BroadWorks 版 Webex は、Webex コラボレオ―ション機能を BroadWorks のコール顧客に提供します。Webex コラボレーション機能を提供するシスコの新しいサービスです。 サブスクライバーは、チャット、コール、ミーティングの主催と参加に単一の Webex アプリを使用します。

BroadWorks 版 Webex パートナーとして、リリースされている最新の管理機能をご存知であることを確認したいと思います。 この記事に登録して、今後のリリースに関する通知を受け取ってください。


 

この記事は、顧客の代わりに BroadWorks 版 Webex を管理するサービス プロバイダの管理者を対象にしています。 エンドユーザーの機能については、「Webex の新機能」を参照してください。

技術ドキュメントについては、「BroadWorks ナレッジポータルの Webex」 を参照してください。

2024年3月。

新機能が利用可能になったら通知します。

2024年2月。

ログイン時の BroadWorks パスワード期限切れ通知

BroadWorks 認証を使用していて、BroadWorks パスワードの有効期限が設定されている顧客のユーザーエクスペリエンスが向上しました。 ユーザーはログイン画面で、パスワードが「x」日後に期限切れになるという通知を受け取ります。

2024年1月。

顧客管理のためのパートナー API (グループ連絡先)

パートナーは Webex Cloud で連絡先を管理できます。これにより、グループ連絡先をより適切に管理する必要性に対処できます。

2023年12月。

転送用の自動保留

この機能強化は、ユーザが転送を開始するとすぐにコールを保留にし、ユーザが転送中に発信者にバックグラウンド ノイズが聞こえないようにします。

ユーザー間の複数回線保留の再開

共有回線機能を持つユーザがコールを保留にし、同じ共有回線上の別のユーザによってコールを再開できるようにします。

2023年10月。

ムノ: 出席した転送サポート

ネイティブ ダイヤラーを使用して出席転送を完了する機能。

2023 年 9 月

通話をアクティブ コールに転送する - Windows および Mac

多くの通話に対応しているときに、保留にした相手の通話を転送できるオプションができました。

スペースに関連付けられたミーティング - Windows、Mac、Linux、VDI、iPhone、iPad、Android

スペースに関連付けられたミーティングが改善されました。 スペースでのミーティング エクスペリエンスを強化しました。 スペースでミーティングに参加またはスケジュールする際は、Webex Meetings で利用できるようになったすべての機能にアクセスできるようになりました。 今後スケジュールまたは参加するすべてのミーティングで、この新しいエクスペリエンスを活用できます。 スペースのミーティングをスケジュールまたは開始するには、 Webex Meetingsライセンスを持ち、スペースを作成した人と同じ組織に属している必要があります。 ライセンスがない場合は、ミーティングへの参加のみが可能です。

詳細については、次のサイトを参照してください。 Webexアプリ|スペースに関連付けられたミーティングの改善を選択します。

2023 年 8 月

Cisco から BYOPSTN への自動移行

既存の顧客組織を Cisco PSTN から BYOPSTN に移動し、他のすべての既存のミーティング サイト設定を保持する機能を提供します。

MPP のディレクトリ検索サービスのサポート

MPP デバイスで Webex 連絡先の検索を有効にします。

2023 年 7 月

顧客管理のためのパートナー API

パートナーが Webex Cloud で連絡先を管理できるようにすることで、組織の連絡先をより適切に管理する必要性に対処するのに役立ちます。

2023 年 6 月

転送オプションとしてアクティブなコールを表示 (モバイル、デスクトップ)

通話を転送するときに、保留中の別のアクティブな通話に転送するオプションがあります。

2023 年 5 月

Webex Meetingsの国固有のコールイン番号

プロビジョニングAPIは、 APIペイロードで定義された国に一致するデフォルトのダイヤルイン番号を自動的に設定します。

2023 年 4 月

コール ピックアップ サポートのビジー ランプ フィールド (BLF) リストのモニタリング

常にビジー ランプ フィールド リストが開いているのを確認し、ユーザーに発信するか、このリストからコールをピックアップするなど、ワンクリック操作を使用する必要があるパワー ユーザーを対象としています。 Webexと通話専用ユーザーの両方と、そのフック ステータスが表示されます。

