Unified CM IM and Presence、Jabber Phone Only モードまたは Webex アプリをお持ちのお客様には変更は発生しません。


下の画像をクリックするとフルサイズ表示で開くことができます。

現時点でコントロール ハブ組織が作成されていない場合は作成し、初期セットアップを完了します。コントロール ハブは、組織内のユーザやサービスを管理する管理 インターフェイスです。一貫性のあるユーザ サインインエクスペリエンスのために、シングル サインオン (SSO) を有効にすることを強くお勧めしています。

はじめる前に

すでに Webex のライセンスを 受け取っている場合があります。その場合、準備をして導入を開始できます。そうでない場合は、適切なライセンスに移動するためのサポート をします。詳細については、パートナーまたはシスコにお問い合わせください。

1 

ドメインの追加、確認、正当化

Cisco Webex Control Hub にドメインを追加、検証、要求して、ドメイン所有権の証明が必要とされる機能を使用し、組織のセキュリティと整合性を確保できるほか、ユーザ管理にも役立ちます。

2

クラウド接続 UC (CCUC)による分析の有効化

Cisco Webex Cloud-Connected UCは、Cisco Webexクラウドの一連のサービスであり、管理ワークフローの生産性を向上させることを目的として、ビジネスと運用に関する洞察を強化します。 これにより、顧客は Webex クラウドの利点を活用しながら、重要なコールワークロードをオンプレミスで維持できます。 顧客が Webex Control Hub にログインすると、シスコのクラウドまたはハイブリッドサービスをサポートする単一の運用コントロールパネルからオンプレミス Unified CM ネットワーク全体を管理できる単一のグローバルビューが表示されます。

3 

すべてのコンポーネントでシングル サインオン (SSO)を有効にして、一貫性のあるユーザ エクスペリエンスを提供します。

組織内に自身の ID プロバイダー (IdP) がある場合、SSO 用の Webex Messenger、Unified CM、およびコントロール ハブ環境と SAML IdP を統合できます。 SSO を使用すると、組織内の Webex Meetings、Webex、その他のアプリケーションに対して、1 つの資格情報の共通セットを使用できます。

4

Cisco Webex Control Hub での自動ライセンス割り当てテンプレートのセットアップ

コントロール ハブでは、ライセンスを新しいユーザに自動的に割り当てるデフォルトのライセンス テンプレートをセットアップできます。

ユーザが作成された後の任意の時点で、次の方法を使用してサービスを割り当てすることができます。

5 

(省略可能) サポートされている既存のディレクトリからユーザを同期します。

シスコのディレクトリ コネクタまたは CIM API オプションの統合手順を使用して、既存のディレクトリからコントロール ハブ組織にユーザを同期できます。 これらの統合により、ユーザ リストの同期が維持されますので、ユーザ アカウントを再作成する必要はありません。 同期するディレクトリ内でユーザが作成、更新、または削除されると、コントロール ハブが更新を反映します。

6

ハイブリッド カレンダー サービスの導入

ハイブリッド カレンダー サービスを使用すると、オンプレミスの Microsoft Exchange、Office 365、Google の G Suite カレンダー(Google カレンダー)環境を Cisco Webex に統合できます。 この統合により、特にモバイル デバイスで、簡単にスケジュールを設定し、会議に参加できるようになります。プラグインは必要ありません。

ユーザは、Cisco Webex Room、デスクデバイス、Webex Board を会議に追加して利用することができます。 デバイスでハイブリッド カレンダー サービスが有効になっている場合は、緑色の [参加]ボタンがデバイスに表示されます。([参加] ボタンはワンボタン機能とも呼ばれ、Cisco Unified Communications Manager に登録され、Cisco TelePresence Management Suite によって管理されるデバイスでも使用できます)。

すべてのユーザが同時に更新されるフラッシュ切断をコントロール ハブに推奨します。XMPP の強化、保持、コンプライアンスなど、利用を許可するポリシーを設定します。

時間の長い間ユーザを移行し、 メッセージング相互運用を使用する場合は、 既存の組織に対するリクエストを送信して、すべての Jabber ユーザが Webex プラットフォームに同期される 「CI 有効」に移行する必要があります。このプロセスの詳細については、メッセージング相互運用資料を参照してください。

