インドでは、企業に対して特定のVoIP規制が必要です。 プライベート IPネットワークを使用する組織内の通話には制限はありませんが、 PSTN接続を社外に接続する場合に使用する必要があります。 によると電気通信規制機関(TRAI)調査を行った場合にのみ、 PSTNインドのテレフォニー ネットワークは、トールのバイパスのためにVoIPテレフォニーのネットワークと相互接続してはいけません。 以下に対するデータ保持の要件が追加されました他のサービス プロバイダ (OSP)コールデータレコードとシステムログを 1 年間保持する必要がある顧客。


 
  • Webex Calling のロケーション にセットアップれているロケーションは、コントロールハブ対象: Webex Callingを選択します。

  • ユーザーの物理的な場所: 通話ユーザーの物理的なロケーション。 たとえば、オフィス、カフェ、ホームなどです。

規制に準拠するため、 Webex Callingは、ユーザーの物理的な場所に基づいて通話をルーティングする管理コントロールを実装します。 管理者はIPサブネットをWebex Callingのロケーションに関連付けて、ユーザーの物理的なロケーションを決定します。 実行時PSTN相互接続 (ユーザーのエンドポイントのIPアドレスが設定されたサブネットの 1 つと一致する場合、ユーザー企業ネットワーク内部のことです。

内部ユーザーは発信および着信 PSTN 通話が許可されます。 ユーザーのエンドポイントが設定されたサブネットの外側にある場合、ユーザーはローミング中です。 PSTN相互接続の制限は移動ユーザーに適用されます。


 

Webex Calling管理者は、インドのWebex Callingについて Control Hub に保存されている監査ログを確認できます。 ヘルプについては次を参照してください: インドのWebex Callingの監査ログ

これらの規制に準拠するには、特定の手順に従って設定を行う必要があります。 Webex Callingインドの場所。 この記事では、Webex を追加するWebex Callingインドの企業のロケーション、および各ロケーションの PSTN 接続のトランクの作成、設定Webex Callingの場所を指定します。

ステップをウォークスルーする間に、次の図を役立つビジュアルとして使用できます。

始める前に、いくつかの重要な用語を定義しましょう。

  • 信頼できるネットワーク エッジ エンタープライズネットワークの外部IPアドレスに面したインターネットを表すIPアドレスの集合です。 これは、ユーザーが他の Webex Calling ロケーションにローミングしているかどうかを判断するために使用されます。 組織あたり最大 1,000 の信頼できるネットワーク エッジを組織レベルで作成します。

  • [ゾーン] これは、エッジの背後にあるデバイスまたはユーザーを表す IP アドレスのコレクションです。 ZoneはインドのTelecom Circleを表しています。 各サークル内では、コールはローカルコールとして扱われます。 組織レベルでゾーンを作成し、組織あたり最大 1,000 ゾーンに設定します。 複数のゾーンで同じネットワーク エッジを共有できます。

  • 場所: PSTN接続が必要なインドのWebex Callingロケーションには、ゾーンが割り当てられている必要があります。 PSTN接続を使用したWebex Callingロケーションにゾーンを割り当てない場合、Webex Callingロケーションにはトールバイパス制限は適用されません。 複数Webex Calling複数の場所が同じゾーンを共有できます。 Webex Callingのロケーション内のすべてのユーザー、ワークスペース、機能 (自動アテンダントなど)、トランクは、 Webex Calling場所のゾーンを指定します。


 

インド国外の Webex Calling ロケーションにゾーンを割り当てることはできません。

新規Webex Callingロケーションの場合は、場所のアドレスの準備ができていることを確認してください。 インドでのWebex Callingのロケーションの追加の詳細については、次を参照してください。 ロケーションを追加する


 

プレミスベースの PSTN (ローカル ゲートウェイ)インドでのロケーションのオプションは、 のみです。

始める前に

信頼できるネットワーク エッジとは、Webex Calling サービスへのエッジ ブレイクアウト ノードを示す IP アドレスのコレクションです。

1

Control Hub にログイン、サービス次のページにアクセスしてください:電話次のページにアクセスしてください:コール ルーティングを選択します。https://admin.webex.com

2

選択信頼できるネットワーク エッジ次のページにアクセスしてください:信頼できるネットワーク エッジを作成を選択します。

3

ネットワーク エッジを作成するための設定を行います。

  • 信頼できるネットワーク エッジの名前 ネットワーク エッジを識別する一意の名前を入力します。

  • IP アドレス 単一のアドレス、アドレスの範囲、またはサブネットを CIDR 表記で入力します。


 

IPアドレス、アドレスの範囲、またはサブネットを CIDR 表記形式で一度にインポートできるのは最大 200 個です。 複数を同時に追加するには、次を使用します: CSVをインポートしてIPアドレスを一括で追加を選択します。

