前提条件


この機能は「プレビュー」モードで利用できます。このリリースで提供される機能およびサポートは限定的なものであり、完全版の正式リリース前に機能や操作方法が予告なく変更される場合があります。Cisco テクニカルサポートは、プレビュー モードの機能に対し、ベストエフォート サポートを提供します。プレビュー モードの機能には、サービス品質保証 (SLA) はありません。

Webex Calling for Chrome (プレビュー) は、Professional ライセンスをお持ちのすべての Webex Calling ユーザーが利用できます。Chrome ウェブストアで「Webex Calling for Chrome」を検索し、Chrome ブラウザに拡張機能として追加します。この拡張機能は、Chrome ブラウザをサポートするデスクトップ オペレーティング システムで動作します。サポートされているオペレーティング システムは以下のとおりです。

  • Windows 10 以降

  • Mac OS バージョン 11 Mountain Lion 以降

  • ChromeOS

Calling 機能

Webex Calling for Chrome (プレビュー リリース) は、以下の通話機能をサポートしています。

  • 着信および発信

  • 企業ディレクトリでのユーザーの検索と検索結果からの発信

  • キーパッドからの発信コール

  • Google Workspace のアプリケーションや Chrome のウェブページから、電話番号にクリック通話

  • クライアントで着信コール通知を受信

  • 通話の保留と再起動

  • 通話履歴から発信、着信、不在着信の履歴を確認可能

制限と制約

Webex Calling for Chrome (プレビュー リリース) の既知の制限と制約事項は次のとおりです。

  • ウェブクライアントからの発信では、システムのデフォルトの音声入出力デバイスを使用します。ユーザーがクライアントから特定のデバイスを選択する機能はサポートされていません。ユーザーがモニターが接続されたドッキング ステーションなど、複数のデバイスを持っている場合、ユーザーは Chrome の設定でモニターの音声入出力デバイスを選択する必要があります。

  • Webex Calling に接続できるブラウザ クライアントは 1 つだけです。クライアントの別のインスタンスからサインインすると、以前のセッションからサインアウトされます。

  • インドのウェブ クライアント ユーザーは、PSTN 通話の発信や受信ができません。


以前の Webex Call 拡張機能を使用しているユーザーは、Webex Calling for Chrome 拡張機能に移行する必要があります。

Webex Calling for Chrome を拡張機能として追加するには、次の手順に従います。

始める前に

Webex Calling for Chrome を使用するには、Chrome ブラウザ バージョン 104 以降を使用する必要があります。

1

Google Chrome ウェブストアに移動し、「Webex Calling for Chrome」を検索します。

2

[Chrome に追加] をクリックします。

3

[セッションの追加] をクリックします。

Webex Calling が Chrome の拡張機能として追加されました。

4

(任意) 拡張機能をブラウザ タブにピン留めします。

次の手順に従ってサインインします。

1

Chrome ブラウザでアイコンをクリックします。

2

メールアドレスを入力してください。[次へ] をクリックします。

3

アカウントのパスワードを入力します。[サインイン] をクリックします。

Webex Calling for Chrome にサインインすると、自分の番号がクライアントのフッターに表示されます。

Webex Calling for Chrome を使用して電話をかける方法はいくつかあります。

電話をかけるには、次のメニュー オプションのいずれかをクリックします。

メニュー

目的

キーパッド

  1. 左側のナビゲーション バーで アイコンを選択します。

  2. 発信したい相手の内線番号または直通ダイヤル (DID) 番号を入力します。

  3. アイコンをクリックします。

Calling
  1. 左側のナビゲーション バーの アイコンをクリックして、[通話履歴] 表示に移動します。

  2. 発信したい連絡先にカーソルを合わせ、 アイコンをクリックします。

クリック通話

ウェブページに表示されている電話番号にクイック コールをかけることができます。

  1. Google Workspace アプリケーションやウェブページで、E.164 フォーマットの電話番号にカーソルを合わせます。

  2. アイコンをクリックして発信します。

着信があると、デスクトップにブラウザ通知が表示されます。着信の通知を受け取るには、オペレーティング システムと Chrome ブラウザで通知を有効にしてください。

Chrome ブラウザで通知を有効にする方法

  • [設定] > [プライバシーとセキュリティ] > [通知] の順に移動します。デフォルトの動作[通知を送信するかどうかの確認をサイトに許可する] に設定します。カスタマイズされた動作内の [通知の送信を許可するサイト] の下に web.webex.com を追加します。

デスクトップでオペレーティング システムの通知を有効にする方法

  • Windows - [設定] > [通知とアクション] の順に移動します。[通知] で必須の権限がすべて提供されていることを確認します。[これらの送信者からの通知を受け取る] の項目で [Google Chrome][オン] にします。

  • Mac - [システム環境設定] > [通知と集中モード] の順に移動します。アプリケーション リストで、[Google Chrome] をクリックします。[通知を許可] スライダを有効に切り替えて、Chrome が送信できる通知の種類を選択します。

