Webex Calling で利用できるようになった主な更新をご覧ください。

11 月

2023年11月16日。

Calling ユーザー ポータルのエグゼクティブおよびエグゼクティブ アシスタントの設定は、Control Hub で利用できます

管理者は、Calling ユーザー ポータルにクロス起動することなく、Control Hub でユーザーをエグゼクティブまたはエグゼクティブ アシスタントとして直接設定できます。

詳細については、「ユーザーのエグゼクティブまたはエグゼクティブ アシスタント サービスの設定」を参照してください

2023年11月15日。

PSTN コールの外部アクセス コードを強制

Webex Calling 管理者は、外部コールを発信する前に、Webex Calling ユーザーが発信ダイヤル番号にダイヤルする必要がある設定トグルを有効にできます。

詳細については、「Webex Calling ダイヤル プランの設定」を参照してください。

2023年11月7日。

Webex Calling 分析の詳細な通話履歴ダッシュボードの 応答済み通話 KPI の問題を修正しました

Webex Calling 分析の詳細な通話履歴ダッシュボードの応答済み通話 KPIの修正をリリースしました。 モバイル デバイスのユーザーの場合、コールに応答したときに含まれる追加の通知レコードは、レコードの総数にはカウントされません。 この変更により、応答コールのKPIが若干調整される場合があります。

2023年11月1日。

監視対象回線がセカンダリ デバイスに表示されます。

プライマリ デバイスに加えて、セカンダリ デバイスの回線キー テンプレートに基づいて監視回線を表示します。

詳細については、「他のユーザーの回線ステータスとコール パーク内線を監視する」、「Control Hub で Cisco MPP デバイスのレイアウトを構成する」、「Control Hub で回線キー割り当てを構成および管理する」、「Webex Calling でデバイス設定を構成および変更する」を参照してください。

10 月

2023年10月31日。

Webex Go と AT&T

Webex Go with AT&T は、Webex Calling と AT&T ネットワークを統合し、比類のないモビリティ エクスペリエンスを提供します。 Webex Go with AT&T は、Webex エンタープライズグレードの通話機能を AT&T が提供するデータプランと携帯電話に、すべての Webex コミュニケーションのアイデンティティとなる単一のビジネス電話番号を通じて拡張します。 携帯電話のネイティブダイヤラーを使用して通話を発信および受信し、外出先でも接続できます。 すべてのコールは、AT&Tの安全で高速で信頼性の高い5Gの全国ネットワークを通じてルーティングされ、モバイルデバイスでコールを発信および受信するときに明確な音声品質を提供します。

Calling ユーザー ポータルのユーザー設定は、Control Hub で利用できます

管理者は、Calling ユーザー ポータルにクロス起動することなく、直接Control Hubで次のユーザー設定を構成できます。

  • 同時リング

  • シングルナンバーリーチ

  • リダイレクトされたコールの接続回線 ID のプライバシー

  • ホテリング

  • 仮想回線のタイムゾーン

詳細については、「ユーザーの同時呼び出しを設定する」、「シングル ナンバー リーチ (Office anywhere) を設定する」、「ユーザーとワークスペースの発信者 ID オプションを指定する」、「Control Hub でのホテリング」、「仮想回線を使用した Webex Calling でのマルチ回線サポート」を参照してください

Unified Communication Manager から Webex Calling Migrations Insights へのプロビジョニング移行

Webex Calling への移行を準備するときに、Unified Communication Manager のユーザー、デバイスの適格性、デバイス プール番号、および技術およびビジネスの意思決定で使用されるその他のデータに関するレポートを生成します。

詳細については、「移行インサイト」を参照してください。

エンタープライズの重要な番号が Control Hub で表示できるようになりました

ロケーション ルーティング プレフィックスが組織に対して設定されている場合、Control Hub はユーザーの内線ではなく、ロケーションのルーティング プレフィックスとユーザーの内線から成るエンタープライズ重要番号 (ESN) を表示します。

詳細については、「Webex Calling ダイヤル プランを構成する」および「Control Hub で電話番号を管理する」を参照してください。

デバイスを削除すると、デバイスがアクティベーション状態にリセットされます。

デバイスを削除すると、 Webex Callingはデバイスに初期設定へのリセットを実行し、デバイスはアクティベーション状態に戻ります。 デバイスは新しいアクティベーション要求の準備ができています。

詳細については、「Webex Calling マルチプラットフォーム電話機を初期設定にリセットする」、「デバイスの削除」、「Control Hub の組織からユーザーを削除する」、「共有デバイスとサービスをワークスペースに追加する(ワークスペースを削除する)」を参照してください。

2023年10月30日。

Webex Calling エンゲージメントと品質レポートの終了

Webex Calling のエンゲージメントと品質レポートは 2023 年 12 月 1 日に終了します。 新しい Webex Calling メディア品質レポートを使用して、コール レッグの通話品質と使用情報を取得できます。

Webex Calling の詳細な通話履歴レポートの新しいフィールド

Webex Callingの詳細な通話履歴レポートは、次のフィールドで更新されます。

  • 呼び出し時間

  • リリース時間

  • 回答インジケーター

  • 最終ローカル セッションID

  • 最後のリモートセッションID

これらの新しいフィールドは、コール転送が発生したタイミングを特定することで、顧客を支援するのに役立ちます。これにより、関連するレコードを例示して必要な情報を簡単に見つけることができます。

Webex Calling の詳細な通話履歴レポートの新しい API パラメータ

Webex Callingの詳細な通話履歴レポートは、次の API パラメータで更新されます。

  • 呼び出し時間

  • リリース時間

  • 回答インジケーター

  • 最終ローカル セッションID

  • 最後のリモートセッションID

詳細については、「Webex Calling 詳細通話履歴レポート」および「Webex Calling API パラメータ」を参照してください。

Unified Communications Manager から Webex Calling 移行ツールの強化

移行ツールの機能強化には、デバイスの取得、デバイスの適格性の識別、デバイスの一括追加が含まれます。 さらに、このツールは、Unified Communications Manager データからのコール キューとハント グループの作成をサポートするようになりました。

詳細については、「移行デバイス、通話キュー、およびハント グループ」を参照してください。

2023年10月27日。

Webex Calling市場拡大

Webex Calling はこれらの国にプレゼンスを拡大します。

  • カメルーン

  • コートドルボワール

  • イラク

  • モザンビーク

  • トルクメニスタン

  • タンザニア

  • ウガンダ

  • ザミビア

詳細は次のサイトを参照してください。 Webexはどこで利用できますか?を選択します。

MAC アドレスを使用してデバイスを検索するための API

Webex Callingユーザーは、developer.webex.comのMACアドレスでデバイスを検索できます。

2023年10月18日。

Webex Calling の法的保留と eDiscovery

eDiscovery 検索と抽出により、リーガルホールドを使用して Webex Calling CDR を保存できます。 Legal Hold には Pro Pack アドオンが必要です。

eDiscovery 検索と抽出を通じて、Webex Calling CDR を検索し、eDiscovery レポートに含めることができます。 90 日以前にコンプライアンス データを検索するには、Pro Pack アドオンが必要です。

詳細については、「Webex Calling コンテンツの規制コンプライアンスを確認する」、「法的保留のコンプライアンスデータを管理する」、「eDiscovery レポートを理解する」、および「Pro Pack For Control Hub」を参照してください。

2023年10月11日。

Cisco Calling プランは、着信無料通話サービスを提供しています

米国およびカナダの Cisco Calling プランの一部として、着信無料通話サービスが利用できるようになりました。 Webex Calling と Webex Contact Center の両方でこのサービスを使用します。

各インバウンドフリーダイヤル番号は、250インバウンド分が付属しており、超過分は1分あたりの料金で請求されます。 既存のサブスクリプションが変更され、着信フリーダイヤル番号の注文とポートが有効になります。 標準の電話番号と同様に、Control Hub 内の注文番号またはポート番号。

詳細については、「Cisco Calling プランの使用を開始する」、「Cisco Calling プラン請求書」、「Cisco Calling プラン番号ポリシー」、および Webex Calling のトールフリーおよび非地理的番号のサポート」を参照してください。

2023年10月9日。

通話スケジュールの一括更新のサポート

複数の場所にわたるスケジュールの更新は、現在、退屈な手動のプロセスです。 この機能は、同時に複数のロケーションに対するスケジュールの適用をサポートしています。

詳細については、「Control Hub でスケジュールの作成と設定」を参照してください

2023年10月4日。

Webex Calling ロケーション間の内線ダイヤルを許可

Webex Calling 管理者は、ユーザーが内線番号をダイヤルして別のロケーションの個人に連絡できるかどうかを判断するためのポリシーを設定できます。 このオプションはデフォルトで有効になっています。 ロケーション間で内線が重複していない場合は、オプションを有効のままにします。 重複する内線が別の場所に存在する場合は、このオプションを無効にします。 無効にすると、発信者はエンタープライズ重要番号 (ルーティング プレフィックス + 内線) をダイヤルして、他のロケーションのユーザに到達する必要があります。

詳細については、「Webex Calling ダイヤル プランの設定」を参照してください。

9 月

2023年9月25日。

ユーザーレベルでの保留音のサポート

保留音は現在、ロケーションの一部であるすべてのユーザーが音楽を継承するロケーションで使用できます。 この機能を使用すると、管理者は個々のユーザーに保留中の音楽をプロビジョニングできます。

詳細については、「Control Hub から保留音設定を構成する」を参照してください

2023年9月22日。

Callingユーザーポータルのすべてのコール設定は、ユーザーハブ(新しいエンドユーザーポータル)で利用できます。

直感的で簡素化されたエクスペリエンスを提供するために、Calling ユーザー ポータルで使用可能なすべての通話設定を、ユーザー ハブ と呼ばれる新しい統合ポータルに統合しました。 ユーザは、ユーザ ハブから次の通話設定にアクセスして設定できます。


settings.webex.comからCallingユーザーポータルへのクロスローンチ操作はまもなく削除されます。

2023年9月20日。

Webex Callingサイトの存続性とローカル ゲートウェイの共存

この機能により、単一の IOS-XE プラットフォーム上の Webex Calling サイト サバイバビリティとローカル ゲートウェイの同時操作(共存)が可能になります。 管理者は、ゲートウェイを「SGW (サイト サバイバビリティ ゲートウェイ)」として Control Hub にオンボードし、通常のクラウド接続操作中はローカルゲートウェイとして、WAN (またはクラウド) 停止中はサイト サバイバビリティ ゲートウェイとして設定します。 これにより、エンドカスタマーの総所有コストが大幅に削減され、ゲートウェイが 1 つだけ設定されて管理されるため、管理経費も削減できます。

詳細は、「Cisco IOS 管理対象ゲートウェイでのローカルゲートウェイとサイト サバイバビリティのコロケーション」を参照してください。

2023年9月14日。

Calling ユーザー ポータルの一部のユーザー設定は、Control Hub で利用できます

管理者は、Calling ユーザー ポータルにクロス起動することなく、直接Control Hubで次のユーザー設定を構成できます。

  • 優先アラート

  • シーケンシャル リング

  • 選択して着信を承認する

  • 選択して着信を拒否する

  • 選択して着信を転送する

詳細については、「ユーザに優先アラートを設定する」、「ユーザにシーケンシャルリングを設定する」、「ユーザに対する選択的着信拒否を設定する」、「ユーザに対する選択的着信拒否を設定する」、「ユーザに対する選択的着信転送を設定する」を参照してください。

2023年9月12日。

サードパーティのDECTデバイスのサポート

この機能により、W52B、W56B、W60B、W70BなどYealink DECTモデルのサードパーティ製デバイスサポートが追加されます。

詳細については、「Webex Calling でサポートされるデバイス」を参照してください。

2023年9月11日。

MPP 電話機に対するファームウェア チャネル サポートを有効にする

この機能は、Control Hub を使って MPP ファームウェア アップグレードを自己管理するのに役立ちます。 この機能により、次のことが可能になります。

  • MPP ファームウェアの初期バージョンをテストします。

  • MPP ファームウェア チャネルでの MPP ファームウェアの本番リリースをコントロールする

詳細については、MPP ソフトウェア アップグレード チャネルを参照してください。

2023年9月9日。

専用インスタンス Day-0 オペレーション アシスタンスの Control Hub でのサービス要求

専用インスタンスをセットアップするために、DNS エントリとファイアウォールの更新のサービス アシスタンスを取得するためのサービス リクエストを作成できます。

詳細については、サービス要求の提起方法をご覧ください。

2023年9月7日。

ボイスメールの音声テキストで追加言語をサポート

ボイスメールの文字起こしサポートを英語に加えて、フランス語、ドイツ語、スペイン語に拡張します。

詳細については、Webex Calling のボイスメールの文字起こしを参照してください。

2023年9月5日。

内線のみのユーザーが 1 つのロケーションから別のロケーションに移動することを許可する

管理者は、ユーザー(Calling ユーザーと非通話ユーザーの両方)を ID、通話とボイスメールの設定に影響を与えることなく、1 つのロケーションから別のロケーションに移動できます。

詳細については、「ユーザーをある場所から別の場所に移動する」を参照してください。

8 月

2023年8月31日。

プロビジョニング API: デバイスのアクティベーション

Webex for Developers プラットフォームのデバイス アクティベーション API を通じてデバイスをアクティベートするためのサポートを追加します。

詳細については、「開発者向け Webex」を参照してください。

プロビジョニング API: デバイス設定回線キー テンプレート

Webex for Developers プラットフォームで回線キー テンプレートを管理するためのデバイス構成 API のサポートを追加します。

詳細については、「開発者向け Webex」を参照してください。

2023 年 8 月 16 日

Calling の詳細な通話履歴レポートの新しいコール ID フィールド

次のコール ID フィールドを [通話の詳細な通話履歴(Calling Detailed Call History)] レポートに追加して、発信通話レコードと終了通話レコードの間に関連付けることができます。

  • ローカル コール ID

  • リモート コール ID

  • ネットワーク コール ID

  • 関連コール ID

  • ユーザー番号

  • コールの結果

  • コールの結果の理由

詳細については、「Cloud Collaboration ポートフォリオ用のレポート」の「Calling の詳細な通話履歴レポート」セクションを参照してください。

2023 年 8 月 11 日

Webex Calling メディア品質レポート

Webex Calling メディア品質レポートで、音声ジッター、ビデオ パケット損失、使用されている接続など、コールレッグのメディア品質メトリックを確認できるようになりました。

詳細については、「クラウド コラボレーション ポートフォリオのレポート」および「Control Hub の Webex Calling メディア品質のトラブルシューティング」の「通話メディア品質レポート」セクションを参照してください。

詳細な通話履歴分析での新しいグローバル フィルタ

Calling 分析の [詳細な通話履歴] セクションに次のグローバル フィルタを追加しました。

  • ユーザー名

  • メール

  • エンドポイント タイプ

  • デバイス タイプ

詳細については、「Cloud Collaboration ポートフォリオ用のレポート」の「Calling の詳細な通話履歴レポート」セクションを参照してください。

2023 年 8 月 9 日

Webex Calling市場拡大

Webex Calling はこれらの国にプレゼンスを拡大します。

  • パプアニューギニア

  • 東ティモール

  • バヌアツ

  • ガイアナ

  • フィジー

詳細は次のサイトを参照してください。 Webexはどこで利用できますか?を選択します。

Calling ユーザー ポータルの一部のユーザー設定は、Control Hub で利用できます

管理者は、Calling ユーザー ポータルにクロス起動することなく、直接Control Hubで次のユーザー設定を構成できます。

  • スケジュール

  • コール通知

詳細は、「通話設定のスケジュールを作成する」および「ユーザーの着信通知を有効にする」を参照してください。

2023 年 8 月 7 日

仮想回線での通話録音

仮想回線のコール録音により、仮想回線上のコールを録音できます。 仮想回線で行われる会話はすべて録音され、後で使用できるように保存されます。 この機能により、重要なビジネス会話の記録を保持し、顧客とのやり取りを監視し、業界規制への準拠を確認できます。

詳細については、「Webex Calling ユーザーの通話録音を管理する」を参照してください。

2023年8月1日。

Polycom Sound Station IP 5000、6000 をWebex Callingに追加する

Webex Calling は、Control Hub の Cisco Managed デバイスとして Polycom Sound Station IP 5000 および 6000 を追加することをサポートしています。

詳細については、「Webex Calling 対応デバイス」を参照してください。

7 月

2023年7月31日。

カスタム連絡先グループリストの拡張

Webex Calling により、ハント グループなどのロケーション機能をカスタム連絡先グループ リストに追加できるようになりました。 リストはレセプショニスト クライアントに表示されます。

詳細については、開発者向け Webex を参照してください。

2023年7月28日。

Webex Calling市場拡大

Webex Calling はバングラデシュでのプレゼンスを拡大します。

詳細は次のサイトを参照してください。 Webexはどこで利用できますか?を選択します。

2023年7月26日。

Webex Calling API ドキュメント構造の改善

開発者が使いやすいように、Webex Calling API ドキュメントを再構成しました。 また、これらのAPIを使用してカスタムソリューションを構築するのに役立つ変更、既知の問題、および新しいツールを開発者に通知するためのコンテンツを追加しました。

詳細については、開発者向け Webex を参照してください。

2023年7月24日。

Calling ユーザー ポータルの一部のユーザー設定は、Control Hub で利用できます

管理者は、Calling ユーザー ポータルにクロス起動することなく、直接Control Hubで次のユーザー設定を構成できます。

  • 応答不可

  • 匿名コールの拒否

  • ユーザーとワークスペースの通話タイムゾーン

詳細については、「ユーザーの応答不可をオンにする」、「ユーザーの匿名通話を防止する」、「ユーザーとワークスペースデバイスのタイムゾーンを変更する」を参照してください。

2023年7月19日。

通話転送とビジュアル ボイスメールWebex Calling Chrome 用

発信する前にWebex Calling Chrome ユーザーは、打診転送とブラインド転送のオプションを使用して通話を転送できます。 これらのオプションを使用すると、通話を同僚またはモバイル デバイスに転送できます。

Webex Calling for Chrome はビジュアル ボイスメールも提供します。 デバイスでボイスメールが有効になっている場合Webex Callingで Chrome クライアントを使用すると、メッセージ待機インジケーターを使用して、受信したボイスメール メッセージを確認できます。 また、クライアントからいつでもメッセージを聞いたり、ボイスメールの議事録を確認したりできます。

詳細については、「Webex Calling for Chrome」および「Webex Calling for Chrome| リリースノート」を参照してください。

2023年7月17日。

通話処理に使用する優先デバイスを選択するAPI

Webexクライアントとハイブリッド作業環境の使用が増えるにつれて、エンドユーザーはAPIベースの通話処理を行う好みのデバイスを選ぶことができるようになっています。 この機能では、自動応答およびリモート コントロール強制応答に使用するデバイスを管理者またはエンドユーザが選択できるようになっています。

Cisco MPP ファームウェア 12.0.2

新しいファームウェアは、次の機能をサポートします。

  1. ホット デスキング機能のサポート88xxデスクトップIP電話。

  2. アドホック電話会議機能の参加者者を削除するための新しいソフトキー。

  3. Webexミーティングで、参加者の一覧表示、自分自身のミュート/ミュート解除のための新しいソフト キー88xxCisco 8875 を除く)

2023年7月14日。

コンプライアンス コール録音の通知

Webex Calling は、通話録音の「コンプライアンス通知」の再生に対応しました。 これは、PSTN からの着信コール、PSTN への発信コール、またはその両方に対して有効にできます。 この機能を有効にすると、Webex Callingはコンプライアンス メッセージを再生して、PSTN 側がコールを録音できることに気付いていることを確認します。 この機能を有効にすると、ユーザーレベルのアナウンスが上書きされます。 コールが転送、ピックアップ、または会議されると、PSTN パーティはコール録音の複数のアナウンスを聴きません。 ユーザーレベルのアナウンスは、PSTN 通話のみ、内部通話のみ、またはその両方に対して再生するようにアップグレードされます。 この変更により、内部コールのアナウンスを必要としない顧客は、コール中に再生されるアナウンスの数を最小限に抑えることができます。

詳細については、「Webex Calling の通話録音の管理」を参照してください。

Webex Calling市場拡大

Webex Calling はこれらの国にプレゼンスを拡大します。

  • カンボジア

  • ハイチ

  • ラオス人民民主共和国

  • モンゴル

ロケーションサブスクリプション ID の変更

管理者は、サポートチームに連絡することなく、Calling ライセンスを持つサブスクリプション間のロケーションを、保留中のサブスクリプションからアクティブなサブスクリプションに移動できるようになりました。

詳細については、「Control Hub から Cisco Calling プランのロケーション サブスクリプションを変更する」を参照してください。

2023 年 7 月 10 日

新しい自動応答アナウンス オプション

管理者は、 Webex Calling自動応答で使用するために、通知をアップロードできるようになりました。 アップロード後、管理者は Control Hub の自動応答設定中に必要なアナウンスを選択できます。

詳細については、Control Hub で自動アテンダントを管理する

2023 年 7 月 7 日

APIプロビジョニング: アナウンスリポジトリ

アナウンスとメディアの組織レベルのプールを管理者が作成するためのサポートを追加します。 詳細については、アナウンスリポジトリを参照してください。

2023 年 7 月 3 日

Webex Calling市場拡大

Webex Callingは、これらの国でのプレゼンスを拡大します。

  • ブータン

  • ミャンマー

  • ネパール

これらの国でWebex Callingを販売および展開できるようになりました。

  • アンゴラ

  • ケニア

詳細は次のサイトを参照してください。 Webexはどこで利用できますか?を選択します。

6 月

2023 年 6 月 30 日

Webex Callingロケーション管理者

Webex Callingに、ロケーション別の管理者を割り当てることができます。 Webex Callingサービス。 顧客管理者は、場所の範囲に基づいてさまざまな場所とユーザの機能を管理するために場所管理者を割り当てることができます。

