのリンクを追加

                                                                                      2022 年 6 月 10 日

                                                                                      1.5

                                                                                      • 序文の章を追加。 入門トピックとバージョン履歴を序文に移動しました。

                                                                                      • トライアルの開始制限に関する情報で簡略化および中央管理を更新しました。

                                                                                      2022 年 6 月 03 日

                                                                                      1.4

                                                                                      • Webex Calling 機能の通話記録情報を更新し、サードパーティのライセンス要件を削除しました。

                                                                                      • MPPデバイスのサポート情報を含むデバイス管理を追加

                                                                                      2022 年 5 月 02 日

                                                                                      1.3

                                                                                      • 新リリースパッケージのパッケージオファーを更新: Webex Suite および Webex Meetings。

                                                                                      • トピックのセクションを追加しました Partner Hub 経由でカスタムをプロビジョニングおよび管理するための新しい手順で、顧客組織を (Partner Hub で) プロビジョニングします。

                                                                                      2022年4月11日。

                                                                                      1.2

                                                                                      • List Wholesale Billing Reportsのステータスリストを修正

                                                                                      2022 年 3 月 02 日

                                                                                      1.1

                                                                                      • Webex Meetingsを編集し、ホールセール オファーを販売するサービス プロバイダーを対象としていないいくつかのポイントを削除しました。

                                                                                      • Edited Simplified and Centralized Administrationにより、Wholesaleサービスを販売するサービスプロバイダを対象としていない点がいくつか削除されました。

                                                                                      紹介

                                                                                      このガイドについて

                                                                                      Wholesale Route-to-Market (RTM) は、グローバルサービスプロバイダーを通じて Webex を SMB に戦略的に提供します。 シスコの技術とコラボレーションの専門知識に支えられ、新しいオペレーションモデル、コマーシャル、パートナープログラムを備えています。

                                                                                      Wholesaleは、効率的な大量取引のためのオペレーションAPIとパートナーポータルのイノベーションを提供します。 商用戦略により、BroadWorks ユーザーは固定された 1 ユーザーあたりの月次パッケージングと簡素化された課金で Webex に移行できます。

                                                                                      卸売パートナープログラムは、技術オンボーディングと市場投入に焦点を当てた、シスコの管理型オンボーディングプログラムを使用して、サービスプロバイダーの技術およびビジネス目標に対応します。 このオファーには 5 つの Webex パッケージが含まれています。 共通エリア通話、Webex 音声パッケージ、Webex Calling、Webex Suite、Webex Meetings。

                                                                                      ドキュメントのバージョン履歴

                                                                                      卸売市場へのルートの概要

                                                                                      卸売市場へのルートの概要

                                                                                      ホールセール RTM (Route-to-Market: 流通戦略) は、世界のサービス プロバイダーの市場における影響力を活用して Webex を SMB セグメントに提供するための、戦略的チャネル ソリューションです。 シスコの革新的な技術とコラボレーションに関する深い専門知識に裏付けられ、 新しいオペレーション モデル、新しい取引方法、新しいパートナー プログラムから構成されています。

                                                                                      ホールセール プラットフォームは、オペレーション API とパートナー ポータルにイノベーションをもたらして、多くの高速処理を可能にします。これによりパートナーは、共同ブランドとして差別化された、自社製品によるオファーを創出しやすくなります。

                                                                                      新たなホールセール向け商業戦略により、35M BroadWorks のユーザーは、予測可能な月ごと・ユーザーごとの固定パッケージ制で月額の後払いが可能な Webex クラウドに移行できます。 各サービス プロバイダーと単一の取引関係を構築することにより、すべてのエンド ユーザーをしっかりと繋ぎとめ、ワークフローを大幅に簡素化できます。

                                                                                      ホールセール パートナー プログラムは、サービス プロバイダーの技術目標と事業目標の両方を対象としています。 Cisco の Managed Onboarding Program では、2 つの作業が同時進行されます。 技術面のオンボーディングと GTM (市場進出) です。 専任の Cisco エキスパートと、包括的なオンライン パートナー トレーニング、強力な移行・マーケティング ツールキットの組み合わせで、期待以上のオンボーディング実施をお約束します。

                                                                                      ホールセールのオファーは Webex を対象とし、4 種類のパッケージを提供します。 共通領域通話、Webex Calling、Webex スイート、Webex Meetings です。

                                                                                      卸売ルートの市場利点

                                                                                      Wholesale Route to Market(RTM)ソリューションは、マネージドサービスプロバイダに高速で取引可能な販売モーションを提供するために最適化されています。 以下を提供します。

                                                                                      • 固定された予測可能な転送価格

                                                                                      • パッケージの簡素化

                                                                                      • 高速プロビジョニングUXとAPI

                                                                                      • ネットアクティブユーザーに基づく月次請求

                                                                                      • 簡略化された自己管理インターフェイス

                                                                                      ホールセールRTMは完全なネットワークソリューションをもたらします

                                                                                      Wholesale RTMは、既存のワークフローにシームレスに統合します。 これにより、すべての顧客を Cisco Commerce Workplace(CCW)に登録しなくても、販売サイクルのエンドツーエンドを管理できます。

                                                                                      Wholesale RTM は、Webex Calling に関する次の機能強化を提供し、SMB セールス モーションとの統合を強化します。

                                                                                      • Wholesale RTM では、各パッケージに Cisco との固定転送価格があります。 これらの転送価格は、CCW に一度送信される PO で取得されます。 その後、パートナーは販売取引にCCWを使用する必要がなくなりました。

                                                                                      • すべての卸売RTMの販売は、同じ固定された、予測可能な転送価格に基づいています。 これにより、販売プロセスが大幅に簡素化され、加速されます。

                                                                                      • Wholesale RTMは、顧客をプロビジョニングおよび管理するための2つの簡単なインターフェイスを提供します。

                                                                                        • Partner Hub は、顧客とユーザーをプロビジョニング、管理、削除するためのシンプルな UX を提供します。

                                                                                        • Control Hub は、Cisco の Web ベースのエンタープライズ管理ポータルで、企業の Webex サービスを包括的に表示します。

                                                                                      • Wholesale RTM APIは、サービスプロバイダのバックオフィスシステムに統合されたシンプルでマシンツーマシンインターフェイスを提供します。 これにより、顧客とユーザーをプロビジョニング、管理、および削除できます。

                                                                                      • ホールセールRTMは、アクティブライセンスの純数、延期、および各顧客のアクティベーション日にプロ定格のために毎月請求します。 これにより、サービス プロバイダー パートナーは上下に柔軟になり、システムでアクティブにプロビジョニングされたライセンスに対してのみ課金されます。

                                                                                      • 卸売RTMは、中小企業セグメントに適したシンプルなパッケージを使用しています。

                                                                                      パッケージのオファー

                                                                                      Wholesale RTM ソリューションは、エンドユーザー向けに 4 つの通話およびコラボレーションパッケージを提供します。

                                                                                      • [共通エリア(Common Area)]:共通エリアパッケージは、基本的な通話機能をサポートします。 これは、廊下電話、ドア電話、および単純な小売駅のような単純なエンドポイントを対象としています。 Common Area パッケージには、コール転送、BLF、転送、コール待機、T.38 Fax などの機能が含まれています。 より高度な通話機能、および Webex クライアント、メッセージング、ミーティングは、より価値の高いパッケージの一部です。

                                                                                      • 強化された通話—この通話専用パッケージには、Webex Calling に関連付けられている通話機能のサブセットと、Webex アプリのソフトフォンまたはデバイスの選択が含まれています。 ミーティングとメッセージングの機能は含まれておらず、シンプルな音声ソリューションをお探しのお客様向けに、通話に焦点を当てたパッケージを提供しています。

                                                                                      • Webex Calling—Webex Calling パッケージには、高度な通話機能、Webex クライアント、Webex メッセージング、および「基本的な」ミーティング機能が含まれています。 このパッケージは、プラットフォームのすべてのプロフェッショナルユーザーを対象としています。 共通エリアの機能に加えて、通話機能には、ハンティング、ボイスメール、ビジュアル ボイスメール、共有コール アピアランス、プライバシー、N-way Calling、エグゼクティブ/エグゼクティブ アシスタントなどが含まれますが、これらに限定されません。 Webex Calling には、デスクトップおよびモバイル OS 用のすべての Webex クライアント、スペースおよびファイル共有を含む Webex メッセージング機能の使用も含まれます。

                                                                                      • Webexスイート— Webexスイートは最も機能が豊富なパッケージで、 Webex Callingパッケージ、すべてのユーザーとグループのサービス、 Webexメッセージング、最大 1,000 名が参加Webex Meetingsのフル製品の機能が含まれています。 このパッケージは、電話回線が重く、大規模なミーティングが必要な社内の上級職/専門職レベルに適しています。

                                                                                      • Webex MeetingsWebex Meetingsパッケージは、 Webex Messaging と最大 1000 名が参加Webex Meetingsを含むスタンドアロン会議パッケージです。 このパッケージには、コーリング シートは含まれていません。 これは、発信動作には関連付けられていないミーティングとメッセージング機能のみを必要とするユーザーを対象としています。

                                                                                      卸売RTM用パッケージ

                                                                                      Wholesale RTM ソリューションを使用した Webex Calling Flex オファーとは異なり、シスコはエンドカスタマーに特定の価格と条件を課すことはありません。これらは、各サービス プロバイダーが独自のビジネスモデルに基づいて適合していると見なすように実装する責任があります。

                                                                                      Webex Calling機能

                                                                                      Webex Calling には、サービス プロバイダーが必要とするエンタープライズ ビジネス コール機能があり、これらはすべて 1 人のユーザー ライセンス料金に含まれています。

                                                                                      表 1. サブスクライバ機能
                                                                                      特殊呼び出し音を伴う代替番号

                                                                                      匿名通話の拒否

                                                                                      割り込み免除

                                                                                      事業継続性(CFNR)

                                                                                      ビジー ランプの監視

                                                                                      コール転送: いつも/忙しい/回答なし/選択的

                                                                                      履歴

                                                                                      通話の保留と再開

                                                                                      クリックしてダイヤルする通話ログ

                                                                                      コール通知

                                                                                      コール キュー エージェント

                                                                                      通話録音

                                                                                      コールリダイヤル

                                                                                      コールリターン

                                                                                      通話転送(出席者およびブラインド)

                                                                                      コール待機(最大 4 コール)

                                                                                      コール待機 ID

                                                                                      接続された回線 ID の制限

                                                                                      ダイレクト コール ピックアップ

                                                                                      割り込みを使用したダイレクト コール ピックアップ

                                                                                      取り込み中

                                                                                      エンタープライズ電話ディレクトリ

                                                                                      エグゼクティブ / エグゼクティブ アシスタント

                                                                                      内線ダイヤル、可変長

                                                                                      機能アクセスコード

                                                                                      ホテリング: 主催者およびゲスト

                                                                                      着信発信者 ID (名前と番号)

                                                                                      インバウンドFAXからメール

                                                                                      携帯性

                                                                                      複数のライン アピアランス

                                                                                      N-way コール (6)

                                                                                      どこでもオフィス

                                                                                      発信者 ID ブロッキング

                                                                                      パーソナル電話ディレクトリ

                                                                                      優先アラート

                                                                                      プライバシー

                                                                                      プッシュツートーク

                                                                                      リモート オフィス

                                                                                      選択的な通話の承諾

                                                                                      選択的な通話拒否

                                                                                      シーケンシャル リング

                                                                                      共有コールアピアランス

                                                                                      同時呼び出し

                                                                                      スピードダイヤル 100

                                                                                      T.38 ファックスサポート

                                                                                      三方通話

                                                                                      Unified メッセージング

                                                                                      ユーザーインターセプト

                                                                                      ユーザー ウェブ ポータル

                                                                                      ビデオ(ポイント ツー ポイント)

                                                                                      ビジュアル ボイスメール

                                                                                      ボイスメール

                                                                                      表 2. サイトの機能

                                                                                      自動音声応答

                                                                                      コールパーク認証

                                                                                      コールパーク グループ

                                                                                      コールピックアップ

                                                                                      通話キュー

                                                                                      外部コール回線 ID の配信

                                                                                      グループページング

                                                                                      ハント グループ

                                                                                      インターセプト群

                                                                                      インターセプト ユーザー

                                                                                      内部通話回線 ID の配信

                                                                                      保留中の音楽

                                                                                      レセプショニスト クライアント

                                                                                      Microsoft Teams インテグレーション

                                                                                      音声ポータル

                                                                                      Webex アプリを使用した Webex Calling

                                                                                      Webex アプリは、通話、ミーティング、メッセージングをエンドユーザーに提供する、当社のシングルエンドユーザーエクスペリエンスです。 Webex Calling と Webex アプリを一緒に使用すると、次のことができます。

