BroadWorks 版 Webex リファレンス

BroadWorks 版 Webex と UC-One SaaS の比較

ソリューション >

UC-One SaaS

BroadWorks 版 Webex

クラウド

Cisco UC-One クラウド (GCP)

Cisco Webex クラウド (AWS)

クライアント

UC-One: モバイル、デスクトップ

レセプショニスト、スーパーバイザー

Webex: モバイル、デスクトップ、Web

技術の大きな違い

Broadsoft Meet Technology で提供されるミーティング

Broadsoft Meetings Technology で提供されるミーティング

早期フィールド トライアル

ステージング環境、ベータ クライアント

プロダクション環境、GA クライアント

ユーザー ID

BroadWorks ID は、サービス プロバイダがすでに SSO 統合を行ってない限り、プライマリ ID として機能します。

 

BroadWorks のユーザー ID とシークレット

Cisco CI のメール ID はプライマリ ID として機能します

SSO をサービス プロバイダ BroadWorks に統合します。この場合、ユーザーは BroadWorks ユーザー ID と BroadWorks シークレットを同時に認証します。

 

ユーザーは、BroadWorks の SSO と BroadWorks のシークレット経由で資格情報を指定します。

または

CI IdP のユーザー ID とシークレット

または

CI のユーザー ID、IdP の ID とシークレット

コールイン認証

ユーザーがクライアントを通して資格情報を提供する

Webex メッセージングを使用する場合に、BroadWorks の長期間トークンが必要です。

ユーザーはブラウザ経由で資格情報を提供します (Webex BIdP プロキシからのログイン ページか CI からのいずれか)

Webex アクセスおよび更新トークン

管理/構成

お使いの OSS/BSS システムおよび

再販業者ポータル

お使いの OSS/BSS システムおよび Control Hub

パートナー/サービス プロバイダ アクティベーション

Cisco Operations によるワンタイム セットアップ

Cisco Operations によるワンタイム セットアップ

顧客/エンタープライズ アクティベーション

再販業者ポータル

Control Hub

最初のユーザー登録時に自動作成

ユーザー アクティベーション オプション

セルフ登録済み

BroadWorks の外部 IM&P を設定する

BroadWorks (一般的にエンタープライズ) で統合 IM&P を設定する

XSP サービス インターフェイス

XSI-Actions

 

XSI-Events

CTI (mTLS)

AuthService (mTLS オプション)

DMS

XSI-Actions

XSI-Actions (mTLS)

XSI-Events

CTI (mTLS)

AuthService (TLS)

DMS

Webex をインストールしてサインインする (サブスクライバの視点)

1

Webex をダウンロードしてインストールしてください。 詳しくは、「Webex| アプリをダウンロード」を参照してください。

2

Webex を実行します。

Webex はメールアドレスの入力を求めるプロンプトを表示します。
3

メール アドレスを入力し、[次へ] を選択します。

4

Webex での組織の構成方法に応じて、以下の 1 つが発生します。

  1. Webex がブラウザを起動して ID プロバイダによる認証を完了します。 これは多要素認証 (MFA) の可能性があります。

  2. Webex がブラウザを起動し、BroadWorks のユーザー IDとパスワードを入力します。

IdP または BroadWorks に対して正常に認証された後、Webex がロードされます。

データの交換とストレージ

これらのセクションでは、Cisco Webexのデータ交換およびストレージに関する詳細を示します。 すべてのデータは、転送中および保存中に暗号化されます。 詳細は、「Cisco Webex アプリのセキュリティ」を参照してください。

サービス プロバイダのオンボーディング

サービス プロバイダのオンボード中に、Cisco Webex Control Hub でクラスターとユーザー テンプレートを構成する場合、Webex が保存する次の BroadWorks データを交換します。

  • Xsi-Actions URL

  • Xsi-Events URL

  • CTI インターフェイス URL

  • 認証サービス URL

  • BroadWorks プロビジョニング アダプタ資格情報

サービス プロバイダのユーザー プロビジョニング

この表は、Webex API を通じたユーザー プロビジョ二ングの一部として交換されるユーザーとエンタープライズ データを示します。

Webex へのデータ移動

開始

終了

Webex で保存されますか?

BroadWorks UserID

BroadWorks

Webex API

はい

メール (SP が提供されている場合)

BroadWorks

Webex API

はい

メール (ユーザー が提供されている場合)

ユーザー

ユーザー アクティベーション ポータル

はい

BroadWorks

Webex API

はい

BroadWorks

Webex API

はい

代表電話番号

BroadWorks

Webex API

はい

携帯電話番号

BroadWorks

Webex API

いいえ

プライマリ内線

BroadWorks (API 別)

Webex API

いいえ

BroadWorks サービス プロバイダ ID とグループ ID

BroadWorks (API 別)

Webex API

はい

言語

BroadWorks (API 別)

Webex API

はい

タイムゾーン

BroadWorks (API 別)

