Unified CM から Webex への移行 - 概要

ユーザ、デバイス、番号、場所の Unified CM 設定を Webex Calling プラットフォームに移行すると、ユーザエクスペリエンスが向上し、企業レベルの Cisco Webex クラウドコール、モビリティ、メッセージング、コールサービスを利用することもできます。 移行では、ファームウェアライセンスの生成が自動化され、デバイスの適格性が確認され、Webex コーリングサービス用のユーザとデバイスに電話番号が割り当されます。

前提条件

移行を開始する前に、次の要件を満たしていることを確認してください。

一括管理ツール(BAT)を使用して、ユーザをインポートします。

Cisco Unified Communications Manager アプリケーションの一括管理ツール(BAT)を使用して Unified CM からユーザをエクスポートし、後で Control Hub および Webex ユーザにインポートします。ユーザをインポートするには、次の手順を実行します。

1

[一括管理] > [インポート/エクスポート] > [エクスポート] を選択して、 現在のホームクラスタから移行するユーザの連絡先リストをエクスポートします。

[データのエクスポート(Export Data)] ウィンドウが表示されます。
2

[エクスポートするアイテムの選択] セクションで [すべて選択] を選択します。

3 

エクスポートされたリストデータのファイル名を選択します。[ジョブ 説明] フィールドに、ジョブの説明を入力します。 「Export Configuration」 がデフォルト の説明です。

4

[今すぐ実行(Run Immediately)] をクリックするか、ジョブを後で実行するようにスケジュールします。 [送信] をクリックします。

5

エクスポートジョブのステータスを監視します。[一括管理(Bulk Administration)] メインメニューの [ジョブスケジューラ(Job Scheduler)] オプションを使用して、このジョブのスケジュールやアクティブ化を行います。


 

Unified CM アプリケーションからファイルをエクスポートした後は、tar ファイルを変更または更新してください。

6

後でユーザの移行が完了したときに使用できるように、エクスポートファイルをダウンロードし、保存します。 [Cisco Unified CM IM and Presence の管理(Cisco Unified CM IM and Presence Administration)] [一括管理(Bulk Administration)][ファイルのアップロード/ダウンロード(Upload/Download Files)] を選択します。

アップロード/ダウンロードウィンドウから tar ファイルを選択し、[選択項目のダウンロード] をクリックします)。

7 

tar -xvf コマンドを使用して、マシン上の任意の場所に.tar ファイルを展開します。.csvファイルを指定された場所に抽出します。 詳細については、 『Cisco Unified Communications Manager 一括管理ガイド』を参照してください。

タスク フロー

Control Hub の移行ウィザードを使用して、ユーザ、デバイス、番号、場所の Unified CM 設定を移行します。 移行ウィザードは、次のタスクを実行して移行 を開始するのに役立ちます。

1

Cisco Webex Control Hub の顧客ビューで 、 [サービス] > [以降] に移動します。 [Unified CM を Webex に移行する] カードで 、 [はじめに] をクリックします。

[Webex クラウドコールへの Unified CM 導入の更新] ページ が表示されます。
2

[ステップ 1: アップグレードの前提条件を確認する] をクリックして、前提条件の一覧を表示します。

3 

続行する前に、すべての前提条件タスクを読んで完了してください。詳細については 、「Unified CM から Webex への移行 - 概要」を参照してください。

Cisco Webex クラウドコールサービスにインポートするユーザとデバイスのリストなど、Unified CM の詳細情報を収集します。 Unified CM Bulk Admin ツールを使用して tar ファイルを取得するには、バルク管理ツール(BAT)を使用したユーザのインポートを参照してください。詳細については、ファイルをインポートします。

1

[Unified CM から Webex Calling への移行] ページで、 [データのインポート] テキストボックスに移動します。

2

次のいずれかのオプションを選択して、ファイルをインポートします。

  • tar ファイルを [データインポート] テキストボックスにドラッグアンドドロップします。

  • [参照] をクリックして tar ファイルの場所を参照し、ファイルを選択して [開] をクリックします。

ファイルをインポートした後は、ページ上のユーザ、デバイス、電話番号の総数などの詳細を表示できます。 アップロードが成功しなかった場合は 続行できません。

 
アップロード時間は、アップロードするファイルのサイズによって異なります。 アップロードが成功して完了すると、[新しいタスク の作成] ボタンが有効になります。
3 

詳細省略記号 ⋮アイコンをクリックし、次のオプションのいずれかを選択します。

  • 表示:ユーザ ID、名前、電子メール ID、プライマリ内線番号、デバイスプール、デバイス ID など、すべてのインポート済みデータを含むデータテーブルを表示します。 [データのインポート] ページが表示されます。 アップロード済みデータのエクスポートまたはインポートを行うアクションを選択できます。 インポートオプションを使用して新しいファイルをアップロードします。