1 

組織の保持ポリシーを設定します

Webex はパーシステント メッセージングを使用します。組織のメッセージ保持の重要性が少ない場合は 、Webex のデータの保持期間を設定します。

24 時間の保持期間をリクエストするには 、プログラム更新のサポート チームに連絡してください

2

コントロール ハブでエンタープライズ コンテンツ管理 (ECM) へのアクセスを設定します

コントロール ハブでエンタープライズ コンテンツ管理のプラットフォームへのアクセスを設定します。 Cisco Webex 内のエンタープライズ コンテンツ管理プラットフォームを使用する権限をユーザに提供します。ユーザは、承認された企業管理プラットフォームのみを使用して、 Webex 内のファイルとコンテンツをアップロードおよび管理できます 。

3 

規制遵守を徹底します。

(この機能には、Pro Packが必要です。) コンプライアンス担当者として、 コントロール ハブを使用して Webex アプリ内のすべての会話を検索できます。会社内の特定の人物を探して、その人たちが共有してきたコンテンツを探したり、特定のスペースを検索したりしてから、調査結果のレポートを生成できます。 この方法により、外部の規制要件と社内ポリシーの両方を順守していることを確認できます。

4

ハイブリッド データ セキュリティを導入します。

Cisco Webex を設計する際に当初から主な焦点とされていたのは、データ セキュリティです。このセキュリティの基盤は、 Webex クライアントがキー管理サービス(KMS)とやり取りすることで実現されるエンドツーエンドのコンテンツ暗号化です。KMS は、クライアントがメッセージやファイルを動的に暗号化および復号化するために使用する暗号キーを作成および管理します。

デフォルトでは、すべての Webex ユーザがシスコのセキュリティ レルム内のクラウド KMS に保存されている動的キーを使用してエンドツーエンドの暗号化を取得します。ハイブリット データ セキュリティは、KMS とその他のセキュリティ関連機能をエンタープライズ データセンターに移動するため、自分以外のユーザが暗号化された自分のコンテンツに対するキーを保持することはありません。

5 

XMPP フェデレーションを有効化します。

ユーザが XMPP をサポートするメッセージング アプリケーションを使用して Webex でユーザと通信できるか選択できます。

移行固有の情報については、XMPP フェデレーション スライド資料集を参照してください。


ユーザをグループに一度に移動し、 Webex を単一のコラボレーション クライアントとして使用する場合は、 相互運用を有効にして、Webex ユーザが Jabber 上のグループと通信したり、Update Program サポート チームにアシスタンスをリクエストしたりすることができます。 Webex への完全移行を強く推奨します。Webex に対して段階的な切り替えを行う場合にのみ、この手順を実行してください 。

組織全体で段階的な更新プロセスが可能な共通アイデンティティ (CI) リンクを有効にするには、更新プログラム サポート チームに問い合わせてください。


相互運用を導入する場合は、ユーザ管理の 2 つのソース (既存の組織に 1 つ、コントロールハブに 1 つ) が導入されているディレクトリ同期は避ける必要があります。

相互運用を導入する場合、XMPP の統合はコントロール ハブではなく、既存の組織保持されます。

Webex とコントロール ハブ組織をカットオーバーした場合、コントロール ハブに統合ドメインを追加するオプションはありません。 詳細については、更新プログラム サポート チームに問い合わせてください。

既存の Site Admin の顧客がミーティング 環境をコントロール ハブと Webex エクスペリエンスを配置する場合は、次の 手順に従ってください。

1 

「Webex サイトからコントロール ハブへのリンク」の手順に従います。

既存の Webex サイトがある場合、Cisco Webex リンク プロセスを使用してそれらのサイトの高度な分析にアクセスしたり、Webex Meetings ユーザをコントロール ハブにリンクすることができます。

2

Webex Meetings への相互起動を有効にします。

この手順により、チームのユーザは、すでに使用しているミーティングと同じエクスペリエンスを得えます。

更新プログラム のサポート チームに問い合わせ、Webex Meetings の相互起動をリクエストします。

Webex (Unified CM) で通話をセットアップする手順に従います。このソリューションは、すでに導入済みの既存の Unified CM 導入を使用します。 詳細については 、Jabber Unified CM 通話から Webex Unified CM 通話および Webex UCM 通話設定ガイドへの移行を参照してください。