                                                                                      • 卓上電話またはスマートフォン、PC、ラップトップ、またはタブレットの Webex アプリで通話を発信、受信、または拒否します。

                                                                                      • Cisco Intelligent Proximity および/または卓上電話制御を使用して Webex デバイスとペアリングして、音声とビデオでこれらのデバイスを使用しながら、アプリで共通の連絡先と通話履歴にアクセスします。

                                                                                      • 画面共有、ホワイトボード、AI 文字起こし、リアルタイム文字起こし、メモやアクション項目、録画などを活用するために、すべてのコールをフル機能のミーティングに昇格させます。

                                                                                      Webex アプリを使用した Webex Calling

                                                                                      Webex アプリは、次のような日常的なエンタープライズ ミーティングとコラボレーションのニーズを満たすチーム コラボレーション機能を提供します。

                                                                                      • 1:1 およびグループ メッセージング:メッセージ、GIF、絵文字、アニメーション リアクションを使用して、個別またはグループでチャットします。 メッセージを簡単に削除または編集したり、会話スレッドを開始したり、会話にユーザーを追加したり、受信確認を確認したりできます。

                                                                                      • ファイルとコンテンツの共有 - チャットのすぐそばにきちんと整理され、検索可能で保存されている安全なスペースで、最大規模のファイルでも共有できるため、必要なものを簡単に見つけることができます。

                                                                                      • 双方向のホワイトボード - チームと一緒にホワイトボードまたは描画し、チャットでインタラクティブな描画を共有します。 ライブミーティングに参加しているかどうかを繰り返します。

                                                                                      • 他の Webex ユーザーに直接電話をかける - アプリを通じて他の Webex アプリユーザーにビデオ通話を無料で発信または受信します。

                                                                                      • 好きなツールで作業する - アプリの切り替えや中断されたワークフローを忘れましょう。 Webex を毎日使用するツールと統合して、最も生産性の高い作業を実現します。 Microsoft、Google、ServiceNowなどのキーと深い統合を組み込むことができます。

                                                                                      • スペースをパーソナライズする - 色のテーマを変更し、カバー写真を追加し、カスタムステータスを設定し、エクスペリエンスをパーソナライズします。

                                                                                      • 詳細については、Webex アプリ ソリューションの概要を参照してください。

                                                                                      Webex Meetings

                                                                                      Webex Suite では、Calling、Meetings、Messaging、Polling、Events で Webex を 1 つのオファーで購入する際に、優れたエクスペリエンスと価格設定を利用できます。 Webex Meetings は、参加者とプレゼンタの両方にさまざまなアクセス方法と機能を要求する大規模なミーティングに最適化されています。 Webex Meetings は、Webex クラウドから高度にセキュアな統合型音声、ビデオ、コンテンツ共有を提供する、企業にとって世界で最も人気のあるビデオ会議サービスです。

                                                                                      Webex Meetings スイートは、コラボレーションミーティング、トレーニング、大規模なイベント、およびリモートサポート用のモジュールを含む機能豊富なソリューションです。 Webex Meetings は、iPhone、iPad、Apple Watch、Android および Android ウェアラブルを含む複数のモバイルデバイスをサポートしています。 Windows、Mac、Linux を含むすべての一般的な OS プラットフォームで誰とでもミーティングできます。 Webex Meetings は Internet Explorer (IE)、Safari、Firefox、Chrome、および Edge ブラウザをサポートしています。

                                                                                      • Webex Meetings は HD (720p) ビデオをサポートし、Cisco Webex Rooms およびサードパーティの標準ベースのビデオ システムと相互運用できます。 他のユーザーを招待して、モバイル デバイスまたはデスク デバイスや会議室デバイスなどの独自のビデオ システムからミーティングに参加させることができます。 このビデオ機能は、ビデオ ブリッジングと Web 会議を 1 つの常時オンミーティングに統合します。 事前にスケジュールするか、すぐにミーティングしてください。誰でも歓迎です。

                                                                                      • 顧客は Webex Meetings を使用して強力な競争上の優位性を獲得できます。これには以下が含まれます。

                                                                                        • ロバストビデオ - モバイルデバイスでも、作業方法やミーティングでの表示者にカスタマイズ可能なマルチストリーム HD ビデオ。 Cisco の受賞歴のあるビデオ会議室とデスクデバイスを Webex ミーティングに追加して、人生のようなエクスペリエンスを実現します。

                                                                                        • 強力なモバイル エクスペリエンス - カスタマイズ可能な 720p ビデオ ビュー、ネイティブの画面共有、ハンズフリー参加、簡単なミーティング スケジューリングでモバイル ユーザーだけに最適化され、騒々しい環境に適応します。

                                                                                        • ポケットから会議室まで好きなデバイスから参加 - 電話、ブラウザ、モバイル、会議室デバイス、サードパーティの標準ベースの会議室デバイス、さらには Skype for Business。 また、参加方法に関係なく、一貫したミーティング エクスペリエンスが得られます。

                                                                                        • 働き方と学習方法に統合 - Microsoft Teams、Slack、Workplace by Facebook、Microsoft Office 365、Google カレンダー、Skype for Business など、すでに使用しているサードパーティのツールを使用してミーティングをスケジュール、参加、開始します。 Webex Meetings は一般的な Learning Management Systems (LMS) と緊密に統合されているため、リモート学習はクラスと同じくらい効果的です。

                                                                                        • 1 つのミーティング エクスペリエンス - 参加者が一緒でも、別々でも、組織内でも外部でも、モバイル デバイスまたはビデオ デバイス全体で 1 つのミーティング エクスペリエンスを提供します。

                                                                                        • プロフェッショナルで効果的なミーティング - Webex Meetings アプリケーションを使用したグローバルなオンライン会議によって実現される、統合された音声、ビデオ、コンテンツ共有機能により、内部および外部の参加者を維持します。 また、他のアプリケーション、デスクトップ、ビデオファイルを共有して、より生産的でインパクトのあるコラボレーションミーティング、トレーニング、イベントを開催することもできます。

                                                                                        • 対面式の仮想ミーティング - Web ブラウザ、携帯電話、デスクトップ、または会議室内のビデオ デバイスを使用してミーティングを開始または参加します。 オンラインミーティングをさらに魅力的にしましょう。ビデオを使って直接会っていたように、発言している人を自動的に表示するように切り替わり、直感的なミーティング体験を作り出します。 パーソナライズされた、いつでも利用可能な会議室で、全員を集めてください。 独自の標準ベースのビデオ デバイスを使用できます。これにより、必要に応じてミーティングを数から数百に拡大できます。

                                                                                        • セキュリティとコンプライアンスの強化 - Cisco の専門知識で構築された多層セキュリティにより、ユーザーエクスペリエンスを損なうことなくミーティングの心配を解消できます。

                                                                                        • グローバル ミーティング アーキテクチャ—Cisco Webex® には、スピードとパフォーマンスを確保するために、ミーティング用に構築されたグローバル アーキテクチャとネットワークがあります。 世界各地にデータセンターがある場合、ユーザーは最寄りの Webex データセンターを使用して参加します。 メリットは? 参加者がどこにいても、高品質のビデオ会議を遅延なく開催できます。 これは、SaaS機能を安全かつ確実に提供するエンタープライズ構造によって可能になります。

                                                                                        • 管理の改善—コラボレーション ポートフォリオをより適切に管理するために、Cisco Webex Control Hub を使用すると、管理ユーザーは 1 つのペインで Webex Meetings 設定とレポートにアクセスできます。

                                                                                        • 導入のスピードが向上しました。セキュアな Webex プラットフォームでソリューションを迅速に展開できるため、総所有コストを低く抑えながら、短期間で価値を実現できます。 Webex Meetings は、Cisco のテクノロジーと専門知識とともに、革新的なビデオとウェブ コラボレーションのベストプラクティスを最大限に活用して、数か月以上かかるのではなく、すばやく展開できます。

                                                                                      Webex Meetings はテクノロジーを忘れるのに役立ち、計画的なイベントと生産的なミーティングに集中できます。 Webex Meetings への参加は、コンピューター、スマートフォン、タブレットのアプリから接続する場合でも、Webex Room シリーズデバイスを使用して同僚のグループに参加する場合でも、誰にとっても簡単です。

                                                                                      ホールセール Webex Assistant

                                                                                      Meeting 向け Webex Assistant は、ミーティングを検索可能にし、実用的で生産性の高い、インテリジェントでインタラクティブな仮想ミーティング アシスタントです。 Webex Assistant にミーティングまたはイベント中にアクション アイテムをフォローアップし、重要な決定事項を記録し、重要な瞬間をハイライトさせることができます。

                                                                                      Webex Assistant for Meetings は、Webex Meetings、Webex Suite パッケージ ミーティング サイト、パーソナル会議室では無料で利用できます。 新規と既存のサイトの両方でサポートされています。

                                                                                      Webex Meetings および Webex スイート パッケージの Webex Assistant Meetings を有効にする

                                                                                      Webex Assistant は、Webex Meetings および Webex Suite パッケージの卸売顧客に対してデフォルトで有効になっています。 パートナー管理者および顧客組織管理者は、Control Hub を通じて顧客組織の機能を無効にできます。

                                                                                      制限事項

                                                                                      Cisco Wholesale 版 Webex には次の制限があります。

                                                                                      • サポートは、Webex Meetings および Webex Suite パッケージのミーティング サイトとパーソナル会議室のみに制限されています。

                                                                                      • 字幕の文字起こしは、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語でのみサポートされています。

                                                                                      • メールによるコンテンツ共有は、組織内のユーザーのみアクセスできます。

                                                                                      • ミーティングコンテンツは、組織外のユーザーにはアクセスできません。 同じ組織内の異なるパッケージのユーザー間で共有されている場合、ミーティング コンテンツにもアクセスできません。

                                                                                      • Webex Meetings と Webex Suite パッケージでは、Webex Assistant が有効か無効かを問わず、ミーティング録画の議事録を利用できます。 ただし、ローカル録画が選択されている場合、ミーティング後の議事録やハイライトはキャプチャされません。

                                                                                      Webex Assistant に関する追加情報 この機能の使用方法に関するユーザー情報については、「Webex Meetings および Webex Webinars で Webex Assistant を使用する」を参照してください。

                                                                                      簡略化および集中管理

                                                                                      Wholesale RTMソリューションは、顧客をプロビジョニングおよび管理するための2つの簡単なインターフェイスを提供します。

                                                                                      • パートナー ハブ

                                                                                      • Control Hub

                                                                                      パートナーハブ: オファーの管理

                                                                                      Partner Hub は、Wholesale RTM ソリューションを管理するための Cisco の Web ベースのポータルです。 Partner Hub は、エンタープライズにまたがるオファーの属性を設定するために使用する管理インターフェイスです。 Partner Hub の機能:

                                                                                      • [オファー管理(Offer Management)]:オファーの下で管理されるすべての企業に適用されるデフォルト設定、テンプレート、ポリシーを確立します。

                                                                                      • コブランディング:サービス プロバイダーと Cisco の両方の値を再実行する共同ブランドのエンド ユーザー エクスペリエンスのために、クライアント ブランドの色、ロゴ、およびその他のクライアント属性を設定します。

                                                                                      • エンタープライズオンボーディング - 新しいビジネスをオファーに追加し、エンタープライズレベルの機能を割り当てます。 ダイヤルインおよびコールバック サービスを含むミーティング サイトの属性を設定します。

                                                                                      • Enterprise Management and Reporting: 管理する企業内の管理者に役割と責任を割り当てます。 導入状況、使用状況、品質メトリクスを監視するには、すべての企業にわたる分析を参照してください。

                                                                                      Partner Hub には複数のレベルのロールベースのアクセス制御があり、サービスプロバイダーはセキュリティのベストプラクティスを維持しながらアクセスレベルを割り当てることができます。


                                                                                       
                                                                                      Partner Hub の [概要] 画面に [トライアルの開始] ボタンが表示されます。 ただし、試用オプションはWholesale RTMパートナーには利用できません。 これらのトライアルを卸売顧客に変換できないため、パートナーはこのオプションを使用しようとしないでください。

                                                                                      Control Hub: エンタープライズに代わって管理する

                                                                                      Webex Control Hub は、Cisco の Web ベースのエンタープライズ管理ポータルです。 エンタープライズの Webex サービスを包括的に表示します。 すべての企業、ユーザー、デバイス、セキュリティ設定を 1 か所で管理できます。 Wholesale RTM ソリューションのコンテキストでは、Control Hub のプライマリユーザーは、エンドエンタープライズに代わって設定を更新するサービスプロバイダー管理者です。 また、エンタープライズ管理者がこれらの機能を実行することも可能です。 これにより、サービスプロバイダーは、必要に応じて、企業が自己管理できるようにすることができます。 サービス プロバイダーが顧客に Control Hub へのさまざまなレベルのアクセスを許可するために割り当てることができる複数のロールがあります。 これにより、柔軟性とカスタマイズ性が向上します。