RoomOS のディレクトリ検索サービス サポート

RoomOS デバイスでWebex連絡先の検索を有効にします。

会議室OS の統合通話履歴

RoomOS デバイスの通話履歴には、ユーザーのWebexデバイスとWebexアプリからの通話が表示されます。

2023 年 3 月

モバイルネットワーク事業者(MNO)展開のモバイル通話ウィジェット

新しいモバイル通話ウィジェットにより iOS と Android のユーザーは主な通話機能に素早くアクセスできます。 エージェントの[着信拒否]、[通話転送]、[通話履歴]、および [コール キュー] の設定。 iOS および Android で利用可能です。

2023 年 2 月

グループ レベルのコンタクト

グループ レベルの連絡先制限を 1,500 から 30,000 に増やします。

パートナーSSO強化オプション

パートナーSSOオプションに oAuth/OpenID Connect IDP のサポートを追加しました。 これは、現在サポートされているSAML IDP に追加されます。

BYoPSTN の請求サポート

パートナーが顧客にミーティングでの「コールバック」機能の使用料金を請求するための情報を含む BroadWorks CDR の機能強化を提供します。

モバイル ネットワーク オペレータ(MNO)展開の通話をミーティングに移動する

この機能により、ユーザーはモバイル ネットワーク上のアクティブな 1 対 1 通話をミーティングに簡単に移動できます。 ミーティングに移動したら、ビデオ、共有、参加者を追加し、ミーティングの全機能を利用できます。

Broadworks 版WebexでCisco MPP 8875 に対応

新しい MPP 8875 ビデオ電話には次の機能があります。

  • Webex Callingの豊富な機能をサポート。

  • 再起動やリモート PRT などの有用性機能のためのWebex Cloud のオンボーディング

  • 最初のボタン 1 つでWebex Meetingsとのインテグレーションを行い、参加者リストの参加者と表示を行います。

詳細については、次のサイトを参照してください。 Ciscoビデオフォン 8875を選択します。

WebexMPP デバイスのWebex統合通話履歴

MPP デバイスの通話履歴には、ユーザーのWebexデバイスとWebexアプリからの通話が表示されます。

2023 年 1 月

なし

2022 年 12 月

連絡先

エンタープライズの連絡先制限を 500 から 30,000 に増やします。

共有ライン アピアランス

ユーザは、使用設定されている任意の回線でコールを受発信し、ほとんどの通話中機能を使用できます。

Webexモバイル アプリでネイティブのコール キュー ログイン/ログアウト

担当者は簡単にステータスを設定し、利用可能なキューに参加することができます。

2022 年 11 月

既存の組織のコールバックを無効にする

この機能により、Bring Your Own PSTN ソリューションを提供するサービス プロバイダーが、既存のミーティング組織に対してミーティング コールバック オプションの無効化を要求できるようになります。 このオプションを設定しても、ミーティングのコールイン オプションおよび VoIP (コンピューター音声) は保持されます。

PSTN 通話のノイズ除去

Webex の発信者はこの機能により、通話ウィンドウのアイコンをクリックすることで、外部の発信者からのノイズをキャンセルできるため、通話エクスペリエンスが向上し、クリアなコミュニケーションが可能になります。

ユーザーのプライマリ電話番号と内線の両方をプロビジョニングし表示する

プロビジョニング方法を強化して、サブスクライバのプライマリ番号と内線番号の両方をサポートします。 Webexアプリは、ユーザー プロファイル、名刺、発信アクションに電話番号と内線番号の両方を表示します。

2022 年 10 月

コール キュー発信 CLID (デスクトップ)

