マルチサイト アプリケーションにより、異なる接続を選択できます。 たとえば、1 つのロケーションに対して Cisco Calling プランを選択し、2 番目のロケーションに Cloud-Connected PSTN (CCP)、3 番目のロケーションにローカル ゲートウェイを選択できます。 Cisco Calling プランを選択する場合、以下が適用されます。

必須要件

  • パートナーは認証された Webex Calling VAR パートナー で、Webex Calling VAR PSTN プログラムへの登録を通じて、新しい Webex Calling 附属書を承認している必要があります。

  • パートナーは、Cisco Commerce Workspace (CCW) 内で Cisco Calling プラン ライセンス (アウトバウンド Calling プラン & 電話番号) を発注します。

制限事項

  • Cisco Calling プラン サービスは、米国地域でのみ利用可能です。

  • 既存の Webex Calling のロケーションは、Cisco Calling プランに移行できません。

  • 無料通話番号は現在利用できません。 新しい無料通話番号を注文したり、既存の無料通話番号を Cisco Calling プランにポートしたりすることはできません。

  • 一度に 100 までの新しい電話番号を注文できます。 追加の番号は別の注文として作成することができます。

  • Cisco Calling プランは、無料の Webex Calling トライアル オファーで利用できます。 Cisco Calling プランを Webex Calling のトライアルで使用するときに、最大 10 件の新しい電話番号を作成できます。


    番号のポートは、Webex Calling トライアルに利用できません。

Cisco Calling プラン サービスが有効になると、以下のいずれか 1 つの PSTN オプションを選択できます。
  • Cisco Calling プラン (Cisco PSTN)

  • Cloud Connected PSTN

  • オンプレミスベースのPSTN (ローカル ゲートウェイは個別に有効にする必要があります)

1

https://admin.webex.com の顧客ビューで、[Calling] > [ロケーション] に移動して、更新するロケーションを選択します。

2

PTSN 接続の隣の [管理] をクリックします。

3

Cisco PSTN を選択して、[次へ] をクリックします。

4

連絡先情報を入力して, [次へ] をクリックします。

このフィールドは、シスコとの法的な契約に署名する人の情報を提供します。

5

緊急サービス アドレス (ESA) を入力し、[保存] をクリックします。

デフォルトでは、ここに入力した ESA は、このロケーションのすべての電話番号に適用されます。


 

必要に応じて、個々のユーザーの ESA を変更することができます。 例えば、自宅から仕事をしているリモートの従業員がいる場合は、ESA を変更することが必要な場合があります。

6

サマリ画面で、次のいずれかを実行します。

  • 番号を追加します。
  • [完了] をクリックします。

    後で Calling プランに番号を追加することができます。

Cisco Calling プランでは、新しい電話番号を Webex Control Hub を通じてシスコから直接、注文することができます。

スケジューリングを始める前に

  • Cisco Calling プランでは、サイトを通じて新しいをユウコうにしてから、Webex Control Hub を通じて新しい電話番号を注文できます。

  • 新しい番号を要求する場合、特定の番号または連続する番号のブロックを入力することができます。 また、システムに対して、選択した国、州、市外局番、プレフィックスに基づいて、在庫を検索して、番号を割り当てることを許可することができます。

  • デフォルトで、Cisco Calling プランのセットアップ中にロケーションに入力した緊急サービス アドレス (ESA) は、そのロケーションのすべての電話番号に適用されます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[Calling] に移動して、[番号] > [番号の追加] をクリックします。

2

ロケーションを選択し、[新しい番号の注文] を選択します。 [次へ] をクリックします。

3

市外局番プレフィックス を選択して、注文する番号を指定します。

4

自動選択させる番号の数を入力します。

選択した基準に基づいて選択可能な番号のリストが提供されます。

5

注文する番号をクリックし、[注文] をクリックします。

6

注文の送信確認ページで、[PSTN の注文] を選択して注文ステータスを確認します。 [PSTN の注文] ページに移動します。

7

新しい番号をアクティベートするには、利用規約に同意してください。

PSTN 注文の最終ページ - TOS

 

[サービス利用規約] リンクは顧客管理者のみが利用できます。 パートナーには、サービス利用規約に顧客の署名が必要であるというメッセージだけが表示されます。

管理者として、現在の PSTN からの既存の電話番号を Cisco Calling プラン オプションに移動できます。

スケジューリングを始める前に

  • Webex Control Hub を通じて電話番号をポートする前に、サイトの Cisco Calling プランを有効にします。

  • Cisco にサービスを移動するために現在の PSTN キャリアに注文することを認定する署名入り Letter of Agency (LOA) が必要です。 LOA は現在のアカウント所有者または認証された署名者により署名されている必要があります。 ポート手順を完了する間に、LOA に署名するように指示メッセージが表示されます。

