Control Hub では、個人使用のために電話機をユーザーに割り当てることができます。 ここ にリストされている電話機は Webex Calling をサポートしています。 これらの電話機はすべて MAC アドレスを使用して追加できますが、アクティベーション コードを使用して登録できるのは次のサブセットのみです。

  • Cisco IP Phone 6800 シリーズ マルチプラットフォーム電話(音声電話- 6821、6841、6851、6861、6871)

  • Cisco IP Phone 7800 シリーズマルチプラットフォーム電話 (音声電話7811、-6821、7841、7861)

  • Cisco IP Phone 8800 シリーズ マルチプラットフォーム電話 (音声電話-8811、8841、8851、8861)

  • Cisco IP Phone 8800 シリーズ マルチ プラットフォーム電話 (ビデオ電話-8845、8865)

  • Cisco IP 電話会議 Phone 7832 および 8832

  • Cisco Video Phone 8875


 

DECTデバイスについては、 DECTベースデバイス ( DECTハンドセットではありません) のみを割り当てに使用できます。コントロールハブを選択します。 ベース ユニットをユーザーに割り当てた後、手動で DECT ハンドセットをそのベース ユニットにペアリングする必要があります。 詳細については、「ハンドセットを基地局に接続する」を参照してください。

1

https://admin.webex.comの顧客ビューからに移動します。 管理 > デバイス > デバイスの追加

に移動して、「ユーザー」セクションからデバイスをユーザーに追加することもできます。 管理 > ユーザー > ユーザーを選択 > [デバイス] > [デバイスの追加]を選択します。
2

デバイスをユーザーに割り当てる場合は[個人使用]を選択し、[次へ]をクリックします。

3

電話機の所有者のユーザー名または実際の名前を入力し、結果からユーザーを選択し、[次へ] をクリックします。

4

ユーザーに設定するデバイスの種類を選択します。

  • Cisco Desk Phone:このオプションを選択した場合は、[デバイスの選択] ドロップダウン メニューから Cisco Desk Phone モデルを選択します。
  • Cisco 電話、ATA、またはサードパーティ製デバイス—このオプションを選択した場合は、 Cisco 管理対象デバイス FROM デバイスを選択 ドロップダウンメニュー。 次に、ドロップダウンメニューからデバイスタイプを選択します。
5

電話機をアクティベーションコード(オプションが表示される場合)または MAC アドレスで登録するかどうかを選択し、[保存] をクリックします。

  • アクティベーション コード - デバイス所有者と共有可能なアクティベーション コードを生成する場合は、このオプションを選択します。 16桁のアクティベーション コードはデバイスに手動で入力する必要があります。

     

    マルチプラットフォーム電話のアクティベーション コード画面を表示するには、11.2.3 MSR1 以降のファームウェア ロードが必要です。 電話のファームウェアを更新する必要がある場合は、[ユーザー] を https://upgrade.cisco.com/MPP_upgrade.html に指定します。

  • MAC アドレス - デバイスの MAC アドレスを知っている場合は、このオプションを選択します。 電話機の MAC アドレスは固有なエントリーでなければなりません。 すでに登録されている電話機の MAC アドレスを入力した場合、または番号を入力する際に間違った場合には、エラー メッセージが表示されます。

 

サードパーティのデバイスを使用している場合、制限が適用される場合があります。

デバイス用にアクティベーションコードを生成し、そのコードをまだ使用していない場合、Control Hub では、割り当てられているユーザーの [デバイス] セクションとメインの [デバイス] リストでそのデバイスのステータスが [アクティベート中] と表示されます。 デバイス ステータスが更新されるまでに最大 10 分かかることがあります。コントロールハブを選択します。

ユーザーに割り当てられたデバイスを変更または管理するには、この記事の「ユーザーのデバイスを管理する」セクションを参照してください。

ユーザーが職場にいる際、ランチ ルーム、ロビー、会議室などの場所に集まります。 これらの場所にある共有 Cisco Webex デバイスをセットアップし、サービスを追加し、コラボレーションの様子を確認できます。

Workspaces デバイスの主な原則は、特定のユーザーに割り当てるのではなく、物理的な場所に割り当てられ、共有の使用を許可することです。

こちらに記載されている会議端末は Webex Calling をサポートしています。 これらのほとんどのデバイスは MAC アドレスを使用して登録できますが、アクティベーション コードを使用して登録できるのは次のサブセットだけです。