この機能により、コール センターのエージェントは、発信者IDをフォローアップ コールを行うためにその一部とするコール キューの 1 つとして選択できます。

2022 年 8 月

サポート言語ロケール

プロビジョニング中に、BroadWorks で最初にプロビジョニングされた管理ユーザーに割り当てられた言語が、その顧客組織のデフォルトロケールとして自動的に割り当てられます。 この設定は、顧客組織のアクティベーション メール、ミーティング、ミーティングの招待状に使用されるデフォルトの言語を決定します。

ネイティブ コール キューのログイン

この機能により、ユーザーは数回のクリックでコール キューにアクセスできます。 ユーザーはWebexアプリのフッターからコール キューに参加または参加解除したり、キューのステータスを変更したりできます。 サポートされているのは、Windows と Mac です。

事前プロビジョニングのシステム チェック

プロビジョニングの前にこのAPIを実行することで、プロビジョニングが問題なく成功することを確認できます。 APIは顧客のセットアップをチェックし、顧客やサブスクライバーにプロビジョニングする前に、ドメインの問題や電子メールの問題などの潜在的な問題を強調表示します。

2022 年 7 月

Room OS のユニファイド プレゼンス

この機能により、次の利点が追加されます。

  • Webexを有効にしている BroadWorks 版 Webex のユーザは、RoomOS のユーザーのプレゼンス ステータスを確認できます。

  • ユーザーは自分自身のプレゼンスも表示できます。 このプレゼンス ビューは、 Webexアプリでも、他のCisco Webexデバイスおよび電話でも同じです。

  • Room OS デバイスは着信拒否。 DND は、RoomOS デバイス、 Webexアプリ、BroadWorks バックエンドの間の同期を更新します。

外部アプリケーションによるリモートコントロール

サードパーティ製アプリケーションでも通話機能を拡張できます。

Contact Center、レセプショニスト シン クライアント、または通話機能を持たないサードパーティのアプリを展開している場合、ユーザーはWebexアプリを使用して通話機能を追加できます。 Webexアプリがバックグラウンドで実行されている間、ユーザーはサードパーティアプリケーションを使用して、電話をかけ、電話に応答し、通話を保留にすることができます。 この機能を動作させるには、 Webexアプリがプライマリ通話デバイスである必要があります。 サポートされているのは、Windows と Mac です。

この機能を使用するには、次を設定する必要があります: %ENABLE_REMOTE_CONTROL_EVENTS_WXT% タグ: true (デフォルト値は false)。 詳細については、次を参照してください。 Cisco BroadWorks 版Webex設定ガイドを選択します。

パートナー読み取り専用管理者

この新しいロールは、パートナー組織のユーザーに Partner Hub 設定、およびパートナーが管理する顧客組織の Control Hub 設定への読み取り専用アクセスを提供します。 ただし、管理者はいずれのポータルサイトにも編集アクセス権がありません。 このロールは、ユーザーがアナリティクスやアップセルの機会のようなタスクのための基本的なアクセスを必要とする可能性があるが、設定を管理する必要はありません。 詳細については、以下の記事を参照してください。 https://help.webex.com/en-us/article/2y8qmt/Partner-Administrator-Roles-for-Webex-for-BroadWorks-and-Wholesale-RTM

2022 年 6 月

複数通話ウィンドウ

新しい [マルチコール] ウィンドウでは、 Webexアプリのすべての通話が 1 つのウィンドウに表示されます。 この機能は、同時に複数のコールを処理するユーザ、またはエグゼクティブ - アシスタント サービスを使用するユーザに役立ち、アシスタントまたはエグゼクティブのコールを監視できます。 この機能は、単一のウィンドウにすべての通話の概要を表示します。 この機能は、 Webexアプリのリリース 42.6 でサポートされています。 参照先Webexアプリ|すべての通話を一元管理を参照して、ユーザーがWebexアプリの機能を設定することができます。

