インドの企業にVoIPに対する規制の必要性は特定されています。 プライベート IP ネットワークを使用して組織内で行う通話には制限はありませんが、PSTN 接続が企業の外部で通話を接続するときに使用されるなどの特定の規制があります。 TRAI (Telecom Regulatory Authority)の規制によると、インドの PSTN のテレフォニー ネットワークが、有料バイパスのための VoIP テレフォニー ネットワークと相互に接続される必要があります。 他の顧客 (OSP)サービス プロバイダーには、通話データレコードとシステムログを 1 年間維持する必要があります。


  • Webex Calling場所: サイト管理の Control Hub でセットアップ される Webex Calling

  • ユーザーの物理的な場所: 発信側ユーザーの物理的な場所です。 例えば、オフィス、カフェ、自宅などです。

規制に準拠するために、ユーザー Webex Calling の物理的な場所に基づいて通話をルーティングする管理コントロールを実施しました。 管理者は IP サブネットを同じ場所に関連Webex Callingの物理的な場所を決定します。 相互接続がPSTN ユーザーのエンドポイント IP アドレスが構成されたサブネットの 1 つと一致する場合、ユーザーはエンタープライズ ネットワークの内部である必要があります。

内部ユーザーはアウトバウンドPSTNの着信で許可されます。 ユーザーのエンドポイントが構成されたサブネットの外側にある場合は、ユーザーが 移動中である 意味します。 PSTN相互接続の制限は、Roaming ユーザーに適用されます。

これらの規制に準拠するには、インド の指定場所を指定Webex Calling指示に従う必要があります。 この記事 では、インドWebex Callingの企業について Webex Calling のロケーションを追加し、インドの各 PSTN Webex Calling ロケーションに対してトランクを作成して構成する方法について 説明しています。

次の図を参考にしながら、視覚的に使い方を説明することができます。

開始する前に、いくつかの重要な用語を定義します。

  • 信頼済みネットワークエッジ: エッジ ブレイクアウト ノードを表す IP アドレスの収集。 組織あたり最大 1,000 の組織レベルで信頼できるネットワーク エッジを作成します。

  • ゾーン: エッジの背後にあるデバイスまたはユーザーを表す IP アドレスの収集。 組織レベルで最大 1,000 件のゾーンを作成します。 複数のゾーンは同じネットワークエッジを共有できます。

  • 場所: 新Webex Calling 接続を必要 とするインドPSTNの場所には、ゾーンを割り当てる必要があります。 ゾーンを PSTN 接続を持つ Webex Calling ロケーションにゾーンを割り当てない場合、有料バイパスの制限はロケーションWebex Callingされません。 複数Webex Calling のロケーションが同じゾーンを共有できます。 すべてのユーザー、ワークスペース、機能 (自動アテンダントなど)、および内のトランク Webex Calling ロケーション のゾーンWebex Callingを使用します。


インド以外の地域にゾーンWebex Callingを指定することはできません。 現在、この構成は Control Hub で行う必要があります。 Cisco オペレーション チームは、Control Hub で設定が利用可能になるまでの間、設定を支援します。

新しいロケーションをWebex Calling するには、ロケーション アドレスの準備が整っている必要があります。 インドで新しいロケーションに追加するWebex Callingについては、次を参照してください。 ロケーションを追加します


オンプレミスベースのPSTN (ローカル ゲートウェイ) がインドの場所に対する唯一のオプションです。

一度、Webex Calling ロケーションを追加し、Webex Calling ロケーションに対してオンプレミスベースの PSTN を構成する前に、トランクを作成する必要があります。

トランクを作成する前に、インドの各場所について、ルート グループとPSTNおよび接続Webex Calling固有の要件を見直します。

  • ルート グループ内のすべてのトランクは、同じゾーンに属する必要があります (ロケーションに関連付けされていないゾーンWebex Calling含む)。

  • ロケーションの PSTN 接続がオンプレミスベースの PSTNに設定されている場合、選択したトランクまたはルート グループは、Webex Calling ロケーションと同じゾーン( 割り当てられたゾーンを含む)に属する必要 があります。

ロケーションのゾーンをWebex Callingする必要がある場合、以下を考慮してください。

  • 他のロケーションにトランクを使用するルート Webex Callingがある場合、ゾーンは拒否されます。 ルートグループを最初に変更して、同じゾーンのトランクだけがルートグループに属するよ。

  • この Webex Calling ロケーションから直接、またはルート グループを通して、PSTN 接続として、トランクを使用する他の Webex Calling ロケーションがある場合、ゾーンへの変更を拒否します。 他のロケーションのルート グループを変更して、ゾーン変更が対象の Webex Calling ロケーションを使用しないのでします。

  • この PSTN ロケーション のユーザー接続がWebex CallingWebex Calling ロケーションからのトランクまたはルート グループを使用している場合、ゾーンの変更は拒否されます。 ルートロケーションを使用 Webex Calling 、トランクPSTN、ルートグループを最初に接続またはルートグループに変更します。

