デバイス > ソフトウェアの Control Hub では、さまざまなチャネルと組織内のどのチャネルにあるデバイスの数を表示できます。 このページでは、さまざまなソフトウェアリリースのスケジュールを表示することもできます。




  • RoomOS 10 以降を実行している Board、Desk、および Room シリーズでは、高度なソフトウェア アップグレード オプションを使用できます。

  • プレビューチャネルには、高度なソフトウェアのアップグレードオプションが利用できません。

  • RoomOS 9 ソフトウェアリリースは毎月の更新ではなくなりました。

デバイスは RoomOS をインストールした状態で出荷されており、デフォルトでアップデートは自動的にインストールされます。 自動ソフトウェアアップグレードにより、RoomOS の最新リリースが確実にインストールされます。

デバイスは、15 分ごとに新しいソフトウェアを確認します。 新しいソフトウェアが利用可能な場合、デバイスはソフトウェアをダウンロードします。 ダウンロードが完了すると、デバイスはアップグレードの緊急性レベルを確認します。

  • 低頻度:デバイスは午前 0 時まで待機し、ユーザーにアップグレードを促します。

  • 中頻度:デバイスがアイドル状態のときにデバイスをアップグレードするようプロンプトをユーザーに表示します。

ソフトウェアのアップグレードプロンプトでは、ユーザーがアップグレードの延期を 6 時間に選択できます。 ローカルユーザーが 60 秒以内にアップグレードダイアログに応答しない場合、デバイスはアップグレードを開始します。 アップグレードには 1 ~ 3 分かかります。アップグレード中にデバイスを使用できません。

新しいソフトウェアバージョンがデバイスで利用可能で、デバイスを即時アップグレードする場合は、[設定(Settings)] > [デバイスについて(About the device)] > [ソフトウェアアップデート(Software updates)] に移動します。

アップグレードサービスは、デバイスに必要なソフトウェアとアップグレードの緊急性を知らせます。 アップグレードサービスでは、段階的に組織内にアップグレードを配布する段階も段階的に行なっています。

通常、新しい安定ソフトウェアを導入する際にオンライン上のすべてのデバイスは、2 時間以内に新しいソフトウェアをダウンロードします。 さらに、デバイスが新しいアップグレードを探すまで 15 分間の遅延が発生する可能性があります。 アップグレードの緊急性は最初は低いです。 24 時間後にアップグレードサービスが緊急性を中に変更します。

デフォルトでは、安定チャネルは自動ソフトウェアアップグレードで、そのチャネル上のデバイスは毎月のアップグレードを受信します。 高度なソフトウェアアップグレードを使用すると、安定検証チャネルに導入されるソフトウェアリリースを制御できます。 検証チャネルは、高度なソフトウェアアップグレードが有効になっている場合のみ使用できます。 これらのチャネルごとに、自動アップグレードを選択するか、利用可能なリリースのいずれかを選択できます。

たとえば、自動ソフトウェアアップグレードで検証チャネルをオンにし、手動で選択したアップグレードで安定チャネルを確保することができます。

高度なソフトウェアアップグレードが有効になっている場合は、安定および検証チャネル向け RoomOS の毎月リリースされた最近の 3 つの中から選択できます。 これはローリングウィンドウになります。3 ヵ月後にソフトウェアリリースの有効期限が自動的に切れます。 たとえば、最新のリリースが RoomOS 10 月の場合は、8 月、9 月、および 10 月のリリースから選択できます。 そのため、RoomOS 11 月がリリースされると、8 月のリリースの有効期限が切れます。


セキュリティ上の重要な問題がある場合、予告なく重要なパッチを自動的に適用する場合があります。 その後、デバイスはパッチを含む同じリリースのソフトウェアアップグレードを受信します。
選択したソフトウェアリリースをアップグレードしない場合。

Control Hub の [ソフトウェア] ページで、各チャネルに選択したソフトウェアリリースの有効期限を表示できます。 通常、リリースはリリースから 3 ヵ月後に有効期限が切れます。 選択したソフトウェア バージョンの有効期限が近い場合に通知するアラートを作成できます(以下の「ソフトウェア有効期限のアラートの設定」セクションを参照)。



リリースの有効期限が切れる前にアクションを実行すると、チャネルは自動ソフトウェアアップグレードに戻ります。 つまり、そのチャネル上のデバイスが最新の安定したソフトウェアリリースを取得するということです。