2022 年 5 月

Room OS および MPP デバイスのデバイス インテグレーション

Cisco BroadWorks 版Webexでは、Room OS および MPP デバイスとのデバイス インテグレーションを導入しています。

  • Room OS - このソリューションでは、BroadWorks でプロビジョニングした単一のアクティベーション コードを使用してWebexと BroadWorks の両方で Room OS Webexデバイス (共有およびパーソナル) を登録できます。 このソリューションによって、ミーティング体験と SIP 通話の両方を最適化して利用できます。 サポートされるデバイスには、最新の Room OS ポートフォリオ (Room および Room Kit シリーズ、Desk シリーズ、Board シリーズ) が含まれます。

  • MPP - このソリューションは、Webex 対応の MPP デバイスをWebexクラウドに接続し、 Webexサービスにアクセスできるようにします。 このソリューションにより、 Cisco BroadWorks 版Webexユーザー向けWebexアプリと MPP 電話で一貫した直感的なユーザー エクスペリエンスを提供できます。 Ciscoがサポートします88xxシリーズの電話機。

この強化されたサービスアビリティ機能では、オンボードに加えて、管理者が Control Hub から Room OS および MPP デバイスに直接サービスを提供できるようになりました。 管理者は、デバイス ステータス情報を含むデバイス ビューを開くことができ、そのオプションにはデバイスをリモートから再起動したり、トラブルシューティングのために問題レポートを送信したりすることができます。

この統合の一環として、 Cisco BroadWorks 版Webexデバイス インテグレーション ガイドを選択します。 このガイドには、 Cisco BroadWorks 版Webex用の Room OS および MPP デバイスのオンボードとサービスを行う方法を説明する手順が記載されています。

Webexアプリの画面共有を無効にする

パートナー管理者は、 Webexアプリを使用する通話内の画面共有を無効にできるようになりました。 Webexアプリのユーザーは画面を共有したり、他のユーザーから画面の共有を受け取ったりできなくなります。 次を設定することで画面共有を無効にできます。 %ENABLE_SCREEN_SHARE_WXT% 設定を変更します いいえ(デフォルト設定はtrue ) を選択してください。 詳細は次を参照してください: Cisco BroadWorks 版Webex設定ガイドを選択します。

会議からの参加者の削除

この機能により、アドホック電話会議を開始するWebexアプリ ユーザーは、電話会議から参加者を削除できます。 Webexアプリ ユーザーは、参加者リストを表示して任意のユーザーを選択し、そのユーザーを電話会議から削除できます。 参照先Webexアプリ|電話会議コールから参加者を削除するの手順について説明します。

2022 年 4 月

パートナーレベルでのリリース管理

パートナーはリリース管理を使用して、デスクトップのWebexアプリのリリース頻度を管理できます。 リリース頻度のオプションは次のとおりです。

  • 自動 - Ciscoリリーススケジュールに従います

  • 最新 (毎月) - 最大 4 週間ごと

  • スロー (四半期ごと) - 最大 12 週間ごと

パートナー管理者には、以下のようなさまざまなオプションがあります。

  • すべての顧客の組織にスケジュールを適用できます。

  • パートナーは、顧客の組織がパートナー レベルの設定を上書きすることを許可できます。

  • カスタム スケジュールを使用すると、管理者は個々のユーザーがCiscoの最新スケジュールに従うことを許可できます。

詳細については、次を参照してくださいリリース管理のカスタマイズを選択します。

着信拒否(DND)同期

DND 同期は、 Webex DND 機能を BroadWorks のテレフォニー DND と連携させます。 Webexアプリからまたは卓上電話からサイレントを設定するかどうかに関わらず、DND ステータスは他のプラットフォームに同期されます。 DND 同期によって、すべてのデバイスとプラットフォーム間で DND 機能が一貫するようになります。

詳細については、次を参照してください着信拒否(DND)同期サイト変換ツールからCisco BroadWorks 版Webexソリューション ガイドを選択します。

2022 年 3 月

ディレクトリ同期APIの改善

APIの改良により、パートナー管理者は、ディレクトリ同期の管理とオンデマンド同期の開始において、より柔軟性が得られるようになりました。 更新は次のとおりです。

  • 管理者は、同じ BroadWorks からスケジュールされた同期と同時にAPI同期を実行できます。 この更新により、管理者はAPIを使ってオンデマンド同期をトリガーすることができます。もちろん、スケジュールされた同期と競合することもありません。 メモ、同じ BroadWorks から複数のスケジュールされた同期または複数のAPI同期を同時に実行することはできません。