  • Cisco IP Phone 6800 シリーズマルチプラットフォーム電話 (音声電話-6821、6841、6851)

  • Cisco IP Phone 7800 シリーズマルチプラットフォーム電話 (音声電話7811、-6821、7841、7861)

  • Cisco IP Phone 8800 シリーズ マルチプラットフォーム電話 (音声電話-8811、8841、8851、8861)

  • Cisco IP Phone 8800 シリーズ マルチ プラットフォーム電話 (ビデオ電話-8845、8865)

  • Cisco IP 電話会議 Phone 7832 および 8832

1

https://admin.webex.comの顧客ビューからに移動します。 管理 > デバイス > デバイスの追加

に移動して、[ワークスペース] セクションから新しいワークスペースにデバイスを追加することもできます。 管理 > ワークスペース > ワークスペースを追加
2

[共有使用状況] を選択し、[次へ] をクリックします。

3

[新規ワークスペース] を選択し、[次へ] をクリックします。

4

ワークスペースの名前 (物理的な会議室の名前など) を入力し、会議室のタイプを選択し、会議室の容量を追加し、ワークスペースの場所を選択します。 [次へ] をクリックします。


 

ワークスペースの名前は 30 文字以内にしてください。また、%、#、<、>、/、\、" の記号は使用できません。

5

ワークスペースに設定するデバイスの種類を選択します。

  • Cisco Desk Phone:このオプションを選択した場合は、[デバイスの選択] ドロップダウン メニューから Cisco Desk Phone モデルを選択します。
  • Cisco 電話、ATA、またはサードパーティ製デバイス—このオプションを選択した場合は、 Cisco 管理対象デバイス FROM デバイスを選択 ドロップダウンメニュー。 次に、ドロップダウンメニューからデバイスタイプを選択します。
6

電話機をアクティベーションコード(オプションが表示される場合)または MAC アドレスで登録するかどうかを選択し、[次へ] をクリックします。

  • アクティベーション コード - デバイス所有者と共有可能なアクティベーション コードを生成する場合は、このオプションを選択します。 16桁のアクティベーション コードはデバイスに手動で入力する必要があります。

     

    マルチプラットフォーム電話のアクティベーション コード画面を表示するには、11.2.3 MSR1 以降のファームウェア ロードが必要です。 電話のファームウェアを更新する必要がある場合は、[ユーザー] を https://upgrade.cisco.com/MPP_upgrade.html に指定します。

  • MAC アドレス - デバイスの MAC アドレスを知っている場合は、このオプションを選択します。 電話機の MAC アドレスは固有なエントリーでなければなりません。 すでに登録されている電話機の MAC アドレスを入力した場合、または番号を入力する際に間違った場合には、エラー メッセージが表示されます。

 
Webex Calling の場合、ワークスペースに共有電話を 1 つしか追加できません。

Cisco IP 会議電話 7832 の場合、一部のソフトキーが使用できない場合があります。 フルセットのソフトキーが必要な場合は、ユーザーにこの電話を割り当てることをお勧めします。

7

Calling サービスをクリックし、ワークスペースに割り当てるサブスクリプションとライセンスのタイプを選択します。

  • プロフェッショナル ワークスペース

  • 共用エリアのワークスペース


 

ライセンスで利用可能な機能の詳細については、Webex Calling のライセンス タイプ別の機能を参照してください。

8

[ロケーション][電話番号](選択したロケーションによって決まるもの) を割り当てて、[保存] をクリックします。 拡張機能を割り当てるオプションもあります。


 
ワークスペースに割り当てられたデバイスを変更または管理するには、「ワークスペースのデバイスを管理する」セクションを参照してください。

Webex Callingユーザー/ワークスペースに割り当てられている電話機を別のWebex Callingユーザー/ワークスペースで再利用するには、次の手順に従います。