  • ChromeOS - システム トレイまたはタスクバーの通知エリアに移動します。時計アイコンをクリックしてメニューを開きます。[通知] アイコンが オン、すべてのアプリ に設定されていることを確認します。[通知] をクリックして、通知設定を開きます。[次からの通知を許可] の [Chrome Goodies] に対するチェックボックスをオンにします。


web.webex.com のメディアの権限を許可していない場合、発信の音声通知は聞こえません。

Webex Calling for Chrome を使用して着信に応答するには、次の手順に従います。

1

デスクトップのブラウザ通知をクリックして、Webex Calling for Chrome クライアントを復元します。

Windows および ChromeOS 用ブラウザ通知

Mac 用ブラウザ通知

2

をクリックして通話に応答します。

3

アクティブ コール画面が表示されます。 をクリックして、通話を終了します。

通話転送などの通話設定は、settings.webex.com から管理できます。[通話設定] > [その他の通話設定] に移動し、[Webex Calling 設定を開く] をクリックして、通話設定のウェブ ページを開きます。

アクション

目的

通話設定オプションを表示する

左下にある [通話設定] アイコンをクリックすると、通話設定オプションが表示されます。

左側のナビゲーション バーにあるプロファイル画像をクリックすると、Webex Calling for Chrome プロファイルのメニューにアクセスできます。また、プロファイル画像をクリックして、新しい画像をアップロードできます。

次のアクションを利用できます。

アクション

目的

サポートを要請する

ログの収集

  • [ヘルプ] をクリックします。

  • [ログを送信] を選択して、Webex アカウントのログを収集します。

サポートへお問い合わせ

  • [ヘルプ] をクリックします。

  • [サポートに連絡] を選択して、サポート チームに連絡します。

バージョン情報

  • [ヘルプ] をクリックします。

  • [情報] を選択して、バージョンの更新があるかどうかを確かめたり、フィードバックを共有したりします。

ログアウト

  • [サインアウト] をクリックして、Webex Calling からサインアウトします。

通話設定

  • Webex Calling の通話設定にアクセスして管理するには、[通話設定] をクリックします。

通常は、デバイス上のアクティブなアプリケーション以外のアプリケーションはすべて閉じるか最小化します。しかし、通話アプリケーションがバックグラウンドにあるときも着信通話の通知を受け取りたい場合があります。Webex Calling for Chrome では、このオプションが提供されます。

Webex Calling for Chrome の [閉じる] をクリックすると、アプリケーションをバックグラウンドでアクティブにするかどうかをカスタマイズできます。アプリケーションがバックグラウンドでアクティブになっている場合、着信通話の通知を受け取ることができます。次の手順に従います:

1

Webex Calling for Chrome クライアントで [閉じる] をクリックします。ウィンドウが表示されます。


 

[今後このメッセージを表示しない] を選択して、設定を行います。これを選択すると、今後このポップアップ メッセージは表示されません。

2

[Webex を最小化] をクリックして、クライアントを非表示にします。

ブラウザの Webex Calling for Chrome アイコンにアクティブなステータスが表示されます。また、Webex Calling for Chrome アイコンがシステム トレイで最小化されます。
3

[Webex を閉じる] をクリックして、Webex Calling for Chrome を終了します。

ブラウザの Webex Calling for Chrome アイコンに非アクティブなステータスが表示されます。Webex を閉じると、着信通知は受信されません。

Webex Calling ユーザーは、Webex Calling for Chrome クライアントを終了する前に確認を求めるかどうかをカスタマイズできます。このオプションを有効にすると、閉じるボタンをクリックした後、クライアントが再度開きます。ユーザーは Webex を閉じることを確認する必要があります。

この設定を行うには、次の手順に従います。

1

ブラウザで Webex Calling for Chrome アイコンを右クリックします。

2

表示されるメニューで [オプション] をクリックします。

Chrome クライアントでは、Webex Calling の [通話設定] に移動することもできます。[Webex 拡張オプション] で [Webex 拡張オプションを開く] をクリックします。

3

Webex Calling 拡張機能ウィンドウにオプションが表示されます。必要に応じて、[Webex を終了する前に確認] ボタンを切り替えて基本設定を変更します。

デフォルトでは、Professional ライセンスを所有するすべての Webex Calling ユーザーに対して、ブラウザのソフトフォンが有効になっています。

次の手順に従って、Control Hub でデスクトップ ブラウザを無効にします。

1

https://admin.webex.com の管理ビューから [ユーザー] ページに移動します。

2

[ユーザー] ページで、ユーザーリストの 1 つをクリックします。

3

[通話] > [高度な通話設定] > [アプリケーション] の順に移動します。

4

選択したユーザーの Webex Calling for Chrome を無効にするには、[ウェブ] オプションのチェックを外します。


 

Webex Calling 管理者は、Chrome Enterprise のポリシー リストを使用して、Webex Calling for Chrome の拡張機能をリモートでユーザーのブラウザにプッシュできます。詳細については、「Chrome ポリシー管理の概要」および「Chrome Enterprise のポリシー リスト」を参照してください。