レイアウトの設定

新しい [レイアウトの設定] 機能により、Control Hub ポータルに強化された MPP Webex Calling機能が追加されます。

管理者は、電話および既存の構成回線とユーザーの監視リスト機能を持つ接続された Key Expansion Modules (KEM) のユーザーのプログラム可能回線キー (PLK) をカスタマイズできます。

MPP デバイスでは、レイアウト オプションには、プライマリおよび共有回線の外観 (PLK のみ)、監視回線 (PLK &KEM)、およびスピード ダイヤル (PLK & KEM) の設定が含まれます。

レイアウトを一括で適用する (テンプレート) 多くの MPP デバイスは、既に開発中で、今年後半に使用可能になります。

既定とカスタム レイアウト モードの両方の前提条件

  • マルチプラットフォーム (MPP) ファームウェアを実行する Cisco 6800、7800、8800 シリーズ電話機でのみサポートされています

  • Cisco MPP 6800 および 8800 シリーズ用の Cisco Key Expansion Modules (KEM) でのみサポートされています

  • ユーザーの電話のプライマリおよび共有回線は、回線の設定機能を 使用して構成 されます。

  • ユーザーおよび/またはコール パーク内線を監視すると、ユーザーのモニタリング リストに 追加 されます。

既知の問題および制限

  • カスタム レイアウト モードでは、アップデートされたレイアウトが適用するときに、既存のモニタリングまたはスピード ダイヤル PLK を開くに変更しても、電話の PLK がクリアされない場合があります。 この結果、長いキー押し方法を使用して電話から手動で削除するか、定義された回避策を使用する必要がある、電話の監視またはスピード ダイヤルのエントリが古い場合があります。

  • [KEM を追加] モードの場合、14 から 18 ボタン KEM スタイルの間で切り替えても、設定が保持されません。

[レイアウトの設定] 画面でアクションを実行しない場合、電話は自動的に以下のロジックを使用するデフォルトのレイアウトを使用します。

  • 第 1 行のキー ポジション (左上 PLK) は常に電話のプライマリ所有者です。

  • 残りの PLK は、2 つ目の PLK から次の順番で入力されます (左サイドから右上から下)。

    • 構成回線セクションで指定された追加のプライマリ回線と共有回線が適用されます。

    • 監視リストエントリ (トップダウン) は、残りの空の PLKs に適用されます。

    • KEM(s) がデバイスに接続されている場合、追加の監視エントリが KEM 右下の左上から、および KEM ページ-1 から Page-2 まで、最初に利用可能な KEM キーにオーバーフローします。


  • デフォルトのレイアウトの場合、プレビューレイアウトが唯一の利用可能なビューになります。

  • 現在、プライマリおよび共有回線は KEM キーで使用できません。

  • レイアウトによって自動的に入力されないキーは、開いた PLK および KEM キーと見なされます。

プレビューレイアウトモード

プレビュー モードでは、デバイスに適用する際のレイアウトの表示方法を確認できます。 プレビューにより、入力した回線キー、監視回線、およびスピード ダイヤルに基づいてレイアウトを確認するのに役立ちます。


  • プレビューレイアウトは、デフォルトのレイアウトを使用している場合にのみ利用可能なビューです。

  • 開いた PLKs を持つレイアウトの場合、電話から手動でプロビジョニングされたスピード ダイヤルは、プレビューには表示されません。

  • 特定の PLK が予期しない値を割り当てる理由を知り、PLK の説明を参照してください。

カスタム レイアウト

カスタム レイアウトを使用して、デバイスの PLK レイアウトを変更します。 管理者として、各 PLK に対するカスタム オプションを使用して、PLK レイアウトに対ドロップダウン リストの変更を定義できます。


電話のレイアウトをカスタマイズするために、ポータルはデバイスの共有回線リストまたはモニタリング リストの数量がアクティブなレイアウトと一致しない場合に警告します。 アラートは [相談] と呼ばされ、レイアウト 領域の上に表示されます。 注意: 情報メッセージのみであり、作成したレイアウトを保存している必要はしません。 レイアウトに必要なタイプの PLK ポジションを追加するか、デバイスの共有回線リストまたはユーザーのモニタリング リストのエントリを減らすことにより、助言をクリアできます。