詳細については、次を参照してください代理ロケーションの管理を選択します。

品質インサイトの品質Webex Calling管理者

管理者は、以下のシナリオで品質の問題と考えられる解決策について洞察を得ることができます。

  • 通話を通じてメディアがフローしない

  • メディアのパスの最適化を確立できません。

詳細については、次を参照してくださいControl Hub でWebex Callingのメディア品質をトラブルシューティングする

2023 年 6 月 27 日

MPP 8875 に対するWebex Callingホットデスキングのサポート

この機能は、通話機能を MPP デバイスの Webex ホットデスキング機能に統合します。 Hot Desking が有効になっているワークスペースに割り当てられた MPP を使用すると、ユーザはこのデバイスをパーソナルデバイスとして取得できます。 ホットデスキングされると、ユーザーのWebex MeetingsとWebex Calling機能がこのデバイスで利用できるようになります。 この機能は、 Webexホットデスキング機能を更新し、MPP デバイスに Meetings および Calling 機能を提供します。

詳細については、次を参照してくださいホット デスキングの設定および共有電話にサイン インする (ホット デスク)を選択します。

コール キューのエージェントダッシュボードを表示

この機能を使用すると、管理者はコール キューに属するすべてのエージェントとそのステータスを表示できます。 管理者は、次を実行することができます。参加/参加解除コール キューからのエージェントのステータス。

詳細については、次を参照してくださいコール キュー エージェントを管理するを選択します。

2023 年 6 月 5 日

レセプショニスト クライアントは、議題とモバイルに対応しましたWebex Calling

レセプショニスト クライアントは、 Active Directoryの顧客 (または同様の Cloud Directory サービス) のタイトルと携帯電話番号を表示します。

5 月

2023年5月24日。

Webex Calling専用インスタンスの存続可能性の強化

ネットワークの停止、またはクラウドの停止によってサイトのユーザーがWebex Calling専用インスタンスに接続することができなかった場合、サバイバビリティ強化ノードがコール ルーティングの責任を負います。 機能停止中、拡張サバイバビリティ ノードは機能停止を経験しているブランチ サイトのユーザーのすべての内部通話、PSTN、および緊急通話を処理します。

詳細については、「Webex Calling 専用インスタンスのサバイバビリティの強化」を参照してください。

2023 年 5 月 17 日

プロビジョニング API: デバイスのアクティベーション

端末アクティベーションのサポートを追加する。 このAPIを使用すると、管理者はWebex CallingデバイスをWebex Callingユーザーと場所に追加または削除できます。

詳細については、「デバイスの通話設定」を参照してください。

2023 年 5 月 13 日

Webex Calling CallCabinet をコール録音プロバイダーとしてサポートします

Webex Calling単一の組織の複数のコール レコーディング プロバイダーをサポートします。 CallCabinet 社は、 Webex Callingを選択します。 CallCabinet 社は、米国でホストされている組織に対してサポートされています。 他の地域の通話録音プロバイダーとしての CallCabinet 社のサポートは、段階的に行われます。

CallCabinet 社はクラウドネイティブな音声録音ソリューションで、カスタム ビジネス インテリジェンス レポート機能と品質保証の自動化機能により、将来にも対応可能な規制コンプライアンスと次世代の会話分析機能を提供します。 このソリューションを支える次世代 AI は、特殊な機械学習アルゴリズムを使用して、比類のないビジネス情報をリアルタイムで提供します。 CallCabinet 社は、無制限のクラウド ストレージ スペース、または顧客のオンプレミスのローカル ストレージに録音を移動するオプションを提供します。 このレコーディングソリューションは、 Cisco Commerce Workspace (CCW) から注文できます。

詳細については、次のサイトを参照してください。 Webex Callingユーザーの通話録音の管理および組織の通話録音を有効にするを選択します。

2023 年 5 月 9 日

Webex Callingのスパム対策 - コールをブロックする (ユーザー ブロック)

Webex Callingのユーザーと管理者は、PSTN 発信者からの番号をブロックすることで、スパム、電話勧誘業者、および嫌がらせ電話をブロックできます。 Webex Calling管理者は、Control Hub から番号をブロックすることができます。 Webex CallingユーザーはWebexアプリとCiscoデバイスから番号をブロックできます。

詳細については、次を参照してくださいインバウンド スパム コールのブロックおよびWebexアプリ|コールをブロックするを選択します。

2023 年 5 月 3 日

[コール キュー エージェントの統計情報(Call Queue Agent Statistics)] を表示するスーパーバイザ フィルタ

管理者は、スーパーバイザー フィルターを使用して、コール キュー エージェントを選択します。 フィルタリングされたデータをダウンロードし、スーパーバイザと共有します。

詳細については、「クラウド コラボレーション ポートフォリオのためのアナリティクス」を参照してください。

2023 年 5 月 2 日

一括CSV要求の最適化

ロケーションまたは組織または組織全体のユーザーの個別フィールドの更新をサポートするためのCSVエクスポートおよびインポート機能の最適化。

詳細については、次を参照してくださいユーザー コーリング データを管理するを選択します。

MPP および RoomOS デバイスでの通話のホット デスク

MPP および RoomOS デバイスの Webex Calling のホット デスキング機能をサポートします。

詳細については、次を参照してくださいWebex Calling機能のサポート マトリックス

アナウンス リポジトリのサポート

管理者は、組織レベルのアナウンス プールを作成できるようになりました。 後で、これらの通知をWebex Callingサービスで次のように利用できるようにすることができます。

  • 自動音声応答のグリーティング

  • コール キューのグリーティング

  • 保留時の音楽

  • ボイスメールなどのエンドユーザーのアナウンス

詳細については、次を参照してくださいアナウンスリポジトリを管理を選択します。

自分のキーの Bring (BYOK) とハイブリッド データ セキュリティ (HDS) のサポートWebex Calling

セキュアミーティングで BYOK と HDS 機能が利用できるようになりました。 Webex Callingボイスメール、ボイスメール トランスクリプト、ファックス メッセージなどのユーザー データ。 これらの高度なセキュリティ機能を有効にするには、Pro Pack for Control Hub アドインおよび管理者構成が必要です。 BYOK および HDS 構成(または Pro Pack)を使用しない場合は、 Ciscoキーでユーザー データのセキュリティを確保できます。 Webex Key Management System (KMS) は、デフォルトでWebexのセキュリティとプライバシーを強化するために、 Ciscoキーを管理します。

詳細については、次を参照してください顧客のメイン キーを管理するおよびWebexハイブリッド データ セキュリティを選択します。

4 月

2023 年 4 月 29 日

UC プロファイルと通話動作が Callingテンプレートの一部になりました

発信動作と UC プロファイルの設定がグループテンプレートで構成可能になり、組織内のグループ全体でオンプレミス通話の設定を構成できるようになりました。

メモ: 発信動作と UC プロファイル設定がグループテンプレートに追加され、一括CSVから削除されます。 エラーの発生を避けるために、新しいCSV (これらのフィールドなし) をダウンロードしてください。

詳細については、次を参照してください通話動作を設定およびCSVテンプレートで Control Hub に複数のユーザーを追加するを選択します。

内線はユーザー連絡先カードに表示されるようになりました

この機能を使用して、企業ユーザーは、システム内のすべての通話ユーザーに割り当てられた内線番号を確認できます。 以前は、内線が表示されない場合がありました。

詳細については、次を参照してくださいWebexアプリ ユーザーの通話オプションを設定するを選択します。

2023 年 4 月 28 日

ユーザーのホテリング主催者およびワークスペースの常時通話転送

Webex Calling Professional ライセンスのホテリング主催者を有効にできるようになりました。 この機能は、ワークスペースが Control Hub とデバイスで [常に着信転送] を設定することをサポートしています。

詳細については、次を参照してくださいControl Hub のホテリングおよびユーザーとワークスペースに着信転送を設定するを選択します。

2023年4月27日

復元するWebex Calling削除されたサービス

管理者が誤ってユーザーのコール ライセンスを削除した場合、管理者は 10 日以内にライセンスを再割り当てして、既存のサービスを確立できます。 管理者が誤ってコールサブスクリプション全体を削除した場合、管理者はすべてのコール設定が完全に削除されるまでサービスを復元するための 10 日間の猶予期間があります。

詳細については、次を参照してくださいキャンセルしたサブスクリプションを復元を選択します。

2023 年 4 月 26 日

レセプショニスト クライアントの [自動応答] オプションを有効にする

受付クライアントは自動応答機能をサポートしていません。 この機能により、受付クライアント ユーザーは、発信および着信コールの自動応答オプションをオンまたはオフにできます。 この機能は現在、米国とカナダでのみ使用可能です。

詳細については、次を参照してくださいレセプショニスト クライアントを使い始めるを選択します。

2023 年 4 月 17 日

ヘブライ語のプロンプトのサポートWebex Calling

ヘブライ語のサポートにより、イスラエルの顧客とそこに発信するユーザーは、ローカライズされたエクスペリエンスを持つことができます。

詳細については、次を参照してくださいWebexがサポートする言語を選択します。

2023年4月16日

Poly デバイスと Yealink デバイスの強化された機能サポート

すでに認定されている Poly デバイスに、次の機能のサポートを追加します。 Webex Calling

  • ホテリング

  • 複数名通話

  • エグゼクティブとエグゼクティブ アシスタント

  • 通話の録音

  • コール キュー

  • ローカル デバイスのスピード ダイヤル

詳細については、次を参照してくださいWebex Callingにおける Poly と Yealink のサポート

2023 年 4 月 11 日

API リクエストと応答内のWebex Calling API

今すぐ、お使いのコンピュータでWebex Calling API をサポートします。 サービスアプリを使い始めるには、次を参照してください。 Webexサービスアプリの使用を選択します。

2023 年 4 月 4 日

Webex Calling複数のコール録音プロバイダーをサポートします

Webex Calling単一の組織の複数のコール レコーディング プロバイダーをサポートします。 イメージは、 Webex Callingを選択します。 Iチケットは米国でサポートされています。 その他の地域のコール録音プロバイダーとしての I引き続き、サポートは段階的に実施されます。

Isgicle は、分析機能の文字起こしと感情分析の機能を備えた、コンプライアンスに準拠した音声録音を提供するクラウドベースの音声録音ソリューションです。 I引き続き、Imセットクラウド上で無制限のストレージスペース、または、お客様のオンプレミスのローカルストレージに録画を移動するオプションを提供しています。 Isigle コール録音ライセンスを注文するには、 Cisco Commerce Workspace (CCW) を使用します。 管理者は、組織レベルで通話の録音プロバイダーを選択したり、特定のロケーションに対して通話の録音プロバイダーを選択したりできるようになりました。

詳細については、次のサイトを参照してください。 Webex Callingユーザーの通話録音を管理するおよび組織で通話録音を有効にする

3月

2023 年 3 月 31 日

Webex Calling Chrome 用

このエディションでは、すべての機能が追加され、プレビュー リリースで使用可能だった機能のすべてがサポートされています。

詳細については、次を参照してください。 ChromeWebex Callingリリース ノートおよびChromeWebex Callingを選択します。|

2023 年 3 月 22日

8875 の Webex Calling ホット デスク サポート

この機能は、MPP 8875 デバイスのWebexホットデスキング機能にコール機能を統合します。 ホット デスキングが有効な Workspace に割り当てられた MPP 8875 では、ユーザーはこのデバイスを個人用デバイスとして取得できます。 ホットデスクにすると、ユーザーの Webex Meetings および Webex Calling 機能がこのデバイスで利用できます。

詳細については、次を参照してください。ホット デスキングの設定および共有卓上電話を使用する (ホット デスキング)を選択します。

2023 年 3 月 21 日

Workspace の MPP デバイスでの統合通話履歴のサポート

現在、すべての MPP デバイスはWebex通話履歴を使用するように設定されていますが、MPP を使用するワークスペースはWebex通話履歴にアクセスできません。 MPP デバイスは、ワークスペース インスタンスに割り当てられるときを知り、ローカル通話履歴にフォールバックする必要があります。

詳細については、次のサイトを参照してください。 Cisco MPP デバイスで利用可能なWebex機能を選択します。

2023 年 3 月 17 日

MPP 8800 シリーズでのWebex Meetingsの統合

この機能により、MPP 8800 シリーズの電話機がWebex Meetings機能と統合されます。 MPP でのWebex Meetingsの機能のご紹介:

  • ミーティング参加ボタンをクリックして MPP 経由でWebexミーティングに参加する機能

  • ミーティング中の任意の時点で [ミーティング] メニューからミーティングに参加できます。

  • ミーティング中に保留、電話会議、転送などのテレフォニー機能を無効にする。

  • ミーティングの参加者を表示する機能。

詳細については、次のサイトを参照してください。 Ciscoビデオフォン 8875を選択します。

2023年3月5日

Control Hub のデバイスのロケーション フィルタリング

この機能により、管理者のエクスペリエンスが大幅に改善されました。 Webex Callingを選択します。 次の条件でデバイスタブをフィルタリングできます: Webex Callingロケーション。

2023 年 3 月 2 日

複数行のサポートWebex Calling仮想回線の使用

今日のマルチタスク環境では、Contact Center エージェントなどのパワーユーザーが複数の回線で通信する必要がある場合があります。 複数回線のサポートWebex Calling別の番号でコールを発信および受信できるため、ユーザーは効率的に 1 日を管理できます。 ユーザーは、1 箇所のデバイスに割り当てられたすべての回線を確認することができます。 各回線の通話設定を行います。たとえば、各回線に一意の発信者IDを設定し、メッセージ待機通知付きのボイスメールを設定できます。 仮想回線の有効化Webex Calling管理者は、ライセンスおよびユーザーIDまたはメール アドレスを必要とせずに回線を作成できます。 これらの回線は複数回線機能として、ユーザーのデバイスとWebexアプリに割り当てることができます。

詳細については、次のサイトを参照してください。仮想回線を使用したWebex Callingでの複数回線サポートを選択します。

複数回線全体の構成の有効化Webex Callingロケーション

Webex Calling管理者は、ユーザーの自宅の場所とは異なる場所に対して、ユーザーのデバイスおよびWebexアプリで共有回線および仮想回線を設定できます。 その回線を選択してコールが発信されると、そのコールは PSTN 接続から番号が属するロケーションに転送されます。

詳細については、次のサイトを参照してください。ロケーション間の共有回線および仮想回線の設定

Webex Callingは仮想内線範囲をサポートします

仮想内線範囲を使用すると、サードパーティのテレフォニー システムと統合するための設定が簡素化されます。 これにより、番号の範囲を使用してマッピングを定義し、ロケーションに関連付けられた PSTN に番号をプレフィックスしてルーティングするオプションが有効になります。

詳細については、「Control Hub の仮想内線構成」を参照してください。

2 月

2023 年 2 月 28 日

Webexロケーションの概念

Webexは、 Webexサービス全体で機能する新しいロケーション概念を組織内で導入します。 Webex管理者はユーザーとワークスペースをロケーションに割り当て、これらのロケーションを使用して組織全体を整理することができます。 特定のWebexサービスについて、ロケーションを使用して特定の設定を関連付けることができます。 この機能は異なる地域向けに段階的にロールアウトされます。

Cisco Webex ハイブリッド サービスを強化し、 Webex Calling追加フィールドを含む CDR

詳細通話レコードレポートは、コントロールハブに新しいフィールドが追加されました。 これにより、顧客はWebex Callingを選択します。 またサード パーティが自分のWebex Calling最適化されたツールを使用できます。

追加された新しいフィールドのリストは次のとおりです。

  1. ダイヤル番号

  2. リリース側

  3. 番号のリダイレクト

  4. ロケーションまたはサイト UUID

  5. 部署の UUID

  6. 転送関連のコールID

  7. 認証コード

詳細については、次を参照してくださいCloud Collaboration ポートフォリオ用のレポート

2023 年 2 月 21 日

サイトサバイバビリティWebex Calling

この機能により、 Webexへのネットワーク接続が切断した場合でも、ビジネスは常に到達可能です。 サイト サバイバビリティでは、ローカル ネットワークでルーターをサバイバビリティ ゲートウェイとして採用し、サイトのエンドポイントにフォールバック通話サービスを提供する機能を使用します。 ネットワーク接続によってWebexに到達できない場合でも、オンサイトのエンドポイントが Survivability Gateway を通じて通話を受発信できます。

この機能は、Unified Communications Manager の Unified SRSTと共存できます。 両方のシステムのエンドポイントは、同じゲートウェイに登録し、互いにコールを発信でき、停止中に共通の PSTN トランクを使用することができます。

詳細については、次のサイトを参照してください。 Webex Callingのサイト存続可能性を選択します。

2023 年 2 月 9 日

CSV のプロビジョニング: コール パーク

CSVを使用したコール パークのサポートの追加コントロールハブを選択します。 この機能はパートナーと顧客が利用できます。

詳細については、次のサイトを参照してください。 Control Hub のコール パークを選択します。

2023 年 2 月 2 日

専用インスタンス用のディレクトリ サービス サポート

この機能では、クラウドから、 Cisco Unified Communications ManagerやCisco Unity Connectionなどのオンプレミスまたはクラウド UC インフラストラクチャにユーザーを同期し、管理することができます。 Webex Calling専用インスタンス ディレクトリ サービス。 同期中、システムはユーザーのリストと関連するユーザー データを Azure Active Directory (または同様の Cloud Directory サービス)からWebexアイデンティティ サービスにインポートします。

詳細については、次のサイトを参照してください。専用インスタンスでのディレクトリ サービスのサポートを選択します。

1 月

2023 年 1 月 31 日

レセプショニスト クライアントはAPI経由でのカスタム グループの作成に対応しました

新しい API により、レセプショニスト クライアントは組織の通話を迅速に処理して管理するために使用できるカスタム グループを作成できます。

詳細については、次のサイトを参照してください。リソースページを選択します。

ユーザーの同期:コントロールハブ専用インスタンスへ (南行き同期)

この機能は、次の機能を提供します。

  1. クラウドベースの LDAP インテグレーション (Azure) のサポートコントロールハブ

  2. オンプレミスの AD から同期されるユーザーコントロールハブディレクトリ同期またはクラウド LDAP から、専用インスタンスに同期できます。

2023 年 1 月 30 日

Microsoft Teams 版 Webex Calling インテグレーションで専用インスタンスを使う

ワークフローを中断したり、アプリケーションを切り替えたりすることなく、 Microsoft Teams 内に専用インスタンスへの通話をシームレスに配置します。

詳細については、次のサイトを参照してください。専用インスタンス向けMicrosoft Teams とWebex Call のインテグレーションを選択します。

2023 年 1 月 27 日

アンチスパム ミティグレーション: 着信コールのブロック

Webex Calling管理者は使用できますコントロールハブPSTN 発信者からのスパム、電話勧誘業者、および嫌がらせ電話をブロックします。

詳細については、次のサイトを参照してください。通話ブロック一覧をセットアップを選択します。

2023 年 1 月 23 日

Webexゲートウェイの管理:コントロールハブ

このCisco IOSでは、コントロールハブを選択します。 ゲートウェイ管理コネクタは、コントロールハブとゲートウェイが追加され、次の場所からゲートウェイのステータスを監視し、メンテナンス タスクを実行できます。コントロールハブを選択します。 これには、次のような利点があります。

  • ゲートウェイ サービスのプロビジョニングを簡素化

  • 簡素化されたゲートウェイのメンテナンスコントロールハブインターフェイス

  • Cisco TACへの依存の低減

詳細については、次のサイトを参照してください。 Cisco IOS管理ゲートウェイをWebex Cloud に登録する管理対象ゲートウェイへのサービスの割り当て Control Hub を使用してCiscoローカル ゲートウェイ構成を検証するを選択します。

2023 年 1 月 19 日

共有ライン アピアランスでのユーザーのコールブリッジ

共有コール アピアランスを使用されているユーザーは、同じ共有回線アピアランスにあるアクティブなコールにブリッジできます。 MPP デバイスを使用しているユーザは、プログラム可能なソフトキーを使用して共有ライン アピアランスからコールにブリッジできます。 Webexアプリでは、ユーザーは機能アクティベーション コード (FAC) を使用して、通話にブリッジできます。

詳細については、次のサイトを参照してください。 Webexアプリの共有回線のアピアランス Webex Callingの機能をセットアップするマルチプラットフォーム デスク フォンの共有回線電話を選択します。

2023 年 1 月 17 日

コール パーク機能のエクスペリエンスの改善Webex Calling

コール パーク機能の機能強化により、管理者はコール パーク内線をコール パーク グループのパーク先として追加することができます。 この機能により、ユーザーはコール パーク内線を覚えて通話をパークする必要がないため、コール パークのエクスペリエンスがシンプルになります。 ユーザーが使用できるのは、グループ パーク通話をパークできるよう、卓上電話とWebexアプリの両方でオプションを選択します。

詳細については、次のサイトを参照してください。 Control Hub のコール パークを選択します。

2023 年 1 月 12 日

アドホック会議(3 者間通話)の強化

Webex Calling管理者は、電話会議主催者が電話会議から退席する際のアドホック会議の動作を定義できます。 この設定が有効になっている場合、主催者が電話会議からドロップ アウトし、他の参加者を除いて、電話会議は継続されます。 この設定を無効にすると、主催者が退出したときに電話会議がドロップされます。

詳細については、次のサイトを参照してください。アドホック電話会議の終了の制御を選択します。

2023 年 1 月 8 日

専用インスタンスでのサイレント同期 (DND) のサポート

タスクに集中する時間が必要な場合や、仕事をしない時間が必要な場合は、 Webexアプリまたは電話から DND を有効にして、Calling とメッセージングの通知を一時停止します。 ユーザーが電話機で DND を有効にすると、この状態はユーザーのWebexアプリと統合されます。 そのため、このオプションは通話とメッセージ通知を一時停止します。 準備ができると、ユーザーはWebexアプリまたは電話機からサイレントを無効にできます。 DND オプションを無効にすると、すべてのデバイスで通話とメッセージング通知が再開されます。

12 月

2022 年 12 月 16 日

リボンコア SBC のサポートWebex Callingローカル ゲートウェイ

リボンコアセッションのボーダーコントローラーは、次での使用が検証されています。 Webex Callingプレミスベースの PSTN 用の承認されたローカル ゲートウェイ (LGW) として。

詳細については、次のサードパーティの SBC サポート セクションを参照してください。 Webex Callingのトランク、ルート グループ、ダイヤル プランを構成するを選択します。