Webex API

はい

ユーザーの削除

BroadWorks 版 Webex API は部分的なユーザーと完全なユーザーの両方の削除をサポートします。 この表はプロビジョニング中に保存されたすべてのユーザー データと各シナリオで削除された内容のリストです。

ユーザー データ

一部削除

完全削除

BroadWorks UserID

はい

はい

メール

いいえ

はい

いいえ

はい

いいえ

はい

代表電話番号

はい

はい

BroadWorks サービス プロバイダ ID とグループ ID

はい

はい

言語

いいえ

はい

ユーザー ログインと構成の取得

Webex 認証

Webex 認証とは、任意の Cisco Webex サポート認証メカニズムによる Webex アプリへのユーザーのサインインを指します (BroadWorks 認証 は別に説明されています。) この表は、認証フロー上の異なるコンポーネント間で交換されるデータのタイプを示します。

データの移動

開始

終了

メールアドレス

Webex アプリを使ったユーザー

Webex

制限付きアクセス トークンおよび (独立) IdP URL

Webex

ユーザー ブラウザ

ユーザー資格情報

ユーザー ブラウザ

ID プロバイダ (すでにユーザー ID を持っている)

SAML アサーション

ユーザー ブラウザ

Webex

認証コード

Webex

ユーザー ブラウザ

認証コード

ユーザー ブラウザ

Webex

トークンのアクセスおよび更新

Webex

ユーザー ブラウザ

トークンのアクセスおよび更新

ユーザー ブラウザ

Webex アプリ

BroadWorks 認証

BroadWorks 認証とは、BroadWorks の資格情報を使用した Webex アプリへのユーザー サインインを指します。 この表は、認証フロー上の異なるコンポーネント間で交換されるデータのタイプを示します。

データの移動

開始

終了

メールアドレス

Webex アプリを使ったユーザー

Webex

制限されたアクセス トークンと (Webex Bwks IdP プロキシ) IdP URL

Webex

ユーザー ブラウザ

ブランディング情報および BroadWorks URL

Webex

ユーザー ブラウザ

BroadWorks ユーザー資格情報

ブラウザ経由のユーザー (Webex が提供するブランドのサインイン ページ)

Webex

BroadWorks ユーザー資格情報

Webex

BroadWorks

BroadWorks ユーザー プロファイル

BroadWorks

Webex

SAML アサーション

ユーザー ブラウザ

Webex

認証コード

Webex

ユーザー ブラウザ

認証コード

ユーザー ブラウザ

Webex

トークンのアクセスおよび更新

Webex

ユーザー ブラウザ

トークンのアクセスおよび更新

ユーザー ブラウザ

Webex アプリ

クライアント構成の取得

この表は、認証フロー上の異なるコンポーネント間で交換されるデータのタイプを示します。

データの移動

開始

終了

登録

クライアント

Webex

BroadWorks URL を含む組織の設定

Webex

クライアント

BroadWorks JWT トークン

Webex を通じた BroadWorks

クライアント

BroadWorks JWT トークン

クライアント

BroadWorks

デバイス トークン

BroadWorks

クライアント

デバイス トークン

クライアント

BroadWorks

構成ファイル

BroadWorks

クライアント

安定状態の使用

このセクションでは、BroadWorks または Webex を通じたトークン期限切れ後の再認証中のコンポーネント間のデータ移動について説明します。

この表はコールのためのデータ移動をリストします。

データの移動

開始

終了

SIP シグナリング

クライアント

BroadWorks

SRTP メディア

クライアント

BroadWorks

SIP シグナリング

BroadWorks

クライアント

SRTP メディア

BroadWorks

クライアント

この表では、メッセージング、プレゼンス、およびミーティングのためのデータの移動をリストします。

データの移動

開始

終了

HTTPS REST メッセージングとプレゼンス

クライアント

Webex

HTTPS REST メッセージングとプレゼンス

Webex

クライアント

SIP シグナリング

クライアント

Webex

SRTP メディア

クライアント

Webex

SIP シグナリング

Webex

クライアント

SRTP メディア

Webex

クライアント

プロビジョニング API の使用

デベロッパ アクセス

API 仕様については https://developer.webex.com、使用方法については https://developer.webex.com/docs/api/guides/webex-for-broadworks-developers-guide を参照してください。

https://developer.webex.com/docs/api/v1/broadworks-subscribers の API 仕様を読むには、サインインが必要です。

アプリケーション認証および承認

アプリケーションは インテグレーション Cisco Webex インテグレーションとして統合されます。 このメカニズムにより、アプリケーションはパートナー組織内の管理者のために管理タスク(サブスクライバのプロビジョニングなど)を実行できます。

Cisco Webex API は、OAuth 2 標準 (http://oauth.net/2/) に準拠します。 OAuth 2 により、サードパーティ インテグレーションは、API コールを認証するために、選択したパートナー管理者に代わって更新およびアクセス トークンを取得することができます。