4

[作成] をクリックします。

始める前に

ゾーンはさまざまな PSTN エリアを定義し、インド国内の拠点にのみ適用されます。 ゾーンが作成されたら、拠点のページにアクセスしてゾーンを拠点に割り当てます。

1

Control Hub にログインhttps://admin.webex.comサービス次のページにアクセスしてください:電話次のページにアクセスしてください:コール ルーティングを選択します。

2

選択ゾーン次のページにアクセスしてください:ゾーンを作成を選択します。

3

設定を構成してゾーンを作成します。

  • ゾーン名 ゾーンを識別する一意の名前を入力します。

  • 信頼できるネットワーク エッジを選択 ドロップダウン リストから [ミーティング タイプ] を選択します。

  • IP アドレス 単一のアドレス、アドレスの範囲、またはサブネットを CIDR 表記で入力します。


 

CIDR 表記形式で最大 200 個のIPアドレス、アドレスの範囲、またはサブネットをインポートできます。 複数を同時に追加するには、次を使用します: CSVをインポートしてIPアドレスを一括で追加を選択します。

4

[作成] をクリックします。

1

Control Hub にログインhttps://admin.webex.com管理次のページにアクセスしてください:ロケーションを選択します。

2

ゾーンを割り当てるロケーションを選択します。

3

PSTN 接続を追加します。

4

[PSTNゾーン] ドロップダウンで、[ゾーン] を選択します。

5

(オプション)[ルーティングの選択(Routing Choice)] ドロップダウンで、プレミスベースの PSTN を管理するトランクまたはルート グループを選択します。

6

PSTN 通話の利用規約とデモ インド ロケーションを確認します。

7

クリック次へを選択し、PSTN 接続を保存します:

  • 選択完了(後で番号を追加) または

  • 選択今すぐ番号を追加を選択します。

    1. ドロップダウン メニューから、番号を追加するロケーションを選択します。

    2. [次へ] をクリックします。

    3. 追加する電話番号を入力


       

      複数の番号がある場合は、カンマで区切ります。

8

[保存] をクリックします。


 

インドで作成された Webex Calling ロケーションにはゾーンが割り当てられていないため、トールバイパス規制に準拠していません。 トールバイパス規制に準拠するには、Webex Calling 管理者がこのロケーションにゾーンを割り当てる必要があります。

このビデオ デモンストレーションでは、Trusted Network Edge を設定し、Control Hub でインドのロケーション用にゾーンと PSTN 接続を設定する方法について説明します。

Webex Callingのロケーションに対するプレミスベース PSTN を構成する前に、トランクを作成する必要があります。

トランクを作成する前に、インドのWebex Callingのロケーションのルート グループおよび PSTN 接続のインタラクションに固有の以下の要件を確認してください。

  • ルート グループ内のすべてのトランクは、同じゾーンに属する必要があります ( Webex Callingのロケーションに関連付けられていないゾーンを含む)。

  • ロケーションのPSTN接続がプレミスベースに設定されているPSTN 、選択されたトランクまたはルート グループは 、割り当てられていないゾーンを含むWebex Calling場所を指定します。

Webex Callingのロケーションのゾーンを変更する必要がある場合は、以下の点を考慮してください。

  • Webex Callingのロケーションとその他のロケーションでトランクを使用しているルート グループがある場合、ゾーンは拒否されます。 最初にルートグループを変更して、同じゾーン内のトランクだけがそれに属するようにします。

  • 他のWebex Callingトランクを使用しているWebex CallingロケーションをPSTN直接、またはルート グループから接続した場合、ゾーンの変更を拒否します。 他のロケーション ルート グループを変更して、ゾーン変更の対象となるWebex Calling ロケーションを使用しないようにします。

  • その場合、 PSTN確認のための接続Webex Callingロケーションは他のドメインからのトランクまたはルートグループを使用していますWebex Callingの場合、ゾーンへの変更は拒否されます。 を使用するには、 Webex Callingの場所を確認するには、PSTN 接続またはルート グループを最初に変更して、トランクまたはルート グループが

統合の詳細は、次を参照してください。 組織のために Webex Calling を設定する

通話シナリオの例は以下のとおりです。ユーザはWebex Calling場所のゾーンおよび信頼できるネットワーク エッジで、料金バイパスを回避する方法を説明します。 この例では、以下にご注意ください:

  • Webex Callingのみ: ゾーンおよび信頼されたネットワーク エッジでセットアップたインドの場所。

  • Webex Callingゾーン外:

    • 別のゾーンと信頼済みネットワーク エッジでセットアップたインドのWebex Callingのロケーション。

    • ゾーンと信頼できるネットワーク エッジでセットアップていないWebex Callingのロケーション。

  • ローミング: ユーザーを表示します。たとえば、ユーザー家から仕事をしている。


 