  • PNG または PDF 形式で現在の PSTN プロバイダーからの最新の請求書があることを確認してください。 請求書は過去 30 日間のものであることが必要です。 ポート手順を完了すると、請求書のコピーをアップロードするようにプロンプトが表示されます。

  • ポートを確実に成功させるには、以下の情報が用意されている必要があります。

    • ポートする全電話番号のリスト (非無料通話)

    • 現在の PSTN プロバイダ アカウント情報

    • 顧客サービス記録 (CSR) (可能な場合)

    • アカウント PIN がある場合は、その情報


    番号を移行することを計画するときには、インバウンド コールを受信する任意の番号を想定することをお勧めします。 詳細については、「番号ポリシー」を参照してください。

  • デフォルトで、Cisco Calling プランのセットアップ中にロケーションに入力した緊急サービス アドレス (ESA) は、そのロケーションのすべての電話番号に適用されます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[Calling] に移動して、[番号] > [番号の追加] をクリックします。

2

ロケーションを選択し、[ポート番号] を選択します。 [次へ] をクリックします。

3

現在のプロバイダーのアカウント情報を入力します。 入力した情報が現在のプロバイダの請求と一致確認してください。[次へ] をクリックします。

4

維持する電話番号をクリックし、[次へ] をクリックします。

注文が成功すると、メールで通知されます。


 

番号が入力された際に、ポータビリティ チェックが自動的に実行されます。 ハイライトされた番号は、ポート可能ではないと見なされます。 これらのインスタンスのさらなる見直しは、PSTN テクニカル サポートによりサポートされています。

番号の追加エラー
5

以前のプロバイダーからの請求書をアップロードします。. 請求書が過去 30 日以内のものであり、PNG または PDF 形式であることを確認してください。 [次へ] をクリックします。

6

Letter of Agency (LOA) に署名するために、ファーストネーム(名)とラストネーム(姓)をを入力します。 [署名] をクリックします。

7

注文内容を確認し、[次へ] をクリックします。

8

注文提出画面にはポート注文の概要が表示されます。 [完了] をクリックします。


 

Control Hub は、ポート注文が提出される前に、事前のエラー チェックを実行します。 ポートの注文で問題がある場合、管理者は電子メール通知を受け取り、[PSTN 注文] 画面にエラーメッセージが表示されます。

PSTN注文ページ - ポート エラー
デフォルトで、Cisco Calling プランのセットアップ中にロケーションに指定された緊急サービス アドレス (ESA) は、そのロケーションの下のすべての電話番号に適用されます。 例えば、自宅で働くリモートの従業員がいたなど、ユーザーにこの番号を変更する必要がある場合、そのユーザーに割り当てられた電話番号を別の ESA に関連付けできます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [ユーザー] に移動します。

2

変更するユーザーを選択し、[Calling] をクリックします。

3

[緊急連絡サービス アドレス] の下で 、[ロケーションのアドレス] をクリックします。

4

[カスタムアドレス] を選択します。

ユーザー -デフォルト表示 - ESA
5

ユーザーの情報を更新したら [保存] をクリックします。

Cisco Calling プランでロケーションがセットアップされると、緊急サービス アドレスを更新できます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューで、[Calling] > [ロケーション] に移動して、更新するロケーションを選択します。

2

[PSTN 接続] の隣の [管理] をクリックします。

3

緊急連絡サービス アドレスの隣の [編集] をクリックします。

ロケーション ESA
4

新規アドレスを入力して [保存] をクリックします。

以下の番号ポリシーは、Cisco Calling プランを通じて新規またはポートされた電話番号の注文に適用されます。

全般

  • Cisco は電話番号が利用可能な番号としてリストされている場合でも、電話番号が利用可能であることに関する保証は行いません。

  • エンドユーザーに対し、Cisco が提供した電話番号はリースまたは販売されません。

  • 発信者 ID 名は常に要求された名前を反映するとは限りません。

  • すべての電話番号は Cisco の二者通話番号として扱われます。

新規番号の注文

  • 番号は個別に Cisco から注文するか、連続したブロックの番号で注文できます。番号は順番に並んでいます (「ブロック注文」)。

  • ブロック注文は、10、50、または 100 の増分値で注文することができます。

  • ブロック注文で注文された番号を個別に削除することはできません。 ブロックの一部を削除したいエンドユーザーは、ブロック全体を削除し、新しい番号を注文する必要があります。

