Microsoft Teams と Webex Calling のインテグレーションによる操作性

Microsoft Teams ユーザーの場合 - Microsoft Teams から簡単に電話を発信する

Windows、Mac、Android、iPhone、iPad、またはウェブ ブラウザー用の Microsoft Teams を使用して、ダイヤル パッドで発信するか、チャット会話をコールに変換します。 ディレクトリ同期および Outlook 連絡先、またはその他のカスタム連絡先に発信し、これらの連絡先をスピード ダイヤルとして追加します。 詳細については、以下のタブを参照してください。

初めてのユーザー-権限

この Cisco アプリを初めて使用する (または Microsoft Teams からサインアウトする) ときに、連絡先を検索することと、Microsoft Teams とやり取りすることの許可を求められ、さらに確認のために、ユーザー名とパスワードの入力を求められます。

Microsoft Teams 管理者の場合—Microsoft Teams 版 Webex Calling の構成

Microsoft Teams でシームレスな通話体験をサポートする組織に Webex Calling を設定する方法の詳細については、「Microsoft Teams 版 Webex Calling の設定」を参照してください。

Microsoft Teams 版 Cisco Webex Calling の新機能

2021 年 9 月

通話履歴の表示

Webex の不在着信があり、誰からのものだったのかを確認しますか? または、以前に話した相手と再度コールするための簡単な方法だけが必要な場合もあるでしょう。 デスクトップ アプリから [最近の通話] にアクセスすると、発信、受信、不在のすべての Webex 通話が表示されます。

2021 年 2 月

スピード ダイヤルの改善

  • Azure Active Directory および Outlook の連絡先以外に連絡先名と電話番号を追加して、地元のピザ屋を金曜日の午後のスピード ダイヤルとして保存できるようになりました!

  • 連絡先に複数の番号がある場合、スピード ダイヤル番号として保存する番号を選択できるようになりました。

ビデオ コールの発信

音声またはビデオ通話のどちらかを選択できます。

インタラクティブ音声応答(IVR)ダイヤルパッド

音声またはビデオ通話中にダイヤルパッドにアクセスできるようになり、デュアル トーン マルチ 周波数 (DTMF) が完全にサポートされるようになりました。

ダイヤル パッドまたは会話スペースを使用して発信します。 システムは連絡先に割り当てられた電話番号を自動的にダイヤルします。 ダイヤルする電話番号がない場合は、割り当てられたメール アドレスが使用されます。

始める前に

管理者またはチーム スペースの所有者が Microsoft Teams に Webex アプリをインストールしていることを確認してください。 インストールされている場合は、アプリ バーに [Webex Call] アイコンが表示されます。

1

他のユーザーとチャットしている場合、ウィンドウの下部にある [Webex Call] をクリックします。

2

[連絡先] の下のデフォルトの番号を選択すると、ドロップダウン メニューでより多くのコーリング オプションを使用できます。

3

[コール] をクリックします。

新しいウィンドウでアプリが開きます。
ダイヤル パッドを備えた、Microsoft Teams 版 Webex Calling インテグレーションを使用して、Azure アクティブ ディレクトリまたは Outlook の連絡先に電話をかけることができます。

始める前に

管理者またはチーム スペースの所有者が Microsoft Teams に Webex Call アプリをインストールしていることを確認してください。

1

チーム スペースのアプリ バーで、[Webex Call] をクリックします。

利用できる場合、システムは連絡先に割り当てられた電話番号を自動的にダイヤルします。 それ以外の場合は、割り当てられたメール アドレスが使用されます。
2

通話したい相手の名前、電話番号、またはビデオ アドレスの入力を開始します。


 

名前を入力すると、ディレクトリ同期された個人の Outlook 連絡先が検索されます。

3

提案された連絡先の中から、発信したい連絡先をクリックします。

4

[音声] または [ビデオ] を クリックして接続します。

Azure アクティブ ディレクトリおよび Outlook の連絡先からのスピード ダイヤルとして最大 25 件の連絡先を追加して管理できます。これにより、Microsoft Teams での Cisco Webex Calling インテグレーションを使用して、最も頻繁に連絡する連絡先にすばやく簡単に電話をかけることができます。 アプリは、スピード ダイヤルを Microsoft 365 プロファイルに保存します。 スピード ダイヤルのタイトルの横にあるインジケータは、スピード ダイヤルが Microsoft クラウドに保存されていることを示します。 Azure アクティブ ディレクトリまたは Outlook の連絡先ではない連絡先にカスタム スピード ダイヤルを追加することもできます。

1

チーム スペースのアプリ バーで、[Webex Call] をクリックします。

2

[スピード ダイヤルの追加] をクリックします。

3

名前の入力を開始して、スピード ダイヤルを追加する連絡先を検索するか、新しいスピード ダイヤルを作成します。

4

次のいずれかを実行します。

  • Outlook または Azure アクティブ ディレクトリの連絡先の追加—連絡先を選択し、ドロップダウンから番号を選択して、[追加] をクリックします。

  • カスタム連絡先の追加[新しいスピード ダイヤルの作成] をクリックし、[名前][電話] を入力して、[追加] をクリックします。


 

[名前] フィールドには最大 100 文字、[電話] フィールドには最大 50 文字を使用できます。

5

スピード ダイヤルを管理するには、次の方法があります。

  • スピード ダイヤルを画面に配置する—スピード ダイヤルをクリックして、画面に表示される順番を変更します。

  • スピード ダイヤル連絡先の削除—連絡先カードで、省略記号をクリックし、[スピード ダイヤルから削除] をクリックします。

  • カスタム連絡先の編集—連絡先カードで、省略記号をクリックし、[スピード ダイヤルの編集] をクリックします。

[最近の通話] には、誰かが勤務先または携帯電話番号から電話をかけてきたかどうかが表示されるため、同じ番号でコールバックできます。 ユーザーの名前の下に番号がない場合は、Webex コールです。

1

Webex Call に移動します。

2

[最近の通話] まで画面をスクロールして、通話履歴を確認します。

3

通話の上にカーソルを合わせ、音声コールビデオ通話 をクリックして発信します。


 

ダイヤル パッド をクリックし、ダイヤル パッドを使用して発信します。

Webex Call アプリを使用して、Microsoft Teams のモバイル デバイスでコールを行います。

始める前に

管理者またはチーム スペースの所有者が Microsoft Teams に Webex Call アプリをインストールしていることを確認してください。

1

ホーム画面で、[チャット][新しいチャット] をタップします。

2

発信したいユーザーを探し、その名前をタップします。

3

省略符をタップし、[Webex Call] を選択します。



4

表示される番号をタップして、コールのオプションを開き、番号を選択します。



Webex Call アプリを使用して、Microsoft Teams の iPad で通話を行います。

始める前に

管理者またはチーム スペースの所有者が Microsoft Teams に Webex Call アプリをインストールしていることを確認してください。

1

ホーム画面で、[チャット][新しいチャット] をタップします。

2

発信したいユーザーを探し、その名前をタップします。

3

省略符をタップし、[Webex Call] を選択します。



4

コール オプションを開くには、番号をタップして、ダイヤルする番号を選択します。



5

[コール] をクリックします。