トランクの作成の詳細については、次を参照してください。 組織Webex Callingユーザーを構成します

トランクを正常に作成した後で、特定のロケーションに割 り当Webex Calling できます。 詳細については、「オンプレミスのトランク を選択する」を参照PSTN

以下は、ユーザー がゾーンと信頼できるネットワーク エッジを持つ Webex Calling ロケーションにある通話シナリオの例です。有料バイパスを防止する方法を説明します。 これらの例では、以下を考慮してください。

  • Webex Callingゾーン: ゾーンと信頼できるネットワークエッジでセットアップされたインドのロケーション。

  • 外部Webex Callingゾーン:

    • Webex Callingゾーンと信頼できるネットワークエッジで設定されているインドの地域。

    • Webex Calling信頼できるネットワーク エッジでセットアップされていないロケーションを指定できます。

  • ローミング: 組織外のユーザー (例えば在宅勤務 ユーザー)。


以下の例の用語のエンドポイントは、ユーザーのセキュリティまたは Webex 卓上電話を 指します

Webex Callingはアウトバウンド通話をこのデバイスに発信PSTN

ユーザーのエンドポイントのネットワークロケーションは、ユーザーが 次のユーザーに電話した場合、通話Webex Calling する 方法PSTNします。

エンドポイントのネットワークロケーション

外線通話のルーティング

ユーザーのエンドポイントは設定されたWebex Callingです。

ゾーンのロケーションにPSTNを使用した通話ルートが設定されます。

ユーザーのエンドポイントはローミング中です。

PSTNは利用できます。


 

ユーザーは、このWebex Callingのユーザーに電話を PSTNかけることができます。

Webex Callingはユーザー から着信通話を受け取PSTN

ユーザー Webex Callingのエンドポイントは、組織の場所内で、ユーザーからインバウンド通話を受けるPSTNがあります。 OSP 組織がある場合、リモート エージェントは、ゾーンに入る VPN を使用してエンタープライズ ネットワークに接続できます。

ユーザーのエンドポイントにルートしない 通話については、 管理者は通話転送を利用できない設定を設定できます。 たとえば、通話転送設定をセットアップして、通話をボイスメールにルーティングすることができます。

エンドポイントのネットワークロケーション

着信コールのPSTNルーティング

ユーザーのエンドポイントはゾーン内Webex Callingされています。

通話はユーザーのエンドポイントにルートされます。

ユーザーのエンドポイントがローミング中です。

通話はユーザーのエンドポイントにはルーティングできません。

Webex Callingは着信 した通話を別のPSTN別 のユーザーに転送したりWebex Callingします

ユーザー間の通話の転送または転送 Webex Calling はありません。 ただし、インドとネットワークでは、ユーザーへの 通話の転送または転送PSTN があります。 一般的なルールは、着信した PSTN通話を、転送または転送ユーザーと同じ Webex Calling ゾーンのユーザーに転送し、リダイレクトする方法で、別の Webex Callingゾーンのユーザーに制限されます。

以下の表は、通話転送および通話転送が許可されるのか、または制限されるのかを示しています。

対象ユーザーのエンドポイントロケーション

通話の転送

転送

転送または転送Webex Callingユーザーと同じ共有ゾーンです。

通話転送に成功しました。

通話は別のユーザーに転送されます。

転送または転送Webex Callingのユーザーと異なるタイムゾーンにあります。

通話転送に失敗しました。

通話の転送に失敗しました。

ローミング中です。

通話はローミングエンドポイントには転送されません。

通話はローミングエンドポイントには転送されません。

Webex Callingはインドの他のユーザーに通話PSTN転送することができます

他 VoIP の Webex Calling ユーザーから PSTN にインバウンド通話を転送および転送する必要があります。

次の表は、有料バイパスが、インドの PSTN エンドポイントに通話を転送または転送する別の Webex Calling ユーザーに対して、Webex Calling ユーザーにより開始された通話のルーティングに与える影響を示します。

転送または転送を開始しているユーザー

[転送] PSTN

[転送] PSTN

発信側のWebex Callingと同じゾーンです。

転送に成功しました。転送するPSTNの Webex 通話ロケーションの一覧接続を使用します。

通話を通話先に転送PSTN;転送ユーザー PSTNの Webex 通話ロケーションのデフォルト接続を使用します。

発信側ユーザー Webex Calling別の通話ゾーンです。

エンドポイントへの通話転送PSTN失敗しました。

デバイスのエンドポイントへのPSTN転送に失敗しました。

ローミング中です。

電話エンドポイントへのコール転送にPSTN失敗しました。

通話ユーザーが転送ユーザーと同じ場所にある場合、通話が転送され、そうしない場合、通話が転送されます。

Webex Callingユーザー が電話会議 PSTN する

この電話会議に参加している Webex Calling ユーザー VoIP 1つ以上の電話会議エンドポイントは、有料PSTNのバイパス制限を受けなければならない。 以下の表は、無料通話のバイパスが、お使いの電話会議の 3 ウェイ/N ウェイ会議機能に与える影響Webex Calling