次の例にあるエンドポイントという用語は、ユーザーの卓上電話、またはWebexアプリを選択します。

Webex Callingユーザーは、PSTN への発信コールを

ユーザーのエンドポイントのネットワーク ロケーションは、次の場合に通話のルーティング方法を決定します。 Webex CallingユーザーがPSTNユーザー:

エンドポイントのネットワーク ロケーション

外線通話のルーティング

ユーザーのエンドポイントは、 Webex Callingゾーンにあります。

PSTN 接続を使った通話ルートは、ゾーンの場所にセットアップれます。

ユーザーのエンドポイントはローミング中です。

PSTN 通話は利用できません。


 

ユーザーはWebex Calling のコールバック機能を使用して PSTN ユーザーに通話することができます。

Webex Callingユーザーを PSTN から受信コール

Webex Callingユーザーのエンドポイントは、PSTN ユーザーからの着信コールを受信するために、組織の構内に存在する必要があります。 OSP 組織がある場合、リモート エージェントはエンタープライズ ネットワークに接続することで、 VPNを使用できます。

ルーティングされないコールユーザーのエンドポイントに対して、管理者は通話転送を利用できない設定を設定できます。 たとえば、通話転送設定をセットアップてコールをボイスメールにルーティングできます。

エンドポイントのネットワーク ロケーション

着信 PSTN 通話のルーティング

ユーザーのエンドポイントは、 Webex Callingゾーンの中にあります。

ユーザーのエンドポイントへのコール ルート。

ユーザのエンドポイントがローミング中です。

通話はユーザーのエンドポイントにルーティングされません。

Webex Callingユーザー転送または着信の転送PSTN他のWebex Callingユーザーに発信する

通話の転送に制限はありません。 Webex Callingユーザーを追加してください。 ただし、インドのユーザーへのコールの転送には制限がありますPSTNネットワーク。 原則として、着信の転送とリダイレクトはPSTN同じ組織のユーザーにWebex Callingゾーン転送または転送するユーザーは別のWebex Callingゾーンを選択します。

次の表に、通話転送と通話転送が許可されているか制限されているかを示します。

ターゲット ユーザーのエンドポイントの場所

通話の転送

転送

転送または転送するユーザーと同じWebex Callingゾーンにある

通話転送が正常に行われました。

通話が別のユーザーに転送されます。

転送または転送するユーザーとは異なるWebex Callingゾーンにあります。

通話転送に失敗しました。

着信転送が正常に行われました

ローミング中です。

通話はローミング エンドポイントに転送されません。

通話はローミング エンドポイントに転送されません。

Webex Callingユーザーがインドの PSTN ユーザーに通話を転送または転送します

別の から着信VoIP通話を転送および転送するWebex Calling PSTN に接続するユーザーは、発信者と呼ばれるユーザーの両方に対して、有料バイパスの制限に従う必要があります。

次の表では、トールのバイパスがWebex Callingユーザーから別のユーザーへのコールのルーティングに与える影響を示しています。 Webex Calling通話をインドの PSTN エンドポイントに転送するユーザー。

転送または転送を開始するユーザー

PSTN に転送

PSTN に転送

通話ユーザーと同じWebex Callingゾーンにある

転送に成功しました。転送ユーザーの Webex Calling ロケーションの PSTN 接続を使用します。

PSTN への通話転送転送するユーザーのWebex通話ロケーションの PSTN 接続を使用します。

通話ユーザーとして別のWebex Callingゾーンにいます。

PSTN エンドポイントへの通話転送に失敗しました。

PSTN エンドポイントへの通話転送が失敗しました。

ローミング中です。

PSTN エンドポイントへの通話転送の問い合わせは失敗しました。

発信しているユーザーが転送しているユーザーと同じロケーションにいる場合、通話は転送され、それ以外の場合は通話は転送されません。

Webex Callingユーザー会議PSTNユーザー

この電話会議には、 Webex Calling VoIPおよび 1 つ以上の PSTN エンドポイントのユーザーは、トール バイパス制限に従う必要があります。 次の表に、トールのバイパスが の 3 方向/N 方向の電話会議機能にどのように影響するかを示します。 Webex Callingを選択します。

電話会議前の最初のコール

電話会議を開始するユーザ

PSTN エンドポイントとの会議

両方のユーザーのエンドポイントは、同じWebex Callingゾーンにあります。

ユーザー 1 は PSTN エンドポイントへの電話会議を開始します。

電話会議へのエスカレーションが成功しました。

両方のユーザーのエンドポイントは、異なるWebex Callingゾーンにあります。

ユーザー 1 は PSTN エンドポイントへの電話会議を開始します。

電話会議にエスカレートしようとしても失敗します。

Webex Callingゾーンにいるユーザー 1 は、ローミング ユーザーとアクティブな通話を行っています。

ユーザー 1 は PSTN エンドポイントへの電話会議を開始します。

電話会議にエスカレートしようとしても失敗します。

単一番号リーチ (Office Anywhere)