まず、Cisco Webex でインテグレーションを登録する必要があります。 一度登録すると、アプリケーションは必要な更新とアクセス トークンを取得するために、この Oauth 2.0 認証付与フローをサポートする必要があります。

インテグレーションについて、またお使いのアプリケーションに対するこの Oauth 2 認証のフローについては、https://developer.webex.com/docs/integrations を参照してください。


インテグレーションを実装するための 2 つの必要な役割があります。デベロッパ認証ユーザーの 2 つです。また、お客様の環境で個別のユーザー/チームによって保持されている場合があります。

  • デベロッパはアプリを作成し、アプリケーションで想定した範囲で必要な OAuth ClientID/Secret を生成するために、https://developer.webex.com に登録します。 アプリケーションがサードパーティによって作成されている場合、アプリケーションを登録する(アクセス権を要求)か、自らのアクセスでそれを行うことができました。

  • 権限のあるユーザーとは、アプリケーションが API コールを認証し、パートナー組織、顧客の組織、あるいはサブスクライバーを変更するために使用するアカウントです。 このアカウントには、パートナー組織のフル管理者または販売フル管理者のロールのいずれかが必要です。 このアカウントは第三者が保持することはできません。

BroadWorks ソフトウェアの要件

ライフサイクル管理 - BroadSoft Servers」を参照してください。

サービス プロバイダは、「パッチが最新」であることを期待します。 以下のパッチのリストは、Webex との統合に必要な最小要件です。

バージョン 21 SP1(サポートされている最小バージョン)