                                                                                      Control Hub は、詳細な分析とレポートを使用して、すべての管理機能に 1 つの中央クラウド アプリを提供します。 また、管理者は、データを安全に保ち、規制上のニーズを満たすために、セキュリティおよびコンプライアンスポリシーを設定できます。

                                                                                      Control Hub

                                                                                      Control Hub の機能:

                                                                                      • ユーザー作成とサービス割り当て—企業のユーザーのすべての移動、追加、変更、削除(MACD)を管理します。 Control Hub を使用すると、ユーザごとに特定のパッケージタイプを設定して、共通エリアまたはスイートパッケージに関連付けることができます。

                                                                                      • Actionable Insights—すべての企業、および企業内の導入状況を確認できます。 ユーザーがどのように通話、メッセージング、ミーティングへの参加、ミーティングの継続時間、ビデオを使用しているかを理解します。 これにより、導入を測定し、オファー全体にサービスを使用するのに役立ちます。

                                                                                      • ユーザーエクスペリエンスの問題の根本原因について掘り下げる—エンタープライズレベルでは、音声品質やページロードのパフォーマンスなどの問題を特定して、影響を受ける前にトラブルシューティングできます。

                                                                                      • 柔軟なポリシー定義:ロールテンプレートと詳細なポリシーコントロールを使用して、管理者とユーザーのサービス設定を簡単に構成できます。

                                                                                      • ユーザーとデバイスの管理—デバイスをすばやくアクティベートし、ユーザーを管理し、Microsoft Active Directory との同期を有効にし、すべての企業、または管理する企業のサブセットに対して統合されたシングル サインオンを有効にします。

                                                                                      Control Hub の管理と分析の詳細については、「Control Hub 管理と分析データシート」を参照してください。

                                                                                      サービス プロバイダー スケールの API 管理

                                                                                      ホールセールRTMソリューションは、サービスプロバイダの規模に合わせて構築されています。 これを実現するために、パートナーレベルおよびエンタープライズ (Control Hub) レベルの管理のすべての機能が API 経由で有効になります。

                                                                                      Wholesale RTMソリューションには、大規模に顧客やユーザーのオンボーディングを支援するサービスプロバイダー向けに特別に構築されたAPIが含まれています。 理想的な状態では、Webex で顧客エンティティを作成するための API コールと、ユーザー向けのサービスを作成および設定するための API コールがすべて必要です。 Cisco は、API の注文やその他の手動操作を廃止する非同期 API に投資しています。 これらの API は developer.webex.com で利用できるものを拡張し、サービス プロバイダーがサービス プロバイダーから顧客、ユーザーへの統合を容易に拡張できるようにします。 これらのAPIの設計ガイドラインは、使いやすく、サービスプロバイダーが大規模に動作できるようにし、オンボーディングテンプレートを通じて柔軟性を提供し、エンド顧客へのオファーをターゲットにすることです。


                                                                                       

                                                                                      Broadworks 版 Webex の顧客は、これらの API によって拒否されます。

                                                                                      アーキテクチャの概要

                                                                                      下の図は、Wholesale Route to Marketソリューションの全体的なアーキテクチャを示しています。 強調表示されている領域は2つあります。

                                                                                      • 顧客のプロビジョニング/管理

                                                                                      • サービス プロバイダーの請求

                                                                                      これらの分野は、その後のトピックでより詳細に議論されています。

                                                                                      Wholesale RTMのアーキテクチャの概要

                                                                                      顧客のプロビジョニング

                                                                                      すでに述べたように、Wholesale Route to Marketは、顧客ごとの発注書をCCWに配置する必要性を削除します。 代わりに、サービス プロバイダーは、パブリック API またはパートナー ハブ (未来) を使用して、Webex に対して直接顧客をオンボードできます。 上の図は、高レベルの相互作用を示しています。

                                                                                      1. サービスプロバイダは、顧客関係を所有します。 顧客にサービスを販売する場合、サービスプロバイダは独自のシステムでその関係(見積もり、注文、請求、支払いを含む)を管理します。 したがって、顧客管理のステップ1は、独自のシステムで顧客をプロビジョニングすることです。

                                                                                      2. サービス プロバイダーは、パブリック API を顧客のプロビジョニング ワークフローに統合して、顧客とユーザーを Webex に自動的にオンボードし、サービスを割り当てることができます。 将来的には、このソリューションは Partner Hub 経由のオンボーディング機能もサポートします。

                                                                                      3. 顧客がオンボードされると、サービス プロバイダーは Partner Hub、Control Hub、および Public API を使用して、顧客のソリューションをさらに管理できます。


                                                                                       

                                                                                      管理者は、顧客組織が作成したのと同じレベルのパッケージでプロビジョニングする必要があります。 顧客管理者 (フル管理者) では、パッケージのダウングレードはサポートされていません。

                                                                                      パッケージ/アドオン

                                                                                      Wholesale Route to Marketのサービス割り当ての基本単位は、パッケージとAddOnsです。

                                                                                      • パッケージ は基本サービスの割り当てです。 すべてのユーザーには 1 つのパッケージ (および 1 つのみ) が割り当てられ、Webex メッセージング、ミーティング、通話サービスのセットに権限が与えられます。 パッケージの一覧については、「パッケージの提供」を参照してください。

                                                                                      • AddOns は、基本パッケージにデフォルトでは含まれていない追加の課金可能な機能です。 Wholesale RTMの最初のリリースにはAddOnsは含まれていませんが、パイプラインにはAddOnsの可能性のリストがあります。

                                                                                      制限対象および拒否対象者の確認

                                                                                      コンプライアンス上の理由から、ホールセールRTMプロビジョニングは、顧客が制限対象者リストまたは拒否対象者リストに表示されているかどうかを自動的にチェックします。 顧客の表示がいずれかのリストにある場合、プロビジョニングは保留状態になり、その間に API が定期的なステータス チェックを完了して、問題がクリアされているかどうかを確認します。 72時間経過しても顧客が保留状態のままの場合、オンボーディングは終了し、Cisco Ops チームがコンプライアンス チェックを引き継ぎ、顧客がプロビジョニングできるかどうかを判断します。

                                                                                      Cisco コンプライアンス ポリシーについては、「全般的なエクスポート コンプライアンス」を参照してください。

                                                                                      米国商務省の情報については、拒否者リストを参照してください。

                                                                                      アドレス

                                                                                      顧客を作成するときは、請求先住所の国を選択する必要があります。 この国は、Common Identityの組織国として自動的に割り当てられます。 さらに、組織国は、Cisco が有効な PSTN 通話オプションを持つ Webex ミーティング サイトのデフォルトのグローバル コールイン番号を決定します。

                                                                                      サイトのデフォルトのグローバル コールイン番号は、組織の国に基づいてテレフォニー ドメインで定義された最初の利用可能なダイヤルイン番号に設定されます。 テレフォニー ドメインで定義されたダイヤルイン番号に組織の国が見つからない場合、そのロケーションのデフォルト番号が使用されます。

                                                                                      表 3. 次の表に、各ロケーションに基づくデフォルトのコールイン国コードを示します。

                                                                                      いいえ。

                                                                                      場所

                                                                                      国番号

                                                                                      国名

                                                                                      1

                                                                                      アメリカ

                                                                                      +1

                                                                                      私達のCA

                                                                                      2

                                                                                      アジアパシフィック

                                                                                      +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65 +65

                                                                                      シンガポール

                                                                                      3

                                                                                      オーストラリア、ニュージーランド

                                                                                      +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61) +61 (+61)

                                                                                      オーストラリア

                                                                                      4

                                                                                      欧州、中東、アフリカ

                                                                                      +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44) +44 (+44)

                                                                                      イギリス

                                                                                      5

                                                                                      ユーロ

                                                                                      +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49) +49 (+49)

                                                                                      ドイツ

                                                                                      サポートされている言語ロケール

                                                                                      プロビジョニング中、言語フィールドを使用すると、管理者は特定の言語で Wholesale 顧客組織をプロビジョニングできます。 この言語は、その顧客組織と Webex Meeting サイトのデフォルト ロケールとして自動的に割り当てられます。

                                                                                      (ISO-639-1)_(ISO-3166)形式の5文字言語ロケールがサポートされています。 たとえば、en_USはnglish_E UnitedStatesに相当します。 2 文字の言語のみを要求する場合(ISO-639-1 形式を使用)、サービスは、要求された言語とテンプレートの国コード(「requestedLanguage_CountryCode」)を組み合わせて 5 文字の言語ロケールを生成します。有効なロケールを取得できない場合、必要な言語コードに基づいて使用されるデフォルトの賢明なロケールです。

                                                                                      次の表に、サポートされているロケールと、2 文字の言語コードを 5 文字のロケールに変換するマッピングを示します。

                                                                                      表 4. サポートされている言語ロケールコード

                                                                                      サポートされている言語ロケール

                                                                                      (ISO-639-1)_(ISO-3166)

                                                                                      2文字の言語コードしか使用できない場合...

                                                                                      言語コード (ISO-639-1) **

                                                                                      代わりにデフォルトの Sensible Locale を使用する (ISO-639-1)_(ISO-3166)

                                                                                      en_米国

                                                                                      en_AU

                                                                                      en_ GB

                                                                                      en_CA

                                                                                      はあ?

                                                                                      en_米国

                                                                                      fr_FR

                                                                                      fr_CA

                                                                                      FR

                                                                                      fr_FR

                                                                                      cs_CZシリーズ

                                                                                      CSについて

                                                                                      cs_CZシリーズ

                                                                                      da_デンマーク

                                                                                      ああ...

                                                                                      da_デンマーク

                                                                                      de_DE

                                                                                      DE

                                                                                      de_DE

                                                                                      hu_ハンガリー

                                                                                      フン

                                                                                      hu_ハンガリー

                                                                                      id_ID

                                                                                      id

                                                                                      id_ID

                                                                                      it_IT

                                                                                      それ

                                                                                      it_IT

                                                                                      ja_JP

                                                                                      「JA」

                                                                                      ja_JP

                                                                                      ko_KR

                                                                                      KO

                                                                                      ko_KR

                                                                                      es_ES

                                                                                      es_コラボレーション

                                                                                      es_MXについて

                                                                                      ES

                                                                                      es_ES

                                                                                      nl_NL

                                                                                      NL

                                                                                      nl_NL

                                                                                      nb_いいえ

                                                                                      メモ

                                                                                      nb_いいえ

                                                                                      pl_PLについて

                                                                                      PLについて

                                                                                      pl_PLについて

                                                                                      pt_PT

                                                                                      pt_BR

                                                                                      pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/pt/

                                                                                      pt_PT

                                                                                      ru_RU

                                                                                      RU

                                                                                      ru_RU

                                                                                      ro_RO

                                                                                      ロロ

                                                                                      ro_RO

                                                                                      zh_CN

                                                                                      zh_台湾

                                                                                      ズー

                                                                                      zh_CN

                                                                                      sv_南アメリカ

                                                                                      sv

                                                                                      sv_南アメリカ

                                                                                      ar_南アフリカ

                                                                                      アール

                                                                                      ar_南アフリカ

                                                                                      tr_TR

                                                                                      トライ

                                                                                      tr_TR


                                                                                       

                                                                                      ロケール es_CO、id_ID、nb_NO、pt_PT は Webex ミーティングサイトではサポートされていません。 これらのロケールでは、Webex Meetings サイトは英語のみになります。 サイトに no/invalid/unsupported ロケールが必要な場合、英語がサイトのデフォルト ロケールです。 この言語フィールドは、組織と Webex Meetings サイトの作成時に適用されます。 投稿またはサブスクライバの API に言語が記載されていない場合、テンプレートからの言語がデフォルトの言語として使用されます。

                                                                                      サービス プロバイダーの請求

                                                                                      Wholesale Route To Market(RTM)ソリューションの主な目標は、オンボーディング顧客におけるサービスプロバイダーのパートナー組織の負担を大幅に軽減することです。

                                                                                      • 通常、Webex 顧客ごとにサブスクリプションを確立するには、個別の発注書が必要です。 これは、オンボーディングプロセスを遅くし、通常、非常に小さなSMBの顧客数千人を扱う卸売SPにあまりにも多くの負担です(大部分のケースでは、顧客あたり20ユーザー)。

                                                                                      • これを回避するために、ホールセールRTMは、サービスプロバイダレベルで1つの「ブランク」発注書/サブスクリプションのみを必要とします。これに対して、SPは顧客ベース全体でのすべての使用に対して請求されます。 これにより、サービス プロバイダーは Webex プラットフォームへの顧客のオンボーディングに集中できるようになります。

                                                                                      図 5: アーキテクチャの概要 は、Wholesale Service Provider がサブスクリプションを確立し、最終的にすべての使用に対して請求される方法の基本的な手順を示します。

