デバイス > ソフトウェアの Control Hub では、さまざまなチャネルと組織内のどのチャネルにあるデバイスの数を表示できます。 このページでは、さまざまなソフトウェア リリースのスケジュールを表示することもできます。




  • RoomOS 10 以降を実行している Board、Desk、および Room シリーズでは、高度なソフトウェア アップグレード オプションを使用できます。

  • プレビュー チャネルには、高度なソフトウェア アップグレード オプションが利用できません。

  • RoomOS 9 ソフトウェア リリースは、毎月の更新に続かなくなりました。

お使いのデバイスには RoomOS が事前インストール済みで, アップデートはデフォルトで自動的にインストールされます。 自動ソフトウェア アップグレードにより、RoomOS の最新リリースが確実にインストールされます。

デバイスは、15 分ごとに新しいソフトウェアを確認します。 新しいソフトウェアが利用可能な場合、デバイスはソフトウェアをダウンロードします。 ダウンロードが完了すると、デバイスはアップグレードの緊急性レベルを確認します。

  • 低: デバイスは午前 0 時まで待機し、ユーザにアップグレードを促します。

  • 媒体: ユーザは、デバイスがアイドル状態のときにデバイスをアップグレードするようプロンプトを表示します。

ソフトウェア アップグレード プロンプトでは、ユーザがアップグレードの延期を 6 時間選択できます。 ローカル ユーザが 60 秒以内にアップグレード ダイアログに応答しない場合、デバイスはアップグレードを開始します。 アップグレードには 1 ~ 3 分かかります。アップグレード中にデバイスを使用できません。

デバイスで新しいソフトウェア バージョンを すぐにアップグレードする場合は、[設定(Settings > デバイスについて(> Software Updates) に移動します

アップグレード サービスは、デバイスに必要なソフトウェアとアップグレードの緊急性を知らします。 アップグレード サービスでは、段階的に組織内にアップグレードを配布する段階も段階的に行なっています。

通常、新しい安定したソフトウェアを導入する際にオンライン上のすべてのデバイスは、2 時間以内に新しいソフトウェアをダウンロードします。 さらに、デバイスが新しいアップグレードを探すまで 15 分間の遅延が発生する可能性があります。 アップグレードの緊急性は最初は低いです。 24 時間後にアップグレード サービスが緊急性を中に変更します。

デフォルトでは、安定チャネルは自動ソフトウェア アップグレードで、そのチャネル上のデバイスは毎月のアップグレードを受信します。 高度なソフトウェア アップグレードを使用すると、安定した検証チャネルに導入されるソフトウェア リリースを制御できます。 検証チャネルは、高度なソフトウェア アップグレードが有効になっている場合のみ使用できます。 これらのチャネルごとに、自動アップグレードを選択するか、利用可能なリリースのいずれかを選択できます。

たとえば、自動ソフトウェア アップグレードで検証チャネルをオンにし、手動で選択したアップグレードで安定チャネルを確保することができます。

高度なソフトウェア アップグレードが有効になっている場合は、安定版および検証チャネル向け RoomOS の最近の毎月リリースされた 3 つの中から選択できます。 これは巻き付けられたウィンドウになります。3 ヵ月後にソフトウェア リリースの有効期限が自動的に切れます。 たとえば、最新のリリースが RoomOS 10 月の場合は、8 月、9 月、および 10 月のリリースから選択できます。 そのため、RoomOS 11 月がリリースされると、8 月のリリースの有効期限が切れます。


セキュリティ上の重要な問題がある場合、予告なく重要なパッチを自動的に適用する場合があります。 その後、デバイスはパッチを含む同じリリースのソフトウェア アップグレードを受信します。
選択したソフトウェア リリースをアップグレードしない場合は、どうなるか。

Control Hub の [ソフトウェア( Software] ページで、各チャネルに選択したソフトウェア リリースの有効期限を表示できます。 通常、リリースはリリースから 3 ヵ月後に有効期限が切れます。



リリースの有効期限が切れる前にアクションを実行すると、チャネルは自動ソフトウェア アップグレードに戻します。 つまり、そのチャネル上のデバイスが最新の安定したソフトウェア リリースを取得します。

高度なソフトウェア アップグレードを有効にすると、RoomOS 10 以降のすべてのデバイスが組織内でグローバルに設定されます。 デバイス上のソフトウェア リリースは変更されません。 高度なソフトウェア アップグレードを有効にすると、安定版および検証チャネルで使用可能なリリースのいずれかを選択するオプションが表示されます。 チャネルのソフトウェア リリースを選択する方法については、次のセクションを参照してください。

[アプリケーション(https://admin.webex.com カスタマー ビューで、[ソフトウェア アップグレードの管理(Devices >管理>詳細ソフトウェア アップグレード(Advanced Software Upgrade) を選択します。



1

https://admin.webex.com のカスタマー ビューで、[デバイス > Software] に移動し、ソフトウェア リリースを変更するチャネルの [ソフトウェアの管理] を選択します。

2

手動 で選択したソフトウェア を選択し、ドロップダウン メニューから使用するリリースを選択します。 [保存(Save)]をクリックします。

選択したリリースがデバイスにインストールされている時刻を選択できます。

  • デバイスのローカル時刻)に設置します。

  • すぐにインストールします。 デバイスがオンライン状態で、アイドル状態になるすぐに、選択したリリースがデバイスにプッシュされます。



安定したチャネル
  • RoomOS のデフォルトのソフトウェア チャネル。

  • 通常、ソフトウェアは月に 1 回更新されます。

    • 月の最初の週に導入されたソフトウェア。

    • このソフトウェアは、夜になると導入されます。

    • 通常、ソフトウェアの導入から 2 ~ 3 日後に新機能がオンになります。

  • 自動ソフトウェア アップグレード:

    • デバイスには常に最新のソフトウェア リリースが届く。

    • スケジュールは、Control Hub で確認できます。

  • 高度なソフトウェア アップグレード:

    • 最大 3 ヵ月の特定のソフトウェア リリースを選択できます。

  • TAC で完全にサポートされています。

検証チャネル
  • 高度なソフトウェア制御が有効になっている場合に使用できます。

  • 通常、ソフトウェアは月に 1 回更新されます。

    • 月の最初の週に導入されたソフトウェア。

    • このソフトウェアは、夜になると導入されます。

    • 通常、ソフトウェアの導入から 2 ~ 3 日後に新機能がオンになります。

  • 自動ソフトウェア アップグレード:

    • デバイスには常に最新のソフトウェア リリースが届く。

    • スケジュールは、Control Hub で確認できます。

  • 高度なソフトウェア アップグレード:

    • 最大 3 ヵ月の特定のソフトウェア リリースを選択できます。

  • TAC で完全にサポートされています。

チャネルのプレビュー
  • 予定されている安定版のプレビュー。

  • ソフトウェアの修正が含まれている。 新機能は安定したリリースでのみ利用できます。

  • ソフトウェアのアップデートは、少なくとも月に 2 回行います。

    • 設定された日と時刻はありません。

    • ソフトウェアの自動更新。 このソフトウェアは、夜になると導入されます。

  • TAC ではサポートされていません。

  • Control Hub からプレビュー ソフトウェアに対して、リバージョンをレポートできます。 [プレビュー( Preview > デバイス>に移動し、[ 問題のレポート(Report Problem] を クリックします)。