コンタクトセンターの管理者は、エージェントの音声チャネル機能設定を管理できます。

エージェントの音声チャネル機能を有効または無効にするには、次の手順を実行します。

1 

https://admin.webex.com/ から顧客組織にログインします。

2 

[サービス] > [Contact Center] > [設定] > [デスクトップ] に移動します。

3 

[音声機能] セクションで、次を設定します。

  • 強制デフォルト DN の有効化 - トグルボタンを使用して、[デフォルトの DN の強制] を有効または無効にします。デフォルトでは、[デフォルトの DN の強制] 機能は無効になっています。

    この機能が有効な場合は、エージェントデスクトップにログインするとき、エージェントはプロビジョニングされたデフォルトダイヤル番号(DN)に 制限されます。デフォルトの DN が指定されていないエージェントは、任意の DN を入力できます。この設定は、管理ポータル([プロビジョニング] > [エージェントプロファイル])で [エージェント DN 検証] が定義されていない場合にのみ考慮されます。

  • Enable End Call(エンドコールの有効化)- トグルボタンを使用して、エンドコール機能を有効または無効にします。デフォルトでは、エンドコール機能は無効になっています。

    この機能が有効な場合は、エージェントデスクトップの [対話制御] ペインに [終了] ボタンが表示されます。エージェントが [終了] ボタンをクリックして、顧客との音声コールを終了できます。

  • Enable End Consult(コンサルティング終了が有効)- トグルボタンを使用して、コンサルティング終了機能を有効または無効にします。デフォルトでは、[End Consult Call(コンサルトコール終了)] 機能が有効になっています。

    この機能が有効な場合は、エージェントデスクトップの [問い合わせ要求] ダイアログボックスに [End Consult(コンサルト終了)] ボタンが表示されます。エージェントは、顧客とコール中である間に、[End Consult(コンサルト終了)] ボタンをクリックして、別のエージェントによって開始されたコンサルトコールを終了できます。

コンタクトセンターの管理者は、エージェントのエージェントエクスペリエンス設定を管理できます。

エージェントの自動後処理時間を設定するには、次の手順を実行します。

1 

https://admin.webex.com/ から顧客組織にログインします。

2 

[サービス] > [Contact Center] > [設定] > [デスクトップ] に移動します。

3 

[エージェントエクスペリエンス] セクションで、[自動後処理間隔] フィールドに自動後処理時間の値をミリ秒単位で入力します。[自動後処理間隔] が設定されると、エージェントの会話が終了後、エージェントデスクトップが自動的に後処理されます。この設定は、管理ポータル([プロビジョニング] > [エージェントプロファイル] > [補助コード])で、エージェントプロファイルの [ Auto Wrap Up With Time Out Of(自動後処理とタイムアウト)value>] 値が定義されていない場合にのみ考慮されます。

次の表に、自動後処理間隔に設定できるデフォルト値と値の範囲を示します。

デフォルト値(ミリ秒) 最小値(ミリ秒) 最大値(ミリ秒)

0 

60000(1 分)

600000(10 分)


 

デフォルトでは、自動後処理値は 0 ミリ秒に設定され、後処理時間が設定されていないことを示します。管理者 は、自動後処理値を定義する必要があります。

コンタクトセンターの管理者は、エージェントのデスクトップシステム設定を管理できます。

エージェントの切断された接続復旧のタイムアウトを設定するには、次の手順を実行します。

1 

https://admin.webex.com/ から顧客組織にログインします。

2 

[サービス] > [Contact Center] > [設定] > [デスクトップ] に移動します。

3 

[システム設定] セクションで、[切断された接続復旧のタイムアウト] フィールドに復旧タイムアウト値をミリ秒単位で入力します。[切断された接続復旧のタイムアウト] の設定後、ネットワークの停止がタイムアウト時間より長く続く場合、エージェントはエージェントデスクトップからサインアウトします。

次の表に、切断された接続復旧タイムアウトに設定できるデフォルト値と値の範囲を示します。

デフォルト値(ミリ秒) 最小値(ミリ秒) 最大値(ミリ秒)

120000(2 分)

120000(2 分)

600000(10 分)