ナンバー ポーティング - Cisco はナンバー ポーティング サービスを提供します。 以下のポリシーは、顧客がポーティング番号を Cisco サービスから出し入れする場合に適用されます。 すべてのポーティング活動は、特定の法律の対象となり、サードパーティの契約条件の対象となる場合があります。 顧客にはかかる法律に従う義務があります。 「Slamming」の活動は許可されず、最初に許可を得ないで任意のパーティのテレフォニー サービス プロバイダーを変更しようとすることは禁止されています。

  • ポートイン(番号を別の通信事業者から Cisco PSTN サービスに転送)

    • エンドユーザーには、正確なポート情報を提供する義務があります。

    • エンドユーザーには、Cisco サービスに番号をポートする番号の所有権の証明を提供する義務があります。

    • ナンバー ポーティング処理を実行するには、Cisco はエンドユーザーの管理ポータルにログインする必要がある場合があります。

    • 番号のポート要求の完了は、エンドユーザーまたは他のサービス プロバイダーによって生じる遅延を含む、Cisco の管理外の要素に依存する場合があります。

    • エンドユーザーによる番号の公開。 エンドユーザーは、自らのリスクでポートされた番号を公開します。 ユーザーは番号を公開する前に、ポートの成功を確認する責任があります。

    • Cisco は、ポートの特定の時刻に関して一部の保証を行わず、

    • エンド ユーザーはリード DSL/ADSL 番号のポートを避ける必要があります。

    • エンドユーザーはテストまたはサポートされていない VoIP への電話番号のポートを避ける必要があります (これにはアラーム/セキュリティ回線、エレベーター回線などに限定されません)。

  • ポートの再スケジュール: 特別に短い通知で、ポート活動を再スケジュールすると、サービスが停止する場合があります。

  • ポートアウト(番号をCisco PSTN サービスから別の通信事業者に転送)

    • Cisco は、ポート アウト要求の有効性を保証するために妥当な努力をする一方で、未承認のポート アウトが発生し、Cisco はかかる活動に対する責任を負うことはできません。

サービスのキャンセル: 終了またはキャンセルの際に番号の所有権を保持する場合、エンドユーザーは、他のサービス プロバイダーへ番号をポートする責任を負います。 ポートされない番号は、適正な時間が過ごした後にリリースされます。 Cisco は、同じ電話番号がリリース後に利用可能になるという保証をすることはできません。

最小の必要な注文は、1 つのアウトバウンド Calling プラン (OCP) です。 課金にはアウトバウンド Calling プラン、電話番号、国際通話の使用料が含まれます。 Cisco の月間請求には、コール活動、料金、および適用される料金と税に関する情報が含まれます。 電話番号のポートには追加料金は発生しません。

課金が開始された時:

  • CCW で注文したアウトバウンド Calling プランは、要求されたサービス日 (RSD) に課金を開始します。

  • Control Hub でプロビジョニングされたアウトバウンド Calling プランは、すぐに課金を開始します。

  • Control Hub でプロビジョニングされた電話番号は直ちに課金を開始されるか、別のプロバイダーからポートされた場合、ポートの完了後に課金が開始されます。

アウトバウンド Calling プランのレート:

  • アウトバウンド Calling プランと電話番号のレートは、Webex Calling ライセンスのレートを計算するために使用される同じプロレート方法を使用してプロレートされます。

  • 国際通話料金は国によって異なり、利用月の翌月に課金されます。

Cisco Calling プランのサポートは、必要に応じて、さまざまなサポート部門によって提供されます。

表 1. Cisco サポート連絡情報

サポート部門

目的

連絡先

パートナー ヘルプ デスク (PHD)

Cisco Calling プランの提供に関するパートナーのハウツーと資料

北米: 1-844-613-6108

EMEA: +44 129 366 10 20

アジア太平洋: +61 3 7017 7272

メール: webexcalling-phd@cisco.com

PSTN テクニカル サポート (PTS)

  • パートナー/顧客 PSTN に関する質問

  • ポート注文要求の迅速化

  • ポート日付の再スケジュール

  • ポート拒否

  • ポートに対する特定の日時の要求

  • FOC 後のポート日付変更(固定注文コミットメント)

  • 注文のキャンセル

サポート ケースを開く

TAC

  • Control Hub 機能の問題

  • コールの停止、コールの問題、サービス停止などのサービスに関する問題

北米: 1-800-553-2447

EMEA: +32 2 704 5555

アジア太平洋: +61 2 8446 7411

メール: tac@cisco.com

関連項目:

PSTN 課金サポート (PTS)

Cisco パートナー サポート (CPS)

  • PSTN 関連の課金および請求に関する質問

  • PSTN 関連の紛争

cloudinquiries@broadsoft.com

https://customerservice.cloudapps.cisco.com/