以下に対してカスタマイズされた回線ラベルのサポートWebex CallingミーティングとWebexアプリ

MPP デバイスとWebexアプリの回線ラベルに、カスタマイズした回線テキストを使用できるようになりました。

詳細については、次のサイトを参照してください。 Webex Callingデバイスの構成と管理を選択します。

デバイス移行のオンボード エクスペリエンスを改善しました

デバイス追加フローまたはデバイス移行フローのいずれかからファームウェア移行を開始します。 また、MPP 移行ライセンスを有効にして、後でWebex Callingを選択します。

詳細については、次のサイトを参照してください。電話をWebex Callingに移行するを選択します。

2022 年 12 月 9 日

Webexアプリで共有回線のアピアランスをサポート

この機能により、コントロールハブ管理者は、共有回線のアピアランスをエンド ユーザーのWebexアプリに割り当て、次の機能を提供します。

  • Webexアプリで割り当て可能な固定数の回線をサポートします。

  • Webexアプリで (MPP 電話のように) 共有回線のアピアランスとして他のユーザーの回線をプロビジョニングする機能。

詳細については、次を参照してください。 Webexアプリの共有回線のアピアランスを選択します。

専用インスタンスでの通話プレゼンス同期のサポート

この機能を使うと、卓上電話のオン通話のステータスがWebexアプリと同期されるため、同僚はWebexアプリであなたの卓上電話のステータスを確認できます。 通話中にプレゼンス ステータスが [通話中] に変わります。 このステータスは、通話が終了すると応答可能に戻ります。

詳細については、次を参照してください。専用インスタンスでの通話のプレゼンス同期

Webex Calling 組織設定

管理者にはWebex API機能が必要になり、顧客の組織の設定を取得または変更することができます。 このAPIにより、パートナー管理者はWebex Callingカスタマイズすることができます。

詳細については、こちらをクリックしてください。

2022 年 12 月 8 日

通話キュー、ハント グループ、エグゼクティブ - アシスタントから通話のリダイレクトを特定する

この機能により、 Webexアプリのユーザーは通話履歴を確認し、ハント グループと通話キューからの着信を区別できます。 エグゼクティブとアシスタントはWebexアプリのエグゼクティブ アシスタント機能を使用して通話履歴を表示し、エグゼクティブまたはアシスタントが着信通話に応答したかを確認できます。

2022 年 12 月 6 日

Webex Calling Chrome 版 (プレビュー)

Webex Calling Chrome 版の場合、ユーザーはWebex Callingエクスペリエンスを直接 Chrome ブラウザから開くことができます。別のデスクトップアプリケーションは必要ありません。 Chrome ウェブストアの拡張機能として近日中にリリースされる予定です。 Webex Calling for Chrome では、直観的なブラウザベースのソフトフォンを通じて強力なエンタープライズ通話機能一式を提供します。 フローティングWebex Calling for Chrome ソフトフォンは、デスクトップアプリケーションのような外観と操作感で、クリックしてコール、内線ダイヤル、ディレクトリ統合、ライブプレゼンスなど、必要なエンタープライズグレードのコーリング機能をChrome 拡張機能を介して提供します。を選択します。

これはプレビューリリースです。

詳細については、リリース、および機能サポートについてを参照してください。 ChromeWebex Calling|リリース ノートおよびChromeWebex Calling (プレビュー リリース)を選択します。

米国およびカナダのCisco Calling プラン顧客向けビジネス テキスト

ビジネス テキストWebex Callingは、顧客、パートナー、およびサプライヤに個人間のテキストメッセージを送信するための安全で準拠した方法です。 ビジネス テキスト送信はWebexアプリ のエクスペリエンス全体にシームレスに統合されているため、ユーザーは使い慣れた使い慣れた環境で、アプリケーションを切り替えることなく簡単にテキスト メッセージを送受信できます。

詳細については、次を参照してください。ビジネステキストを有効にする Webexアプリ|テキストメッセージを送信するおよびWebexアプリ|テキストメッセージを選択します。

2022 年 12 月 5 日

AudioCodes SBC のサポートWebex Callingローカル ゲートウェイ

AudioCodes Session Border Controllers は、次での使用が検証されていますWebex Callingプレミスベースの PSTN 用の承認されたローカル ゲートウェイ (LGW) として。

詳細については、次のサードパーティの SBC サポート セクションを参照してください。 Webex Callingのトランク、ルート グループ、ダイヤル プランを構成するを選択します。

Webex Calling分析 - ほぼリアルタイムの詳細な通話レコード配信

Details Call Records APIを使用すると、コールの終了から 5 分以内にコール レコードを照会することができます。 Webex Calling展開。 このデータは内部レポート、サードパーティツールとの統合、分析、監視に使用しますWebex Calling通話をほぼリアルタイムに発信します。

詳細については、次のサイトを参照してください。リソースページを選択します。

2022 年 12 月 2 日

Webex Calling市場拡大

拡張機能のプレゼンスWebex Calling :

  • レバノン

  • モナコ

  • モーリシャス

詳細は次のサイトを参照してください。 Webexはどこで利用できますか?を選択します。

プロビジョニングAPIの機能強化 - ロケーション間での数字の移動

管理者がロケーション間で番号を移動できるサポートの追加。 このAPIを使用すると、ロケーションを変更した後でも番号を保持できます。

Webex Calling API の詳細については、ここをクリックしてください。

韓国のメディア PoP

Webex Calling韓国での Media Point of Presence (PoP) が開始され、韓国の顧客にローカル メディアが提供されました。 これにより、低遅延と通話品質の向上が実現します。また、Cisco は韓国を重要な成長市場としてWebex Callingを選択します。

2022 年 12 月 1 日

企業の電話機の自動ファームウェア移行のトリガー

エンタープライズから MPP へのファームウェア移行を自動トリガーする機能を使用コントロールハブ(Cloud Connected UC 経由)。

詳細については、次のサイトを参照してください。電話をWebex Callingに移行を選択します。

11 月

2022 年 11 月 29 日

Webex Go

Webex Go はモバイルに最適化されたコラボレーション体験であり、 Webex Callingエンド ユーザーの携帯電話のネイティブのダイヤラーに送信されます。 アドオンとして利用できますWebex Calling米国と英国の顧客。

詳細については、次のサイトを参照してください。 Webex Goを選択します。

Webex Go: Webexアプリでの通話中のエクスペリエンスを改善

ミュート、3 者間通話、保留、再開などの通話中機能は、内蔵のダイヤラー インターフェイスから使用できます。 携帯電話にWebexアプリ 42.9 以降を搭載しているWebex Go ユーザーは、 Webexアプリを使用して、進行中のWebex Go 通話を管理できます。

詳細については、次のサイトを参照してください。携帯電話でWebex Go を使用するを選択します。

顧客管理デバイス - 追加機能と汎用デバイスのサポート

顧客管理デバイスをユーザ プロファイルに割り当てる機能、共有回線の追加許可、汎用デバイスプロファイルの追加などの機能の有効化 。

詳細については、次のサイトを参照してください。顧客管理デバイスの追加を選択します。

デジタル FAX パートナー ソリューションのサポート

Webex Callingパートナーのデジタル FAX ソリューションをサポートします。これは次の方法で構成されます:コントロールハブを選択します。 信頼性が高く、安全で、使いやすいデジタル ファックス ソリューションを提供する I引き続き、I引き続き利用できます。

詳細については、次のサイトを参照してください。顧客管理デバイスの追加を選択します。

2022 年 11 月 22 日

Webex Callingがフランスの海外地域で利用可能になりました

拡張機能のプレゼンスWebex Calling :

  • フランス領ガーナ

  • グアドループ

  • マルティニク

  • メイヨット

  • レユニオン

  • サンピエール・ミクロン島

詳細は次のサイトを参照してください。 Webexはどこで利用できますか?を選択します。

2022 年 11 月 3 日

VG420 ATA デバイスを認証します。 Webex Calling

Cisco VG420 ATA は、以下のような要件に対応したフル管理された ATA オプションです。 Webex Calling最大 144 個のFXSポートを提供します。 Cisco VG420 は、大規模な企業およびキャンパス環境に密度の高いアナログ サービスを提供するために設計されたアンフェノラル コネクタによってアナログ サービスを提供するモジュール式 ATA です。

詳細については、次を参照してください。 Control Hub でのCisco Voice Gateway VG420/VG400 ATA の構成を選択します。

次の追加のデバイス設定の機能拡張Webex Calling MPP 電話

次の追加のデバイス設定の機能拡張Webex Calling MPP 電話、ATA、 Cisco DECTにより、管理設定ソリューションを改善できます。 また、840/860 Wifi 電話用に新しいデバイス設定タブが追加されています。

詳細については、次を参照してください。 Webex Callingでのデバイス設定と変更を選択します。

2022 年 11 月 1 日

ユーザーの管理でフルスクリーン表示

全画面のエクスペリエンスはコントロールハブが 10 月 18 日以降、管理者のデフォルトのエクスペリエンスとして設定されるようになりました。

Webexアプリとデバイス全体で一貫してワークスペースのデバイスを検索

この機能により、ワークスペースのデバイスの検索を実行する際に、 Webexアプリとデバイスで一貫したエクスペリエンスが提供されます。

10 月

2022 年 10 月 31 日

Cisco MPP 8875 のサポートWebex Calling

新しい MPP 8875 ビデオ電話には次の機能があります。

  • リッチWebex Calling機能のサポート

  • 再起動やリモート PRT などの有用性機能のためのWebex Cloud のオンボーディング

  • 最初のボタン 1 つでWebex Meetingsとのインテグレーションを行い、参加者リストの参加者と表示を行います。

  • Webexディレクトリ検索

  • Webex 統合通話履歴

詳細については、次を参照してください。 Webex Calling対応デバイス Ciscoビデオフォン 8875を選択します。

2022 年 10 月 28 日

Oracle SBC のサポートWebex Callingローカル ゲートウェイ

Oracle Session Border Controller は、 Webex Callingプレミスベースの PSTN 用の承認されたローカル ゲートウェイ (LGW) として。

詳細については、 Webex Callingのトランク、ルート グループ、ダイヤル プランを構成するを選択します。

2022/10/26

Webex ビデオ デバイスのネイティブな Webex Calling 登録

この機能により、 Webexビデオ デバイス (Desk Pro/Hub、Room Systems) をネイティブに登録できます。 通話中を含む T Webex Calling保留または再開、転送、電話会議などの機能があります。

詳細については、次を参照してください。 Webex Calling対応デバイスおよびWebex Calling機能のサポート マトリックスを選択します。

2022 年 10 月 25 日

グループ通話管理

グループ通話管理機能セットを利用できるようになりました。 簡単にセットアップて使用できる無料のコールセンター機能。 高度な通話キュー機能は、通話量の多いチーム コール処理サービスを簡単かつ低コストでサポートできます。 Webex Callingを選択します。

詳細については、次を参照してください。グループ通話の管理の概要を選択します。

以下は、一連の通話キュー機能です。

  • エージェントが特定のコール キューに参加または参加解除することを許可する

    この機能により、管理者はエージェントが通話をサービスするように通話キューを構成したり、利用可能なときに通話をサービスする特定のキューを選択したりすることができます。

    詳細については、次のサイトを参照してください。コール キュー エージェントを管理するを選択します。

  • エージェントへの発信コールを手動で管理する

    管理者は、エージェントのデフォルトの発信コール動作 (通常の CLID またはキュー CLID) を設定できます。 エージェントは、顧客に発信し、コール キューから CLID を提示することができます。 これにより、エージェントの CLID が非表示になります。 顧客がキューにコールバックすると、対応できない特定のエージェントにつながる代わりに、適切なサービスが提供されます。

    詳細については、次のサイトを参照してください。コール キュー エージェントを管理するを選択します。

  • コール キューのその他のポリシー

    コール キューを休日や夜間のサービスで設定し、取り残されている通話を管理します。 組織がコール設定を管理する機能を提供します。

    詳細については、次のサイトを参照してください。通話キューポリシーを管理するを選択します。

  • コールキューのスキルベースのルーティング

    コール キューが、直線的、統一されたパターンなどの静的なパターンではなく、スキルに基づいてエージェントにコールを配信できるようにします。 これにより、顧客のリクエストに対応するのに最もスキルを持っているエージェントに顧客をルーティングすることができます。

    詳細については、次のサイトを参照してください。通話キューの作成と管理を選択します。

  • フルキューの IVR機能

    コール キューには、発信者とのコミュニケーションに関するさまざまなアナウンスが再生されます。 これらの通知は、コール センター キューの重要な部分です。 この機能は、 Call Whisper および Comfort Bypass 必要があります。

    詳細については、次のサイトを参照してください。コール キュー通知の管理を選択します。

  • スーパーバイザがエージェントの通話を引き継ぐ

    これにより、コール キューのスーパーバイザーは、割り当てられたエージェントが現在扱っている通話を引き継ぐことが可能になります。

    詳細については、次のサイトを参照してください。コール キュー スーパーバイザを管理するを選択します。

  • コール キューへのスーパーバイザーの導入

    コール キューにスーパーバイザーの概念を導入します。 通話キューのエージェントをスーパーバイザーと関連付けることができます。スーパーバイザーは、サイレントに通話を監視したり、通話に割り込んだりできます。

    詳細については、次のサイトを参照してください。コール キュー スーパーバイザを管理するを選択します。

  • コールバック機能の強化Webex Calling

    強化Webex Callingキューで待機している間に顧客にコールバック オプションを提供するキュー機能。 コールバックは、通話の待ち時間が一定のしきい値を超えた場合に、顧客が利用できるオプションです。 お客様はコールバックするか、仮想キューに入るかを選択できます。 顧客がキューに入ると、システムは顧客にコールバックし、応答可能なエージェントに接続します。

    詳細については、次のサイトを参照してください。コール キューの通話を管理する

2022 年 10 月 21 日

CUPのマイ連絡先をWebexアプリに移行

Webex Webex Callingアプリ ユーザー (Broadsoft UC-One) は、 EOL サポート終了を選択します。 パートナーと顧客は、 CUPの連絡先の「マイ連絡先」をWebex連絡先サービスに移行する新しいプロセスを利用できます。これにより、 Webexアプリからアクセスできるようになります。

  1. へのメールの送信webexcalling-phd@cisco.com CUP連絡先のエクスポートをリクエストします。 メールには組織IDを含みます。

  2. エクスポートされた連絡先リストは、次の方法で連絡先をインポートするための指示とともに、要求者に csv ファイルとして提供されます。コントロールハブを選択します。

2022 年 10 月 18 日

Webex Calling の通話キュー分析とレポートが利用できるようになりました

放棄されたコール数、発信者がコール キューで待機して費やした平均時間、着信通話の総数など、組織でセットアップコール キューのデータを表示できるようになりました。

詳細については、次のサイトを参照してください。クラウド コラボレーション ポートフォリオの分析のコール キュー セクションおよび [ Webex Calling]セクションCloud Collaboration ポートフォリオ用のレポートをご覧ください。

通話機能 ダッシュボードコントロールハブ: 自動音声応答

営業時間中および営業時間後のコール数、自動アテンダントにルーティングされたコール数、1 日の中で最も多い時間など、組織内にセットアップ自動アテンダントのデータを表示することができます。

詳細については、次のサイトを参照してください。 Cloud Collaboration ポートフォリオの分析自動応答セクションおよび [ Webex Calling]セクションCloud Collaboration ポートフォリオ用のレポートをご覧ください。

ユーザーに全画面表示

現在、右側パネル(RHP) のエクスペリエンスコントロールハブは全画面表示に移行されます。 エクスペリエンスを新しいものに適合させるコントロールハブエクスペリエンスを提供し、ユーザーの通話機能を管理するための直感的なエクスペリエンスを提供します。

ファームウェア配信サーバ

新しいファームウェアサーバがWebex Callingインフラストラクチャを使用して、デバイスへのファームウェアのダウンロードを提供します。

詳細については、次のサイトを参照してください。ファームウェア配信サーバをご覧ください。

9 月

2022 年 9 月 30 日

Cisco MPP の回線キー管理の強化

既存のレイアウトの設定機能をベースにしたラインキーテンプレートは、新しい管理者のエクスペリエンスを提供し、回線キー テンプレート(多くのデバイスに適用できるレイアウト)を作成および管理できます。 新しいユーザ インターフェイスにより、管理者はCisco MPP モデルごとに複数のテンプレートを作成でき、組織およびロケーション レベルのデバイスにテンプレートを適用することができます。

  • MPPテンプレートレイアウトを作成、適用、表示、編集、複製、および削除する機能を追加します。

  • 既存の個別デバイスレイアウトからテンプレートを作成する機能を追加します。

  • MPP モデルごとに複数のテンプレートを使用できます。

  • MPP をデフォルトの状態に簡単に戻すことができます。

詳細は次のサイトを参照してください。 Control Hub でラインキー割り当てを構成し管理するを選択します。

2022 年 9 月 15 日

Webex Callingが中国で利用できるようになりました

拡張機能のプレゼンスWebex Calling中国を支社としてサポートすることができます。

詳細は次のサイトを参照してください。 Webexはどこで利用できますか?を選択します。

Webex Callingがさらに多くの国で利用可能になりました

拡張機能のプレゼンスWebex Calling :

  • ヨルダン

  • オマーン

  • パキスタン

詳細は次のサイトを参照してください。 Webexはどこで利用できますか?を選択します。

2022 年 9 月 13 日

MPP 電話でのWebex機能のインテグレーション

MPP デバイスでこれらの機能を有効にします。

  • Webex統合型通話履歴—MPP デバイスの通話履歴には、ユーザーのWebexデバイスとWebexアプリからの通話が表示されます。

  • Webexディレクトリ検索—MPP デバイスは、すべてのWebex連絡先を含むクラウド ディレクトリを検索します。

更新の詳細については、 MPP 電話でWebexディレクトリと統合通話履歴を有効にするを選択します。

2022 年 9 月 6 日火曜日

MPP ラインキーの LED パターンと通話履歴からのダイヤルの更新

この機能は MPPラインキーLED パターンのデフォルト設定を更新し、Ciscoのエンタープライズ電話で使用されるパターンに合わせます。 新しいパターンの詳細は文書化されていますリソースページについては、表 24–31 のプリセット 1 のパターンと色の列を参照してください。 影響を受けるのは、新しい組織と既存の組織で、デバイス設定機能を示します。 ミーティングを主催している組織は、デバイス設定新しい LED パターンを使用するには、デバイス設定を選択します。

この変更のロールアウトの詳細については、次を参照してください。 MPP 電話機の LED パターンと通話履歴の更新を選択します。

8 月

2022 年 8 月 24 日

プロビジョニングAPIの強化: コア ロケーション—Webexは、APIまたはシステムをWebex Callingプラットフォーム。 このAPIは、 Webex Calling場所を指定します。

Webex Calling API の詳細については、ここをクリックしてください。

2022 年 8 月 18 日木曜日

E911 アカウントの自動作成

米国、ヨーロッパ、およびカナダの顧客は、から直接、E911 アカウントを作成することができます。コントロールハブを選択します。 新しいウィザードベースのワークフローでは、E911 管理者ポータルサイトで管理者が実行する必要がある操作についての詳細が提供されます。 このフローにより、管理者は任意のステップで保存および終了し、後ですべての情報が利用可能になったときに再開することができます。 E911 アカウントをすでにお持ちのお客様は、既存の RedSky 管理者資格情報でログインすることができます。 E911 設定のステータス インジケータは、E911 設定における組織全体の進行状況を追跡します。

詳細については、次を参照してくださいWebex Callingの強化された緊急コールを選択します。

2022 年 8 月 16 日

今日では、すべてのワークスペースを作成して、デバイスに割り当てる必要があります。 ワークスペースは 1 回線のみをサポートするため、この自動デバイス割り当てにより、管理者はワークスペースを他のデバイス上の共有回線に割り当てることが困難になります。 この機能では、デバイスなしでワークスペースを作成し、その共有回線として他のデバイスに割り当てることができるようになりました。

詳細については、次のサイトを参照してください。共有デバイスとサービスを Workspace に追加するを選択します。

2022 年 8 月 15 日

利用可能な自動割り当てテンプレートを設定するコントロールハブ自動的にライセンスを新しいWebex Callingユーザ

以下で利用可能な自動割り当てテンプレートを使用するコントロールハブ新規ユーザーにライセンスを自動的に割り当てます。 手動、 CSVまたはActive Directory同期で追加されたユーザーにライセンスを割り当てることができます。 この要件により、管理者は新しく追加したユーザーにプロフェッショナル ライセンスを割り当てることができます。


この機能は現在、オーストラリア、カナダ、ヨーロッパの地域で利用可能です。

詳細については、次のサイトを参照してください。 Webex Callingユーザーの自動ライセンス割り当てテンプレートをセットアップするを選択します。

2022 年 8 月 1 日

サービス終了中Webex Calling Webexアプリ

レガシーを廃止しますWebex Calling以前の BroadSoft UC-One として知られているアプリ。 新しい顧客は、Ciscoの最新のコラボレーション イノベーションを提供するWebexアプリ エクスペリエンスにアクセスできます。 この更新は、上に展開される新しい顧客に適用されますWebex Callingこれは、Webex 通信事業者の顧客 (別名Webex通信事業者) には適用されません。

詳細については、次のサイトを参照してください。 BroadSoft UC-One ベースのWebex Callingアプリの販売終了とサポート終了のお知らせを選択します。

EUN データセンターでデフォルトでの新規顧客のプロビジョニング

新しい EMEAR 通話顧客 (英国の顧客を除く) をプロビジョニングするためのデフォルトのデータセンターが変更されました。 この正確な通話顧客は、以下の EU(英国)データセンター(LON/FRA)の代わりに、EUN データセンター(AMS/FRA)でプロビジョニングされます。 Webex Callingを選択します。 以前、この機能はオプションのトグルの背後にありました。 すべての新規新規英国の顧客は、デフォルトで引き続き EU(英国)データセンターでプロビジョニングされます。 パートナーおよび顧客が、EUN でデフォルトでプロビジョニングされることを希望せず、以前の動作を継続することを希望する場合、パートナー ヘルプデスクまたはパートナーに連絡する必要があります。