  • 削除:インポートおよびアップロードされたデータすべて削除します。

Unified CM の設定を移行する移行タスクを作成します。このタスクを使用すると、移行の進行状況を監視および追跡し、エラーを確認したり、移行タスクをキャンセルしたりすることができます。

1

[Unified CM の Webex Cloud Calling の 更新] ページから、 [ステップ 3 Webex Calling に移行] に移動し、 [新しいタスクの作成] をクリックします。

[新しい移行タスク(New Migration Task)] ページが表示されます。
2

[タスク名]フィールドにタスクの名前を入力します。

タスク名には 8 文字以上を含める必要があります。移行タスクに一意のタスク名を指定します。


 

単一のタスクでは、オンプレミスの導入から最大 1000 人のユーザと 1000 台のデバイスを Cisco Webex クラウド通話プラットフォームに移行できます。 1000 人を超えるユーザまたはデバイスを移行するには、複数の移行タスクを作成する必要があります。

3 

次へをクリックします。

場所へのマップデバイスプールページが表示されます。
Unified CM Dialed Numbers (DNs) を移行するには、Webex ロケーションを Unified CM デバイスプールに割り当てる必要があります。 単一のデバイスプールにマップされている Unified CM DNs を移行できます。デバイス プールと場所の間に関連付が作成されます。デバイスプールには、共通の特徴を共有し、論理的にグループ化された 一連のデバイスが含まれています。 phone.csv ファイルを使用してアップロードされた各デバイスは、デバイスプールにグループ化されます。既存の Unified CM デバイスのすべてのプールは、Webex Calling サービス内の場所にマップされます。このページ には、特定の場所への移行のために、移行または保留中のデバイスプールも一覧表示 されます。

このツールを使用して、複数のデバイスプールにマップされている Unified CM DNs は、このリリースでは移行できません。CSV ファイルを使用して Webex Calling を介して番号を一括プロビジョニングする必要があります。

このタスクに場所を含めない場合は、定義されていないままにできます。 詳細については、「組織 に対応した Cisco Webex Calling の設定」を参照してください。

1

[場所へのデバイスプールのマップ] ページで、以下の詳細を表示できます。

  • デバイスプール:デバイスプールの名前。

  • 移行された電話機:Webex で設定されている IP 電話 の総数。

  • デバイスの総数:まだ移行されていないデバイス の総数。

  • Webex Calling Location:場所に割り当てられたデバイスプール 。

  • :場所が属する国の名前。

2

[検索] フィールドをクリックし、デバイスプールまたは場所を入力して、それぞれのデータをフィルタ処理して表示します。

3 

Webex Calling Location ドロップダウンリストをクリックして、 場所を選択します。

後でデバイスプールに場所を割り当てる場合は、[Webex Calling の 場所] ドロップダウンリストから [定義済み] を選択できます。
4

次へをクリックします。

[場所の選択] ページが表示されます。

デバイスプールと場所の間で関連付けを行った後、バックエンドシステムは、E.164 プレフィックス、電話番号と内線範囲、パーティション、および各 E.164 プレフィックスの回線の総数を作成します。 各場所には、デバイスと、すでにマップ されている回線の総数が含まれています。電話番号と内線が正しい場所に割り当てられているか確認してから、移行タスクに含める場所を選択します。

[検索] フィールドを使用して場所を検索するか、 [すべて(場所 )] ドロップダウン リストをクリックして場所を選択できます。

1

[場所の選択] ページで、場所の横にある展開アイコンをクリックして場所の詳細を表示します。場所の詳細は、割り当てられたデバイスプール に基づいています。

各場所には、共通のプレフィックス、電話番号と内線の統一 DN 範囲、UCM パーティション、警告/エラー、および回線の総数 が含まれています。

 

複数の場所で警告メッセージが見つかった場合は、この必須 警告を解決する必要があります。電話番号の内線番号が長く、サポートされていない、または競合しているなど、他の警告メッセージは情報としてのみ使用されます。 [すべて (警告)]ドロップダウンリストをクリックして、すべての警告 のリストを表示することもできます。

2

回線の総数を別の場所に移動するには、No.of Lines の横にある省略記号 ⋮ アイコンをクリックし、リストされている場所のオプションから場所を選択します。

新しいロケーションに追加される回線数。
3 

画面の [アクション] ボタンをクリックして、場所の詳細を展開および折りたたみます。

4

移行タスクに含める場所を含めるには、場所の横にあるチェックボックスをオンにして [次へ] をクリック します。

[ロケーションで番号を管理する] ページが表示されます。
場所のユーザと電話番号の間にマッピングを作成できます。同じ Unified CM の電話番号と内線を Webex の電話番号と場所の内線 番号に割り当てる場合があります。