1 

Unified CM 通話設定を検証します

Webex (Unified CM) での通話ソリューションを使用すると、Webex を Cisco Unified Communications Manager コール制御環境 (オンプレミス企業、Business Edition 6000/7000、または hcs パートナーソリューションを通じて提供される) に直接登録できます。

このソリューションによって、 エンドユーザ向けのコール体験が強化されます。これにより、顧客は、Unified CM 環境を通じて Webex に直接コールを発信したり、 通話中の機能を使用したり、Webex からの Unified CM に登録されたデスクフォンを制御したりできます。

2

Unified CM サービス ディスカバリを検証します

サービス ディスカバリにより、クライアントは自動的に企業 (内部) および MRA (外部) のネットワークでサービスを検出することができます。 この設定はすでに行っている場合がありますが、この手順の導入ガイドと環境を確認してください。

3 

Unified CMの設定ファイルを更新します。

Webex は Jabber と同じ設定ファイルを利用します。 この Embedded Unified CM を使用して、 特定の通話機能や Jabber から Webex への移行ツールなど、さまざまなクライアント機能を設定できます。

Webexでサポートされるパラメータ のリストについては、ポリシー パラメータのドキュメントを参照してください。


Webex には 、ほとんどのサポート ワーカーコール機能がすでに含まれています。ただし、場合によっては、 ユーザの一部のサブセットが、コンタクト センター機能やマルチライン機能など、 Webex にはない高度な通話機能を必要とする 場合があります。Jabber との相互起動を備えた Webex をインテニテイン ソリューションとして使用できます。このオプションは 、ユーザが Webex から通話を発信するときに Jabber を開きます。Jabber では着信通話も直接呼び出されます。詳細については、次のページの Jabber Cross Launch を使用した Webex のマニュアルを https://www.cisco.com/c/dam/en/us/td/docs/solutions/PA/mcp/APPLICATION_CALLING-WebexTeams_with_Jabber_Cross_Launch.pdf で参照してください。

Webex アプリを導入し、頻度の更新、 ユーザへの通信、Jabber から Webex へのユーザ データの移行など、導入をカスタマイズします。その後、準備ができたら、以前のメッセージング組織を廃止します。

1 

トライアル展開を実行します。

Webex を組織全体に展開する前に、一部のユーザを含むトライアル バージョンをお勧めします。

2

Webex アプリを導入します。

管理者は、Windows または Mac 上の DMG ファイルに MSI ファイルを使用して Webex をインストールできます。ユーザ エクスペリエンスを向上させるために、Windows 上の MSI ファイルにコマンドライン パラメータを含めることができるようになりました。 Webex は 定期的に新しいバージョンをチェックして、アプリを自動的にアップグレードします。 これらの手順は、Webex のデスクトップ バージョンでのみ機能します 。また、ユーザ自身が Webex をセルフサービスしてインストールする場合も可能です。デスクトップまたはモバイルのバージョンは、https://www.webex.com/downloads.html からダウンロードできます。

ユーザが更新され、アプリが更新される Webex の製品更新を制御できます。延期期間を使用すると、ユーザが更新される前にアプリをプレビューできます。

3 

ユーザが Jabber から Webex にデータを移行する場合に役立ちます 。

移行ツールは Cisco Jabber に組み込み、連絡先や他の一般的なユーザ設定を Jabber から Webex に移行する方法を提供します。データが暗号化されている場合ユーザに Webex を導入しましたので、ユーザをこの移行用に設定できます。Jabber でこのオプションが自動的にポップアップしてユーザが見る前に、いくつかの設定を構成しておく必要があります。 ユーザ ガイドを使用して、移行を実行するのに役立ちます。

4

メッセンジャー組織をデコミッションします。

コントロール ハブ組織のすべての作業を実行している間は、ユーザに変更の通知を行ったことを確認した上で、準備ができたら、更新プログラムのサポート チームに連絡して、古いメッセンジャー組織をデコミッションしてください。

ご不明点はありますか?シスコにお問い合わせください。

詳細については、更新プログラム サポート チームに問い合わせてください。

メッセンジャー更新プログラムを実装するために必要な情報を入手してください。