ここでは、いくつかのコール機能を手軽に使用できます。

  • コール保留-アクティブなコールを保留にし、準備ができたらコールを再開することができるようになりました。 ビデオ コールの場合、コールが保留中にビデオがオフになります。

  • 電話会議—1 つのコールで複数のユーザーと話をすることができます。 他の人にダイヤルして、コールに追加することができます。 複数の電話回線を使用している場合、2 つの回線で 2 つのコールに参加することができます。

  • コール転送—組織内の他のユーザーにコールを転送することができます。 コールを転送すると、相手が応答するまで、元のコールを継続することができます。 こうすることで、コールから自分を削除する前に、他の人とプライベートに話すことができます。

  • コール転送—着信したコールを他の番号の 1 つに転送することができます (例えば、自宅または携帯電話)。 電話の任意の回線から別の番号にコールを転送することができます。 コール転送は電話回線固有のものです。 コール転送が有効になっていない回線にコールが到着した場合、コールは通常通りに鳴ります。

  • コール プル—1 つのデバイス上のアプリから別のデバイスのアプリにコールを移動することができます。 たとえば、作業をしながらモバイル アプリでコールすることができます。 オフィスに到着したら、モバイル アプリからデスクトップ アプリへのコールをプルして、そこで会話を続けることができます。

  • ボイスメール—コール履歴には、待機しているボイスメールメッセージの数が表示されます。 デスクトップおよびモバイル アプリからいつでもメッセージを聞くことができますが、デスクトップ アプリでは、それらにアクセスするためのいくつかの異なる方法が提供されます。 個人の挨拶文を作成し、Webex 設定からボイスメールの設定をカスタマイズすることもできます。

  • 応答不可—取り込み中であることを発信者に知らせることができます。

  • コール パークと取得 (デスクトップアプリのみ) —コールをパークし、別のデバイスからコールを受け取ることができます。

  • コール履歴—最後に話した人を確認し、必要に応じて、コールバックを簡単にすることができます。 Webex Calling アプリと Webex Teams から直接発信した番号が表示されます。 誰かがあなたに発信した場合、とり逃したとしても、ここにコールが表示されます。

  • BroadWorks Anywhere —デスクトップおよびその他の電話で有効になっている場合、コールを受信すると、すべての電話とデバイスが鳴ります。たとえば、デスクから離れているときに、コールをとり逃してしまいます。

音声/ビデオ設定

ヘッドセットとスピーカーの出力と入力デバイスを選択して、その時点での音声とビデオのニーズに応じて切り替えることができます。 また、着信音、ビデオ デバイス、ビデオのサイズを選択することもできます。