1

顧客ビューからhttps://admin.webex.com、デバイスが現在割り当てられているユーザー / ワークスペースに移動します。

次のシナリオでは、デバイスを再割り当てできます。

  1. ユーザーを削除したい場合は、ユーザー / ワークスペースを削除して、ユーザー / ワークスペースと関連するデバイスを削除します。

  2. デバイスを削除する場合、デバイスを選択し、削除するデバイスを選択します。

2

電話機で、設定メニューに進み、次の手順を実行して電話機を再割り当てします。

  1. 選択デバイスの管理を選択し、工場出荷時の状態へのリセットを選択します。

  2. 電話機が再起動します。 再起動が完了すると、電話機に [アクティベーション コード(Activation Code)] 画面が表示されます。

  3. この電話機はこれで再割り当ての準備ができました。

3

の指示に従ってください。電話機を追加し、ユーザーに割り当てるまたは電話を新しいワークスペースに追加するを選択して、ユーザー/ワークスペースに電話を割り当てるか追加します。

4

Control Hub にデバイスを追加する際には、電話で以下の操作を完了します。

  1. アクティベーション コードの場合:

    アクティベーションコードを入力します。 電話機は再起動し、新しいユーザ/ワークスペースにオンボードされます。

  2. MACアドレスの場合:

    [アクティベーション コード] 画面で #000 を入力すると、電話は Webex Webex Callingで再オンボードされ、新しいユーザ/ワークスペースにプロビジョニングされます。

ユーザーが職場にいる際、ランチ ルーム、ロビー、会議室など、多くのワークスペースに集まります。 これらの場所にある共有 Cisco Webex デバイスをセットアップし、サービスを追加し、コラボレーションの様子を確認できます。

ワークスペース デバイスの主な原則は、特定のユーザーに割り当てられるのではなく、物理的なロケーションに割り当てられ、共用を可能にすることです。

ここに記載されているデバイスは Webex Calling をサポートしています。

1

https://admin.webex.comの顧客ビューからに移動します。 管理 > デバイス > デバイスの追加

に移動して、[ワークスペース] セクションから新しいワークスペースにデバイスを追加することもできます。 管理 > ワークスペース > ワークスペースを追加
2

[共有使用状況] を選択し、[次へ] をクリックします。

3

[新規ワークスペース] を選択し、[次へ] をクリックします。

4

ワークスペースの名前 (物理的な会議室の名前など) を入力し、会議室のタイプを選択し、会議室の容量を追加し、ワークスペースの場所を選択します。 [次へ] をクリックします。

5

Cisco Room および Desk デバイス を選択します。

6

次のサービスのいずれかを選択し、[次へ]をクリックします。

  • Webex での通話 (1 対 1 通話、非 PSTN) —ユーザーは、SIP アドレス (username@example.calls.webex.com など) を使用して Webex アプリ または Webex セッション開始プロトコル (SIP) 通話のみ行うことができます。
  • Cisco Webex Calling —Webex アプリと SIP コールの発信と受信に加えて、このワークスペースのユーザーは、デバイスを使用して、Webex Calling 番号プラン内から電話の発信と受信を行うことができます。 たとえば、電話番号 555-555-5555、内線 5555、または SIP アドレス username@example.webex.com をダイヤルすることで同僚に電話をかけることができますが、ローカルのピザ店に電話することもできます。
7

Cisco Webex Calling サービスを選択した場合は、ワークスペースに割り当てるサブスクリプションとライセンス タイプを選択します。

  • プロフェッショナル ワークスペース

  • 共用エリアのワークスペース


 

ライセンスで利用可能な機能の詳細については、Webex Calling のライセンス タイプ別の機能を参照してください。

8

[ロケーション][電話番号](選択したロケーションによって決まるもの)、および [内線番号] を割り当てて、[保存] をクリックします。

9

与えられたコードを使用してデバイスを有効にします。 アクティベーション コードはコピー、メール、または印刷により使用できます。

ユーザーとワークスペースに複数のデバイスを割り当てるには、必要な情報を CSV ファイルに入力し、2、3 の簡単な手順でそれらのデバイスをアクティブ化できます。

ここに記載されているデバイスは Webex Calling をサポートしています。 MAC アドレスを使用してすべてのデバイスを登録できますが、アクティベーション コードを使用して次のデバイスのサブセットを登録します。

  • Cisco IP Phone 6800 シリーズマルチプラットフォーム電話 (音声電話-6821、6841、6851)

  • Cisco IP Phone 7800 シリーズマルチプラットフォーム電話 (音声電話7811、-6821、7841、7861)

  • Cisco IP Phone 8800 シリーズ マルチプラットフォーム電話 (音声電話-8811、8841、8851、8861)