サーバー

パッチが必要です

アプリケーション サーバー

AP.as.21.sp1.551.ap233913

AP.as.21.sp1.551.ap342028

AP.as.21.sp1.551.ap343504

AP.as.21.sp1.551.ap343572

AP.as.21.sp1.551.ap343670

AP.as.21.sp1.551.ap343760

AP.as.21.sp1.551.ap343918

AP.as.21.sp1.551.ap346337

AP.as.21.sp1.551.ap358508

AP.as.21.sp1.551.ap369763

プラットフォーム

AP.platform.21.sp1.551.ap233913

AP.platform.21.sp1.551.ap346337

AP.platform.21.sp1.551.ap347534

AP.platform.21.sp1.551.ap348531

AP.platform.21.sp1.551.ap355855

AP.platform.21.sp1.551.ap358508

AP.platform.21.sp1.551.ap364243

AP.platform.21.sp1.551.ap367732

AP.platform.21.sp1.551.ap361945

AP.platform.21.sp1.551.ap364239

プロファイル サーバー

AP.ps.21.sp1.551.ap233913

実行サーバー

AP.xs.21.sp1.551.ap233913

XSP

AP.xsp.21.sp1.551.ap233913

AP.xsp.21.sp1.551.ap338964

AP.xsp.21.sp1.551.ap338965

AP.xsp.21.sp1.551.ap339087

AP.xsp.21.sp1.551.ap346337

AP.xsp.21.sp1.551.ap347534

AP.xsp.21.sp1.551.ap347879

AP.xsp.21.sp1.551.ap348531

AP.xsp.21.sp1.551.ap348574

AP.xsp.21.sp1.551.ap348987

AP.xsp.21.sp1.551.ap349230

AP.xsp.21.sp1.551.ap349443

AP.xsp.21.sp1.551.ap349923

AP.xsp.21.sp1.551.ap350396

AP.xsp.21.sp1.551.ap350524

AP.xsp.21.sp1.551.ap351040

AP.xsp.21.sp1.551.ap352340

AP.xsp.21.sp1.551.ap358508

AP.xsp.21.sp1.551.ap362075

バージョン 22

サーバー

必要なパッチ

アプリケーション サーバー

AP.as.22.0.1123.ap364260

AP.as.22.0.1123.ap365173

AP.as.22.0.1123.ap369763

AP.as.22.0.1123.ap372989

AP.as.22.0.1123.ap372757

AP.as.22.0.1123.ap377868

プロファイル サーバー

AP.ps.22.0.1123.ap372989

AP.ps.22.0.1123.ap372757

プラットフォーム

AP.platform.22.0.1123.ap353577

AP.platform.22.0.1123.ap354313

AP.platform.22.0.1123.ap365173

AP.platform.22.0.1123.ap367732

AP.platform.22.0.1123.ap369433

AP.platform.22.0.1123.ap369607

AP.platform.22.0.1123.ap372757

AP.platform.22.0.1123.ap376508

XSP

AP.xsp.22.0.1123.ap354313

AP.xsp.22.0.1123.ap365173

AP.xsp.22.0.1123.ap368067

AP.xsp.22.0.1123.ap370952

AP.xsp.22.0.1123.ap369607

AP.xsp.22.0.1123.ap373008

AP.xsp.22.0.1123.ap372757

AP.xsp.22.0.1123.ap372433

AP.xsp.22.0.1123.ap374677

AP.xsp.22.0.1123.ap375206

AP.xsp.22.0.1123.ap376508

その他

AP.xsa.22.0.1123.ap372757

AP.xs.22.0.1123.ap372757

バージョン 23

サーバー

必要なパッチ

アプリケーション サーバー

AP.as.23.0.1075.ap369763

AP.as.23.0.1075.ap377868

プラットフォーム

AP.platform.23.0.1075.ap367732

AP.platform.23.0.1075.ap370952

AP.platform.23.0.1075.ap369607

XSP

AP.xsp.23.0.1075.ap368067

AP.xsp.23.0.1075.ap370952

AP.xsp.23.0.1075.ap369607

AP.xsp.23.0.1075.ap373008

AP.xsp.23.0.1075.ap374677

AP.xsp.23.0.1075.ap375206

バージョン 24

サーバー

必要なパッチ

アプリケーション サーバー

AP.as.24.0.944.ap377868

Webex に必要な BroadWorks タグ

システム タグ

システム タグ

説明

%BWNETWORK-CONFERENCESIPURI-1%

これは N-Way 会議を有効にするために使用されるサーバー URI です。

%BWVOICE-PORTAL-NUMBER-1%

この番号はボイスメールに使用されます。 クライアントはボイスメールを取得するときにこの番号をダイヤルします。

%BWLINEPORT-1%

登録などで、SIP シグナリングに使用される SIP ユーザー名。

%BWAUTHPASSWORD-1%

SIP シグナリングで使用される SIP パスワード。

%BWHOST-1%

通常は SIP ドメインとして使用されます。

%BWAUTHUSER-1%

SIP ユーザー名は通常、401 および 407 シグナリングで使用されます。 デフォルトの SIP ユーザー名とは異なる場合があります。

%BWE164-1%

このタグは、国際形式でユーザーの電話番号を提供します。

カスタムタグ

タグ デスクトップ モバイル デフォルト
%ENABLE_CALL_RECORDING_WXT% はい はい ×(いいえ)
%ENABLE_CALL_STATISTICS_WXT% はい はい ×(いいえ)
%ENABLE_CALL_PULL_WXT% はい はい ×(いいえ)
%PN_FOR_CALLS_CONNECT_SIP_ON_ACCEPT_WXT% いいえ はい ×(いいえ)
%PN_FOR_CALLS_USE_REGISTRATION_V1_WXT% いいえ はい ×(いいえ)
%ENABLE_MWI_WXT% はい はい ×(いいえ)
%MWI_MODE_WXT% はい はい
%ENABLE_VOICE_MAIL_WXT% はい はい ×(いいえ)
%ENABLE_VISUAL_VOICE_MAIL_WXT% はい はい ×(いいえ)
%ENABLE_FORCED_LOGOUT_WXT% はい いいえ ×(いいえ)
%FORCED_LOGOUT_APPID_WXT% はい いいえ
%ENABLE_CALL_FORWARDING_ALWAYS_WXT% はい はい ×(いいえ)
%ENABLE_BROADWORKS_ANYWHERE_WXT% はい はい ×(いいえ)
%ENABLE_BROADWORKS_ANYWHERE_DESCRIPTION_WXT% はい はい ○(はい)
%ENABLE_BROADWORKS_ANYWHERE_ALERT_ALL_LOCATIONS_WXT% はい はい ×(いいえ)
%BROADWORKS_ANYWHERE_ALERT_ALL_LOCATIONS_DEFAULT_WXT% はい はい ×(いいえ)
%ENABLE_BROADWORKS_ANYWHERE_CALL_CONTROL_WXT% はい はい ×(いいえ)
%BROADWORKS_ANYWHERE_CALL_CONTROL_DEFAULT_WXT% はい はい ×(いいえ)
%ENABLE_BROADWORKS_ANYWHERE_DIVERSION_INHIBITOR_WXT% はい はい ×(いいえ)
%BROADWORKS_ANYWHERE_DIVERSION_INHIBITOR_DEFAULT_WXT% はい はい ×(いいえ)
%ENABLE_BROADWORKS_ANYWHERE_ANSWER_CONFIRMATION_WXT% はい はい ×(いいえ)
%BROADWORKS_ANYWHERE_ANSWER_CONFIRMATION_DEFAULT_WXT% はい はい ×(いいえ)
%SETTINGS_PORTAL_URL_WXT% はい はい
%ENABLE_EMERGENCY_DIALING_WXT% いいえ はい ×(いいえ)
%EMERGENCY_DIALING_NUMBERS_WXT% いいえ はい 911112
%ENABLE_USE_RPORT_WXT% はい はい ×(いいえ)
%RPORT_USE_LOCAL_PORT_WXT% はい はい ×(いいえ)
%USE_TLS_WXT% はい はい ×(いいえ)
%SBC_ADDRESS_WXT% はい はい
%SBC_PORT_WXT% はい はい 5060
%USE_PROXY_DISCOVERY_WXT% はい はい ×(いいえ)
%USE_TCP_FROM_DNS_WXT% はい はい ○(はい)
%USE_UDP_FROM_DNS_WXT% はい はい ○(はい)
%USE_TLS_FROM_DNS_WXT% はい はい ○(はい)
%DOMAIN_OVERRIDE_WXT% はい はい
%SOURCE_PORT_WXT% はい はい 5060
%USE_ALTERNATIVE_IDENTITIES_WXT% はい はい ×(いいえ)
%TCP_SIZE_THRESHOLD_WXT% はい はい 18000
%SIP_REFRESH_ON_TTL_WXT% はい はい ×(いいえ)
%ENABLE_SIP_UPDATE_SUPPORT_WXT% はい はい ×(いいえ)
%ENABLE_PEM_SUPPORT_WXT% はい はい ×(いいえ)
%ENABLE_SIP_SESSION_ID_WXT% はい はい ×(いいえ)
%ENABLE_FORCE_SIP_INFO_FIR_WXT% はい はい ×(いいえ)
%SRTP_ENABLED_WXT% はい はい ×(いいえ)
%SRTP_MODE_WXT% はい はい ×(いいえ)
%ENABLE_REKEYING_WXT% はい はい ○(はい)
%RTP_AUDIO_PORT_RANGE_START_WXT% はい はい 8000
%RTP_AUDIO_PORT_RANGE_END_WXT% はい はい 8099
%RTP_VIDEO_PORT_RANGE_START_WXT% はい はい 8100
%RTP_VIDEO_PORT_RANGE_END_WXT% はい はい 8199
%ENABLE_RTCP_MUX_WXT% はい はい ○(はい)
%ENABLE_XSI_EVENT_CHANNEL_WXT% はい はい ○(はい)
%CHANNEL_HEARTBEAT_WXT% はい はい 10000