会議前の最初の通話

ユーザーが会議を開始しています

PSTN エンドポイントを使った会議

両方のユーザーのエンドポイントが同一のゾーンWebex Callingします。

ユーザー 1 は電話会議をそのエンドポイントからPSTNします。

会議へのエスカレーションに成功しました。

両方のユーザーのエンドポイントが異なるゾーンWebex Callingされています。

ユーザー 1 は電話会議をそのエンドポイントからPSTNします。

会議へのエスカレーションに失敗しました。

このゾーンに設定されているWebex Calling 1 は、ローミング中のユーザーと通話中です。

ユーザー 1 は電話会議をそのエンドポイントからPSTNします。

会議へのエスカレーションに失敗しました。

単一番号リーチ (Office Anywhere)

この機能により、ユーザーへの着信では、Webex Calling のエンドポイントで同時に呼び出し音 PSTNされます。 有料のバイパスを回避するために、発信側の地理的位置および発信側の Webex Calling ロケーションが分析され、通話を PSTN エンドポイントにルーティングするかどうかを判断します。

地理的な 場所の Webex Calling ユーザーが、1 つの番号リーチで Webex Calling エンドポイントに設定されている別の Webex Calling 場所のユーザーに VoIP PSTN 通話を行う場合のルーティングの動作。

呼び出されたユーザー Webex Callingゾーン

単一番号リーチ (SNR) ターゲット

このユーザーとWebex Callingです。

エンドポイント PSTNは、どこでも単一番号リーチ/オフィスを設定したユーザーの Webex 通話ロケーションの PSTN 接続を同時に使用します。

ユーザー名とWebex Callingです。

検出PSTNは同時に警告を表示できません。

ユーザー、自動アテンダン 通話キュー、ハント グループへの着信通話

PSTN発信者は、自動アテンダントのメッセージ、通話キュー、ハント グループのユーザーに接続できます。 ユーザーが in-通話キュー、ハント グループ、自動アテンダントに応答すると、通話は通話に応答したユーザーと同じ Webex Calling ゾーン内のユーザーに転送されます。

エグゼクティブアシスタント

エグゼクティブアシスタント機能を設定する場合は、エグゼクティブとアシスタントの両方を同じゾーンにWebex Calling めします。

管理者がエグゼクティブのアシスタントのプールを設定し、アシスタントの一部がエグゼクティブのゾーンとは異なるゾーンを持つ別の Webex 通話場所にある場合、次のルールが適用されます。

  • ユーザーのエンドポイントからの着信PSTN、アシスタントのエンドポイントはアラート を受信できません

  • アシスタントは管理PSTNのために発信および発信できません。

インドの多くの 組織は、Unified CM 通話で拡張および接続機能を使用しています。これにより、ユーザーはローミング中に PSTN ユーザーに発信することができます (たとえば、自宅から仕事をしている場合など)。 この機能は、Webex アプリWebex Calling ユーザーに対して 利用可能です。 ユーザーの業務番号をWebex Callingは、PSTN使用して 通話を行 います。 コールバック機能の詳細 については、次を 参照してください。 Webex アプリで | コールバックを使って仕事の電話をかしましょう

インドの規制により、OSP Centerの管理者は1年間、ローカルサーバー CDRファイルを保存している必要があります。 Webex では、CDRフィールドにアクセスし、Control Hub でダウンロードすることができます。 ファイルをダウンロードCDR、次を参照してください。 Cloud Collaboration ポートフォリオ用のレポート

  • ユーザーが割り当てられたエンタープライズ ロケーションが現在サポートされていないのとき、PSTN 番号に電話するか、PSTN 番号からの通話を受信しようと試みてきます。

  • 集中化された VPN を使用する組織の場合、ユーザーは集中管理された VPN ゲートウェイのネットワークロケーションに来る表示されます。 システムはユーザーの実際の地理的位置を検出できません。有料通話のバイパスポリシーは正確に適用されません。

  • Webex Calling とオンプレミス間の通話ルーティングの設定は、インドに組織が Webex Calling を持っている場合、インバウンド通話ルーティングの適切な有料バイパスポリシーに対して、「標準」に設定する必要があります。

  • ネイティブWebex Roomデバイス はエンタープライズ ネットワーク内Webex Callingとして設定され、そのためローミング ポリシーが適用されます。

  • Control Hub から利用可能な監査ログには、システムに対して行われたプロビジョニング変更に関するデータWebex Calling。

  • IPv6 アドレスを持つエンドポイントはサポートされていません。

  • オンプレミス Unified CMとの統合の 場合、ユーザーは常にローミング中であると見なされ、ローミングの制限が適用されます。