  • Cisco IP Phone 8800 シリーズ マルチ プラットフォーム電話 (ビデオ電話-8845、8865)

  • Cisco IP 電話会議 Phone 7832 および 8832

  • Cisco Video Phone 8875

1

https://admin.webex.comの顧客ビューからに移動します。 管理 > デバイス > デバイスの追加 > 複数のCisco IP電話

2

次のいずれかのオプションを選択し、[ダウンロード]をクリックします。

  • 組織内のユーザー—組織内のすべてのユーザーと関連する属性のリストを取得できるため、各ユーザーを手動で検索する必要はありません。
  • 組織内のワークスペース—組織内のすべてのワークスペースと関連する属性のリストを取得できるため、各ワークスペースを手動で検索する必要はありません。
  • デバイス サンプル テンプレートの追加:使用可能なテンプレートを使用して、ユーザー名、タイプ(ユーザーかワークスペースかを示します)、MAC アドレス、デバイス モデルなどの情報を入力できます。
次の表を使用して、CSV ファイルを準備できます。

 
Webex Calling ユーザーとワークスペースにデバイスを割り当てる場合、次のフィールドは必須です。
  • ユーザーの場合: デバイス タイプが IP の場合は、ユーザ名、タイプ、デバイス タイプ、およびモデル。
  • ワークスペースの場合: ユーザ名、タイプ、電話番号または内線、Webex Calling Workspace [サブスクリプション名]、デバイス タイプ、およびデバイス タイプが IP の場合のモデル。

列名説明サポートされる値

ユーザー名

デバイスをユーザーに割り当てるには、ユーザーのメール アドレスを入力します。


 
ユーザー ID またはユーザー名を入力しないでください。

デバイスをワークスペースに割り当てるには、ワークスペース名を入力します。


 
まだ存在していないワークスペースを入力すると、そのワークスペースが自動的に作成されます。

ユーザーの電子メールの例: test@example.com

ワークスペース名の例: 休憩室

種類

ユーザーまたはワークスペースとして適切なタイプを入力します。

USER

ワークスペース

電話番号

電話番号を入力します。

例: +12815550100

Extension

内線番号を入力します。

例: 00 ~ 999999

デバイス タイプ

デバイスのタイプを入力します。

Webex Calling でマルチプラットフォーム電話、ATA または DECT デバイスを使用するには、IP を入力します。

RoomOS デバイスを持つ新しいワークスペースを作成するには、希望の [通話] オプションに応じて WEBEX または WEBEX_CALLING を入力します

モデル

デバイス タイプが IP の場合は、デバイス モデルを入力します。

デバイス モデルの例: Cisco 7841、Cisco 8851 など

MAC アドレス

デバイスの MAC アドレスを入力します。

MAC アドレス フィールドを空白のままにすると、アクティベーション コードが生成されます。


 
RoomOS デバイスのアクティベーション コードを使用します。

MAC アドレスの例: 001A2B3C4D5Eの

場所

ユーザーまたはワークスペースの場所の名前を入力します。

例: サンノゼ

通話プラン

TRUE を入力して、新しく追加されたワークスペースの Cisco Calling プランを有効にします。

この機能は、ユーザー、既存のワークスペース、およびサポートされていないロケーションのワークスペースでは機能しません。

○(はい)

FALSE

Webex Calling ワークスペース [サブスクリプション ID]

共通エリアまたはプロフェッショナルな通話ワークスペースの作成に使用するサブスクリプションを指定します。

ワークスペース ライセンスを所有する各サブスクリプションには、対応する列があります。 共通エリア ワークスペース ライセンスまたはプロフェッショナル ワークスペース ライセンスのいずれかを割り当てることができます。 ライセンスを割り当てるには、各サブスクリプションのライセンスタイプの列のいずれかに TRUE を入力します。


 
ワークスペースには 1 つのサブスクリプションのみ割り当てる必要があります。

ワークスペースを 1 つのサブスクリプションから別のサブスクリプションに転送することもできます。 転送するには、ソース サブスクリプション 列に FALSE を、ターゲット サブスクリプション 列に TRUE を入力します。


 
ワークスペース ライセンスのアクティブ サブスクリプションに関する正確な情報が含まれているため、最近生成されたテンプレートを使用して CSV インポート ファイルを準備することをお勧めします。

○(はい)

FALSE

Webex Calling Professional Workspace [サブスクリプション ID]