  • ディレクトリ同期に、Webex サブスクライバー以外の個々のディレクトリ エントリを同期できる公開APIが追加されました。

  • 携帯電話番号が同期に含まれるようになりました。

モバイル番号の同期

この機能更新では、BroadWorks からWebexにモバイル番号の同期が追加されます。 同期されると、Webex アプリのユーザー連絡先プロファイルまたは連絡先検索でモバイル番号を使用できるようになります。 Webex 対応ユーザーおよび通話のみの BroadWorks ユーザーの両方でサポートされます。 携帯電話番号は次のシナリオで同期されます。

  • フロースルー プロビジョニング

  • セルフアクティベーション

  • API プロビジョニング

  • ディレクトリ同期

モバイルネットワーク事業者(MNO)展開の通話中機能

この機能では、モバイル ネットワーク オペレータ(MNO)導入に次の通話中機能が追加されます。

  • 保留/再開

  • ブラインド転送

以下の構成タグは、この機能をサポートします。 これらのタグの詳細については、次を参照してくださいCisco BroadWorks 版Webex設定ガイドを選択します。

  • %ENABLE_XSI_CALL_CONTROL_WXT%

  • %XSI_CALL_CONTROL_DEPLOYMENT_TYPE_WXT%

  • %DEPLOYMENT_DEVICE_TYPE_1_WXT%、、%DEPLOYMENT_DEVICE_TYPE_2_WXT% %DEPLOYMENT_DEVICE_TYPE_3_WXT%

  • %ENABLE_XSI_HOLD_CALLS_WXT%

RedSky E911 インテグレーションのロケーション コントロールを更新する

新しい設定タグ %EMERGENCY_REDSKY_USER_LOCATION_PROMPTING_WXT% により、管理者はロケーション情報の更新を求めるプロンプトの頻度を設定することができます。 デフォルトでは、不明なロケーションでログインした場合にのみロケーション情報の入力を求めるメッセージが表示されます。 ただし、不明なロケーションでネットワークが変更されるたびに、ユーザがロケーションを更新するように求められるようにタグを設定できます。 RedSky インテグレーションの詳細については、次を参照してください。 RedSky を使用した E911 緊急コールを選択します。

Control Hub パートナー アナリティクス

Control Hub の改良により、パートナー管理者がユーザーに代わってパッケージ情報を簡単に表示、更新できるようになりました。 この機能により、パートナーはすべての顧客の集計ビューを把握でき、次の項目が含まれます。

  • パッケージごとの合計ユーザー数 (ソフトフォン、ベーシック、スタンダード、プレミアム)

  • パッケージごとのユーザーの傾向 (日単位/週単位/月単位)

  • 顧客と割り当てられたパッケージ数

パートナー アナリティクスの使用方法についての詳細は、 Webexの記事を参照してください。 Partner Hub の卸売業向けWebexおよびWebex版 Webex パッケージのアナリティクスを選択します。

ビジー ランプ フィールド(BLF)/コール ピックアップ通知

この機能では、ビジー ランプ フィールド(BLF)とダイレクト コール ピックアップ機能を利用します。 グループ内のユーザー (たとえば、セールスチームのメンバー) は、他のグループ メンバーのBLF通話ステータスを監視したり、お互いの通話に応答したりできます。 グループ メンバーは、 Webexアプリ上で他のグループ メンバーの呼び出し音のインジケータを受信します。 また、ダイレクト コール ピックアップ機能を使用して他のグループ メンバーの着信に応答できます。

この機能は、グループ メンバーがリモートまたは異なる場所にいて、お互いの電話の着信音が聞こえない場合で特に役に立ちます。

この機能を使用するには、次の構成タグが必要です。

  • <busy-lamp-field enabled="%ENABLE_BUSY_LAMP_FIELD_WXT%">

  • <display-caller enabled="%ENABLE_BLF_DISPLAY_CALLER_WXT%"/>

この機能の詳細については、次を参照してくださいBLF /コールピックアップ通知サイト変換ツールからCisco BroadWorks 版Webexソリューション ガイドを選択します。