                                                                                      1. サービスプロバイダは、卸売サービスのCCWに1つの空白の発注書を配置します。 この発注書には、サービスプロバイダが顧客ベースに販売する権利を有する卸売サービス(パッケージまたはAddOns)の項目別リストが含まれています。

                                                                                      2. 顧客がプロビジョニングされ、Webex サービスが使用されると、Webex はすべてのパッケージと AddOn の使用量を追跡および記録します。

                                                                                      3. サービス プロバイダーの請求期間の終了時に、Webex は毎日の使用量の合計を比例配分し、使用量ごとに合意された価格に基づいてサービス プロバイダーに請求書を作成します。

                                                                                      4. サービス プロバイダーは、Wholesale Billing パブリック API を使用して、顧客ごと、またはユーザーごとに使用状況を分類するカスタム請求レポートを生成およびダウンロードします。 サービス プロバイダーは、これらの請求レポートのデータを使用して、顧客の使用状況に応じて顧客に請求できます。

                                                                                        Webex は、すべての使用状況の履歴記録を保持します。 これらの API の使用方法の詳細については、「請求照合」を参照してください。

                                                                                      サブパートナーの機能

                                                                                      卸売RTMサービスプロバイダのパートナーは、リセラーチャネルを持っている可能性があります。 これらのリセラーチャネルには、通常、1つまたは複数のリセラーとの契約が含まれます(この機能については、リセラーを「サブパートナー」と呼びます)。 これらのSubPartnersは通常、顧客ベースにオファーを延長し、成功に不可欠な顧客のライフサイクルを管理します。 この機能により、パートナーは SubPartners から Cisco との課金統合を抽象化できます。

                                                                                      詳細については、「卸売ルートを市場に展開」の「サブパートナーのセットアップ」セクションを参照してください。

                                                                                      セットアップ後、顧客を正常にオンボードするには、SubPartner は Partner Hub へのアクセスを使用して、通話統合と Wholesale RTM オンボーディング テンプレートを設定する必要があります (親パートナーの共有サブスクリプション ID は、テンプレートの作成中に自動的に表示されます)。 テンプレートが配置されると、SubPartner は Partner Hub または API の顧客作成ウィザードを使用して顧客をオンボードできます。 いくつかの洞察を提供するために、Webex アーキテクチャは SubPartners をパートナーとしてモデル化します。これにより、SubPartners はパートナーと同様の機能の恩恵を受けることができます。 SubPartners は、管理ユーザー、レポート、ブランディング、オンボーディングテンプレートを持ち、顧客を完全に管理できます。

                                                                                      現在、このモデルは1レベル(パートナー - ゼロ以上のSubPartners)のみをサポートしており、パートナーごとのSubPartnersの数には厳しい制限はありません。 SubPartnerは、親パートナーのインスタンスおよび親パートナーの下に存在する他のSubPartnersにアクセスできず、SubPartnerはオンボードしている顧客のみを管理できます。 パートナーは、個々のサブパートナーの請求レポートを作成、表示、および削除できます。 詳細については、サブパートナーに関連するレポートの機能強化に関する請求照会を参照してください。


                                                                                       
                                                                                      • 親パートナーは、SubPartner のパートナー ハブでテンプレートを作成できます。
                                                                                      • 親パートナーは、SubPartnerに代わって卸売顧客のオンボーディングを支援することもできます。

                                                                                      SubPartner(UIの間接プロバイダーとしても知られる)

                                                                                      この段階でのSubPartnerモデルの強化により、親パートナーはPartner HubとAPIを介して可視性とアクションを改善し、間接プロバイダーとその顧客を管理することができます。

                                                                                      親パートナーは、間接プロバイダーとその顧客の両方とマネージドバイ関係を確立し、SubPartnerモデル内の可視性と制御を改善します。

                                                                                      親パートナーとサブパートナー間のマネージドバイ関係は、サブパートナーのセットアップ段階で確立されます。

                                                                                      一方、親パートナーとサブパートナーの顧客との間の管理別関係は、卸売顧客作成または卸売組織添付中に確立されます。

                                                                                      さらに、SubPartnersが独立して操作を実行できるようにするだけでなく、この機能により、親パートナーはUIとAPIの両方を通じてSubPartnersとその顧客の両方を監視できます。

                                                                                      卸売プロビジョニング API の変更

                                                                                      Wholesale API は、パートナーに代わって追加のサポートパラメータ「onBehalfOfSubPartnerOrgId」を提供し、親パートナーが SubPartners の卸売操作を実行できるようにします。

                                                                                      パートナー ハブ

                                                                                      親パートナー - 間接プロバイダービュー

                                                                                      「パートナーフル管理者」と「卸売管理者」の両方のロールを持つ親パートナー管理者としてパートナーハブにサインインしている場合は、「間接プロバイダー」タブにアクセスできます。 このセクションには、「管理者」関係を通じてパートナー組織にリンクされたすべての間接プロバイダーが表示されます。 右側には、クロスローンチボタンがあります。 これをクリックすると、間接プロバイダーの Partner Hub アカウントに移動し、親パートナー管理者ユーザーとしてログインします。

                                                                                      親パートナー - 顧客リストビュー

                                                                                      「パートナーフル管理者」ロールと「卸売管理者」ロールの両方を持つ親パートナー管理者として Partner Hub にログインすると、親パートナーの顧客リストにアクセスできます。 ただし、サブパートナー機能の一部として、親パートナーの間接プロバイダーに属する顧客を明示的に検索できるようになりました。 これらの顧客はデフォルトでは顧客リストにロードされませんが、明示的に検索することで、親パートナー管理者はそれらを表示できます。 さらに、親パートナー管理者は、ここから間接プロバイダーの顧客の Control Hub にクロスローンチすることができます。

                                                                                      制限

                                                                                      • ヘルプデスクの相互起動は、SubPartnersでは動作しません。
                                                                                      • Partner Hub 間接プロバイダー リストの UI は、現在、100 人の間接プロバイダーしか対応していません。
                                                                                      • SubPartner Partner Hub にクロス起動すると、次の機能は利用できなくなります。
                                                                                        • 分析画面

                                                                                        • サービス画面

                                                                                        • レポート画面

                                                                                        • Webex リリース管理

                                                                                        • Flexトライアルの作成

                                                                                      卸売サブパートナー一覧

                                                                                      この API を使用して、パートナー組織の SubPartners のリストを取得します。 すべてのSubPartnersを一覧表示するか、プロビジョニング状態(一時停止、アクティブ)などの指定されたパラメータを満たすサブパートナーにリストを制限できます。


                                                                                       

                                                                                      オプションのパラメータを入力すると、API は入力したパラメータに正確に一致する SubPartners のみを返します。 たとえば、プロビジョニング状態を入力すると、その特定のプロビジョニング状態を持つ SubPartners のみが返されます。

                                                                                      1. List Wholesale SubPartners API に移動します。

                                                                                      2. [クエリーパラメータ] で、使用する検索パラメータ(たとえば、provisioningState、offset、max)を入力します。 これらのパラメータの詳細については、API の Developer ヘルプを参照してください。

                                                                                      3. [実行] をクリックします。

                                                                                        API は、一意の orgId と provisioningState とともに SubPartners のリストを出力します。

                                                                                      ブランディング

                                                                                      パートナー管理者は高度なブランディングのカスタマイズを使用して、 Webexアプリがパートナーが管理する顧客組織を検索する方法をカスタマイズます。 パートナーの管理者は次の設定をカスタマイズして、 Webexアプリに会社のブランドとアイデンティティを反映させることができます。

                                                                                      • 企業ロゴ

                                                                                      • ライト モードまたはダーク モードに対応する独自のカラー スキーム

                                                                                      • カスタマイズされたサポート URL

                                                                                      ブランディングのカスタマイズ方法の詳細については、「高度なブランディングのカスタマイズの設定」を参照してください。


                                                                                       
                                                                                      • 基本的なブランディングのカスタマイズは廃止される予定です。 幅広いカスタマイズを提供する Advanced Branding を展開することをお勧めします。

                                                                                      • 既存の顧客組織に添付する際のブランディングの適用方法の詳細については、「BroadWorks 版 Webex を既存の組織に添付する」セクションの「組織添付の条件」を参照してください。

                                                                                      顧客のオンボーディングと管理

                                                                                      展開の概要

                                                                                      Wholesale RTM ソリューションは、プロビジョニング、管理、請求の簡素化を含む合理化された展開プロセスを提供します。 次の章では、以下の手順を説明します。

                                                                                      • 新しい顧客組織と加入者をプロビジョニングする方法。

                                                                                      • 既存の顧客とサブスクライバを維持および更新する方法。

                                                                                      • 請求照会レポートを作成して、顧客に請求できるようにする方法。

                                                                                      開始する前に

                                                                                      顧客とユーザーの管理方法を決定する必要があります。 顧客のプロビジョニングと管理には、2 つのインターフェイス オプションがあります。 この章では、両方のインターフェイスの手順について説明します。

                                                                                      • Partner Hub インターフェイスを介して顧客を手動で管理する

                                                                                      • パブリック API を使用して顧客を管理する

                                                                                      また、パートナー組織内で管理ロールをまだ割り当てていない場合は、「BroadWorks 版 Webex およびホールセール RTM のパートナー管理者ロール」を参照してください。

                                                                                      Wholesale Setup Assist によるオンボーディング

                                                                                      Wholesale Setup Assist は、Cisco が Wholesale RTM パートナーに提供するオプションの顧客オンボーディングサービスで、顧客のオンボーディングを支援します。 このサービスは、Cisco Commerce Workspace (CCW) で A-Wholesale SKU を注文するパートナーであれば誰でも利用できます。 パートナーは、ExpressまたはStandard Wholesale SKUを使用して、特定の顧客ロケーションのサービスを注文できます。skuは、顧客ロケーションのユーザー数に基づいて自動的に割り当てられます。

                                                                                      追加の利点として、サービスはパートナーの請求照会レポートを自動的に更新し、パートナーが顧客に適切に請求できるようにします。

                                                                                      以下は、2つのWholesale Setup Assist SKUとそれぞれの価格モデルです。 これらはパートナーへの純転送価格であることに注意してください。 表示価格は、ホールセール パートナーの割引によって異なります。

                                                                                      表 1. 卸売セットアップアシストSKU

                                                                                      SKU

                                                                                      SKU は次の目的で使用されます...

                                                                                      卸売セットアップアシストエクスプレス使用

                                                                                      最大5席の設置場所を設定するためのフラットチャージ

                                                                                      卸売セットアップアシスト標準使用量

                                                                                      5席以上の場所を設定するためのユーザーあたりの料金

                                                                                      ホールセール セットアップ アシストによるオンボーディング フロー

                                                                                      このセクションでは、ホールセール セットアップ アシストを使用するときのオンボーディング フローについて説明します。

                                                                                      前提条件

                                                                                      • パートナーは、Wholesale Route-to-Marketソリューションに完全にオンボーディングする必要があります。 これには、PSTN 接続性、完了したサードパーティのホスティング要件、OSS/BSS 設定などの項目が含まれます。

                                                                                      • Wholesale Setup Assistのすべてのリクエストは、オンボーディング完了の6営業日前までに提出する必要があります。

                                                                                      • お客様は cscan.webex.com でネットワーク接続を確認することをお勧めします

                                                                                      オンボーディングフロー

                                                                                      表 2. ホールセール セットアップ アシストを使用したオンボーディング プロセス

                                                                                      アクション

                                                                                      説明

                                                                                      1

                                                                                      数量1A-Wholesale SKUについては、Cisco Commerce Workspace (CCW) で1回限りの発注書を発行します。

                                                                                      注文の詳細については、『Webex - Wholesale Ordering Guide』を参照してください。


                                                                                       
                                                                                      これは、パートナーごとに1回のみ完了する必要があります。 プロビジョニングする新規顧客ごとにこれを繰り返す必要はありません。

                                                                                      2

                                                                                      次のいずれかのフローを使用して、顧客のプロビジョニング タスクを完了します。

                                                                                      Partner Hub で顧客組織を手動でプロビジョニングするか、API を使用してプロビジョニングを完了することができます。

                                                                                      3

                                                                                      卸売セットアップ支援リクエストフォームの送信

                                                                                      プロビジョニング後、Wholesale Setup Assist Request Form でサブスクリプションリクエストを送信します。


                                                                                       

                                                                                      また、コール経由でCallingヘルプデスクにリクエストを送信することもできます。

                                                                                      4

                                                                                      セットアップ アシスト チームは、次のいずれかのフローを使用して顧客をオンボードするのに役立ちます。

                                                                                      オンボーディングしている顧客のロケーションに適用されるフローを参照してください。 このフローでは、プロセスの各段階における Cisco とパートナーの責任の両方が説明されています。

                                                                                      セットアップアシスタンス (Express Flow)