 
[電話番号(Phone Number)] フィールドと [内線(Extension)] フィールドには、以前は [電話番号(Directory Number)] および [直通回線(Direct Line)] というタイトルが付いていました。これらの列名は短時間サポートされます。

 
CSV ファイルあたりのデバイス数を 1000 に制限することをお勧めします。 1,000 を超えるデバイスを追加する場合は、2 番目の CSV ファイルを使用します。
3

スプレッドシートに入力します。

4

CSV ファイルをドラッグ アンド ドロップするか、[ファイルを選択] をクリックしてアップロードします。

5

MAC アドレスが空白の場合、アクティベーション コードが送信される場所を選択するオプションが表示されます。

  • リンクを提供:アクティベーション コードが CSV ファイルに追加されます。 インポート後、[インポートステータス(Import Status)] 画面にアクティベーション コード ファイルをダウンロードするためのリンクが表示されます。
  • アクティベーション コード メール—デバイスがワークスペース用である場合、アクティベーションコードは管理者として、あなたに送信されます。 デバイスがユーザー用の場合、アクティベーション コードはユーザーにメールで送信されます。

ユーザまたはユーザは、アクティベーションするためにデバイスにアクティベーション コードを入力する必要があります。

6

[送信] をクリックします。

デバイスがアクティブになったときに更新されたステータスを表示します。

 

マルチプラットフォーム デバイスは、ユーザーがデバイスにアクティベーション コードを入力できるように、11.2.3 MSR1 以降のファームウェア ロードを実行している必要があります。 電話機のファームウェアのアップグレードについては、この記事を参照してください。

ユーザーとワークスペースに割り当てられているデバイスのリストを表示する場合は、 CSVファイルをエクスポートできます。

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[デバイス] に移動します。

デバイス リストから複数のデバイスを選択し、必要に応じてエクスポートを選択します。 CSVファイルに含めるフィールドを選択でき、コンテンツをローカル フォルダーにエクスポートできます。


 

CSVファイルに表示されるフィールドは、プラットフォームに対するデバイスの接続によって異なります。 したがって、出力ファイルで使用できないフィールドもあります。

組織内のユーザーに割り当てられたデバイスに対して、アクティベーションの追加、削除、再起動、チェック、または新しいアクティベーションコードの作成を行うことができます。 これは、必要に応じてユーザー画面でデバイスを表示および管理するのに役立ちます。

1

の顧客ビューから、[管理] > [ユーザー] の順に移動します。https://admin.webex.com

2

ユーザーを選択し、[デバイス] をクリックします。

3

このユーザーにデバイスを追加するには、[デバイスの追加] をクリックします。


 
ユーザーがすでにデバイスを割り当てられていて、別のデバイスを追加する場合は、 をクリックします。 アクション > デバイスの追加

デバイスをユーザに追加する方法の詳細については、「ユーザに電話を追加する」セクションを参照してください。

4

既存のデバイスを変更するには、デバイス名を選択します。

これにより、[デバイス] ページに移動します。 ここでは、デバイス設定を表示および編集したり、デバイスを削除したり、デバイスを再起動したり、必要に応じてデバイスの新しいアクティベーションコードを作成したりできます。 電話設定の構成についての詳細は、「電話設定の構成と更新」を参照してください。

5

ユーザーに追加されたデバイスがWebex Aware の場合、図に示すように、 Webex Aware オプションがデバイスの下に表示されます。 Webex Aware は、デバイスがWebexプラットフォームにオンボードされ、電話機でサポートされているWebex機能にアクセスできることを示します。

6

クリックアクションに移動して、デバイスを管理します。 アクションは、MPP デバイスの構成変更を適用したり、ファームウェアを更新したりするのに役立ちます。

[アクション] タブには、 Webex Aware 対応デバイスのこれらのオプションがあります。
  • [変更の適用(Apply Changes)]:ダウンロードして設定変更を適用する要求を電話機に発行します。
  • 再起動:デバイスを強制的に再起動し、現在の構成をダウンロードするリクエストを発行します。
  • レポートの問題:PRT を生成し、クラウドにアップロードするようにデバイスにリクエストを発行します。
  • [削除(Delete)]:ユーザにリストされているデバイスを削除します。

