ここでは、すぐに使用できる通話機能を説明します。

  • コールの保留: アクティブ コールを保留にして、準備ができたら再開することができます。ビデオコールの場合、コールの保留中は画像がオフになります。

  • 会議コール:一度のコール中に複数の相手と話し合うことができます。別のユーザにダイヤルして、そのユーザをコールに追加することができます。複数の電話回線を使用している場合は、2 つの回線をまたいで 2 つのコールに参加できます。

  • 通話の転送: 組織内の他のユーザにコールを転送することができます。コールを転送した場合、他の担当者が応答するまでは、元のコールに接続した状態を保つことができます。これにより、コールから自分を切断する前に、相手と個別に話をできます。

  • 通話の自動転送: 着信コールを他のいずれか番号 (例えば、自宅または携帯電話) に自動転送することができます。電話機の回線にかかってきたコールを別の番号に転送することができます。コール転送は、電話回線ごとに設定します。コール転送が有効でない回線にコールがかかってきた場合、通常どおりコールの呼出音が鳴ります。

  • ボイスメール: 通話履歴には、待機しているボイスメールメッセージの数が表示されます。デスクトップやモバイルアプリからいつでもメッセージを確認することができますが、デスクトップアプリでは、メッセージにアクセスする方法が何種類か用意されています。また、Webex Settings からパーソナル グリーティングを作成してボイスメールの設定をカスタマイズすることもできます。

  • サイレント: 着信が取れない状況であることを発信者に知らせることができます。

  • コールパークと取得 (デスクトップアプリのみ): コールをパークして、別のデバイスからコールを取得することができます。

  • 通話履歴: 最近通話したユーザが表示されます。必要に応じて簡単に折返すことができます。Webex の通話アプリとWebex チームから直接コールされた番号が表示されます。着信があれば、不在中の着信でも、履歴で確認することができます。

  • BroadWorks Anywhere: デスクトップやその他の電話機で有効にすると、受信時にすべての電話機とデバイスで着信音が鳴ります。例えば、デスクから離れてもコールを見逃すことはありません。

音声・ビデオ設定

ヘッドセットとスピーカーの出力デバイスと入力デバイスを選択し、オーディオとビデオの必要性に応じて、それらを切り替えることができます。また、着信音、ビデオデバイス、ビデオのサイズを個人で選択することもできます。