                                                                                      次の表は、Cisco Wholesale Setup Assist チームがオンボーディングを引き継いだときに、Express オプションのプロジェクト フローを分解します。 以下のプロジェクトフェーズは、プロビジョニングを完了し、サポートリクエストを送信した後に発生します (Wholesale Setup Assist Request フォーム経由)。

                                                                                      この表では、プロジェクトの各段階における Cisco の責任とパートナーの責任が分かれています。

                                                                                      表 3. 卸売セットアップアシスト - エクスプレスプロジェクトフェーズ

                                                                                      プロジェクトフェーズ

                                                                                      この段階における Cisco の責任

                                                                                      この段階におけるパートナーの責任

                                                                                      1

                                                                                      発見と評価

                                                                                      • ホールセール セットアップ アシスト リクエスト フォーム (または電話) から顧客情報を送信します。

                                                                                      • 提供された顧客の連絡先に、コール フローに精通した人物が含まれていることを確認します。

                                                                                      • コールフロー戦略に対する顧客の承認を取得します。

                                                                                      • オンライントレーニング、管理ガイド、ユーザーガイドの詳細を提供します。

                                                                                      2

                                                                                      ソリューション設計

                                                                                      • 顧客のロケーションに連絡します (最大 1 時間の顧客通話)。

                                                                                      • ユーザーと機能の構成を完了します。

                                                                                      • 割り当てられた番号をテストします。

                                                                                      • Control Hub のログインが機能することを確認します。

                                                                                      • 機能やユーザーポータルを調べます。

                                                                                      必要に応じて顧客とフォローアップします。

                                                                                      セットアップアシスタンス(標準フロー)

                                                                                      次の表は、Cisco Wholesale Setup Assist チームがオンボーディングを引き継いだときに、Express オプションのプロジェクト フローを分解します。 以下のプロジェクトフェーズは、プロビジョニングを完了し、サポートリクエストを送信した後に発生します (Wholesale Setup Assist Request フォーム経由)。

                                                                                      この表では、プロジェクトの各段階における Cisco の責任とパートナーの責任が分かれています。

                                                                                      表 4. 卸売セットアップアシスト - 標準プロジェクトフェーズ

                                                                                      プロジェクトフェーズ

                                                                                      この段階における Cisco の責任

                                                                                      この段階におけるパートナーの責任

                                                                                      1

                                                                                      プロジェクト管理

                                                                                      • パートナーと顧客に、主要な人員と責任のリストを提供します。

                                                                                      • プロジェクトのスケジュール、成果物、レポート頻度、マイルストーン、イベントを提供します。

                                                                                      • リスクとポテンシャル上の問題を特定します。

                                                                                      • プロジェクト完了時に引き継ぎを提供します。

                                                                                      • パートナー/顧客の役割と責任のリストを提供する

                                                                                      • ID プライマリおよびバックアップ サイトの連絡先。 主要な担当者が割り当てられ、利用可能であることを確認してください。

                                                                                      • 必要に応じて、外部の第三者との調整を行います。

                                                                                      • 情報がシスコの要求から 2 営業日以内に提供されていることを確認してください。

                                                                                      2

                                                                                      発見と評価

                                                                                      • 顧客とのプロジェクト計画のオリエンテーション。

                                                                                      • 移行するサイトを計画します。

                                                                                      • ステークホルダーへのインタビューを実施。

                                                                                      • データ収集文書の草案。

                                                                                      • パートナーと顧客を支援します。

                                                                                      • 評価報告書に推奨事項と除外事項を記載する。

                                                                                      • 既存の通話プラットフォーム情報を入力します。

                                                                                      • ユーザとデバイスのロケーション設定情報を入力します。

                                                                                      • ミーティングに出席し、関連情報を提供してください。

                                                                                      3

                                                                                      ソリューション設計

                                                                                      • パートナーからのデータ収集ドキュメントを確認します。

                                                                                      • 構成に必要な情報を含む Webex Calling 構成ワークブックの草案。

                                                                                      • 技術要件と既存の文書を確認します。

                                                                                      • ユーザーとロケーションのデータ収集用のテンプレートを提供します。

                                                                                      • 構成ワークブックを開発します。

                                                                                      • 更新された顧客アンケート、構成ワークブック、ビルドドキュメントをパートナーに提供します。

                                                                                      • キーパーソンが利用可能であることを確認してください。

                                                                                      • 文書(顧客アンケート、データ収集ワークブック)をレビューする。

                                                                                      4

                                                                                      オンボーディング (テスト) プランニング段階

                                                                                      • テストプランワークショップを開催します。

                                                                                      • テストプランを作成し、顧客に提供します。

                                                                                      • テストプランワークショップに参加します。

                                                                                      • 顧客の要件を調整します。

                                                                                      • 移行計画をレビューします。

                                                                                      5

                                                                                      実装

                                                                                      • ワークブックに構成をインストールします。

                                                                                      • 更新された構成ワークブックを提供します。

                                                                                      • CPE をオンサイトおよび通話クライアントに展開します。

                                                                                      • ディレクトリ、SSO、ハイブリッド サービスを設定します。

                                                                                      • Control Hub 設定。

                                                                                      • ユーザーとロケーションデータを RedSky ポータルに収集します。

                                                                                      • 証明書と CSR を取得します。

                                                                                      • 設定に必要な変更のためのネットワーク設定(ファイアウォールポート、DHCP、TFTP、Qos)。

                                                                                      6

                                                                                      オンボーディングの実行

                                                                                      • パートナーソリューションを本番環境に移行します。

                                                                                      • ユーザーを Webex Calling に移行します。

                                                                                      • 顧客との移行を調整します。

                                                                                      • オンサイトのリソースを提供します。

                                                                                      • 座標 (番号の移植、サードパーティの要素)。

                                                                                      • 移行をサポートするために、オンプレミス装置にダイヤル プランの変更を設定します。

                                                                                      7

                                                                                      導入後の登録

                                                                                      • 移行後、最大 5 営業日の移行後のサポート。

                                                                                      • トラブルシューティングのサポート

                                                                                      • 最初のレベルの連絡先とサポート。

                                                                                      • トラブルシューティングのためのオンサイト リソースを提供します。

                                                                                      8

                                                                                      オペレーションの引き継ぎ

                                                                                      • 更新された構成ワークブックを提供します。

                                                                                      • 移行終了通知を送信します。

                                                                                      • 移行は終了します。

                                                                                      パートナー事前プロビジョニングチェック API

                                                                                      事前プロビジョニングチェック API は、顧客またはサブスクライバにパッケージをプロビジョニングする前にエラーをチェックすることで、管理者とセールスチームを支援します。 パートナーフル管理者ロールを持つユーザーが許可したユーザーまたはインテグレーションは、この API を使用して、特定の顧客またはサブスクライバのパッケージプロビジョニングに競合やエラーがないことを確認できます。

                                                                                      API は、この顧客/サブスクライバと Webex の既存の顧客/サブスクライバとの間に競合があるかどうかを確認します。 たとえば、サブスクライバがすでに別の顧客またはパートナーにプロビジョニングされている場合、別のサブスクライバにメール アドレスがすでに存在している場合、またはプロビジョニング パラメータと Webex にすでに存在するものとの間に競合がある場合、API はエラーをスローする可能性があります。 これにより、プロビジョニングの前にこれらのエラーを修正する機会が与えられ、プロビジョニングが成功する可能性が高まります。

                                                                                      API の詳細については、次を参照してください。 Webex for Wholesale 開発者ガイド

                                                                                      API を使用するには、次のページに移動します。 Wholesale サブスクライバ プロビジョニングの事前確認


                                                                                       

                                                                                      Wholesale Subscriber Provisioning ドキュメントの事前チェックにアクセスするには、https://developer.webex.com/ ポータルにログインする必要があります。

                                                                                      顧客組織のタスク フローのプロビジョニング (パートナー ハブ経由)

                                                                                      次のタスクを完了して、Partner Hub を使用して新しい顧客組織を手動でプロビジョニングします。

                                                                                       
                                                                                      また、API を使用して顧客組織をプロビジョニングすることもできます。 「顧客組織のタスクフローのプロビジョニング (API 経由)」を参照してください。
                                                                                      1

                                                                                      オンボーディング テンプレートの設定

                                                                                      顧客をプロビジョニングする前に、オンボーディング テンプレートを設定する必要があります。 既存のテンプレートを使用するか、新しいテンプレートを作成できます。

                                                                                      2

                                                                                      Partner Hub 経由で顧客を作成する

                                                                                      Partner Hub で新しい顧客組織を手動で作成します。

                                                                                      3

                                                                                      顧客のセットアップ

                                                                                      ユーザーとロケーションを追加して、新しく作成した顧客を設定します。

                                                                                      オンボーディング テンプレートの設定

                                                                                      顧客組織またはユーザーをプロビジョニングするには、オンボーディング テンプレートが必要です。 この手順を使用して、テンプレートを使用する顧客組織に適用する共通設定を持つオンボーディング テンプレートを作成します。 次の条件が適用されます。

                                                                                      • 1 つのオンボーディング テンプレートを複数の顧客に適用できます。

                                                                                      • さまざまな顧客セットをターゲットにした設定を使用して、複数のオンボーディング テンプレートを作成できます。

                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインし、[顧客] を選択します。

                                                                                      2

                                                                                      既存のテンプレートを表示するには、[テンプレート]ボタンをクリックします。

                                                                                      3

                                                                                      クリックテンプレートを作成を選択します。

                                                                                      4

                                                                                      [卸売業向け Webex] を選択し、[次へ] をクリックします。

                                                                                      5

                                                                                      主な設定をセットアップします。

                                                                                      • [テンプレート名(Template Name)]:テンプレートの説明的な名前を入力します。
                                                                                      • 国または地域—ドロップダウンから、国または地域を選択します。
                                                                                      • サービス プロバイダー管理者—ドロップダウンから管理者を選択します。
                                                                                      6

                                                                                      [Wholesaleサブスクリプション] ドロップダウンから、サブスクリプションを選択します。

                                                                                      7

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      8

                                                                                      次の認証方法のいずれかを選択します。

                                                                                      • Webex 認証—このオプションを選択して、Webex Common Identity を ID プロバイダーとして使用します (これはデフォルトです)。
                                                                                      • パートナー認証—独自の ID プロバイダーがある場合は、このオプションを選択します。 IDP Entity IDの場合、ID プロバイダーの SAML メタデータ XML から EntityID を入力します。

                                                                                       
                                                                                      パートナー認証を使用する場合は、まず ID プロバイダを設定する必要があります。 詳細については、「パートナー SSO - SAML」を参照してください。
                                                                                      9

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      10

                                                                                      [Wholesale calling] から [Cloud Connected PSTN プロバイダ] を選択し、[次へ] をクリックします。 このフィールドは Webex Meetings パッケージではオプションですが、他のパッケージでは必須であることに注意してください。

                                                                                      11

                                                                                      共通設定コール設定のオプションを設定します。

                                                                                      • 既存の組織に添付するときに、admin-invite メールを制限する—デフォルトでは、このトグルは無効になっています。
                                                                                      • ブランド名—ブランド名を入力します。 このフィールドは、オンボーディング中に自動生成された電子メールでサービス プロバイダーのオファーを識別するために使用されます。
                                                                                      • Webex の通話を無効にする (1 対 1、非 PSTN)—デフォルトでは、このトグルは無効になっています。 Webex 通話を無効にする場合にのみ、このトグルを有効にします。
                                                                                      12

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      13

                                                                                      設定の概要を確認し、[編集] をクリックして必要な設定を変更します。 設定が正しい場合は、[送信]をクリックします。

                                                                                      新しく作成したテンプレートがテンプレート ビューに追加されます。
                                                                                      14

                                                                                      作成したテンプレートを開き、[プロビジョニングID] 値をコピーします。 顧客組織をプロビジョニングする場合、この値が必要です。

                                                                                      Partner Hub 経由で顧客を作成する

                                                                                      この手順を使用して、Partner Hub で新しい顧客組織を手動で作成します。
                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインします。

                                                                                      2

                                                                                      既存の顧客の一覧を表示するには、[顧客]をクリックします。 任意の顧客を選択して、その組織に関する情報を表示できます。

                                                                                      3

                                                                                      新しい顧客組織を作成するには、[顧客の作成] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      [顧客情報] 画面で、会社名、管理者のメール、適用するテンプレートなどの詳細を入力します。

                                                                                      5

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      6

                                                                                      [パッケージ] 画面で、この顧客に適用するパッケージを選択し、[次へ] をクリックします。

                                                                                      7

                                                                                      本社の所在地画面で、顧客の本社の所在地情報を入力します。

                                                                                      8

                                                                                      本社が Webex でサポートされているロケーションにある場合は、[この顧客が Cisco Webex でサポートされているロケーションにいることを確認する] チェックボックスをクリックします。