機能オプション

  • ドロップダウン リストから必要なオプションを選択し、必要に応じて PLK 値を設定します。

  • 一つの位置から別の位置にドラッグして、PLK ポジションをスワップします。

  • [KEM の追加] オプション (MPP モデルが KEM をサポートしている場合) を使用し、監視および構成スピード ダイヤルします。

  • レイアウトの編集を保存またはキャンセルできます。

  • デバイスの編集 、アクション メニュー から [変更を適用] オプションを使用して、デバイスに新しいレイアウトをプッシュします。

PLK 構成可能オプション

  • Open – 値が指定されていません。

    • プライマリ回線は、最初のライン表示以外のすべての PLK のデフォルトオプションです (専用プライマリライン)。

    • モニタリング リストからオーバーフローすると、開いている PLK の位置を埋め込むのです。

    • 電話機の Open PLKs でスピード ダイヤルを手動でプロビジョニングできます。

  • プライマリ回線 – PLK をプライマリ回線としてプライマリ ライン。

    • プライマリ回線として最初の PLK のデフォルト値を変更することはできません。

    • 最初の PLK のプライマリ ライン他の位置にドラッグすることはできません。

    • プライム回線を設定すると、以前の構成から PLK に存在する可能性がある、監視やスピード ダイヤル値のような、すべての拡張回線キー機能をクリアします。

  • 共有回線 – PLK を共有回線として指定します。

    • 構成回線で設定した値から入力される共有回線表示 (SLA) 位置。

    • SLA は PLK 位置を左上から右下のレイアウトに入力します。

    • 構成回線リストの SLA の数が、レイアウトで使用可能な共有回線位置を超えた場合、警告が表示されます。

  • スピード ダイヤル – PLK をスピード ダイヤルとして指定します。 必須フィールドには名前と宛先が含まれます。

    • スピード ダイヤルのエントリには、名前と接続先の内線番号または電話番号が必要です。

    • スピードダイヤル URI 宛先は現在サポートされていません。

    • レイアウトで定義されているスピード ダイヤルは、デバイスではカスタマイズできません。

    • スピード ダイヤルは、電話または KEMs の PLKs として定義することができます。

  • 監視 – PLK を監視回線として指定します。

    • モニタリング リストで設定した値から入力される (BLF) 位置をモニタリングします。

    • エントリーを監視し、定義されたモニタリング PLK に続いて Open PLKs を入力します。

    • ユーザーのモニタリング リストにコール パークの内線が含まれる場合、コール パークの内線は監視リストの最後に配置され、レイアウトには監視リストのユーザーの一部に対応できる十分な監視位置のみを含む必要があります。

      たとえば、ユーザーの設定されたモニタリング リストに 4 つのユーザー エントリと 4 つのコール パークロケーションが含まれている場合、管理者は、4 つの監視位置と少なくとも 4 つの開いているキーだけでレイアウトを作成する必要があります。 これにより、ユーザーモニタリングエントリが、レイアウト監視回線キーおよびコールパークロケーションを満たして、開いた回線キーを満たします。

    • 監視リストの監視エントリ数が、レイアウトで利用可能な監視職位を超えると、警告が表示されます。

始める前に

  • KEMs は Cisco 6800 と 8800 シリーズ電話機をサポートします。

  • KEM は 2 列の 14 行で表示され、ナビゲーションする 3 ページを含む。

  • プライマリにデフォルト設定され、編集不可の最初の行キーを除き、カスタム レイアウトを選択するときに、KEM レイアウトをリセットできます。

1

の顧客ビューで、[ユーザー https://admin.webex.com] に移動 します。

2

構成するユーザーの回線キーを見つけて選択します。

3

[デバイス] をクリックします。

4

設定するデバイスを選択してください。

5

[レイアウト の管理 > 構成] をクリックします。

6

監視された回線またはスピード ダイヤルのいずれかを、回線キーの割り当てに割り当てできます。


 
最初にラインキー設定で指定されたモニター回線スロットを満たした後、KEM キーの構成を完了した後、すべての開線をモニター回線が順に構成します。
7

既存の KEM キー構成を削除するには、[すべて削除] を クリックします

8

[保存] をクリックします。