エグゼクティブまたはエグゼクティブアシスタントサービスを有効にする

1

[https://admin.webex.com] の顧客ビューから [ユーザー] に移動し、[エグゼクティブ] または [エグゼクティブアシスタント] を有効にするユーザーを選択します。

2

[Calling] > [高度なコール設定] > [エグゼクティブ/エグゼクティブ アシスタント] を選択します。

3

[エグゼクティブ/エグゼクティブ アシスタント] スイッチをオンにします。

4

エグゼクティブまたはエグゼクティブ アシスタント サービスに対してユーザーを有効にするかどうかを選択します。


 

エグゼクティブおよびエグゼクティブ アシスタントは、内線番号ではなく電話番号が割り当てられている必要があります。


 

ユーザーは、コーリング ユーザー ポータルでエグゼクティブまたはエグゼクティブ アシスタントの設定を更新できます。 Calling User ポータルにアクセスするには、[] に進み、[Webex Calling] を選択します。https://settings.webex.comコーリング ユーザー ポータルのエグゼクティブとエグゼクティブ アシスタント サービスの設定を更新する方法については、この記事を参照してください。

完了の方法を見てみませんか? Control Hub の ユーザーに対 してエグゼクティブまたはエグゼクティブアシスタントのサービスを有効にする方法について、このビデオデモを 見る

共有回線設定オプション

ユーザーの所在地が変わらなければ、エグゼクティブサービスでも共有回線のアピアランスを使用できます。 エグゼクティブサービスと一緒に共有回線のアピアランスを設定することで、この機能をより簡単に使用できます。 共有回線の表示方法の詳細については、 MPP 電話の回線の追加および並べ替えを参照してください