デバイスは、ワークスペースのプロファイルから直接追加および管理できます。 ワークスペースのデバイスにはファックスのような ATA デバイスを含めることが可能です。 また、ワークスペースのデバイスをホテリングホストとしてセットアップすることもできます。 ホテリングに関する詳細は、以下を参照してください。 Cisco Webex Control Hubのホテリングを選択します。

1

https://admin.webex.comの顧客ビューからに移動します。 管理 > ワークスペース

2

変更するワークスペースを選択します。

3

デバイスを追加するには、[デバイス]タイルの[デバイスの追加]をクリックします。

ワークスペースにデバイスを追加する方法の詳細については、「新しいワークスペースに電話を追加する」セクションを参照してください。

4

既存のデバイスを変更するには、デバイス名を選択します。

これにより、[デバイス] ページに移動します。 ここでは、デバイス設定を表示および編集したり、デバイスを削除したり、デバイスを再起動したり、デバイスをホテリングホストとして使用したりできます。 電話設定の構成についての詳細は、「電話設定の構成と更新」を参照してください。

5

ワークスペースに追加されたデバイスがWebex Aware である場合、 Webex Aware オプションがデバイスの下に図に示されます。 Webex Aware は、デバイスがWebexプラットフォームにオンボードされており、電話機でサポートされているWebex機能にアクセスできることを示します。

6

クリックアクションに移動して、デバイスを管理します。 アクションは、MPP デバイスの構成変更を適用したり、ファームウェアを更新したりするのに役立ちます。

[アクション] タブには、 Webex Aware 対応デバイスのこれらのオプションがあります。
  • [変更の適用(Apply Changes)]:ダウンロードして設定変更を適用する要求を電話機に発行します。
  • 再起動:デバイスを強制的に再起動し、現在の構成をダウンロードするリクエストを発行します。
  • レポートの問題:PRT を生成し、クラウドにアップロードするようにデバイスにリクエストを発行します。
  • [削除(Delete)]:ユーザにリストされているデバイスを削除します。

共有回線アピアランスを使用すると、ユーザのプライマリ デバイスに回線を追加し、回線の表示方法を変更できます。 この機能により、ユーザは自分の電話を使用して別のユーザの内線番号へのコールを受信したり、発信したりできます。 共有ライン アピアランスの例としては、上司の回線から通話を発信および受信するエグゼクティブ アシスタントがいます。 共有回線のアピアランスは、プライマリユーザーの回線の別のインスタンスにもなります。

設定できるデバイスはユーザーの電話番号ごとに最大で 35 台です (ユーザーのデスクトップまたはモバイル アプリも含みます)。 ワークスペースの電話機に追加の回線を追加できます。 ただし、共有回線としてプロライセンスを持つワークスペースの電話機のみを追加できます。


 

共有電話を割り当てる場合は、別の電話番号を指定できます。 Webex Callingを別のロケーションのデバイスに追加します。 たとえば、英国のロケーションからの番号 (ユーザー、ワークスペース、仮想回線) は、米国のロケーションでユーザーに割り当てられているデバイスに割り当てることができます。

ロケーション間での共有回線の詳細については、次を参照してください。 「ロケーション間の共有回線と仮想回線の設定」をご覧ください。


 

ユーザーが MPP 電話にスピード ダイヤルを追加すると、Control Hub には表示されません。 スピード ダイヤルは、共有回線の設定時に上書きできます。

ユーザのデバイスで他のユーザ/グループからの番号が設定されている場合、共有回線にカスタムラベルを追加できます。 このカスタム ラベルは、共有回線のアピアランスを他のアピアランスから識別するのに役立ちます。

1

https://admin.webex.com のカスタマービューから、[ユーザー] または [ワークスペース] (変更するデバイスが割り当てられている場所によって異なる)に移動します。

2

変更するユーザーまたはワークスペースを選択し、[デバイス] にスクロールします。

3

共有回線を追加または変更するデバイスを選択し、電話ユーザーおよび設定を選択します。

電話に表示されるユーザーおよび場所は、表示順にリストされます。

4

この電話からユーザーまたは場所を追加または削除するには、[回線を設定する] を選択します。

5

回線を削除するには、アイコンを選択します。


 
回線 1 のプライマリ ユーザーを削除することはできません。
6

共有回線アピアランスを追加するには、アイコンを選択します。


 
表示したい順番になるように回線を追加します。 共有回線のアピアランスを並べ替えるには、表示したい順番になるようにリストを削除し、追加します。
7

名前または電話番号を入力し、表示されるオプションから選択し、[保存] をクリックします。

Control Hub のユーザーに割り当てられたアナログ電話アダプター(ATA)デバイスのポートを構成できます。 現在、ATA デバイスで使用可能な 2 つの構成は、2 ポートのデバイスと 24 ポートのデバイスです。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [ユーザー] に移動します。