2022 年 2 月

標準ユーザー向けパッケージの改善

標準パッケージは、新規ユーザーと既存ユーザーの両方に対し、次のように更新されました。

  • キャパシティは 1ミーティングあたり 100 名になりました ( Webex Meetingsまたはパーソナル会議室ミーティングのいずれか)

  • 標準ユーザーがローカル録画をサポートするようになりました

高度なブランディングで使用可能なダーク モード

高度なブランディング オプションが拡張され、既存のライト モード カスタマイズに追加された新しいダーク モード カスタマイズが含まれます。 管理者は、ユーザーがダーク モードまたはライト モードのいずれかでWebexアプリを展開できるようにし、モードに固有のロゴとカラー スキームを割り当てることができるようになりました。 Webexアプリは、ユーザーが設定したモードに割り当てられた適切なカラー スキームとロゴを表示します。 詳細については、次を参照してください高度なブランディングのカスタマイズの設定を選択します。

2022 年 1 月

パートナー モードによる制限のある更新

この機能は追加制限付きで更新されます。 既存の制限に加えて、この機能では顧客管理者が次の Control Hub 設定を編集できなくなりました。

  • 組織設定 > ドメイン - 読み取り専用となります。

  • 組織設定 > メール - 管理者招待メールの抑制メール ロケール設定は読み取り専用です。

  • [サービス] の下の [接続済みの UC] および [移行] オプションは非表示となります。

  • Calling > ロケーション > PSTN接続 - ローカル ゲートウェイと Cisco PSTN オプションは非表示となります。

パートナー モードによる制限の詳細については、BroadWorks 版 Webex ソリューション ガイドを参照してください。

まもなくリリース!

通話履歴のスパム通話の表示

Webex アプリの通話履歴で、通話がスパムではないかと疑われたことを視覚的に表示します。

開発中の機能

Proパックが利用可能

Pro Packはプレミアムパッケージに含まれます。 組織にプロパックを適用するには、組織内の少なくとも 1 人のユーザーをプレミアムパッケージでプロビジョニングする必要があります。

このページにはパートナー管理者の重要な通知が含まれています。 たとえば、ネットワーク接続に影響を与える可能性がある機能以外のアップデートが含まれます。

BroadWorks 版 Webex ロードマップ

1月 ロードマップのプレゼンテーションと録画 が利用可能になりました。

第3四半期FY'24 GTMウェビナーに今すぐご登録ください! Forrester Opportunity Snapshot- SMBがクラウドベースのコラボレーション・パートナーとテクノロジーを選ぶ方法! 営業担当者を連れてこい!

利用可能な3つの機会から、自分にとって理想的な瞬間を選択してください。

GTMツールキットのアップデート

  • Forrester機会スナップショット
  • MSFT Teams インテグレーション: セールストレーニングプレゼンテーション、顧客BDMプレゼンテーション、共同ブランディング可能なアットア・ラスト(フィードバックと質問が奨励されました!)
  • Customer Business Decision Maker Deck を更新しました
  • マーケティングおよびデモビデオへのリンクを含む Webex AI Assistant Doc

2023年12月01日。

サブスクライバ API への変更

この変更は、BroadWorks 版 Webex のサブスクライバ API を取得して一覧表示することです。 変更は、下記のAPIのerrors arrayパラメータです。 この errors param には、2 つのパラメータ errorCode と description を持つ Error 構造の配列が含まれています。 'errorCode' パラメータは文字列から整数に変更されます。