詳細については、「欧州連合の Webex Calling データ センター」を参照してください。

7 月

2022 年 7 月 27 日

Cisco 840/860 ワイヤレスハンドセットを統合するWebex Calling

Webex Callingプラットフォームでは、 Cisco 840 および 860 ワイヤレス ハンドセットの登録と統合がサポートされるようになりました。 管理者は次を使用できますコントロールハブこれらのデバイスのネイティブ ダイヤラーを構成するには、以下に基づく MPP ベースのデバイス テンプレートを生成します。 Webex Calling設定を追加し、デバイスを認証します。

詳細については、次を参照してくださいWebex Wireless Phone 840 および 860 の統合を選択します。

販売対象国としてのインド

Webex Callingは、インドで販売中の国として利用できます。 この機能により、インドにのみロケーションを持つ組織は、 Webex Callingサービス。 プロビジョンすることも可能ですWebex Callingの最初のロケーション (本社ロケーションとも呼ばれる) をインドで選択します。

詳細については、次を参照してくださいWebexはどこで利用できますか?を選択します。

インドのトール バイパス プロビジョニングをサポートコントロールハブ

Webex Calling管理者は、コントロールハブを選択します。 この機能により、管理者はWebex Callingをトール バイパス ポリシーに準拠するように要求しました。 トールバイパス設定は以下に適用されます: Webex Calling支店および販売場所として設定されているインド国内の場所

詳細については、次を参照してくださいインドのロケーション向けWebex Callingを有効にするを選択します。

2022 年 7 月 25 日

証明書ベース (大容量) ローカル ゲートウェイ

証明書ベースのトランクをWebex Callingを選択します。 このタイプのローカル ゲートウェイは、展開内またはオンプレミスの PSTN 接続との統合を求めている大規模組織に最適です。 Webex Callingを選択します。

Cisco Unified Border Element (CUBE) は、現在、証明書ベースのトランクとしてサポートされています。 Oracle、リボン、音声コード デバイスの正式なサポートは、近日中に提供される予定です。 ネットワーク要件と設定情報の詳細については、 Webex Callingのトランク、ルート グループ、ダイヤル プランを構成するを選択します。


証明書ベースのトランクのより高い同時通話キャパシティを利用するには、既存のローカル ゲートウェイを再展開する必要があります。

MPP ファームウェアの 11.3.7 へのアップグレード

この機能は MPP 11.3.7 ファームウェアの展開を認定およびサポートします。 参照先Webex Callingデバイスの通知およびWebex Callingでのデバイス設定と変更をご覧ください。

2022 年 7 月 22 日

プロビジョニングAPIの機能強化—ローカル ゲートウェイの番号- 管理者が要求しますコントロールハブアプリケーションやシステムを統合するためのAPI機能のコントロールハブプラットフォーム。 このAPIは、以下に必要な電話番号 (TN) の統合に役立ちます。コントロールハブサービスで利用でき、現在ローカル ゲートウェイ用の Control Hub で使用可能な次のような TN 機能を管理します。

  • ロケーションへの TN の追加または削除

  • TN をアクティブ化または非アクティブ化します。

Webex Calling API の詳細については、ここをクリックしてください。

2022 年 7 月 15 日

顧客管理デバイス - CyberData サポート

CyberData デバイスは、Webex サイトの [顧客が管理するデバイス] でプロビジョニングに使用できるようになりました。コントロールハブを選択します。 CyberData の詳細については、次を参照してください。顧客管理デバイスの追加を選択します。

2022 年 7 月 11 日月曜日

コーリング テンプレートで有効になっている [設定を共有]

Webexアプリの共有設定を構成し管理するには、コーリング テンプレートを構成するを選択します。 共有設定は、ミーティングの参加者の一部として有効にすることができます。 Webexアプリでの通話のための画面共有を有効または無効にするを選択します。

2022 年 7 月 8 日

Webex Callingがさらに多くの国で利用可能になりました

拡張機能のプレゼンスWebex Calling :

  • エジプト

  • ナイジェリア

  • テュルキエ

詳細は次のサイトを参照してください。 Webexはどこで利用できますか?を選択します。

2022 年 7 月 7 日

CSVを使用したユーザー機能のプロビジョニング

この機能では、 CSVを使用して、ユーザーを一括更新し、でサービスのプロビジョニングを行うことができます。 Webex Callingを選択します。 この機能でWebex Calling管理者は既存データのエクスポート、新しいデータのインポート、 Webex Callingプラットフォーム。

詳細については、次のサイトを参照してください。ユーザー コーリング データを管理するを選択します。

グループ用 Calling テンプレート

Webex Calling管理者は、グループテンプレートを使用して RDC、ビデオ、通話動作の設定を行うことができます。 グループ テンプレート機能により、管理者はグループ全体に対してこれらの通話設定を一元的に管理し、適用できます。 詳細については、次のサイトを参照してください。コーリング テンプレートを構成するを選択します。

2022 年 7 月 1 日

デバイス移行ツールの強化

デバイス移行ツールを使用すると、 Webexで構成されているデバイスのデバイス移行ライセンスを設定できます。 このツールは、デバイス移行ライセンスを設定するオプションも提供します。アップデートと移行次のページにアクセスしてください:デバイス移行ツールオンコントロールハブを選択します。

詳細については、次のサイトを参照してください。電話をWebex Callingに移行するを選択します。

統合型音声: Webex Calling (コールバック)

統合型音声: Webex Calling PSTN 料金を発生させることなく、コールインおよびコールバックの機能を使ってWebex Meetingsに参加することができます。

Webex アプリを使用する場合、 Webex Callingデバイスまたはソフト クライアントが、コールインするか、コールバック オプションを選択してミーティングに参加した場合、メディアはCisco Webexクラウドに留まり、遅延の改善と PSTN の節約を実現します。

詳細については、次のサイトを参照してください。 Webex Calling用の統合型音声を使用するためにWebexサイトを構成するを選択します。

6 月

2022 年 6 月 29 日

ボイスメールの文字起こし (Webexアプリ)

ボイスメールのトランスクリプション: アプリ内で、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語などの言語を自動的に検出する機能が追加されました。 ボイス メッセージ保持ポリシーは議事録に適用されます。つまり、音声メッセージを削除すると、関連する議事録も削除されます。

詳細は次を参照してください: Webex Callingセキュリティホワイトペーパー(ボイスメールのテキスト変換/暗号化拡張用)

2022 年 6 月 28 日

Webex Calling分析 -ユーザー情報

新しいダッシュボードは、 Webex Callingユーザーの使用状況。 このグラフの下のすべての通話の使用状況と品質をグラフで表示できます。 ユーザー名とメールに基づいて、選択したユーザー、複数のユーザーのグラフに表示される情報をフィルタリングできるようになりました。 新しいダッシュボードは、コントロールハブWebex Callingを選択します。

詳細については、「クラウド コラボレーション ポートフォリオのためのアナリティクス」を参照してください。

2022 年 6 月 22 日

通話録音のサービス利用規約を表示する機能コントロールハブ

コントロールハブ通話録音プロバイダーのサービス利用規約が表示されるようになりました。 顧客管理者またはパートナー管理者は、通話録音を初めて有効にするときに、利用規約に同意する必要があります。 管理者は、ユーザのコール録音ページでいつでも利用利用規約を表示できます。

詳細については、次のサイトを参照してください。組織の通話録音を有効にするおよびWebex Callingユーザーの通話の録音を有効にするを選択します。

2022 年 6 月 20 日

サービス終了中Webex Callingアプリ

Ciscoは、レガシーWebex Calling以前の BroadSoft UC-One として知られているアプリ。 すべての顧客とパートナーは、Ciscoの最新のコラボレーション イノベーションを提供するWebexアプリ エクスペリエンスにアップグレードできます。 この発表は、次に示すように展開されている顧客が対象ですWebex Callingこれは、Webex 通信事業者の顧客 (別名Webex通信事業者) には適用されません。 詳細については、次のサイトを参照してください。 BroadSoft UC-One ベースのWebex Callingアプリの販売終了とサポート終了のお知らせを選択します。

2022 年 6 月 17 日

アンチスパムの表示Webex Calling

Webex Calling通話にラベルを付けることができ、不要な通話と潜在的なセキュリティリスクへの応答にかかる時間を短縮できます。 管理者は組織のポリシーを使用してこれらの通話をブロックできるようになりました。 詳細は次のサイトを参照してください。 Webex Callingのスパムまたは詐欺的な電話の表示を選択します。


この機能は米国、カナダ、およびプエルトリコでサポートされています。

2022 年 6 月 10 日

統合型音声: Webex Calling専用インスタンス

統合型の音声を使えば、PSTN 料金を発生させることなく、コールイン、コールバックの機能を使ってWebex Meetingsに参加することができます。 詳細は次のサイトを参照してください。 Webex Calling専用インスタンスの統合型音声の設定を選択します。

2022 年 6 月 9 日

Virtual Connect は専用インスタンス向けの新しいプライベート クラウド接続アドオン

バーチャルコネクトは、専用インスタンス向けの新しいプライベート クラウド接続アドオンです。 これは、小規模な顧客やリモートサイトが専用インスタンスにプライベートにピアインできる追加のクラウド接続オプションです。 利点は以下のとおりです。

  • Virtual Connect の有効化と管理:コントロールハブを選択します。

  • Cloud Connect 用のオプションのフレックス アドオン オプション

詳細は次のサイトを参照してください。専用インスタンス-Virtual Connectを選択します。

2022 年 6 月 2 日

Webex Callingがさらに多くの国で利用可能になりました

拡張機能のプレゼンスWebex Calling :

  • サン・マーティン

  • トリニダード・トバゴ

  • タークス & カイコス諸島

  • 米領バージン諸島

詳細は次のサイトを参照してください。 Webexはどこで利用できますか?を選択します。

2022 年 6 月 1 日

MPP デバイスのオンデマンド PRT 収集を有効にするWebex Callingデバイス

オンデマンドの PRT 収集により、管理者とテクニカル サポートエンジニアは MPP デバイスからログを柔軟に収集できます。 この機能を使用して、管理者はログを収集して事例を作成することができます。コントロールハブを選択します。 サポート チームはヘルプデスクを通じてログを収集し、ケース解決を支援します。 この機能により、ケースを解決するまでの時間が短縮されます。 詳細は次のサイトを参照してください。 Control Hub での PRT (問題レポート ツール) コレクションのデマンド

5 月

2022 年 5 月 31 日

Webex Callingスーサイド防止ホットライン

はじめての2022 年 7 月 16 日、988 にダイヤルすると、電話は国内のスーサイドライフラインにルートされます。 連邦通信委員会 (FCC) は、危機的な状況にあるアメリカ人が特定の国の番号を簡単に覚えることができる 3 桁の電話番号として、988 を特定の番号に設定し、対処する規則を作成しました。

詳細は次のサイトを参照してください。 Webex Calling用の強化された 988 国内強制的ライフラインを選択します。

2022 年 5 月 25 日

Webex Callingローカル ゲートウェイのサポートは、以下の国で利用可能になりました。

  • バミューダ

  • イギリス領バージン諸島

  • ケーマン諸島

  • ドミニカ

  • グレナダ

  • グアム

  • ジャマイカ

  • モンセラト

  • 北マリアナ諸島

  • セントクリストファー・ネービス

  • セントルシア

  • セントビンセント・グレナディーン諸島

詳細は次のサイトを参照してください。 Webexはどこで利用できますか?を選択します。

専用インスタンスのアラート フレームワークコントロールハブ

専用インスタンスのアラートはコントロールハブを選択します。 詳細については、次のサイトを参照してください。使い始める (管理者用)を選択します。

2022 年 5 月 24 日

プロビジョニングCSV-自動音声応答

顧客とパートナーは、複数の場所にまたがって自動アテンダントを一括でプロビジョニングできます。 この機能により、管理者は自動音声応答メニューオプション、コール フローの管理、発信者ID設定、ファイルのアップロードを通じて複数の自動音声応答のスケジューリングをプロビジョニングできます。

詳細については、次のサイトを参照してください。 Control Hub で自動アテンダントを管理する

2022 年 5 月 17 日

Webex Calling分析 - 経路の最適化 ICE/PNC

新しいダッシュボードは、以下の視覚的な表現を提供します。 Webex Callingコール レッグのパス使用方法。 このグラフの下のすべての通話の使用状況と品質をグラフで表示できます。 これにはフィルタリングが含まれています。ユーザは、グラフから直接パス最適化のコール レッグをフィルタリングできます。 新しいダッシュボードは、Control Hub の [Webex Calling] で利用できるようになります。

詳細については、「クラウド コラボレーション ポートフォリオのためのアナリティクス」を参照してください。

インタフェースの改善

以下の通話管理の全体的なユーザビリティが向上した通話ポータルサイトの更新されたユーザー インターフェイスをご体験ください。コントロールハブを選択します。 番号、ロケーション、コール ルーティング、機能、PSTN 注文、専用インスタンス、サービス設定、クライアント設定などのコール要素は、ページ レイアウトが改善され、一貫したルック アンド フィールとなっています。 品質に対する全体的な取り組みと管理者のエクスペリエンスの向上を目的としています。

2022 年 5 月 16 日

Webex Calling アナリティクス: 国ごとの通話品質

新しいダッシュボードは、以下の視覚的な表現を提供します。 Webex Calling使用状況や品質を 国ごとの内訳で確認できます これには、グラフから直接 1 つ以上の国を選択することによりダッシュボード全体をフィルタリングできる、コンテキストによるフィルタリングが含まれます。 新しいダッシュボードは、コントロールハブWebex Callingを選択します。

詳細については、「クラウド コラボレーション ポートフォリオのためのアナリティクス」を参照してください。

2022 年 5 月 12 日

Cisco MPP の回線キー管理の強化

ラインキー管理の機能強化は、2 つのフェーズで提供されます。 第 1 フェーズでは、管理者はモデル固有のボタン レイアウトを個々のデバイスに定義できるようになります。 管理者は、プライマリ回線、共有回線、短縮ダイヤル(オプション値、モニタ、開く、閉じる)などの機能を適用できます。

詳細については、次のサイトを参照してください。 Control Hub でCisco MPP デバイスのレイアウトを構成するを選択します。

2022 年 5 月 3 日

Webexアプリでの通話の共有を有効または無効にする

Webexアプリの通話中のエクスペリエンス設定の一部として ( Webex Calling )、Control Hub 管理者は通話中のWebexアプリ ユーザーの共有を無効にすることができます。 詳細については、次のサイトを参照してください。 Webexアプリでの通話の共有を有効または無効にするを選択します。

4 月

2022 年 4 月 28 日

Webex Calling のダイヤル発信の動作、番号表示、発信通話のスクリーニングの変更

Webex Calling の外線発信は、コール ルーティング、番号表示、コール スクリーニングの一貫した動作を確保するために変更されます。 この変更に関する詳細については、 Webex Callingのダイヤル発信の動作、番号プレゼンテーション、発信通話のスクリーニングを選択します。

2022 年 4 月 27 日

[詳細通話履歴] ダッシュボードコントロールハブ

新しい詳細通話履歴ダッシュボード場所:コントロールハブに表示されているすべての通話について、通話の全詳細をすばやく簡単に確認できます。 Webex Calling展開。 全通話数、応答した通話数、最も使用の多い場所での通話、アクティブなユーザーに関するトップレベルの KPI を利用すると、 Webex Callingから展開コントロールハブを選択します。 ダッシュボードを使用して、内部、ローカル、または国際のいずれであっても、ユーザーが行うコールのタイプを確認して、PSTN コストを最適化します。 強力なフィルターにより、テーブル ビューで特定のコールをフィルタリングして検索することができます。

新しいダッシュボードには、 Control Hub のレポート セクションを選択します。 このダッシュボードを使用すると、通話記録の日次、週次、月次またはカスタムレポートをエクスポートし、スケジュールされたレポートを作成することができ、 Webex Pro Pack ユーザーは通話記録をエクスポートできます。 API経由を選択します。

2022 年 4 月 22 日

Webexアプリと電話の間で応答不可 (DND) を同期する

作業に集中する時間が必要な場合や、 Webexアプリまたは電話機から DND を有効にすることで、通話とメッセージ通知を一時停止できます。 ユーザーが電話で DND を有効にすると、その状態がユーザーのWebexアプリ、ユーザーのWebexに統合され、通話とメッセージ通知の両方が一時停止されます。 ユーザーの準備が完了すると、 Webexアプリまたは電話機から DND を無効にできます。 無効にすると、通話とメッセージング通知は のデバイスで再開されます。 詳細については、次のサイトを参照してください。 着信拒否アプリと卓上電話間のWebex同期(DND)

2022 年 4 月 21 日

MPP ユーザー メニューの更新

この機能は、MPP ユーザーメニューから設定を削除します。これは、コントロールハブを選択します。 また、これらの設定にはユーザーがアクセスすることができません。 メニューの変更に関する詳細は、 Webex Callingデバイスの通知を選択します。

2022 年 4 月 19 日

統一された CCPP Webex Callingおよび専用インスタンス

Cloud Connected Webex Calling PSTN パートナー (CCPP) は、 Webex Callingを追加する方法を説明します。 メニューの変更に関する詳細は、クラウド接続 PSTNを選択します。

元のアドレスの変更Webex Callingメール

次から受信した通知メールの送信元アドレスWebex Callingプラットフォームが次に変更されます:webex_comm @webex.comを追加し、 Webexという名前で入力します。 この変更は他のWebexシステムメッセージとの一貫性を保つためのものです。

Cisco MPP デバイスのCisco Webex Cloud エクスペリエンスが向上しましたWebex CallingおよびWebexコントロールハブ

CiscoCiscoWebex CallingまたはWebexなど。 この機能の MPP でサポートされるWebex の機能には次のようなものがあります。

  • Cisco Webex Cloud の導入準備 - 6800/7800/8800 全シリーズ

  • Webex Serviceability リクエスト (再起動とレポートの問題) - 6800/7800/8800 全シリーズ

Cisco Webexクラウドにオンボードした MPP デバイスには、オンボードが正常に行われたことを示すクラウドアイコンが表示されます。

利用可能日は次のとおりです。

  • 米国、カナダ、EMEA 地域は 2022 年 4 月 20 日に

  • アジア太平洋地域および日本地域(2022 年 4 月 21 日)

詳細については、次のサイトを参照してください。 Cisco MPP デバイスで利用可能なWebex機能を選択します。

2022 年 4 月 15 日

プロビジョニングAPI - ロケーション

管理者は、WebexのAPIまたはシステムをWebex Callingプラットフォーム。 このAPIはWebex Callingのロケーション機能の設定に役立ちます。 Webex Calling API の詳細については、ここをクリックしてください。

2022 年 4 月 8 日

プロビジョニング API: 番号の読み取り

管理者には、次のロケーションの有効化をサポートするためWebex API機能が必要です。 Webex Calling数字がWebexされました。 Webex Calling API の詳細については、ここをクリックしてください。

2022 年 4 月 7 日

番号をロケーション間で移動する

両方の場所が同じ PSTN 接続内にある場合、番号を 1 つの場所から別の場所に移動することができるようになりました。 詳細については、「Control Hub で電話番号を管理する」を参照してください。

2022 年 4 月 5 日

組織の連絡先を移行中

使用コントロールハブ組織の連絡先を移行します。 この移行により、組織の連絡先のインポートとエクスポートがコントロールハブカンマ区切り値 (CSV) ファイル。 Webexにインポートされると、組織内のユーザーはWebexアプリを使用して組織の連絡先にアクセスできます。 詳細については、次のサイトを参照してください。 Control Hub で組織の連絡先を管理するを選択します。

ユーザーおよび連絡先の検索機能の強化

Webexアプリを使用して、 Webexユーザーに加えて、管理者が定義した組織の連絡先を検索できるようになりました。 組織の連絡先には、サプライヤー、顧客、または組織が必要とする連絡先を設定できます。 Webexアプリでユーザーを検索するときに、管理者が定義した連絡先が [ユーザー] ビューに表示されます。 この機能により、ユーザは連絡先を検索して発信できます。 詳細については、次のサイトを参照してください。電話機での連絡先の検索および発信を選択します。

組織の連絡先は、電話番号、SIP アドレス、その他の属性を使用して管理者が作成できます。 管理者は Control Hub の新しいビューを使用して組織の連絡先を表示およびインポートできます。

この機能は段階的に導入されます。管理者が指定した連絡先の検索はまた、 Webex Calling年後半に電話。

3月

2022 年 3 月 31 日

Webex Go

Webex Go はモバイルに最適化されたコラボレーション体験であり、 Webex Callingエンド ユーザーの携帯電話のネイティブのダイヤラーに送信されます。 アドオンとして利用できますWebex Callingの割合が表示されます。 詳細については、次のサイトを参照してください。 Webex Goを選択します。

個人連絡先の汎用インポートのサポート

この機能は次のメカニズムを提供します。 Webex Calling管理者がWebex個人連絡先 (連絡先サービス) データベースにユーザーの連絡先をインポートできます。 これは一般的に、連絡先のソースがオンプレミス展開、クラウド競合他社の連絡先システム、 Webex Calling MT 展開からのものである可能性があるという点で一般的です。 Unified CMに限らず、すべての個人連絡先インポート ケースをサポートする移行シナリオを開きます。 詳細については、次のサイトを参照してください。 WebEx に個人連絡先を移行するを選択します。

2022 年 3 月 30 日

トール バイパス規制対応のためのロケーションベースのルーティング

インドなどの一部の国の通信規制では、長距離通話にかかるコストを削減するために、PSTN ネットワークをバイパスしないように義務付けられています。 これらの国の Webex Calling サービスを有効にするには、Webex Calling がユーザーの地理的なネットワークに基づいてロケーションベースのルーティングをサポートする必要があります。 この機能により、Webex Calling でのサポートがトール バイパス規制に準拠します。 詳細については、次のサイトを参照してください。インドのロケーションでWebex Callingを有効にするを選択します。

緊急コールの通知を設定するコントロールハブ

新しいWebex Calling管理のエクスペリエンスWebex Callingのロケーションの緊急コール通知が一部の地域で利用可能になりました。 詳細については、次のサイトを参照してください。 Control Hub で緊急コール通知を設定するを選択します。