タグ

デスクトップ

モバイル

デフォルト

%ENABLE_CALL_STATISTICS_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%ENABLE_CALL_PULL_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%PN_FOR_CALLS_CONNECT_SIP_ON_ACCEPT_WXT%

いいえ

はい

×(いいえ)

%PN_FOR_CALLS_USE_REGISTRATION_V1_WXT%

いいえ

はい

×(いいえ)

%ENABLE_MWI_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%MWI_MODE_WXT%

はい

はい

%ENABLE_VOICE_MAIL_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%ENABLE_VISUAL_VOICE_MAIL_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%ENABLE_FORCED_LOGOUT_WXT%

はい

いいえ

×(いいえ)

%FORCED_LOGOUT_APPID_WXT%

はい

いいえ

%ENABLE_CALL_FORWARDING_ALWAYS_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%ENABLE_BROADWORKS_ANYWHERE_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%ENABLE_BROADWORKS_ANYWHERE_ALERT_ALL_LOCATIONS_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%BROADWORKS_ANYWHERE_ALERT_ALL_LOCATIONS_DEFAULT_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%ENABLE_BROADWORKS_ANYWHERE_DESCRIPTION_WXT%

はい

はい

○(はい)

%ENABLE_BROADWORKS_ANYWHERE_CALL_CONTROL_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%BROADWORKS_ANYWHERE_CALL_CONTROL_DEFAULT_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%ENABLE_BROADWORKS_ANYWHERE_DIVERSION_INHIBITOR_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%BROADWORKS_ANYWHERE_DIVERSION_INHIBITOR_DEFAULT_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%ENABLE_BROADWORKS_ANYWHERE_ANSWER_CONFIRMATION_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%BROADWORKS_ANYWHERE_ANSWER_CONFIRMATION_DEFAULT_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%SETTINGS_PORTAL_URL_WXT%

はい

はい

%ENABLE_EMERGENCY_DIALING_WXT%

いいえ

はい

×(いいえ)

%EMERGENCY_DIALING_NUMBERS_WXT%

いいえ

はい

911112

%ENABLE_USE_RPORT_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%RPORT_USE_LOCAL_PORT_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%USE_TLS_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%SBC_ADDRESS_WXT%

はい

はい

%SBC_PORT_WXT%

はい

はい

5060

%USE_PROXY_DISCOVERY_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%USE_TCP_FROM_DNS_WXT%

はい

はい

○(はい)

%USE_UDP_FROM_DNS_WXT%

はい

はい

○(はい)

%USE_TLS_FROM_DNS_WXT%

はい

はい

○(はい)

%DOMAIN_OVERRIDE_WXT%

はい

はい

%SOURCE_PORT_WXT%

はい

はい

5060

%USE_ALTERNATIVE_IDENTITIES_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%TCP_SIZE_THRESHOLD_WXT%

はい

はい

18000

%SIP_REFRESH_ON_TTL_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%ENABLE_SIP_UPDATE_SUPPORT_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%ENABLE_PEM_SUPPORT_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%ENABLE_SIP_SESSION_ID_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%ENABLE_FORCE_SIP_INFO_FIR_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%SRTP_ENABLED_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%SRTP_MODE_WXT%