/v1/broadworks/subscribers/{subscriberId}

/v1/broadworks/subscribers

求められるアクション

パートナーは、2024年1月31日までにGETおよびLIST APIのerrorCode解析を行う場合に備えて、コードを確認および更新する必要があります。

2023年8月31日。

BroadWorks 版 Webex で使用される mTLS クライアント証明書は、2023 年 8 月 31 日に新しい Cisco 主導の発行者に移行されます。 その結果、ルート証明書と発行者証明書の新しい CA チェーンが、パブリックの XSP/ADP または Edge プロキシに追加される必要があります。 Cisco 主導の CA チェーンは https://bwks-uap.webex.com/assets/public/CombinedCertChain2023.txt で公開され、Webex for Broadworks ソリューション ガイドが更新されました。

Webex Cloud が拡張され、Webex Cloud からネットワークへの着信接続用の新しい IP アドレス範囲が追加されました。 使用可能な IP 範囲の現在のリストについては、「Cisco BroadWorks 版 Webex のネットワーク要件」の「USA Ingress ルール」および「EMEA Ingress ルール」を参照し、サービスの中断を避けるために 2023 年 8 月 31 日までにファイアウォール設定を更新してください。

2023 年 2 月 3 日

サービス プロバイダーが専用の通話処理プロキシに移行するための新しい BYoPSTN DNS SRV ドメインが作成され、これが適用されます。 参照先Cisco Broadworks 版Webexの PSTN Webex の Bring Your Own PSTN ソリューションを開き、ドメインのリストの[Webexコール ルーティング ドメイン] セクションを開き、必要に応じてセットアップを更新します。

2022 年 7 月 25 日

Webexクラウドからネットワークへの受信接続に新しいIPアドレス範囲が使用可能になりました。 8012 (TCP) および 443 (TLS) のポートを備えた新しい 170.72.0.0/16 範囲は、米国と EMEA の両方の地域の内向き接続に利用できます。 参照先:米国受信ルールおよびEMEA 受信ルール完全にCisco BroadWorks 版Webexソリューション ガイドを参照して、必要に応じてIP設定を更新してください。

2022 年 7 月 19 日

「インターネットに接続された XSP サーバー」のDNS構成の例の「アーキテクチャ」のトピックを若干修正しました。 Cisco BroadWorks 版Webexソリューション ガイドを選択します。 サンプルを確認し、必要に応じて設定を更新してください。

2022 年 7 月 18 日

Bring Your Own PSTN ソリューションを使用してセッション ボーダー コントローラの証明書要件が更新されています。 IdenTrust Commercial Root CA 証明書を使用する必要があります。 QuoVadis 証明書は現在サポートされていません。 詳細については、次を参照してくださいCisco BroadWorks 版Webexの PSTN Webex の Bring Your Own PSTN ソリューションを選択します。

2022 年 6 月 20 日

更新済みEMEA 送信ルールサイト変換ツールからCisco BroadWorks 版Webexソリューション ガイドを選択します。 更新された移動先URLは、NPS サーバーからのWebex Common Identity Service 送信接続用です。 新しい誘導先URLは https://idbroker.webex.com. 設定を確認し、必要に応じてネットワーク設定を更新してください。

2022 年 3 月 1 日

ネットワーク接続の一部のポート要件が 12 月 14 日に更新されました。 必ずチェックを入れてくださいWebexサービスのネットワーク要件記事に移動して、接続が引き続き正確であることを確認します。

2021 年 12 月 3 日

Bring Your Own PSTN のための Webex コール ルーティング ドメインの更新 - Webex コール ルーティングのドメインは、10 月 29 日に「Cisco BroadWorks 版 Webex の Bring Your Own PSTN ソリューション」で更新されました。 以前のドメインは現在のところ引き続きご使用いただけますが、できるだけ早く DNS 設定を更新して、新しいドメインを指定されることをおすすめします。

2021 年 11 月 19 日

Cisco BroadWorks 版 Webex ソリューション ガイド」に示されている BroadWorks 冗長性 DNS 構成例を更新し、Webex クラウド サービスおよび Webex アプリの DNS 構成のサービス プロバイダーへの説明をより明確にしました。 フェールオーバーの際に接続の問題が発生しないよう、ソリューション ガイドで設定を確認してください。