プロビジョニング API: ワークスペース

管理者は、WebexのAPIまたはシステムをWebex Callingプラットフォーム。 このインテグレーションは、場所とサポートの管理に役立ちますWebex Callingのエンタイトルメントを入力します。 Webex Calling API の詳細については、こちらをクリックしてください。

ボイスメールの文字起こし

受信ボイスメールのテキスト化は以下で利用できます: Webex Callingユーザーを追加してください。 ボイスメールの文字起こしを有効にすると、新しいボイスメール メッセージごとにメールの本文にボイスメールの文字起こしが記載されたメール通知を受け取り、ボイスメールは .wav ファイルとして添付されます。 ボイスメールの文字起こしの詳細については、次を参照してください。 Webex Callingのボイスメール文字起こしおよびWebex Callingユーザーのボイスメール設定を構成し、管理するを選択します。

プロビジョニング API: コール パーク内線番号

デベロッパー版Webexプラットフォームでコールインのサポートを追加して、外部ツールの統合と電話番号の自動プロビジョニングをサポートします。 Webex Calling API の詳細については、こちらをクリックしてください。

プロビジョニング API: 残りのユーザー機能

デベロッパー版Webexプラットフォームの残りのユーザー機能のサポートを追加します。 Webex Calling API の詳細については、こちらをクリックしてください。

2022 年 3 月 29 日

メディア品質のトラブルシューティング

ミーティングを視覚化する新しい方法では、 Webex Callingがコールします。 トラブルシューティングツールを使用して、 Webex Callingコールを確認し、ホップバイホップのパケット損失、ジッター、遅延情報を確認することができます。 トラブルシューティング ビューには、通話情報が表示され、メディア品質の問題を特定できるため、迅速な解決に役立ちます。 この機能は、すべての地域で利用でき、デスクフォンとデスクトップとモバイルの両方のソフト クライアントに関連するコールで利用できます。 詳細については、次のサイトを参照してください。 Control Hub でWebex Callingのメディア品質をトラブルシューティングするを選択します。

コール分析の新しい [メディア品質] タブ

Control Hub の新しい [通話メディア品質]ダッシュボードでは、 Webex Calling組織全体の通話品質を向上させることができます。 高レベルの重要なパフォーマンス指標 (KPI) を使用すると、管理者はグローバル通話品質を簡単に確認できます。 このグラフには、ロケーション、 IPアドレス、メディア タイプ、接続タイプ、コーデック、エンドポイント タイプ、 IP電話モデルごとに、このデータの詳細が表示されます。 データは、 Webex Callingの通話で利用でき、 Webexの通話では利用できません。ほぼリアルタイムで更新されます。 コールが終了してから 15 分以内の通話品質データを確認できます。

管理者は、フィルタを使用してさらに詳細な設定を行うことができます。たとえば、ロケーションやIPフォンのタイプによって通話品質データを数秒で確認できます。 これらのツールを利用することで、お客様は一貫した高品質の通話体験を提供し、ユーザから苦情を言われる前に問題を解決することができます。 詳細は次を参照してください:クラウド コラボレーション ポートフォリオの分析のコール セクション

2022 年 3 月 25 日

通話動作設定

Control Hub の通話動作設定が更新され、通話サービス ライセンスの割り当てとの連携が強化されました。 この機能により、ユーザーを Control Hub にオンボードするための、API を通じた発信動作が合理化されます。 詳細については、「通話動作と発信エンタイトルメントの割り当て」を参照してください。

2022 年 3 月 23 日

Webex Calling の初回セットアップ ウィザードのエクスペリエンスが更新されました

Webex Calling管理者は新しいフローを使えセットアップ最初のロケーションをWebex Callingを選択します。 Webexサービスを構成するための更新された初回のセットアップウィザードのエクスペリエンスを使用します。

2022 年 3 月 21 日

Cisco ATA および MPP デバイスの PLAR/Ringdown のサポートを追加

この機能では、特定の電話で PLAR/Ringdown サービスを有効にする管理コントロールを提供します。 詳細については、次のサイトを参照してください。 Cisco MPP、ATA でホットライン (PLAR) を構成する19xおよびオーディオコード ATA デバイスを選択します。

2022 年 3 月 17 日

MPP DECT ファームウェア v5.0.1 へのアップグレード

MPP DECTファームウェアはCisco DECT DBS-210 v480b20 から v501 にアップグレードされます。 このファームウェア アップグレードの一部としてこれらの機能を紹介します。

  • SIP シグナリングおよびメディアの通話統計をサポート

  • 着信音の音量調整のサポート - より大きな音のオプション

  • ハンガリー語のサポート

  • Calling のマルチセル機能の拡張をサポート

    • マルチセル ソリューションは、最大 50 のベース ステーションと 120 回線に対応できるよう拡張する予定です。

    • Control Hub の容量の増加は、EU/EN 地域では 2022 年 2 月 28 日から、NAMER/CA/AU/JPN 地域では 2022 年 3 月 7 日から提供されます。

  • DHCP オプション 150 の粒度をサポート。

デバイスは各地域の夜間の再同期スケジュールの間に自動的に更新されます。 詳細については、次の URL を参照してください。 Cisco IP DECT 6800 シリーズ ファームウェア リリース 5.0(1) のリリース ノートを選択します。 DBS-210 が 4.5.x または 4.6.x ファームウェア搭載の場合、Control Hub にオンボードする前に手動で 4.8.1 SR1 (v480b20) にアップグレードします。 次を使用してファームウェアをダウンロードできますソフトウェア ダウンロードリンク。


DBS-110 ベース ファームウェアは、別のメンテナンス アクティビティ中にアップデートする予定です。

次を使用して、 DECTハンドセットに複数回線を適用する。ハンドセットを管理するDECTネットワークの構築機能の下でのオプションは、現在サポートされていません。 これにより、更新された構成ファイルを受信したときにベースが再起動する場合があります。 修正が計画され、別のファームウェア メンテナンス イベント中に展開されます。 修正が展開されるまで、各ハンドセットに 1 回線をプロビジョニングすることを推奨します。を選択します。

2022 年 3 月 1 日

Webex アプリに豊富な通話プレゼンス

ユーザーの卓上電話と Webex アプリ機能の間の通話プレゼンス インテグレーションにより、インバウンドの通話者を効果的に社員につなげる戦術効果が得られ、保留時間やハングアップを減らすことができます。 詳細については、次のサイトを参照してください。 Webex Callingでのコールのプレゼンス同期を選択します。

プロビジョニング API: ページング グループ

ロケーションベースの自動プロビジョニングを統合するサポートを追加するWebex Callingページング グループ。 この機能により、ページング グループの作成、削除、編集ができます。 Webex Calling API の詳細については、こちらをクリックしてください。

フルスクリーンでの会議端末のエクスペリエンス

デバイスの MPP デバイス管理ビューが起動します。 次のサイトから移動できます:コントロールハブ管理次のページにアクセスしてください:デバイスを選択します。 クリックしてリストからデバイスを選択すると、関連付けられているデバイスの全画面ビューが表示されます。

Webex Calling管理者は全画面表示を使用して、他のWebexサービスと同様にデバイスを設定できます。

2 月

2022 年 2 月 25 日

プロビジョニング API: 自動音声応答

デベロッパー版Webexプラットフォームで自動音声応答APIのサポートを追加します。 Webex Calling API の詳細については、こちらをクリックしてください。

2022 年 2 月 18 日

Cisco MPP ファームウェア v11.3.6 へのアップグレード

Cisco MPP 6800、7800、8800 シリーズの電話機では、マルチプラットフォームのファームウェアが 11.3.5 から 11.3.6 にアップグレードされます。 このファームウェア アップグレードの一環として、Webex Calling に導入される新しい通話機能はありません。 このファームウェア リリースには、6800 リリースノート、7800 リリースノート、8800 リリースノートに記載されているバグ フィックスが含まれています。 顧客が EFT プログラムへの参加を希望する場合、TAC チームにそれを可能にするようリクエストできます。

  • IPフォンでのフランス語圏のカナダ言語のサポート

  • APAC および日本 KDDI の WxC で ICE を有効にします ( Ciscoビデオ電話 - Cisco 8845 とCisco 8865 を除く)。

  • 8800 シリーズデスクトップIP Phone には、次の場所に電話機メニューオプションがあります。設定次のページにアクセスしてください:コールの設定次のページにアクセスしてください:オーディオ設定次のページにアクセスしてください:ノイズ除去を選択します。 デフォルトではノイズ削減はオフになっていますが、ユーザーは電話機でそれをオンにすることもできます。

2022 年 2 月 15 日

Cisco PSTN とWebex Callingが以下の国で利用可能になりました。

  • ギリシャ

  • ポーランド

  • スイス

詳細については、「Cisco Calling プランを使い始める」を参照してください。

アナウンスの追加言語

音声アナウンスと音声プロンプトで追加の言語を選択できるようになりました。 この強化に含まれる言語は次のとおりです。

  • アラビア語

  • ブルガリア語

  • カタルニア語 (スペイン)

  • クロアチア語

  • デンマーク語

  • オランダ語

  • フィンランド語

  • ハンガリー語

  • インドネシア語

  • ノルウェー語

  • ポーランド語

  • ルーマニア語

  • ロシア語

  • セルビア語

  • スウェーデン語

  • トルコ語

  • タイ語 (タイ)

  • ベトナム語

  • スペイン語(南米)

2022 年 2 月 14 日

Webex Calling専用インスタンスはオーストラリア地域で利用可能です

オーストラリアの 2 つの新しいデータ センターは、専用インスタンス通話用に利用可能です。 パートナーと顧客は、「オーストラリア」地域で初回セットアップ ウィザード (FTSW) から専用インスタンスをアクティベートすることができるようになりました。 詳細については、次のサイトを参照してください。専用インスタンスをアクティベートする方法を選択します。

1 月

2022 年 1 月 31 日

プロビジョニング API: コール パーク

デベロッパー版Webexプラットフォームにコール パークのサポートを追加します。 Webex Calling API の詳細については、こちらをクリックしてください。

プロビジョニング API: ロケーション スケジュール

デベロッパー版 Webex プラットフォームにロケーション スケジュールのサポートを追加します。 Webex Calling API の詳細については、こちらをクリックしてください。

2022 年 1 月 28 日

ロケーションの通話インターセプトを設定する

管理者は次のロケーションでの着信または発信をインターセプトできます。コントロールハブを選択します。 ロケーションの電話回線を切断し、発信者への詳細なアナウンスを再生して、代替のルーティング オプションを提供します。 この機能は、すべての地域で利用できます。 詳細については、次のサイトを参照してください。 Cisco Webex Control Hubでロケーションにコール パーク インターセプトを設定するを選択します。

2022 年 1 月 27 日

着信拒否をすべてのデバイスに拡張

すべての Webex デバイスおよび Webex アプリのデフォルト動作の変更: 着信拒否アクションは、回線が存在するすべてのデバイスまたはアプリケーションに拡張されます。 これにより、通話が拒否されると、他のデバイスまたはアプリケーションでコール パークの呼出音が停止します。

特定のユーザーに対して複数の MPP/ATA デバイスが存在する場合を除き、既存のデバイスに対してデフォルトの動作が遡及的に変更されています。

この新しいデフォルトの動作は次の場所で変更できます:コントロールハブMPP/ATA デバイスの場合は回線ごとに、デバイスの追加時。 共有回線のシナリオでは、これが適している場合があります。

この機能は、すべての地域で利用できます。 詳細は次のサイトを参照してください。ユーザーのすべてのデバイスで呼び出し中の通話を拒否を選択します。

2022 年 1 月 19 日

Webex Calling の音声統合

Webex Callingでは、PSTN 料金を発生させることなく、無料通話を問わず、 Webex Meetingsのダイヤルイン番号に電話をかけられるようになりました。 からミーティングにダイヤルインする場合、 Webex CallingメディアはCisco Webexクラウド内のネットにとどまり、遅延が改善され、PSTN 料金を削減できます。 詳細については、「Webex Calling の音声統合」を参照してください。

2022 年 1 月 6 日

Unified CM の専用インスタンスにおける通話のための Webex アプリ デバイスの自動プロビジョニング

の自動プロビジョニング機能コントロールハブユーザーのデバイスのセルフプロビジョニングを有効にしますWebex Callingを、管理者の介入なしに、 Unified CMで実行します。 ユーザーが に対してプロビジョニングされたときWebex Callingの専用インスタンスで、登録済みのメール アドレスまたはユーザーIDを使ってWebexアプリにサインインすると、対応するデバイス タイプはUnified CMで作成される自動です。 詳細については、「Unified CM の専用インスタンスにおける通話のための Webex アプリ デバイスの自動プロビジョニング」を参照してください。

12 月

2021 年 12 月 22 日

番号の一括削除

管理者は未割り当ての番号を選択し、一括で削除できます。 詳細については、「Control Hub で電話番号を一括削除する」を参照してください。

2021 年 12 月 21 日

複数名通話用ビデオ

この機能により、ユーザーが Webex Calling で開始した臨時の電話会議でもビデオが可能になります。 これまで、ビデオ対応のデバイスで音声のみの会議通話が行われていた場合でも、ビデオ会議通話が可能になりました。

Webex Calling パートナー モデルの統合

パートナー: SP 向け Webex Calling オファーはシンプルな単一のオファーに統合され、パートナーと顧客向けに対象市場規模を拡大し、PSTN オプションを提供します。 SP 向け Webex Calling については、Cisco の担当者から詳細と変更のスケジュールをご連絡いたします。

2021 年 12 月 16 日

外部発信者 ID 名を指定する

管理者が Control Hub のユーザーとワークスペースの外部発信者 ID 名を指定できるようになりました。 詳細については、「ユーザーとワークスペースの発信者 ID オプションを指定する」を参照してください。

限定的な提供 - Webex Calling での Yealink デバイスのサポート (Cisco 管理設定)

すでに Yealink デバイスを購入し、T- シリーズまたは CP 電話会議デバイスを Control Hub の組織に展開することが必要な顧客は、Cisco アカウント マネージャーに連絡し承認を受けてください。 利用可能なモデルについては、「Webex Calling 対応デバイス リスト」を参照してください。

機能アクセス コード (FAC) のクリーンアップとドキュメンテーション

使用可能なすべての FAC を完全に文書化し、ユーザビリティの低下の原因となる文書化されていない FAC を無効にしました。 詳細については、「Webex Calling の機能アクセス コード」を参照してください。

2021 年 12 月 15 日

米国の E911 の変更に関する認識の向上

2022 年 1 月 6 日に、レイバウム法のフェーズ 2 が米国内の緊急コールに対して有効になります。 Webex Calling は最近、「Webex Calling における Nomadic E911 とダイナミック ロケーション サポート」に対応しました。 この機能は、Control Hub にバナーや通知を表示し、今後の規制に対応するために顧客が実行する必要のある手順のチェックリストを提供することで、E911 に関する認識を向上させるものです。 詳細については、 「Webex Calling の強化された緊急コール」を参照してください。

2021 年 12 月 14 日

専用インスタンス/UCMC の Web RTMT

この機能により、以下のUCアプリ (CUCM、CUC、IMP、CER) の Web RTMT (リアルタイム モニタリング ツール) を専用インスタンスで利用できます。 また、Control Hub を通じてこのツールに OTT アクセスすることもできます。

2021 年 12 月 8 日

通話録音の有効化の簡易化

Webex Calling では今年より、追加料金なしで全ユーザーの Dubber Go の通話録音エンタイトルメントを提供するようになりました。 この機能が有効になる以前は、顧客管理者はパートナーが通話録音機能を有効にするのを待ってから、ユーザーにこのサービスを割り当てる必要がありました。 今回の機能更新により、パートナー設定では通話録音がデフォルトでオンに設定されます。 管理者はパートナーが機能を有効化するのを待たずに、特定のユーザーごとに通話録音を有効または無効にできます。 このサービスは、すべての地域で利用できます。 詳細については、「 「組織のコール録画を有効にする」および「Webex Calling ユーザーの通話の録音を有効にする」。

個人連絡先の UCM 移行

大規模ユーザー向けに、Jabber の個人連絡先の移行サービスを提供し、エンドユーザーが自分のデバイス上で何も行わなくてもよいようにします。

2021 年 12 月 3 日

限定的な提供 - Webex Calling での Poly デバイスのサポート (Cisco 管理設定)

Poly デバイスをすでに購入していて、Poly VVX または Trio デバイスを Control Hub の組織に公開する必要がある顧客は、Cisco アカウント マネージャーに連絡して承認を受けてください。 利用可能なモデルについては、「Webex Calling 対応デバイス リスト」を参照してください。

通話コントロール API: コール ピックアップおよびミュート転送

デベロッパー版 Webex の通話コントロール セクションに新しい API が用意され、コール ピックアップ、ミュート転送、転送 DTMF を管理できるようになります。 音声メッセージとメッセージ待機インジケーターのための新しい API を対象とした、Webex Calling ボイス メッセージの新しいセクションがデベロッパー版 Webex の API リファレンスに導入されました。 これらの新しい API を使用すると、ユーザーはすべてのボイスメール メッセージの概要を取得したり、メッセージ待機インジケーターのステータスをプログラムで設定したりできるようになります。 Webhook API が新しいリソースである telephony_mwi で更新され、ユーザーのボイス メッセージ サービスに変更があった場合に、イベント通知を受け取れます。

2021 年 12 月 2 月

ボイスメール ポリシーの強化

組織にはボイスメール メッセージのポリシーを定義する機能が必要です。 この機能により、Webex Calling の管理者は、ボイス メッセージの保持期間、ボイス メッセージ転送ルール、より厳密なパスコード ルールを制御できるようになりました。 ボイス メッセージ保持ポリシーが有効となっている場合、管理者はボイス メールが自動で削除されるまでの保存期間を選択できます。 ボイス メッセージ転送ルールにより、管理者はユーザーがボイス メッセージ ファイルをメールに転送することを許可または禁止できます。 さらに、ユーザーが PIN の変更を行う頻度、PIN の長さ、単純なパスコードの設定を防ぐ機能など、パスコード ルールも強化されています。 この機能によって、管理者は組織のコンプライアンスの要件を満たすために、ボイス メッセージ設定を定義できます。

サービス開始日時: この機能は、すべての地域で利用できます。

2021 年 12 月 1 日

Cisco MPP、ATA、DECT のデバイスのデバイス設定でコーデックの優先順位を設定する機能

Cisco MPP、ATA、DECT のデバイスのデバイス設定で、個々のデバイスとロケーション レベルでのみコーデックの優先順位を設定する機能を追加しました。 この機能は、すべての地域で利用できます。

Cisco MPP メンテナンスに関する通知: ボイスメール ソフトキーを Cisco MPP 6821 に追加

現在、Cisco MPP 6821 には物理的なボイスメール ボタンはなく、音声ポータルにすばやくアクセスするためのメッセージ ソフトキーもありません。  今回の更新では、ユーザーが音声ポータルのボイスメール ボックスにアクセスできる [メッセージ] ソフトキーが追加されます。

デバイスは、以下にリストされているスケジュールに従って各地域の夜間の再同期スケジュールの間に自動的に更新されます。

  • カナダ - 2021 年 12 月 1 日

  • EMEA - 2021 年 12 月 1 日

  • NAMER - 2021 年 12 月 1 日

  • 日本 - 2021 年 12 月 2 日

  • APAC - 2021 年 12 月 2 日

11 月

2021 年 11 月 30 日

CSV のプロビジョニング: コール キューおよびハント グループ

Control Hub からの CSV を使用したコール キューおよびハント グループのサポートを追加して、パートナーと顧客が利用できるようにしました。 詳細については、「Webex Calling コール キュー CSV ファイル形式のリファレンス」および「Webex Calling ハント グループ CSV ファイル形式のリファレンス」を参照してください。

Calling ユーザー ポータルのコンテンツの名前と説明の更新

Webex Calling の Calling ユーザー ポータルでは、Webex Calling の機能に対するエンドユーザーの理解を促すため、いくつかのコンテンツが更新されます。 インライン ヘルプ ビデオが利用できるようになりました。 Office Anywhere が単一番号リーチ (Office Anywhere) となり、リモート オフィスの機能が単一番号リーチ (Office Anywhere) でサポートされるようになりました。

サービス開始日時: この機能は、すべての地域で利用できます。

2021 年 11 月 24 日

CSV のプロビジョニング: コールピックアップ

Control Hub からの CSV を使用したコール ピックアップのサポートを追加して、パートナーと顧客が利用できるようにしました。 詳細については、「Webex Calling コール ピックアップ CSV ファイル形式のリファレンス」を参照してください。

2021 年 11 月 15 日

Webex Calling シンガポール データ センター

Webex Calling Media Pop データセンターは、東南アジア諸国の顧客ロケーション向けにエッジ サービス、メディア サービス、および Cloud-Connected PSTN Partners (CCPP) などのパートナーとの相互接続を提供する新しい通話データ センターです。 地域のクライアントは、Webex ネットワークへの最も近いエントリ ポイントとしてシンガポールのデータ センターに接続し、遅延を最小限に抑え、メディア品質を向上できます。 詳細については、「Webex Calling のシンガポール データ センター」を参照してください。

2021 年 11 月 15 日

Webex Calling での Nomadic E911 と動的なロケーションのサポート

2022 年 1 月 6 日に、レイバウム法のフェーズ 2 が施行されます。これにより、非固定のオフプレミス デバイスから緊急通報をするときは必ず、緊急援助サービスを派遣するための位置情報を、適切な公共の緊急安全応答ポイント (PSAP) に伝達することが義務付けられます。 Webex アプリとデバイスは、キャンパス内の場合、システム管理者が設定したネットワーク トポロジーに基づいて位置情報を提供します。 システムが、ワイヤレス アクセス ポイント、デバイスの物理 (MAC) アドレス、IP サブネットから BSSID などの接続用ネットワーク ID を検出し、管理者が設定したマッピングを使用して、ユーザーの場所を正確に特定します。 Nomadic のオフプレミス ユーザーについては、緊急通話で使用する現在地の住所を入力して認証するよう、Webex アプリから従業員にプロンプトで指示します。 Nomadic E911 は、すべての米国を拠点とするユーザーの既存の Webex Calling (複数テナントおよび専用インスタンス) および UCM Cloud サブスクリプションに含まれています。