                                                                                      9

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      10

                                                                                      顧客の概要を確認します。 情報が正しい場合は、「顧客の作成」をクリックします。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      顧客組織が作成されます。 ユーザーを追加して顧客を設定できるようになりました。

                                                                                       
                                                                                      1 つの地域のWebexパートナーは、サービスを提供する任意の地域で顧客組織を作成できます。 ヘルプについては次を参照してください: Webex のデータ レジデンシー

                                                                                      顧客のセットアップ

                                                                                      この手順を使用して、Partner Hub にユーザーとロケーションを追加して、新しく作成された顧客組織をセットアップします。
                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインします。

                                                                                      2

                                                                                      [顧客] をクリックし、適切な顧客を選択します。 顧客の設定が画面の右側に表示されます。

                                                                                      3

                                                                                      [顧客の設定] をクリックします。 ユーザーのセットアップウィザードが起動します。

                                                                                      4

                                                                                      [ロケーションの追加と確認]画面で、支店などの追加のロケーションを入力します。

                                                                                      5

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      6

                                                                                      [ユーザーの追加] 画面で、名、姓、メール、パッケージ、ロケーションなどのユーザーの詳細を入力します。

                                                                                      7

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      8

                                                                                      通話パッケージを持つユーザーに電話番号を割り当てます。

                                                                                      9

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      10

                                                                                      入力した情報を確認します。

                                                                                      11

                                                                                      [ユーザーの作成] をクリックします。


                                                                                       
                                                                                      顧客組織に Control Hub アクセシビリティを提供している場合、顧客管理者にロールを割り当てることもできます。 参照先Control Hub で組織アカウントのロールを割り当てるを選択します。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      オプションです。 Wholesale Setup Assistサービスを使用している場合は、「Submit Wholesale Setup Assist Request Form」を参照してください。

                                                                                       

                                                                                      管理者は、顧客組織が作成したのと同じレベルのパッケージでプロビジョニングする必要があります。 顧客管理者 (フル管理者) では、パッケージのダウングレードはサポートされていません。

                                                                                      顧客組織のタスク フローのプロビジョニング (API 経由)

                                                                                      これらのタスクを完了して、新しい顧客組織をプロビジョニングし、それらの組織にユーザーを追加します。

                                                                                       
                                                                                      Partner Hub を使用して顧客組織をプロビジョニングすることもできます。 「顧客組織のタスクフローのプロビジョニング (Partner Hub 経由)」を参照してください。
                                                                                      1

                                                                                      オンボーディング テンプレートの設定

                                                                                      顧客をプロビジョニングする前に、Partner Hub でオンボーディング テンプレートを設定している必要があります。 既存のテンプレートを使用するか、新しいテンプレートを作成できます。

                                                                                      2

                                                                                      卸売顧客 API のプロビジョニング

                                                                                      API を使用して顧客組織をプロビジョニングします。 新規顧客組織にオンボーディング テンプレートの設定を適用します。

                                                                                      3

                                                                                      プロビジョニング卸売サブスクライバAPI

                                                                                      API を使用してサブスクライバ (ユーザー) を顧客組織に追加します。

                                                                                      卸売顧客 API のプロビジョニング

                                                                                      プロビジョニング API を使用して新しい Wholesale 顧客組織をプロビジョニングするには、次の手順を使用します。

                                                                                      始める前に

                                                                                      オンボーディング テンプレートは、Partner Hub にすでに存在している必要があります。 顧客をプロビジョニングするときは、使用するテンプレートから provisioningID フィールドの値を入力する必要があります。 詳細については、「オンボーディング テンプレートの設定」を参照してください。

                                                                                       

                                                                                      サポートされている言語の詳細については、次を参照してください。 サポートされている言語ロケール

                                                                                      1

                                                                                      Wholesale Customer API のプロビジョニングを開きます。

                                                                                      2

                                                                                      右側の設定領域で、顧客組織の必須フィールドを入力します。 次の例の形式に従ってください。

                                                                                      • provisioningID:使用するオンボーディング テンプレートに関連付けられている ID を入力します。
                                                                                      • パッケージ—プロビジョニングするパッケージを入力します(common_area_calling、webex_calling、webex_suite、webex_meetingsなど)。
                                                                                      • orgID:この組織を既存の組織に添付する場合は、orgID を入力します。
                                                                                      • externalID:新しい組織の場合は、外部 ID の任意のテキストを入力します。
                                                                                      • [アドレス(Address)]:要求された形式でアドレスを入力します。 組織国は、Cisco が有効な PSTN 通話オプションを持つ Webex ミーティング サイトのデフォルトのグローバル コールイン番号を決定します。 詳細については、ヘルプページの「住所」セクションを参照してください。
                                                                                      • customerInfo – この顧客に必要な情報 (名前とプライマリ メールなど) を入力します。
                                                                                      • provisioningParameters:オプション。 設定するプロビジョニング パラメータを入力します。 入力できるパラメータのリストについては、開発者サイトを参照してください。
                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      結果が [応答(Response)] ウィンドウに表示されます。 応答には、[ロケーション(Location)] ヘッダーに表示され、組織を指す URL も含まれます。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      プロビジョニング Wholesale サブスクライバを顧客組織に提供します。

                                                                                      プロビジョニング卸売サブスクライバAPI

                                                                                      プロビジョニング API を使用してサブスクライバ(ユーザ)を顧客組織に追加するには、次の手順を使用します。

                                                                                       
                                                                                      新しい顧客組織に最初にプロビジョニングされたユーザーには、自動的に管理者権限が割り当てられます。
                                                                                      1

                                                                                      Wholesale サブスクライバ API のプロビジョニングを開きます。

                                                                                      2

                                                                                      次の必須フィールドに入力します。 フィールドの詳細については、API のフィールドの説明を参照してください。

                                                                                      • customerID—サブスクライバがプロビジョニングされる顧客の customerID を入力します。
                                                                                      • email:サブスクライバのメールを入力します。 組織にプロビジョニングされた fiirst ユーザーは管理者ユーザーであることに注意してください。
                                                                                      • パッケージ:パッケージを入力します(common_area_calling、webex_calling、webex_suite、webex_meetingsなど)。
                                                                                      • provisioningParameters:firstname パラメータと lastName パラメータは必須です。 パッケージを呼び出すには、内線番号または primaryPhoneNumber のいずれかをプロビジョニングすることも必須です。

                                                                                       
                                                                                      LocationId プロビジョニング パラメータは、コーリング パッケージにのみ適用されます。 このサブスクライバを複数のロケーションを持つ既存の顧客組織に接続する場合に、このフィールドを使用できます。 このフィールドでは、適切なロケーションを指定できます。
                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      これらの手順を繰り返して、追加のサブスクライバをプロビジョニングします。


                                                                                       
                                                                                      顧客組織に Control Hub アクセシビリティを提供している場合、顧客管理者にロールを割り当てることもできます。 参照先Control Hub で組織アカウントのロールを割り当てるを選択します。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      オプションです。 Wholesale Setup Assistサービスを使用している場合は、「Submit Wholesale Setup Assist Request Form」を参照してください。

                                                                                      卸売セットアップ支援リクエストフォームの送信

                                                                                      ホールセール セットアップ アシスト サービスを使用している場合は、Partner Hub と Control Hub で顧客とユーザーをプロビジョニングしてサブスクリプション リクエストを送信した後、このフォームに入力します。

                                                                                      1

                                                                                      Wholesale Setup Assist Request Formを開きます。

                                                                                      2

                                                                                      リクエストフォームで次のフィールドに入力します。

                                                                                      ほとんどの値は、Partner Hub と Control Hub の設定から取得できます。 次の表では、いくつかの目立つ設定に適切な値を見つける方法について説明します。

                                                                                      表 5. 卸売セットアップアシストリクエストフォームに必要な設定

                                                                                      フィールド

                                                                                      この Partner Hub / Control Hub 設定を使用する...

                                                                                      パートナー/エージェント組織 ID

                                                                                      Partner Hub の左側のナビゲーションバーで、パートナー名をクリックします。 設定ウィンドウで、パートナーの組織IDをコピーします。

                                                                                      顧客の組織 ID

                                                                                      Partner Hub から、[顧客] をクリックし、適切な顧客を選択します。 その顧客の組織IDをコピーする

                                                                                      Wholesaleのサブスクリプションは有効ですか?

                                                                                      YESを選択します。

                                                                                      サブスクリプション ID

                                                                                      Partner Hub から、[顧客] をクリックし、適切な顧客を選択します。 [サブスクリプション] で、サブスクリプション ID をコピーします。

                                                                                      ロケーションの合計数

                                                                                      この設定に基づいて、顧客の Control Hub に入力されたロケーションの数をオフにします。

                                                                                      その顧客の Control Hub インスタンスを起動します。 [通話] を選択し、場所 (本社所在地など) に関する情報については、[場所] ボタンをクリックします。

                                                                                      ロケーション ID

                                                                                      Control Hub から、顧客のロケーション設定を開きます (前の説明を参照)。 適切なロケーションにロケーションIDをコピーします。

                                                                                      3

                                                                                      SmartSheetの追加のフィールドに入力します。 * ですべてのフィールドに入力してください。

                                                                                      4

                                                                                      リクエストのコピーを電子メールで受け取るには、[回答のコピーを送信]チェックボックスをオンにします。

                                                                                      5

                                                                                      [送信] をクリックします。


                                                                                       
                                                                                      問題が発生した場合は、Calling ヘルプデスクからセットアップアシストヘルプをリクエストできます。 チームは「ハウツー」通話の質問を支援し、セットアップ アシスト チームとのエンゲージメントを開始します。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      Cisco の Wholesale Setup Assist チームがオンボーディング プロセスを引き継ぎ、あなたと協力してオンボーディング プロセスを完了します。 プロジェクトのフロー、およびこのプロセス中の Cisco の責任とパートナーの責任の詳細については、次の 2 つのフローのいずれかを参照してください。

                                                                                      • Express Flowについては、「リファレンス」セクションの「卸売セットアップアシストによるオンボーディングフローのセットアップアシスタンス(Express Flow)」を参照してください。

                                                                                      • 標準フローについては、「リファレンス」セクションの「卸売セットアップアシストによるオンボーディングフローのセットアップアシスタンス(標準フロー)」を参照してください。

                                                                                      SubPartner を設定する

                                                                                      このモデルでのセットアップを要求する一方で、テクニカルオンボーディング、セットアップ、サポートの各フェーズで SubPartner をサポートするために、パートナーは SubPartner ごとに管理者アカウントを維持することを推奨します。 これは、パートナーにとって追加の運用上の課題(SubPartnerごとに新しい電子メールと資格情報を維持する)をもたらし、将来の段階でこれを修正することを求める可能性があることを認識しています。 ただし、以下の詳細をPSMチームにご連絡ください。

                                                                                      • あなたの組織 ID

                                                                                      • 組織名

                                                                                      • サブパートナー組織名

                                                                                      • 最初のサブパートナー管理者ユーザーとして割り当てるメールアドレス

                                                                                      • 最初のSubPartner管理者ユーザーの名と姓

                                                                                      • サブスクリプション ID はサブパートナー組織と共有されます

                                                                                      Partner Hub 経由の管理

                                                                                      Partner Hub ユーザー インターフェイスには、Partner Hub インターフェイスを介して多くの管理タスクを手動で管理できるオプションが含まれています。 たとえば、folloiwng タスクを実行できます。

                                                                                      • 新しい顧客組織とユーザーのプロビジョニング

                                                                                      • 既存の組織のユーザーを追加または更新する

                                                                                      • 既存の設定を更新

                                                                                      ユーザーを手動で追加

                                                                                      この手順を使用して、Control Hub から手動で既存の顧客組織に最大 25 人のユーザーを追加します。
                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインし、[顧客] をクリックします。

                                                                                      2

                                                                                      該当する顧客の顧客ビューを起動します。

                                                                                      Control Hub で顧客ビューが開きます。
                                                                                      3

                                                                                      [ユーザー] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      [ユーザーの管理] をクリックします。

                                                                                      5

                                                                                      [手動でユーザーを追加]をクリックします。


                                                                                       

                                                                                      ユーザーを追加または変更するための追加オプションもあります。

                                                                                      • CSV ファイルでユーザーを追加または変更する

                                                                                      • ユーザーを要求

                                                                                      • ディレクトリ同期

                                                                                      6

                                                                                      そのユーザーの基本情報(名前、メールアドレス、パッケージなど)を入力し、[次へ]をクリックします。

                                                                                      7

                                                                                      ユーザーを追加します。 最大で 25 人のユーザーを追加できます。

                                                                                      8

                                                                                      [次へ] をクリックします。

                                                                                      9

                                                                                      [閉じる] をクリックします。

                                                                                      ユーザーパッケージの変更

                                                                                      Control Hub でこの手順を使用して、ユーザーのパッケージを変更します。
                                                                                      1