1

[ロケーションでの番号の管理] ページに、次の詳細が表示されます。

  • Webex Calling の場所の総数:場所の総数。

  • すでに使用されている電話番号:Control Hub の Webex ユーザまたは Webex 作業スペースにすでに割り当てられている 電話番号の総数。

  • 割り当てられていない電話番号:Webex 組織で使用できない 電話番号の総数。

  • すでに使用されている内線番号:Control Hub の Webex ユーザまたは Webex 作業スペースにすでに割り当てられている Webex 内線の 総数。

2

電話番号のステータスを表示およびダウンロードします。

  1. UCM ユーザ ID、UCM E.164 プレフィックス、UCM DN、UCM パーティション、Webex のロケーション、Webex 電話番号、および Webex 内線番号がページに表示されます。

  2. 次のようなさまざまなフィルタ処理を使用します。

    • Webex 番号ステータス:利用可能、不明、非利用可能、 未確認。

    • エラー: 重複、無効な内線長、欠損番号 、および内線番号。

  3. このページで一般的なエラーは、[編集] オプションを使用して修正できます。

  4. [アクション] をクリックして、エクスポートおよびインポート の機能を使用し、レコードを変更します。

  5. 行をクリックして、次のオプションを選択します。

    • 編集アイコンをクリックし、Webex の番号をボックス に入力します。

    • 削除アイコン - アイコンをクリックしてデバイスを削除します。

3 

次へをクリックします。

[ユーザまたは作業スペースへの番号の割り当て] ページが表示されます。
Webex Calling サービスの電話番号を設定した後は、その電話番号をユーザまたは作業場 に割り当てる事が可能です。また、ユーザまたは作業スペースから電話番号を変更または 削除することもできます。無効または割り当てられていない電話番号は、移行タスクに含 まれません。

1

[ユーザまたは作業スペースへの番号の割り当て] ページに、次の詳細が表示されます。

  • Webex コールロケーションの総数:場所の総数。

  • Webex ユーザ:Webex 内のレコードに対応するユーザレコードの総数。

  • Webex 作業スペース :作業スペースの割り当てに提供されるレコードの総数。

  • webex にログインしていないユーザ:Control Hub 内で一致するユーザレコードを持つユーザの総数であり、番号の割り当 てには指定 できません。

2

Webex 電話番号を作業スペースに割り当てるには、その行をクリックして [編集] を選択して、 [作業スペース] カラムの [作業スペース] トグルオプションを有効にします。

3 

ユーザに Webex 電話番号を割り当てるには、次の手順を実行します。

  1. ポリシーをクリックし、編集アイコンを選択します。

    [検索] ボックスが表示されます。

  2. ユーザの名前または電子メール ID を入力し、リストされているオプションから電子メール ID を選択します。

  3. 重複しているユーザや見つからないユーザなどのフィルタを使用します。

  4. このページで一般的なエラーは、[編集] オプションを使用して修正できます。

4

[アクション] をクリックして、エクスポートおよびインポート の機能を使用し、レコードを変更します。

5 

次へをクリックします。

[デバイスの適格性の確認] ページが表示されます。
Webex Calling と移行ツールの両方でサポートされている Unified CM デバイスを移行し、デバイスが正しい Webex ロケーションにマッピング されていることを確認します。移行 する予定のすべてのデバイスが、このページに一覧表示されます。ステータスが不明な適格または互換性 のあるデバイスおよびデバイスを移行できます。デバイスのハードウェアバージョンに基づいて、デバイスが移行の対象 となるか確認できます。正しい MAC アドレスとデバイスのモデルを提供することで、 デバイスを unknown から適格なデバイスまで適格にできます 。

1

[ユーザまたは作業スペースへのデバイスの割り当て] ページに、 次の詳細が表示されます。

  • Webex コールロケーションの総数:場所 の総数。

  • Webex アプリ:Webex アプリから Webex コールにアクセスできる ユーザの総数。

  • 適格な電話機:Webex Calling に対応している IP 電話 デバイスの総数。

  • 不適格な電話機:Webex Calling と互換性がない IP 電話 デバイスの総数。

  • 不明な電話機の適格性:デバイスの 適格性のステータスは不明です。ただし、これらのデバイスは移行 できます。

2

デバイスの MAC アドレスを更新するか、デバイスモデルを変更するには、デバイスの行をクリックし、[編集] アイコンをクリックしてから [デバイスの MAC] テキストボックスで MAC アドレスを更します。

3 

[アクション] をクリックして、エクスポートおよびインポート の機能を使用し、レコードを変更します。

4

[次へ] をクリックすると、[レビュー] ページが表示されます。

[レビュー] ページで、移行に含まれる項目、移行に除外された項目のリスト、または移行をステージに進む前に実行する必要があるアクションなど、移行タスクの概要を表示できます。