サービス開始日時: すべての地域でご利用いただけます。 米国に拠点を持つ組織にのみ適用されます。 詳細については、「Webex Calling の強化された緊急コール」を参照してください。

Webex アプリの E911 サポート

Webex アプリをレイバウム 2021 の要件に準拠させるため、Control Hub で [秘密キー] フィールドが提供されるようになりました。 これは Webex アプリがオンプレミス (企業のワイヤマップ) とオフプレミスの両方でユーザーの位置を特定するために使用されます。 Webex アプリはネットワークの変更を検知すると、これを使って E911 プロバイダーである RedSky と通信し、ユーザーの位置を特定します。 アプリは、ワイヤマップされたロケーション (管理者が RedSky でプロビジョニングした場所) を自動検出したり、オフプレミスのロケーションで住所を入力するようプロンプトで指示したりできるようになりました。

サービス開始日時: すべての地域でご利用いただけます。 米国に拠点を持つ組織にのみ適用されます。 詳細については、「Webex Calling の強化された緊急コール」を参照してください。

2021 年 11 月 4 日

Webex セットアップ アシスト

Cisco のエキスパートが、Webex セットアップ アシスト サービスを通じて、パートナーや顧客管理者の Webex Calling サービスの移行・導入をサポートします。 詳細については、「Webex セットアップ アシストから Webex Calling の展開に関するサポートを受ける」を参照してください。

2021 年 11 月 3 日

Cisco MPP ファームウェアの 11.3.5 へのアップグレード

Cisco MPP 6800、7800、8800 シリーズの電話機では、マルチプラットフォームのファームウェアが 11.3.4 から 11.3.5 にアップグレードされました。 このファームウェア アップグレードの一環として、Webex Calling に導入される新しい通話機能はありません。 このファームウェア リリースには、6800 リリースノート7800 リリースノート8800 リリースノートに記載されているバグ フィックスが含まれています。 顧客が EFT プログラムへの参加を希望する場合、TAC チームにそれを可能にするようリクエストできます。

以下のモデルのヘッドセットのファームウェア アップグレード:

  • Cisco 520 および 530 -> 15-18-26

  • Cisco 560 -> 2-3-0001-13

サービス開始日時: すべての地域でご利用いただけます。

10 月

2021 年 10 月 29 日

プロビジョニング API: コールピックアップ

コール ピックアップ API のサポートを追加しました。 Webex Calling API の詳細については、ここをクリックしてください。

通話管理ポータル内のユーザーおよびワークスペースへのアクセスの削除

ユーザーとワークスペースの設定は、Control Hub に完全に移行されたので、通話管理ポータルでのアクセスと編集は削除されています。

2021 年 10 月 22 日

ボイスメール グループ

この機能により、Webex Calling の顧客は、複数ユーザーが共有できるボイスメールとファックスの受信トレイを作成、管理できるようになります。 ボイスメールから、音声ポータルやメールを使用してメール アドレス (理想的には配信リスト) にアクセスできるようになりました。 ボイスメール グループは、コール キューやハント グループのオーバーフロー、自動音声応答のオプション、契約社員の受信トレイなど、いくつかのアプリケーションに利用できます。

サービス開始日時: この機能は、すべての地域で利用できます。

詳細については、「Webex Calling 用の共有ボイスメールと受信 FAX ボックスを管理する」を参照してください。

2021 年 10 月 7 日

Singlewire/Informacast と Webex Calling のインテグレーション

この機能により、Webex Calling のユーザーは Singlewire/Informacast サーバーにダイヤルし、接続して、事前録音済みのメッセージやライブ アナウンスを流せるようになります。 このメッセージは、定義されたメッセージに関連する MPP にブロードキャストされます。 この機能は、すべての地域で利用できるようになりました。 詳細については、「顧客管理型デバイスを追加する」を参照してください。

2021 年 10 月 6 日

Webex Calling のプライベート ネットワーク接続

PNC (プライベート ネットワーク接続) を使用すると、Webex Calling にアクセスする際に、OTT (Over the Top) のインターネットよりも安全かつ信頼できる方法でアクセスできます。 プライベート アクセスの主なオプションは、パートナーの相互接続を使用した顧客ごとの VLAN、または顧客専用の相互接続です。 相互接続が確立されると PNC は簡単に Control Hub にアクセスでき、ネットワーク要素のプロビジョニングや機器構成の更新が自動的に行われます。

サービス開始日時: この機能は、EU 統合データ センター地域を除くすべての場所で利用できます。 注文前に相互接続が必要です。

詳細については、「顧客のプライベートネットワークを Webex Calling に接続する」を参照してください。

2021 年 10 月 5 日

ユーザーのための Room システム (パーソナル モード)

この機能により、Room システムはデスク (DX) デバイスのように、ユーザーの個人用デバイスとして追加できるようになりました。 個人用デバイスとして追加すると、デバイスから直接 PSTN 通話をかけるなど、固定デバイスと同様に使用できます。

詳細については、「Cisco Webex Room Phone を展開する」を参照してください。

2021 年 10 月 4 日

Cisco Calling プランの可用性

Cisco PSTN with Webex Calling が以下の国で利用可能になりました。

  • ベルギー

  • デンマーク

  • フィンランド

  • フランス

  • ドイツ

  • アイルランド

  • ルクセンブルグ

  • スウェーデン

詳細については、「Cisco Calling プランを使い始める」を参照してください。

9 月

2021 年 9 月 30 日

EU ネイティブの新しい統合データ センター

Webex Calling はネイティブの EU データ センター ペアとなり、EU 顧客の英国データ センターへの依存をなくしました。 新規のEU 顧客は、最初に作成した通話ロケーションが EU 国であれば、そのデータ センター ペアでホストされるようになりました。 既存顧客には、EU 内の新しいデータ センター ペアへの移行をリクエストするオプションがあります。

詳細については、「欧州連合の Webex Calling データ センター」を参照してください。

Dubber 通話レコーディングのインテグレーション

Dubber 通話レコーディングのインテグレーションにより、現在の煩雑なプロビジョニングが不要になります。 ユーザーの通話レコーディングを有効にすると、管理者が追加の操作をしなくても、Dubber でユーザーが自動的に作成されます。 この機能は、すべての地域で利用できます。 詳細については、「Webex Calling ユーザーの通話の録音を有効にする」を参照してください。

通話のレコーディング デュアル ストリーム レコーディングを有効にする

通話のレコーディング パートナーである Dubber によって取り込まれた通話のレコーディングは、現在のシングル ストリームではなくデュアル ストリームになります。 デュアルストリームにより、Dubber では、聞こえたことと話したことを一緒に確認するのではなく、Webex Calling ユーザーが聞いたことと話したことを別にして録音を処理できます。 この機能は、すべての地域で利用できます。 詳細については、「Webex Calling ユーザーの通話の録音を有効にする」を参照してください。

2021 年 9 月 29 日

顧客管理型デバイス: 2N、Algo、CyberData、Grandstream のドア デバイスに対応

新しい顧客管理型デバイス機能では、管理者が事前に認定された SIP デバイスをワークスペースに割り当て、提供された情報をもとに手動でデバイスのプロビジョニングと展開を行うことができます。 顧客管理型デバイスは、2N、Grandstream、CyberData、Algoなど、段階的に追加されていきます。

この機能のベンダーごとの利用開始時期は次のとおりです。

  • Algo - すべての地域

  • 2N - すべての地域

  • Grandstream - すべての地域

  • Cyberdata - 近日提供開始

詳細については、「顧客管理型デバイスを追加する」を参照してください。

拡張されたデバイス ポートフォリオ: DECT-210 マルチセル - DECT ネットワークの構築と管理

Cisco IP DECT DBS-210 マルチセルは、最大 5 つのベースユニットに最大 30 個のハンドセットをプロビジョニングできます。 管理者は、Cisco Webex Control Hub 内で Cisco DECT ネットワーク設定を構築および管理します。 この機能は、すべての地域で利用できます。

詳細については、「Control Hub でデジタル DECT ネットワークを構築および管理する」を参照してください。

2021 年 9 月 23 日

Cisco MPP、ATA、DECT デバイスのデバイス設定機能の拡張

Control Hub のデバイス設定 (旧電話設定) 機能の拡張により、管理者は Cisco MPP、ATA、DECT デバイスの幅広い設定オプションをカスタマイズできます。 この機能は、すべての地域で利用できます。

新たに導入されたデバイス設定には以下が含まれます。

  • ATA - DTMF モード/方式の設定

  • MPP - 顧客用背景画像 URL の提供 (一部のモデル)

  • MPP - 電話機の言語設定

  • MPP - スクリーン タイムアウト (スクリーン セーバー) の設定

  • MPP - CQ エージェント ソフトキーのデフォルトの場所の変更

  • MPP - Web アクセスの有効化/無効化 (ユーザー レベル)

  • MPP - オフフック タイマーの設定

  • MPP - ロギング レベルのデフォルト設定

  • MPP - Wi-Fi ネットワーク SSID および認証方法の設定

  • MPP - POE モードの設定

  • MPP - DND サービスの有効化/無効化

  • MPP/ATA - 802 を有効/無効にします。1x

  • MPP/DECT - MPP は最大 10 個、DECT は最大 3 個のマルチキャスト グループ設定

  • MPP/ATA/DECT - VLan の設定

  • MPP/ATA/DECT - QOS の有効化/無効化

  • MPP/ATA/DECT - CDP および LLDP の有効化/無効化

  • MPP/ATT/DECT - コーデックの優先順位オプションの設定: 近日提供開始

詳細については、「デバイス設定の構成と変更」を参照してください。

2021 年 9 月 22 日

Webex Calling 用の Webex Edge Connect

Webex Calling が Webex Edge Connect に追加されました。 顧客は、Calling トラフィックと Meetings トラフィックの両方に Webex Edge Connect を使用できるようになりました。 こちらまたは推奨アーキテクチャのドキュメントから、Webex Edge Connect の詳細を確認できます。

2021 年 9 月 8 日

Webex アプリでビデオを有効化/無効化する

Control Hub に、顧客管理者が Webex アプリで通話用ビデオや他の Webex サービスを有効または無効にできる機能が追加されました。詳細は、「Webex アプリの通話のビデオを有効または無効にする」を参照してください。

2021 年 9 月 7 日

Webex Calling 用の統合 Cloud-Connected PSTN

Webex Calling 用の統合 Cloud-Connected PSTN は、Control Hubの 1 枚のペイン上で、Cloud-Connected PSTN Partner (CCPP) が提供する PSTN の包括的なエンドツーエンドのプロビジョニングと管理を提供する、新しい統合 PSTN プロビジョニング エクスペリエンスです。

これは、Webex Calling の業界をリードする Cloud-Connected PSTN インフラストラクチャをベースに構築されており、従来は手動だった煩雑なプロセスを自動化します。

顧客とパートナーは、Control Hub 内の CCPP プロバイダーを選択して、Control Hub で直接電話番号を注文、ポート、管理することができます。

サービス開始日時: この機能は現在、IntelePeer 社との提携により、米国とカナダでのみ使用可能です。 最終的には他のパートナーにも拡大されます。

2021 年 9 月 1 日

英国における Cisco の通話プラン

Cisco PSTN Webex Calling が英国で利用可能になりました。 詳細については、「Cisco Calling プランを使い始める」を参照してください。

8 月

2021 年 8 月 31 日

ロケーション サービスの個別タイムゾーン設定に対応

Control Hub を介することで、ハント グループ、コール キュー、自動アテンダントなどのロケーション サービスは、ロケーションに設定されたタイムゾーンとは別に、タイムゾーン フィールドを持つようになりました。 ロケーション サービスのタイムゾーンを編集するには、タイムゾーンを更新したい特定の機能の [全般設定] エリアに移動し、そこで編集して保存します。 これらのサービスを編集する方法に関する詳細は、以下を参照してください。

サービス開始日時: すべての地域でご利用いただけます。

2021 年 8 月 30 日

拡張されたデバイス ポートフォリオ: Cisco VG400 ゲートウェイ

Cisco VG400 ATA は、Webex Calling のサービスにある Cloud Managed ATA の新シリーズの一部です。 VG400 ATA は、T.38 サポートを含む、基本的な通話コントロール機能とファックス デバイスを備えた最大 8 つのアナログ通話をサポートします。 詳細については、「コントロール ハブで Cisco 音声ゲートウェイ VG400 ATA を構成する」を参照してください。

2021 年 8 月 20 日

デュアル・アイデンティティ・サポート (複数の PSTN プロバイダーを管理するための柔軟な相互運用性ポリシー)

デュアル・アイデンティティ・サポートの設定は、外線発信で最初の SIP INVITE をトランクに送信する際の From ヘッダーと P-Asserted-Identity (PAI) ヘッダーの処理に影響します。 有効にすると、From と PAI のヘッダーは独立して扱われ、異なる場合があります。 無効にすると、PAI ヘッダーには From ヘッダーと同じ値が設定されます。 詳細については、「Webex Calling のトランク、ルート グループ、ダイヤル プランを構成する」を参照してください。


既存のトランクは、この機能がリリースされたときに動作が変わるのを避けるために、現在のシステムレベルの設定に従って、有効または無効のいずれかの状態に設定されています。

2021 年 8 月 18 日

Webex アプリでリモート デスクトップ コントロールを有効化/無効化する

Control Hub に、顧客管理者が Cisco の会議室デバイスのリモート デスクトップ コントロール (RDC) 用クライアント コントロールを有効または無効にする機能が追加されました。 詳細については、「Webex アプリでコール用のリモート デスクトップ コントロールを有効または無効にする」を参照してください。

2021 年 8 月 9 日

フリーダイヤルのネイティブ サポート

この機能により、Webex Calling は 米国およびカナダの CCPP、SP、LGW 向けインバウンド フリーダイヤルに対応しました。 自動アテンダント、ハント グループ、コール キューなどのエントリ ポイントに、フリーダイヤルの番号を割り当てることができるようになりました。 外線電話をかける際に、フリーダイヤルの番号を発信番号 (CLID) として使用できます。

フリーダイヤルの割り当て手順は、他の電話番号の割り当てと同様です。 フリーダイヤルの横にはフリーダイヤル用のタグがついていて、すぐに見分けられるようになっています。 Control Hub で電話番号を管理する方法の詳細については、「Control Hub で電話番号を管理する」を参照してください。

Control Hub の機能の移行: ユーザーとワークスペース

Control Hub では、ユーザーの言語設定やユーザーに割り当てることができる代替電話番号など、ユーザーとワークスペースの管理で利用できる機能が追加されています。 すべての Webex Calling ユーザー管理を、Control Hub で実行できるようになりました。

各機能が Control Hub でどのように設定されるようになったかについては、以下を参照してください。

サービス開始日時: すべての地域でご利用いただけます。

7 月

2021 年 7 月 27 日

Webex Calling のメディア最適化 (ICE)

Webex Calling のメディア最適化は、対応するデバイス間で Webex Calling のメディアを最適な形で直接ルーティングします。 組織内で Webex アプリ間、卓上電話間、ローカル ゲートウェイ間の通話をする場合、メディアはクラウド経由ではなく、ICE を使って直接メディアをルーティングしようとします。 詳細については、こちらのドキュメントを参照してください。

メディア最適化は現在グローバルに展開されており、今後数週間のうちにさまざまなデバイスやアプリで有効になる予定です。 カナダではデスクフォンを対象としてすでに有効化が実施され、以下のように進行しています。

  • カナダ - デスクフォン: 7 月 21 日、Webex アプリ: 11 月 16 日

  • ヨーロッパ - デスクフォン: 7 月 29 日、Webex アプリ: 11 月 18 日

  • 米国 - デスクフォン: *8 月 12 日、Webex アプリ: 11 月 22 日

  • 日本 - デスクフォン: *8 月 19 日、Webex アプリ: 11 月 28 日

  • オーストラリア - デスクフォン: *8 月 26 日、Webex アプリ: 11月 25 日

*デスクフォンの日付を更新しました。 上記の日付は 1 週間移動しています。

2021 年 7 月 1 日

MPP アクセサリのデバイス インベントリへの追加

この機能を使用すると、接続済みの MPP アクセサリ デバイスを Control Hub の[デバイス] ページ内のインベントリ アイテムに追加できます。 サポートされている MPP アクセサリは、Cisco ヘッドセット (500 シリーズ) および Cisco キー拡張モジュール (KEM) です。 詳細については、「Webex Calling デバイスの構成と管理」をご覧ください。

6 月

2021 年 6 月 30 日

Control Hub のいくつかの管理機能へのアップデート

Webex Calling の管理者コントロールの一部が削除されました。 [注文] タブとロケーション向け Skype for Business オプションは、Webex Callingでのサポートが終了しました。 ネットワーク準備ツールが、Control Hub の[クイック リンク] からアクセス可能になりました。

2021 年 6 月 29 日

Flex 3.0 パッケージの更新: ライセンスの機能の配置およびControlHubでの割り当て方法

エンタープライズは、Webex Calling Professional または Professional になりました。 個人の Webex Calling ビジネスユーザーに必要なすべての機能が提供されます。

Control Hub の Enhanced (Flex 3.0)/ Common Area (Flex 2.0) およびPlacesは、Webex Calling Workspace または Workspace になりました。 公共の場所での共用(ロビーの電話など)、Webex Room デバイス用に PSTN を必要とするときの ATA デバイスと場所の割り当てなどの用途に適しています。 1 台のデバイスに制限されます。 Workspace ライセンスは個人ユーザーの通話ニーズに対応することを意図したものではありません。

Basic ユーザー ライセンスを Flex 2.0 のサブスクリプションで購入した場合、Basic のままです。 ただし、Basic ライセンスは Flex 3.0 にはなく、新規トライアルを作成する際には使用できなくなりました。

今回の変更に伴う、Control Hub の機能と価格への影響はありません。

2021 年 6 月 25 日

通話を条件転送するユーザー向けのボイスメール送信

Calling ユーザー ポータルで条件転送の転送先として内線番号を設定する場合、ユーザーは通話をボイスメールに直接送ることができます。 この動作は、他のタイプの通話転送と同じです。

2021 年 6 月 3 日

コール キューとエージェントの統計レポート

コール キューとエージェントの統計レポートに、Control Hub のリンクからアクセスできるようになりました。

サービス開始日時: すべての地域でご利用いただけます。 詳細については、「Cisco Webex Control Hub のコール キューの管理」を参照してください。

2021 年 6 月 2 日

無料の通話録音サブスクリプション「Dubber Go」

Webex Calling はすべてのお客様に、Dubber Go の通話録音サブスクリプションを無料で提供します。 このサブスクリプションにより、お客様はすべてのユーザーの通話録音を有効にできます。 録音は無制限に行うことができます。 各録音は 30 日間保存され、その後自動的に削除されます。 ユーザーは Dubber ポータルから自分の録音にアクセスして管理できます。 ユーザーの通話録音を有効にする方法について詳しくは、「Webex Calling ユーザーの通話の録音を有効にする」を参照してください。

4 月

2021 年 4 月 30 日

Cloud Connected PSTN (CCP) 向け Regional Media

多国籍 Webex Calling の顧客は、自宅とリモートの地域で CCP プロバイダーを使用することができるようになりました。これにより、メディアの品質が向上し、展開が簡素化されます。 詳細については、「Cloud Connected PSTN (CCP) 向け Webex Calling Regional Media」を参照してください。

Cisco MPP DBS-110 DECT 製品のリリース

この機能により、Webex Calling サービスに 4 つの新製品が追加されます。

  • Cisco DECT DBS-110 ベース - 最大 40 の回線と 20 のアクティブなハンドセットを備えた小規模な展開向けに、クラス最高の DECT 製品を提供します。 新しい DBS-110 ベースは、シングル セル モードまたは 2 ノード マルチセル モード (デュアル セル) で展開できます。

  • Cisco DECT DBS-110 リピーター - 新しいリピーターは、DBS-110 と DBS-210 ベースの両方のユニットと組み合わせて使用でき、DECT 無線フットプリントを拡張します。 リピーターは、無線範囲が妨げられている特殊な形の間取りに最適です。

  • Cisco MPP 6825 高耐久 DECT ハンドセット - 6825 高耐久ハンドセットは、IP65 等級です。 IP65 等級とは、「防塵」を意味し、ノズルから噴射される水から保護できることを示します。

  • Cisco MPP 6823 軽量 DECT ハンドセット - 6823 は軽量で低価格のハンドセットで、標準の 6825 ハンドセット バージョンと以下の点で異なります。ディスプレイの解像度が低い、バックライト付きキーパッド キーなし、ヘッドセット用 Bluetooth LE 4.1 なし、ネットワーク間の通知の緊急ボタンなし。

詳細については、「新しい Cisco IP DECT 6800 シリーズの使用を開始する」を参照してください。

2021 年 4 月 26 日

通話分析の機能強化

新しい Calling Analytics ダッシュボードが使用可能になりました。 新しいダッシュボードでは、他の Webex コラボレーション製品と同様に、組織レベルのインサイトと傾向を示す重要業績評価指標を確認できます。 新しいダッシュボードは、読み込みが非常に速く、応答性が向上しました。 Webex Calling 組織の場合、サイトとエンドポイント タイプをフィルタリングすることで品質を簡単に追跡できます。表には、最も使用率の高いユーザーと、メディア品質が低下している可能性のあるユーザーが強調表示されます。 詳細については、「クラウド コラボレーション ポートフォリオのためのアナリティクス」を参照してください。

2021 年 4 月 9 日

Control Hub の機能の移行: 番号管理

ユーザー、サービス、デバイスに割り当てられた電話番号の管理セットアップと構成に Control Hub でアクセスできるようになりました。 管理者は、これらの機能を割り当てたり構成したりするために、Calling 管理者ポータルにアクセスする必要がありません。

サービス開始日時: すべての地域でご利用いただけます。 詳細については、「Cisco Webex Control Hub で電話番号を管理する」を参照してください。

3月

2021 年 3 月 31 日

カナダ データ センターのデフォルト設定の変更

Control Hub の [データセンターの国選択] ドロップダウンで既存の US VAR パートナーがカナダ(CA)を選択すると、新しいデフォルトの動作によってそれらの顧客はカナダデータセンターに配置されます。 パートナーがデフォルトを変更し、引き続き新規顧客を米国データ センターに配置することを希望する場合は、パートナー用ヘルプ デスクにリクエストを出す必要があります。 これはパートナーレベルの設定です。 いったん有効になると、パートナー側で行う作業はありません。