この着信通話では、 Webex CallingユーザーのPSTNエンドポイント。 料金のバイパス、発信側の地理的位置、 Webex Calling着信側の位置情報を分析して、コールを PSTN エンドポイントにルーティングするかどうかが決定されます。

ルーティング動作は、 Webex Calling地理的な場所にいるユーザーが別の場所にいるユーザーにVoIP通話を発信しますWebex Calling PSTN エンドポイントに設定された単一番号リーチを持つ場所。

着信ユーザーの Webex Callingゾーン

単一番号リーチ (SNR)

Webex Callingユーザーと同じです。

PSTN エンドポイント アラートは同時に、単一番号リーチ/Office Anywhere が設定されているユーザーのWebex Calling ロケーションの PSTN 接続を使用します。

Webex Callingユーザーとは異なります。

PSTN エンドポイントは同時にアラートしません。

着信通話先通話キュー、ハント グループ、または自動音声応答

PSTN 発信者は、通話キュー、ハント グループ、または自動音声応答内のユーザーに接続することができます。 ユーザーが通話キュー、ハント グループ、自動アテンダントに応答すると、その通話は応答したユーザーと同じWebex Callingゾーン内のユーザーに転送されます。

エグゼクティブ アシスタント

エグゼクティブ - アシスタント機能をセットアップする場合は、エグゼクティブとアシスタントを同じWebex Callingゾーンを指定します。

管理者がエグゼクティブに対してアシスタントのプールを構成しており、一部のアシスタントがエグゼクティブのゾーンとは異なるゾーンを持つWebex Callingのロケーションに存在する場合、次のルールが適用されます。

  • PSTN エンドポイントからの着信コールの場合、アシスタントのエンドポイントは警告されないを選択します。

  • アシスタントはエグゼクティブの代わりに PSTN 通話を発信できません。

  • Webex Calling対応デバイス(Ciscoマルチプラットフォーム デスクフォンのみ)

  • Webexアプリ (デスクトップ、モバイル、タブレット)

インドの多くの組織は、延長およびつながるの共有機能を使用してUnified CMコールを追加し、ユーザ通話するPSTNローミング中のユーザーにアクセスできません。 この機能はまた、 Webex CallingユーザーがWebexアプリを選択します。 ユーザーのWebex Calling業務番号への発信は、コールバック機能を示します。 詳細については、コールバック機能については、次を参照してください。 Webex アプリ コールバックを使用して仕事のコールを発信する|

PSTN 発信者間の通話を録音するには、 Webex Callingユーザーの場合、推奨されるオプションは CUBE を使用して、メディアのコピーを記録サーバーに送信することです。 詳細については、次のサイトを参照してください。 CUBE の録画機能ガイドを選択します。

2 者の通話を録音するにはWebex Callingユーザ、既存Webex Calling録画ソリューション (Dubber など) を使用できます。

インドの規制では、OSP センターの管理者が、CDR ファイルを 1 年間ローカル サーバーに置くことが義務付けられています。 Webexは CDR フィールドがコントロールハブにアクセスしてダウンロードすることを許可します。 CDR ファイルをダウンロードするには、次を参照してください。 Cloud Collaboration ポートフォリオのレポート

  • 次への呼び出しの試行PSTN番号を発信するか、 PSTN番号 (ユーザーが割り当てられたエンタープライズの場所とは異なるエンタープライズの場所にローミングする場合) は現在サポートされていません。

  • 集中型VPNを使用する組織の場合、ユーザーは集中化されたVPNゲートウェイのネットワークの場所にいるように見えます。 システムはユーザーの実際の地理的位置を検出できず、したがってトール バイパス ポリシーは正確に適用されません。

  • コール ルーティングの設定: Webex Callingおよびプレミスが「Standard」に設定されている場合、着信コールルーティングに対する正しいトール バイパス ポリシーは、組織にWebex Callingインドの場所。

  • Webex Room デバイスがネイティブに登録されていないWebex Callingは企業ネットワークの内部ではないと設定されているため、ローミング ポリシーが適用されます。

  • IPv6 アドレスが設定されたエンドポイントはサポートされていません。

  • オンプレミスとの統合Unified CMを選択すると、ユーザーは常にローミング中とみなされ、ローミングの制限が適用されます。

  • ICE-Lite は、ローカルゲートウェイとして CUBE で有効になっている必要があります。 CUBE での ICE-Lite の有効化についての詳細は次を参照してください。 CUBE の ICE-Lite サポートを選択します。