はい

はい

×(いいえ)

%ENABLE_REKEYING_WXT%

はい

はい

○(はい)

%RTP_AUDIO_PORT_RANGE_START_WXT%

はい

はい

8000

%RTP_AUDIO_PORT_RANGE_END_WXT%

はい

はい

8099

%RTP_VIDEO_PORT_RANGE_START_WXT%

はい

はい

8100

%RTP_VIDEO_PORT_RANGE_END_WXT%

はい

はい

8199

%ENABLE_RTCP_MUX_WXT%

はい

はい

○(はい)

%ENABLE_XSI_EVENT_CHANNEL_WXT%

はい

はい

○(はい)

%CHANNEL_HEARTBEAT_WXT%

はい

はい

10000

ユーザー プロビジョニングとアクティベーション フロー


プロビジョニングではユーザーを Webex に追加する方法について説明しています。 アクティベーションには Webex でのメール検証とサービスの割り当てが含まれます。

Webex はユーザーを識別するためにメール アドレスを使用しますので、ユーザーのメール アドレスは固有である必要があります。 ユーザーに対して信頼できるメール アドレスがある場合、自動的にプロビジョニングを行う際に、それらを自動的にアクティベートすることを選択できます。 このプロセスは、「自動的なプロビジョニングおよび自動アクティベーション」です。

自動化されたユーザーのプロビジョニングと自動アクティベーション (信頼されたメール フロー)

前提条件

  • あなたのプロビジョニング アダプタは、BroadWorks の Webex をポイントします (AS から Webex プロビジョニングブリッジへのアウトバウンド接続が必要です)。

  • BroadWorks で代替 ID として有効な到達可能なエンドユーザー メール アドレスを持っている必要があります。

  • Control Hub は、パートナー組織の構成にプロビジョニング アカウントを持っています。

ステップ

説明

1

顧客に対してサービスを見積、注文をとります。

2

顧客の注文を処理し、システムで顧客のプロビジョニングを行います。

3

サービス プロビジョニング システムが BroadWorks のプロビジョニングをトリガーします。 このステップでは、概要で、エンタープライズとユーザーを作成します。 次に、必要なサービスと番号を各ユーザーに割り当てる必要があります。 これらのサービスの 1 つは外部 IM&P です。

4

このプロビジョニング手順は、Cisco Webex で、顧客組織とユーザーの自動プロビジョニングをトリガーします。 (IM&P サービスの割り当てにより、プロビジョニング アダプターが Webex プロビジョニング API を呼び出します)。

5

後でユーザーのパッケージを調整する必要がある場合 (デフォルトから変更する場合)、システムは Webex プロビジョニング API を使用する必要があります。

ユーザーの対話

サインイン

  1. Webex アプリはブラウザーを Cisco Common Identity (CI) に起動し、ユーザーがメール アドレスを入力できるようになります。

  2. CI は、関連する顧客組織が SAML IDP として構成された BroadWorks IDP プロキシ (IDP) を持っているのを検出します。 CI はサインイン ページでユーザーを表示する IDP にリダイレクトします。(このサービス プロバイダはこのサインイン ページをブランディングできます。)

  3. ユーザーは BroadWorks の資格情報を入力します。

  4. Broadworks は IDP を通してユーザーを認証します。 認証が成功すると、IDP は SAML 成功でブラウザーを CI に戻してリダイレクトして、認証フローを完了します (図に表示されていない)。

  5. 認証に成功した時に、Webex アプリは CI からアクセス トークンを取得します(図では表示されません)。 クライアントはそれらを使用して、BroadWorks の長期間 Jason Web Token (JWT) を要求します。

  6. Webex アプリは BroadWorks からの Calling 構成と Webex からのその他のサービスを検出します。

  7. Webex アプリは BroadWorks に登録します。

ユーザーの視点からのサインイン

この図は、エンドユーザーまたはサブスクライバーに表示される一般的なサインイン フローです。

図 1.
  1. Webex アプリをダウンロードしてインストールします。

  2. サービス プロバイダからリンクを受け取っている可能性があります。またはCisco Webex ダウンロード ページでダウンロードできます。

  3. Webex サインイン画面でメール アドレスを入力します。 [次へ] をクリックします。

  4. 一般的に、サービス プロバイダのブランド化されたページにリダイレクトされます。

  5. そのページでは、メール アドレスで歓迎する場合があります。

    メール アドレスがない、またはメール アドレスが間違っている場合は、BroadWorks ユーザー名を入力してください。

  6. BroadWorks パスワードを入力します。

  7. サインインに成功すると、Webex が開きます。

コール フロー — 社内ディレクトリ

コール フロー - PSTN 番号

プレゼンテーションと共有

図 2.

スペース ミーティングを開始する

図 3.