通話コントロール: 通話動作 API

通話動作 API は大規模なパートナーにとって欠かせないものです。UCMC または UCM から Webex Calling に移行することで、UC プロファイルをユーザーに割り当ててユーザーのオンボーディングプロセスを自動化できるようにします。

Control Hub の機能の移行: 通話キュー

コールキューは、コールを受信するように割り当てられたエージェントがキューから利用できない場合、クラウドのコールを一時的に保留します。 自分のロケーションのコール キューをセットアップして構成するために、Calling 管理ポータルに移動する必要がなくなりました。 現在は、機能の設定の下で Control Hub のコール キューを構成できるようになっています。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub のコール キューの管理」を参照してください。

2021 年 3 月 30 日

通話コントロール: 通話録音 API

デベロッパー版 Webex プラットフォームに通話録音 API が追加されました。 この API を使うことで、アプリケーションで録音の開始、停止、一時停止、再開を行うことができます。 Webex Calling API の詳細については、ここをクリックしてください。

ユーザー エクスペリエンスの強化: Webex アプリと Webex Calling アプリのダウンロード

Webex Calling アプリのダウンロードの操作性を更新しました。 組織の設定に基づいて、ユーザーには Webex Calling アプリまたは Webex アプリのいずれかが自動的に表示されます。どちらのアプリも settings.webex.com からダウンロードできます。

2021 年 3 月 26 日

オンデマンド通話録音のサポート

この機能は、エンドユーザーが通話の録音を開始、一時停止、再開、停止できる「オンデマンド/ユーザーの開始操作」通話録音オプションを有効にするためのものです。 詳細については、「Webex Calling ユーザーのコール録音を有効にする」を参照してください。

2021 年 3 月 24 日

ユーザー エクスペリエンスの強化

Calling ユーザーポータルのエグゼクティブ通話機能にリングスプラッシュが追加されました。 これに伴い、エグゼクティブアシスタントサービスにサイレントとリングスプラッシュのアラートオプションが導入されます。

Calling ユーザーポータルでエグゼクティブとエグゼクティブアシスタントサービスを構成する方法については、こちらの記事を参照してください。

2021 年 3 月 15 日

トランク、ルート グループ、ダイヤル プラン

この機能は、オンプレミスの PSTN および PBX への Webex Calling の接続を強化します。 この機能強化には、トランク、トランクのグループ(ルート グループ)、および集中型ダイヤル プランが含まれ、優先度、フェイルオーバー、およびロード バランシングを使用して、トランクの規模と冗長性をプレミスに追加します。 この機能により、Webex Calling ユーザーと 1 対多のオンプレミス PBX 間の通話がルーティングされます。 Webex Calling ユーザーのために、プレミスベースの PSTN とクラウド接続の PSTN の両方をサポートします。 この機能強化により、ローカル ゲートウェイプレミスベースの PSTN、およびトランクの定義を明確にします。 ローカル ゲートウェイとはオンプレミス ゲートウェイを指します。 プレミスベースの PSTN およびトランクは、Webex Calling の PSTN と接続性を説明します。

詳細については、「Cisco Webex Calling のトランク、ルートグループ、ダイヤルプランを構成する」を参照してください。

ボイスメール PIN のリセット

管理者は、一時的なデフォルト PIN を発行することで、Control Hub 内でユーザーのボイスメール PIN をリセットすることができるようになりました。 ユーザーは引き続き、settings.webex.com でボイスメール PIN をリセットできます。また、ボイスメール ポータルを使用して PIN を変更することでボイスメール PIN をリセットすることもできます。

詳細については、「Webex Calling ユーザーのボイスメール設定を管理する」を参照してください。

2021 年 3 月 5 日

一括機能強化

ユーザー機能 API - 割り込み、通話転送、通話録音、ボイスメール、取り込み中、発信者 ID、インターセプトなどの更新されたユーザー機能。 Webex Calling API の詳細については、ここをクリックしてください。

2 月

2021 年 2 月 16 日

販売中の国が追加されました

通話サービスは、以下の国でも販売することができます。 インドネシア、イスラエル、サウジアラビア、南アフリカ。

1 月

2021 年 1 月 28 日

アナウンスとメールの言語強化

Calling 管理ポータルで、ユーザーに対する音声アナウンスとメール通知の両方に追加の言語を選択できます。 詳細については、この記事を参照してください。

この強化に含まれる言語は次のとおりです。

  • 英語

  • フランス語

  • ドイツ語

  • イタリア語

  • 日本語

  • ポルトガル語(ヨーロッパ)

  • スペイン語

  • 韓国語(新規)

  • チェコ語(新規)

  • ポルトガル語(ブラジル)(新規)

2021 年 1 月 26 日

Office Anywhere

Office Anywhere 機能は、ユーザーが指定した任意のデバイスとの間で通話を発信、受信、または転送することができます。 Office Anywhere が Control Hub で設定できるようになりました。 管理者は、Office Anywhere をセットアップして構成するために、Calling 管理ポータルに移動する必要はなくなりました。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub の Office Anywhere」を参照してください。

緊急時コールバック番号

Webex Calling 緊急連絡コールバック番号(ECBN)が、緊急通話のために Public Safety Answering Point(PSAP)に提示されている通話回線 ID(CLID)を管理します。 管理者は、Control Hub 内に指定された緊急連絡コールバック番号(ECBN)を持つ場所とユーザーを構成することができます。 この設定は、緊急でない通話に引き続き使用される構成可能な CLID とは無関係です。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub の緊急連絡コールバック番号」を参照してください。

2021 年 1 月 21 日

デバイスの上書き

デバイスの上書き機能強化により、管理者は Control Hub からデバイス設定を管理することができます。 デバイスの上書き機能強化により、企業の顧客がビジネス ニーズに合わせてデバイスをカスタマイズできるようになり、デバイス プロビジョニングの柔軟性が向上します。 次の機能があります。 電話の背景画像、Interdigit Long Timer、Short Interdigit Timer、表示名、ライン キー ラベル、および回線キー LED パターン。

すべての地域でご利用いただけます。 詳細については、「組織の電話設定の構成と更新」を参照してください。

2021 年 1 月 19 日

デバイス管理

Control Hub 全体で会議端末の管理を強化しました。 ユーザーとワークスペースにデバイスを割り当て、管理でき、Calling 管理ポータルにアクセスして、回線の注文、デバイスとクライアント、または Cisco 電話と ATA の他の構成オプションを管理する必要がなくなりました。 Cisco デバイスは Control Hub からサービス Webex Calling に割り当てることができます。 すべての地域でご利用いただけます。

12 月

2020 年 12 月 9 日

非ラテン文字のサポート

Cisco IP Phone マルチプラットフォーム電話およびデバイスで着信通話に対して、非ラテン文字が正しく表示されるようになりました。


この改善は、日本、中国、および香港を含むアジア太平洋地域のお客様のみを対象としています。

この改善をサポートするために、ユーザー名パラメータは Cisco Webex Control Hub の [発信者 ID][通話回線] フィールドに自動入力します。 自動入力されたフィールドは読み取り専用です。

この改善により、次の通話機能に影響します。

  • 自動音声応答

  • ハントグループ

  • ページング グループ

  • コール キュー

ワークスペースの名前は、発信者 ID の場所名を自動入力します。

2020 年 12 月 3 日

ハント グループ

ハント グループは、特定のグループのユーザーに対して単一のコールを配信できるコールグループです。 自分のロケーションのハント グループをセットアップして構成するために、Calling 管理ポータルに移動する必要はなくなりました。 Control Hub の [機能] セクションで、アプリケーション サービスの構成を行えます。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub のハントグループ」を参照してください。

10 月

2020年10月2日水曜日

コール パーク内線

コール パーク拡張機能を使用すると、コール パークがあるパーキング コールに対して一般的な場所を利用できます。 管理者は、パーキングコールのコールパークで最大 100 個の内線を定義できます。 これらのコールパークの内線番号は、監視サービスを通して組織内のユーザーが監視することができます。

詳細については、「コール パーク拡張機能」を参照してください。

2020 年 10 月 1 日

仮想内線

仮想拡張により、組織はダイヤル プランに Webex Calling 以外の場所を含めることができます。 管理者は、組織の、サプライヤー、またはビジネス パートナーのネットワークにいないユーザーに仮想内線を割り当てることができます。 ダイヤルされた仮想内線番号はルーティング可能な番号に変換されてから、ダイヤルしているユーザーの PSTN 接続に発信処理のために送信されます。

9 月

2020 年 9 月 30 日

電話番号および発信者 ID の一括更新

発信者 ID 番号、発信者 ID に関連付けられた姓名などの電話番号および発信者 ID 情報を一括更新することができます。 Control Hub の CSV テンプレートプロセスでユーザーを変更することで、番号と発信者 ID を一括更新できます。

詳細については、「 Webex Calling ユーザーを構成し管理します

2020 年 9 月 23 日

自動音声応答

自動音声応答は着信に応答し、発信者入力に従ってコールをルーティングします。 自分のロケーションの自動音声応答をセットアップして構成するために、Calling 管理ポータルに移動する必要はなくなりました。 Control Hub の [機能設定] セクションで、自動音声応答の構成を行えます。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub で自動音声応答を管理する」[英語] を参照してください。

オフィス時間のスケジュール

スケジューリングにより、自動音声応答などの特定の機能にスケジュールを割り当てることができます。 たとえば、自動音声応答 サービスの休止時間を設定することができます。 自分のロケーションのオフィス時間をセットアップしてスケジュールするために、Calling 管理ポータルに移動する必要はなくなりました。 Control Hub のロケーションごとの設定で、オフィス時間のスケジュールの構成を行えます。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub でスケジュールを作成および構成する」[英語] を参照してください。

デフォルトのボイスメールの PIN

Webex Calling ユーザーは settings.webex.com のマイ プロファイル画面でボイスメールの PIN を変更することができ、管理者はユーザーのデフォルトの PIN を設定することができます。 ユーザーへのメールに、この PIN の設定に関する情報が含まれるようになりました。 これにより、ユーザーと管理者はボイスメールの管理が容易になります。

8 月

2020 年 8 月 19 日

アプリケーション サービス

特定のユーザーのために、Webex Calling モバイル、デスクトップ、およびタブレットアプリケーションを有効にすることができます。 ユーザーごとのアプリケーション サービスをセットアップして構成するために、Calling 管理ポータルに移動する必要はなくなりました。 Control Hub のユーザーごとの設定で、アプリケーション サービスの構成を行えます。

詳細については、「 「Control Hub の Webex Calling ユーザーのアプリケーションサービスを管理する」。

2020 年 8 月 7 日

レセプショニスト クライアント

この機能により、受付は、ロケーションへの着信コールを監視し、管理することができます。 自分のユーザーのレセプショニスト クライアントをセットアップして構成するために、Calling 管理ポータルに移動する必要はなくなりました。 Control Hub のユーザーごとの設定で、レセプショニスト クライアントの構成を行えます。

詳細については、「 Cisco Webex Control Hub のレセプショニスト クライアント

グループ ページング

グループ ページングにより、ユーザーは、1 件の番号または内線をダイヤルし、最大で 75 名のターゲット ユーザーのグループに対して一方向のコールをセットアップすることができます。 発信者とグループ ページのターゲットをセットアップして構成するために、Calling 管理ポータルに移動する必要はなくなりました。 Control Hub の [機能] 設定セクションで、グループ ページング サービスの構成を行えます。

詳細については、「 Cisco Webex Control Hub の ページング グループを設定する

2020年8月5日水曜日

アナログ ホットライン

アナログホットラインとは、Calling 管理ポータル経由でアクセスできたユーザーレベルのサービスです。 この機能は Webex Calling の提供サービスから削除され、Calling 管理ポータルまたは Control Hub のどちらでもアクセスできなくなっています。

7 月

2020 年 7 月 8 日

デバイスのパーソナル モード

Room または Desk デバイスのパーソナル モードが Webex Calling でサポートされるようになりました。 Control Hub でデバイスをアクティベートすると、デバイスのユーザーは Webex Teams コールを開始または受信することができます。 内線と PSTN のダイヤル機能は今後のリリースで追加されます。

詳細については、「 パーソナル デバイスとして Room または Desk デバイスを設定します。

2020年7月6日水曜日

電話番号の一括アクティベート

電話番号のセットを選択して、Control Hub でアクティベートすることができるようになりました。 アクティベートされていない電話番号を読み込み、Control Hub からいつでもすぐにアクティベートするオプションがあります。

詳細については、「 組織のために Cisco Webex Calling を構成します

2020年7月2日水曜日

ボイス ポータル

それぞれのロケーションはボイス ポータルに割り当てられ、そのロケーションに割り当てられたユーザーにボイスメール サービスを提供します。 ロケーションのボイス ポータルをセットアップして構成するために、Calling 管理ポータルに移動する必要はなくなりました。 Control Hub のロケーションごとの設定で、ボイス ポータルのパスワードと番号の割り当ての構成を行えます。

詳細については、「 Control Hub の Webex の ボイス ポータルを設定します

2020 年 7 月 1 日

ユーザーとワークスペースのインターセプト

ユーザーとワークスペースのインターセプトにより、あるユーザーの着信や発信を、選択した番号にルート変更することができます。 ユーザーのインターセプトをセットアップして構成するために、Calling 管理ポータルに移動する必要はなくなりました。 Control Hub のユーザーまたはワークスペースごとの設定で、ユーザーとワークスペースの構成を完了することができます。

6 月

2020 年 6 月 16 日

Control Hub の Webex Calling アナリティクス

Webex Calling 通話録音は、Control Hub Analytics の [通話] セクションに追加されます。 Webex Calling の採用状況を追跡するために、組織の契約の詳細を表示することができます。 また、MPP デバイスとソフト クライアントからのすべてのコールのメディア品質データを表示して、パケット損失、遅延、ジッタの問題に対応することもできます。

詳細については、「 Control Hub の Webex Calling 分析

2020 年 6 月 4 日

コール パークとコール パーク グループ

コール パークは、誰かが内線でコールを保留したときに発生します。 コール パーク グループ内では、保留状態にされたコールを別のデバイスで受け直すことが可能です。 コール パーク グループで保留されたコールについては、システムが、コール パーク グループに割り当てられているユーザーのリストから内線番号を選んでコールを割り振ります。 コール パークまたはコール パーク グループをセットアップして構成するために、Calling 管理ポータルに移動する必要はなくなりました。 Control Hub でコール パークとコール パーク グループの構成を行えます。

詳細については、「 Cisco Webex Control Hub コール パーク

コールピックアップ

コール ピックアップでは、あるユーザーへのコールに別のユーザーが応答することができます。 コール ピックアップをセットアップして構成するために、Calling 管理ポータルに移動する必要はなくなりました。 Control Hub の [機能] 設定セクションで、コール ピックアップの構成を行えます。

詳細については、「 Cisco Webex Control Hub コール ピックアップ

保留時の音楽

保留中の音楽は、発信者のコールが保留になっているとき、音楽を再生します。 保留時の音楽をセットアップして構成するために、Calling 管理ポータルに移動する必要はなくなりました。 Control Hub のロケーションごとの設定で、保留時の音楽の構成を行えます。

詳細については、「 自分のロケーションに対して、保留中の音楽を設定します

ロケーションの発信権限

各ロケーションの発信権限を決めることができます。 ロケーションの発信権限をセットアップして、構成するために通話管理ポータルに移動する必要はなくなりました。 Control Hub のロケーションごとの設定で通話権限の構成を完了できます。

5 月

2020 年 5 月 29 日

ライセンスの更新を配置する

このライセンスには、ビジー ランプの監視、ビジーまたは応答しないコールのための着信転送、通話保留/再開、着信転送、主催者のホテリングが含まれています。 この更新により、顧客のコストが削減され、ユーザーとプレースのやり取りが向上します。

2020 年 5 月 28 日

コール転送、ボイスメール、発信者番号

コール転送、ボイスメール、発信者番号のためのユーザー機能をセットアップして構成するために、Calling 管理ポータルに移動する必要はなくなりました。 Control Hub のユーザーごとの設定で、これらの機能の構成を行えます。

詳細については、「

ユーザーの発信権限

通話管理者は、各ユーザーに付与される発信権限を決定することができます。 ユーザーごとの発信権限をセットアップして構成するために、通話管理ポータルに移動する必要はなくなりました。 Control Hub のユーザーごとの設定で、ユーザーの発信権限の構成を行えます。

詳細については、「 「Control Hub の Webex ユーザーの発信権限を設定する」

2020 年 5 月 26 日

ライセンスの種類の変更

管理者またはパートナーは、ライセンスを変更するためにユーザーを削除し、再度追加して構成する必要がなくなりました。 Control Hub から、Webex Calling ライセンスをエンタープライズにアップグレードできるようになりました。また、基本ラインセンスにダウングレードすることもできます。 ライセンスをアップグレードまたはダウングレードしても、ユーザーの機能の設定と割り当てられたデバイスとクライアントは維持されます。

2020年5月21日水曜日

Webex Calling との RedSky インテグレーション

Webex Calling への RedSky インテグレーションをサポートするようになりました。これは、顧客が使用しているクラウド PSTN プロバイダーまたはオンプレミスの PSTN プロバイダー (ローカル ゲートウェイ) を、緊急通報に対応した RedSky Horizon Mobility サービスに置き換える機能です。 RedSky Horizon Mobility は、従来型の静的ソリューションに代わり、ユーザーのモビリティを活用できるようにする、Webex Calling のための拡張 911 ソリューションを提供します。 Horizon Mobility は、ソフトクライアントユーザー (MyE911 アプリを使用) と互換性のある HTTP 対応デバイスが、組織の場所の周りを移動する際に追跡することができます。 MyE911 アプリがソフト クライアント ユーザーの場所を自動的に判断できない場合、アプリはユーザーに場所を入力するように指示します。 Horizon Mobility は、緊急通報やテスト (933) コールを含むイベントのメールと SMS 通知を提供します。 オプションのサービスには、割り込みおよび緊急通話の記録による緊急通話の監視が含まれます。 このインテグレーションは、米国とカナダを本拠としているロケーションをベースにした Webex Calling の場所でのみ使用可能です。

詳細については、「Webex Calling の RedSky 緊急 911 サービス」を参照してください。

2020 年 5 月 15 日

Webex Calling の初回セットアップ ウィザードのアップデート

初めてのセットアップ ウィザードが更新され、顧客が Webex Calling サービスを開始して容易に実行することができるようになりました。 一部のフィールドは、ロケーション要件への [電話番号の割り当て] を含む初回セットアップ ウィザードから削除されました。 また、Webex Calling ライセンスはロケーションに割り当てられなくなるため、管理者は組織全体にライセンスを割り当てることができます。

詳細は、次のトピックを参照してください: 組織の Cisco Webex Calling を設定 し、 Webex Calling 機能をセットアップします。

2020 年 5 月 11 日

Cisco IP Phone 6861 (Wi-Fi) および 6871 (カラー ディスプレイ付き) マルチプラットフォーム電話と AudioCodes の MediaPack 1288 および 17 を含む新しいデバイスがサポートされるようになりました。

2020 年 5 月 5 日

Webex Calling の Dubber コール録音ソリューションは、Cisco Commerce Workspace (CCW) でのアクセスのために予定されている価格で、Cisco ソリューション プラス パートナーとして準備されています。 Webex Calling 用の、Dubber の SaaS ベースのコール録音のサブスクリプション オプションは、企業に対して無制限のスケーラビリティを備えた戦略的なクラウド ベースのサービスを提供し、規制へのコンプライアンスを満たします。これには、音声通信に対する、これまでなかったような実用的な知見が伴います。

詳細については、「組織で通話の録音を有効にする」を参照してください。

2020 年 5 月 4 日

エンドポイントおよびローカルゲートウェイの地域メディア

多国籍展開する顧客のためのメディアの品質を向上させました。 マルチプラットフォーム電話、アナログ電話アダプター (ATA)、ソフト クライアント、およびローカル ゲートウェイは、ローカル地域のセッションのボーダー コントローラー (SBC) に登録されます。 ローカルの Webex Calling 地域にメディアを維持することで、遅延とジッタを減らし、メディアの品質を向上させることができます。

4 月

2020 年 4 月 29 日

音声品質の強化

Opus コーデックは、マルチプラットフォーム IP フォン (MPP)、Cisco Webex Teams、および会議室デバイス間の Webex Calling をサポートします。 これにより、これらのクライアントに関連するコールフローの音声品質が向上し、帯域幅の使用が軽減されます。

詳細については、「Webex Calling の音声仕様」を参照してください。

3月

2020 年 3 月 24 日

CScan for Webex Calling

Webex Calling のネットワーク準備テストである CScan は、より多くのネットワーク特性をテストするようになりました。 https://cscan.webex.com/ で高度な診断テストを実行して、コンピュータと Webex Calling データセンターの間で、双方向のパケット損失とジッターをテストします。

2020 年 3 月 16 日

地域メディア

今後の地域メディア機能の準備として、北米、EMEA、オーストラリア、および日本を、プロダクションと呼ばれる SP と VAR のためのポート参照テーブルに統合しました。 サービスの停止を回避するため、エンドポイントおよびローカル ゲートウェイのための地域メディアのリリース前に、ファイアウォールを更新することを強くお勧めします。

新しい電話サポート

Webex Calling は、マルチプラットフォーム6861および6871卓上電話、および MPP DECT 電話でサポートされています。 これらの電話機は、他のデバイスをアクティベートするのと同じ方法でアクティベートすることができます。

これらの電話をデバイス リストに追加しました。ここを参照してください。

2020 年 3 月 6 日

パワーアップ ウェビナー

2 月

2020 年 2 月 25 日

オプションの内線番号

ある場所のユーザーまたは会議室デバイスに番号を追加する際、内線番号を追加する必要はなくなりました。 これは必要に応じて利用できるオプションとなりました。

詳細については、以下の記事を参照してください。

2020 年 2 月 24 日

着信待ち受け

Calling 管理者ポータルに移動して、ユーザーによるコール待機を有効にする必要がなくなりました。 まさに Control Hub で設定を完了することができます。

コール待機により、ユーザーは同時に複数のコールを受けることができます。 着信待ち受けを使用すると、ユーザーはコールを保留にして別のコールに応答できます。

詳細については、「Cisco Webex Calling のコールの録音を有効にする」を参照してください。

プッシュツートーク

Calling 管理者ポータルに移動して、ユーザーのためのプッシュツートークを有効にする必要がなくなりました。 まさに Control Hub で設定を完了することができます。

プッシュツートークは、組織の別の部分でユーザーを接続します。 例えば、電話でのプッシュツートークを使用して、倉庫の Jim とチャットできる顧客サービス担当者のリストを作成することができます。

詳細については、「Webex Calling ユーザーのプッシュツートークを設定する」を参照してください。

2020 年 2 月 17 日

サービスプロバイダーのローカルゲートウェイ

サービスプロバイダー(SP)は、付加価値再販業者(VAR)のみが使用可能なローカルゲートウェイ構成を活用できるようになりました。

詳細については、以下の記事を参照してください。

2020 年 2 月 11 日

LGW としての CUBE 高可用性

ローカル ゲートウェイの信頼性を高めるために、同じロケーションに 2 つの CUBE を展開できるようになりました。

詳細については、「ローカル ゲートウェイとして CUBE の高可用性を実装する」を参照してください。

1 月

2020 年 1 月 21 日

エンドポイントの設定

ユーザーの監視を有効にするために、Calling 管理ポータルに移動する必要はなくなりました。 まさに Control Hub で設定を完了することができます。

詳細については、「他のユーザーの電話の回線ステータスを表示することを許可する」を参照してください。

プライバシーの構成

ユーザーのプライバシーを有効にするために、Calling 管理ポータルに移動する必要はなくなりました。 まさに Control Hub で設定を完了することができます。

詳細については、「ユーザーの回線ステータスを監視することを禁止する」を参照してください。

2020 年 1 月 16 日

クラウド接続 PSTN (CCP) プログラムの拡張

オーストラリアおよびニュージーランドで認定された PSTN プロバイダに加えて、CCP プログラムはアメリカ合衆国、カナダ、中南米用の他のプロバイダを追加できるよう拡張されました。

CCP プログラムの最新情報と認定されている CCP パートナーの最新リストについては、CCP コミュニティを参照してください.