2

変更するユーザーを選択し、[デバイス] までスクロールします。

3

追加または変更するデバイスを選択します。

4

[このデバイス上のユーザー] で、[ポートを設定する] をクリックします。

5

共有ポート設定を追加するには、アイコンを選択します。

6

名前または電話番号を入力し、表示されるオプションから選択し、次に [保存] をクリックします。


 
ルックアップには、デバイスのないワークスペースだけが表示されます。
7

デバイスに T.38 ファックス圧縮が必要な場合、T.38 列のボックスをオンにするか、ユーザーレベルの圧縮オプションをオーバーライドしてから、保存を選択します。


 
ワークスペースには ATA を含めることができます。 これはファックスに便利です。

電話番号は、トライアル中であるか、有料のサブスクリプションに変更したかには関わりなく、顧客の卓上電話および室内デバイスにいつでも追加できます。


 

追加できる電話番号の数を増やしましたコントロールハブ250~1000

1

https://admin.webex.com のカスタマービューから、[サービス] > [通話] > [番号] の順に移動してから、[番号の追加] をクリックします。

2

[ロケーション][番号タイプ] を指定します。 番号を移行する場合には、現在の新しい請求番号と新しい番号の両方を入力してください。

3

ロケーション]、[状態]、[エリアコード]、[プレフィックス](オプション)を指定し、[検索]をクリックします。

使用可能な番号が表示されます。

4

ロケーションに追加する番号を選択します。

選択した番号は、[選択した番号] フィールドに移動します。

5

[保存] をクリックします。

組織が注文した PSTN 番号は、リストとして確認できます。 この情報により、利用可能な未使用の番号、間もなく利用可能になる注文中の番号を確認できます。

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] > [Calling] > [PSTN 注文] に移動します。

MPP デバイスにアクセサリ (ヘッドセット /KEM) を接続すると、Control Hub の [デバイス] タブにインベントリ アイテムとして表示されます。 Control Hub のデバイス インベントリでは、アクセサリのモデル、ステータス、アクセサリの所有者を確認できます。 アクセサリを選択すると、アクセサリのシリアル番号や現在のソフトウェア バージョンなどの追加情報を取得できます。 アクセサリが MPP に接続されている限り、アクセサリ ステータスのフィールドは「オンライン」と報告されます。 MPP 接続されたヘッドセットは、デバイス管理から最新バージョンのソフトウェアを取得して自動アップグレードされます。

実際の例を見てみましょう。 これを視聴するビデオデモンストレーションでアクセサリの表示方法を確認するコントロールハブを選択します。
表 1. 互換性のあるヘッドセット

機種

Cisco ヘッドセット 520 シリーズ

Cisco ヘッドセット 530 シリーズ

Cisco ヘッドセット 560 シリーズ

Cisco ヘッドセット 730 シリーズ

Cisco IP Phone 8811/8841/8845

RJ9 & RJ11

Cisco IP Phone 8851/8861/8865

USB

USB

USB

RJ9 & RJ11

Cisco IP Phone 7811/7821/7841/7861

Cisco IP Phone 6821/6841/6851/6861

Cisco IP Phone 6871

USB

USB

USB

Cisco IP Conference Phone 7832/8832

表 2. 互換性のあるキー拡張モジュール

機種

KEM

Cisco IP Phone 8811/8841/8845

Cisco IP Phone 8851/8861/8865

BEKEM

CP-8800-A-KEM

CP-8800-V-KEM

Cisco IP Phone 7811/7821/7841/7861

Cisco IP Phone 6821/6841/6861/6871

Cisco IP Phone 6851

CP-68KEM-3PCC

Cisco IP Conference Phone 7832/8832


 

Webex Callingに登録された電話で Key Expansion Module (キー拡張モジュール) が直面する問題をトラブルシューティングするには、次を参照してください。 Webex Callingのキー拡張モジュールの問題をトラブルシューティングするをご覧ください。