1

除外または含まれる項目の横にある [リストの表示] をクリックして展開し、含めるまたは除外した理由の詳細を表示します。

2

次のいずれかのオプションを選択します。

  • レポートを一括でダウンロードするには、[レポートのダウンロード] をクリックします。

  • 含まれる項目または省略記号 ⋮ の横にある省略記号アイコンをクリックし、[レポートのダウンロード] をクリックして、個々のレポートの項目をダウンロードします。

3 

[移行の準備] をクリックします。

[移行できる状態] ページが表示されます。移行ツールでは、 次の移行前アクティビティを実行します。
  • Webex アプリ内のデバイスごとにプロファイルを作成

  • 各デバイスのライセンス生成

  • ファイルの生成

  • ソフトフォンではなく、すべてのユーザのコール動作 を関連付ける。

4

[閉じる] をクリックします。

[Unified CM から Webex Calling への移行] ページに、状態が異なる タスクの一覧が表示されます。

次の表に、 タスクのステータスと説明を示します。

表 1 タスクステータス

タスクステータス

説明

移行できる状態

移行前のアクティビティは完了しています。 Unified CM から移行を開始できます。

[移行完了] ボタンが有効 になっています。

進行中(In-progress)

移行前のアクティビティは現在も進行中です。

[移行完了] ボタン 無効になっています。

ドラフト(Draft)

移行前のアクティビティはまだ開始されていません。

[移行完了] ボタン 無効になっています。

エラーの確認

移行前のアクティビティは完了し、解決する エラーがあります。

[移行完了] ボタン 無効になっています。

エラー対応済み

移行前のアクティビティにはエラー対応済みです。

[移行完了] ボタンが有効 になっています。

5 

[移行完了] をクリックして、電話の MAC アドレス を .txt 形式で含む .zip 形式のマニフェストファイルをダウンロード します。この CSV ファイルは、Cisco Unified Communications Manager でアップロードし 、移行を開始する必要があります。

Cisco Unified Communications Manager にログインし、デバイスの詳細を含む CSV ファイルをアップロードして、移行 を開始する必要があります。Unified CM から Webex Cloud Calling Service にインポートするユーザと電話機の詳細を含む CSV ファイルが必要です。

ファイルのアップロード

1

Cisco Unified Communications Manager にログインします。

2

Cisco Unified CM の管理ページから、[一括管理(Bulk Administration)] > [ファイルのアップロード/ダウンロード(Upload/Download Files)] の順に移動します。

3 

[新規追加] をクリックします。

[ファイルアップロード構成] ウィンドウが表示されます。
4

[ファイル] テキストボックスに、ダウンロードしたマニフェストファイルから アップロードするファイルのフルパスを入力するか、[参照] をクリックしてファイルを見つけます。

5 

[ターゲットの選択] ドロップダウンリストから、ターゲットを電話として選択します。

6

[トランザクションタイプ] ドロップダウンリストから、[電話の更新 - カスタムファイル] としてトランザクションタイプを選択します。

7 

同じ名前で既存のファイルを上書きする場合は、[存在する場合はファイルを上書きする] チェックボックスをオンにします。

8 

保存をクリックします。

アップロードステータスが表示されます。
9 

生成されたすべてのファイルについて、手順 4〜8 を繰り返します。

電話の移行

エンタープライズライセンスなしでユーザとデバイスを移行するには、次の手順を使用します。移行 ツールは、これらのユーザとデバイスのライセンスを自動的に変換します。

1

Cisco Unified CMの管理から、[一括管理] > [電話] > [電話の更新] > [カスタムファイル] を選択します。

[電話のカスタム構成の更新] ページが表示されます。
2

[一括電話テンプレートの更新場所] ドロップダウンリストから、[デバイス名] を選択します。

3 

[検索] をクリックします。ファイルにリストされている電話機(使用可能な場合)は、このページに表示されます。

4

次へをクリックします。

5 

必要なパラメータチェックボックスをオンにして、それぞれのフィールドの説明、電話機のロード名、ロード サーバなどの詳細 を更新します。

6

[ジョブ情報] セクションで、次のいずれかのオプションを選択します。

  • [すぐに実行]:このボタンをクリックすると、ジョブがすぐに開始されます。

  • [後で実行]:このボタンをクリックすると、後でジョブのスケジュールが設定されます。

7 

[送信] をクリックします。

8 

生成されたすべてのファイルについて、手順 1〜7 を繰り返します。

9 

送信されたジョブのステータスを表示するには、Cisco Unified CM の管理に移動し、[一括管理] > [ジョブスケジューラ] を選択します。

10

ジョブを選択すると、ジョブのステータスが表示されます。