高度なソフトウェアアップグレードを有効にすると、RoomOS 10 以降のすべてのデバイスが組織内でグローバルに設定されます。 デバイス上のソフトウェアリリースは変更されません。 高度なソフトウェアアップグレードを有効にすると、安定および検証チャネルで使用可能なリリースのいずれかを選択するオプションが表示されます。 チャネルのソフトウェアリリースを選択する方法については、次のセクションを参照してください。

https://admin.webex.com のカスタマービューから、[デバイス] > [ソフトウェア] > [管理] に移動し、[高度なソフトウェアアップグレード] を選択します。



1

https://admin.webex.com のカスタマービューから、[デバイス] > [ソフトウェア] に移動し、ソフトウェアリリースを変更するチャネルの [ソフトウェアの管理] を選択します。

2

手動で選択したソフトウェアを選択し、ドロップダウンメニューから使用するリリースを選択します。 [保存] をクリックします。

選択したリリースがデバイスにインストールされている時刻を選択できます。

  • 夜間(デバイスの現地時間)にインストールします。

  • 今すぐインストール:デバイスがオンライン状態で、選択したリリースがアイドル状態の場合はすぐにデバイスにプッシュされます。



Advanced Software Control を使用している場合, デバイスがサポートされていないソフトウェア バージョンを実行している時に, アラートに明示的に通知を受け取る設定をすることができます。 通知は、Control Hub の Alert センターを経由して送信されます。 コントロール ハブで通知を自動的に表示できます。 また、電子メール、アプリスペース、または Webhook Webex で通知を受信することもできます。

アラートの詳細については,「Control Hub」の「Alert Center」の項目を参照 してください。

1

システム ビューのカスタマー ビューで https://admin.webex.comアラート センターに移動します。 [すべてのルール の管理 > 選択し、[ルール の作成] を クリックします

また、[ソフトウェア同期の管理(Devices >管理>アラート ルールの作成] をクリックすることもできます

2

[サービス上 ] で、[デバイス] を 選択します。 [タイプ( Type ) で、[ソフトウェア バージョン の有効期限(Software version expiry] を選択します。 その後、[有効(Enabled] をオン にします

また、深刻度を 選択して アラートにタイトルを付け、認識しやすくなります。

3

アラートを 受け 取るソフトウェア チャネルを選択します。

4

[配信 チャネル(Delivery channel] を選択し、必要な情報を入力します。

電子メール、アプリスペース、Webhook など、1 Webex の配信方法を選択できます。

安定チャネル
  • RoomOS のデフォルトのソフトウェアチャネル。

  • 通常、ソフトウェアは月に 1 回更新されます。

    • 月の最初の週に導入されたソフトウェア。

    • このソフトウェアは、夜間に導入されます。

    • 通常、ソフトウェアの導入から 2 ~ 3 日後に新機能がオンになります。

  • 自動ソフトウェアアップグレード

    • デバイスには常に最新のソフトウェアリリースが届きます。

    • スケジュールは、Control Hub で確認できます。

  • 高度なソフトウェアアップグレード

    • 最大 3 ヵ月の特定のソフトウェアリリースを選択できます。

  • TAC による完全サポート

検証チャネル
  • 高度なソフトウェア制御が有効になっている場合に使用できます。

  • 通常、ソフトウェアは月に 1 回更新されます。

    • 月の最初の週に導入されたソフトウェア。

    • このソフトウェアは、夜間に導入されます。

    • 通常、ソフトウェアの導入から 2 ~ 3 日後に新機能がオンになります。

  • 自動ソフトウェアアップグレード

    • デバイスには常に最新のソフトウェアリリースが届きます。

    • スケジュールは、Control Hub で確認できます。

  • 高度なソフトウェアアップグレード

    • 最大 3 ヵ月の特定のソフトウェアリリースを選択できます。

  • TAC による完全サポート

チャネルのプレビュー
  • 予定されている安定リリースのプレビュー。

  • ソフトウェアの修正が含まれています。 新機能は安定リリースでのみ利用できます。

  • ソフトウェアのアップデートは、少なくとも月に 2 回行われます。

    • 設定された日と時刻はありません。

    • 自動ソフトウェア更新 このソフトウェアは、夜間に導入されます。

  • TAC ではサポートされていません。

  • Control Hub からプレビューソフトウェアに対して、回帰をレポートできます。 [デバイス] > [ソフトウェア] > [ソフトウェアのプレビュー] に移動し、[問題のレポート] をクリックします。