                                                                                      Partner Hub にサインインし、[顧客] をクリックします。

                                                                                      2

                                                                                      ユーザが属している顧客の顧客ビューを起動します。

                                                                                      3

                                                                                      Control Hub で、[ユーザー] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      パッケージを変更するユーザーを選択します。

                                                                                      5

                                                                                      パッケージセクションで、矢印 (>) をクリックします。

                                                                                      6

                                                                                      新しいパッケージを選択してください。

                                                                                      7

                                                                                      パッケージを Webex Calling または Webex Suite に変更した場合は、発信番号情報を更新します。

                                                                                      8

                                                                                      [変更] をクリックします。

                                                                                      顧客管理 API

                                                                                      次のパブリック API では、Wholesale パートナーが既存の顧客組織の設定を管理できます。

                                                                                      API

                                                                                      説明

                                                                                      卸売顧客を更新

                                                                                      この API を使用して、既存の顧客組織のいずれかの設定を更新します。

                                                                                      卸売顧客を取得する

                                                                                      この API を使用して、orgID、アドレス、プロビジョニング ステータス、パッケージなど、既存の顧客の設定の概要を表示します。

                                                                                      卸売業者の顧客をリストする

                                                                                      この API を使用して、主な設定の概要とともに、顧客組織を一覧表示します。 オプションのパラメータを入力して、検索条件を満たす組織のみに検索を制限できます。

                                                                                      卸売顧客を削除する

                                                                                      この API を使用して、既存の顧客組織を削除します。

                                                                                      卸売顧客を更新する

                                                                                      公開 API を使用して、卸売顧客の顧客詳細を更新します。
                                                                                      1

                                                                                      Wholesale Customer API の更新を開きます。

                                                                                      2

                                                                                      [PUT] フィールドで、[customerID] をクリックし、更新する顧客組織の customerID を入力します。

                                                                                      3

                                                                                      本文に任意のパラメータを入力します。

                                                                                      • externalID(外部ID)

                                                                                      • packages—このフィールドには、API の実行後に顧客に必要なパッケージの完全なリストが含まれている必要があります。 たとえば、顧客に 1 つのパッケージがあり、2 番目のパッケージを追加する場合は、両方のパッケージを入力します。

                                                                                      • 住所

                                                                                      • provisioningParameters:パラメータオプションの詳細については、API 開発者向けドキュメントを参照してください。

                                                                                      4

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      卸売顧客を取得する

                                                                                      パブリック API を使用して特定の顧客組織の顧客詳細を取得するには、次の手順を使用します。
                                                                                      1

                                                                                      Get a Wholesale Customer API を開きます。

                                                                                      2

                                                                                      GET行でidをクリックし、顧客IDを入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      出力には、その顧客組織の詳細が表示されます。

                                                                                       
                                                                                      ロケーション URL を使用して顧客を検索することもできます。

                                                                                      卸売業者の顧客をリストする

                                                                                      API を使用して、既存の顧客組織のリストと、それらの顧客組織の詳細を取得するには、この手順を使用します。

                                                                                      • 検索パラメータなしで API を実行すると、出力にはパートナーが管理するすべての顧客が表示されます。

                                                                                      • 検索パラメータで API を実行すると、出力には条件に一致する顧客のみが表示されます。 たとえば、externalIdを入力すると、そのIdを使用する顧客組織のみが出力されます。
                                                                                      1

                                                                                      List Wholesale Customers API を開きます。

                                                                                      2

                                                                                      オプションです。 任意の検索パラメータを入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      出力には、検索条件を満たす顧客の顧客詳細が表示されます。

                                                                                      卸売顧客を削除する

                                                                                      この手順を使用して、既存の顧客組織から卸売サービスを削除します。


                                                                                       
                                                                                      この API は、既存の Webex 顧客組織から卸売サービスを削除しますが、組織を完全に削除することはありません。 Webex から組織を削除するには、組織 API を使用します。

                                                                                      始める前に

                                                                                      Get a Wholesale Customer APIを実行して、削除する顧客組織のcustomerIDを取得します。
                                                                                      1

                                                                                      [Delete a Wholesale Customer API] を開きます。

                                                                                      2

                                                                                      削除する顧客組織の顧客IDを入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      デバイスのオンボーディングと管理

                                                                                      Wholesale RTM は、Webex プラットフォームで利用可能なさまざまなデバイス管理 (DM) オプションを使用して、すべての Cisco デバイスと幅広いサードパーティデバイスをサポートします。 DMオプションは以下のように詳細です。

                                                                                      1. Cisco 管理対象 Cisco デバイス: Cisco Webex プラットフォームは、この DM オプションを使用して、すべての Cisco デバイス (MPP および RoomOS) をネイティブにサポートします。 これらのデバイスは、CH または API を介して直接追加およびプロビジョニングでき、パートナーと顧客に Cisco Experience で最高の Cisco を提供できます。 Cisco デバイスは Webex 認識機能も有効になっており、ユーザーは Cisco MPP 電話から Webex サービス (強化されたサービスアビリティ、統合通話履歴、ディレクトリ同期、Webex プレゼンス、参加ボタン 1 つ、ホット デスキングなど) にアクセスできます。 リストされている Webex サービスに加えて、RoomOS デバイスから PSTN 通話を行うこともできます。

                                                                                        新しい MPP デバイスのオンボード手順については、「Webex Calling デバイスの構成と管理」を参照してください。

                                                                                        Cisco デバイスの機能の詳細については、「Cisco MPP デバイスで利用可能な Webex 機能」を参照してください。

                                                                                      2. Cisco が管理するサードパーティ デバイス: Cisco Webex プラットフォームは、広く展開されているいくつかのサードパーティ製デバイス (Poly、Yealink、その他) をネイティブにサポートしています。 Wholesale の新しい顧客組織は、Cisco またはアカウントマネージャに連絡して有効化できる新しい電話を追加するときに、これらのサードパーティの電話にアクセスできません。 これらのデバイスの詳細については、「Webex Calling でサポートされるデバイス」を参照してください。
                                                                                      3. 外部管理デバイス: シスコはさらに、パートナーと顧客が汎用 SIP デバイスとしてデバイスをプロビジョニングし、必要な DM 機能のレベルに基づいて外部 DM ツールを使用するか、使用せずに SIP 認証資格情報/設定ファイルをダウンロードして管理できる、外部管理された DM オプションを使用して、幅広いサードパーティデバイスのサポートを可能にします。 これらの DM オプションは次のとおりです。
                                                                                        1. 顧客管理型デバイス: この DM オプションを使用すると、パートナーと顧客は、カスタマイズ要件が非常に低いポケットベル、ドアフォンなどの汎用 SIP デバイスをサポートできます。 顧客管理デバイスを追加する方法の詳細については、「顧客管理デバイスを追加」を参照してください。
                                                                                        2. パートナー管理デバイス: これは、パートナーと顧客が外部 DM ツールを使用して、完全なカスタマイズと大規模でさまざまなサードパーティ SIP 電話とゲートウェイをサポートできる新しい DM オプションです。 パートナー管理対象デバイスの詳細については、「Webex のパートナー管理対象デバイス」を参照してください。

                                                                                      請求の照合

                                                                                      パートナー管理者は、Wholesale Billing API を使用して、パートナーごと、顧客ごと、またはユーザーレベルごとの使用量を示すカスタム請求レポートを生成できます。 パートナーは、この情報を使用して毎月の請求書を照合し、使用量に応じて顧客とユーザーに請求することができます。

                                                                                      パートナーは、subPartnerOrgId パラメータを使用して、サブパートナーのカスタム請求レポートを生成することもできます。

                                                                                      最小アクセス要件を満たすパートナー管理者が利用できる 4 つの API があります。

                                                                                      課金 API

                                                                                      APIの目的

                                                                                      パートナー管理者アクセス要件

                                                                                      卸売請求レポートを作成する

                                                                                      請求レポートを生成するために使用。

                                                                                      読み取り/書き込み

                                                                                      卸売請求レポートを取得する

                                                                                      生成された請求レポートをダウンロードするために使用。

                                                                                      読む

                                                                                      卸売請求レポートを一覧表示する

                                                                                      そのパートナーに存在する請求レポートを一覧表示するために使用。

                                                                                      読む

                                                                                      卸売請求レポートの削除

                                                                                      既存の請求レポートを削除するために使用。

                                                                                      読み取り/書き込み

                                                                                      データ ソース

                                                                                      請求レポートのデータは、Webex が各パートナーを追跡する使用量データから取得されます。 毎日、Webex はすべてのパートナー、顧客、ユーザーの前日の使用量を追跡し、データを集約して、パートナーの月次請求書を生成するために使用できます。 課金APIはこのデータを活用し、パートナー管理者がカスタムレポートを生成することで、パートナーは、パートナー、顧客、ユーザーレベルで毎月の請求書から使用量の調整を行うことができます。

                                                                                      Webex がパートナーに請求する方法の詳細については、「サービスプロバイダーの請求」を参照してください。

                                                                                      卸売請求レポートを作成する

                                                                                      この手順を使用して、請求を調整するために使用できるカスタム請求レポートを生成します。
                                                                                      1

                                                                                      [卸売請求レポート API の作成] に移動します。

                                                                                      2

                                                                                      API が指定する形式で billingStartDatebillingEndDate の値を入力して、請求期間を入力します。 過去5年間の日付は入力できますが、現在の日付は入力できません。

                                                                                      3

                                                                                      レポートのタイプを入力します。

                                                                                      • [パートナー(PARTNER)(これがデフォルト)]:使用量の消費をパートナー レベルで示します。
                                                                                      • [顧客(CUSTOMER)]:パートナーの顧客組織のレベルに分割された合計使用量を表示します。
                                                                                      • [ユーザー(USER)]:パートナーの下の顧客組織とサブスリバーのレベルに分割された総使用量が表示されます。
                                                                                      4

                                                                                      [実行] をクリックしてレポートを生成します。

                                                                                      5

                                                                                      API 出力からレポート ID をコピーします。 生成された請求レポートを取得するために、この値を Get API で使用できます。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      レポートのコピーをダウンロードするには、[卸売請求レポートを入手]に移動します。

                                                                                      卸売請求レポートを取得する

                                                                                      請求レポートが生成されたら、この API を使用して特定の請求レポートを取得します。 レポートは URL に出力され、GET リクエストの完了後 30 分間ダウンロードできます。
                                                                                      1

                                                                                      [Get a Wholesale Billing Report API] に移動します。

                                                                                      2

                                                                                      GET行でidボタンをクリックし、レポートの一意のID値を入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      4

                                                                                      API はレポートのステータスを出力します。 出力には、レポートをダウンロードするためのURLを提供するtempDownloadURLパラメータが含まれます。

                                                                                      5

                                                                                      レポートにアクセスしてダウンロードするには、tempDownloadURLをブラウザにコピーします。

                                                                                      卸売請求レポートを一覧表示する

                                                                                      この API を使用して、パートナー組織に対して生成された請求レポートのリストを取得します。 既存のすべてのレポートを一覧表示するか、請求期間や請求タイプ (パートナー、顧客、ユーザー) などの指定されたパラメータを満たすレポートにリストを制限できます。


                                                                                       
                                                                                      オプションのパラメータを入力すると、API は入力したパラメータに完全に一致するレポートのみを返します。 たとえば、請求期間を入力すると、その特定の請求期間を使用するレポートのみが返されます。その期間内であるが、日付と完全に一致しないレポートは返されません。
                                                                                      1

                                                                                      List Wholesale Billing Report API に移動

                                                                                      2

                                                                                      [クエリーパラメータ] で、使用する検索パラメータ(たとえば、startDate、endDate、Type、sortBy on)を入力します。 これらのパラメータの詳細については、API の Developer ヘルプを参照してください。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      APIは、レポートのリストを一意のレポートIDおよびステータス(COMPLETED、IN_PROGRESS)とともに出力します。

                                                                                      次に行うこと

                                                                                      ダウンロードするレポートには、IDを記録します。 レポートをダウンロードするには、[卸売請求レポートを入手]に移動します。

                                                                                      卸売請求レポートの削除

                                                                                      レポート ID に基づいて生成された請求レポートを削除するには、次の手順を使用します。 レポートを削除する場合の例には、次のものがあります。

                                                                                      • 既存の請求レポートを再生成する場合は、まず既存のレポートを削除する必要があります。 既存のレポートを削除したら、その期間の新しいレポートを作成できます。 レポートが失敗または進行中の場合、削除要件は存在しないことに注意してください。