クライアントの対話

AS で DMS と SIP Register からプロファイルを取得します

  1. クライアントは XSI に発信し、デバイス管理トークンと DMS への URL を取得します。

  2. クライアントはステップ 1 からトークンを提示することで、DMS からそのデバイス プロファイルを要求します。

  3. クライアントはデバイス プロファイルを読み取り、SIP 資格情報、アドレス、およびポートを取得します。

  4. クライアントはステップ 3 からの情報を使用して SIP REGISTER を SBC に送信します。

  5. SBC は SIP REGISTER を AS に送信します (SBC が SIP ユーザーをまだ知らない場合、SBC は AS を検索するために NS の検索を実行する場合があります。)

Test and Lab Guidelines (テストおよびラボのガイドライン)

次のガイドラインは、テストとラボの組織に適用されます:

  • サービス プロバイダ パートナーは、複数の組織にわたってプロビジョニングできる最大 50 社のテスト ユーザーに制限されます。

  • 先着 50 社より後に加わったテスト ユーザーには料金が請求されます。

  • 請求書を確実に正確に処理するために、テスト組織はすべて BroadWorks 組織名に「test」を入れる必要があります。

  • 社内テスト組織は Cisco Webex Control Hub 内で指定する必要があります。 これは、テスト ユーザーが実際のユーザーとして請求されるのを防ぐためです。

組織をテスト組織として指定する

組織をテスト組織として指定するには:

  1. Partner Hub にサインインし、[顧客] を選択します。

  2. 適切な顧客を選択します。

  3. 右のコントロール バーで、[内部テスト組織] トグルを有効にします。

用語

ACL
アクセス制御リスト
ALG
アプリケーション レイヤー ゲートウェイ
API
アプリケーション プログラミングインターフェイス
APNS
Apple Push Notification Service
AS
アプリケーション サーバー
ATA
アナログ電話アダプター、アナログ テレフォニーを VoIP に変換するアダプター
BAM
BroadSoft アプリケーション マネージャ
ベーシック認証
アカウント (ユーザー名) が共有シークレット (パスワード) で検証される認証方法
BMS
BroadSoft メッセージング サーバー
BOSH
同期 HTTP 上の双方向ストリーム
BRI
基本レート インターフェイス BRI は ISDN アクセス方法です
バンドル
エンドユーザーまたはサブスクライバーに配信されるサービスのコレクション (例: パッケージ)
CA
証明機関
通信事業者
テレフォニー トラフィックを扱う組織 (例: パートナー、サービス プロバイダ、付加価値再販業者)
CAPTCHA
コンピューターと人間を区別するための完全に自動化されたパブリック チューリング テスト
CCXML
コール制御拡張可能マークアップ言語
CIF
共通の中間形式
CLI
コマンド ライン インターフェイス
CN
共通名
CNPS
コール通知 プッシュ サーバー。 お使いの環境で XSP 上で実行される通知プッシュ サーバー。 FCM および APNS にコール通知をプッシュします。 「NPS プロキシ」を参照してください。
CPE
顧客の設置場所の機器
CPR
カスタム プレゼンス ルール
CSS
カスタム スタイル シート
CSV
カンマで区切リの値
CTI
コンピューター テレフォニーのインテグレーション
CUBE
Cisco Unified Border Element
DMZ
非武装地帯
DN
ディレクトリ番号
DND
応答不可
DNS
ドメイン名システム
DPG
ダイヤル ピア グループ
DSCP
差別化されたサービス コード ポイント
DTAF
デバイス タイプ アーカイブ ファイル
DTG
接続先トランク グループ
DTMF
デュアルトーン マルチ周波数
[エンド ユーザ(End user)]
サービスを使用している、コールを発信する、ミーティングに参加する、またはメッセージを送信している人 (例: サブスクライバー)
エンタープライズ
エンドユーザーの集合 (例: 組織)
FCM
Firebase クラウド メッセージング
FMC
Fixed Mobile Convergence
フロースルーのプロビジョニング
BroadWorks での「統合型 IM&P」サービスを割り当て、Webex アイデンティティ ストアでユーザーを作成します。
FQDN
完全修飾ドメイン名
フル フロースルー プロビジョニング
BroadWorks での「統合型 IM&P」サービスを割り当て、各 BroadWorks ユーザーに一意で有効なメール アドレスをアサートすることにより、Webex アイデンティティ ストアにユーザーを作成して検証します。
FXO
Foreign Exchange オフィスはアナログ回線を受け取るポートです。 これは、電話またはファックス機器のプラグまたはアナログ電話システムのプラグです。 オンフック/オフフックのインジケーション (ループ閉鎖) を提供します。 FXO ポートがファックスや電話などのデバイスに接続されているため、デバイスは「FXO デバイス」と呼ばれることがしばしばあります。
FXS
Foreign Exchange サブスクライバーは、アナログ回線をサブスクライバーに実際に配信するポートです。 言い換えると、ダイヤル トーン、バッテリー電流、呼び出し音の電圧を配信する「壁のコンセント」です。
GCM
Google Cloud メッセージ
GCM
Galois/カウンター モード(暗号化技術)
HID
人事インターフェイス デバイス
HTTPS
ハイパーテキスト転送プロトコル セキュア ソケット
IAD
統合型アクセス デバイス
IM&P
インスタント メッセージとプレゼンス
IP PSTN
VoIP を PSTN サービスに提供するサービス プロバイダで、ITSP と交換可能であるか、インターネット接続された「公衆」電話の一般用語で、主要電気通信会社(国別ではなく、PSTN)によってまとめて提供されます
ITSP
インターネット テレフォニー サービス プロバイダ
IVR
自動音声応答装置/レスポンダー
JID
XMPP エンティティのネイティブ アドレスは、Jabber Identifier または JID localpart@domain.part.example.com/resourcepart と呼ばれます(@ . / は区切り記号です)
JSON
Java スクリプト オブジェクト表記
JSSE
Java Secure Socket Extension; BroadWorks サーバーに安全な接続機能を提供する基礎技術
KEM
鍵拡張モジュール (ハードウェア Cisco 電話)
LLT
長期間 (または Long-life) トークン; ユーザーが長く認証されたままで、特定のアプリケーションに関連付けされていない、安全な形態のベアラー トークン。
MA
メッセージのアーカイブ
MIB
管理情報ベース
MS
メディア サーバー
mTLS
TLS 接続を確立するときに、証明書の交換を使用して、両当事者間の相互認証
MUC
複数ユーザーのチャット
NAT
ネットワーク アドレス変換
NPS
通知プッシュ サーバー; CNPS を参照
NPS プロキシ