12 月

2019年12月16日

ホテリング ゲストの構成

ユーザーをホテリング ゲストとして構成するために、Calling 管理ポータルに移動する必要はなくなりました。 まさに Control Hub で設定を完了することができます。

詳細については、以下のヘルプ記事を参照してください。

割り込みの構成

ユーザーがコールに割り込むことを許可するために、Calling 管理ポータルに移動する必要はなくなりました。 まさに Control Hub で設定を完了することができます。

詳細については、以下のヘルプ記事を参照してください。

2019年12月6日水曜日

Cisco Webex Room デバイスで PSTN をサポートする

Room デバイスは場所でのマルチメディアコールをサポートするようになりました。 管理者は、Room デバイスに Webex Calling と電話番号を割り当てることができます。これにより、ユーザーはこれらのデバイスからのコールを発信したり、受信したりすることができます。

詳細については、「Webex Calling デバイスの構成と管理」を参照してください。

一括でユーザーを追加する際にロケーションを指定する

CSV ファイルを使用して一括でユーザーを追加するとき、そのファイルにロケーションが含められるようになりました。

詳細については、「Webex Calling ユーザーの構成と管理」を参照してください。

11 月

2019年11月21日

ロケーションを削除する

次の地域で利用できます。 北アメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカ、日本。 まもなくオーストラリアに提供されます。

すでに使用されていないか、構成が適切でないロケーションがある場合は、削除することができます。ただしその前に、そのロケーションに関連付けられているユーザーと場所を削除する必要があります。 ロケーションを削除すると、そのロケーションに割り当てられているすべてのサービスと番号が削除されます。 デフォルトのロケーション (通常は最初に作成したロケーション) 以外であれば、削除することができます。

詳細については、「Cisco Webex Control Hub からロケーションを削除する」を参照してください。

ユーザーの名と姓での特殊文字のサポート

ユーザーの名と姓の一部として特殊文字を入力し、発信者 ID に反映させることができるようになります。

通話の録音

パートナーは、ボイスメッセージと同様に、顧客の着信および発信通話の通話録音を有効にできるようになりました。 顧客は、機能を有効にするユーザーを選択し、[一時停止] や [再開]、録音のアナウンスなどの設定をカスタマイズすることができます。

次の記事を作成しました。

さらに多くの国でのサポート

現在、以下の販売中の国をサポートしています。 日本およびメキシコ。

さらに、以下の支社のみの国をサポートしています。 香港、韓国、台湾、トルコおよびベトナム。

次の記事を更新しました。

セキュアで簡素化されたデバイス オンボード

ユーザーと場所に割り当てられているデバイスのアクティベーション コードを生成できるようになりました。 ユーザーは自分の電話をクラウドに登録できるようになりました。 必要なのは、デバイスを解凍し、コードを入力し、MPP デバイスが Webex Calling で完全に機能していることです。 デバイスを一括で追加して割り当てることで、デバイスのオンボードをさらに簡単にすることもできます。

次のヘルプ記事を更新しました。

ユーザーおよびプレースのための基本ライセンス

基本ステーションは、Webex Calling に新しいユーザー ライセンス タイプを追加します。これは、プレースよりも多くの機能を提供しながら、ユーザーへの機能はコールのみに制限するものです。

次のヘルプ記事を更新しました。

新しい電話サポート

Webex Calling は、マルチプラットフォーム 8832 会議電話、MPP 6821 デスクフォン、および MPP DECT 電話でサポートされています。 これらの電話機は、他のデバイスをアクティベートするのと同じ方法でアクティベートすることができます。

これらの電話をデバイス リストに追加しました。ここを参照してください。

タブレットと Chromebook に対するクライアント サポート

Webex Calling アプリは、iOS および Android タブレット、および Android アプリをサポートする Chromebook 端末でも利用できます。

この機能をシステム要件の記事の Webex Calling アプリのセクションに追加しました。

エンタープライズ ダイヤル プラン

ダイヤルプランを更新して、各ロケーションに固有のルーティング プレフィックスを追加し、ルーティング プレフィックスにステアリング番号を追加し、内線の長さを変更することなどができるようになりました。

お客様のビジネスニーズに合わせてダイヤルプランをカスタマイズする方法については、この記事を更新しました。

サービス プロバイダー (SP) のための Webex Calling のためのマルチ PSTN

Control Hub でそれぞれのロケーションに対するコールプランを設定する際に、異なる PSTN プロバイダーを選択することができます。 ロケーションのある国でサポートされているサービスプロバイダーのみが表示されます。

開始に必要な情報と共にこの記事を更新しました。

Cloud Connected PSTN プロバイダー (CCPP)

VAR カスタマーの Webex Calling として、次のいずれかのコール設定を選択できます。

  • クラウド接続 PSTN—ローカル ハードウェアへの多大な投資を必要としないクラウド ソリューション。

  • ローカル ゲートウェイ—現在の PSTN プロバイダーを保持するか、またはクラウド サイトでクラウド以外のサイトに接続し、共通のダイヤル プラン (ハイブリッドオプション) を持つことができるようにします。 複数のロケーションがあり、すべてのクラウドに移動する必要がない場合は、このオプションを選択することができます。

Control Hub でこれらのオプションを選択する方法に関する情報について、この記事を更新しました。

言語設定

初めてのセットアップ ウィザードを使用して新しい顧客を作成するとき、またはロケーションを追加するときなど、Webex Control Hub で優先する言語を指定する方法が追加されました。

これらの設定を次のヘルプ記事に追加しました:

Webex Teams へのコールイン

Webex Teams と統合されているデフォルトのコール動作を変更しました。

詳細については、この記事をご覧ください。

接続回線の強化

より優れて透過的なユーザー体験を提供します。 接続回線識別プレゼンテーション (COLP) は、実際に接続されている参加者の発呼者 ID を表示する透過性を強化し、終端側への ID のプレゼンテーションを防ぐ機能を終端側に提供します。

電話番号検索機能の強化

Calling 管理ポータル分析では、検索機能を節約することができました。 すべての場所の番号と内線番号、または最大で 50 の個別のサイト番号または内線によってコールのアナリティクスを取得できるようになりました。これで、単一の外線番号を検索できるようになりました。

目的のコールだけを表示することにより、管理者にとって時間節約のメリットを提供します。 エクスポートを通して完全なリストをダウンロードし、外部プログラムを使用してコールをフィルタリングする必要がなくなります。

サービス保証の強化

Calling 管理ポータルのサービス保証ウィジェットの可視性がさらに向上しました (以前は Webex Calling でのみ利用可能です)。 CScan は、ロケーションポートと帯域幅のステータスを確認するために使用できるツールです。

詳細については、この記事を参照してください。

まもなくリリースされる予定の機能に関する詳細を共有しています。 リリース日と機能自体を変更する必要がある場合があることに注意してください。 変更については、この記事を購読して更新を取得することができます。


以下の機能の一部は、Cisco ベータ参加契約に同意し、ベータ プログラムに参加している場合に利用できます。

11 月

Control Hub を通じて管理者アクティビティに監査ログを追加する

この機能により、 Webex Callingに関連するすべてのプロビジョニング イベントで監査イベント キャプチャが提供されます。 Webex Callingは、プロビジョニング API を通じた管理者のアクティビティのプロビジョニング イベントのキャプチャに対処します。 このリクエストは、管理監査ログのイベントを追跡し、イベント、行われた変更、影響を受けるリソースの監査証跡を提供します。

Webexアプリでのビジー ランプ フィールド ( BLF ) コール ピックアップ通知

この機能により、 Webex Callingユーザーは別のユーザーの回線ステータスを監視し、監視対象の回線への着信の通知をWebexアプリで受け取ることができます。 これは、同僚の電話回線が利用できない場合に、発信側のユーザーが応答できるダイレクト コール ピックアップのシナリオで便利です。 ユーザーは通知ポップアップウィンドウを使用して、 Webexアプリで着信通話に応答できます。

Cisco Calling プランは、米国およびカナダ地域でインバウンド無料通話サービスを提供しています

米国およびカナダの Cisco Calling プランの一部として、着信無料通話サービスが利用できるようになりました。 Webex Calling と Webex Contact Center の両方でこのサービスを使用します。

各インバウンドフリーダイヤル番号は、250インバウンド分が付属しており、超過分は1分あたりの料金で請求されます。

既存のサブスクリプションは、着信フリーダイヤル番号の注文とポートを有効にするために、完了した注文を変更または変更する必要があります。 標準の電話番号と同様に、Control Hub 内で番号を注文およびポートできます。

IPフォンのオンボードエクスペリエンスの向上

デバイス オンボードプロセスのユーザビリティと信頼性を改善しました。 移行とオンボーディングのエクスペリエンスを組み合わせ、警告メッセージの改善、Control Hub の優れたガイド付きエクスペリエンスを組み合わせることで、 Cisco IP Phone のオンボーディングがこれまで以上に簡単になります。

Webex Call Recordingポータルサイトの Webex 認証

Control Hub の管理者は、「ユーザー」コール録音ページから直接 Dubber管理ポータルサイトを起動し、 Webex資格情報を使用して Dubberポータルサイトにログインできるようになりました。 管理者はすでに Control Hub にログインしているため、パスワードを再入力することなく Dubberポータルサイトに移動できます。 同じURLをショートカットとして使用し、エンド ユーザーのためにWebexアプリに追加できます。 このショートカットを使用すると、エンドユーザーは Webex 資格情報を使用して Dubber ポータルにログインし、録画を表示できます。

12 月

グループサポートを含む Webex Calling の Singlewire 統合の強化

Webex Calling プラットフォーム上の Singlewire の設定と展開を簡素化し、部分的な設定を Singlewire サーバーにプッシュして Singlewire のオンサイトプロビジョニングを支援するメカニズムを提供します。

発信者 ID 番号の選択

この機能により、発信中に外部発信者 ID 番号を選択する柔軟性があります。 ユーザは、コールの目的に基づいて、独自の直通回線番号、ロケーション番号、コール キュー番号、またはハント グループ番号を使用するかどうかを決定できます。 管理者は、外部発信者 ID の選択に使用可能な番号を定義できます。

Webex Calling での AudioCodes デバイス MP 202 および MP 204 のサポート

Webex Calling は AudioCodes MP 202 および MP 204 デバイスをサポートします。

MPP KEM でのサポート回線割り当て

この機能を使用して、MPP デバイスに割り当てられた回線を MPP キー拡張モジュール(キー拡張モジュール)の回線キーにマッピングします。

開発中の機能

エンドユーザーが MPP デバイスをオンボードするためのアクティベーション コードを生成することを許可する

現時点では、 Webexプラットフォームでは MPP デバイスをオンボードにするためのアクティベーション コードをサポートしています。 しかし、エンタープライズ管理者またはサイト管理者はアクティベーション コードを生成できます。 この機能により、ユーザーポータルサイトにアクティベーション コード インターフェイスが追加されるため、エンド ユーザーはアクティベーション コードを要求して、MPP デバイスをオンボードにできます。

コール ピックアップ グループの Webex アプリ クライアントと MPP デバイスのコール ピックアップ通知

この機能により、コール ピックアップ グループのメンバーに対して着信があると、Webex アプリと MPP デバイスで通知が有効になります。 顧客管理者は、Control Hub でコール ピックアップ グループを作成し、さまざまなオプションを選択してグループの通知を取得できます。 この設定に応じて、Webex Calling ユーザーは、ピックアップ グループのいずれかのメンバーにコールが着信したときにクライアントに通知アラートを受信します。 ユーザーは、MPP のソフトキーを使用するか、既存の機能アクティベーションコード(FAC)にダイヤルすることで、Webex アプリのポップアップ通知トーストからコールに応答できます。

デバイスを削除すると、デバイスがアクティベーション状態にリセットされます。

デバイスを削除すると、 Webex Callingはデバイスに対して工場出荷時の状態にリセットします。 したがって、デバイスがアクティベーション状態に戻ります。 デバイスは新しいアクティベーション要求の準備ができています。

デバイス管理の改善

サードパーティのWebexパートナーは、リモートWebex Callingデバイスのクラウドベースの設定を実行できるようになりました。 Control Hub を使用して、デバイス管理者はクロスローンチして、Webex Calling デバイスを設定するソリューション パートナーを選択できます。

Unified Communication Manager から Webex Calling 移行インサイトの強化

これらのレポートを生成する機能

  • ロケーション

  • 機能の使用

  • 機能の関連性

  • アクティブユーザーまたは非アクティブユーザー

  • アクティブまたは非アクティブなデバイス

  • アクティブまたは非アクティブなワークスペース

発信コール権限の強化

強化された発信通話権限は、Webex Calling 管理者が国際通話、特定の番号への通話、および数字パターンを使用した番号の範囲を管理するための非常に柔軟性を提供します。 また、この機能により承認コードが強化され、最大 1000 のコードをサポートできるようになり、組織は制限なしで認証コードの使用をスケールできます。 一括プロビジョニングがサポートされることで、認証コードの管理が簡素化されます。

デバイスのオンボーディングフィードバックの改善

オンボーディングが失敗するたびに、MPP 電話機は考えられる根本原因を検出し、画面上のエラー メッセージとログ ファイル(PRT)の形式でフィードバックを提供する必要があります。

ロケーションを Cisco Calling プランに移行する

現在、Cisco Calling プランは純新しいロケーションにのみ割り当てることができ、既存の Webex Calling 電話番号を Cisco Calling プランにポートするには制限があります。

この新機能は、管理されたセルフサービスプランを提供し、ロケーションを (全体として) プレミスベースの PSTN から、または統合されていないクラウド接続 PSTN から Cisco Calling プランに移行します。

Webex Calling で Cisco Voice Gateway VG410 ATA をサポート

Webex Calling は Cisco Voice Gateway VG410 ATA デバイスをサポートします。

MPP および RoomOS デバイスの Control Hub オンライン ステータスの更新

MPP デバイスがWebex Cloud および RoomOS デバイスに接続し、 Webex Callingに登録できるようにします。 この機能は、Control Hub オンライン ステータス インジケータを更新して、 WebexおよびWebex Callingプラットフォームへのデバイス接続を反映します。

今後の更新の機能とサポートに関する重要な情報を参照してください。

事前に計画し、スケジュール済みメンテナンスに備えましょう。次をご覧くださいサービス稼働状況を参照してください。 サービス ステータス ページに登録して、更新情報を受け取ることができます。

2023 年 8 月

Webex Calling エンゲージメントと品質レポートの終了

Webex Calling のエンゲージメントと品質レポートは 2023 年 12 月 1 日に終了します。 今後の Webex Calling メディア品質レポートを使用して、コール レッグの通話品質と使用情報を取得できます。

2023 年 7 月

Webex Callingパートナー コンテンツへのアクセス

すべてのWebex Callingパートナーのコンテンツは、2023 年 7 月 30 日までにWebexヘルプセンターに移動されます。 このリンクを選択します: Webex Calling Webex Teams のホーム ページに移動し、 [パートナー] タブに移動し、コンテンツにアクセスします。

Cisco DECT DBS ファームウェア v5.1.1 へのアップグレード

このアップグレードでは、次の機能がサポートされます。

  1. 着信音の音量調整のサポート

  2. ハンガリー語のサポート

  3. DECT 6825 ハンドセット緊急ボタンをサポート

  4. E911 Ray Baum 法に対応 (米国とカナダのみ)

詳細については、次のサイトを参照してください。 Cisco DECT DBS ファームウェア v5.1.1 へのアップグレード

One-Button-To-Push と ICE 機能のロールアウト

このアップグレードはCisco MPP デバイスの新機能をサポートしています。

  • MPP 8845/8865 用のローカル メディア

  • MPP 8800 シリーズの One-Button-To-Push

  • 仮想回線での回線ごとのACD設定

詳細については、次のサイトを参照してください。 One-Button-To-Push と ICE 機能のロールアウトを選択します。

2023 年 1 月

Cisco 840 または 860 デバイスのファームウェア メンテナンス

Cisco 840/860 Wi-Fi電話の新しいファームウェアには、次の機能が含まれています。

  • 1 回線あたりの顧客呼出音

  • LDAP ディレクトリの統合

  • コール プル サポート

詳細については、次のサイトを参照してください。 Cisco 840/860 ファームウェア 1.7 から 1.8 へのアップグレードをご覧ください。

発信コールの権限の変更

発信コール権限で、ローカルおよび長距離発信コール権限に異なる値がサポートされなくなりました。 これは、1 つの設定に置き換えられます。国内発信コール権限。

ローカルおよび長距離通話に対する次のユーザ機能のコール データの csv フィールドは削除されます。

  1. 発信コール ローカル アクション

  2. 発信コールのローカル転送の有効化

  3. 発信コール 長距離通話

  4. 発信コールの長距離転送有効

置換されたフィールドは国内を入力します。

Cisco DECT DBS210 ファームウェア アップグレード - バージョン 5.1.1

Ciscoは、 Cisco DECT DBS210 デバイス用の新しい v5.1.1SR1 ファームウェアを認定しており、2023 年 1 月 25 日から地域ごとのプラットフォームで新しいファームウェアをステージングします。 電話機はスケジュールされた夜間メンテナンス中に新しいファームウェアをダウンロードできます。

通知の詳細については、次を参照してください。 Cisco DECT DB210 ファームウェア アップグレードを選択します。

2022 年 12 月

Cisco MPP ファームウェア アップグレード - リリース 12.0.1

Cisco MPP ファームウェア 12.0.1 リリースには、 Webex Meetingsの連携とWebex Calling Survivability 機能をサポートする機能が含まれています。

通知の詳細については、次を参照してください。 Cisco MPP ファームウェア アップグレード - リリース 12.0.1を選択します。

Calling ユーザー プラットフォーム ( CUP) からWebexアプリに「マイ連絡先」を移行する

Webex Webex Callingアプリ ユーザー (Broadsoft UC-One) は、 EOL サポート終了を選択します。 パートナーや顧客は、 CUPの連絡先の「マイ連絡先」をWebex連絡先サービスに移行する新しいプロセスを利用できます。これにより、 Webexアプリからアクセスできるようになります。 移行をリクエストするには、次のようにします。

  • へのメールの送信webexcalling-phd@cisco.com CUP連絡先のエクスポートをリクエストし、組織IDを含みます。

  • エクスポートされた連絡先リストのCSVファイルを受信します。 指示に従って、Control Hub に連絡先をインポートします。

2022 年 11 月

Cisco ATA 11.2.3 ファームウェアのアップグレード

Ciscoは、ATA 191/192 ATA ファームウェア 11.2.3MPP0001-02 を認定しています。 この新しい ATA ファームウェアロードには、既知の問題に対するいくつかのバグ修正が含まれています。 2022 年 11 月 29 日にWebex Callingサーバーでファームウェアがステージされた後、ATA 191/192 デバイスはスケジュールされた夜間メンテナンス期間中に最新のロードに自動的にアップグレードされます。

通知の詳細については、次を参照してください。 Cisco ATA 11.2.3 ファームウェアのアップグレードを選択します。

Cisco MPP ファームウェア アップグレード - リリース 11.3.7SR1

CiscoはCisco MPP デバイス用の新しい 11.3.7SR1 ファームウェアの動作を認証し、2022 年 11 月 7 日から地域ごとのプラットフォームで新しいファームウェアをステージングします。 電話機はスケジュールされた夜間メンテナンス中に新しいファームウェアをダウンロードできます。

通知の詳細については、次を参照してください。 Cisco MPP ファームウェア アップグレード - リリース 11.3.7SR1を選択します。

2022 年 8 月

すべてのパートナーと顧客向けのWebex Callingアプリの廃止

BroadSoft UC-One ベースの Webex Calling アプリは 2022 年 10 月 29 日をもって販売およびサービスが終了となります。 Webexアプリに移行してください。 詳細については、次のサイトを参照してください。 BroadSoft UC-One ベースのWebex Callingアプリの販売終了とサポート終了のお知らせを選択します。