                                                                                      • レポートが生成され、URL を間違った人に送信した場合、レポートを削除でき、レポートにアクセスできなくなります。

                                                                                      1

                                                                                      Wholesale Billing Report API の削除に移動します。

                                                                                      2

                                                                                      レポートIDを入力します。

                                                                                      3

                                                                                      [実行] をクリックします。

                                                                                      請求レポートフィールド

                                                                                      請求レポートには、次のフィールドが含まれます。

                                                                                      フィールド

                                                                                      その他の情報

                                                                                      このタイプのレポートに表示されます

                                                                                      パートナー_名

                                                                                      パートナーの氏名

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      パートナー_組織_ID

                                                                                      一意のパートナー識別子

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      サブスクリプション_ID

                                                                                      一意のサブスクリプション ID

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      サービス_名

                                                                                      サービス名

                                                                                      (例:COMMON_AREA_CALLING、WEBEX_CALLING、WEBEX_SUITE、WEBEX_MEETINGS)

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      SKU

                                                                                      サービスのためのSku

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      説明

                                                                                      サービスの説明

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      消費_開始_日

                                                                                      サービス消費の開始。 この値は、以下のフィールドとともに、使用期間を定義します。

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      消費_終了_日

                                                                                      サービス消費の終了。 この値は、上記のフィールドとともに、使用量消費期間を定義します。

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      数値

                                                                                      パートナーごと、顧客ごと、またはユーザーごとに集計されたユーザー使用量を表します (データを表示しているレポートとレベルによって異なります)。

                                                                                      計算:

                                                                                      各ユーザーについて、1日あたりの数量は、その日の比例配分に基づいて計算されます。 例:

                                                                                      1日の使用量 = 1

                                                                                      半日の使用量 = 0.5

                                                                                      請求期間内のすべての日の 1 日あたりの合計は、請求期間内のそのユーザーの合計数を提供するために合計されます。

                                                                                      顧客およびパートナーレベルのレポートでは、すべてのユーザーの合計が集計され、その顧客またはパートナーの合計数量が提供されます。

                                                                                      パートナー、顧客、ユーザー

                                                                                      顧客_組織_ID

                                                                                      内部顧客の一意の識別子

                                                                                      顧客、ユーザー

                                                                                      顧客_外部_ID

                                                                                      パートナーが提供する顧客の一意の識別子

                                                                                      顧客、ユーザー

                                                                                      サブスクライバ_ID

                                                                                      サブスクライバの一意の識別子

                                                                                      USER

                                                                                      USER_ID

                                                                                      サブスクライバの Webex ユーザー ID

                                                                                      USER

                                                                                      ワークスペース_ID

                                                                                      固有のワークスペース ID

                                                                                      USER


                                                                                       

                                                                                      Webex Wholesale の請求は、ユーザーにパッケージをプロビジョニングすることによってトリガーされるか、パッケージの割り当てを削除することによって停止されます。

                                                                                      パートナー SSO - SAML

                                                                                      パートナー管理者は、新しく作成された顧客組織に対して SAML SSO を設定できます。 パートナーは、単一の事前に定義された SSO の関係を構成し、その構成を管理する顧客組織および自社従業員に適用することができます。


                                                                                       
                                                                                      以下のパートナー SSO 手順は、新しく作成される顧客組織にのみ適用されます。 パートナー管理者が既存の顧客組織にパートナー SSO を追加しようとする場合、既存のユーザーがアクセス権を失うことのないよう、既存の認証方法が保持されます。 パートナー SSO を既存組織に追加するには、Cisco TAC でチケットを開く必要があります。
                                                                                      1. サードパーティの ID プロバイダーが、Control Hub でのシングル サインオン統合の ID プロバイダーの要件セクションにリストされている要件を満たしていることを確認してください。

                                                                                      2. Cisco TAC で [サービス リクエスト] を開きます。 TAC はサードパーティの ID プロバイダーと Cisco Common Identity サービスの間に信頼関係を確立する必要があります。 です。


                                                                                         
                                                                                        IdP で passEmailInRequest 有効にするには、この要件をサービス要求に含める必要があります。 この機能が必要かどうか不明な場合は、IdP に確認してください。
                                                                                      3. TAC がユーザーの ID プロバイダーに提供した CI メタデータファイルをアップロードします。

                                                                                      4. オンボーディング テンプレートを設定します。 [認証モード] 設定で、[パートナー認証] を選択します。 [IDP エンティティ ID] については、サードパーティ ID プロバイダーの SAML メタデータ XML から EntityID を入力します。

                                                                                      5. テンプレートを使用する新しい顧客組織に新しいユーザーを作成します。

                                                                                      6. ユーザーがログインできることを確認します。

                                                                                      パートナー モードによる制限

                                                                                      パートナー モードによる制限は、パートナー管理者が特定の顧客組織に割り当てることができる Partner Hub の設定で、顧客管理者が Control Hub で更新できる組織設定を制限します。 特定の顧客組織でこの設定が有効になっている場合、その組織のすべての顧客管理者は、ロールの権限に関係なく、Control Hub で制限されたコントロールにアクセスできません。 制限付き設定を更新できるのはパートナー管理者だけです。


                                                                                       
                                                                                      パートナー モードによる制限は、ロールではなく組織レベルの設定です。 ただし、この設定は、設定が適用される組織内の顧客管理者の特定のロールのエンタイトルメントを制限します。

                                                                                      顧客管理者アクセス

                                                                                      パートナーによる制限モードが適用されると、顧客管理者は通知を受け取ります。 ログインすると、画面上部の Control Hub ヘッダーのすぐ下に通知バナーが表示されます。 バナーにより、顧客管理者に制限モードが有効になっており、一部のコール設定を更新できない可能性があることが通知されます。

                                                                                      パートナー モードによる制限が有効になっている組織の顧客管理者の場合、Control Hub のアクセスレベルは次の式で決定されます。

                                                                                      (Control Hub のアクセス) = (組織のロールのエンタイトルメント) - (パートナー モードの制限による制限)

                                                                                      制限

                                                                                      顧客組織でパートナーによる制限モードが有効になっている場合、その組織の顧客管理者は、次の Control Hub 設定へのアクセスが制限されます。

                                                                                      • [ユーザー] ビューでは、以下の設定は利用できません。

                                                                                        • [ユーザー管理] ボタンがグレー表示されます。

                                                                                        • 手動によるユーザーの追加/変更 - 手動または CSV 経由でユーザーを追加/変更するオプションはありません。

                                                                                        • ユーザーのクレーム—利用できません

                                                                                        • ライセンスの自動指定—利用できません

                                                                                        • ディレクトリ同期—ディレクトリ同期設定を編集できません (この設定はパートナーレベルの管理者にのみ適用されます)。

                                                                                        • ユーザーの詳細:名、姓、表示名、プライマリ メール* などのユーザー設定は編集可能です。

                                                                                        • パッケージのリセット - パッケージ タイプをリセットするオプションはありません。

                                                                                        • サービスの編集—ユーザーに対して有効にしたサービスを編集するオプションがありません (メッセージ、ミーティング、通話など)

                                                                                        • サービス ステータスの表示-ハイブリッド サービスまたはソフトウェア アップグレード チャネルの全ステータスを表示できません

                                                                                        • プライマリ職場電話番号 - このフィールドは読み取り専用です。

                                                                                      • [アカウント] ビューでは、以下の設定は利用できません。

                                                                                        • [会社名] は読み取り専用です。

                                                                                      • [組織設定] ビューでは、以下の設定は利用できません。

                                                                                        • ドメイン - アクセス権は読み取り専用です。

                                                                                        • メール - [管理者招待メールの抑制] および [メールロケールの選択] 設定は読み取り専用です。

                                                                                        • 認証 - [認証] および [SSO 設定] を編集するオプションはありません

                                                                                      • [Calling] メニューでは、以下の設定は利用できません。

                                                                                        • 通話設定 - [アプリ オプション通話の優先順位] の設定は読み取り専用です。

                                                                                        • 発信動作 - 設定は読み取り専用です。

                                                                                        • [ロケーション] > [PSTN] - [ローカル ゲートウェイ] および [Cisco PSTN] オプションは非表示になります。

                                                                                      • [サービス] では、[移行] および [接続済みの UC] サービス オプションが抑制されます。

                                                                                      パートナー モードによる制限を有効化する

                                                                                      パートナー管理者は、以下の手順に従い、パートナー モードによる制限(デフォルト設定では有効になっています)。

                                                                                      1. Partner Hub (https://admin.webex.com) にサインインし、[顧客] を選択します。

                                                                                      2. 適用する顧客組織を選択します。

                                                                                      3. 右側の設定ビューで、[パートナーモードによる制限] トグルを有効にして設定をオンにします。

                                                                                        [パートナー モードによる制限] をオフにしたい場合は、無効を選択してください。


                                                                                       

                                                                                      パートナーが顧客管理者の制限付き管理者モードを削除すると、顧客管理者は次の操作を実行できます。

                                                                                      • Wholesale ユーザーに Webex を追加する (ボタン付き)

                                                                                      • ユーザーのパッケージを変更する

                                                                                      テクニカルサポート

                                                                                      以下の図は、このオファーのサポートモデルを強調しています。

                                                                                      Image placeholder - high level image of the support channels
                                                                                      卸売RTMテクニカルサポート

                                                                                      パートナーは、顧客からの問い合わせに対応することが期待されます。 ただし、パートナーがヘルプを必要とする場合は、次の表に、パートナー管理者が利用できるサポートチャネルをまとめています。 サポートが必要な場合は、

                                                                                      サポート チャネル

                                                                                      説明

                                                                                      Webex Calling ヘルプデスク

                                                                                      「方法」を提供し、Webex Calling の機能と構成に関する問い合わせを支援します

                                                                                      • 電話/電子メール/チャット - CHDは上記のクエリを受信し、パートナー/顧客と協議してクエリに回答します

                                                                                      • 必要に応じて TAC を含む他のチームにクエリーをルーティングできる

                                                                                      TAC

                                                                                      • Webex Calling TAC

                                                                                      • Cloud Collab TAC (デバイス、ミーティング)

                                                                                      パートナーは、以下によりTACに直接連絡することができます。

                                                                                      • SCM でケースを作成する

                                                                                      • 電話 (TAC Front Line - TFL は、パートナーに代わって SCM でケースを作成します)

                                                                                      • メール (TAC Front Line - TFL は、パートナーに代わって SCM でケースを作成します)

                                                                                      • チャット (TAC Front Line - TFL は、パートナーに代わって SCM でケースを作成します)

                                                                                      Cisco エクスペリエンス サービス

                                                                                      お客様は、CCW内からCESに直接連絡することができます。

                                                                                      • 注文支援の終了間隔

                                                                                      • 請求

                                                                                      • セールスクレジット

                                                                                      Webex Calling パートナー ヘルプ デスク (CHD) の使用方法

                                                                                      Customer Experience

                                                                                      Wholesale オファーに関するパートナー/顧客のハウツーおよび/またはドキュメントに関するお問い合わせは、Webex Calling Calling ヘルプデスク (CHD) にお問い合わせください。 CHDに連絡するには、以下の情報を使用します。


                                                                                       
                                                                                      CHDは24時間365日ではありません。 ただし、EMEAR、APCJ、NorAMにリソースがあります。 CHDがオフラインの場合、webexcalling-CHD@cisco.comまでお問い合わせいただければ、オンラインに戻り次第(通常24時間以内)に対応いたします。 エスカレーションは迅速に対処されます。

                                                                                      CHDエスカレーション:

                                                                                      • 職務上の指導: James Moss – 918-872-0707 (webexcalling-CHD@cisco.com)

                                                                                      • 職務上の指導: マット・ハンナ – 918-877-0329 (webexcalling-CHD@cisco.com)

                                                                                      • シニア マネージャー: Hamid Tiouti – 918-236-1570 (webexcalling-CHD@cisco.com)

                                                                                      Webex Calling パートナー ヘルプ デスク SLO:

                                                                                      CHDは、24~48時間以内に適切なチームに回答、指導、または紹介を提供します。 ほとんどのハウツーお問い合わせは、より迅速に(2営業時間以内)解決されます。

                                                                                      BroadWorks から Wholesale RTM への移行のための移行ツール

                                                                                      概要

                                                                                      このドキュメントでは、既存の BroadWorks 顧客を Wholesale Route-to-Market ソリューションに移行するのに役立つ一連の移行ツールについて説明します。 移行ツールは、アクセスが簡単なコマンド ライン ツールで、移行タスクを自動化することで顧客、場所、番号、ユーザー、サービス、電話、ソフト クライアントを移行できます。 移行ツールには次の利点があります。

                                                                                      • 最小限の事前構成で移行を実行します。

                                                                                      • コマンドの実行が簡単になります。

                                                                                      • 管理者は、プロビジョニング後にデータを確認し、移行直後に電話をかけたり受けたりすることができます。

                                                                                      • UC-One クライアントの Webex アプリへの自動アップグレードをサポートしています。

                                                                                      ドキュメント

                                                                                      マニュアルの改訂履歴

                                                                                      日付

                                                                                      バージョン

                                                                                      説明

                                                                                      2024年3月22日。

                                                                                      一、二五

                                                                                      • Partner Hub セクションを介して顧客の作成を更新しました。

                                                                                      2024年2月6日。