CCAI 設定では、Google CCAI Connector を利用して、会話プロファイルまたはサポート拠点上で CCAI サービスを呼び出します。


このコネクタは、Google クラウドサブスクリプションによって電力が供給される Contact Center AI を使用する Unified CCE、Packaged CCE、HCS-CC、および Webex CCE の顧客のみ利用できます。

はじめる前に

1

https://admin.webex.com から顧客組織にログインし、[サービス] > [コンタクトセンター] > [機能] に移動します。

設定されたカードが [機能] ページに表示されます。デフォルトの Webex CCAI Config カードもページに表示されます。

2

新規 > CCAI Config をクリックします。

3 

設定で使用する機能を識別する名前を入力します(たとえば、Agent Answer の設定)。

4

わかりやすい説明を入力します。

5 

ドロップダウンリストから Google コンタクトセンター AI コネクタを選択します。


 

アクティブなコネクタだけがドロップダウンリストにリストされます。

6

Google クラウドのサポート情報ベースの Google Conversation プロファイル ID を入力します。


 

Google クラウドプラットフォームからプロファイル ID を取得できます。自動生成された Google Conversation プロファイル ID をコピーするには、Agent Assist UI プロジェクトに移動し、インテグレーション ID の横にある正方形のアイコンをクリックします。

7 

同化をデフォルトに設定するには、次のいずれかを選択するか、両方のオプションを選択します。

  • Agent Answer のデフォルトとして適用-Agent Answer サービスを使用する全コールのソリューションのデフォルト設定としてこれを設定します。

     

    デフォルトでは、このオプションは Webex CCAI Config カードですでに設定されています。

    この手順は、Unified CCE、Packaged CCE、または HCS for CC 12.5 でエージェントの応答と通話記録機能を設定する場合には適用されません。

  • 仮想エージェントのデフォルトとして適用-仮想エージェント(ASR、TTS、および NLU を含む)を使用するすべての会話のソリューションのデフォルトとして設定します。

 

別のカードがすでにデフォルトとして設定されている場合は、前の設定を上書きする場合の確認ダイアログボックスが表示されます。

8 

保存 をクリックします。

設定が正常に保存されると、確認のメッセージが表示されます。CCAI ラベルが付いた設定済みのカードが [機能] ページに表示されます。

次の作業

Unified CCE、Packaged CCE、HCS-CC、および Webex CCE 上のすべてのコールタイプまたは特定のコールタイプと設定を関連付ける必要があります。詳細については 、Unified CCE の管理ガイドを参照してください。