CNPS に短期間認証トークンを提供する Cisco Webex のサービスで、FCM および APN にコール通知をプッシュし、最終的には Webex を実行している Android および iOS デバイスに提供するサービス。

OCI
オープンなクライアント インターフェイス
組織
エンドユーザーの収集を表す会社または組織 (例: エンタープライズ)
OTG
外線トランク グループ
パッケージ
エンドユーザーまたはサブスクライバーに配信されるサービスのコレクション (例: バンドル)
パートナー
Cisco と協力して、他の組織に製品やサービスを配布するエージェント組織 (例: 付加価値再販業者、サービス プロバイダ、通信事業者)
PBX
構内交換機
PEM
プライバシー強化メール
PLMN
公衆移動通信網
PRI
Primary Rate Interface (PRI) は、統合型サービス デジタル ネットワーク (ISDN) で使用される電気通信インターフェイス標準です。
PS
プロファイル サーバー
PSTN
公衆交換電話網
QoS
サービス品質
再販業者ポータル
再販業者の管理者が UC-One SaaS ソリューションを設定できることを可能にするウェブサイト。 時おり、これは BAM ポータル、管理ポータルなどと呼ばれます。
RTCP
リアルタイム コントロール プロトコル
RTP
リアルタイム トランスポート プロトコル
SBC
セッション ボーダー コントローラー
SCA
共有コールの形式
SD
標準定義
SDP
セッション記述プロトコル
SP
サービス プロバイダ; テレフォニーまたは関連サービスを他の組織に提供する組織 (例: 通信業者、パートナー、付加価値再販業者)
[SIP]
セッション開始プロトコル
SLT
短期間の (または Short Life) トークン (BroadWorks および SSO トークンとも呼ばれる); Web アプリケーションへの安全なアクセスを取得するために使用される、シングルユース認証トークン。
SMB
中小規模事業
SNMP
Simple Network Management Protocol
sRTCP
セキュア リアルタイム転送制御プロトコル(VoIP コール メディア)
sRTP
セキュア リアルタイム転送プロトコル(VoIP コール メディア)
SSL
セキュア ソケット レイヤー
サブスクライバー
サービスを使用している、コールを発信する、ミーティングに参加する、またはメッセージを送信している人 (例: エンド ユーザー)
TCP
伝送制御プロトコル
TDM
時分割多重
TLS
トランスポート レイヤー セキュリティ
ToS
サービスのタイプ
UAP
ユーザー アクティベーション ポータル
UC
単一化されたコミュニケーション
UI
ユーザインタフェース
UID
一意識別子
UMS
メッセージング サーバー
URI
ユニフォーム リソース ID
URL
ユニフォーム リソース ロケータ
USS
共有サーバー
UTC
調整済みユニバーサル時間
UVS
ビデオ サービス
付加価値再販業者 (VAR)
Cisco と協力して、他の組織に製品やサービスを配布するエージェント組織 (例: 通信業者、パートナー、サービス プロバイダ)
VGA
ビデオ グラフィック アレイ
VoIP
ボイス オーバー インターネット プロトコル (IP)
VXML
ボイス拡張マークアップ言語
WebDAV
ウェブ配信されたオーサリングとバージョン管理
WebRTC
ウェブ リアルタイム コミュニケーション
WRS
WebRTC サーバー
XMPP
拡張可能メッセージングとプレゼンス プロトコル